専門家に聞いた!繰り返す痔の原因は!? >>

N.hypoglossus の流れに於いて、大脳皮質からの Tractus corticonuclearis は kontralateral の核 ( Nucleus Hypoglossus )にしか終わらないと医学書に説明されてありました。
ところで、 Tr.corticonuclearis の流れにおいて、神経に麻痺が起きた時、 舌は kontralateral側( Tr.corticonuclearisと反対側ですね)は 麻痺し、舌を出した時に麻痺した側に舌がよりますが、Atrophie にはならないとされています。どうして 筋肉の麻痺が起きているのに Atrophie にはならないのでしょうか。
舌の筋肉は全て N.hypoglossus に神経支配されているというところからすると、とても謎です。 どうかよろしくお願いいたします。

えと、ラテン語で書いたりして申し訳ないのですが、 日本で勉強しているのではないので、ちょっと日本語の専門用語がわかりません。どうかご了承ください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

学生ですが、


中枢性(上位運動ニューロン、つまり核より上)の麻痺では舌の偏位のみ、末梢性(下位運動ニューロン、つまり核より下)の麻痺では舌の偏位と萎縮が起こります。
一般に、上位運動ニューロンや神経筋接合部の障害だと筋萎縮は起こらなくて、下位運動ニューロンや筋自体の障害だと筋萎縮が起こる、ということを覚えています。なぜこうなるのかまでは、分かりません。

この回答への補足

専門家や、大学で調べてもらったところ、舌下神経の場合は核の上であろうが、下であろうが、Atrophie を起こすそうです。
舌の筋肉はすべて、XII に支配されてますから、この場合、どうしてもそうなる、という事でした。

お互い、学生、頑張りましょう^^

補足日時:2002/05/23 19:07
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご回答、有り難うございます。

>一般に、上位運動ニューロンや神経筋接合部の障害だと筋萎縮は起こらなくて、下位運動ニューロンや筋自体の障害だと筋萎縮が起こる、ということを覚えています

それは、単純に 脊髄からの Motoneurone はまだ 機能しているからだ、ということでよいのでしょうか。

もしそうだとして、それでは、この場合、舌は Spasmus をおこす、ということになるのでしょうか。
単純に考えるとそうなりますが・・・。

お礼日時:2002/05/22 15:16

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q舌と顔面の麻痺は逆って・・・どういう意味?

摂食、嚥下訓練の本に「顔面と舌の麻痺は逆」と書いてあります。
顔の左側に麻痺がある写真が載っており、舌は右へ偏位しています。そして、顔面と舌の麻痺は逆なので、食物は患者の舌の健側に置くように、と結ばれています。このときの健側とは・・・すなわ左側を指すのでしょうか??

顔面の左側に麻痺がみとめられる患者さんを介助する場合、食物は患者さんの舌の左側へ置けばいいということで合っていますか?

舌下神経の麻痺の場合、患側のオトガイ舌筋(=舌を前方に突出させる)が機能しないため、患側の舌が前に出ず、患側に偏位するということは知っているのですが、顔面神経の麻痺だと、舌の逆側が麻痺するということですか?

Aベストアンサー

すみません。間違えていました。

顔面神経は舌の運動機能はつかさどらないので、
顔面神経麻痺により舌が偏位することはないはずですね。
舌への麻痺は味覚の障害だけですね。

顔面神経麻痺があると口角下垂と頬筋麻痺があるので患側の口腔内に食物が貯まる為に健側の舌に置くようにするはずですが…
左顔面神経麻痺のみなら、少し右に顔を傾けて舌の右側に食物を置くよう介助する方が、患者さんは食べやすいです。

本の著者の真意は分かりません。

Qリハビリ症例報告の例はありませんか?

STの学生です。症例報告書を書く必要があります。その際、全体の構成などを知るため、症例報告書の具体例がみたいと思っています。

何を調べれば、症例報告の具体例がみれるかご存知の人がいたら教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは!

下記ホームページ参考にしては?

