ちょっと変わったマニアな作品が集結

現在、在来木造で建築中です。
べた基礎、ボルトの基礎検査も終了し、木工事に入ったところですが、棟上を間近に控え、現場に行ってみたところ、ホールダウン金物が曲がっているのに気付きました。
二箇所曲がっているのですが、一箇所はかなりの角度です。
連絡したところ、そこは柱に干渉する可能性も出てきました。
もしかすると、その金物を折って、新たに穴を開け、新しい金物を入れるかも、という事でした。
これって、大きなミスではなく、普通によくあることですか?
メーカーさんは、そんなにあせってる様子もなく、普通の対応なんですが・・・。
強くクレームをいう事もなく、新しい金物を入れてもらったら、それでいいという程度のことなんでしょうか?
柱と干渉するという時点で、設計ミス?と思ってしまいます。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

NO2です。

再び!!
土台に穴が開くことは、気分的には納得いかないと思いますが、
構造的にはほとんど影響は有りません。隠れてしまうところなので、我慢できると思います。

柱の金物はなぜ付けるかと言うと、ずれない為だけではありません。
地震が来たときに、筋違い(すじかい)が地震力に対して抵抗してくれます。その両側の柱は揺れる向きによって引き抜かれようとしたり、おしちじめられようとしたりします。
建物が倒壊する場合に、柱が引き抜け、土台からずれて壊れるケースが多く見られるのです。
それを防いでいるのが、柱金物。筋違いの強さ場所により、力のかかる大きさが代わります。(構造計算などにより算出)それにあわせた金物をつけるのです。
HD金物は、比較的大きな力がかかる場所に配置されます。
前回答にも書きましたが、10KNから25KNまでの引き抜き力に対抗して配置するのです。
このときに、基礎と土台がしっかり固定していないと、土台から引き抜け、基礎から落ちる現象も見られます。
と言う事は、土台と基礎、柱と土台、それぞれを固定する金物が必要だと言う事が分かりますが、HD金物の一部には、土台を飛ばして基礎と柱を固定する金物もあるのです。
おわかりの通り、HD金物の引き抜き力に対抗できるだけの力で基礎に埋め込まれてなければ、置いてあるのと同じことになります。

そこで確認してほしいのは、これも前回答とダブりますが、
設計されているHD金物のタイプ。
2~5の表示であれば、5倍すると必要耐力が分かります。
それから、基礎のコンクリート強度、基礎立ち上がり幅。
その強度、立ち上がり幅のコンクリートに取り付けた、ケミカルアンカーの引き抜き強度。
これが、HD金物の強度を上回ればOKということです。
ケミカルアンカーは、職人や営業が言う場合は、打ち込み式のものを示す事があります。それは、簡易的に止めるものなので、強度はなかなかでないと思います。
接着剤式の物の中から選択する必要があるのではないかと思われます。
もちろん打ち込み式でも強度がでればOKだと思います。

建物の構造と言う視点で回答しましたが、新築ですよね。
いきなりつぎはぎのようなイメージになってしまう事は施主として納得いかないと思います。
あまり横柄な態度で接してきたら、新築を注文したので、つぎはぎでは納得できないとわがまま言ってみてはいかがでしょうか?
なおせないのなら、最初からやり直してほしい!
では言いすぎかな?
適度になだめてすかして、脅して、泣き落して、いろいろやってみてください。
心から怒ったら負けですよ。損する事になる場合が多いです。
怒る場合は怒った振りをすることも必要になると思います。

よけいな事まで書いてしまいましたが、内容を振り分けて、必要な部分だけ読み取ってください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

yosiboh100さん、早速お返事くださってありがとうございます。
メーカー側と話しているところなので、専門家のアドバイスは心強いかぎりです。
素人にも分かりやすいご説明でよく分かりました。

メーカーの現場監督さんもとてもいい方なので、あんまり困らせたくないのですが、基礎や土台に関わる部分なので妥協もできません。

やはり、ホールダウン金物の位置が柱にぶつかる為に、大工さんがあえて曲げて施工し、後ほど報告するつもりでいた(下請け業者さん談)、という事でした。(真偽の程は定かではありません。見つけなければそのままだったんでしょうか?)

メーカーとしては、もう一箇所新たにホールダウン金物を設置するという事です。

打ち込み式ではないという事ですが、接着剤式かというと、旭化成のカプセルを埋め込むタイプ?という事でした。強度がどうなのは・・・?

