明治時代は下の名前を音読みすることがあったという話を聞きました。
谷干城(たてき)→かんじょう
西郷従道(つぐみち)→じゅうどう
臥雲辰致(ときむね、たつむね)→たっち
松方正義(まさよし)→せいぎ
伊藤博文(ひろぶみ)→はくぶん
木戸孝允(たかよし)→こういん
以上の人物は音読みするのは聞いたことはありますが、でも黒田清隆→せいりゅう、山形有朋→ゆうほう、大久保利通→りつう、というのは聞いたことがありません。
そこで思ったのですが、音読みするというのは一般的に行われていたことなんでしょうか?それとも一部で用いられていたものなのでしょうか?
またなぜこのようなことが行われていたのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

 そうですね、黒田、山形、大久保さんの音読みは、私も聞いたことはありません。


 先に挙げられた谷干城以下はおおせの通り、音読みが多く、また音読みの方が正解の場合もあるようです。
 名前の読み方は、何時の時代もハッキリと決まったものがないというのが実情です。
 昔でも今でも、戸籍には読み方やフリガナは書いていません(戸籍の名前は自由に変えることはできませんが、読み方は本人の勝手でどうにでもなります)。↓
http://www004.upp.so-net.ne.jp/hitosen/ujina/uji …
 ですから、明治の人の名前の読み方は、本当のところはよくわからないのが実情だと思います。
 挙げられた明治の有名人の読み方も、当時一般に呼ばれていた読み方(音読みが多い)から、本人が『ワシの名前の読み方はこうじゃ。』といった記録や御子孫の話などから、訓読みの方が正しいと判断して修正し、現在の読み方になっているものと思われます。
 それでは、昔なぜ音読みが多かったかと申しますと、実際に本当に音読みの名前も多かったですし、また訓読みは意外と難しい(どう読むのかわからない)ということがあります。
 だから、他人は漢字を見て、どうしても読みやすい音読みにしてしまう傾向があるように思います。語呂がいい、発音しやすいということもあるでしょう。
 例えば原敬は、『たかし』が本当らしいですが、当時から最近まで『たかし』と呼ぶ人は居ませんでした。みんな『ハラケイ』と呼んでいました。私自身も音読みの方が読みやすい名前で、会社では定年まで音読みの方が通っていました(チャンと呼んでくれるのは人事の女の子だけ(笑))。
 まあ、戸籍にフリガナがついているわけではなし、当時は今の区役所のように読み方を届けることもしません。
 テレビやラジオ放送もない時代ですから、正しい読み方が一般に伝わりません。本人も世間が違った読み方をしているとは、ウスウス気づいていたとは思いますが、気にしていなかったと思います。

 西郷従道の氏名届出のエピソードが面白いです。↓
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A5%BF%E9%83%B7% … 
 山本権兵衛は『ごんべえ』じゃ『カラスがほじくる』を連想するので『ごんのひょうえ』にしたのでしょうか。↓
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B1%B1%E6%9C%AC% … 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

確かに訓読みだと何て読むかわかんない名前って多いですよね。だから音読みされる人が多かったんですか。納得しました。
リンク先も拝見いたしました。
従道は間違って登録された名前だったんですね。確かトリビアの泉でもやってましたが、兄の隆盛も間違えて登録されたとか。兄弟そろって間違われるとは不運ですね。
確か浜口雄幸も本当は幸雄という名前だったのを逆にして届け出てしまったので雄幸になったと聞いたことがあります。
ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2007/04/09 16:39

江戸時代、知識人は本名・通称以外に文人としての「号」をしばしば持ちました。


例えば、寛政の改革を行った松平定信は、老中として活躍していた時は「従四位下 侍従 越中守」であり、「松平越中守」と公的には呼ばれていました。一方、彼は著書がいくつもある文人であり、「楽翁」(らくおう)と号していました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%BE%E5%B9%B3% …

明治時代になってもこの習慣は続き、
英文学者・作家 夏目金之助の号は漱石
陸軍軍医総監・作家 森林太郎の号は鴎外
陸軍大将 西郷隆盛の号は南洲(なんしゅう)
独文学者・随筆家 内田栄三の号は百閒(ひゃっけん)
といった例が多数あります。大正から昭和になると、こうした習慣はすたれ、芥川龍之介、川端康成、志賀直哉と言った昭和以降の文人は特に号を名乗っておりません。

ここまで挙げた「号」に注意してください。全て音読みで、訓読みする例はありません。「号は音読み」と決まっていたのです。

伊藤博文や木戸孝允は文人でもあり、漢詩を多く残しています。ただ、どちらも特に号を持っていなかったようなので、彼らを文人として語る際は「はくぶん」「こういん」と音読みするのが習慣になっています。

政治家として彼らを語る際は、「いとうひろぶみ」「きどたかよし」です。「内閣総理大臣伊藤ハクブン」などと読んだら、それは「誤読」です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

なるほど、号は音読みという決まりがあったんですか。ということは文人ではない人を訓読みすることは間違いなんですね。
ありがとうございました。

お礼日時:2007/04/09 16:48

高校時代の国語の先生に


「日本では、偉くなると、音読みになるから、私のことも音読みしなさい」と言われました。
今考えると、これは、中国趣味の一つで、偉くなると「雅号」で呼ぶという、江戸時代からの流行だったのではないかと思います。
なので、雅号風で収まりのよいものは、音読みされたのではないでしょうか。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

確かに音読みの方が訓読みより響き的に偉そうに感じます。ヒロブミよりハクブンの方がカッコイイ感じがします。
しかし、その国語の先生はすごいこと言う人ですね。
ありがとうございました。

お礼日時:2007/04/09 16:45

そもそも日本人の名前にはいろんなものがあります。

そのうちの博文、正義というようなものを実名または名乗といいます。
実名とは、武士や公家の男子が元服するときに名のことで、だいたいは感じのよい漢字を2つならべて訓でよみました

しかし、実は、この訓で読むばあいの読み方というらのは、どうでもいいものでした。実名は文書(主には公文書)のためにあるものです。つまり発声されることはほどんどなく、通常、親でさえ男子を実名で呼ぶことはあまりなかったのです。一般的には、主君、師、父以外は、むしろ実名で呼ぶのは失礼なこととされていました。これは中国の習慣にならったものです。
実際、大石良雄が「よしお」なのか「よしかつ」「よしたか」なのかは今でもわかっていません。徳川慶喜の「よしのぶ」も、文献に他の呼び方(のりよし、よしひさ、など)がいろいろ出てくるらしく、アヤシイ呼び方だそうです。つまり、実名の呼び方はそもそも何と発声されていたかわからないものが多いのです。

それではまわりの人は何と呼んだのでしょうか。それは、目上の人や公的な場では官職(官職がなければ住んでいる地域など)です。越前とか中将などですね。親からはすっと幼名で呼ばれていたかもしれません。それ以外の人たちから(または公以外の場)の呼ばれた方、それが実名の音読みなのです。これが、ある程度敬意をこめた最も一般的な呼び名だったのです。

つまり、江戸時代風にいえば、伊藤博文はひろふみではなくハクブン、ハクブンさん、ハクブン公、ハクブン様などと呼ぶほうがむしろ一般的です。勝海舟は、幼名麟太郎、実名義邦、維新後改名して安芳となりました。勝は幕末ころ安房守(あわのかみ)だったため「あわ」とも呼ばれていたことから、その音(あほう)と同じ読み方をする安芳をあてたのです。このことからも「やすよし」という訓よりも音を重視していたことがわかると思います。
(参考『漢字語源の筋ちがい―お言葉ですが…〈7〉』高島俊男著 より)
http://www.amazon.co.jp/%E6%BC%A2%E5%AD%97%E8%AA …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

実名は文書の為だったんですか。初めて知りました。
ありがとうございました。

お礼日時:2007/04/09 16:42

学問的なことは分かりませんが‥



明治時代に限らず、いつの時代にもあったのではないかと思います。
「信長公記」も「しんちょうこうき」とも言いますし、和歌の家の
藤原定家・俊成も「ていか」「しゅんぜい」の方が一般的ではない
かと。探せば、他の時代でも色々出てくるのでは‥

