今だけ人気マンガ100円♪夏の100円レンタル祭り♪

MRFの確定申告について教えて下さい。証券会社に聞いてみたところ、
『MRFは銀行の利子のような利益なので、確定申告は通常は必要ないと思う』と言われましたが、よくわかりません。ネットで調べたところ、申告すれば得だとありました。MRFは、確定申告で徴収分を返してもらうことはできるのでしょうか?

もしできるのであれば、事業等の収入分と合わせて申告する、第一表の記入方法を教えて下さい。(ほかの所得とあわせて『源泉徴収税額』を記入してよろしいのでしょうか?わかりません)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

MRFの分配金は利子所得と同じく源泉分離課税ですから、他の所得と損益通算できないと思います。



参考URL:http://www.taxanswer.nta.go.jp/2230.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答、ありがとうございました。URLもいただいて、わかりやすく教えていただいて感謝しています。
MRFは「源泉分離課税」ということで、利子所得に当たり『それだけで納税が完結するというもの』なんですね。
ありがとうございます。
では確定申告を行う際に、こちらの入力は省いていいといいうことですね!

お礼日時:2007/02/08 07:07

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QMRF・引き出す・確定申告

現在無職で、扶養されています。

お金のことや、漢字に弱いのですが、
働いていた時(数年前)にすすめられるままに、証券会社のMRFにお金を預けました。
去年(無職時)、50万円おろしました。

すると本日、証券会社から、今年度の「取引報告書」が届き、
・確定申告時するなら、この報告書が必要です。(みたいなこと)
・譲渡損失
・譲渡損益
・源泉徴収

等の言葉が書いてあり、ついていけません。

○MRFから50万円おろすと確定申告が必要なのでしょうか。
○各単語の意味を、分かりやすく教えていただけないでしょうか。

証券会社に直接でむいて質問しに行くにも、遠方で、すぐにはいけないので、goo
で少しでも分かれば、と思い質問させていただきました。
(電話は緊張してムリです)

また、もし確定申告が必要でも、もし行かないで終わってしまったら、どうなるのでしょう?

Aベストアンサー

MRFを50万程度解約しただけであれば確定申告は不要です。
譲渡損失は、つまり、売ったら損したということです。たとえば、株価が買ったよりも値下がりして売れば損失が出ますよね。それが譲渡損失。
損する場合だけでなくもうかる場合もあり、それは「益」。だから譲渡損益は、譲渡しての損失かあるいは利益。
源泉徴収は、あらかじめ税金が引かれている、とられているということで、確定申告をするとケースにより最初から引かれていた税金が戻る
場合があるということではないかと思われます。
他に、株式等を売買しての損益等がなければ、原則として特に確定申告の必要はないと思われますね。

Q投資信託の配当の確定申告

表題の件についていろいろ調べたのですが、逆に分からなくなってしまったので教えて下さい。

名前や金額は全て仮のものです。
現在A証券会社に口座を開いており特定口座で源泉徴収有りです。
その口座にてオープン型証券投資信託を保有しており配当を受けています。

A証券会社から年間取引報告書が送付され配当金150,000円、源泉徴収額10,500円(7%)、配当割額4,500円(3%)となっております。

この他に給与所得、公的年金がありますので確定申告が必要です。

(1)確定申告をする際、上記の金額であれば投資信託については確定申告不要制度を適用することができますか?

(2)投資信託についても確定申告をする場合は総合配当所得として合算され源泉徴収額を差し引くことになりますか?

(3)総合課税か分離課税かは自分で選ぶのですか?

(4)配当控除は関係ないのでしょうか?


説明が足りないかもしれませんが、分かる範囲でお答え頂ければと思います。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>確定申告をする際、上記の金額であれば投資信託については確定申告不要制度を適用することができますか?

はい、適用になります。

『No.1330 配当金を受け取ったとき(配当所得)』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1330.htm
>>(2) 確定申告不要制度
>> イ 上場株式等の配当等の場合(大口株主等が受ける場合を除きます。)
>>支払を受けるべき配当等の金額にかかわらず、確定申告を要しません。
『上場株式等とは』
https://www.keisan.nta.go.jp/survey/publish/31839/faq/31884/faq_31952.php
>>(7)公募株式等証券投資信託の受益権

>投資信託についても確定申告をする場合は総合配当所得として合算され源泉徴収額を差し引くことになりますか?

