痔になりやすい生活習慣とは?

例えば1960年代なら「1960s」と書いて、「nineteen sixties」と読みますが、1900年代なら、1900sと書いて、どう読むのが普通でしょうか?又2000年代はどうでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

1900sと書いた場合2つの意味があります。



1)1900年~1909年まで
2)1901年~2000年まで

1)の場合は、例えば1910s、1920sとか、kounatsuさんが言っておられるように1960sのように10年区切りの呼び方です。

これと混同しないように、1900年代のことは通常20th Centuryを使います。同じように2000年代も、2000sといった場合、2000年~2009年までを指す場合があるので、普通は21st Centuryを使います。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

大変納得のいく説明ありがとうございました。
私的には1900sと書いたら全く2)のつもりだけでしたが、1)の場合もありますよね?
よって
2)1901年~2000年まで
のつもりなら20世紀と表現するために20th Centuryと読むわけですね?
私的にはnineteen hundredsかなっとも思ったのですが上の回答のNo3にもある通り、これでもいいようですね?

お礼日時:2007/05/07 15:06

1900sはnineteen hundreds と読むのが普通だと思います。


また、2000年代の呼び方についてですが、これは今いろいろな案があるようですね。two thousands という人も多いようですが、これだと21世紀全体との誤解を与えかねないということで、まだ試行錯誤中と言ったところでしょうか。
こちらを参照なさってみてください。
http://en.wikipedia.org/wiki/Category:2000s

http://en.wikipedia.org/wiki/2000s
こちらでは中程のNames of the decadeのところです。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

こちらのURSも非常に参考になりました。
ゆっくりもっと読んでみたいと思っています。
しかし1900sをnineteen hundredsと読むのかなっ~と理屈的に想像したらあたっていたのはちょっと嬉しかったです。

お礼日時:2007/05/07 15:16
    • good
    • 0
この回答へのお礼

参考URSありがとうございました。
色々試行錯誤のようなのがよく分かりました。
年代によっても好みが違って色々なのですね?
他にも読み方があるみたいですね。
しかしこれほど年代の読み方を色々こだわっているとは知りませんでした。情報ありがとうございました。

お礼日時:2007/05/07 15:10

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q1900's 1910’s どう発音する?

年代を言うときに1920'sなら Nineteen Twentiesと発音しますが、1900'sと1910'sは、それぞれどう発音すればいいのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

Nineteen hundreds

nineteen tens

Q英語での西暦の読み方について

こんにちは。
1999年を英語で声に出して読むとき、nineteen ninety-nineと、4桁の数字を2桁に区切って読みますが、
2000年はtwo thousand、
2005年はtwo thousand fiveと、4桁で読みますよね?
このように、2桁区切りをするときと4桁読みをするときとで基準のようなものはあるのでしょうか?

具体的に読み方がよくわからない年号を並べてみます。
1801年はeighteen oneですか、それともa thousand eigh hundred oneですか?
1001年はten oneですか、a thousand oneですか?
2010年はtwenty tenですか、two thousand tenですか?
2100年はtwo thousand a hundredですか?
2111年はtwenty-one elevenですか?
650年はsix hundred fiftyでよいでしょうか?

以上、知っている方のご回答お待ちしております。

Aベストアンサー

しゃべる人によって個人差はあるようですが、
基本的には4桁を2桁に区切って読みます。
また、1801など100の倍数と一桁のとき~hundereds and oneとなることもあります。
1801年はeighteen zero one、またはeighteen hundreds and one
1001年はone thousand and one
2010年はtwenty ten
2100年はtwenty one hundereds
2111年はtwenty-one eleven
650年はsix hundreds and fifty

2000年以降はどうするかという問題は英語圏でも揉めたようで、
基本的には、2009まではtwo thousand nineと、例外で行き
2010から2桁区切りが復活するようです。

Q1900の読み方

1900年という意味なんですが、この「1900」は英語ではどのように読んだら良いんでしょうか?
カタカナで書いてくださると助かります。

Aベストアンサー

ナインティーンハンドレッドです。

年号以外でも4桁の場合は2桁ずつ読むことが多いようです。

1890円なら、
ワンサウザンドエイトハンドレッドナインティ円
ではなく、
エイティーンナインティ円
です。

Qどうしても使い方がわからない・・・such as とlike

こちらのサイトでも調べてのですが、どうしてもわかりませんでした。 ~のような というときのsuch asと likeの使い分けです。例を用いてなるべく簡単にわかりやすく説明してくださる方いらっしゃいませんか?すみませんが教えてください。

Aベストアンサー

such as ~ のほうは「例えば ~ などのようなもの」という例を挙げるもので、

like ~ のほうは「~ に似ているもの」という類似性を示すもの、

という印象の違いがあると思います。

日本語で「~のようなもの」という言葉には、例を挙げている場合と、形や様子が似ているものを挙げている場合があいまいに混じっているので、和英のときに一緒にまとめられてしまうのですね。

QWould you like~?とWould you~?の違いは

相手に何かをお願いするときに、
Would you like~?
Would you~?
と両方の言い方があると思うのですが、likeをつけるかつけないかはどのように判断するのでしょうか?
また意味はどう変わるのでしょうか?

Aベストアンサー

Would you~?「~していただけませんか?」は丁寧な依頼表現、Would you like~?「~は如何ですか?」は丁寧な勧誘表現です。

依頼表現で使われるwouldやcouldは、「条件節(if節)の内容を言外に含めた婉曲用法」なのです。つまり、「(もし~できるのであれば)~していただけるでしょうか」と丁寧で控え目な調子を出すことができます。Will you~?やCan you~?はただの助動詞の勧誘表現ですから、wouldやcouldのような婉曲用法はないのです。

Would you like~も同じ婉曲用法で、「(もし私が~を勧めたら)~をお気に召すでしょうか?」という丁寧で控え目な調子の出る勧誘表現なのです。I would like to~「~したい」(~することをできればしたい)という表現もこの用法からきているのです。

Would you like~のlikeは「~を好きである」という他動詞でlikeの後に名詞を目的語として持って来ることができます。例:
Would you like another cup of tea?「もう一杯紅茶如何ですか?」
Would you like going on a picnic?「ピクニックに出かけるというのは如何でしょう?」
Would you like to go on a picnic?「同上」(このto不定詞は名詞的用法)

ご参考になりましたでしょうか。

Would you~?「~していただけませんか?」は丁寧な依頼表現、Would you like~?「~は如何ですか?」は丁寧な勧誘表現です。

依頼表現で使われるwouldやcouldは、「条件節(if節)の内容を言外に含めた婉曲用法」なのです。つまり、「(もし~できるのであれば)~していただけるでしょうか」と丁寧で控え目な調子を出すことができます。Will you~?やCan you~?はただの助動詞の勧誘表現ですから、wouldやcouldのような婉曲用法はないのです。

Would you like~も同じ婉曲用法で、「(もし私が~を勧め...続きを読む

Q1900年、2000年、2005年の言い方

質問させてください。

1996年は:
19/96・・ナインティーン ナインティ シックス
と読みますが、

1900年、2000年、2005年はどう読むのですか?

Aベストアンサー

1900年はnineteen hundred、
2000年はtwo thousand、
2005年はtwo thousand and fiveかtwo thousand fiveですね。

Q違いを教えて!keep on ~ing と keep ~ing

「~し続ける」という意味合いで「keep ~ing」というのがありますが、あるテキストに

He keeps on telling me that...
(彼はいつも私に言ってる)

というのがありました。この例文ではなぜ「on」が含まれているのかなと思って調べてみたら、「keep on」には「ガミガミ言う・小言を言う」という意味があることがわかりました。
http://www2.alc.co.jp/ejr/index.php?word_in=Keep+on&word_in2=%82%A9%82%AB%82%AD%82%AF%82%B1&word_in3=PVawEWi72JXCKoa0Je

しかし、なぜ「on」を入れることでそういうニュアンスに変化するのかが、どうもしっくり理解できません。

また、「on」を使っても特に意味自体に変化はなさそうな例文も↑のサイトからいくつも見られました。(例えば、「keep on listening/聞き続ける」や「keep on going/行き続ける」などたくさん。)

どういう時に「on」を使うのか、教えていただけないでしょうか。

「~し続ける」という意味合いで「keep ~ing」というのがありますが、あるテキストに

He keeps on telling me that...
(彼はいつも私に言ってる)

というのがありました。この例文ではなぜ「on」が含まれているのかなと思って調べてみたら、「keep on」には「ガミガミ言う・小言を言う」という意味があることがわかりました。
http://www2.alc.co.jp/ejr/index.php?word_in=Keep+on&word_in2=%82%A9%82%AB%82%AD%82%AF%82%B1&word_in3=PVawEWi72JXCKoa0Je

しかし、なぜ「on」を入れることでそういう...続きを読む

Aベストアンサー

沢山ご回答がありますね。

keep (on) ~ing は on があってもなくても同じ意味で 単純に「し続ける」という意味です。
on は 副詞で「(ある動作を)続けて」という意味をもち これを入れるとより継続的に繰り返している感じになります。
まあそれゆえ日本語で捕らえると「しつこい」という意味を含むことになるかもしれませんね。

御参考になれば幸いです。

Q"ask for" と "ask to"の違い

初歩的な質問でお恥ずかしいのですが、"ask for" と "ask to"の意味的な違いがよくわかりません。

例えば、以下のような例文があった場合、
 ・I want to ask you to do that.
 ・I want to ask you for doing that.
どちらも同じ意味として考えてよいのでしょうか?
また、そもそも"ask for"の場合は動名詞が続くことはなかったりしますか?

以上、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

for ~は「~を求めて」で後には求める「もの」か
help, permission のような動作を表す名詞が来て,
動名詞はあまり見かけません。

ask for ~で熟語にもなっていますが,
ask O for ~もよく用いられます。

以前,入試の整序問題で
ask her for help
ask for her help
どちらも可能なものがありましたが,
正解はどちらのつもりだったのでしょう。
(site:us では前者が優勢)

be surprised to 原形
be surprised at ~ing
なんかも悩みますが,
こういう場合は不定詞にするのが基本でいいと思います。

Q“each day”と“every day”の違い

“each day”と“every day”は『毎日』と言う意味ですが、この2つには違いがありますか?また同じように代用してもよいのでしょうか??教えてくださいm(__)m

Aベストアンサー

アメリカに37年住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。

#2さんと同じような回答になります。 つまり、#2さんの「感覚」がこれらの単語の持つフィーリングです。

each dayとは続いている日々の各日と言うフィーリングがあります。 しかし、every daysとすると、その「各」と言うフィーリングが弱くなります。 その代わり、every dayの方は「すべての」と言うフィーリングが強くなります。 しかしallの持つ「まとめてすべて」と言うのとは違いますね。

#2さんの例文がそれをはっきり出していますので私からも書く必要は無いと感じています。

非常に似た表現だと言う事の証明として、each and everyと言う表現は多くの業界、例えばビジネス、で使うことを避けるべきだ、としています。

また、同じフィーリングだけど対象となるものが二つなのか二つ以上なのかでも使い方が変わります。 eachが二つですね。 each shoe/leg/parentと言う感じです。 その反対がbothとなります。

everyが使われる多くの反対がAllになります。(すべてと言う事ではありません。 Not every "every" means opposite of "all, however.

ちょっと時間がないので適当なサイトを今調べてみますね。

良いものがありましたのでご紹介します。 私の回答より良くまとまっていると思います。 (Gの回答はいつもまとまっていないじゃないか!!!)

参考URL:http://www.bbc.co.uk/worldservice/learningenglish/grammar/learnit/learnitv110.shtml

アメリカに37年住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。

#2さんと同じような回答になります。 つまり、#2さんの「感覚」がこれらの単語の持つフィーリングです。

each dayとは続いている日々の各日と言うフィーリングがあります。 しかし、every daysとすると、その「各」と言うフィーリングが弱くなります。 その代わり、every dayの方は「すべての」と言うフィーリングが強くなります。 しかしallの持つ「まとめてすべて」と言うのとは違いますね。

#2さんの例文がそれをはっきり出...続きを読む

Q年代の表記について。

「○○年代」と英語で表現するには「○○’s」ですか、「○○th」ですか?そして、通常こういった表記は西暦にしか使えないのでしょうか?「昭和○○’s」や「昭和○○th」と言う表現は存在しないのでしょうか?

Aベストアンサー

○○年代は、○○s または○○'s です。

日本にしか存在をしないものを、英語で語ることは
多々あるでしょう。

Showa era 40s, 40s of Showa era(昭和40年代)
47th Year of Showa (era) (昭和47年)

1926 is the first year of Showa.
61st Year of Showa is equivalent to 1986 等

日本の年号(時には歴史)でも説明するとき以外は、滅多に使わないですが、それでも相手が日本通でなければ元号制度の補足が必要でしょう。


人気Q&Aランキング