全く参考になりませんが、私の子供の時、変わった訓読みの名前の
同級生がいて、普段はあだ名で○○ちゃんと音読みをしていたとい
うこともありましたし、「裕子」「洋子」を「ひろこ」と読む女子もいて、
ややこしかった記憶があります。
そう言えば、「裕子」「洋子」を普通に「ゆうこ」「ようこ」と読むと、
音読み+訓読みとなり、これはこれで不思議ですね。女子の
~子には多いですね。俊介・修輔・秀介なども同様。
もっとも、平安~鎌倉あたりの~子は音読みで「~し」とも読んで
いたという話もあり、興味深いです。「式子」内親王=「しきし」
「しょくし」「のりこ」など。こちらの方が音読みか訓読みで完結
していますね。

あと蛇足。完全に音読みということなら、坊さんはたいてい音読み
だと思います。最澄空海栄西道元法然親鸞日蓮一遍‥
    • good
    • 0
この回答へのお礼

確かに明治時代に限らずほかの時代でも音読みされてますね。将門記、義経記とかもそうですし。中国からの影響なんでしょうかね?
ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2007/04/09 16:32

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q名前の読み方

取引先の方から名刺をもらいましたが、名前の読み方がわかりません。
「康源」という名前の読み方教えて頂けないでしょうか。

Aベストアンサー

こんばんは! 自分のクラスには同じ漢字で「やすもと」とゆう人がいます。だからといってはいけないのですが、参考的に「やすもと」とも読めるのでどうでしょうか・・・。的外れでしたらすみません。

Q桂小五郎→木戸孝允の改名理由と正式名称は?

和田→桂<養子>
桂  →木戸<毛利公からの下賜姓>

名前は幼名や身分や立場の変化で、当時は比較的多く簡単に行われていた。
「ex、村田蔵六→大村益次郎(藩命)、ラフカディオ・ハーン→小泉八雲(結婚&帰化)」

桂小五郎の場合も、その姓名の変更理由は、藩主からの下賜由来や姓と名前のバランスも考慮しての改名・自称だと思いますが・・・
途中に名乗っていた姓名は、倒幕派のリーダーと目され、京都にて潜伏&活動中の幕吏からの捕縛を逃れる為とか、借金逃れとかに変名変装していた説もあるようですが、その他にも理由・名前があるのでしょうか?
また、正式な戸籍上の姓名は、和田小五郎→桂小五郎→木戸孝允(きどたかよし)だけですか?

Aベストアンサー

追加です。
木戸貫治(さんずいではなく1つ取り除いて下さい。
携帯電話からの書き込みなので、手書き入力出来ませんでした。
何と読むのか分かりません。)
その後木戸準一郎と名乗って、木戸孝允となっています。

Q日本人の名前の読み方を教えて

こんにちは、日本に留学している留学生です。

日本人の名前の読み方がいろいろありますが、
漢字がわかってもなかなか読み方が難しいですが、
いくつかの名前を教えていただきたいのです。

映画の情書に出ている「藤井 樹」はなんと読むんですか。
それと
藤井 裕輔 山本 大祐 この三人はしているのでしょうか。
この三人の名前の読み方とこう呼んでもよいという読み方も教えていただきたいのです。

どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

 こんにちわ。
 日本では名前の表記と読みのあいだに1対1の対応関係がないので、読み方は本人に聞いてみないとわからないというところがあります。「ふつうはこう読むだろう」という一般的な了解のようなものはありますが、たとえば「裕輔」を「ひろすけ」とか「ゆたか」とか読ませることも、不可能ではありません。それでも「輔」「祐」は古い官名に由来する文字なのでそれほど無茶な読み方をさせることは少ないでしょうが、「樹」だとかなりさまざまな読み方があると思います。役所ではたぶん「樹木」から連想されるほとんどすべての読みを認めるはずですから、「ふとし」「かたし」「のびる」「つよし」などもあり得るでしょう。結局は本人に聞くのが一番なのですが、そうもいかないという場合、とりあえずもっとも一般的と思われる読み方(この場合は「いつき」「ゆうすけ」「だいすけ」でしょう)をしておくしかない、ということになります。ローマ字が併記してあると助かるんですけどね。
 かえって混乱させてしまったかもしれませんが、ご参考まで。

Q木戸孝允

明治維新後の木戸孝允(桂小五郎)はどこに住んでいましたか?東京ですか?山口ですか?それとも京都ですか?

