§はセクションとか章とかでいいかと思うのですが、§§とある場合、副章とかサブセクションと訳していいのでしょうか?
他の和訳で適切なものがあったら教えていただきたいのですが、よろしくお願いします…

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 


  日本語での文章の話題的まとまりは、英語で、chapter というのが「章」の場合があります。その場合、chapter - subchapter - section - という風に細かくなって行きますが、必ずしもこの順序ではありません。chapter - section の場合もあり、これは、「章-節」となります。
 
  つまり、文書を細かく水準的に分けている場合は、全体がどうなているかで、「章」に対応すると思える区切り(chapter か section)があれば、これを「章」とし、その下の区切り(subchaper か section)を、「節」とします。聖書では、マタイ福音書第一章第一節は chapter 1, verse 1 で、verse が「節」になります。
 
  「副章」というのは聞いたことがありません。「サブセクション」は、英語では別の意味があります。企業組織などのセクション(課に相当)の下の単位がサブセクション(係でしょうか)です。
 
  §が、「章」に当たると思う場合、その下のまとまりが、§§なら、「節」になります。あと、「項」というのも文書の区分名としてあります。「編-部-章-節-項」となるようです。第一部第一章第一節第一項というような感じです。日本の場合は、それ以上は、単に数字とか、ローマ字などだけで、特に、区切り名称はないはずです。適切と思えるものを選ぶことだと思います。(項の下に「段落」があるとも云えます)。
   
    • good
    • 0
この回答へのお礼

色々教えてくださりありがとうございます。節、と捕らえた方がいいかもしれませんね。
確かにサブセクションだと違う意味になってしまう…§§はどう読むのでしょうか?

お礼日時:2002/04/12 19:05

 


  §は、「section sign」、「節記号」と言います。*は、asterisk、「アスタリスク」と言います。他に、十字架のような形の小さな dagger(ダガー)と、それを縦に重ねたような double dagger(ダブル・ダガー)というような記号がありますが、JISでは定義されていないようです。paragraph sign、段落記号というのもありますが、これもJISでは定義されていません。
 
  §§は、double section sign、「二重節記号」かとも思ったのですが、そんな言い方は見つかりません。どこかで呼び方が決まっているのかも知れませんが、通常は特に名前が決まっていないのではないかと思います。例えば、*は、アスタリスク記号ですが、これを二つ、三つ重ねて(**とか***など)参照記号にすることがあるのですが、特にこういう記号の名はないのと同様に、§§も特に名はないのだと思います。(!!は、強調符二個とか、二重強調とかしか呼びようがないように、特に決まっていないということです。aなら「エー」という文字ですが、aaは、「エー」という文字を二つ並べただけで、これをまとめて呼ぶ名がないのと同じではないかと思います。ダブル・ダガーのように、一つの記号になってしまっているのは名前があるのでしょうが、§§は、§を二つ並べただけの記号です)。
  
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しく答えてくださり、またまたありがとうございました。とりあえず§§はそのまま使うつもりです。

お礼日時:2002/04/15 18:45

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q英語検定のリスニングについて 英検のリスニング試験って、音声が放送されている間に答えをマークしないと

英語検定のリスニングについて

英検のリスニング試験って、音声が放送されている間に答えをマークしないと駄目ですか?
全ての放送終了後にマークする時間とかってあるのでしょうか?

Aベストアンサー

いえ、マークできる時間はありません。最後の問題を解き終わった後は10秒くらいしかないため、それは最後の問題をマークするためだけの時間だと思うので、問題を1つ聞いたらマークするの繰り返しをするしかありません。

Qシステム英単語の1章と2章は終わったのですが 次に進むとしたら3章と5章どちらがいいのでしょうか?

システム英単語の1章と2章は終わったのですが
次に進むとしたら3章と5章どちらがいいのでしょうか?

Aベストアンサー

好きな方で構いません。

Q文章題のかけ算わり算

小学校の時に、足し算の答えの文章題は、ひらがなのとがあれば足し算になるって教えてもらいました。
同様に、かけ算わり算はどうなるのでしょうか?

Aベストアンサー

足し算 *と~を・*に~を

引き算 *から~を

掛け算 *と~を・*に~を

割り算 *で~を

それぞれ*部と~部は入れ替え可能です。(例「割り算」~を*で)

Q章立ては、部、章、節、項、だと思いますが、これに相当する、英語を教えてください。

章立ては、部、章、節、項、だと思いますが、これに相当する、英語を教えてください。

Aベストアンサー

部 → 章 → 節 → 項

Part → Chapter → Section → item

Part(部)、Chapter( 章)まではほぼ決っていると言えますが、文章の性格(例えば小説、契約、法律など)によってSection 以降は clause になったり article だったりいろいろですから、 具体的に文の性格が分かれば 同種の文を検索してそれを参考にされたら良いと思います。

Qあなたがカラオケで彼氏に歌って欲しい歌はなんですか?お気軽に答えてください!!

