31日に電気餅つき機で餅をつき、親戚に電話してから届けたところ、電話では言いにくかったけれど、29日と31日に餅はつくなと言うので受け取れないと言われました。理由を聞いても、知らない、昔から言われているからとだけ言われました。

どなたか、なぜ29日や31日に餅をついてはいけないのか、その謂われや納得のいく訳を知っている方がいらしたら、是非、教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

29日は「苦餅」になるからと、言うところと、「福餅」として29日に好まれる場合とがあります。


http://members.stvnet.home.ne.jp/kubookada-h/kan …

31日については見つけられませんでしたが、#1さんの一夜飾りがたぶん正解かな。
    • good
    • 11

折角の好意を無にするへんなやからが居るものです.単なるごろ合わせでそうなるわけではないのに・・・.


 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A4%85%E3%81%A4% …

 http://members.stvnet.home.ne.jp/kubookada-h/kan …

31日はいけない理由は当人に聞くしかないですね.
1夜飾りは,大事な神様をお迎えするには1夜で準備するのは失礼だからといわれていますが,餅つきとは関係ないですよね・・・.
    • good
    • 6

29日の餅つきがいけないといわれるのは↓で回答されている方々のいうとおりでしょう。


しかし「9(苦)をつき倒す」という考えでつかれるところもあります。
皆「こうだから」というようなちゃんとした理由や根拠のある事柄ではないと思いますよ。
ですので、気にされる方は気にされるのでしょうが、どうってことない人にはぜんぜん問題なし・・的なものだと思います

31日の持ちつきもその類でしょう。

縁起を担ぐという考え方も多いに理解できますが、仕事が多忙で29~しか休みが取れないとか人により諸事情がとても異なる今の世代では気にしだしたらなにも出来なくなるようなものじゃないかなとも思いますね

しかし、届けてから「いらない」と断るってちょっとどうなのか?とも思いますね。
いらないなら持って行く前に言えよって思いましたよ
    • good
    • 9

29日に搗いた餅は「苦餅(くもち)」といって縁起が良くないとされています。

単なる語呂合わせで意味はありません。

31日に搗くな、というのは初耳です。大体、こういう縁起担ぎは旧暦に起源がありますが、旧暦に31日はありません。
敢えて想像すれば No. 1 の方の回答と同じく「一夜飾りは縁起が悪い」ということを間違って類推した縁起担ぎです。しかし、間違っていようと何であろうと、相手が縁起を担いでいるのに無理に受け取らせることはできませんね。
    • good
    • 5

餅つきが29日にいけないとされている理由は「二重苦」をつく。

「苦」をつく。と言い伝えがあるためだと思います。

31日についてはいけないと言うのは、お正月のしめ飾りを一夜飾りがいけないから?かと思ったのですが・・・
=餅つきも関係してるのか?ですが・・・

ちなみに一夜飾りとは、お葬式の飾りつけって一夜で出来ますよね。そこから縁起がよくないとされていると言う事らしいです。
    • good
    • 5

おもちに関してははじめて聞いた。



お飾りに対しては
29日は9=苦につながるから
31日にお飾り飾るのも一夜飾りでよくないていうから
正月のお餅=縁起物と考えれば
同じ縁起物のお飾りと同じ考えでいいかもですね。
    • good
    • 5

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q四十九日法要に49個の餅?

義父が亡くなり、突然、喪主・施主を命じられたのですが、妻の実家のため、宗派・しきたりが解らず苦労しています。(宗派は曹同宗で地区は愛知県三河地方です。)
何とか葬儀はクリアしましたが、来月四十九日法要があります。
そこで質問ですが、
無責任な親戚から「餅を49個用意しなければいけない」とか「餅は平らにして49段に積上げる」とか「いやいや鏡餅のように2段で良いんだ」などと言われて困っています。
49日だから49個とは安易だし俗説だろうなと思っていますが、本当はどうなんでしょうか?
結局どうすれば良いのでしょうか?