強度等についてはまだ詳しく伺っていませんが、本来そのままのホールダウン金物の場合より、かえって強くなるようにするとおっしゃっており、引っ張り試験まではできないようですが、決して横柄な感じではなく、謝罪はしてくださいました。

まだ主人と相談していませんが、どうするべきか悩むところです。
こんなことは、現場では日常茶飯事なのかもしれませんね。
私たちがうるさい施主なのかな?
明日にでも報告があるかと思うので、もし悩んだらまたご相談させて下さい。

お礼日時:2007/05/29 21:38

NO2,3,4です再び!!!!


NO3ではNOを間違えていましたね。失礼しました。

カプセルが接着剤です。
おくまで詰め込み、接着剤の入ったカプセルを鉄筋のとがった先で割るのです。
これで文章から判断するとOKということになります。

5KNの引っ張り力ですか?
普通の金物(CP-T同等品)でもよさそうですね。
確かTANAKA(金物メーカー)のホールダウンコーナー
という金物が10KN用で、アンカーボルトを直結しなくても良い製品があったと思います。
基準通りアンカーを施工してあるのなら、無理に穴を開けなくてもそんなのを使えば良いと思うのですが‥

あまり家をいじめないい方法で対処できると良いですね。
本当に5KNであれば、それにあった金物をつければよいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧なご回答ありがとうございます。
メーカーの監督さんが親身になってくれたのか、土台ごと新品になりました。
ただ、もちろんコンクリート基礎には穴が開くのですが・・・。
メーカーは平謝りでした。
yosiboh100さんのアドバイスがなければ、ここまで要求もできなかったと思います。

今は木工事に入っています。
「これからは危ないので現場に入らないで下さいね~。」と言われましたが、しょっぱなからのミスでなんだか心配です。

でも、とりあえずそのままにはならなかったのでよかったです。
本当にありがとうございました。

お礼日時:2007/06/03 02:17

NO1,2です。

再び!!!

日常茶飯事ではないところもあります。
アンカーボルトの位置は計算すれば、どの位置が適切かミリ単位で算出でき、基礎のコンクリートの型枠に固定する専用アイテムもあります。
最近では、これを使う施工者が増えています。
昔ながらのやり方だと、田植えと言って、コンクリートを流し込んだ後にアンカーボルトを差し込んでいました。
これでは、適切な位置にできなかったり、曲がったりが発生してしまいます。また、後で差し込んで入れるので、強度も弱くなるのは分かると思います。

後からのケミカルアンカーの強度ですが、数値的には強いものも出ています。
しかし、その強度が発揮されるにはいろいろな条件が絡んできます。
たとえば、基礎のコンクリート強度、厚さ、設置場所周囲の鉄筋の配筋など。
そのことも考慮に入れて考えてくれていればよいですけどね。
それから、大切なのは、ドリルでコンクリートに穴をあけたときに、中にカスがかなり入っています。それを完全に取り除かなければアンカーと、コンクリの粉に接着することになってしまいます。

*重要!
穴を開けたら、しっかり掃除をしてもらう事!
これは必ず念押しして、施工してもらってください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

またも親身なご回答ありがとうございます。
本当に心強いです。
メーカーの方に「打ち込み式ではないんですよね?」と言ったところ、「違います。カプセルです。」とおっしゃっていましたが、素人的には打ち込み式のような・・・?どうなんでしょう?

旭化成のケミカルセッターという製品で、
(1)コンクリートなどの母体に穿孔。
(2)ブロアーとブラシで孔内を清掃。
(3)ARケミカルセッターというカプセルを挿入。
(4)先端45°にカットしたボルトや異形棒鋼を電動ハンマードリル等に装着し回転・打破させ、カプセルを破砕・混合しながら孔底まで埋め込む。(マーキングが施工面に達したら、ボルトの先端が孔の底に達したものとし埋め込み機械停止。)
(5)硬化養生。
という工程でした。
(どこにも接着剤はでてきません。)