1 http://www.akanekai.jp/Independence%20of%20food%20intake.html

2 http://www.tl-medicine.com/syourei012.html

Q舌下神経 (N. hypoglossus ) の 麻痺について

大脳からNucl.Hypoglossus までの下降神経が麻痺した場合に(例えば右)舌の反対側(左)が麻痺してしまうのは分かりますが、どうして Atrophie (筋萎縮 ?かな、多分)にはならないのでしょうか。

この HPの 「病気」のところにも同じ質問をのせてますが、詳しくしっていらっしゃるかた、いらっしゃいましたら、教えてください。

Aベストアンサー

基本的には筋に直接連絡するニューロンがやられてしまう場合に
その筋がatrophyを起こします
今回の場合はそのニューロンよりさらに上位のニューロン(舌下核より上のニューロン)が障害されたときですので
筋にはatrophyは起こりません
こんなでどうでしょうか

Q脳の「錐体路」と「錐体外路」の役割と違いについて

錐体外路は錐体路の運動刺激を微調整する?というようなことは少し理解できましたが、今ひとつはっきり分かりません。役割や違いについて簡単に教えて下さい。位置する場所などは分かります。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

筋肉の運動を起こすには最終的には脊髄などに存在しているαモーターニューロンを発火させることで可能です。
では、どの様に発火させるのかと言うところがこの質問に答える近道だと思います。

このαモーターニューロンへは、実は、平均しても一個のαモーターニューロンあたり数万個のニューロンからの入力つまり調節を受けています。
これらのニューロンからの信号の総和が閾値を超えるとαモーターニューロンが発火し特定の数の筋線維が収縮し、全体で見ると筋肉がぴくっとするわけです。

さて、錐体外路と錐体路の件ですが、
一般的には錐体路が随意運動錐体外路が不随意運動と言います。
しかし、前の説明を見ていただくとおり、どちらも、数万のうちの一つにすぎません。特に錐体路は、全体に占める役割は本当はとても少ないのです。これは、高校などで習う事実とかなり相反するかと思います。

では、本題の説明に入ります。
錐体路は、大脳皮質から始まるニューロンが直接αモーターニューロンを支配している物です。一方、錐体外路は、大脳皮質からの直接投射はなく、脳幹の網様体などから投射される物です。前者は意識運動というイメージと繋がりやすいですね。
しかし、後者は何か??簡単に理解できる例として、、
1.腕を曲げる時は伸ばす筋肉は弛緩するでしょ??誰がしてるの?頭(大脳皮質)では考えていません。
2.コップに水をくみます。だんだん重くなりますが、腕は下がりません。誰がしてるの?頭(大脳皮質)では考えていません。
3.空気椅子で一分間我慢、、、。でも、人間の筋線維は連続して収縮できないのです。じゃあどうするの?それは、沢山ある筋線維を、入れ替わり立ち替わり収縮させて、見かけ上連続して収縮しているように見せかけるだけ、現に、疲れてくるとぷるぷるするでしょ? じゃぁ、誰が入れ替わり立ち替わりを制御してるの?頭(大脳皮質)では考えていません。

つまり、この辺のことをうまくやってくれているのが錐体外路系なのです。現にこの制御が壊れると、じっとしているのが出来なくなるんですよ。マイケルJフォックスさんのパーキンソン病もその一つです。

前の方で錐体路の働きは少ないといいましたが、それでも多くのかたは、錐体路は随意運動には欠かせない!!とおもうでしょ?
でもね、進化の上で錐体路はごく最近出来たんですよ。
現には虫類にはありません、ほ乳類でも錐体路の構成は極めて不安定です。
ヒトでも完全に純粋に錐体路のみを障害しても、時期随意運動は出来るようになると聞いています。

個人的には、錐体路と錐体外路で単純に機能分けをするのはどうかと思いますし、この考え自体少々古い考え方になっていると思います。元々corticospinal tract(皮質脊髄路)が錐体(延髄にある膨らみ)を通るので錐体路と呼び、それ以外にも運動に関わる神経路があるから錐体外路と呼んだだけですので、敢えて機能云々言わないほうがいいと思います。
また、両者は常に一緒に働きますから、それぞれが運動制御の一部分を構成して居るんだと思えばいいのです。

錐体路=随意運動
錐体外路=不随意運動
と言うのは、強いて言えばアメリカ人と日本人の気質を一言で断言するのに近いかもしれません。
ただ、多くの教科書や、先生方はそのように断言するかもしれません。完全に正しくはありませんが、大きく間違っても居ませんから、素直にそう思いつつ、世の中は、(特に生物は)そんなに簡単には割り切れないんだけどね、、。とニヒルに笑っておけばいいと思いますよ(^^;

PS錐体外路の全体像が(解剖学的にでも)解っているならたいした物ですよ!!