「総合課税」「申告分離課税」にかかわらず、「確定した税額」から「源泉徴収された税金」を差し引いた金額が、「実際に納税する(還付される)税金」となります。

『No.2020 確定申告 』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2020.htm
>>所得税の確定申告は、毎年1月1日から12月31日までの1年間に生じた所得の金額とそれに対する所得税の額を計算し、源泉徴収された税金や予定納税額などがある場合には、その過不足を精算する手続きです。

>(3)総合課税か分離課税かは自分で選ぶのですか?

「確定申告不要制度」「総合課税」「申告分離課税」のいずれも自分で選択します。

『上場株式等の配当所得に係る申告分離課税制度』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1331.htm
>>平成21年1月1日以後に支払を受けるべき上場株式等の配当等(一定の大口株主等が受けるものを除きます。以下同じ。)については、総合課税のほかに、申告分離課税を選択することができます。

(4)配当控除は関係ないのでしょうか?

配当控除の対象となる「配当所得」であっても、「申告分離課税」を選択した場合は、「配当控除」は受けられません。

(上記リンクより)
>>3 配当控除の適用
>>申告分離課税を選択した上場株式等の配当所得については、配当控除の適用はありません。

(参考情報)

『株の配当金も確定申告すればお得!?』
http://kabukiso.com/zeikin/haitou.html

『確定申告期に多いお問い合わせ事項Q&A』
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/qa/01.htm

『国税に関するご相談について』
http://www.nta.go.jp/shiraberu/sodan/denwa_soudan/index.htm
『確定申告で空いている時間は何時ごろ』
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/797097.html
『還付申告は混雑期を避け3月15日過ぎに』
http://www.ioka-youji.com/article/13617737.html

※間違いのないよう努めていますが、最終判断は【必ず】税務署に確認の上お願い致します

>確定申告をする際、上記の金額であれば投資信託については確定申告不要制度を適用することができますか?

はい、適用になります。

『No.1330 配当金を受け取ったとき(配当所得)』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1330.htm
>>(2) 確定申告不要制度
>> イ 上場株式等の配当等の場合(大口株主等が受ける場合を除きます。)
>>支払を受けるべき配当等の金額にかかわらず、確定申告を要しません。
『上場株式等とは』
https://www.keisan.nta.go.jp/survey/publish/31839/faq/31884/faq_31952.php
>>(...続きを読む

Q神社への奉納金の勘定科目は?

町内会にある稲荷神社で初午祭がありました。
ウチの会社でも例年どおり奉納金として2万円を包み、商売繁盛を祈願しました。

この2万円、以前は接待交際費として処理していましたが、
寺社仏閣への奉納金などは寄付金に当たるのではないか? という者がいます。
また、寄付金や接待費でもないので、雑費だという者もいます。

ちょっと混乱してしまったので、詳しい方に判りやすく説明して頂けませんでしょうか?
よろしくお願い致します。

なお、この神社は普段は宮司さん神主さんなどは居らず、町内会で維持管理をしております。
初午などの行事の際には神職の方に来ていただき、式を執り行ってもらっています。

Aベストアンサー

通常の町内会費の範囲内であれば雑費でもかまいませんが、夏祭り費用などは寄付金として取り扱うことになっていますのでこの場合は寄付金として処理することになります。

詳しくは、参考URLのタックスアンサーをご覧ください。

参考URL:http://www.taxanswer.nta.go.jp/5262.htm

Q確定申告時の配当に関する住民税の特例の項に記入することのメリットは?

上場株の配当を得ていますが、この欄にあえて記入する必要が無いとの解説もあるようです。
この欄に記入する
1)意味
2)メリット・デメリット
をご教授下さい

Aベストアンサー

まず1)についてですが、住民税の税額控除の金額を算出するためです。
ご存じかもしれませんが、上場株は源泉徴収10%の内訳として国税7%地方税3%となっており、確定申告書を作成する際に徴収されている税額を区別する目的で記入しています。また非上場株は源泉徴収税率が20%と上場株とは異なります。
納税者の中には上場株と非上場株を双方所有している方もおられ、地方税の算出の際に控除間違いを起こさないようにするものと思われます。