Aベストアンサー

岩倉具視の腹心として京の新政府につとめ、
明治天皇の江戸行幸に従い、東京へ。
明治7年の台湾出兵に反対、参議を辞職、長州で隠居しましたが、
翌年、大久保利通に大阪会議にまねかれ、説得され、
参議に再任され、以後、病死するまで東京に、いました。

zzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz

Q名前の読み方

出生届を出すときって、名前のフリガナまでは記入しないんですよね?

自分の名前は2種類ほど読み方が可能なのですが
(『浩司』と書いて『ヒロシ』『コウジ』みたいな感じ)
保険証に登録されていて、家族に呼ばれているカタカナ名より、違う読み方を他人や知人によくされます。

しかも、そっちの読み方のほうが個人的にカッコイイと思ってます。

いっそのことそっちの読み方にしたいのですが、そういうのは可能なのでしょうか?

Aベストアンサー

皆さんも答えているとおり、出生届けにふりがな欄もあります。しかし、戸籍には記載されません。問題の「漢字」と「よみかた」の問題ですが、法務省の戸籍事務に関する通達では「低」と書いて「たかし」と読むようなものはだめ、となっているだけです。
住民票に記載されているという回答もあるようですが、これも「便宜上」あるだけで、法律上の記載事項ではありません。名前や生年月日について戸籍と住民票のどちらが正しいかというと戸籍という答えになります。なので戸籍に記載されていない「よみかた」を住民票で証明することはできないのです。
ご本人が主張する読み方が正しい、ということになります。

また、原則として同じ戸籍に同じ名前がいてはいけないことになっていますが、これはやはり漢字での問題です。同じ『浩司』と書くが『ヒロシ』さんと『コウジ』さんで違う名前だ、というのはだめ、ということです。

Q木戸孝允と大久保利通は

どうして不仲になったのでしょうか?
共に遣欧使節団に加わり欧米を回っているうちに「口も利かぬほど」
険悪な仲になったと言われていますが、具体的にどのようなことが原因で、どういう経緯でその様なことになったのでしょうか?
教えてください。

Aベストアンサー

この2人は西郷隆盛の両腕というべき立場だったが、西郷大久保VS木戸伊藤博文に分かれて争ったみたいな形になった。互いにけん制しあっただけで露骨に争ったわけでもない。
木戸は桂小五郎と呼ばれた幕末期の京都での反政府活動が有名です。京都で蜂起しようとした長州軍は敗走し「長州征伐」まで行われたが京都に潜伏し活動続けた。かくまった芸妓がのちの奥さんです。

よく言われるのは大久保は士族の特権排除志向で明治維新の成果は人事に反映させるべきという立場らしいことです。
全国から人材登用したという言い方がある(別の面からでは権力ふるい独裁者になったと批判がある) 明治11年暗殺される。
彼が生きているうちは薩長閥がはびこることはなかったが死後綱紀緩み官僚は私益の確保に向かい現在に連なる。官僚連中は口先では絶対にそういわないが(^^)
講談社学術文庫「大久保利通」

木戸は近代国家の制度の確立に熱上げた。断髪や議会制度、憲法など(当時の制約はあるが)アジアの他の国と比べれば進んだ仕組みです。木戸は明治10年西南戦争のさなか病死するが伊藤などが跡を継ぎ薩長同盟政治復活させた(いまも続く!)
岩倉訪欧団の帰国後征韓論で揺れる。渡欧中重要な方針変更しない約束は反故にされ西郷板垣大隈と大久保木戸伊藤は対立する。大久保が表、木戸や伊藤が支え薩長政治復活する。西郷が下野しおそらく木戸の意を受けた伊藤の暗躍で西郷大久保は離間する。
木戸の政治はともかく士族に特権与えて活用しようという後のトウ小平みたいなやり方です。利益得た人には天国だったでしょう。(敗戦でやっと華族士族廃止) 長生きする実務派が最終的には大きな影響持つのはスターリンやトウ小平でも経験します。
板垣も含め反政府側は結局は分散し全滅する。しかしそれは権力を監視する政党として緊張感持たせる一定の意義はあった(政党の腐敗言うなら官僚と軍も腐敗です)

この2人は西郷隆盛の両腕というべき立場だったが、西郷大久保VS木戸伊藤博文に分かれて争ったみたいな形になった。互いにけん制しあっただけで露骨に争ったわけでもない。
木戸は桂小五郎と呼ばれた幕末期の京都での反政府活動が有名です。京都で蜂起しようとした長州軍は敗走し「長州征伐」まで行われたが京都に潜伏し活動続けた。かくまった芸妓がのちの奥さんです。

よく言われるのは大久保は士族の特権排除志向で明治維新の成果は人事に反映させるべきという立場らしいことです。
全国から人材登用したと...続きを読む

Qメキシコ人の名前の読み方を教えて下さい

こんにちは、初めて質問させていただきます。
メキシコの固有名詞の読み方を教えて下さい。
Q1:メキシコ人の女性の名前、MaeとWasel, Hattieはそれぞれどのように発音するのでしょうか。
Q2:メキシコ人の場合、男性の名前DavidやCaroll, Hardyといった英名のような姓も、メキシコでは違った読み方が用いられているのでしょうか。
Q3:メキシコの地名、Pachecoの読み方もお教えいただけますでしょうか。
Q4:また上記のようなメキシコ人の名前の読み方は、スペイン語辞典などで調べられるのでしょうか。
以上、どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

メキシコ人の名前は原則としてスペイン語か先住民の名前(今ではほとんどスペイン語化)でしょう。

1)MaeとWasel, Hattieは外国系の名前のようです。メキシコ人ならマエ、ワセル、アティエと発音するでしょう。しかし、本人が本国の発音をしている場合もあり何ともいえません。

2)David ダビッド Caroll カロル Hardy ハーディまたはアルディ、これらの名前は若者同士なら英語風に発音している可能性があります。Davidはヘブライ語系でメキシコ人も使いますのでダビッドでしょう。

3)Pacheco パチェーコ 人名にもあります。

4)外来語や英語風な名前は移民の二世、三世の可能性があります。この場合発音の原則はありません。本人がどう発音しているかによります。スペイン系の名前は聖人から取りますのでそんなに多くありません。スペイン語の読み方(発音)の基礎を勉強すれば(1~2日)全ての名前が読めますよ。一部の例外を除きローマ字読みでOKですから。代表的な名前は辞書にも掲載されています。

Q木戸孝允が会合に来させる為に着物を貸した日はいつ?

『南洲百話』山田準 著に、明治維新後の夏、木戸邸に政府要人が集まり会合する際に、西郷隆盛が来ないので、やむなく使者を日本橋の西郷邸にやったら、西郷は一着しかない着物を洗ってしまい褌姿で、しきりと字を書いていた。やむなく使者は戻って木戸にその事を話す
と笑って木戸の着物を貸して、ようやく来させた。その後、西郷は着物を返さず着用していた、という逸話があります。とても面白い話ですが、いつの事なのでしょうか?。

ネットで歴史好きな方のブログでは明治元年のことではないか?、とありました。つまり戊辰戦争中の夏だと、私は失礼ながら納得出来ないのです。
明治元年は4月に無血開城し京都にいた木戸は船で江戸に上ると江戸城に宿泊し、7月には京都に帰り8月には萩で松子を正式に妻にしてます。早い話、夏には東京にいなかったのです。
では翌年はどうかと申しますと明治2年の6月から九段で邸を構え松子と暮らし始めます。という事は明治2年というわけ。6月26日は木戸の誕生日なので木戸の邸で政府要人を集めて祝うのも考えられます。5月には五稜郭戦争も終結してますから、そのお祝いを兼ねて。でも夏で褌姿には時期が合わない気がします。
さらに明治3年は九段自宅は招魂社建立の為に立ち退き駒込に引越してます。