あなたがカラオケで彼氏に歌って欲しい歌はなんですか?お気軽に答えてください!!

Aベストアンサー

ゆず イロトリドリ
セカイノオワリ ドラゴンナイト
ミスチル シーソーゲーム
布袋寅泰 バンビーナ
ブルーハーツ 情熱の薔薇

まだたくさんあるけど名前が出てこないです。。
スピッツとか長渕剛とか。

曲名間違ってたらゴメンなさい(・・;)

ちなみに私の彼氏はカラオケ嫌いなので今まで男性が歌って良かったのを載せました。

Q山とか海とか湖とか川とか丘

英語で、山と湖の呼称は‘Mt.’や‘Lake’が前について、海と川と丘は‘sea'や‘river’や‘hill’が後ろにつくのは何故でしょうか?何か理由があるとしたら教えてください。

Aベストアンサー

 
  固有名詞の場合、慣習的に決まっているものが多く、アメリカやイギリス、オーストラリアの政府などが、mountain と hill の区別を法律で決めても、慣用的表現はあまり変化しないと思います。
 
  mountain と hill の違いは、端的に、山の高さの違いでしょう(1000フィートを基準というのもありますが、厳密なものではありません)。それと、mountain というと、「山脈」の意味もあり、頂上が聳えたっているもののイメージですが、hill は、高台のような感じで、「丘の頂上」と言っても、聳えたっているような感じではありません。それは、高さの違いから起こって来るものだとも言えます(平野では、高さ100mぐらいの丘も、「山」と呼び、山地部では、高さ2千mの山も、「丘」と呼ぶ例があるようです)。
 
  前に付くか、後ろに付くかでは、mountain も lake も、後ろに付く場合があると思います。例が思い当たりませんが、固有名を、例えば、abcd とすると、abcd mountain, abcd lake が英語では自然だからです。
 
  Mt.***** という形の山の名は、Mountain ***** ではありません。Mount ***** と読みます。
 
  しかし、一般に、よく知られている山や湖は、Mt. や Lake で始まっています。これは、恐らく、mount, moutain や lake がラテン語起源で、フランス語を経由して英語に入って来たためだと思えます。フランス語だと、英語のように、二つの名詞を並べて、前の名詞が形容詞的な意味となるというような用法は、基本的にありません。最近は、英語の影響を受けて違うかも知れませんが。(このサイトの質問の或る人のフランス語の回答を見ると、そういう例を書いていましたが、間違いではないかと思うのですが、最近はフランス語でも、そういう用法があるのかも知れないので、間違っているとは言えませんでした)。
 
  フランス語だと、山は、mont(モン)で、普通、この後に山の名が来て、山の名が、形容詞のような働きをします(mountain に当たるのは、montagne で、こちらは「山」の一般的な意味で使いますが、山の名前の場合、mont の方のようです)。le mont ***** で、*****山、という形になります。複数だと、「山脈」ですが、les Monts rocheux(または、les montagnes Rocheuses) は「ロッキー山脈」ですが、英語でこれは、the Rocky Mountains になります。(ロッキー山脈は、英語でもフランス語でも「岩の」という形容詞が rocky ですから、例として不適切としても、アルプス山脈は、英語で、the Alps Mountains と言います)。
 
  英語の Mt. **** は、フランス語の言い方を踏襲しているのです。
 
  lake は、ラテン語起源で、これもフランス語を経由して英語に入って来たものです。mount と同じような規則が働くのでしょう。レマン湖はフランス語だと、Lac Leman で、こういう風に、名前が後ろから形容詞的に働きます。英語だと、Leman lake が自然なのですが、慣習的に、lake の後ろに、湖の名前を付けているのでしょう(また、フランス語だと、le lac de **** という言い方もするはずで、英語でも、これに対応して、the lake of **** というのがあるはずです。ソルト・レークは、最初から英語で名前を付けたもので、ソルトは、固有名というより、「塩」という普通名詞で、「塩の湖」の意味です)。
 
  川の river は、ラテン語起源ですが、イギリス・ラテン語を通じて英語となっていて、フランス語を経由したのでありません。しかし、古い言い方が残っているイギリス英語では、テームズ川を、the River Thames と言い、アメリカでは、the Thames River と呼ぶようです。その他の場合も、イギリスでは、river を前に出すようです)。
 
  sea や hill は、hill の方はラテン語やギリシア語に平行形があるようですが、元々ゲルマン語です。ゲルマン起源英語の場合、名前+sea, hill というような形が自然なのです。
  

