はじめての親子ハイキングに挑戦!! >>

環境省の自然保護官を目指したく、公務員試験の林学のい受験を考えています。ですが自分は経営学部に在学していて、林学の知識はゼロです。予備校でも林学の勉強をカバーしてくれる所は無いので、独学という形になります。
無謀なのはわかっていますが目標の為にチャレンジしたいと思っています。
そこで皆さんにお聞きしたいんですが、
お薦めの参考書や勉強方などありますか??

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

一応、予備校で林学を教えているところもあります。

LECの林学講座です。授業のDVDを郵送してくれたりするので、LECの校舎に通うことができなくても大丈夫です。

LECの林学講座に言及するHPhttp://universalcentury.jp/kasumi/jukenbbs/cbbs/ …
(注)林学の講座だけなら、上記の文章に書かれている値段より安いです。

LEC技術職・資料請求
https://personal.lec-jp.com/request/index.php?pc …

ただし、講師が林学の専門家ではないので、説明が非常に分かりにくいうえ、時々まちがったことも言います。授業を聞いて正しく理解できる説明が60%、意味不明な説明が35%、間違っている説明が5%くらいです。公務員対策の講座としては最低レベルですが、それでも唯一の林学を教える予備校です。頻出事項を押さえることはできますし、意味不明な部分も自分で文献を調べれば理解できます。

もし独学でやるとすると、全てを文献から自分で調べることになるので、間違いなくラクにはなります。


また、とりあえず、過去問を手に入れてください。
人事院に情報公開請求すると、5年分の過去問が手に入ります。

人事院情報公開
https://ssl.jinji.go.jp/kaijiseikyu/kaiji_index. …

詳しい手続きは、人事院に聞いてください。「国家公務員試験2種・林学の過去問が欲しい」と言えば、多分わかります。
メールで申し込むと、一ヶ月後くらいに過去問が郵送されてきます。
但し、お金がかかります。一万円程度だと思いますが、多くても2万円はかかりません。。

その過去問では、選択問題の正解も付いてきますので、その選択肢が何故正しくて、何故他の選択肢が間違っているのか、正しい知識を調べます。その上で、その知識を覚えるのです。知識を暗記するだけで、ほとんどの問題は解けます。
初めから出題範囲の正しい知識が並んでいる参考書を覚えれば良いと思うでしょうが、林学受験者は限られているので、林学の出題範囲に特化した参考書が存在しないのです。林学専攻なら大学の授業で習ったことを覚えれば済むんですけどね。

このように過去問を5年分見れば、ひと通りの出題内容は網羅できます。

正解の理由を考える際の参考書としては、まずは「ニュー・フォレスターズ・ガイド」をひと通り読みましょう。入門編としては適しています。ただし、林学の試験範囲と重ならない章がいくつもあるので、過去問と照らし合わせて、どの章が必要なのか判断してください。もしくはLECの講座を受けていれば、頻出事項が理解できるので、その章を読んでください。

ニュー・フォレスターズ・ガイド
http://ringyo.tempo.ne.jp/e_shoppy/www/list.cgi? …

その次には、「森林林業白書」と「林業実務必携」です。
森林林業白書はひと通り読むことと、白書から出題される問題が毎年、何問もありますので、その問題を回答する際に読み直してください。
林業実務必携は全部読む必要は全く無いので、問題を回答する際に辞書のように使用してください。

林業実務必携
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4254470 …

そのほかにも、大学で林学の学科があれば、図書館に林学の本も置いてありますし、林学科の先生に勉強方法を聞くことが出来れば最高です。
もし大学に林学関連の学科がなければ、既出の勉強法だけでも結構戦えます。この文献だけでは理解できない問題もありますが、諦めましょう。その問題を理解するためには膨大な専門書から情報を見つけ出す必要があるので、とても時間がかかります。
林学を独学するひとは、たくさん居るので、質問者がそんなに不利というわけでもありません。

また、環境省の説明会に参加すると、周りの学生も林学を勉強していますし、レンジャーは林学受験を突破した人たちです。
仲良くなれば、良い参考書など、いろいろ情報を入手することができます。
ただし、説明会はしばらく開催されないようです。夏~秋くらいになれば、また開催されます。

それでは頑張ってくださいね。応援しています。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

返事が遅くなってすいませんでした。
いつも詳しく教えてくださり感謝しています。
また質問させて頂くかもしれませんが、その時はよろしくお願いします。ありがとうございました。

お礼日時:2007/04/23 14:37

水を差す訳ではありませんが、日本のレンジャーというか、環境省は「許認可官庁」であることをお忘れなく。


現役のレンジャーに業務内容を聞くのも良いように思います。
御存じでしたら失礼。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
長期の休みに入ったら色々と現場に行って聞いてみようと思っています。ありがとうございました。

お礼日時:2007/04/23 14:38

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q国家公務員と地方公務員の違い(転勤の有無と給料の違い)

国家公務員と地方公務員ってどう違うのかわかりません。
国家公務員は省庁の本部が東京にあるから東京に転勤になる事が多いのですか?

