長期国債買いきりオペというのは、要するにどういうことなのですか?何をするのですか?わかりやすく教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

(旧)大蔵省資金運用部が行う買い入れオペです。

長期国債買いきりオペレーションとは、通常の日銀が行う資金需給の調節のための売り戻し条件付の買いオペではなく、文字通り何の条件もなく買い入れるオペです。これは市場に流通している長期国債(期間10年)を何回債と何回債を買い入れる、と市場に通知し、競争入札方式で行います。
目的は、資金運用、だぶついている国債を買い入れ償却することが挙げられます。
この影響は、まず国による市場への資金の放出ですから金利は下がります。また指定された銘柄(回号)は、買い入れられた金額だけ流通量は減少しますから、品薄状態になり価格が上昇(金利は低下)します。
この逆に売りきりオペというものもあります。これは資金が足りなくなった時に行うものです。
通常の日銀が行うオペは、(将来の)売り戻し条件付買い入れがほとんどですから、買い切り・売りきりオペは債券市場に非常に大きな影響を与えます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

すぐに答えてくださってどうもありがとうございました。これを知らないとちょっと困ることになっていたので、本当に感謝です。ぜひ参考にさせて頂きます。

お礼日時:2001/01/07 01:10

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング