はじめての親子ハイキングに挑戦!! >>

現在、主にアウトドアで使用するアルコールランプで「燃料用アルコール(エタノール5%・メタノール95%)」を使用しているのですが、メタノールは揮発性が強く、吸引したり飲んでしまったりすると危険(発ガン性がある)だと聞きました。

それで質問なのですが、たまに室内でアルコールランプを使うことがあるのですが、窓は開けているものの、火を点ける前などどうしてもある程度のメタノールを吸ってしまっていると思います。このような状況でも、燃料用アルコールは人体に対して有毒なのでしょうか?それとも、「燃料用」はメタノールをいくらか希釈している分、そこまで神経質にならなくて良いのでしょうか?

また、もし「消毒用」と間違えて「燃料用」アルコールで怪我の消毒をしてしまえば人体に対してどのような影響が及ぶでしょうか?

上記質問について教えて頂けましたら嬉しいです。どうぞよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

#2様の言われるとおり、メタノールは劇物です。


劇物の中ではまだ危険度は低いでしょうけど、取り扱いには注意が必要です。

アルコールランプについて
窓が開けてあれば、神経質になる必要はないと思います。
蒸発しても風通しがよければ濃度は一気に薄まってしまいますから。
また微量なら吸い込んだとしても、代謝されて体外に排出されます。
あえて鼻を近づけて吸引しなければ特に問題はありません。
点火時より補充時のほうが危険は高いかもしれません。なるべく吸ったり、触ったりしないようにしてください。
万が一酩酊感があったら直ちに風通しのいいところへ行き、メタノールを遠ざけてください。場合によっては医師の診察を受けてくださいね。

消毒用として
絶対に使ってはいけません。ただ、痛みが走るので致死量や失明に至るまで傷口を漬けておくことはできないと思います。

急性メタノール中毒は工業レベルの長時間・大量使用による吸引や誤飲などです。もちろん体との相性もあると思いますが、アルコールランプ用燃料で頻度も少なく、取り扱い方が正しければ神経質になる必要はないと思います。
とはいえ危険物であることだけはお忘れなく。
    • good
    • 6
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
>蒸発しても風通しがよければ濃度は一気に薄まってしまいますから。
>また微量なら吸い込んだとしても、代謝されて体外に排出されます。
とても、安心しました。一度、500mlの燃料用メタノール(メタノール95%/エタノール5%)のものを溢してしまい、雑巾でせっせと拭いていたことがあります。そのときにかなりのメタノールを吸ってしまったような気がしていましたので心配でした。その時には酩酊感はありませんでした。

>消毒用として
>絶対に使ってはいけません。ただ、痛みが走るので致死量や失明に至るまで傷口を漬けておくことはできないと思います。
つまりそれは、消毒の役目は果たさない、ということですね。そうですよね、ラベルにわざわざ「燃料用」とあるのですから。でも、日本に何人かは「アルコールだから一緒だ!」ってアウトドアのときに燃料用メタノールを消毒に使う人はいそうな気がします。実は、お酒が消毒のうえであまり有効でないと知らない方が多いように。

>とはいえ危険物であることだけはお忘れなく。
明快なるご説明を頂きありがとうございます。
曖昧だったことが、とても良くわかりました!

お礼日時:2007/02/05 13:37

#3です。


私のお礼欄から…
メタノールもある程度消毒効果は期待できると思います。絶対使ってはいけないと言ったのは、メタノール自体が人体に有毒だからです。言葉が足らなくてすいません。
ただかなりの痛みが伴い、いつまでも傷口をメタノールに漬けていることが不可能なので、傷口から致死量のメタノールを摂取することはまずできません。

>雑巾でせっせと拭いていたことがあります。
さんざん恐がらせてしまいましたが、その程度なら(ほぼ)大丈夫です。

#7様のお礼欄から…
>あくどいと言いますか不快な感じがするのは私だけでしょうか?
確かにその通りかもしれません。法の穴といった感じですね。
しかしこの穴があるからこそ、喫茶店のマスターはコーヒーサイフォンでコーヒーを作ることができるのです。日曜大工のお父さんがニスを薄めることができるのです。
劇物とはいえ比較的安全な部類に入りますし、非常に有用な薬品ですので、仕方ないともいえるでしょう。

>エタノールに変えようか迷っている…
これは労働衛生上、いいことだと思います。
おそらく製造コストは上がってしまいますが、エタノールの方がまだ安全です。
もちろん工場なら防毒マスクはするでしょうが、大量に吸い込んだとしてもエタノールなら酔っ払う程度で済みますからね。(多すぎると急性アル中で死ぬでしょうが…)
メタノールの代謝物であるギ酸によって視神経をやられることも無くなります。
大学でも金持ち研究室は健康上、ベンゼンやメタノールなどの使用を避けているところはあります。
    • good
    • 8
この回答へのお礼

こんにちは。ご回答ありがとうございます。

>傷口から致死量のメタノールを摂取することはまずできません。
とのこと、またまた安心です。・・・が、やっぱり身体への消毒には使わないほうが無難ですね。いくら若干の効果は期待できるとしても、激痛が走りますし、致死量には及ばずともなんらかの害は及ぶかもしれませんし。

>法の穴といった感じですね
「一概には言えないのだろうな」と知りつつ、攻撃的な言葉を思わず遣ってしまったところがあります。ニスについては知りませんが、でも珈琲サイフォンくらいなら、無水エタノールで珈琲を沸かしたほうが、なんとなく安心で美味しそうです。実は、無水エタノール、消毒用エタノールでアルコールバーナーの火力を調べてみたのですが、結果、値段は倍違うものの、無水エタノールであれば燃料用アルコール並(メタノール95%)に火力が強く、消毒用エタノールであれば、若干火は弱いもののある程度の火力は得られました(←コレらはなんの数値も元にしておりませんし、あまり当てにしないで下さい、見た目と、感じです。もちろん両者ともお湯は普通に沸きます)。

で、またまた出所を忘れてしまったメタノール記事の思い出なのですが、エタノールを用いて不法な酒を造られるのを嫌うどこかの国(日本?)が、工業用としてどうしてもエタノールを使いたい場合、立会い(?)の元に僅かなメタノールを添加して飲用不可にし、そして変性アルコールとして認めている(価格を抑える)、みたいな記事をどこかで見たのですが、その記事を見たときはなんか怖かったです。毒を入れて飲めないようにしてやるぞ、的な感じがむんむんと漂っていました。という点から、本来、エタノールがメタノール同等の効果、価格であるとすれば、危険なメタノールが広く使われる意味が、私に関していえばまだよく分かっていません。

>大学でも金持ち研究室は健康上、ベンゼンやメタノールなどの使用を避けているところはあります
いろいろな情報を頂き、誠にありがとうございます。勉強になります。そして、金持ち研究室だけでなくて、貧乏な研究室もエタノールを使ってほしいです。片手落ちな理想論になるのでしょうが、そうあればいいなぁと思います。

お礼日時:2007/02/06 14:56

#5です。


燃料用アルコールで調べてみました。
http://www.takasugi-seiyaku.co.jp/prdt/04_alcoho …
高杉製薬ではメタノール70%エタノール30%のものを扱っているようです。その中の説明に危険物第4類であるが劇物ではないとあります。メタノールは劇物だがエタノールは劇物ではないということからのもののようです。
私の思っていたのは変性アルコールのようですね。飲用、消毒用以外のアルコール(エタノール)には酒税法の対象外にするためにメタノールが混ぜてあるので変性アルコールと言うのです。
メタノールの側から見てエタノールを混ぜるのは劇物指定のからみで、エタノールの側から見てメタノールを混ぜるのは酒税法のからみでということのようです。
私はアルコールランプの燃料にするアルコールは変性アルコールだと思っていました。
メタノールもエタノールも消防法での危険物としてはどちらも第4類、特殊引火物です。
劇物・毒物は厚生省の管轄です。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