地方公務員はその地方に配属されてるから転勤にはならないのでしょうか?

それから、給料はどちらが多いのですか?

ちなみに30代前半の男性(国家公務員)の方で年収900万ある方っていらっしゃるのですか?

Aベストアンサー

 簡単に言えば、国家公務員は国の機関の職員です。国会議員をはじめとして、各省庁(本省)やその出先機関の職員ということです。一方、地方公務員は地方自治体の機関に所属する職員です。市役所や市立図書館、消防署員などが該当します。

 転勤については、地方公務員は文字通り、その地方自治体の職員ですから、その自治体以外への地域へ転勤することはまずないでしょう。あったとしても短期間(長くて半年くらい?)研修を行う程度だと思います。

 それに対して、国家公務員は国の職員ですから、守備範囲は全国区となるので、各地方へ転勤する事も少なくありません。特に昇格(係長次席から係長、係長から課長補佐など)する前に、一旦約2年間地方の出先機関へ転勤し、戻ってくると1つ上の役職に昇格するというパターンが多くなっているようです。

 給料については、一般的には地方公務員の方が国家公務員に対してやや多い傾向にあると思いますが、省庁や配属先にもよるでしょう。

>30代前半の男性(国家公務員)の方で年収900万ある方っていらっしゃるのですか

 私は、約10年前(30代半ば)で家の事情により国家公務員を辞めましたが、その時の年収は税込みで約750万円でした。
 キャリア組や技術のある技官ならば、900万円ある人も多くはないでしょうが、いると思いますよ。

 余計なお世話かもしれませんが、お見合いということなら、地方公務員の方をおすすめします。
 理由は、国家公務員は、結構帰りが遅くなることが多いからです。これも人に(というより配属先)によりますが、国会開催中などは、待機が命ぜられることや、予算審議の時期になると、毎日終電で帰ることも珍しくありません。
 家庭を大事にし、子供とのふれあい等を重視するなら、国家公務員より地方公務員の方がいいと思います。

 ただし、重複しますが公務員といえども、地方も国家も定時に出勤・退勤できるところは少ないですし、世間で思われてるほど楽な仕事では無いということは事実です。

 簡単に言えば、国家公務員は国の機関の職員です。国会議員をはじめとして、各省庁(本省)やその出先機関の職員ということです。一方、地方公務員は地方自治体の機関に所属する職員です。市役所や市立図書館、消防署員などが該当します。

 転勤については、地方公務員は文字通り、その地方自治体の職員ですから、その自治体以外への地域へ転勤することはまずないでしょう。あったとしても短期間(長くて半年くらい?)研修を行う程度だと思います。

 それに対して、国家公務員は国の職員ですから、守備...続きを読む

Q国家2種の採用で、環境問題に関わることはできるでしょうか?

環境問題に携わる職業に興味があります。
民間は、最終的には利益重視となってしまうと考えたので、
公務員となり、環境問題に携わりたいと思いました。

国家1種は難易度が高く、あきらめました。
国家2種において環境問題に携わろうと考えましたが、
国家2種では、どういった出先機関が環境問題に携われるのでしょうか?

環境省の出先機関は自然保護事務所だと知りましたが、
国家2種での採用ではないのでしょうか?
また、環境省の出先機関以外で、
環境に関わる事ができる出先機関があれば、ぜひ教えてください。
お願いいたします。

Aベストアンサー

環境省に勤務しています。

環境省では、国家二種の林学・土木・農学(通称自然系)で採用された人たちが、主に自然保護事務所に勤務します。国家一種の人たちは本省勤務が多いので、出先機関での主戦力はニ種の人たちなのです。

http://www.env.go.jp/guide/saiyo/shizen02/index.html

また、環境省には地方環境事務所という、自然保護以外にも、広く環境問題・廃棄物問題も扱う出先機関ができました。そこでは、ニ種事務系(文系)の人たちも活躍しています。

http://www.env.go.jp/guide/saiyo/jimu02/index.html

ただし、事務系でも自然系でも、多少は本省勤務もありますので、出先機関だけに勤務するわけではありません。

質問者さまは出先機関を探しているようですが、本省勤務は嫌なのでしょうか?

