来年税理士の財務諸表論の受験を考えています。
理論と計算のうち、どちらかといえば計算が弱いです。
独学ではきついので通信を考えています。
(通学だと移動時間の累積がばかにならないので対象外)
中でもニュートン社のソフトを考えています。
試用版をやったところ理論では合格保証は受けられそうですが
計算ではわかりません。このソフトを使って合格された方いらっしゃいますか。どうしてニュートンを考えたかというと、他のTAC大原だと
教材が多すぎて消化不良になるおそれがあるからです。
なお、ニュートン社のソフトで勉強する場合でも合格保証を得るために
最低限の教材を使う予定です。
(学習時間はニュートン社想定の350時間位に抑えたい)

A 回答 (2件)

教材が多すぎて消化不良になりそうっていう考えなら税理士は考えないほうがいいかも。

もしそういう考えならクレアールの非常識合格法がぴったりかもしれないぜ!!!
合格最低限のことしかやらないっていうスタンスで結構面倒見もいい。
それに特待生試験とか受けると安く済むし。
    • good
    • 0

ニュートンは落ちても返金しないし、それでトラブルになるって良くきくよ。

正直ニュートンで何かしらかの資格に受かってったというのは聞いたことがないです。無難に大原とかTACとかの通信にしたほうがいいと思う。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q簿記論と財務諸表論の違いを教えてください

皆様へ

いつも親切の教えてくださり、本当にありがとうございます。

さて、素朴な疑問なのですが
日商簿記検定では「簿記」で、
税理士試験科目では「簿記論」と「財務諸表論」があり、
公認会計士試験科目では「財務諸表論」、
そもそも「簿記論」と「財務諸表論」は何がどう違うのでしょうか?
教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

大雑把な説明をすると

1 簿記検定と税理士試験
 (日商)簿記検定1級 ⇒  税理士試験
  会  計  学   ⇒  財務諸表論
  商 業 簿 記   ⇒  簿 記 論

2 公認会計士試験(短等式)の試験科目「財務会計論」は、会計学+商業簿記

Q簿記の学校(LECとクレアール)

こんにちは。
初心者ですが、今から簿記の勉強をしようと思っております。独学で学ぶ自信はないので、学校に通学したいと思っているのですが、LECとクレアールのどちらがよいかで迷っております。
通学したことのある方や、評判を耳にしたことのある方、よい点・悪い点何でも構いませんので、教えて頂けたらと思います。
どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

初めまして。
私は仕事の傍ら、LECに通学し2級・3級を取得しました。クレアールのことはよくわかりませんが、LECを選んだのは通学するのに便利な場所だったこと、入学金が無く受講料が安かったことで決めました。LECは法律系に強いスクールですので、会計系ではあまり歴史がないようです。質問者様が今後、会計士や税理士受験を考えていらっしゃるようでしたら、大原簿記やTACのような会計系に強い学校のほうがよいのかもしれません。
ただ、LECは受講地により、受講生が少ない所があります。私の通学していたところも夜クラスで20人いるかいないか程度。そのため先生方の目が行き届き、面倒見が良かったです。質問には本当によく答えてくれ、アドバイスもしてくれましたので私は満足しています。1級の勉強もLECに通学するつもりでいます。
まずは、資料を取り寄せたり、無料の体験入学などされたらいかがでしょうか。学校や仕事と両立させるのに無理がない受講地や欠席時のフォロー体制などよく検討されるのが勉強を長続きさせるコツと思います。
がんばってくださいね。

Q税理士の簿記論+財務諸表論と社労士ではどちらが難易度が高いでしょうか?

税理士の簿記論+財務諸表論と社労士ではどちらが難易度が高いでしょうか?
また簿記論と社労士、財務諸表論と社労士ではどうでしょうか?

Aベストアンサー

当方は、社会保険労務士と日簿2級・全商1級を所持する者です。
個人的な感覚で回答いたします。

>税理士の簿記論+財務諸表論と社労士ではどちらが難易度が高いでしょうか?
会計2科目同時の方が難易度が高い。

>また簿記論と社労士、財務諸表論と社労士ではどうでしょうか?
会計科目を単独で勉強するのであれば、社会保険労務士の方が難易度が高い。

Qクレアールという予備校はどうですか?