 
  固有名詞の場合、慣習的に決まっているものが多く、アメリカやイギリス、オーストラリアの政府などが、mountain と hill の区別を法律で決めても、慣用的表現はあまり変化しないと思います。
 
  mountain と hill の違いは、端的に、山の高さの違いでしょう(1000フィートを基準というのもありますが、厳密なものではありません)。それと、mountain というと、「山脈」の意味もあり、頂上が聳えたっているもののイメージですが、hill は、高台のような感じで、「丘の頂上」と言っても、聳えた...続きを読む

Q休みの日には「ポエムを書いていそう」と言われました笑

会社の人に休みの日に何しているのと聞かれ、
洋服買いに行ったり、靴買いに行ったり、バック買いに言ったり、電気屋さんでオーディオ製品みたりしているというようなことを答えたのですが、
「意外だなぁ」みたいなことを言われ、「家でポエム書いてそう」と言われました。

家でポエム書いていそうってどんな子でしょうか?

気にしている訳ではないのですが、ちょっとおもしろかったので質問させて頂きました。

その方との人間関係は良好です。

よろしくお願いします(^^)

Aベストアンサー

家でポエム、そう聞くと知的でふんわりとした方というイメージが浮かびます(笑)

私もよくイメージと実際のギャップがあるらしく趣味や普段の生活の話をして「わぁ、意外」と言われてます、しょっちゅう^^;

まぁ、多少は気になりますが自分で思うほど自分をわかってないということ、そう思い楽しんでます。

ちなみにこういったギャップをミステリアスで素敵だ、という同僚の意見にはかなり笑えました。

Q英語のメールで“わかった~♪”とか“了解”とか返事する場合。

日常的な英語のメールで、

●「明日、6時ね!」
→「わかった~」・「オッケー」・「了解!」・「ラジャー☆」

●「・・・という訳なんで。わかった?」
→「わかった。」・「オッケー」・「了解!」・「うん、いいよ。」

的なやり取りで返事をしたい場合、
I see.   All right.   ok.    I got it.
Yes,   Yeah,
等の言い方がありますが、

一般的に良い使われ方や注意するべき不適切な用法とかありますか?

例えば日本語で上の例みたいな場合、
目上の方とかに「了解」は使わない方がいいって聞いたことがあったりしますが・・・。
また、普通なとき(ノーマルなテンション)と、くだけた時でなんとなく使い分けていたりしますが、そういうニュアンスであるとか。

私は現在のところ、テンション関係なくもっぱら“I see.”“ok.”
を用いているのですが。
(想定しているメールの相手は友人です)

Aベストアンサー

注意点についてのご質問ですね。

「Alright.」(「All right」は、ありがちなミススペル)などは目上の人に対しても友達に対しても使える無難な表現だと思います。

「I see.」は「なるほど」ですから、必ずしも「賛成」という意味にはなりませんので注意。つまり、「なるほど、それはそれとして聞いておくが、私は賛成できない」という意味も含みますので。「ok.」もそういうニュアンスを含む場合があります。賛成の意などを表したいなら、もう一言付け加えておいた方が無難かもしれません。

「Yeah.」は、わりと普通にみんな使ってしまいますが、きちんとした人は目上に対して使いません。とかく国民性がカジュアルだと思われがちな米国の小学校に通っていた頃、先生に注意されたことがあります。

ほかの言葉は、だいたい、末尾に「,sir/, ma'am」を付けておけば敬語になりますね。

Q化合物の同義語について

こんにちは。製薬企業の特許関係の仕事をしています。
仕事上、多量の文献を調査するのですが、その際同義語も含めて調査する必要があります。この、同義語を調べるのに苦労しています。
同義語を調べるのに便利な本、又はWEBページはありますでしょうか?
どなたか知っていたら教えてください。

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

こちらで引いてみたら,うまくいくかもしれません.
http://homepage1.nifty.com/k_funa/aiueo2.html

他にも,便利な情報がこちらに出ています.
http://www.chem-station.com/
http://chemnews.cambridgesoft.com/index.cfm?language=j

Q少年たちと少女たちの本を訳す場合boys' and girls’bookと訳せばいいでしょうか?

少年たちと少女たちの本を訳す場合

boys' and girls’bookと訳せばいいでしょうか?少年も少女も複数系です

Aベストアンサー

少年少女向けという意味なら、
book(s) for boys and girls

少年少女が所有する場合なら、
book(s) of boys and girls


人気Q&Aランキング