質問者さまの受験区分がわからないので、受験できるのか、採用された後どのようなキャリアパスが用意されているのかはっきりとは言えません。よって、以下の文章は一般論であり、質問者さまが受験区分の都合で採用されない可能性もあります。

環境省以外では、農林水産省や国土交通省、経済産業省が環境に力を入れています。また、他の省庁でも環境にまったく関係のない省庁はないとすら言えます。

ただし、例えば農林水産省では農林水産業の推進が第一目的であり、それに反しない限りで環境を保護しようというスタンスなので、環境保護それ自体を第一目的とするわけには行きません。それが環境省との違いです。

農林水産省の出先機関としては林野庁の森林管理署などが挙げられます。これもニ種三種の人たちが主力となり森林管理をしています。この場合も本省勤務もありますので、注意して下さい。

余談ですが、環境省と林野庁、もしくは環境省と農林水産省の合併という構想もあるそうです。このことからも、環境省に最も近い省庁は農林水産省と言えるでしょう。

環境省に勤務しています。

環境省では、国家二種の林学・土木・農学(通称自然系)で採用された人たちが、主に自然保護事務所に勤務します。国家一種の人たちは本省勤務が多いので、出先機関での主戦力はニ種の人たちなのです。

http://www.env.go.jp/guide/saiyo/shizen02/index.html

また、環境省には地方環境事務所という、自然保護以外にも、広く環境問題・廃棄物問題も扱う出先機関ができました。そこでは、ニ種事務系(文系)の人たちも活躍しています。

http://www.env.go.jp/guide/saiyo/jimu...続きを読む

Q地方公務員(土木職)の仕事内容は?

大学4年生(女)で土木系の学科に所属しています。
今まで普通に就職活動していましたが、最近地方公務員を目指しはじめました。

<理由>
・利益<市民に尽くせる
・一生をかけて「まちづくり」ができる
・女性でも一生働きやすい環境がある(仕事と家庭を両立させたいという思いが強くあります)
・技術職に就きたい
・地元に残りたい

すごく魅力的でお仕事でやりがいもすごくあると思い志望しています。


しかし、
・土木職は工事のコストの計算・立ち退きの交渉ばかり
・公務員はやりがいは無い(仕事がつまらない)
・技術職は行政職にバカにされ、出世もできない(この不満がたくさん書かれていました。そんなに深刻なのでしょうか?)

と色々なサイトに書かれており、やりがいを持って働くイメージが持てず、実際はどうなのかと混乱しています。


そこで質問させて下さい。
(1)交通・水道・都市整備局など色々局があると思いますが、皆さん普段どんなお仕事をされているのでしょうか?
(できるだけ具体的にお願いしたいです。)

(2)やりがいはありますか?
 「ある」という方はなぜ多くの方が「やりがいがない」とおっしゃると思いますか?

(3)土木職のキャリア形成は難しいですか?
 私はあまり出世欲は無いのですが、出世のしにくさは仕事のストレスに大きく関わりますか?

(4)土木職は男性が多いと思いますが女性でもずっと働けますか?

(5)今年の合格は難しいと思うので就職浪人or大学院か迷っています。
 アドバイスお願いします。


長くなって申し訳すいません。
自分の働いているイメージが持てず毎日悩んでいます。
今度OB訪問もさせて頂くのですが、多くの方に意見を頂きたく思い質問させて頂きました。
よろしくお願いします!!

大学4年生(女)で土木系の学科に所属しています。
今まで普通に就職活動していましたが、最近地方公務員を目指しはじめました。

<理由>
・利益<市民に尽くせる
・一生をかけて「まちづくり」ができる
・女性でも一生働きやすい環境がある(仕事と家庭を両立させたいという思いが強くあります)
・技術職に就きたい
・地元に残りたい