クレアールという会計士の予備校ってどんな感じでしょうか?
というのも、ネット上では評判が良いみたいですが、以前、日商簿記の講座を体験したところ、テキストは特に優れているわけでもないし、講師もあんまりうまくもなかったので。
簿記の講座と会計士の講座では講義・テキストの質や力の入れ方が違うのでしょうか?
それとも「あんなもの」なのでしょうか?

Aベストアンサー

#1です。遅れてすいません。
そもそもこのクレアールというのは最初は司法書士
の合格を狙って出来た予備校です。そして司法書士で
実績ができたので、公務員、税理士、会計士とつぎつぎと他の講座を開講していきました。

>>あまりおすすめはできません

この言葉は的確ではなかったかもしれません。他のTacやLecと比較したときに、比較したときにですよ、このクレアールは正直会計士の合格のノウハウはまだ浅いです。

もちろん、クレアールだって予備校ですから研究はしているでしょう。しかし、合格者の情報などではやはりTacやLecに遅れを取っていると思います。(つまりどの程度で合格できるのか?などの情報は不足しているということです)

なので会計士を目指すなら大手のTacのほうがいいと思いますという意味であまりお勧めしないと申し上げました。会計士ではTacが断然優れていると思います。

Q財務諸表論の勉強の仕方を教えてください。

財務諸表論の勉強の仕方を教えてください。


日商1級を合格して今年簿記論は合格ラインに到達しましたので今度は財務諸表論を
勉強したいと思っています。
日商は専門学校。簿記論は教材を購入して独学で勉強しました。

そこで質問です。
財務諸表論の理論の書き方を学ぶためには、やはり学校に行くべきでしょうか。
それから、理論の答え合わせです。理論の答えあわせって自分でできるものなのですか??

財務諸表論はまったくの初心者なので理論ってどうやって採点するんだろうかと
疑問に思っています。よろしくお願いします

Aベストアンサー

私は日商1級をとった後、簿記論、財務諸表論を取ったものです。

まず、日商1級をとったから簿記論の合格レベルにあるというのは誤解です。
分野は同じですが、試験そのものはまったく違う試験です。レベルは日商のほうが高いかもしれません。でも簿記論は、圧倒的に大量の問題を2時間で解くという、1級には無い能力が必要です。考えている時間はありません。問題が出たら反射的に答えがかけるくらいの訓練をしないと受かりません。その意味で1級合格で自信過剰になるのは危険です。少なくとも専門学校の問題集や模擬試験はやるべきです。それで上位10%くらいに入れば合格の可能性は高いでしょう。

財務諸表論は学校に行ったほうがよいでしょうね。特に理論は自習では答えの書き方がわからないことが多いのではないでしょうか。その点スクールのノウハウは大変なもので、これはお金に買えられないものがあります。

私は上記のとおり簿記論は学校の問題集と模擬試験だけで後は自習、財務諸表論は学校に行って、教えられるとおりにがんばって、同時に2科目を合格できました。

時々内緒で簿記論のコツなど個人的に教えてもらっていましたが、自宅学習だけではその倍の時間をかけても合格できなかったのではないかと思っています。

税法科目も同様ですが、税理士試験は知能の試験というよりは反射神経の試験のようなものです。
問題が出たとたんに答えを書き始め、書きながら次の問題を横目で見て回答を考えるというような訓練をしないと、あの膨大な量の試験に受かりません。このコツをスクールはよく教えてくれます。

まさに時間をお金で買うようなイメージです。

私は日商1級をとった後、簿記論、財務諸表論を取ったものです。

まず、日商1級をとったから簿記論の合格レベルにあるというのは誤解です。
分野は同じですが、試験そのものはまったく違う試験です。レベルは日商のほうが高いかもしれません。でも簿記論は、圧倒的に大量の問題を2時間で解くという、1級には無い能力が必要です。考えている時間はありません。問題が出たら反射的に答えがかけるくらいの訓練をしないと受かりません。その意味で1級合格で自信過剰になるのは危険です。少なくとも専門学校の問題集や...続きを読む