なんか違和感を感じしっくりいかないので、今度は西郷側を調べて見ると、
西郷隆盛が日本橋に邸を構えたのが明治4年から6年まで、後は下野してます。
さらに明治4年の秋から明治5年の夏まで木戸は岩倉使節団で欧州を旅して秋に帰国してます。

という事は、この良い話は史実ではないか、それとも明治4年7月9日の木戸邸での廃藩置県の秘密会議のエピソードだったのでしょうか?。でも廃藩置県を断行すれば薩長自体が反乱して政府が転覆しそうな緊迫した夏。とても、この逸話のようななごやかな夏には思えません。
どなたかアドバイス下さいませ。

『南洲百話』山田準 著に、明治維新後の夏、木戸邸に政府要人が集まり会合する際に、西郷隆盛が来ないので、やむなく使者を日本橋の西郷邸にやったら、西郷は一着しかない着物を洗ってしまい褌姿で、しきりと字を書いていた。やむなく使者は戻って木戸にその事を話す
と笑って木戸の着物を貸して、ようやく来させた。その後、西郷は着物を返さず着用していた、という逸話があります。とても面白い話ですが、いつの事なのでしょうか?。

ネットで歴史好きな方のブログでは明治元年のことではないか?、とありま...続きを読む

Aベストアンサー

再度、失礼致しますm(_"_)m

木戸が山口帰郷から東京に帰った明治4年5月28日以降、
『木戸孝允日記』に「西郷」が登場するのは明治4年6月13日から。
あと6月17・19・24日と続きますが、西郷隆盛が明治4年6月25日に参議に就任して以降、
木戸孝允との接点が急増、6月27日には木戸の熱い思いが書き連ねられ、
以降廃藩置県に向けての動きが活発化。

以下、日記抜粋形式で…
「明治四年六月十三日/晴終日家居…今夕山縣素狂來話其主意は今日は<※マヽ>今日
 西鄕吉之助山縣を訪(※うかが)ふ…」
「同十七日/晴一字過退出宮中におゐて黑田了助に面會す條岩二卿余を別席に被呼
 余一人參議之上に立以て上下を勸導する云々を教諭あり其元因は今日西鄕吉之助板垣
 退助相共に二卿に謁し懇迫此事を言上せり余已に過日山縣井上を以答西鄕之外無他意
 故に又余の心事を逐一陳述せり退出懸け後藤雲濤を訪ひ制度之一條等を論じ今日二卿
 へ陳述し且西鄕へ答へし處の主意を語り板垣にも了解あらんことを欲す…」
「同十九日/晴終日家居養病岩卿に一書を出す今朝條公來駕過日岩卿一同西鄕板垣より
 建白の主意を以頻に出頭せんことを御催促なり余固辭如…」
「同廿四日/晴井上世外宍戸敬宇鳥尾小彌太吉富樂水等來話岩卿に一書を呈す則御答書
 あり大久保來訪制度等之儀に付巨細談論且西鄕進仕の一條に付余亦同職盡力の邊も云々
 …」
「同廿五日/晴岩卿來臨昨日大久保來て如相談是非余與西鄕同勤參議且此度制度御改正等
 の事に付云々御議論あり余答大久保と無異只管余三年前の宿志を達し勇退せんことを欲
 す九字參…四字歸家西鄕吉之助今日參議奉職之由に而來訪…」
「同廿六日/七字過より雨今日始て數十日の炎熱を忘る八字出門西鄕を訪ふ不在直に參
 朝條岩嵯峨諸卿西鄕等と卿輔人撰の議事あり不如意十に八九諸卿實に時勢人情に迂闊
 也…」
「同廿七日/晴昨日の雨にて大に冷氣を覺ふ昨夜來此度改革の次第を想察し余此度當職
 を奉命せし時懇々相論せしことゝ總て齟齬依て不得止八時參
 朝諸卿へ論し且西鄕へ相議し今日卿輔の發表を暫御見合あらんことを欲し盡力せし處
 已に大隅福羽等奉命且西鄕も從來の所以を知らず余の論更に徹貫する不覺依て此儘發
 表に至り然る後一所致あらんことを思ふ
 十二字休息處におゐて大臣納言參議列坐の折此度御改革の次第余の最前論述奉命せし
 時の約と大に齟齬なる所以を論陳し然る後西鄕に及ひ去冬已來之有様を語り余の其爲
 邦家安善せさる所以を述ふ與西鄕相談する數時終に我論の忽に彼の心腹に入るを覺ふ
 西鄕の公心余の心に徹し不覺感歎せり今日之事余亦一至誠を以
 邦家の重事を負荷し滿腹の論議を陳述せり此時條卿始已に退
 朝依て一書を以此次第を告け明日より迅速制度の一度ならんことを欲す政府の基立確
 定諸省の制限章程不想定ときは以何歟
 邦家を治せんと余の思至今日尤切迫然して始西鄕始諸省の制限而已を論し政府の基立
 を不語依て議論大に混雜せり至于爰漸相定爲
 邦家獨欣躍せり今朝來過日の行かゝり今當職奉命に當り諸前參議と旨趣を論し尤大隈
 于此間に周旋し大に余の奉命を促せり依て昨日來の事最前大隈の余に告し處と甚齟齬
 せり故大隈を責る數度大隈亦爲 邦家下爲余に甚盡力せり三字過退
 朝直に大隅に至り今日與西鄕相語り西鄕の公心を賞譽し爾後今一盡力制度一定の事に
 渉り諸同志と其約を終んことを論す大隅同意也…」
「同廿九日/晴八字前參 朝過日來の議實に遷延するを患ひ大に岩卿と大論し又條公に
 機を誤らんことを責め又西鄕へ重て制度の主意を論し今日二字に至り…
 …九字過歸家吉富同道也昨日制度の大主意を論せし二冊を西鄕へ相示せり又同氏の見
 込も可有之」