*品番HP-12
 カプセル径(mm)12
 カプセル長(mm)120
 容量   (cm3)9.0
 使用ボルト 異形棒鋼 M12,W1/2  D13
 穿孔長  (mm)100
 最大引張荷重(Fc=21N/mm2) KN(kgf) 71 (7,240)
 長期引張荷重 KN(kgf)      14.9(1,520)
 短期引張荷重 KN(kgf)      22.4(2,280)
もしくは、
*品番HP-16
 カプセル径(mm)15
 カプセル長(mm)150
 容量   (cm3)18
 使用ボルト 異形棒鋼 M16,W5/8  D16
 穿孔長  (mm)130
 最大引張荷重(Fc=21N/mm2) KN(kgf)122 (12,400)
 長期引張荷重 KN(kgf)      25.4 (2,590)
 短期引張荷重 KN(kgf)      38.1 (3,880)
のどちらかになるそうです。
引張り試験はどうなるかわかりません。
メーカーの監督さんがいい方なので、あまり困らせるのも申し訳なく、「これでいいです。」と言ってしまいましたが、本当にこれでいいのか不安は残ります。
地震の心配な地域のうえ、総二階ではなく、吹き抜けなどもあるので変な形の家なので耐震性も気になります。 
このホールダウン金物にかかるはずだった引張力は、5キロニュートン前後だそうです。
この方法で十分と」考えてよろしいでしょうか?
それとも、もっと他によい方法をご存知でしょうか?

お礼日時:2007/05/30 21:32

>設計ミス?と思ってしまいます。


設計ミスではありません。この柱の下(柱脚)にHD金物を設置する支持を設計図書で施工者にしているはずです。
施工者は、その柱に取り付く位置に金物を配置します。
このときにずれを生じたのでしょう。
HD金物は、10KN(キロニュートン)から25KNまで4種類があります。そこに取り付くはずだった金物はどのタイプ化調べ、
穴を開けて設置したアンカーがその引き抜き力に耐えられるか確認する必要があります。
検査を受けて合格したところを、壊してやり直す行為は、どこかのホテルで話題になり記憶にあると思います。
悪質の度合いは違うにしても系統としては同じ違反行為だと思います。
変更内容を確認機関に通知し、再度審査してもらえれば安心ですが、そこまでやってくれるかな?

いえることは、大切な部分なので安易に切断してよいとは思いません。
設計者・監理者とも相談しなければならないのではないでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
わかりやすいご説明で素人にもよくわかりました。もともと柱を支持するための金物なので、柱に近い位置にあるんですね。
メーカーさんによる検査の時点では異常なかった、ということですし、私も何度か確認に行っていますが、今日初めて斜めになっていると気付いたくらいです。
メーカーさんは、「検査の時にはなんともなかったので、考えられるのは材料を運んでいる時に当てて曲がったのかも。」ということでした。

一度目の電話では、「切断してやり直すのは、かえって建物に良くないので、曲がったままでいきます。このままで平気です。」と言われました。
そのあと、それとは別に、位置が柱にあたる可能性も出てきたあるのでやはりどちらにしても切断する、と連絡がありました。

「これはよくあることなので、心配いりません。切断して、ケミカルアンカー(?)のような仕方で対処します。」と言われました。
これは前回の電話で「かえって建物によくない」といっていた方法ですよね。

その時の言葉のニュアンスから、柱に当たることに気付いてあえて曲げた可能性も否定できないのかな?という印象も受けました。

もう既に木工事に入っていて、アンカーボルトなどは土台の木の中に入っており、ホールダウン金物だけが出ている状態です。
こんな状態ですが、予定通りの棟上を目指して、今日も中断する事なく工事は進んでおり、不安は募ります。
一度、穴を開けた土台にもう一度新たに穴を開けてホールダウンを埋め、穴の開いた土台も交換されず、そのまま使うという事です。

家の土台となる部分ですし、ズレにしろ、材料を当てたために曲がったにしろ、施工段階でのミスには変わりありませんよね。

「よくあることなので、あんまり心配しないで下さい。」と言われても、それを全く抗議せず「わかりました。」でいいのかな、と思っていました。

長くなりましたが、これはyosiboh100さんのおっしゃる引き抜き力の再審査を強く要求していいミスですか?
私としては、余分に穴の開いてしまう土台の木も交換してほしいのですが、むりなんでしょうか・・・。
さらに質問してすみません。

お礼日時:2007/05/29 09:00

ホールダウン金物が柱から離れていることにより、柱と結合するために金物を曲げたということですよね。

それならば一般的に極普通にあります。珍しくも何ともありません。我が家もそうでしたし、文献でも認められていて全く問題なしです。さらにホールダウン金物をまげても柱に結合できないときなど、ホールダウン金物を連結・延長し、それを曲げて柱に結合する場合もあります。我が家がそうでした。これも問題なしです。要は柱が土台から引き抜かれなければ良いのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