すごく魅力的でお仕事でやりがいもすごくあると思い志望しています。


しかし、
・土木職は工事のコストの計算・立ち退きの交渉ばかり
・公務員はやりがいは無...続きを読む

Aベストアンサー

>(1)皆さん普段どんなお仕事をされているのでしょうか?(できるだけ具体的にお願いしたいです。)
この場だけで具体的に説明できる方はいないでしょう。
例えば、「道路」に関する部署だけでも道路の維持・補修や都市計画道路の整備などを行なう部署があり、それぞれで事業の目的、予算規模、仕事のやり方が違ってきます。
詳しくは大都市のホームページなどを丹念に読み込むことをオススメしますが、私は、あまり働く前に具体的なイメージを持とうする必要はないと思います。
それよりも、「年収」とか「どの程度休暇が取れるのか?」とか、また何より、自分のライフプランと照らし合わせて合っているか?を重視すべきです。

>(2)やりがいはありますか?
まだ、勤務経験が浅いせいもあると思いますが、「十分に」ありますね。
>なぜ多くの方が「やりがいがない」とおっしゃると思いますか?
さぁ? そもそも、その「多くの方」というのがどういった方かもわかりませんし。
まぁ、行政の仕事の意義や重要性を十分に理解もせずに、マスコミの言うことを鵜呑みにしている人たちが盲目的に公務員バッシングをしてきた結果として、「公務員の仕事=地味・つまらない。」というイメージが形成されているのかな?という感想はありますが。
「やりがい」とのことですが、仕事はやりがいの以前に「職場環境がいい。」ことが大前提ですよ。
その点に関しては、安定した雇用と福利厚生が一応保障されており、採用試験によりある程度バラつきのない人材が採用されているであろう(地方)公務員は、職場環境は十分にいいと思います。

>(3)土木職のキャリア形成は難しいですか?
>出世のしにくさは仕事のストレスに大きく関わりますか?
そもそも、地方公務員のキャリアといっても、「ヒラ(20~40代)→係長(40代~50代)→課長or部長(50代)」ぐらいのもんです。もちろん、自治体によってはいろいろな役職があるし、管理職に就ける時期も早いです。 しかし、給与体系が年功序列で「管理職=抜群に給与が高くなる。」というシステムなわけでもないので、もともと出世欲の少ない人間が多い職場な気がします。
したがって、仕事のストレスは出世とはほとんど関係がなくて、『職場の人間関係』が全てだと思います。多少激務な職場であっても、同僚がいい人ばっかりだったらストレスはたまりません。
あと、行政職で採用された職員の方が管理職になるスピードが早いのはイスの数(ポストの数)が多いのですから当然の話でしょう。
土木職で採用された人は、限られた職場(土木・建築部局)の管理職にしかなれませんが、行政職で採用された人は、総務、財務、福祉、情報政策、産業振興、税務など様々な部署で管理職になるチャンスがあるわけですから。
それがイヤなら初めから行政職で受験すればいいわけです。

>(4)土木職は男性が多いと思いますが女性でもずっと働けますか?
最近採用されている職員はともかく、50歳以上の土木系の職員の中には、「単なる汚いオッサン」にしか見えない職員もおり、仕事に対して意欲的に取り組むことはないし、コミュニケーションが取りにくい者がいるのは事実です。(しかし、それは民間企業でも同じことのはずで、「組織」には一定の割合でそういう人間が存在するものだと思われます。程度の差はあると思いますが。)
土木職で働けば、そういった職員と接する機会が、総務部門などで働いている場合に比べればやはり多いでしょう。
ただ、そこで女性でも働けるかどうかは、本人のキャラクターによると思います。
もともと、「働く」ということはどんな職場であれ、根性がいることなわけで、多少きつくしかられたり、怒鳴られたりしているくらいで、「土木系の部署だからこんな目にあうんだ。」みたいな思考しかできないのであれば、どこも無理でしょう。

>(5)今年の合格は難しいと思うので就職浪人or大学院か迷っています。
私は、「卒業(=就職浪人と考えていいですか?)」することをオススメしますよ。
大学院に進学した場合のデメリットとしては、「研究室が忙しく、公務員試験の勉強ができない場合がある。」「面接の際に、大学院での研究内容が質問の対象となり、そこを深くつっこまれる可能性がある。」というのが挙げられます。

メリットは、たぶんありません。
あえて挙げれば、「卒論と修論で2回論文を書いているので、学部卒に比べれば様々なツールを使えたり、大人な判断能力を発揮できる。」「2年歳をとっているので、仕事に対して緊張感を持ってスタートができる傾向がある。」」といったところでしょうか。
どちらにしろ、本人の気持ちと時間で解決できる問題です。