Qクレアールの税理士講座について

はじめまして。
私は一般企業で働きながら税理士試験への挑戦を考えている者です。
巷では税理士試験受験のための学校は「TAC」「大原」が双璧を
なしているという感じではありますが、大手は出ることだけでなく、
出る確率の少ない細かい論点まで抑えるという気がします。
すべてできれば一番良いのでしょうが、仕事をしながらということで、
できれば効率的に合格したいと考えます。
そういうことから、クレアールの「非常識合格法」に惹かれました。
ただ、税理士講座はまだ歴史が浅いようで、実績が表立って出ていないのが現状です。
そこで、クレアールの税理士講座(科目は何でも結構です。)で
科目合格した方や実際に学習した方のお話を聞かせていただきたいと思い、投稿させていただきました。
是非クレアールの税理士講座の良いとこ・悪いとこなどなんでも結構ですのでお聞かせください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

簿記1級 ⇒ クレアール
会計士 ⇒ 大原
で学習している者です。
税理士の受講経験は無いのであくまで参考ですが、比較すると大原の方が理解し易くていいと思います。
大原の会計士講座テキストはとてもよくできていると思いました。
クレアールの良かった点と悪かった点を思うままに書いてみます。
【良かった点】
・商業簿記は講義が分かりやすかった。
【悪かった点】
・テキストのまとまりが悪くて理解しにくい(薄いテキストを売りにしているが、つめすぎてレイアウトが悪い)
・問題集の解説がよく分からない。
・工業簿記はテキストも講師もひどかった。
・テキストに図が少なく文字での説明が多くてイメージがつきにくい。

私の印象としては、クレアールはなんかなぁという感じでした。
結局1級も市販のテキストを補習用として使用しました。

Q税理士試験において財務諸表論から受験は可能ですか?

お世話になっております。
現在経理マンとして、非上場会社(売上500億程度)で経理の仕事をしております。
上場会社への転職も視野にいれておりまして、財務諸表論を勉強したいと思っているのですが、
簿記論を勉強していないと、財務諸表論の合格は難しいのでしょうか?
私自身は、会計の理論を学び、上場企業でも通用する知識を身につけたいという思いが強く、
税理士になろうというスタンスではございません。
ただ、簿記論を勉強していないと合格は難しいという意見、簿記論から勉強すべきという意見が
大半を占めており、正直悩んでおります。
日商簿記検定2級までは取得済です。
財務諸表論からスタートした方、簿記論財務諸表論を学習された方の意見を伺いたく。
また、実務に役に立つのはどちらでしょうか?
何卒、アドバイスよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

私は結果的に財務諸表→簿記でした。
性格によると思います。
表現の些細な点や誤解をうけるかもという虞を「えいや!」と無視して大雑把に述べます。
簿記とは記帳の仕方を習います。この場合はこう記録するというのを覚えるわけです。
私は、この覚えるというのが苦手で「なぜ、こうなるのか?」を理解してないと駄目でした。
企業会計原則を読み込むと、簿記の仕方に納得がいきます。
2級の勉強中に、企業会計原則を読み込んで「なるほど、なぜそういう処理が求められるかがわかった」段階で、同級の学習が急に進んだ覚えがあります。
こまごまとした処理(例えば社債発行費の償却)は、問題を解いて理屈を知ってしまう人と、なぜそのような処理をするのかという大前提を知ってから問題を解くほうが理解がしやすいという人と分かれる気がします。
私は後者でしたので、何も考えずに財務諸表から受験しました。
これは法学部出身というのも原因かもしれません。
法学を学ぶさいには、条文を読んで、具体的な問題をといて、判例を引っ張ってきてという作業をします。
ですから「簿記会計とはいえ、人文学である以上、人間が規則を作ってるのは間違いない。だったら規則から理解しなければ、作業などできるわけないではないか」という考えだったのです。

3級→2級(一度失敗)→企業会計原則の読み込み→2級→1級→財務諸表論→簿記論
でした。

脳内の思考過程は人それぞれですから、行動の理屈がわかってないと行動できないというタイプがいても良いと思います。

「そんなやり方では無駄が多い」とか「違うと思うよ」という意見があるかもしれませんが。
参考になさってください。

私は結果的に財務諸表→簿記でした。
性格によると思います。
表現の些細な点や誤解をうけるかもという虞を「えいや!」と無視して大雑把に述べます。
簿記とは記帳の仕方を習います。この場合はこう記録するというのを覚えるわけです。
私は、この覚えるというのが苦手で「なぜ、こうなるのか?」を理解してないと駄目でした。
企業会計原則を読み込むと、簿記の仕方に納得がいきます。
2級の勉強中に、企業会計原則を読み込んで「なるほど、なぜそういう処理が求められるかがわかった」段階で、同級の学習が急に...続きを読む

Q税理士資格 Web、DVD通信教育は?