よくあることなんですか?
現場監督に連絡した時の対応から、とんでもないことなのかと思っていました・・。
そんなに心配ないんでしょうかね?
早いご回答をありがとうございました。

お礼日時:2007/05/29 08:23

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qホールダウン金物と柱との距離が遠い場合の固定方法

柱とホールダウン金物との距離が長い場合には、ホールダウン金物を柱の方へ曲げたりせずに、「専用の金具」を用いて固定するべきと記載しているサイトや、木の板を挟み込んで固定することで良しとする記載などがあります。木の板を挟み込む方法では強度が落ちそうに思うのですが、強度を保つための木の種類の選定や具体的な固定方法などお教えいただけますでしょうか。

Aベストアンサー

くるピタ
http://aimkk.com/product/kurupita/index.html

耐震Jケーブル
http://www.tesac.co.jp/building-materials/earthquake-resistant.html

Qベタ基礎の立ち上がりに入っている金物の棒が斜めなんです

今建築中の一戸建の基礎がようやく終わりそうです。現場へ確認しに行ったところ、基礎の立ち上がりのコンクリートの中にある金物の棒(長いのや短いの)がところによっては多少斜めに入っている感じです。明らかな斜めではないですが、まっすぐ立っているようにみえても近くで見ると分かるくらいの斜めさです。これってこれから木造住宅を立てていく上で大丈夫なのでしょうか?HMの営業や監督に聞いても恐らく取り繕うだけで、実際のところ分かりませんので知ってる方がいらっしゃいましたら回答のほうよろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんはんは。
>これってこれから木造住宅を立てていく上で大丈夫なのでしょうか

建築基準法ではこれについてはっきりと定めがあります。しかし建築基準法が適用外になる地域もあります(都市計画区域外=解りやすく言えば人家がまばらな地域=役場に行って聞けば解ります)が、だからと言ってそこでヤワな建物を建てても良いとは言えないので、一応建築基準法に準拠した建て方をすべきです。そのような建て方をすると言う前提で請負金額を決めたと思いますが、そこはどうでしょうか。

その定めとは;

建築基準法施工令第七九条〔鉄筋のかぶり厚さ〕
 鉄筋に対するコンクリートのかぶり厚さは、耐力壁以外の壁又は床にあっては二センチメートル以上、耐力壁、柱又ははりにあっては三センチメートル以上、直接土に接する壁、柱床若しくははり又は布基礎の立上り部分にあっては四センチメートル以上、基礎(布基礎の立上り部分を除く。)にあっては捨コンクリートの部分を除いて六センチメートル以上としなければならない。

つまり基礎の立上がり部分(布基礎)では鉄筋は4センチ以上コンクリートの中に隠れていなければ、経年変化で鉄筋が錆びてふくれ、コンクリートを破壊するおそれがある、と基準法施工令では述べているのです。

少しくらい横方向へ傾いているのは神経質になる必要はありませんが、外側や内側へ傾いているのではこの79条を満たさず、先々で心配です。

また使う鉄筋は異形鉄筋と言って表面にでこぼこがあるものなら切りっぱなしでOKですが、ただ丸いだけの丸鋼なら先端がカギ状に曲げていなければなりません。建築業者は意外とコンクリートについては下請けに任せっぱなしで無知な事があります。

もし相談をするなら先ず請け負った会社とすべきですが、信用出来ないならあなたの町の市役所の建築指導課(建築許可を出している出先機関です)で相談すると基準法について教えてくれます。

業者のうっかりミスかもしれません。しかし完成まで当分掛りますから、なじるというより良い建物を信頼の元で建ててくれていることを前提に考え、穏やかにしかしきっぱりとお話をした方が良いと思います。

こんはんは。
>これってこれから木造住宅を立てていく上で大丈夫なのでしょうか

建築基準法ではこれについてはっきりと定めがあります。しかし建築基準法が適用外になる地域もあります(都市計画区域外=解りやすく言えば人家がまばらな地域=役場に行って聞けば解ります)が、だからと言ってそこでヤワな建物を建てても良いとは言えないので、一応建築基準法に準拠した建て方をすべきです。そのような建て方をすると言う前提で請負金額を決めたと思いますが、そこはどうでしょうか。

その定めとは;