こんばんは。
情報ありがとうございます。
にしても、メタ、エタノールに掛かる税金とか規制とか、ややこしいと言いますか、適当っぽいといいますか、あくどいと言いますか不快な感じがするのは私だけでしょうか?#2さんが仰られるには「体重60kgなら25g程度のメタノール摂取で死亡の可能性がある」とのことでしたが、『95%メタノールだったら普通にいくらでも買えて96%だったら手続きがいる』みたいなのは、#6さんが仰られている「5%エタノールを入れたぐらいでは毒性・引火性はほとんど変わらない」を鑑みると、やっぱりへんな感じがします。

どこのスレッドで見たか忘れましたが「工業用アルコール(メタノール)の使用を控えて、エタノールに変えようか迷っている」みたいな投稿があった記憶が微かにあるのですが(どこかの工場主の方の質問かな)、そういうのを考えてみましてもやはり嫌な物を感じます。

皆さんのおかげで、だいたいメタノールの危険性はわかった気がしますので、明日のこの時間くらいにこのスレッドを締め切らせていただきたいと思います。それまでに、これは知っといたほうが良いよ、というまだ未出のポイントがあれば、ちょこっと教えて頂けましたら幸いです。

お礼日時:2007/02/05 22:18

燃料用アルコールなのでメタノール含量が高いのであってます。

わざわざエタノールをちょこっと混ぜているのは、メタノール自体は劇物ですが、エタノールと混合した燃料用エタノールは指定外になるからでしょう。ただし、5%エタノールを入れたぐらいでは毒性・引火性はほとんど変わらないと考えた方がいいと思います。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
>指定外になるからでしょう
なるほど、95%を境目にして取り扱い方が変わってくるのですね!
>5%エタノールを入れたぐらいでは毒性・引火性はほとんど変わらない
私はここを勘違いしていたようです。「燃料用」アルコールで使われるメタノールは「工業用」と比べてどことなく濃度(危険度)が薄いのかな、なんて漠然と思い込んでおりました。でも、使われる量が違うだけで一緒なんですね。先の返信、私が勘違いしていました。申し訳ございません;

>5%エタノールを入れたぐらいでは毒性・引火性はほとんど変わらない
ということは、エタノール30%の物でしたら、万一取り扱い方法を誤った場合において、まだ幾分か危険度は減るのでしょうか(もちろん、どう転んでもメタノールは劇物ということを踏まえて)?

お礼日時:2007/02/05 18:17

>500mlの燃料用メタノール(メタノール95%/エタノール5%)のものを溢してしまい、



この割合は本当ですか。逆ではないですか。普通燃料用アルコールというとエタノールが主だと思っていました。
メタノールにわざわざ少量のエタノールを混ぜる理由がありません。
安全性から言ってもエタノールが主のはずです。
エタノール100%にしないでメタノールを混ぜるのは酒税法のからみだと言われていました。(それだけではないというコメントが以前の同じような質問に対してあったようにも記憶しているのですが思い出せません。)

消毒用アルコールは70%ほどですので水が混ざっています。消毒効果が高いということだったと思います。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

>メタノールにわざわざ少量のエタノールを混ぜる理由がありません。
その少量で心持ち希釈してるんでは?なんて思ってみたり・・・。で、その「割合」は恐らく合ってたはずです。燃料用アルコールは、だいたい「メタノール95%/エタノール5%」とか「メタノール70%/エタノール30%」のものが多いように思えます。私の聞いた話ですと、仰られるように「エタノール」には酒税法がからむので含まれる割合が高ければ高いほどコストが高くなり、それ故、税金のかからない危険な「メタノール」が工場用や燃料用として多く用いられているとどこかで聞きました(うる覚えです)。税金が絡むので、有害危険なものを使うってなんか微妙な話ですね。メタノールじゃないとだめだ!っていうのも中にはあるんでしょうが・・・。

お礼日時:2007/02/05 15:08

>500mlの燃料用メタノール(メタノール95%/エタノール5%)のものを溢してしまい、



この割合は本当ですか。逆ではないですか。普通燃料用アルコールというとエタノールが主だと思っていました。
メタノールにわざわざエタノールを混ぜる理由がありません。
安全性から言ってもエタノールが主のはずです。
エタノール100%にしないでメタノールを混ぜるのは酒税法のからみだと言われていました。(それだけではないというコメントが以前の同じような質問に対してあったようにも記憶しているのですが思い出せません。)

消毒用アルコールは70%ほどですので水が混ざっています。消毒効果が高いということだったと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

>500ml
「500ml」は余分でした。アルコールランプに入れていた燃料用アルコールを溢してしまった、が正解です。燃料用アルコールの入っていたプラ容器はそう簡単に全てを流さない仕組みになっています。失礼しました。

お礼日時:2007/02/05 15:20

適当なことを書く人も居るものですね。


メタノール原体は毒劇取締法で劇物に指定されています。毒性も強く揮発性も高いため取り扱いには十分注意してください。MSDSは良い参考になると思います(http://www.naitoh.co.jp/msds/msds-074103.html
体重60kgなら25g程度の摂取で死亡の可能性があります。飲まない限りは大丈夫でしょうけど。

消毒用アルコールはメタノールではなくエタノール溶液です。メタノールで消毒した場合はしみるだけでは済まないかもしれません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
恐ろしいデータがてんこ盛りですね・・・。しかし、わたしの知りたいのは、購入時にハンコが必要になるような濃度の高い「工業用」メタノールではなく、タイトルにもありますようにそこらの薬局でオキシドール同様手軽に購入できるメタノールが希釈された「燃料用」メタノールについて知りたいです。無水エタノール・消毒用エタノール・燃料用メタノール・工業用メタノールなどがある中で、やはりタイトル通りに、このスレッドは「燃料用」に特に的を絞って皆様のご意見を頂きたいです。

しかし、メタノールの恐ろしさは改めて良く分かりました。ありがとうございます。

お礼日時:2007/02/05 13:34

メタノールの沸点は約65度ですから,常温では蒸発しません.



動物に6週間吸引毒性を見たが毒性は認められなかったと有ります.
 http://www.hitachi-ies.co.jp/products/ijp/msds/t …

消毒用アルコールは70%であり,メタノールを付けた所で,浸みるだけでしょう.飲まない限りは毒性心配する必要はありません.

メタノールの人についての発がん性のデータは無いと記載されています.
 http://www.nihs.go.jp/DCBI/PUBLIST/ehchsg/ehctra …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
>メタノールの沸点は約65度ですから,常温では蒸発しません
とのことですが、火を点けていないアルコールランプに手を翳していると、手が湿ってくるのですが・・・。これはまた違う成分のモノなのでしょうか?

>メタノールを付けた所で,浸みるだけでしょう.
そう伺うと少し安心します。実は、指に浅い傷を持っているときに、うっかり燃料用アルコールを床にぶちまけてしまい、傷口を薬剤にさらしてしまったことがあります。もちろんすぐに入念に手を洗い、さらには消毒用アルコール(エタノール)をたくさんふりかけました。

お礼日時:2007/02/05 13:31

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアルコールランプのアルコールはどこで手に入れられますか?

大人の科学マガジンで蒸気エンジンがあり、
燃料がないため、組み立てたままの状態です。

本誌には薬局で買えるということですが、うちの近くではマツキヨなどしかなく、個人の薬局というのがありません。

また売っていたとしてもどういうのを買えばいいのかさっぱりわかりません。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

No.2です。

> 混合アルコールでも印鑑が必要なのでしょうか?
> 印鑑は普通のシャチハタではなく、100均でも買えるような朱肉が別途必要な印鑑でもいいのでしょうか?

混合の場合に印鑑が必要かどうかは解りません。
以前に仕事で使うメタノールを買いに行ったとき、住所・氏名・用途の記入と印鑑(シャチハタは不可、朱肉を付ける認め印は可=百均の印鑑でも可)が必要でした。

Qアルコールランプの燃料にエタノールを使うことはできますか?

アルコールランプの燃料はエタノールとメタノールを混ぜたアルコールということなのですが、家に無水エタノールがあるのでそっちが使えればそれを使いたいと思っています。
アルコールランプにエタノールは使っていいものなのでしょうか?ご回答をよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 多少高価ですがエタノールの使用を薦めます。
 メタノールは劇物指定品ですから僅かでも使用は避けた方はよいです。
 エタノール以外の物を使う場合は有害性を良く調べてからにして下さい。

Qメタノールはどこで入手できますか?

子供の自由研究(すみません、今頃なんですが)で、メチルアルコール(メタノール)が必要になりました。薬局にあるというので、何軒か回ったのですが、消毒用のエタノールはあるのですが、メチルアルコールは置いていないそうです。ここ半年以内に、それを入手したことのある方、どこで手に入れたか教えてください。ちなみに必要なのは100ml以下、エタノールなどが添加されていない、純度の高いものを探しています。住んでいるところは千葉県北西部ですので、東京都区部か千葉県内の具体的な店名を教えていただけるとすごく助かります。

Aベストアンサー

炎色反応だったんですね。

メタノールを使う理由は簡単です。
酒税がかからない分「安いから」です。

質問者さんの場合は、「燃料用アルコール」もしくは「無水エタノール」で問題ありません。(燃料用アルコールがオススメです)

入手方法は薬局で購入です。ドラックストアやホームセンターでも構いません。

>エタノールが入ると煤が出るとか何か・・・
炭素分子が1つ多いだけですから問題になる範囲ではないと思われます。

メタノールとエタノールの比較実験でしたら試薬の入手にはこだわるべきです。
しかし、今回は燃料としての利用ですからメタノールでもエタノールでもこだわる範囲ではないと思います。

手順書と違う結果になったら、「手順書ではメタノールを使っていてこういう結果が紹介されていた。しかし私の実験では~という結果になった。この結果がエタノールとメタノールの差による物なのか、追実験して調べて見る必要がある」という考察も導けますし、自由研究提出後の自主的な研究テーマとして取り組むこともできるでしょう。

Q燃料用アルコールのエタノールの割合の多少で違いは?

燃料用アルコールは、品物によってエタノールとメタノールの割合比率が違い(エタノールが5%~25%)各社の容器にはススが出にくいとかにおいが少ないとか、カロリーが高いとか謳い文句がそれぞれありますが、燃料用としては割合比率の違いによりその効果にどのような差異が生じるのでしょうか?すみません、おしえてください。

Aベストアンサー

アウトドアで使用するアルコールストーブとして回答します。
ストーブの構造が極めてシンプルなため、予備として使われることが多いです。またマルチフェールのストーブの場合はガソリンや灯油と同様に使用できます。--燃焼の仕組みは異なる--
 エタノールのほうが炭素数が多いため火力が3割から4割大きいのです。この程度の混合比では大きな差とは言えないでしょう。なお、ススの発生量には明確な差は出ないと思われます。

 メタノール燃料の一番の欠点は不完全燃焼時にホルムアルデヒドが発生することでする。完全燃焼時にもわずかに発生します。そのため(テント内で火気を使用する人は無いでしょうが)、「涙、ポロポロ」になります。エタノール燃焼時のアセトアルデヒドは、有毒ではありますが、人は代謝もできるので、それほどでの危険性はありません。

 アウトドアで使用するコンロは燃費や火力を問う長期なら灯油、短期ならホワイトガソリン、暖地限定でコストや火力を問わないならガス、そして予備用が必要ならアルコールってとこかな。

Qメタノールの味は?飲むとどうなる?

ある映画でメタノールを酒と間違えて飲んだ人が死んだという話があったのですが、
ウォッカと間違えてグビグビ飲んでいたので、味はないのでしょうか?
そして、飲んだ後に「目が見えない」と言っていたのですが、
メタノールを飲むと目が見えなくなるものなのですか?
エタノールはアルコールですが、メタノールも同じような物?に聞こえますが、
メタノールは飲むと死ぬんですか?

Aベストアンサー

死にます。死ぬほどの量ではなくても、失明します。そして発ガン性物質です。
半致死量(LD50)はマウス(経口)で7300 mg/kg、ラット(経口)で5628 mg/kg です。絶対に飲まないように、また吸わないようにしてください。(半致死量とはその量を与えた時に個体の半数が死ぬ量です。)
あと、炭素数が奇数のアルコールはやばいと聞いたことがあります。炭素数が偶数のものはとりあえず大丈夫だとか…まぁ飲用に適しているのはエタノールだけでしょうから、とても試す気にはなりませんけどね。
ちなみにビール(おそらく発泡酒にも)には少量のポリビニルアルコールが添加されています。コーラ等の泡に比べてビールの泡が消えにくいのはそのためです。

参考URL:http://w-chemdb.nies.go.jp/kis-plus/Q_all2.asp?ks_cd=243

Qメタノールの処分方法について

実験でメタノールを使うのですが、使用後はどのように処分したらいいのでしょうか。
ご存知の方教えてください。

また、塩化アンモニウムを水に溶かした水溶液の処分方法も教えていただきたいです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

メタノールは100mL以下なら流しに大量の水と一緒に流しなさい。
塩化アンモニウムも50g以下なら流しで良いです。
どちらも生物が利用します。

Qアルコール消毒とエタノール消毒の違いって何ですか?また,どう違い,そし

アルコール消毒とエタノール消毒の違いって何ですか?また,どう違い,そして,どのような用途で使い分けるのですか?よろしくお願いします.

Aベストアンサー

同じです。
「エタノール」は正確に言えば「エチルアルコール」です。一般的に「アルコール」と呼ばれるのも「エチルアルコール(エタノール)」ですから。ちなみにお酒に入っているのも「エチルアルコール」です。
「アルコール」には他に「メチルアルコール」「ブチルアルコール」など、アルコール族とでもいう仲間がありますが、一般に手にはいるのはせいぜいアルコールランプに使用する「メチルアルコール」くらいです。ふつう「メチル」は消毒には使用しません。

Qアルコールランプの爆発について

今度、キャンプでアルコールランプを使おうと思っています。
1~2時間くらいの長時間燃焼を考えています。
しかし、ネットで調べるとアルコールの量が少量になってくると爆発するということを知りました。
仮に、火をつけっぱなしで知らないうちにアルコールの量が少なくなってて爆発。ということが起きることがあるのでしょうか?
とても怖いので、爆発するのかしないのかということと、爆発する仕組みを教えてください。

Aベストアンサー

ネットで調べる・・・・藁の中から針を探す(It's like looking for a needle in the haystack.)・・・ようなもので、正しい情報か否かを選別するには、基礎知識が必要。
 理科(化学)で必ず学ばれていると思います。--危険物取扱者試験では必須
 可燃性ガス及び引火性液体蒸気の爆発限界( http://www.fintech.co.jp/etc-data/bakugen-data.htm )
燃料用アルコール(メタノール)では、空気中で 7.3%~36% の蒸気密度範囲で爆発します。水素の 4.0%~ 75% アセチレンの 2.5%~100% と比較すると爆発限界は狭いですが、クッカーに使われる ブタンの 1.9%~8.5%よりははるかに危険です。
 一方引火点が11℃ですから、それ以上の温度だと火が付けば燃えつづける。
 そして、メタノールの蒸気圧は、
メタノールの蒸気圧データ 蒸気圧 飽和蒸気圧 蒸気圧曲線( http://s-ohe.com/methanol.htm )
 にあるように、数℃~60℃あたりでは、爆発限界に収まってしまう。

 メタノールが爆発しやすいというのは、次の場合です。
★ 密閉された空間で温度が60℃以下の時に気化して飽和しているところに着火源があれば爆発的に燃焼する。
★ 液温が11℃以上であれは、液体が燃えはじめる。
★ 分子量が 32 と大きいため気化したガスが床を這い、そこに火があれば引火する。火が走る。

 容器の蓋が開いていれば、床を這ったメタノール蒸気により火元--炎だけでなく静電気の放電--があれば、容器に引火する。
 タンク内の残り少なくなったときに、注ぎ足そうとして引火してしまう。
の二点でしょう。

 メタノールを使う場合の問題点はもうひとつ重要な点がありますね。メタノールはバーナーなどで燃焼させると不完全燃焼で
2CH₃OH + O₂ → 2HCHO + H₂O
 と、極めて刺激性の高いホルムアルデヒドが生成する。涙ポロポロ・・・と涙が止まらない。
 
 引火に対しては、ガスも同様--爆発限界ははるかに小さい( 1.9%~8.5% )のですが、密閉容器に入っていますので燃え続けることは通常はないですが、冬季のアウトドアではタンク温度が気化により低下してガスが出なくなる。寒地ではガスは使えない。

 そのために、冬山や寒冷地では、ホワイトガソリンや灯油の液体燃料を使うことになります。
  ガスは便利なのですが春夏秋の3シーズンですね。それと容器がかさばる。燃費が悪い・・
 ガソリンは、引火点が-40℃以下で引火しやすい。
 灯油は引火点が40℃以上ありますから、たとえ火をつけても燃えない。火をつけたマッチを灯油に投げ入れてもジュッといって消える。
  灯油は扱いはとても面倒ですが慣れれば、引火や爆発の危険がない、高火力、家庭用暖房機と燃料を共用できるので安価。

 私は、日帰りならホワイトガソリン、数日でしたら灯油のコンロを使用します。optimusユーザーですので・・。
 数日以上になるときや家族でいくとき--車を使って移動は、灯油の155W( https://www.google.co.jp/search?tbm=isch&q=155W+optimus&gws_rd=cr&ei=EtF0VqLHEqLlmAXW-6igBg )の二口コンロを持って行きます。

★なお、テント内ではいかなる理由があっても火気は使用してはなりません。
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 引火や爆発だけでなく、一酸化炭素中毒、酸素不足による失神、そしてなによりもテントに着火すると一瞬にしてテントごと火だるまになります。私は、かってボーイスカウトの指導者をしていた当時に古いテントで火災実験をしましたが、当時の棉テントでも一瞬で燃え尽きました。
 テントの火災での事故はとても多いし危険なのですよ。
 ガス中毒ですが、夜間にテント表面でテント内の水蒸気が結露して通気性は失われます。

アルコールバーナー・コンロはホルムアルデヒドの発生の問題があり、ごく短時間の簡易的な使用にとどめるべきです。火力もしょぼいですしね。

ネットで調べる・・・・藁の中から針を探す(It's like looking for a needle in the haystack.)・・・ようなもので、正しい情報か否かを選別するには、基礎知識が必要。
 理科(化学)で必ず学ばれていると思います。--危険物取扱者試験では必須
 可燃性ガス及び引火性液体蒸気の爆発限界( http://www.fintech.co.jp/etc-data/bakugen-data.htm )
燃料用アルコール(メタノール)では、空気中で 7.3%~36% の蒸気密度範囲で爆発します。水素の 4.0%~ 75% アセチレンの 2.5%~100% と比較すると爆発限界は狭いです...続きを読む

Qガスかアルコールか迷ってます

アウトドアで使うバーナーコンロについてお知恵をお借りしたいと思います。

冬のスノーシューを使ってハイキングする時に持参したいのですが、ガスを使うタイプかそれとも燃料用アルコールを使うタイプかどちらか購入しようと考えてます。

勿論、メーカーによっても差があると思いますがたとえば寒さにはガスはやや弱いというような事を聞いたことがあります。
そのような基本的な部分でのメリットとデメリットについて教えて欲しいのです。

あと初心者にオススメのリーズナブルで使い勝手の良いものがあれば参考までにお願いしますm(__)m

ちなみにガソリン系は怖いので検討外です

Aベストアンサー

ハイキングであれば、エスビットなんてどうでしょう?角砂糖みたいな固まりに火を付けると燃えます。それ一個でカップいっぱいの水を湧かせます。何個か使えば、煮込みもできます。あまりにシンプルで小さいので、逆に物足りないと感じるかも知れませんが、わたしは好きですね。

http://www.fsinet.or.jp/~ddrdiet/Esbittop.htm


カセットコンロ用のガス売ってますよね。あれをつなげられる(キャンプ用の小さい)五徳があるらしいです。ガス自体は100円ショップでも手に入るため、国内ツーリングをする人など中心に、利用する人はいるみたいですよ。

Q無水アルコールと無水エタノールは同じものですか?

豆乳と無水アルコールで脱毛ローションを作ろうと思っています。
早速薬局を回りましたがやはりどこも売り切れ。
もともとそんなに売れるものでもないので店の在庫は少ないし
入荷するのはいつかも未定という状態です。

ネットで検索してみてて気づいたのですが
「無水アルコール(無水エタノール)」と記載されているのを
見かけたのですが、無水アルコールと無水エタノールとは
同じものと考えてよいのでしょうか?
同じものなら、無水アルコールはどこを探しても見つけられないので、無水エタノールで代用してみようかと思っています。

どなたか詳しい方がいらしたら、同じものなのかどうか
教えていただけないでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

既にお二人の方がおっしゃっている通りだと思いますが、ちょっと気になったので。。。

エタノールはアルコールの一種で、最も代表的なアルコールです。アルコールにはたくさんの種類がありますが、エタノールはお酒に含まれるアルコールで、化粧品その他、いろんな物に使われます。殺菌用に使われるのは、70%エタノールです。
日常的には、「アルコール」と言ったら、普通はエタノールのことだと思ってよいでしょう。

似た名前のもので、「メタノール」と言うのがあります。これは大変有毒で、わずかな量でも体内に入ると失明したり、死亡したりします。皮膚からも吸収されるので、注意が必要です。工業用アルコール(これもエタノールです)には、飲みものなどに転用されないように、少量のメタノールが混ぜてあります。ローションは体につけるものですから、メタノールを含むものは絶対に使ってはいけません。薬局で買えば、間違いはないと思いますが。

「無水」ということについてですが、薬局で普通に売っているエタノールは70%の消毒用エタノールと、99.5%エタノールの2種類だと思います。
化学の実験室でも、「100%エタノール」と言っても、実際には99.5%のもので代用できる場合が多いです。その意味では、No.2さんのおっっしゃるように、「無水=99.5%以上」と言うのは正しいです。
しかし、本当に水を完全に除いた、厳密な無水エタノールと言うのも、たしかに作られてはいます。特殊な目的のためには、本当の「無水」エタノールが必要な(つまり、0.5%の水でも邪魔になる)場合もあるのだと思います。このような「本当の」無水エタノールは、当然、99.5%のものよりも高価であると思います。
豆乳ローションの作り方がわからないので、何ともいえないのですが、厳密に無水でないといけないのか、99.5%でも良いのか、確認する必要があるかと思います。つまり、豆乳ローションのレシピの中で、「無水」という言葉を、どれくらい厳密な意味で使っているのか、ということです。

既にお二人の方がおっしゃっている通りだと思いますが、ちょっと気になったので。。。

エタノールはアルコールの一種で、最も代表的なアルコールです。アルコールにはたくさんの種類がありますが、エタノールはお酒に含まれるアルコールで、化粧品その他、いろんな物に使われます。殺菌用に使われるのは、70%エタノールです。
日常的には、「アルコール」と言ったら、普通はエタノールのことだと思ってよいでしょう。

似た名前のもので、「メタノール」と言うのがあります。これは大変有毒で、わずかな量...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング