専門家に聞いた!繰り返す痔の原因は!? >>

私は熱心な仏教徒ではありませんが、京都の本願寺派に属するお寺の檀家になっております。先日、本願寺の食堂にて食事をしましたところ、以下のような紙が置かれていました。

 食前のことば
み仏とみなさまのおかげにより
この御馳走をめぐまれました
 深くご恩を喜び
 ありがたくいただきます

 食後のことば
尊いおめぐみにより
おいしくいただきました
 おかげで御馳走さまでした

食事の前後にこれを唱和するのだそうです。
なんか笑っちゃいました。まるでキリスト教徒が食前食後にするお祈りみたい。「欧米か!」です。

わたしは普通にいただきます。ごちそうさまでした。は言って食事をします。それで十分じゃないですか。なぜ決まり文句を強要させる必要があるのでしょうか。それから「ご馳走をめぐまれました」「おかげで御馳走さまでした」とは日本語の文法上おかしくないですか?

勉強不足で教えていただきたいのですが、仏教では食事のときにこのような感謝の言葉を言うような教義はあるのでしょうか。
また、せめて正しい日本語に校正いただくよう本願寺にお願いするつもりなのですが、文法として明らかに誤りであることの説明ができるか教えていただけないでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

食事の際「いただきます」や「ごちそうさま」をとなえるのは、日本の素晴らしい習慣です。

実はこの元になったのは仏道修行であり、各宗旨宗派とも、それぞれの「食事のことば」があります。
現代では、食事が出来るのが当たり前になってしまっていますが、昔は食事が出来ないのも当たり前で、ましてやお米が食べれるなどまれであったのです。その辺の感覚の違いもあるのでしょう。
浄土真宗本願寺派の現在の言葉は、ご質問のとおりですが、20年くらい前までは
(食前のことば)
  われ今幸いに、仏祖の加護と衆生の恩恵とにより、
 この美(うるわ)しき食を饗(う)く。
  つつしみて食の来由(らいゆ)を尋ねて味の膿淡を問わじ。
  つつしみて食の功徳を念じて品の多少を選ばじ。「戴きます」
(食後のことば)
  われ今、この美わしき食を終りて、心ゆたかにちから身に充つ。
  願わくは、この心身を捧げておのが業にいそしみ、誓って四恩にむくい奉らん。「御馳走さま」

でした。「食の来由を尋ねて」みると「仏祖の加護と衆生の恩恵」によって頂いた食事であったという仏教徒としての味わいがあります。

ちなみに
<天台宗>は
(食前観)
我今幸いに、仏祖の加護と衆生の恩恵により此の美わしき食を受く。
謹しみて食の由来を尋ねて味の濃淡を問わじ。
謹しみて食の功徳を念じて品の多少を選ばじ。「頂きます」
(食後観)
我今此の美わしき食を終りて、心豊かに力身に満つ。
願わくは此の心身を捧げて己が業に勤しみ
誓って四恩に報い奉らむ。「御馳走様」

<浄土宗> は
(食前のことば)
 われここに食をうく、つつしみて、天地の恵みを思い、その労を謝し奉る。(または「みひかりのもと、今、この浄き食を受く。つつしみて、天地の恵みに感謝いたします」)南無阿弥陀仏(十念)いただきます。
(食後のことば)
 われ食を終りて、心豊かに、力身に満つ。おのがつとめにいそしみて、誓って、御恩にむくい奉らん。南無阿弥陀仏(十念)ごちそうさま。

真宗大谷派
【食前のことば】
   み光のもと、われ今、幸いに
     この清き食をうく
       いただきます
【食後のことば】
   われ今、この浄き食を終わりて
     心ゆたかに、力身にみつ
       ごちそうさま

曹洞宗など禅宗系はお勤めがあり
<食前> に五観の偈、食三分の偈(上分三宝 中分四恩云々)
 三匙の偈(一口為断一切悪云々)
<食後>
 普回向(願わくは~仏道を成ぜんことを)

とさまざまですが、仏教徒としての領解があります。
合掌
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。宗派によりいろいろな文言があることも教えていただき、大変ためになりました。
食事の前のお祈り?はごく普通にあるのですか。知りませんでした。
このような風習はキリスト教から来ているのではないかな。単にそれを真似しただけではないのかなと思っていたのです。
キリスト教の場合は、(これも受け売りですが)神は自らの姿に似せて人を作り、この世の支配者とした。他の動植物は人間が支配し、生活の糧とした。しかしながら不必要な殺生を戒め、自分が生きんがために他の動植物の命を絶った事を悔い改めるため、そして神への感謝の意を唱えるために食事のときにお祈りをする。
仏教では輪廻転生の考えがあり、人も他の生き物と同等と考える。他の動植物が人間のために存在するかのような傲慢な考え方は無く、殺生への戒めはあっても犠牲になった命への感謝・追悼の気持ちは希薄で食事という行為に対してはあまり重要な意識付けはされていないように感じておりました。手を合わせるのも仏様への感謝というよりもお百姓さん、漁師さん、作っていただいたお母さん、そしてご先祖様 への感謝の気持ちが強かったと思います。

お礼日時:2007/05/27 15:46

このご質問、スルーするつもりでしたが締め切られないので少し述べましょう。



作法の文言がしっくりいかなかったようですね。仏教の言葉は99パーセントがしっくりいきません。そんなもんだと思っておきましょう。

本題に入ります。
「いただきます」「ごちそうさま」
お坊さんじゃないのだからそれで十分です。しかし、一般の方に食事(じきじ)作法をしてもらうのは、
「お寺の生活を体験してみましょう。」
という意味合いがあります。もちろん、強制されるべきではありません。

ご指摘の食事作法は茶道、華道等の“お作法”や、コートマナー、テーブルマナーと同じだとおもってください。

それをわかってもらえなかったお寺に問題がありますね。

感謝は、誰かに強要されるものではありません。心をともなわせるために形から入りましょうということですよ。心があれば“いただきます”も“ごちそうさま”も必要はありません。
でも、必要だからやるのではなく自然と口から出るものですよね。

ちなみに、天台宗の「吾今幸いに・・・(No.2は少し間違ってます)」は一般向けの略食事作法で、正式には般若心経等をとなえる“斎食儀”というかなり本格的なお勤めをします。

合 掌
    • good
    • 0

>>仏教では食事のときにこのような感謝の言葉を言うような教義はあるのでしょうか


 質問者さんがご存じないだけで、宗派により作法に差異はあれどもあります。インド仏教時代から行われています。なぜなら食事は仏教では大切な修行の一つだからです。(本願寺さん同様に多くの宗派で、檀信徒向けの略式の「食前(後)の言葉」というものを配布しています)
 だからこそ、修行者としての生活・行動の決まりを記す「律(りつ)」でも、食事(じきじ)作法を明確に記されますし、奈良や京都などの古い寺院ほど、僧侶が食事を取る「食堂(じきどう)」は重要な位置を占めます。

真言宗では修行僧が行う正式な「食事(じきじ)作法」では、食堂(じきどう)には文殊菩薩やビンズル尊者を祀り、まずは皇室の弥栄と檀信徒の幸いを祈り、十方三世の仏に祈りを捧げるため読経します。
 そして飯の一部を諸々の仏や菩薩、天人、鬼神には感謝のために、さらには地獄道・餓鬼道に堕ちた亡者も平等に救われるように食事を供えます。そして体の中にある多くの命も養うこと。
 そして“食事が届くまでにどれほどの労苦があったかを心せよ”・“食事を受け取るにふさわしいほどの善行を行ったか反省せよ”・“必要以上に食を求めないように慎みをもて”・“欲を満たすためでなく、上をしのぎ、体を養う薬としてありがたく食せよ”・”世間的な名誉を捨て、修行に励むための食事であると心せよ”を意味する言葉を唱え(五観偈<ごかんのげ>)、さらには食事によって身を養うことでより修行に専念することを意味する言葉を述べます。これらの作法の際に一つ一つ、願文が唱えられます。

真言宗の五観偈
一(ひとつにには)、巧(こう)の多少を計り彼の来処(らいしょ)を量る
二(ふたつには)、己が徳行の全か、欠か、多か減かをはかれ
三 (みつには)、心を防ぎ過(か)を顕すは三毒に過ぎず
四 (よつには)、正しく良薬を事とし形苦(ぎょうく)を済はんことを取れ
五 (いつには)、道業(どうぎょう)を成(じょう)ぜんが為なり、世報(せほう)は意に非(あら)ず

 本願寺さんの「ご馳走をめぐまれました」・「おかげで御馳走さまでした」。私とは宗派は違いますがなるほどですね。食事を取るのは他者の命を取り、多くの人々の労苦を取っている。そのことを再認識すれば天地の生命に感謝しての言葉ですから、正しい日本語ですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
自分は修行をしているわけではないので食事を修行と感じたことはありませんが、食事をいただく時の文言は昔からあったのですね。
正しい日本語とのご判断ですが、
「このご馳走にめぐまれました。」
「おかげさまでおいしくいただけました。御馳走さまでした。」のほうがしっくりくるのですが。

お礼日時:2007/05/27 15:26

この世に生きる人間はすべて仏の加護がありそのおかげで生活しているのだという理解があれば、解釈は簡単です。

それを批判しても始まりません。そのような決まりがいやなら参加しなければいいのであって、そのような教えを批判できる権利は誰にもありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
私が小さい頃にはこのような風習はありませんでした。最近できたようです。
感謝の気持ちを持って食事をいただくということは私も理解し、そのように実践してまいりましたが、言葉まで強要されるのは抵抗があります。感情的に拒否することは容易ですが必要であれば理解しようと私なりに考え、このような質問を出しました。お気に障りましたら済みませんでした。
申し訳ありませんが批判する権利は誰でもが有しており、その権利を否定することはできないと思います。

お礼日時:2007/05/27 15:17

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qキリスト教の食事の前の祈り

キリスト教の食事の前の祈り…(十字架を書いて)なんですが、どういう意味を込めてなんでしょうか?
同時に祈りの文章を一緒に戴けたら幸いです☆

Aベストアンサー

カトリック信者です。

十字の意味は、イエスが十字架に貼り付けられ処刑されたのはクリスチャンでなくとも大抵の人が知っていますね。
よって、信者はイエスと同様に自分も十字架を背負って生きていく覚悟で洗礼を受けるのです。
ですから十字架を誇りに思っております。
また「十字を書く」ではなく「十字を切る」と言います。

●十字の切り方
まず自分の心を沈め、神を賛美し神への感謝を込める気持ちに満ちて、
(1)まず、ほぼ額の中央位置で右手中指で軽く触れ「父と」と言葉に出し、
(2)その手中指を胸の辺りに移動して止め「子と」と言葉に出し、(3)次にその手中指を左腕の付け根辺りに移動させて止め、「聖霊のみ名に」と言いながら
(4)右手中指を右腕付け根あたりにて止めた時には「よって」と言い、
(5)最後に両手を合わせ「アーメン」と言います。

続けて言いますと、
「父と、子と、聖霊のみ名によって、アーメン。」
また、声に出さなくてもよいのですが出せばベストですね。

「父と子と聖霊」は三位一体といって
神様=「父と子と聖霊」
ということを意味します。

●私の場合の食事のお祈り
(1)食事を頂くとき
両手を合わせた状態(いわゆる合掌)を保ち、
「父よ、あなたの慈しみに感謝してこの食事をいただきます。
ここに用意された物(食物)を祝福し、私達の心と身体を支える糧としてください。」
ここで十字をきりながら、
「父と、子と、聖霊のみ名によって、アーメン。」

(2)食事を終えるとき
両手を合わせた状態(いわゆる合掌)を保ち、
「父よ、感謝のうちにこの食事を終わります。
あなたの慈しみを忘れず、全ての人の幸せを祈りながら。」
ここで十字をきりながら、
「父と、子と、聖霊のみ名によって、アーメン。」
私の場合ここで再び両手を合わせ「ご馳走さまでした。」と言います。

以上参考になりましたでしょうか

カトリック信者です。

十字の意味は、イエスが十字架に貼り付けられ処刑されたのはクリスチャンでなくとも大抵の人が知っていますね。
よって、信者はイエスと同様に自分も十字架を背負って生きていく覚悟で洗礼を受けるのです。
ですから十字架を誇りに思っております。
また「十字を書く」ではなく「十字を切る」と言います。

●十字の切り方
まず自分の心を沈め、神を賛美し神への感謝を込める気持ちに満ちて、
(1)まず、ほぼ額の中央位置で右手中指で軽く触れ「父と」と言葉に出し、
(2)その手...続きを読む

Q食事の決まり文言

質問します クリスチャンの家庭や仲間でレストランで食事の前に
      一言、決まり文言があるようですが、どんなスタイルで
      何を話し、言ってはいけない、言葉はありますか?
      教えてください。

Aベストアンサー

Gです。

文章に間違いがありましたので訂正させてください。

>感謝の言葉が普通ですが、内容は、Lord, we thank you for letting ,,,,,と言う文章で始まり、us have get together for this occasion, とか



感謝の言葉が普通ですが、内容は、Lord, we thank you for letting ,,,,,と言う文章で始まり、us get together for this occasion, とか

となります。 ごめんなさい。

日本のように自分のことかある一言にしか祈りませんね。 しかし、こちらのこの食前の祈りには「みんなが」と言うフィーリングをこめています。 これは大きな違いだと思います。 そしてこの違いが、何かあると、みんなで助け合う、昔の「村」人たちの共同生活の真髄に似たもの、精神がここにはあります。

一人の青年牧師が150人の若い(16-18歳)弟子たちを連れてカトリーナハリケーンの被害修復に2週間行くことなど彼らにとって当然と感じるわけですね。 子供たちが募金をしたり、ボーイスカウト・ガールスカウト、PTAのおばさんたちが誰にも言われないうちに服や缶詰の募集をしています。

私は直接今回は関係しませんでしたが、ストリートパンク専門の刑事が彼ら金銭的コネを使ってかなりの募金をしました。 ストリートパンクの多くは警察に何時も「お世話」になっている青少年のグループです。 普通のイメージではそんなことはしませんね。

アメリカの強みはここにあると思います。 義理によるつながりではなく、心から他の人のためを思い自分の一部を投げ出す、そして、それがみんなでやれば大きなことができる、と言うことですね。 それがここの民主主義が大きな力を持っていると言うことであり、自分ひとりの「自由」でなく「自由をなくした人に自由を与える努力」をする、と言う自由の本当の意味のみんなが自由でなければ自分も自由とはいえない、と言うことを一般社会で子供の頃から「慣れて」いるわけですね。

Lord, we thank you for letting usという7つの単語の持つフィーリングがここに現れている、と言うことになります。

締め切っておられないようでしたのでまた書かせてもらいました。

ではまた。

Gです。

文章に間違いがありましたので訂正させてください。

>感謝の言葉が普通ですが、内容は、Lord, we thank you for letting ,,,,,と言う文章で始まり、us have get together for this occasion, とか



感謝の言葉が普通ですが、内容は、Lord, we thank you for letting ,,,,,と言う文章で始まり、us get together for this occasion, とか

となります。 ごめんなさい。

日本のように自分のことかある一言にしか祈りませんね。 しかし、こちらのこの食前の祈りには「みんなが」と言う...続きを読む

Qキリスト教の食前のお祈りの言葉は?

●キリスト教では食前にお祈りをするときに唱えますが、何と言うのですか?

●カソリックとプロテスタントでは違いますか?

●下記の言葉でしょうか? かなり難しい言葉ですが
これはカソリックですか、プロテスタントですか?
『主や、衆人の目はなんじを望む、なんじは時に従いて彼らに糧を賜う、なんじの豊かなる手を開きて、もろもろの生けるものをなんじの恵みに飽かしむ』

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 私は、プロテスタントの一教派ですが、基本的に形はありません。子供は子供なりに、大人は大人なりに。但し、神様とその恵み、労して下さった方々に感謝して祈ります。言葉はおのずと出て来ます。例:神様、これから頂く夕食を、準備して下さった兄弟姉妹と神様の恵みに感謝して頂きます。アーメン。こんな感じですかね。

Q出家して尼になるための、心の準備

こんにちは。

29歳未婚女性です。
もうすぐ30歳、人生を半分、自分の思うまま、自由に過ごしてまいりました。仕事はしておりますが、自分が好きなことをやるんだと意気込み、農業を始めましたがそれだけでは生活できず、レジのアルバイトをしております。それだけではお金がたまらないので、あと二つ、アルバイトをしています。(笑)

目下のところ生活に不満はありませんが、やはりこのまま老いて、なんの役にもたたずに人生を終えることにむなしさを感じる日々です。

結婚し子供を産み育て、親を喜ばせることすらできておりません。

私は生まれてきたことを大変うれしく思いますし、私を育ててくれ、雇ってくれ、頼りにしてくれる社会に感謝しています。少し間違うと気持ち悪い偽善的考えですが、本当にそう思います。

ですが、私は周りに、何の恩も返せていないわけです。このまま老いるだけでは社会のお荷物、そんな思想にずっととりつかれております。

いつかご恩返しがしたい、でもそのやり方がわからないと思っていた矢先、図書館で仏教の本をよみました。外国人にわかりやすく日本の文化を紹介するための超軽い本でしたが、心の中にずしっと残るものがありました。それは二年前のことです。25歳あたりからこういうことを考えていました。べつに病んでるわけではありません。毎日元気です(^^;

まだ足を突っ込もうかどうしようか考えている途中ですが、もし、皆様方の中に、出家するにあたり読んでおいたほうがいい文献をご存じの方がいらっしゃいましたら教えていただけないでしょうか?サイトや、HPでも結構です。できれば浄土真宗がいいです。実家はそこの檀家(っていうのでしょうか、浄土真宗では)ですので。

これから数年かけて、自分に何ができるのか考えていきたいと思っております。なかなか今の快適な(自由すぎる)生活を変えられないかもしれませんが、長くて遠い目で人生を見ていきたいのです。

軽薄な意志で出家を望む、小娘への叱咤でもかまいません。


よろしくお願いいたします。

こんにちは。

29歳未婚女性です。
もうすぐ30歳、人生を半分、自分の思うまま、自由に過ごしてまいりました。仕事はしておりますが、自分が好きなことをやるんだと意気込み、農業を始めましたがそれだけでは生活できず、レジのアルバイトをしております。それだけではお金がたまらないので、あと二つ、アルバイトをしています。(笑)

目下のところ生活に不満はありませんが、やはりこのまま老いて、なんの役にもたたずに人生を終えることにむなしさを感じる日々です。

結婚し子供を産み育て、親を喜ばせる...続きを読む

Aベストアンサー

今どき、出家と言っても「世を捨てる」というほどのことはありません。そこらの坊さんを見ていれば分かることです。
それに、浄土真宗は、「非僧非俗」と言って、最初から「世を捨てた坊主ではない」と宣言していますから、得度して僧侶の資格を取ってしまえば、あとは心の持ちようだけで、普通のサラリーマンと変わらない生活ができます。

しかし、得度して、坊主としての資格を得るために一定の修行をするについては、これは昔ながらの厳格な修行をします。
浄土真宗とて同じ。
浄土真宗の坊さんの多くは髪の毛を生やしていますが、出家時にはみなきちんと坊主頭になります。
ま、女性はそこまでしていませんが、形だけでも髪を剃る儀式をきちんとします。

そしてその後は、厳格な僧侶の生活が待っています。
それを数ヶ月から数年重ねて、ようやく坊主と名乗ることができるようになります。

お寺の出身者ではない質問者さんが、その先どうなるかはNo.1さんのおっしゃるように、未知数です。

で、坊さんになって、何がしたいのですか。
得度して坊さんになったからといって、社会にどんな貢献ができますか。
もう少し具体的なビジョンがあれば別ですが、質問を読む限りは坊主になって何がしたいか全く見えてきません。

出家さえすれば、私心がなくなって、慈悲の精神に溢れた人間に生まれ変われるわけではありません。
また、坊主だからといって、皆に喜んでもらえる社会奉仕がし放題にできるわけではありませんよ。

このことは、世の中の坊さんを見渡してみれば分かることです。
どれだけの坊さんが奉仕の精神、無償の愛(と仏教に使う用語ではないですが便宜上使います)を持って人々に接しているか。
少なくとも日本の坊さんを見れば、坊主になったからといって社会の役に立つ人間になれるとは、私は思いません。

社会の役に立ちたいというお気持ちは尊いものです。
ですが、そんなことは何も坊主にならないとできないことではありません。
坊主になったらできるようになると思ったら大間違いですよ。

ご自身のその役に立ちたいという気持ちを、そのまま素直に、今、表現すればいいのです。
困っている方は日本中、どこにでもいます。
特に今は、震災のために不自由な生活をしている人、悲しい気持ちで居る人など、助けを求めている人はたくさんいます。
そういう人のためにボランティアをすれば、それで解決するのではないですか。

今、そういう社会に役立つ活動ができないのなら、出家してもできないでしょう。
誤解を恐れずに言えば、出家のための修行は、ボランティア精神を養うための学校でもないし、社会の役に立つ人材を育てるための学校でもありません。

ちなみに体験修行のようなものは、あんまり参考にならないと思います。
金儲けのための客寄せですから。
永平寺あたりの禅寺で、数日泊まり込んでみっちり体験できるものは別ですが、一泊二日程度のものは本当におままごとみたいなものです。

浄土真宗の門徒さんだそうですが、別に永平寺で体験修行をしてはいけないということはありませんから、一度、永平寺へ行ってみては如何ですか。
あそこなら、修行とはどんなものか分かると思いますよ(それでも客寄せ用ではありますけれど)。

今どき、出家と言っても「世を捨てる」というほどのことはありません。そこらの坊さんを見ていれば分かることです。
それに、浄土真宗は、「非僧非俗」と言って、最初から「世を捨てた坊主ではない」と宣言していますから、得度して僧侶の資格を取ってしまえば、あとは心の持ちようだけで、普通のサラリーマンと変わらない生活ができます。

しかし、得度して、坊主としての資格を得るために一定の修行をするについては、これは昔ながらの厳格な修行をします。
浄土真宗とて同じ。
浄土真宗の坊さんの多くは髪の毛...続きを読む

Q仏教は「性欲」及び「恋愛欲」という煩悩をどうとらえているのか?

仏教の教えによれば、(簡単に言うと)「全ての苦しみは煩悩から来るものだ。だから修行をして煩悩をなくせ」ということになりますよね。

ですが、性欲は簡単に「処理」をすることができても「恋愛欲」については「処理」をすることも「なくす」こともなかなか難しいことだと思います。

私は一般人であり、修行僧でも何でもありませんので、山にこもって恋愛欲をなくそうとするつもりは(少なくとも今は)ありません。

ですが、この恋愛欲によって現に今、私は苦しんでいます。「大切な人」がおらず、孤独であることに苦痛を覚えています。

この解決方法として仏教はどのように答えてくれるのでしょう?

仏教にこだわらなくてもいいかもしれません。他の宗教や哲学・思想・学問等によってこの苦しみが癒されるのであればそれもいいと思います。

思想系に詳しいお方のアドバイスを頂ければと思います。どうぞよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

  性欲や戀愛感情は生命體としての基本的な欲求の一つですが、欲求そのものは、否定すべくも無いものです。色々な欲求に囚はれて苦しむことで「煩惱」となります。「自分には大切な人がゐない。大切な人と出逢ひたい。作りたい」などの欲求が心を亂し、囚はれるならば、日々の生活は狂おしいものになりかねません。
  自分から「大切な人を欲しい」と求めるのではなく、すぐ近くにゐる人の中に、「すばらしいところ。大切にしたいところ」を見出してみるのは如何でせう。自分の行爲、行動を意識的にして、周りの人から、大切に思はれる自分になれるやうに努めてみるのはどうでせう。
  この世の中は、關係の密度は異なるにしても、互ひに繋がりを持つてゐます。絶對的な孤獨といふことは許されてもゐません。そのやうな世界、あなたの周りに展開している世界を大切にし、あなたの周りにゐる人を大切にすることで、あなたの周りには「大切な人」が澤山出來ることでせう。
  まづ、朝、少し早めに起きることです。玄關前を掃除して、ついでに隣の家の前も掃除したら如何でせう。一年間續けると、お隣さんが、あなたにとつて大切な人に見えてくることでせう。毎日、顔を合はせる見知らぬ人に、挨拶をしてみませんか。毎日すれ違ふだけの人が、あなたにとつて大切な人に見えてくることでせう。
  「煩惱を無くす」などとは考へないことです。「煩惱も人生の調味料だ」くらひの考へで、「煩惱に囚はれない」ことを心がけませう。

  性欲や戀愛感情は生命體としての基本的な欲求の一つですが、欲求そのものは、否定すべくも無いものです。色々な欲求に囚はれて苦しむことで「煩惱」となります。「自分には大切な人がゐない。大切な人と出逢ひたい。作りたい」などの欲求が心を亂し、囚はれるならば、日々の生活は狂おしいものになりかねません。
  自分から「大切な人を欲しい」と求めるのではなく、すぐ近くにゐる人の中に、「すばらしいところ。大切にしたいところ」を見出してみるのは如何でせう。自分の行爲、行動を意識的にして、周...続きを読む

Q延暦寺の無動寺谷明王堂で大阿闍梨様にお加持を受けるには

延暦寺の無動寺谷明王堂で大阿闍梨様にお加持を受けるには

何かしらの お布施を持参するべきものでしょうか?
先日、主人と行った際、偶然 護摩を焚かれて祈祷をされている時間に遭遇しました。
中に入ってもOKと書いてあったので 入り、厚かましく最後まで拝聴させていただき
お加持もしてもらいました。 何のお布施も持って行かなかったのですが
次回は お加持をしてもらいたいと思うので 参拝しようと思ってます。

それと 現在大阿闍梨さまは 輪番制でご祈祷されているとのこと
光永大阿闍梨さまにお会いしたいのですが そういうのは可能なのでしょうか?

主人と伺った際、接待はいかがなさいますか?とお付きの方が仰ってくださいましたが
時間が無く もったいなくも、断ってしまいました。それは有料なものなのでしょうか?
 

Aベストアンサー

適確ではない回答があったようでお気の毒さまです。とりあえず「高齢の阿闍梨さん」と書いておられる時点で、以前の阿闍梨さんと混同されているようです。
お布施はお気持ちです。たまたま通りすがって持ち合わせがないままお参りされても、無動寺では一向に気にされませんし、たとえお布施をされても、その額を気にされることもありません。
昼食のお接待はお斎(とき)と言いますが、費用を聞いても「お接待ですから必要ありません」ときっぱり仰るはずです。その気持ち良いお接待に対するお布施・お供養として、何がしかを包むのも良いことです。その額の多少を無動寺が気にされる事もありません。
最後に比叡山における「輪番制」とは「日替わり当番」という意味ではありませんので、現在は毎日、光永阿闍梨が護摩を修しておられますので、ご安心ください。

Q浄土真宗の者です 御恩報謝とは食前と食後にいえばいいのですか? 調べてもよく解らなかったので教えて下

浄土真宗の者です
御恩報謝とは食前と食後にいえばいいのですか?
調べてもよく解らなかったので教えて下さい
よろしくお願いします

Aベストアンサー

私もよく解りませんが、「感恩の生活」の内容を添付します。
御恩報謝と言えば、一般には、ありがとうございます。
御恩でございますと口に言いながら生活するように決めてかかっていますが、
そうではなくて、恩を感じて生きていくことであり、
その一番の基礎のものが、南無阿弥陀仏の、
御恩報謝のお念仏の生活であるとおっしゃいます。

このようなことを基に食に対する感謝の意を言葉にして唱えることのようです。
いかがその内容になりまあす。

食前の言葉
「合掌」[皆で手を合わせる]
「多くのいのちと、みなさまのおかげにより、このごちそうをめぐまれました。」
「深くご恩を喜び、ありがたくいただきます。」
食後の言葉
「合掌」[皆で手を合わせる]
「尊いおめぐみをおいしくいただき、ますます御恩報謝(ごおんほうしゃ)につとめます。」
「おかげで、ごちそうさまでした。」
ご参考にしてください。

Q食事前の手合わせは某宗教の習慣?

私はいたって普通の仏教徒です。(そんなにマジメではありませんが…)

子供のころ、食事をする前に手を合わせて「いただきます」とやったところ、
父親からそれはとある宗教(某有名学会)の作法だからやめろ、と注意されたことがあります。

そこでお伺いしたいのですが、
実際に某学会ではそのような決まりがあるのでしょうか。
また、一般の人から見て「食事に手合わせするのは学会員だ」と認識するのは普通なのでしょうか?

私としてはそれは変な話だと思うのですが、気になるので教えてください。

※なお、作法としての関連の話であり、
宗教としての某学会批判を目的とした質問ではありませんのでご留意ください。

Aベストアンサー

>一般の人から見て「食事に手合わせするのは学会員だ」と認識するのは普通なのでしょうか?

私の勤務している会社でも手を合わせて「いただきます」と言ってから
食事をする人が居ますが本人に聞いたところ、
「学校で教わった、子供の頃からの習慣だ」と言ってました。
某学会員とは関係ないようです。


人気Q&Aランキング