最後に、来年の試験を視野に入れて公務員を目指すならば、私は、「行政職」での受験を検討された方がいいと思います。(理系学部卒で行政職の採用試験を受験することは、一般的なことで、別に不利であったり珍しいことではありません。)
公務員の仕事の魅力として、「様々な業務に携わることができる。」というのがあると思いますので。

>(1)皆さん普段どんなお仕事をされているのでしょうか?(できるだけ具体的にお願いしたいです。)
この場だけで具体的に説明できる方はいないでしょう。
例えば、「道路」に関する部署だけでも道路の維持・補修や都市計画道路の整備などを行なう部署があり、それぞれで事業の目的、予算規模、仕事のやり方が違ってきます。
詳しくは大都市のホームページなどを丹念に読み込むことをオススメしますが、私は、あまり働く前に具体的なイメージを持とうする必要はないと思います。
それよりも、「年収」とか「どの...続きを読む

Q県庁採用試験について

企業の試験だと1次試験(筆記試験)からスーツじゃないとだめだけど、公務員試験の1次試験(筆記試験)のときの服装って私服でもOKじゃないですか。
県庁の場合はどうなんですか?県庁の採用1次試験(筆記試験)は私服で行ってもいいのですか?みなさんはどんな服装で行くのですか?やっぱりスーツ?

あと、市役所などの採用1次試験(筆記試験)も私服でもいいのですか?
ちなみに、私の受けるのは富山県です。
富山県の方でもその他の県の方でもかまいません。
知っている方教えてください。お願いします。

公務員系の採用試験を受けるときに、服装についていつも悩むのですが、みなさんは服装についての情報をどこで聞いてくるのですか?
教えてください。

あと、郵政事務採用試験についても教えてください。
1次試験は私服でもいいんですか?

Aベストアンサー

筆記試験のみなら私服でオッケーです。スーツ着用だと、浮きますよ。
郵政事務も同じです。

ただ、最近は、1次で面接というところもありますので(もちろん事前に知らされます)、そのときはスーツ着用です。

冷房が効かない可能性がありますので、過ごしやすい服装にしましょう。
試験時間は結構長いので。

服装については、予備校や大学の就職課で教えてくれますよ。

警察事務だとちょっと違うらしいです。

参考URL:http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=91136,http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=91136

Q環境問題に貢献できる仕事とは?

現在大学3年生(文系・経営学部)の者なのですが、就職活動を始めるにあたり自分は何に興味があるのかをよく考えるようになりました。そこで考えついたのは現在世界中で進行している森林破壊・大気汚染・またはそれを防ぐための循環型社会を作る...etcといった問題に貢献できる仕事をしたいと思うのです。しかし実際そういったことを中心に活動している企業・団体をよく知りません。これからの時代需要のある職種だと思うのですが・・・どなたかご存知の方いらっしゃいましたら御願いします。

Aベストアンサー

私も文系(法律学科)で、環境系の仕事に就きたいとさまよった経験者です。(笑)
私は、文系人間で直接環境に従事できるのは行政施策を通じて行える公務員と思いそれを目指しましたが、その他,僕は下記の職種も視野にいれてました。
(1)大気汚染防止→自動車公害防止とのかかわり・・・モーダルシフトに積極的な大手運送会社(モーダルシフトは自分で調べて見てください)
(2)公害防止関係に係わるプラント関係会社
(3)環境関係などの受託調査を行うシンクタンクもしくは技術コンサルタント・・・など

結論は、公務員もしくはそれに準じた公益法人だと思います。(私は公益法人に勤めてます)

もし、公務員を目指すのならば、早めの準備をオススメします。(ちなみに私は落ちました・・・泣)
また、あなた環境問題に対して、どのようなアプローチをしたとお考えですか?経営学部ということは、環境リスクを視野に入れたマネジメントからですか?それとも、環境破壊を低減を図る手法の立案ですか?その当りも考えれば、民間系か公務員系の選択の目安になると思います。

それと、もう一つアドバイスです。
ISO14001認証にかかわる団体(コンサルタント)も希望しているようですが、業務の実際は経営コンサルタントです。ほとんどのところはISO14001とISO9000(品質マネジメントシステム)の両方の認証を取り扱っており、環境に特化しているわけではないので、環境保全とは遠いのが実情だと思います。
ISO14001はイメージでは環境保全と謳ってますが、あくまでも経営効率をあげる一つの手段にすぎませんから。