近所に専門学校が無いため、通信教育を受講しようと思います。しかし通信教育で税理士資格取得は無理!と言う情報を得たため、せめてWebやDVDを用いた通信教育をと考えております。なにか情報等ありましたらよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

大原 TACでも 通信教育は 通学講座そのままなので安心できます。
但し 模擬試験を2時間計って解答するのは大変苦しいと思います。
そこで (1)スクーリング制度を利用して 毎月1回は通学講座を受講してくる。 (2)直前期には追加料金(本当は授業料に含まれいますが)を
払ってでも 模擬試験を皆と受けてください。 時間配分・理論計算の切り替え等 絶対にお勧めできます。
(全国各地で行われる全国・統一模試の受験のみだったら足りない)

本試験が初めて2時間の試験だったら まず合格は無理でしょう。

Q税理士試験 簿記論・財務諸表論 初学者の一発同時合格は現実的ですか?

働きながら税理士試験に挑戦しようと考えています。
専門学校のパンフレットなどには「簿記論・財務諸表論一発同時合格主義!」 「簿記論・財務諸表論は並行して勉強すると理解が早くなる」 など、簿記論・財務諸表論は二科目同時に受講すべきというような記述がたくさん見られます。
私は合格するまでに必要な学習量が500時間といわれている日商簿記検定1級に二度挑戦し、どちらも10点足りずに不合格となりました。
大手専門学校の通信講座を利用したのですが、講義を消化し、問題集をこなし、過去問にも幾度かあたっていると到底500時間ではこなせませんでした。
専門学校のパンフレットでは簿記論・財務諸表論は各450時間の学習時間で合格レベルにまで持っていけるとのことでしたが、私には1級より難度の高い簿記論・財務諸表論がその程度の時間でどうにかなるなど信じられません。
実際に受験された経験者の方にお尋ねします。パンフレットに書いてあるように、働きながら一日3時間の学習量で簿財一発同時合格は現実的なものなのでしょうか?
簿記論一本に絞って徹底的に練習を積み重ねて一科目ずつ合格を狙うのが現実的なのでしょうか?

働きながら税理士試験に挑戦しようと考えています。
専門学校のパンフレットなどには「簿記論・財務諸表論一発同時合格主義!」 「簿記論・財務諸表論は並行して勉強すると理解が早くなる」 など、簿記論・財務諸表論は二科目同時に受講すべきというような記述がたくさん見られます。
私は合格するまでに必要な学習量が500時間といわれている日商簿記検定1級に二度挑戦し、どちらも10点足りずに不合格となりました。
大手専門学校の通信講座を利用したのですが、講義を消化し、問題集をこなし、過去問にも幾...続きを読む

Aベストアンサー

No.1です。

回答者に返事をされているので、本気で税理士になろうと考えているのが分かりました。
正直な意見としましては5年時間があれば人生をかけて公認会計士の方が良いかもしれません。
No.2さんの意見は納得しました。
でも実際に仕事もせず学校に通うことは難しいと思います。

実際の税理士学校の話をします。
授業の最初は生徒が多く良い席を確保するのが難しかったです。
しかし12月までに最低でも2割以上の脱落者が出ます。
また1月からは簿財に落ちた生徒が増えます。
1月から上位をキープするのは大変な努力が必要です。
参考に簿財両方の勉強時間は同時受講なら×1.5くらいでしょう。

最後にアドバイスとして今から税理士の勉強をしませんか?
通う学校から今発売されている簿財の問題集を購入して独学で勉強するのです。
9月からは、その問題集が無駄になりますが初学者よりも早く準備をします。
理由は9月からでも1回以上の受験経験者がいるからです。

問題集は応用は購入せずに基礎編のみでいいです。
簿記論の計算と財務諸表の理論を覚えます。
簿記論は簿記検定で習っていない項目を飛ばします。
財務諸表の理論は授業で3回位まわりますが今から記憶の定着のために覚えます。
それも例題で企業会計原則の7番と言われれば、何も見ずに答えられる様にして下さい。