「明治四年七月二日/晴八字前神田邸に至り其より直に參…西鄕參議不參參議は只余一
 人也二字前退出…」
「同五日/晴八字參 朝今日より制度調らへの議事相始る西鄕と余と議長の席に列す
 右大臣公巳に御退出に付尚明日九字約し今日皆退出于時二字…」
「同六日/晴八字過參…十二字過退出…
 (鼇頭<※頭注>)今日井上世外と前途の事を議す西鄕の在所向依て今日山縣狂西鄕へ
 至る杉猿村宮木直之進來る」
「同七日/晴九字前江藤中辨を訪ふ十一時歸家…二字頃神田邸に至り杉を訪ふ于時井上
 世外今日余を訪ふ西鄕斷然同意之返答を聽大に爲國家に賀し且前途の進歩も亦於于此
 一層するを樂めり…」
「同八日/晴六字岩卿に至る巳に參 朝依て余亦直に參 朝今十字より議事席に出政體
 論不至一定三字過退出于時雨○西鄕と對談大改革の事件數條を議定す…」

「同九日/昨日來の風雨至今朝東風尤烈都下之不可數十字參 朝制度之議員不參多し依
 て今日延引西鄕亦不參也大久保等大に議論彼過日來不解處も稍似有解者制度之事皆其
 末を論し其本を論するもの少し依て確立する甚難し二字退出邸中破損甚多し今夕西鄕
 兄弟大久保大山彌助井上世外山縣素狂等集會此度廢藩論の順序を論す…」

「同十日/晴八字參 朝西鄕不參此度改革の事件一決の上は制度も其上にて調ふるに如
 かずと余依て江藤中辨に只三五日制度へ出席せさる趣を相告く尤此度の事件極密也
 二字退出直に大久保に至り西鄕と相會し大改革一條に付人選等の事を稍相議す五字過
 歸家 (鼇頭<※頭注>)余今日來る十四日を發令之日と定む」

因みに、「明治四年七月九日」は新暦変換「1871年8月24日」。
あと、木戸の記述だけでは七月九日の集会場所が不明確のため、
「大久保利通日記」で確認してみますと、
大久保は大山、西郷(弟)と同道して(午後)五時より木戸邸訪問、西郷隆盛は後入来の様子。

〇『大久保利通日記.下巻/日本史籍協会/昭和2』
「七卷(明治四年七月)」
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1075745/98
<98/285>(177頁)
一「九日今日暴風雨ニテ所々破損多し九字參 朝二字退出大山子小西鄕子同道
  五字ヨリ木戸子江訪老西鄕子も入來井上山縣も入來…」

以上 西郷隆盛参議就任の明治4年6月25日以降、
両者は昼間の公務を含め何時でも会える状況だったにもかかわらず、
敢えて木戸邸に西郷を呼び寄せる必要が生じたとするならば、
上記の内では「明治四年七月九日午後五時からの集會」以外に有りませんので、
最も相応しい日時だと思います、エピソードの「真偽は別として」。

(その日以降の可能性の余地も残るとは言え、大政奉還・王政復古・版籍奉還ときて、
「廃藩置県」より大事は考え辛いです。都合の良い解釈ですが…)

以上 素人の当て推量に過ぎませんが、
少しでも疑問解消の糸口に繋がれば幸いです^^

再度、失礼致しますm(_"_)m

木戸が山口帰郷から東京に帰った明治4年5月28日以降、
『木戸孝允日記』に「西郷」が登場するのは明治4年6月13日から。
あと6月17・19・24日と続きますが、西郷隆盛が明治4年6月25日に参議に就任して以降、
木戸孝允との接点が急増、6月27日には木戸の熱い思いが書き連ねられ、
以降廃藩置県に向けての動きが活発化。

以下、日記抜粋形式で…
「明治四年六月十三日/晴終日家居…今夕山縣素狂來話其主意は今日は<※マヽ>今日
 西鄕吉之助山縣を訪(※うかが)ふ…」
「同十七日...続きを読む

Q名前の読み方が分かるサイト

漢字で書かれた名前の読み方を
簡単に調べられるようなサイトはないでしょうか?

読み方の分からない名前をしばしば目にして
困惑してしまうのですが・・・。

そう言うサイトご存知の方居ましたら
教えて下さい。

Aベストアンサー

名前は読み方が色々あるので難しいと思いますが、ここを試してみてください。

Dictionaries to search:のところを all にして Search してください。

参考URL:http://www.foks.info/index.html

Q伊藤博文公暗殺から百年

伊藤公に随行し、自身も負傷した貴族院議員室田義文の貴重な証言を無視して、安重根単独犯という無難な結論で百年経ちました。

室田義文の「証言」では、誰が真犯人であるのかは分かりませんが、伊藤公が安重根の凶弾に斃れた可能性は少ないと判断できる、と私は思っています。

質問です。
なぜ、いまだに安重根単独犯説のままなのでしょうか。
韓国やロシアといまさら波風を立てたくないという外交上の問題を考慮すると、現状の安重根単独犯説が都合がよいからでしょうか。
あるいは、室田義文の証言は信憑性が薄いという決定的な弱点があるからでしょうか。
それとも、私の認識不足で、安重根単独犯説は「通説」にすぎず、複数犯説(二重狙撃説)が歴史の常識なのでしょうか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

当時の日本としては、朝鮮統治に乗り気ではない伊藤が死んでくれてよかった。元勲なので誰も反対できなかったし。

「テロの首班を明確にする」ことで「事件を分かりやすくする」という、民衆への宣伝効果がある。「凶弾に斃れた維新のヒーロー」対「テロリスト」という分かりやすい構図ができた。

主犯を作ることでの見せしめ効果

アン・ジュグン自身が、ここで自分が死刑になることで「分かりやすい構図」ができ、抗日運動は盛り上がる、と計算した(「あんな立派な態度の人間は見たことがない」と看守も惚れ込んだ)。

事件直前までしか公開されていないが、汽車を降りてから凶弾に倒れるシーンまで、フィルムに残っている。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報