私も文系(法律学科)で、環境系の仕事に就きたいとさまよった経験者です。(笑)
私は、文系人間で直接環境に従事できるのは行政施策を通じて行える公務員と思いそれを目指しましたが、その他,僕は下記の職種も視野にいれてました。
(1)大気汚染防止→自動車公害防止とのかかわり・・・モーダルシフトに積極的な大手運送会社(モーダルシフトは自分で調べて見てください)
(2)公害防止関係に係わるプラント関係会社
(3)環境関係などの受託調査を行うシンクタンクもしくは技術コンサルタント・・・など

結...続きを読む

Q普通自動車の運転免許の正式名称

を教えてください。
履歴書になんてかけばいいかわかりません。

普通自動車第一種免許や第一種普通運転免許とかいわれていますが。

警察などの公式な場所に問い合わせてみた人がいましたら教えてください。

Aベストアンサー

抜粋です.「普通自動車免許」ですね.
「第一種運転免許」はありますが,「普通自動車第一種免許」や「第一種普通運転免許」とは言わないようです.第二種の場合は名称に入り,「普通自動車第二種免許」のように言うようです.

--------------------
道路交通法
第六章 自動車及び原動機付自転車の運転免許
第八十四条  自動車及び原動機付自転車(以下「自動車等」という。)を運転しようとする者は、公安委員会の運転免許(以下「免許」という。)を受けなければならない。
2  免許は、第一種運転免許(以下「第一種免許」という。)、第二種運転免許(以下「第二種免許」という。)及び仮運転免許(以下「仮免許」という。)に区分する。
3  第一種免許を分けて、大型自動車免許(以下「大型免許」という。)、普通自動車免許(以下「普通免許」という。)、大型特殊自動車免許(以下「大型特殊免許」という。)、大型自動二輪車免許(以下「大型二輪免許」という。)、普通自動二輪車免許(以下「普通二輪免許」という。)、小型特殊自動車免許(以下「小型特殊免許」という。)、原動機付自転車免許(以下「原付免許」という。)及び牽引免許の八種類とする。
4  第二種免許を分けて、大型自動車第二種免許(以下「大型第二種免許」という。)、普通自動車第二種免許(以下「普通第二種免許」という。)、大型特殊自動車第二種免許(以下「大型特殊第二種免許」という。)及び牽引第二種免許の四種類とする

参考URL:http://law.e-gov.go.jp/cgi-bin/idxselect.cgi?IDX_OPT=2&H_NAME=&H_NAME_YOMI=%82%c6&H_NO_GENGO=H&H_NO_YEAR=&H_NO_TYPE=2&H_

抜粋です.「普通自動車免許」ですね.
「第一種運転免許」はありますが,「普通自動車第一種免許」や「第一種普通運転免許」とは言わないようです.第二種の場合は名称に入り,「普通自動車第二種免許」のように言うようです.

--------------------
道路交通法
第六章 自動車及び原動機付自転車の運転免許
第八十四条  自動車及び原動機付自転車(以下「自動車等」という。)を運転しようとする者は、公安委員会の運転免許(以下「免許」という。)を受けなければならない。
2  免許は、第一種運...続きを読む

Q市役所試験の最終面接

数日後に、ある市役所の最終面接(3次試験)を受けることになりました。2次の合格者は、募集人員の1.5倍でした。3次の面接では、どのようなことが訊かれるのでしょうか?因みに2次では「なぜ〇〇市なのか」「民間の就職活動はしているか」「民間の手法を採り入れることをどう思うか」などを訊かれました。
その市のことについて突っ込んだ質問をされると思うのですが、自分の住んでいる市ではなく、しかし私なりにその市で働きたい理由はあり市のHPも見ているのですが、最終面接ともなると、他の受験者より優れたことを言える自信がありません。どなたか是非アドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは、

 2次は「落とす面接」、3次は「選ぶ面接」とお考え下さい。2次は変な答えをしなければ、減点されませんが、3次は良い答えをしないと加点されません。

 ですから、2次と同じ質問をされた時に、「その時は好印象のようだったから、同じ答えをした」ではNGです。先ずは2次の質問を良く思い出し、2次のときの返事と矛盾しない範囲で、より良い答えを考えておくべきです。突っ込んだ質問に対する対処はその後に行ってください。

 また、優れたことを言うことも大事ですが、それ以上に、誠意とか実直さとか好奇心(向上心)を面接官に感じさせる喋り方についても考えてください。

 御参考になれば幸いです。応援します。

Q会社退職→公務員試験失敗→今後の転職活動

旧帝大理系院を卒業して、技術職として1年働いていましたが、技術屋としての適性に不安を感じ、思いきって退職し、公務員試験行政職を受け失敗した、今年28才の者です。

退職してからの公務員試験の経緯としましては、
1回目:勉強不足により一次筆記全滅
2回目:上記同様
3回目:一次全合格(裁事・国立大学・防衛庁・国II・県庁)だったが、2次面接等により全滅