たぶん全部は無理でしょうが出来る限り頑張って下さい。
今から勉強を始めると9月から簿財両方か簿記論のみか自分でも判断がつくかもしれませんし、ここで相談してもいいです。
誰かが答えてくれるでしょう。
ただ無理のしすぎで疲れないで下さい。
税理士試験は長期戦ですから。

No.1です。

回答者に返事をされているので、本気で税理士になろうと考えているのが分かりました。
正直な意見としましては5年時間があれば人生をかけて公認会計士の方が良いかもしれません。
No.2さんの意見は納得しました。
でも実際に仕事もせず学校に通うことは難しいと思います。

実際の税理士学校の話をします。
授業の最初は生徒が多く良い席を確保するのが難しかったです。
しかし12月までに最低でも2割以上の脱落者が出ます。
また1月からは簿財に落ちた生徒が増えます。
1月から上位をキー...続きを読む

Q日商簿記2級、1級、簿記論の難易度の差について

2級取得者ですが、2級の難易度を1とした場合、1級、税理士簿記論の難易度はどのくらいになると思いますか?

Aベストアンサー

日商簿記2級取得者
日商簿記1級相当取得者(同程度の全経簿記上級)
簿記論受験経験者(数回の受験を不合格)
です。

比較は難しいですね。特に検定試験はある一定の学習をすれば、ほとんどの人が合格できますからね。
国家試験は、模試や演習問題で常に合格ラインの人でも合格できないことも多いですし、1級も国家試験の受験資格となる公的資格でも最上位級ですからね。

私のイメージで言えば、
最短で合格できる学習期間で考えても、

日商簿記2級:1・・・日商簿記3級を十分理解していても数カ月の学習期間
日商簿記1級:5・・・日商簿記2級を十分理解していても半年から1年の学習期間
簿記論:10・・・・・日商簿記1級を十分理解していても1年以上の学習期間

ぐらいではないですかね。

参考例として書かせていただきますが、私は日商簿記2級を商業高校時代に専門学校の夜間講習を受講して取得しました。商業高校で簿記科目を選択授業として授業を受けていた人でも、合格率は1割に満たなかったと思います。専門学校の学生や夜間講習を受講している人などは、半数以上は合格するのではないでしょうかね。
日商簿記1級は専門学校で学びましたが、私は入学前から含め半年程度で運よく合格(全経簿記上級)しました。しかし、同じクラスの合格率は1割程度だったと記憶しています。さらに、専門学校2年や3年に在籍していて、1級を合格できずに卒業していく同級生なども多かったようですね。
専門学校では、合格のためのテクニックを学ぶわけですが、それでも合格率は低かったですね。
簿記論についても専門学校で学びましたが、専門学校内の合格率も国家試験の合格率と変わらなかったように思います。ですので、数十人のクラスで合格できるのは数人いるかいないかだったでしょう。

私の友人で公認会計士試験の旧試験合格者がいますが、公認会計士試験の合格するまで、日商簿記1級を常に受験し、常に合格していましたね。その友人が特に優秀だったのかわかりませんが、公認会計士の学習のために日商簿記1級レベルを維持し、会計士試験の学習もしっかりとしていたため、税理士の簿記論か財務諸表論のどちらかでしたが、科目合格のための学習なしで一発合格をしていましたね。

税理士を目指したり、公認会計士を目指したり、上場企業の経理を目指すのでなければ、日商2級で十分だと思います。目指されないのであれば、税務会計検定などの他の試験を目指すことをお勧めしますね。

日商簿記2級取得者
日商簿記1級相当取得者(同程度の全経簿記上級)
簿記論受験経験者(数回の受験を不合格)
です。

比較は難しいですね。特に検定試験はある一定の学習をすれば、ほとんどの人が合格できますからね。
国家試験は、模試や演習問題で常に合格ラインの人でも合格できないことも多いですし、1級も国家試験の受験資格となる公的資格でも最上位級ですからね。

私のイメージで言えば、
最短で合格できる学習期間で考えても、

日商簿記2級:1・・・日商簿記3級を十分理解していても数カ月の学習...続きを読む


人気Q&Aランキング