次に2)については1)の内容と重複するんですが、納付したにもかかわらず地方税の控除を受けない状態で納税通知が来てしまうと重複することになってしまうので、それを未然に防ぐことが可能なのがメリットといえばメリットでしょうか。

Q建物の解体・取り壊し費用の科目名を教えて下さい。

表題の通りですが、
色々な例を調べていますと3通りあります。
1)解体・取り壊した建物の除却損に含める。
2)取り壊した後に改めて新築し建物の取得原価に含める。
3)修理費等の費用として処理する。

税理士の例題解答では
1と2が出てきます。
実務的には3もあるようです。

その使い分けを教えていただけませんか。
特に2について
解体された建物と新築された建物との関与の程度なのかな
とも思うのですが、いかがでしょう。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

#1です。

なるほど…問題を見た限り、回答が「除却損」となるポイントは…。

「老朽化したため、取り壊し」

の、一点のみです。

「老朽化したため、取り壊し」ということは、「既存の建物には資産価値が無い(評価額0円)」と解釈できます。
この「価値が無い資産」を帳簿から外す(処分する)行為は「固定資産の廃棄」と位置づけられ、処分時に発生した損失は費用に計上することができる…とされています。
故に、取り壊し後に新規に建物を取得する場合であっても、回答は「除却損」ということになります。

いやいや、なかなか良くできた例題ですね。
取引日付や経過日数は、おそらく減価償却費の算定や月数按分の算出。
それと「引っかけ」の意味もありそうです。

この例題のように、簿記の試験問題には余計な情報が含まれていることが多く、全体を見すぎてしまうと逆に訳が分からなくなってしまいます。
回答のポイントは、だいたい一つか二つですので、それを見極めることが重要になります。

以上、参考になれば幸いです。
長文、駄文ご容赦ください。

Q確定申告書の「続柄」欄について

 私ghq7xyは来年の春、確定申告(還付)をする予定でいます。
 さて、確定申告書の本人氏名を書く欄の下には、「世帯主の氏名」と「世帯主との続柄」を書く欄がありますね。私の家の世帯主は私の父ですが、父から見て私は長男です。
 そこで、こういう場合、「世帯主との続柄」欄には、私を基準として「父」と書くべきなのか、それとも世帯主である父の立場を基準として見た「長男」と書くべきなのか、どちらでしょうか?
 確定申告はまだ先のことですが、気になりました。国税庁のHPで確定申告書の見本をプリントしてみたので、気になった次第です。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

「世帯主との続柄」というのは、「世帯主からみたあなたの続柄」なので、
世帯主がお父様であれば、「お父様からみたあなたの続柄」です。
なので、この場合は「子」または「長男」です。

世帯主があなたであれば「本人」です。

#1の方と回答がことなりましたが、下記のHPを参考にしてみてください。

参考URL:http://www004.upp.so-net.ne.jp/hitosen/zokugara2.html

Q確定申告「配当に関する住民税の特例」について

昨年度に受け取った株式配当総額は約29万円でした。
内訳は上場企業の配当が2万円×3件と非上場企業のものが20万円と3万円でした。

このような場合に「配当に関する住民税の特例」の欄にはどのように記入したらよいのでしょうか?

Aベストアンサー

所得税と住民税では課税制度に差があるため、このような欄が設けられているようです。ここには、住民税が課税される配当の金額を書きます。

1,住民税では、所得税で申告不要とできる非上場株式配当等について申告不要とできません。
2,所得税で源泉分離となる私募公社債等運用投資信託及び特定目的信託の収益の分配は、住民税ではその他の所得と総合課税されます。ただし申告不要にはできます。
3,つまり、この欄には所得税で確定申告した配当所得から、非上場以外の申告不要の配当等を控除したものを書くことになると思うのです。
29-2*3=23万
ですか~

Q鉄骨造(骨格材肉厚)の厚さを知る方法

手元に竣工図があります。
素人です。鉄骨造ですが、下記のどれか知るためには竣工図のどこを見ればわかりますか。

鉄骨造(骨格材肉厚4ミリ超)
鉄骨造(骨格材肉厚3ミリ超)
鉄骨造(骨格材肉厚3ミリ以下)

Aベストアンサー

構造図の中の「柱梁リスト」という図面があるとおもいます。
H鋼ですと、#1さんの回答です。
角の柱などもサイズの後に書いてあるのが厚さです。
□300×300×12
でしたら厚さ12ミリということです。

Q事故による修繕費と受取保険金の課否判定

事故があり、会社で修繕費用を払い、後日保険会社から保険金を受けます。
その時の仕訳と修繕費を払った時、保険金を受けた時の仕訳と消費税の課否
はどうなりますか?