筆記より面接の方は自信があったため、さすがに今回で萎えてしまいました。面接において致命的なミスがなかったですし、民間面接では負け無しだったので、公務員の面接では何か基準が違うのかなと感じ原因がわからず悩みました。

試験ご経験の方はご存知と思われますが、仕事を辞めてまで勉強し犠牲にしたモノが多かっただけに、一度こういった泥沼になってしまったら、試験を受け続けざるをえない気持ちになってしまっています。
しかし、さすがにもう仕事をしながら続けようと思い、現在重い腰を上げながら就職活動をしています。

勉強時間を確保するため資格(簿記・宅建)を視野にいれながら、バイト、臨時職、近場の会社に就職しようと考えていたのですが、年齢が上がるにつれて、来年も受かる保証が下がると思います。
そこで、確保できないかもしれないが、来年も落ちてもいいように、長期的な視点で転職活動しようかと考えています。

転職活動の知識もございませんし、理系専門までやって年齢もいっていますし、文系総合職として雇ってくれるか。勉強の空白期間をどう説明するのか。など障壁があり、良い会社の就職は望めないのではないかと思っているのですが。

まとまりのない長文になってしまいましたが
理系→文系転職された方
公務員受験経験された方
それ以外の方も

どの部分でも結構ですので、何か助言をいただければと思い書かせていただきました。どうかよろしくお願い致します。

旧帝大理系院を卒業して、技術職として1年働いていましたが、技術屋としての適性に不安を感じ、思いきって退職し、公務員試験行政職を受け失敗した、今年28才の者です。

退職してからの公務員試験の経緯としましては、
1回目:勉強不足により一次筆記全滅
2回目:上記同様
3回目:一次全合格(裁事・国立大学・防衛庁・国II・県庁)だったが、2次面接等により全滅

筆記より面接の方は自信があったため、さすがに今回で萎えてしまいました。面接において致命的なミスがなかったですし、民間面接では負け無し...続きを読む

Aベストアンサー

私も以前に技術職として会社員をやりながら公務員試験をいくつか受けました。10倍以上の倍率の一次試験を通過したことは何度かありましたが、二次試験で全て落ちました。(で、公務員はあきらめました)

で、一次試験に合格できる実力がついたとしても、まだまだ道は険しいですよ。

>筆記より面接の方は自信があったため、
という自信はどこから来るのでしょうか? 私は今では会社で採用の面接に立ち会うこともありますが、同じレベルの人が2人いた場合、社会人としての業務経験が豊富な方を評価します。それも同程度であれば若い方を採用します。あなたの場合、年齢のわりには社会人としての経験が1年しか無いので不利になってしまいます。もっとも、企業と公務員では採用基準が違うでしょうが。

>犠牲にしたモノが多かっただけに、一度こういった泥沼になってしまったら、試験を受け続けざるをえない気持ちになってしまっています。
→公務員になれなかったとしても、自分の人生は失敗だったなどと思わないでください。すべり止めの気持ちで企業に就職するのではなく、受験がいい勉強になった、と思って別の道にすっぱりと気持ちを切り替えることが必要です。

というのが公務員をあきらめた者の立場からの助言ですが、まだあきらめるのは早いかとも思いますのでがんばってください。

私も以前に技術職として会社員をやりながら公務員試験をいくつか受けました。10倍以上の倍率の一次試験を通過したことは何度かありましたが、二次試験で全て落ちました。(で、公務員はあきらめました)

で、一次試験に合格できる実力がついたとしても、まだまだ道は険しいですよ。

>筆記より面接の方は自信があったため、
という自信はどこから来るのでしょうか? 私は今では会社で採用の面接に立ち会うこともありますが、同じレベルの人が2人いた場合、社会人としての業務経験が豊富な方を評価します...続きを読む

Q公務員試験における「論文」ってどうやったら書けるようになるのですか?なにも書けないんです・・・

今年5月と6月に、国家公務員2種試験や県庁の公務員試験を受けますが、「論文」が苦手です。

白紙の用紙に「書け」って言われても書けないんです。
択一試験なら、ほとんど間違い探しみたいな感覚でできるのですが、
白紙の何もない状態から、自分の考えだけを1000字以上書き綴るっていうのが難しいです。

お金もなくて独学なんで、一応模範解答の読み込みをしているだけなんですが、実際に先日模擬試験の論文を受けたところ、なんにも書けませんでした。文法や日本語の使い方うんぬんよりも、

「なにをどうかいたらいいかがわからないんです」
それまでに暗記してたはずの知識もいざとなるとなかなかでてきません。せいぜい200字しか書けなかったんです。

すいません、こんな私に「論文」が書けるようになるためのアドバイスをください。まずなにからはじめれば良いでしょうか?お願いします。
(そのような対策本とかでも結構です)

Aベストアンサー

論文っていうのは、知識で書くものではないですよ。

minngaodenさんは今、こうして「質問文」を書いているわけですよね?今書いたこの質問文章で、全部相手に「何を質問したいか」を伝え切れているでしょうか?いや、まだ不足しているはずです。
例えば、どういうテーマが模擬試験のときに出たのでしょうか。暗記していたはずの知識ってどんなことでしょうか。法律?行政?相手により細かく伝えようとすれば、もっと書くことはあるはずです(字数制限があるから無駄なことは書かないですけどね)。

なぜ書こうと思えばかけるのか?
これはminngaodenさん自身に、「論文を書くにはどうしたらよいか」という問題意識があるから書けるわけです。
そもそも、minngaodenさんはどうして公務員になりたいのでしょうか。公務員になって何をしたいのでしょうか。それをかけばいいんじゃないですか。字数は後からついてくるものです。
これからは公務員といえども、企画力が問われる時代です。
とりあえず、自分が何をしたいのか書いてみてください。それをひたすら読み直し、訂正を加えていってください。自分が完成したと思ったら、それを気の置ける友人に読んでもらってください(恥ずかしいかもしれませんが)。
小説家だってエッセイストだって、もともと文章が書けるのではないんです。何度も何度も書き続けてそういう職業につけるだけの能力を得るのですから、ちゃんとした文章が書きたいのであれば、ひたすら書く練習を続けてください。

あと、「字は大きく書く」「極力きれいに書く」「改行や字下げは正しく」とか表現上のテクニックもありますが、とりあえず書くこと。自分で読み直しているうちに「こうした方が読みやすい」ということをいくつか気がつくはずです。

なお、もしもminngaodenさんの志望理由が、ただ単に安定しているからとか、親が薦めるからとか、そんなアレならそもそも受けてもしょうがないのでやめておいたほうがいいです。
これからは安定もしないですし(現に市町村合併によってリストラしている自治体もあります)、知らないかもしれませんが、増えるどころかここ数年の公務員の給料は減っています。普通はベースアップがあるから、大して減額にはなりませんが、昇給停止措置をとっている自治体もあります。

論文っていうのは、知識で書くものではないですよ。

minngaodenさんは今、こうして「質問文」を書いているわけですよね?今書いたこの質問文章で、全部相手に「何を質問したいか」を伝え切れているでしょうか?いや、まだ不足しているはずです。
例えば、どういうテーマが模擬試験のときに出たのでしょうか。暗記していたはずの知識ってどんなことでしょうか。法律?行政?相手により細かく伝えようとすれば、もっと書くことはあるはずです(字数制限があるから無駄なことは書かないですけどね)。

なぜ書...続きを読む

Q農学部の主な就職先は、、

こんにちは。私は今、大学へ編入しようと考えている短大生の者です。興味のある学科は二つあるのですがそのうちのひとつが農学部です。でも大学のHPで卒業後の進路を見ると、ほとんどが大学院でした。農学部から企業に就職することは難しいですか?農学部出身の方、在学中の方、お願いします。

Aベストアンサー

農学部に限らず、ある程度以上のレベルの理系学部では大学院に進学するのは普通のことであり、多くの人は修士課程(博士前期課程)を修了後、企業の主として研究職や開発職につきます。
どういう会社に就職しているかについては、HPやパンフレットを調べればわかります。
「農学部から企業に就職することは難しいですか?」という質問の意味がわかりませんが、大学院に行かずに学部卒での就職ということでしょうか?学部卒での就職者の割合は、理学部や工学部よりも高めのような気がします。別に、農学部だから企業に就職するのが難しいということはないでしょう。だからといって、引っ張りだこということもないでしょうし。
学部卒で、専門的な職に就くのは少々難しいでしょうね。いわゆる文系就職のようになることも多いと思います。


人気Q&Aランキング