5月から3ヶ月ほどトロントに留学しようかと考えています。
ですがトロントは都会過ぎて人も冷たいと聞いたのですが本当にそんな街なんでしょうか?トロントは日本人が少ないので留学コーディネーターには勧められたのとアメリカよりは費用も安いのでいいのかと思ったのですがここにきて不安になってきました。
トロントについて少しでも情報頂けたらと思います。街や人の感じなども。
よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

こんにちは。


トロントに2年半強住んでいました。
今は日本にいますが、私とってトロントは大好きな街です。

5月からでしたら、ちょうど暖かくなってくるころで、トロントに行くにはいい時期だと思います。5月はお花もきれいです。

トロントは人が冷たいか・・・、カナダのいろんな都市を旅行して確かにカナダの中では一番そうかもしれないなと思いましたが、日本の都会に比べたらましだと思います。フレンドリーな人も多いです。私は冷たいと感じたことはなかったです。

トロントのダウンタウンはビルが多くて、都会です。人口がカナダで一番多いので、混み込みした感じがあるかもしれません。でも、治安はいいし、交通の便はいいし、ビル街でも緑のある公園に行けば野生のリスに出会えたりと自然も豊富で、住みやすい街だと思います。大きな都市だからこそ何でもあるので、その点も私のとっては住みやすかったです。

トロントはいろんな人種が住んでいます。中国人を中心としたアジア人も多いです。中華街とか、ギリシャ人街とか、韓国人街とかトロントにいながらいろんな国の文化を味わえるのが私のとっては刺激的でした。

移民が多いということで、あまり英語がうまくなくても通じることがあります。うまくない人も多いですので・・・。コーヒー屋やファーストフードだと店員さんの英語が怪しいこともありますし。

私個人の感想です。
参考になれば幸いです。

がんばってください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速返事頂き本当にありがとうございます。
私もトロントに行くことを決めてたのですが、友人にはオーストラリアとかの方がいいんじゃないかとか東の方は差別多いしやめたほうがいいんじゃ・・との声が多かったから不安になってきてました。私にとっては最後の留学になると思うので慎重になっているせいかもしれません・・・。
お話にあるようにトロントは都会だけど街の中でも公園とかもあったりするんですよね、トロントに住んでる人とかもそんな臆病にならなくてもいいかなとか思い始めてきました。都会だからこそ何でもあるし選択肢も多いかもしれませんね、少し勇気が沸いてきました!
前にトロントに在住されてたんですね参考になりました
ありがとうございました

お礼日時:2007/02/13 22:25

No1です。


お礼欄に書いてあったことで気になることがありましたので補足させていただきます。

東は差別が多い・・とのことですが、私自身トロントでは差別を感じたことはなかったです。公共の乗り物で、運転手に黒人や黄色人種が無視された・・・とか聞いたことはありますが、私の周りで差別は感じたことはなかったです。

いろんな人種がいるのが当たり前で、それぞれの文化を大切にする町なので、電車とかでも堂々とそれぞれの言葉の新聞とか読んでいます。私も日本の小説とか読んでいました。たまにどこにいるのだかわからなくなったこともありました。

以上補足です。
失礼します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やはり移民が集まる都市なのですね、特にトロントは。語学学校も多いし費用も安めですみそうなのでトロントに決めようと思います。色々とアドバイスありがとうございました!

お礼日時:2007/02/15 21:54

*トロントは人が冷たい。


何をもって冷たいとある人が言ったのか
知りませんが、その人がたまたまそういう経験を
したのかもしれません。確かに都会ですが、NYや
Tokyoほどではないですし。
あなたがトロントの人に何を期待しているのか
わかりませんが、見ず知らずの人に親切にしてくれる
人なんか何処に行っても例外ですよ。いつも
にこにこして接近してくる人だったら私だったら
警戒しますね。
ただトロントの住人の50%はアジア、中近東
出身者です。中国人、韓国人は特に他人に対して
にこにこす習慣はありませんし、礼儀、作法にも
ちょっと?というところがありますから、どなかの
評価になっているかもしれませんね。
No.1の方の評価がでよろしいのではないですか。
住めば都、ご成功をお祈りします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事ありがとうございます。
そうですよね、人によって感じ方なんて変わるものですよね、私がなんでここまで臆病になってるか思うと以前イギリスの中都市に短期留学したことがあって、そこはアジア人に対して偏見というかそういう一面をみてきたからかもしれません。露骨に避けられたりすることは多々あり悲しい思いをしました。だからトロントは移民が多いし大丈夫かなと思ったり不安に思ったり・・・
しかし的確なアドバイス頂いたことに感謝しています。
応援ありがとうございます、自分の目で確かめたいと思います。