建...続きを読む

Q基礎工事アンカーボルトの修正方法

基礎工事が終わり5月7日から建屋の工事が始まります。コンクリートから20cmくらい出ているアンカーボルトが傾いていた(配筋とアンカーボルトの針金固定無し)ので現場監督さんに基礎を痛めるようなハンマーで叩くのではなく、納得の行く修正法を連絡ねがいますと4月30日夕刻御願いしました。念のため5月2日アンカーボルトの傾斜角度を測定に行くと、昨日のうちに74本中61本が埋め込み直し修正され、ボルトには引き抜いたときの傷がついていました。建築業者は連休中で、連休明けには問題無いと言い張るに決まっています。このまま工事を続行させても、強度・耐久性は大丈夫でしょうか? 
今後の適切な処置方法を教えてください。

Aベストアンサー

>74箇所中61箇所も修正(最大約20度くらい傾斜していた)するのは、一般的にあるのでしょうか?

まず傾斜角度
一般には、5度から10度、最大でも12・3度くらいです、20度の傾斜は、傾きすぎです

修正個数に付いては千差万別です、
しかし、アンカーが基礎中央に傾かずに入っている場合、
基礎の中の横筋が正しく入っていない可能性が有ります、

>機械的外力でアンカーを横方向に引っぱり修正した・・・

外圧による修正しか出来ません、
ハンマーによる修正を拒んだ為、ユンボによる修正を行なったと判断します、
まさかガスによる溶断修正するわけにもいかないでしょうし、

>修正方法で耐久性,強度は保証されるのでしょうか?

私が知りうる限り、耐久性、強度はなんら問題ありません、

しかし、20度の傾斜があった所は注意個所です、
基礎の状態を見ないと分かりませんが、T・+、など基礎が交差している所で、
近くにアンカーが入っていれば問題無いでしょう、

雑学ですが、
板を4枚用意します、2枚の板を釘で打ち付けますこの時
一組は90度で真っ直ぐに釘を打ち込み
一組はやや斜め方向を変え打ち付けます
出来たら、板と板の間にバールなど差込み剥します
剥しやすいのは、90度に釘を打ち込んだ板です、


この質問とは関係ないことで大変申し訳ないのですが、
下の方が参考にと出されている
http://www.geocities.jp/neko2004ie/yomimono/taue.html

に付いてですが
コンクリートの特性や施工をした事が無い、素人の方が作られています、

鵜呑みされるのは好ましくありません、

型枠内にコンクリートを流し込んだ際、「す」が出来ないようにバイブレータを掛けます
バイブレータが普及する前は、鉄筋や木の棒で突っ込む事で「す」が出来ない様にしていました、

つまりアンカーをガツガツ入れるのは、アンカーの周りを密にする効果があるからです、

又コンクリートが柔らかい内に入れると、自重で傾きながら、沈降します、

>74箇所中61箇所も修正(最大約20度くらい傾斜していた)するのは、一般的にあるのでしょうか?

まず傾斜角度
一般には、5度から10度、最大でも12・3度くらいです、20度の傾斜は、傾きすぎです

修正個数に付いては千差万別です、
しかし、アンカーが基礎中央に傾かずに入っている場合、
基礎の中の横筋が正しく入っていない可能性が有ります、

>機械的外力でアンカーを横方向に引っぱり修正した・・・

外圧による修正しか出来ません、
ハンマーによる修正を拒んだ為、ユンボによる修正を行なっ...続きを読む

Qホールダウン金物の施工について

現在木造2階建ての新築を検討しています。
契約予定のハウスメーカーの施工中の現場(上棟後3週間程度の状態)を見学に行きました。
ホールダウン金物が10箇所くらいあったのですが、そのうち半数ぐらいが柱との距離が15cmくらい離れており、ホールダウンアンカーが柱に固定されずにそのままになっていました。
同行したハウスメーカーの営業に質問したところ「ホールダウンアンカーを連結(専用の金物があるとのこと)して柱に対して通常よりも高い位置で固定するので問題ない。基礎の施工精度が多少悪かったのかも・・・ただし、筋交いをよける都合でこのようになることもある」
「お客様(私)の現場を施工する際は基礎工事の際にしっかりと管理監督するので、このようなことは無いようにします」
と言ってます。

で、質問です
(1)上記のようにホールダウン金物が柱に対して離れてしまう(柱に対して斜めに取り付く)ことは良くあるのでしょうか?またそのこと自体は住宅の耐震性に対してどの程度影響するのでしょうか?
(2)営業が言うように基礎工事の管理監督をしっかりやれば(1)は防げるのでしょうか?
(3)その他なにかアドバイスがあればお願いします。

※補足
中堅どころのハウスメーカー(戸建専門)で、年間100戸程度の建築を行っています

現在木造2階建ての新築を検討しています。
契約予定のハウスメーカーの施工中の現場(上棟後3週間程度の状態)を見学に行きました。
ホールダウン金物が10箇所くらいあったのですが、そのうち半数ぐらいが柱との距離が15cmくらい離れており、ホールダウンアンカーが柱に固定されずにそのままになっていました。
同行したハウスメーカーの営業に質問したところ「ホールダウンアンカーを連結(専用の金物があるとのこと)して柱に対して通常よりも高い位置で固定するので問題ない。基礎の施工精度が多少悪かった...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは!