Aベストアンサー

愛知県東部に住む本家6代目です。

偶然にもわがdream家は曹洞宗です。
親父の葬儀をしたのが11年前になります。
49日のメモが残っているはずだと思い、ノートを見てみましたが・・・ありゃりゃ、書いてありません(>_<)
どうやら、記録に残す余裕などなかったようです。当時は独身でしたし(汗)

以下あやふやな記憶ですので、ごめんなさい。
「おい、49日の餅を頼んどけよ。」
「お、叔父さん。何ですか、その餅ってのは?」
「49日には餅を供えて、法事が終わったらみんなに配るだわ。昔は切って食べたもんだけど、今はそんなことをせりゃあへんで。」
「ほう、みんなに配る。で、どこで調達すりゃあいいだん?」
「饅頭屋へ行けば、どこでも作ってくれらあ。49日の餅って言やあ分かる。」
「ほうかん。どこへ頼もうかなあ。」
「親父がひいきにしとった○○堂に行きゃあ早いわ。」
「そうだのん。その手があったわ。ありがとう叔父さん。」

まあ、こんな具合でした。
親戚衆からぶつくさ槍が飛んできますが、こちらに実力がつくまでは、逆らっちゃあダメです。
親戚一同ににらみがきく叔父や長老を頼りにして、上手にこちらの味方に引き入れましょう。
「親分(長老)がこう言ったから」という言い分には、誰も逆らうことができませんので。
奥さんに親戚事情をよく聞いて、上手に対処してください。

柵(しがらみ)の中に生きる43歳の男からでした。

愛知県東部に住む本家6代目です。

偶然にもわがdream家は曹洞宗です。
親父の葬儀をしたのが11年前になります。
49日のメモが残っているはずだと思い、ノートを見てみましたが・・・ありゃりゃ、書いてありません(>_<)
どうやら、記録に残す余裕などなかったようです。当時は独身でしたし(汗)

以下あやふやな記憶ですので、ごめんなさい。
「おい、49日の餅を頼んどけよ。」
「お、叔父さん。何ですか、その餅ってのは?」
「49日には餅を供えて、法事が終わったらみんなに配るだわ。...続きを読む

Q12月31日の場合。年賀、喪中。

平成21年12月31日、父が亡くなりました。
平成22年12月31日迄が喪中だとすると、12月は年賀状or喪中ハガキ どちらを出すのが一般的でしょうか?
もし12月に出すのが年賀状だとしたら、喪中ハガキ以外で、父のことを、年賀状(父宛に頂いた)皆さんにハガキ等で知らせるには、どの時期、そして、どのような形で知らせたらよいものでしょうか。

Aベストアンサー

23年の正月は喪があけていますから12月発送は年賀はがきです。(お父様宛の友人知人以外)親戚はあなた方遺族が引き続き年賀を出します。

>(父宛に頂いた)皆さんにハガキ等で知らせるには、どの時期、そして、どのような形で知らせたらよいものでしょうか

22年年賀が届いた方には、松の内が過ぎてから(8日以降)寒中見舞いを出します。
「寒中お見舞い申し上げます。
このたびは年始状を頂きましてありがとうございました。
昨年の12月31日父が他界いたしましたので、年賀のご挨拶を失礼いたしました。
父生前中のご厚誼に感謝申し上げ、皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます。 」の意

Q現在29歳の1月30日生まれは

現在29歳の1月30日生まれは
西暦1980年生まれですか?
それとも西暦1981年生まれですか?

来年1月30日に30歳になる人です。


プレゼントに誕生記念の年号を入れたいのですが私にはわからなくて…(´_ゝ`;)
すみません

Aベストアンサー

来年(2011年)で30歳になるわけですから
この方は「1981年1月30日生まれ」という事になります

Q隅餅について

上棟式の為の「隅餅」を家でつくのですが、餅屋に頼むと500円玉を入れて作ってくれると聞いたので、入れて作ってみようかと思うのですが、500円玉はそのまま入れるのですか?何かで包んで餅の中に入ってるのでしょうか?その硬貨は新しいものでないといけないのでしょうか?ご教示下さい。

Aベストアンサー

隅の餅ですか。なぜ500円玉が入るのでしょうね。縁起担ぎとは思いますが、500円硬貨はそれほど何十年も昔からあるわけではなく、最近の新しい風習なのでしょうか。

余談はさておき、硬貨は人の手から手へ渡り歩いてきたもので、衛生学的にはとても汚いものだそうです。銀行からおろしたての硬貨としても、造幣局の機械が無菌状態であるわけではなく、汚いことに変わりありません。そのようなものを食べ物に入れることが理解できません。
もし食べた人が食中毒を起こしたとして、餅屋さんが作ったものでしたら、補償も要求できるでしょう。しかし、自家製となると、保健所からこっぴどくお目玉を食らうのがオチです。硬貨を熱湯消毒でもして食中毒に至らないまでも、気づかずに食べた人の歯が欠けるとか、切ろうとした際に包丁の刃をこぼしてしまうことも考えられます。
また、ラップなどで包んだとしたら、ラップが餅にくっついて離れなくなります。

要するに、食べ物の中に硬貨を混ぜ込むことなど考えないほうがよいと思います。餅は餅だけでラップに、硬貨は硬貨で白い紙にそれぞれ包み、一緒にポリ袋に入れて撒くなどのことを考えたらどうでしょうか。

隅の餅ですか。なぜ500円玉が入るのでしょうね。縁起担ぎとは思いますが、500円硬貨はそれほど何十年も昔からあるわけではなく、最近の新しい風習なのでしょうか。

余談はさておき、硬貨は人の手から手へ渡り歩いてきたもので、衛生学的にはとても汚いものだそうです。銀行からおろしたての硬貨としても、造幣局の機械が無菌状態であるわけではなく、汚いことに変わりありません。そのようなものを食べ物に入れることが理解できません。
もし食べた人が食中毒を起こしたとして、餅屋さんが作ったものでしたら...続きを読む

Q仏壇のお供え餅はいくつですか?

仏壇のお供え餅はいくつですか?

法事の時に仏壇にお餅をお供えするのですが、1つの入れ物(高台というんですか?)にいくつ乗せればいいですか?
お正月の鏡餅みたいに2つ重ねるのでいいのでしょうか?
ちなみに浄土真宗です。

Aベストアンサー

お供えをする小餅の数は決まっていません。
お仏檀や仏具の大きさ、他のお供えなどと調和するような(見た目にバランスが取れている)数でよいのです。

ただ、日本の慣習としては、一つの容器に奇数個盛るのが良いかと思います。
なぜ奇数かということは、仏教の教えに関係がありませんので、説明を省略させて戴きます。

浄土真宗のお寺では、報恩講などの重要な法事の場合は、丸小餅を盛り上げ、赤や青色の彩色をしてお供えをします。
これを「おけそく(お華束)」といっています。
しかし、一般の在家では、普通の丸小餅で十分です。

小餅を一対(いっつい;二つで一組)の供筍(くげ;お供えを盛るもの)に盛って供えますが、供筍が無ければお盆でも差し支えはありません。
あなたの質問でいっている高台(おそらく「高杯(たかつき)」のことでしょう。)で十分です。

「盛る」と記しましたが、供筍が小さい場合、縦に積み重ねます。
また、お仏壇の大きさ等の関係で、一対では混み合って見苦しいようなら中央に一つでも良いでしょう。

小餅を盛り上げて供えるのは浄土真宗独特の形式で、親鸞聖人の後を継がれた如信上人が、関東のお同行が少しずつ持ってきた小餅をお供えしたことに始まるといわれており、大切な形式です。

あなたがお尋ねになっていないことにまで触れて、回答が冗長になってしまいました。
ご容赦下さい。

お供えをする小餅の数は決まっていません。
お仏檀や仏具の大きさ、他のお供えなどと調和するような(見た目にバランスが取れている)数でよいのです。

ただ、日本の慣習としては、一つの容器に奇数個盛るのが良いかと思います。
なぜ奇数かということは、仏教の教えに関係がありませんので、説明を省略させて戴きます。

浄土真宗のお寺では、報恩講などの重要な法事の場合は、丸小餅を盛り上げ、赤や青色の彩色をしてお供えをします。
これを「おけそく(お華束)」といっています。
しかし、一般の在家では、...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報