筋肉の運動を起こすには最終的には脊髄などに存在しているαモーターニューロンを発火させることで可能です。
では、どの様に発火させるのかと言うところがこの質問に答える近道だと思います。

このαモーターニューロンへは、実は、平均しても一個のαモーターニューロンあたり数万個のニューロンからの入力つまり調節を受けています。
これらのニューロンからの信号の総和が閾値を超えるとαモーターニューロンが発火し特定の数の筋線維が収縮し、全体で見ると筋肉がぴくっとするわけです。

さて、錐体外路...続きを読む

Q「統語」と「構文」の用語の違い

今、大学で言語発達障害についての卒業研究を行っています。

論文をいくつか集めたのですが、「統語」と「構文」の語の使い分けがわからず悩んでいます。

「統語」と「構文」の違いを教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

1+1が2になるのが統語(文法)で、3だったり8だったり100だったりするので、そのつど覚えていかなければならないのが構文です。

たとえば、
「太郎 が 花子 を なぐった」
「が」がついている「太郎」が主語で動作主、「を」がついている「花子」が目的語で被害者、「なぐる」が動作で、「た」が過去を表す。これを足したものがそのまま意味になる。これが統語(文法)。

これに対して、
「これしか 方法が ない」
「しか」の直前の要素以外のものを全否定する構文。「しか(・・・)ない」の形式と意味を知らないと、解釈不可能。要するに単語や熟語を覚えるのと一緒。

もちろん、一口に構文と言っても、上の1+1の足し算で言えば、限りなく2に近いものが意味になるものから、あり得ないほどどうしてそういう意味になるのか分からない構文まで、さまざまです。

言語障害で言えば、病気や事故で統語(文法)は失ったが、単語や熟語は覚えている人の場合、「何でそういう意味になるの」構文は保持される可能性が高くなり、「限りなく2に近い」構文は失われやすいでしょう。

1+1が2になるのが統語(文法)で、3だったり8だったり100だったりするので、そのつど覚えていかなければならないのが構文です。

たとえば、
「太郎 が 花子 を なぐった」
「が」がついている「太郎」が主語で動作主、「を」がついている「花子」が目的語で被害者、「なぐる」が動作で、「た」が過去を表す。これを足したものがそのまま意味になる。これが統語(文法)。

これに対して、
「これしか 方法が ない」
「しか」の直前の要素以外のものを全否定する構文。「しか(・・・)な...続きを読む

Q球麻痺とは何ですか?

球麻痺ってどこの麻痺のことを言うのですか?また、仮性球麻痺って何ですか?

Aベストアンサー

球(bulb)とは延髄のことで、これは昔の解剖学者が延髄を脊髄の球状延長とみていたために残っている呼び方です。
従って、球麻痺とは延髄の障害により起こる麻痺で、主に下位脳神経麻痺(嚥下障害や構音障害など)を指すことが多いようです。
仮性球麻痺とは、症状的には延髄機能障害を示唆するけれども、皮質球路(corticobulbar tract)とくに両側内包部の障害により下位脳神経麻痺(嚥下障害や構音障害、顔面筋麻痺など)を来した状態を言います。(すなわち、延髄がやられていないのに延髄がやられたのと同様の症状を呈するため、「仮性」球麻痺と言う)
以上、脳神経外科専門医より

QWord 文字を打つと直後の文字が消えていく

いつもお世話になっています。
Word2000を使っているものです。
ある文書を修正しているのですが,文章中に字を打ち込むと後ろの字が消えてしまいます。
分かりにくいですが,
「これを修正します。」
という文章の「これを」と「修正します。」の間に「これから」という単語を入れたときに,その場所にカーソルを合わせて「これから」と打つと,
「これをこれからす。」
となってしまいます。
他の文書では平気です。
何か解決する方法があれば教えて下さい。

Aベストアンサー

入力モードが「挿入」(普通の入力)から、「上書き」になってしまっているのだと思われます。
キーボードに[Insert]というキーがあると思いますので、1度押してみてください。

Q構音障害のリハビリについて教えてください。

脳梗塞の小脳失調症で構音障害がある友人がいます。障害のためか人と話すことを避けているようです。自分で出来るトレーニングにパタカ運動があると聞きましたが、パタカの次に続く言葉が分かりません。ご存知の方は、教えてください。

Aベストアンサー

お礼ありがとうございます。
検索されるヒントをお知らせしておきますね。
言語療法士(ST)・言語聴覚士などです。ネット以外には直接リハビリ関係者や本などにあたってみるものいいかもしれませんね。
図書館は小さいところだと置いてないかもですね・・・・・
脳梗塞のリハビリについてや人を避ける本当の原因を理解していくことが病人さんにとって良いことではないでしょうかね、あなたの思いやりがお相手に届きますように(*^_^*)

Q舌の動かしにくさ、ろれつが回らない感じがします

30代の主婦です。

ここ3日ほどろれつが回らず、特に午後になるとしゃべり難さを感じ、子供からも「ママ話し方がへん」と言われます。

特に舌の動かしにくさを感じ、モノを食べたり飲んだりする時、舌が邪魔だなぁという感覚になります。

他にもモノの飲み込みにくさも感じており(こちらは3年ほど前からですが)、精神的なものかとも思ったのですが数日様子を見て改善されないようなら病院を受診したいと思いますが、こういう場合何かを受診したらよいでしょうか?

手の痺れ、頭痛、吐き気なんかはありません。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

#2,#3です。
市販の薬は病院から処方される薬に比べ、効果が低い代わりに
副作用も少ないのが一般的ですが(もとろん用量を守っていればですが)、
可能性という意味ではないわけではありません

一番簡単な診断方法は、しばらくパブロンをやめてみて
症状がよくなるかどうか見ることですが、
花粉症の季節にそれはきついでしょうか。

Q言語聴覚士の方に質問です

わたし(25歳、女)は今営業として働いています。3年働きそろそろ転職を考えているところです。

心理学部出身で、一般企業に就職するか専門学校に通うか悩んだ末、一旦社会に出て働く事を決めました。

やりがいのある仕事でかなり成長できたと思います。
しかしベンチャー企業のため、福利厚生は全く整っていません。
国家資格と専門の技術があったほうが今後結婚し子育てしていく上で、有利で、尚かつやりがいのある仕事ができるのではないかと思うのです。

だったら、迷っていた言語聴覚士として働くのはどうだろうかと思いつきました。


言語聴覚士として働くことのやりがいについてどんなことでもいいので、教えていただけたらと思います。
できたら働く時間なども一緒に教えてください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

28才6年目STです。
現実を書かせていただきます。

大卒とのことで、最短で来春入学、2年の専門で28才で新人って感じですね。

いくつでの結婚を考えているのでしょうか?

リハビリの仕事は
(1)急性期
(2)回復期
(3)慢性期
に分かれざっくり言うと、仕事内容・勤務条件も3パターンに分かれます

(1)急性期:休めない。(市民病院などに入れれば一定の給与・休日は保障される)
激務、日曜休みなど一定の休みが多い
(2)回復期:ほとんどが365日リハビリをやるようになっており、シフト制
遅出・早出あり。有休はほぼ使えない。とても経験になる。給与は安い。
(初任給17万とかも普通にあり)
朝8時出勤、夜10時帰宅なんてざら。
休日は症例発表や学会準備などあり。
(3)慢性期:ゆったりペース、一定休日で比較的休みも取りやすい
仕事内容は・・・経験にはあまりならない場合が多く、
「資格をとってこんな仕事をするなんて」と思って辞める新人も多い(トイレ介助など)

☆普通、新卒は(2)に就職し、3~5年頑張って(3)に転職し結婚、出産という人が多いです。

あなたのライフプランがわかりませんが30位で結婚したいなら厳しいと思います。
なぜなら、結婚の臭いのする人は(2)では採用しないからです。
(1)は28才新卒をとらないでしょう。
そして、新卒から(3)にいくと次の転職はかなり狭き門。

私は今(3)に近い職場で働いていて求人をかけていますが
近い未来に出産の気配のありそうな人はお断りしました。
理由はSTは少数で女性職場だからです。
出産で一人欠員1年は大きな穴です。


資格・技術・どこでもやっていけるという点で選ぶなら看護師だと思いますよ。

28才6年目STです。
現実を書かせていただきます。

大卒とのことで、最短で来春入学、2年の専門で28才で新人って感じですね。

いくつでの結婚を考えているのでしょうか?

リハビリの仕事は
(1)急性期
(2)回復期
(3)慢性期
に分かれざっくり言うと、仕事内容・勤務条件も3パターンに分かれます

(1)急性期:休めない。(市民病院などに入れれば一定の給与・休日は保障される)
激務、日曜休みなど一定の休みが多い
(2)回復期:ほとんどが365日リハビリをやるようになっており、シフト制
遅出・早出あ...続きを読む


人気Q&Aランキング