これは、金物の選択ミスですよ!
ホールダウン金物(1階柱脚用)には、2種類の取付け方法があります。
 1)土台+柱(座金付ボルト緊結)と土台+基礎(アンカーボルト緊結)の2段階に緊結する方法
 2)柱+土台+基礎(通しアンカーボルト緊結)まで通して緊結する方法
きっと、15cm程度離れていた部分は1)の方法で、それ以外は2)の方法だったのではないかと思います。
現場が、間違えたのでしょうね?
しかし、工事監理の悪いHMですね~! この失敗は直し様がないですヨ………

質問1):この様な単純ミスは、あまり無いですね!
    金物を使った意味が、全くありません。カスガイのがましです。
    ボルトを斜めに曲げると、その分だけ伸び変形が生じますから、建物が基礎から浮いてしまいます。
質問2):工事監理が適切であれば、防げますよ!
質問3):このHMは、チョットお薦めできません!レベルが低すぎます。

参考意見です。

Q基礎のアンカーボルトが曲がっています・・・

基礎のアンカーボルトが曲がっています。全てが曲がっている訳ではありませんが、素人目にみてもかなり傾いて基礎に入っているのが1本、その他にも若干曲がって入っているのが結構ありそうです。またアンカーボルトが入っている位置も基礎の真ん中ではなく、少し端によっているのもあります。住宅メーカで再度調査し、手直しを施す様ですが、再度基礎工事まではしないとのことです。
ただ、住宅メーカでは多少曲がるくらいは許容範囲で問題ない、と言っていまが、この様な状況で建築した場合、何か構造上で問題はありませんか?また、住宅メーカに対し、工事のやり直し等を指示しても構わないのでしょうか?またやり直しとはいかなくても、メーカに対し、どの様に対応したらよろしいのでしょうか?
ちなみに基礎はスラブ一体型基礎で、基礎のアンカーボルトと土台の結合部分は現場で作業するそうです。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

正直な話こういう施工不良?はよくありますね。
住宅メーカーの言うように多少曲がった位では問題無いと思います。
極端な話ですが、木造2階建てとすると転ぶ力よりも自重の方が大きいので転倒する事は無いです。(極端な話ですよ・・・アンカーボルトが無くて良いと言う訳じゃ無いです(*^_^*)
ただ心配なのは、安易な手直しです。
打ち込んであるアンカー部分を砕り、新規のアンカーを中心・真っ直ぐ据え付けモルタルなんかで固める手直しならやらない方がいいと思います。
(良く手直しというと嫌々こんな施工をする業者がいます。こんな手直しならひん曲がっていたアンカーの方がよっぽど強度があります)
あと、仮にhirattiさんが普請中の建物が木造3階建ての物ならチョット話が違います。
木3のアンカーボルトは2階建てのアンカーとは意味合いが違うので注意して下さい。
一般的な注意事項は(アンカーボルト)どうしてもアンカーのナットが緩んでしまいます。増し締めを業者に確認して下さい。心配でしたらダブルナットにしてもらいましょう。(程度によりますが手直しよりも良いと思います)

正直な話こういう施工不良?はよくありますね。
住宅メーカーの言うように多少曲がった位では問題無いと思います。
極端な話ですが、木造2階建てとすると転ぶ力よりも自重の方が大きいので転倒する事は無いです。(極端な話ですよ・・・アンカーボルトが無くて良いと言う訳じゃ無いです(*^_^*)
ただ心配なのは、安易な手直しです。
打ち込んであるアンカー部分を砕り、新規のアンカーを中心・真っ直ぐ据え付けモルタルなんかで固める手直しならやらない方がいいと思います。
(良く手直しというと嫌々こんな...続きを読む

Q基礎にホールダウンアンカーを入れ忘れている。

 昨日、夜の9時過ぎまで基礎のコンクリート打ちをやっていたため、施工ミス等するのではないかと心配しつつ今日、基礎の様子を確認にいったのですが、案の定下記の不具合を発見しました。
1.四隅の内の二隅にホールダウンアンカーの入れ忘れ。
2.基礎枠が外れそうになったのか膨らんだ基礎になっている。
3.昨日コンクリートが足りなかったのか、今日継ぎ足し2度打ちしている。
 こんな基礎で、大丈夫なのでしょうか?教えてください。現在は、工務店の説明待ちです。

Aベストアンサー

ケミカルではちょっと・・・??ケミカルは何度も試したことがありますが、強力なインパクトで抜けてしまうこともしばしば・・・。問題は地震のときの最後の砦・・・ということです。倒壊寸前に最後の力を発揮してくれるのがホールダウンです。あなたはケミカルに命を預けますか?座つきボルトに預けますか?柱が抜けない!が前提です。地震のパワーでケミカルではどうでしょう・・・。座付きの方がマシかと・・・。それか・・・たまに耳にしますが、忘れならいっそうのこと、壊してやり直してもらったら??

Qホールダウンアンカーのずれ

 通し柱のホールダウン金物を取り付けるべきアンカーボルトの位置がずれ,柱からかなり離れて土台から出ています。2本にずれがあります。このままでは通し柱に取り付けられません。強度を損なわない解決方法を教えてください。

Aベストアンサー

木造住宅の建築をしている者です。
本当にホールダウンアンカーの位地には悩まされます。柱ツラからどれくらい離れているのか判りませんが...
現在、土台の上に出ているホールダウンアンカーに「長ナット」を使ってM16ボルトを延長します。通し柱に窓などが付く予定がなければ、600mmくらい延長すればかはなり柱に寄ってくるのではないでしょうか。専門ではないので力学計算をしたわけではありませんが、柱側のホールダウン金物の取り付け高さに特に規定は無いようですし、中間検査でも指摘されることはありませんでした。見た目にも「土台から柱が抜けることを防ぐ」という機能を損なうようには見えません。

私も筋交金物などとかち合う時に高さをあげて緩衝を避けたりすることがあります。
ホールダウンはとても大切な部材だけに、間違えたりずれたりすると本当に困ってしまいますよね。

参考 (株)タナカ http://www.tanakakanamono.com/tnct.html

Qアンカーボルトの田植えについて・・・手抜き工事ですか?

ベタ基礎のアンカーボルトの施行方法について教えて下さい。住宅の建設について色々なHPを見ていますと、ベタ基礎の立ち上がり部分のアンカーボルトの施工方法が2種類あり、気になっています。立ち上がりに生コンを入れ、固まらないうちにアンカーボルトを差し込む方法(HPで田植え方式と呼ばれていました)と立ち上がり部分にアンカーボルトが針金や金物で固定されている方法がありました。それぞれの方法を紹介しているHP主はそれぞれ建築の専門家のようでしたが、田植え方式は手抜き工事ですか?また、両方式の善し悪しについて教えて下さい。

Aベストアンサー

何度もすみません。

他の方も回答されていますが・・・
今どき、現場の管理標準として、”田植えでも可”としているハウスメーカーさん、ビルダーさんは、まず、存在しないと思います。
やっているとすれば、管理意識の低い現場といわれてもしょうがないでしょう(当方は田舎におりますが、田植えをしている人はほとんどいませんよ。田舎の業界内でも笑われちゃいます)。

アンカーボルトを事前に固定することについての費用的な問題については、確かに、田植えの場合よりお金がかかります。ですが、そんなに問題になるほどの金額にはなりません(高い・安いは、お客様が判断されることですが・・・)。
鋼製型枠の場合は、専用の金具(繰り返し使える)に固定して行います。合板型枠の場合は、ボルト穴を空けた桟木などをつかって固定します。固定の手間は、桟木等(転用材)使用の場合でも、基礎伏図で位置出ししながらでも、2人で半日あれば十分です(打設時も、ジャマになるほどではありません)。
その金額によってもたらされる施工管理体制を、高いと感じられるか、適切と感じられるかでしょう。

監理者がいる場合、”打設前の”配筋、ボルト位置は検査項目です(打設後に検査しても、修正、本数の追加は出来ませんから。打設後のコンクリートの強度発生(固まり出し)は、思ったより早いのです)。

アンカーボルトの位置は、ミリ以内単位の精度が必要とは申しませんが、有るべきところにないと、建物全体の耐力に影響が出る重要な材料です。たとえば、耐力壁となる部分の柱の直下に無い場合など、その耐力壁は効かないという事になります。

私の主観も入りますが、田植えの現場では、長さ、位置、本数、定着、他の金物との納まり等々、どこかで不具合が発生しやすい状況にあると思います。

”事前固定”は価格の問題はあるのかもしれませんが、”田植え”は管理上、建物全体の品質上良いことは何一つありません。

何度もすみません。

他の方も回答されていますが・・・
今どき、現場の管理標準として、”田植えでも可”としているハウスメーカーさん、ビルダーさんは、まず、存在しないと思います。
やっているとすれば、管理意識の低い現場といわれてもしょうがないでしょう(当方は田舎におりますが、田植えをしている人はほとんどいませんよ。田舎の業界内でも笑われちゃいます)。

アンカーボルトを事前に固定することについての費用的な問題については、確かに、田植えの場合よりお金がかかります。ですが、そんな...続きを読む

Q地縄の出し方

みなさまは、どのように地縄を出されますか?
一人で地縄を出す方法を教えて下さい。
トランシストを使用する場合と使用しないで出す方法がありましたら
教えて下さい。
長尺テープを使用し三角形の対比??(3:4:5など)
で出すしかないのでしょうか?
一人だとテープを張ったり対角を計るのも大変だと思いますし、トラを据えて一人で角材の上にポイント出しをする際などのコツがありましたら教えて下さい。
また、ご経験者の方の地縄出しのコツや手順などもありましたら教えて下さい。沢山の質問ですみませんが宜しくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

戸建て住宅でしょうか?
以前はいつもトラなしで一人で張っていました(笑)
一般的にはある隣地境界線と平行に、そしてその線上に基準となる
建物の隅がある場合が多いと思います。
建物は出入りがあるとは思いますが、まずはそれを無視して大きな
四角形と考えます。

まず敷地平行ライン(建物の一辺)を長めに出して、そのライン上
の2点(仮にA点、B点とします)を決め、少し浮かし気味にピンを
打ちます。とりあえずこのA~Bを四角形の長辺として書きます。

次にスチールテープの0目盛りがそのピンAのところに来るように
テープのリングをピンで固定し、テープを延ばします。
計算で出した四角形の対角寸法(X2乗+Y2乗の平方根=A~C距離)に
合うようにピンをテープ上で固定し、C点の位置辺りでA点が中心に
なる円弧を地面に書きます。
同じように次はB点から四角形の短辺B~C間距離で同じように円弧
を描きます。その円弧二つが交わった点がC点となる大がねとなります。

同じようにB~Cも出し、大きな四角形を描き、後は図面に合せて
出したり引っ込めたりするだけです。
大雑把に見えますが、地縄程度ならけっこう使える方法です(笑)


トラがあるのでしたら、スケールを地面においてカネを振るだけ
ですからもっと簡単ですね。トラを使うにしても、上記のように
大きな四角形を描いてから変形させていくのが楽だし、間違いも
少ないと思います。

ご参考まで。

こんにちは。

戸建て住宅でしょうか?
以前はいつもトラなしで一人で張っていました(笑)
一般的にはある隣地境界線と平行に、そしてその線上に基準となる
建物の隅がある場合が多いと思います。
建物は出入りがあるとは思いますが、まずはそれを無視して大きな
四角形と考えます。

まず敷地平行ライン(建物の一辺)を長めに出して、そのライン上
の2点(仮にA点、B点とします)を決め、少し浮かし気味にピンを
打ちます。とりあえずこのA~Bを四角形の長辺として書きます。

次にスチールテープ...続きを読む

Q土間コン目地ピッチ

土間コンの目地ピッチについて教えてください。

普段土間コン厚み100~150の目地ピッチは@3000mm~4000mm以下で行っているのですが、
厚み80mm、軽歩行のみの場所の土間コン目地ピッチを検討中です。
土間コンの厚みと荷重、ピッチの関係等がわかるようなHPがあれば
教えていただけないでしょうか。
または、ご経験上どのくらいのピッチでされているかご教示いただければ参考にさせていただきたいと思います。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

広さや幅で考えた方がいいと思います。
渡り廊下などの2m程度の幅でしたら2~3m以下、広い面積なら3~4m程度。モルタルでもこの程度ですよ。
1スパンに中1本。又は、中2本等のバランスも考慮すべきでしょう。


人気Q&Aランキング