お礼日時:2007/02/13 22:39

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q長期留学の前に短期留学する事は有益でしょうか? 先日、大学の留学説明会に参加し、留学について酸いも甘

長期留学の前に短期留学する事は有益でしょうか?

先日、大学の留学説明会に参加し、留学について酸いも甘いも色々学ばせてもらいました。
そこで考えたのが、「長期留学(1年~)の前に短期留学をして、留学の具体的なイメージを掴む」というものです。

正直、大学の留学センターに聞け、というような質問なのですが、留学経験者の方の生きた意見を聞いてみたいです。

ちなみに、長期留学は勿論TOEFLスコアなどが必要なもの、短期留学は初心者の語学留学的なものをイメージして頂くと助かります。

Aベストアンサー

長期留学の前の語学留学は、短期でも、有効でしょう。

大学2年の夏から、留学(転学)した人で、春休みに大学付属?のESL(英語学校)で英語を学び、異文化や学校の雰囲気に慣れて来て、長期留学で成功した人が居ますよ。

また、イギリスの大学で、交換留学を受入れている教授の話では、
・英語が流暢にコミュニケーション出来る。
・異文化に適応出来て、早く地元の生活に慣れる。
等の事が出来る学生は、留学に成功して帰ると言っていました。

短期でも、事前の語学留学は、長期留学への予行演習になると思います。
唯、費用と時間が掛かりますから、目的を良く弁えて、行かれると良いでしょう。

Qカナダのトロントに留学しようと思っています。

カナダのトロントに留学しようと思っています。

しかし持病があるため定期的に血液検査が
必要になります。

まずはホームドクターを探そうと思っているのですが、

ホームドクターから泌尿器科を紹介してもらいたいのですが、どのような手順を踏めばいいでしょうか?

Aベストアンサー

(ホームドクターを探そうと思っているのですが)

患者募集の広告などありませんから、あなたを信頼している知り合いに紹介してもらう以外に方法はありません。一般医(GP)は専門医に比較して収入が悪いですから、成り手が減少しています。従ってどの医者も多くの患者を抱えていますから、新規の患者を引き受ける医者を探すのは、かなり困難かもしれません。

Shopping mallにはWalk-In Clinicがあります。誰でも予約無しで診察してもらうことができますから、一時滞在者はそこから専門医に紹介してもらうほうが手っ取り早いと思います。

Q留学できるか? アメリカ大学留学体験談も聞かせてください

こんにちは。私は現在高校2年生です。
そろそろ進路を考え始めているんですが、アメリカの大学に留学したいと考えています。
けれど家はそこまで余裕がありません。でも、アメリカに父の母(祖母)と父の妹(叔母)が住んでいます。叔母は是非こっちの大学に来たら良いと言ってくれています。が、もしも本当に行けたとしてもやって行けるか不安です。
この様にアメリカの大学に留学した時の良かったことなど、なんでも良いので聞かせてください。

また、お金も心配です。もし行くことになる大学はシティカッレッジです。
少し調べてみた所、日本の大学よりは学費が安いみたいですが、留学生の料金だと分かりません。
もしアメリカの大学に行けなかったら外国語系の専門学校に行きたいのですが、その学費と、シティカレッジの学費+仕送り だと、どっちが安く済みまそうですか??

わたしは是非むこうに行ってみたいのですが、不安もそれだけ大きいです。それなら行かない方がいいのでしょうか?

Aベストアンサー

アメリカに留学してよかった事は、世界観が変わることです。
・アメリカに出発する前の自分。そして、帰ってきた自分。全く考え方が違います。
・アメリカは多人種社会ですので、色々な国の方と触れ合えます。アメリカに行くだけで、韓国人・中国人・スペイン人・インドネシア人・イタリア人・アフリカ人・フランス人そして、もちろんアメリカ人とコニュニケーションができます。一石二鳥どころじゃありません。
・日本の変なところに気づけるようになってくる。これは、良い点でもあり、悪い点でもありますが。

留学することは、とても楽しいことです。しかし、私が留学して強く思ったことは、いい加減な気持ちの場合は来てはいけない所です。中途半端に大学卒業しないまま日本に帰ってしまった場合、その後の人生が難しくなります。“これを専門的に勉強する”という理由が無い限りしないほうがいいですよ。

留学には年月がかかります。普通に2年制と言われるカレッジを卒業するには、普通の凡人で4年またはそれ以上かかります。

強い意志があるなら、絶対に行くべきです。遊びに行くという感覚では失敗します。日本の大学のような甘ったるさはひとつも無い実力社会ですので、あり地獄に入ったような状態になってしまいます。

学費と生活費合わせて、1年200万円以上かかります。いい場所に住むなど、車を乗ったりすることで個人差は出ますが。

本当に良く考えて、選択してください。どちらを選択するにせよ、一生懸命がんばってくださいね。

アメリカに留学してよかった事は、世界観が変わることです。
・アメリカに出発する前の自分。そして、帰ってきた自分。全く考え方が違います。
・アメリカは多人種社会ですので、色々な国の方と触れ合えます。アメリカに行くだけで、韓国人・中国人・スペイン人・インドネシア人・イタリア人・アフリカ人・フランス人そして、もちろんアメリカ人とコニュニケーションができます。一石二鳥どころじゃありません。
・日本の変なところに気づけるようになってくる。これは、良い点でもあり、悪い点でもありますが...続きを読む

Q高校留学、留学先の決め手と留学会社について

現在高校1年生で、今度海外への留学を考えています。
その留学先の高校を卒業する予定です。
また、留学目的は英語力をつける事です。

現在留学先がなかなか決められずに困っています。
オーストラリアとニュージランドがいいと聞くのですが、英語の訛りが心配で…。

そこで、このような場合の

・留学先の決め手
・おすすめの留学先(そのメリットとデメリット)
・おすすめの留学会社

を教えてもらいたいです。
上記の質問のどれかひとつへの回答でもいいので、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちわ

中・高・大とオーストラリアに留学していたものです。

まず、オーストラリアとニュージーランドの英語ですが、はっきり言えば都会と田舎、町や州でまったく違います。オーストラリアで言えばシドニーはちょっとばかり英語に癖があります。ただ、町の中ではアメリカ英語・イギリス英語・オーストラリア英語がごっちゃになっている感じです。逆にメルボルンはイギリス英語が主流でオーストラリア訛りの人も少々居ます。これがパース、ケアンズ、アデレードなどになるとオーストラリア訛りがひどくなります。 やはり多くの人がオーストラリア訛りを気にしますが…こちらではイギリスの様な階級が存在し、金持ちはイギリス英語をしゃべりブルーカラーの人たちはオージー訛りの英語をしゃべります。実際に私が思うのは入る学校によって英語の訛りが物凄く憎くなることです。お金持ちの多く入る私立であればキレイなイギリス英語をしゃべりますし、逆に田舎の公立高校に通えばオージー訛りになります。

留学先の決め手…これは学費・学校の整備・留学条件によって変わると思います。NZは比較的に学校数も少なく、町自体もこじんまりとしています。逆にオーストラリアは多くの学校があり、有名な私立高校が沢山あること、町自体も大きく不自由なく過せる。私はオーストラリアをお勧めします。最近ではNZの若者や国民が大量にオーストラリアに移民して問題になるぐらい、NZは少し寂れているからです。

お勧めの留学先…私の経験上、公立高校に留学し、ホームステイをされる留学はやめたほうが良いです。留学でも勝ち組と負け組みがはっきりと分かれており…留学後に大学に入りたいか、そもそも留学中に真面目に学業を学びたいのかで変わります。真面目に留学してよい学校を出て、良い就職先を見つけて不良にはなりたくない場合は真剣に学校を決める必要性があります。

おすすめさきの留学会社…はっきり申しますとあまり留学会社に頼ると良い留学はできないと思います。留学会社は利益を優先しているために現地の高校と提携を結んでいることが多いです。私はオーストラリアに留学していたのでわかるのですが…留学斡旋会社のホームページに、よく“○○高校はオーストラリアの中でもレベルが高く名門校です”とか書かれていますが信用してはいけません。なんせ現地では名前も知られていないような私立や公立の可能性が大です(おまけに生徒は日本人だらけ)。やはり肝心なのは本当に行きたい学校を自分自身で探して得ることです。オーストラリアの中でも有名な高校は都市部に集中しており、中でも名門高校といわれる学校は全寮制や寮制である事が多く、殆どが私立高校です。おまけに歴史の古い学校の方が良いです。

ちなみにオーストラリアのビクトリア州では私立高校の集まりでAPSと言われる学校の組織が有ります。この組織に名が乗っている学校は全て名門高校です。ちなみにオーストラリア人であれば名前を聞くだけで大抵は知っている(日本で慶応とか灘、開成など)学校です。
http://en.wikipedia.org/wiki/Associated_Public_Schools_of_Victoria
このリストの中の高校に通っていましたが…日本人の留学生は何処の学校も一学年に0~3人程度。その日本人も殆どがハーフ(外国人と日本人との)やすでに海外に長い間住んでいるような日本人です。また、留学斡旋業者を通して留学している人は学校の中で1人居るか居ないかぐらいでした。

ただ、英語力を付けたいのであればあまり高校留学はお勧めできません。何故ならオーストラリアの高校2~3年生は日本以上に受験勉強が激しいからです。すでに高校3年で大学1~2年の分の授業などを受けるので(こちらではその分、大学が3~4年で卒業できる)生半端な英語で留学すると留年を1~3年程度見なければなりません。そこまでするならば高校卒業後に語学留学でオーストラリアやニュージーランドに行かれることをお勧めします。

こんにちわ

中・高・大とオーストラリアに留学していたものです。

まず、オーストラリアとニュージーランドの英語ですが、はっきり言えば都会と田舎、町や州でまったく違います。オーストラリアで言えばシドニーはちょっとばかり英語に癖があります。ただ、町の中ではアメリカ英語・イギリス英語・オーストラリア英語がごっちゃになっている感じです。逆にメルボルンはイギリス英語が主流でオーストラリア訛りの人も少々居ます。これがパース、ケアンズ、アデレードなどになるとオーストラリア訛りがひどく...続きを読む

Q交換留学、語学留学、推薦留学この意味って何ですか?

交換留学、語学留学、推薦留学この意味って何ですか?

Aベストアンサー

定義するのは難しいですが、一般論としては、当らずとも遠からずではないかと思いますが。。。

・交換留学:
高校生の場合は、国と国の約束で、異文化交流を目的として、1年間留学可能で授業料は、留学先では無料で、基本的にはボランティア団体等が斡旋してくれます。
学校が独自に行っている所もありますが。
又、大学生の場合は、大学間で協定を結んで、それぞれの在学生の中から1年間とか1学期間の留学が可能になります。
授業料は、留学期間中も、在学校の授業料のみで、留学先は不要です。

・語学留学:
英語等の外国語学校や大学付属の外国語学校やコース等へ留学する事で、期間は数週間から数年間と希望と実力によって決まります。
授業料等は、留学先の学校や留学期間よって決まります。

・推薦留学:
例えば、大学が指定のした外国の大学の付属外国語研修機関等へ学生を留学させますが、成績優秀で留学して効果を上げそうな学生を推薦するという事でしょう。
交換留学と比べると、語学に限っていたりするので、自由度が高いのかも知れません。
授業料は、留学先の授業料が適用されるのではないでしょうか。

定義するのは難しいですが、一般論としては、当らずとも遠からずではないかと思いますが。。。

・交換留学:
高校生の場合は、国と国の約束で、異文化交流を目的として、1年間留学可能で授業料は、留学先では無料で、基本的にはボランティア団体等が斡旋してくれます。
学校が独自に行っている所もありますが。
又、大学生の場合は、大学間で協定を結んで、それぞれの在学生の中から1年間とか1学期間の留学が可能になります。
授業料は、留学期間中も、在学校の授業料のみで、留学先は不要です。

・語学留学...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報