修繕費を払った時
修繕費(税込み) ××/現金 ××
保険金を受けた時
現金 ××/雑種収(不課税) ××

で良いのでしょうか?これでよければ会社としては、仕入税額控除できるの
お得のような気がするのですが。

Aベストアンサー


修繕費を払った時
修繕費(税込み) ××/現金 ××
保険金を受けた時
現金 ××/雑種収(不課税) ××

でOKです。仰る通り、支払う修繕費には消費税が課税され、受取る損害賠償金は消費税不課税ですので、会社としてはお得になります。

Q野村MRFについて

初めて質問いたします。

主人が二週間前に
主人の父親の紹介で「証券会社に勧められた野村MRF」に1500万円を投資いたしました。

12日後
10万円ちょっとの金額が証券会社から振り込まれていました。

こちらでも
調べさせていただきましたが
比較的
安心な取引と伺いましたが…証券会社の営業マンから毎日のように主人の携帯に連絡あり「投資は銀行預金の利子みたいもので、銀行のよりもっと儲かるからもっと投資しませんか」と言われて
主人もすっかり、その気になっています…

そのうち
全財産を投資させられるのかと身震いしています

そうなる前に、投資の恐ろしさを主人に思い知らせたいのですが
お知恵を貸して頂きたく存じます。

株や投資を私は実際にやったことがなく、言葉が足りずすみません。

Aベストアンサー

野村MRFは元本保証はありませんが、基本的に国債などの極めて安全性の高い商品に投資をして、利益の全額を分配する投資信託です。過去にMRFがとんだことはありません。
私は、野村ジョイの証券口座をもっていますが、野村ジョイの口座に資金を預けて、株を買わずにほったらかしにしておくと、自動的にこの野村MRFへ投資されて、分配金がもらえます。

たしかに銀行の利息よりは良いのですが、年1パーセント以内の信託報酬を支払う必要があるのうえ、約0.07パーセントの年利換算も変動します。さらにそこから税金が引かれますので、投資といえるリターンははっきりいってないと思います。
営業マンは信託報酬と自分の成績のために仕事をしています。決してご主人が儲かることが第一ではないのでそこをお間違いなく。

基本的に、証券会社の営業マンのいうことは、すべてセールストークです。
中には、大変真面目で信頼のおける人間もごくごく稀にいますが、その人間でさえ、自ら投資しているわけではなく、もちろん証券会社の利益のために働いています。ここを解っていない人間が多すぎます。
なぜ、この人はこの商品を勧めるのだろうと、考えれば答えは簡単にでます。
一千万円以上の資金があるのなら、他にもっと安全で儲かる投資対象はいくらでもあります。

信託報酬と営業マンの歩合を支払うために投資するのは、あまりお奨めはできませんが、個人の責任のもとで行うものですのでご主人様がしっかりとそこらへんを理解し納得してるのであれば、それほど危険ではないと思います。

大切なのはそれが「事実」なのか「たんなる意見」なのかを見極めることです。

それと、差し出がましいようですが、全財産とおっしゃっているのはまさか本当の全財産ではありませんよね?
もし、余裕資金(ゼロになっても死ぬまでの生活に支障のない金額)だけではなくほんとうに有り金を注ぎ込もうとしているのであれば危険極まりないですけどね。金額ではなくて考え方がです。

余裕資金のなかでMRFに資金提供する分にはそれほど心配はいらないと思います。

野村MRFは元本保証はありませんが、基本的に国債などの極めて安全性の高い商品に投資をして、利益の全額を分配する投資信託です。過去にMRFがとんだことはありません。
私は、野村ジョイの証券口座をもっていますが、野村ジョイの口座に資金を預けて、株を買わずにほったらかしにしておくと、自動的にこの野村MRFへ投資されて、分配金がもらえます。

たしかに銀行の利息よりは良いのですが、年1パーセント以内の信託報酬を支払う必要があるのうえ、約0.07パーセントの年利換算も変動します。さらにそこから税金...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング