【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

今度沖縄に行くのですが、お父さんからお土産に黒糖で作られたお酒を買ってきて欲しいと言われました。ネットで調べたらヘリオス酒造のラム酒の分類で出ていましたが、黒糖焼酎もしくは、黒糖泡盛はあるのでしょうか?沖縄で購入できる場所と種類を教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

黒糖焼酎は、鹿児島だけです。

<日本の焼酎は約500年前にシャム(現在のタイ)から沖縄に渡来したのが始まりとされています。沖縄で泡盛として親しまれ、その後奄美、九州を経て全国に広がっていきました。奄美の人々は、沖縄から伝えられた焼酎に、奄美の主要農産物であった黒糖を使い、製法、技術に多くの改良や工夫を加えて、現在の黒糖焼酎を生み出しました。その実績が評価され、昭和28年、奄美群島がアメリカから返還された際に、黒糖を原料にしての酒類製造は酒税法で奄美群島(奄美大島、喜界島、徳之島、沖永良部島、与論島)だけに認められることとなり、奄美の特産品として広く知られるようになりました。>
ちなみに、<泡盛とは15世紀初め、今から約500年以上前の琉球王国時代から作られている沖縄だけの特産酒のことです。
「泡盛」という名前で呼ばれるようになったのは、今から300年余り前のことで、栗を原料として製造されていたから「栗盛」と言われていて、それが「泡盛」になったという説。または、発酵の際にたくさんの泡が発生するから「泡盛」と名づけられたという説。または、泡盛を高いところから器に注いだ時の泡の盛り方でアルコール度数を計ったから、泡盛と言うようになったという様々な説があります。
タイ米を主原料に、沖縄原産のパワフルな「黒麹菌」と酵母を加えた蒸留酒で、独特の濃厚な風味はクセになるほどの美味しさです。>
とうことで、沖縄では黒糖焼酎は作られておりません。もちろん、酒屋さんにいけば取り扱いはあると思いますが、沖縄の名産はなんといっても「泡盛」ですので、、、
沖縄で買える黒糖で作られたお酒ということでしたら、貴方の仰るとおりヘリオスのラムとかが相当するだけです。<ラムは1600年頃、カリブ海のバルバドス島に渡ったスペインの移住者によって、島で栽培されたサトウキビの糖蜜蒸留して作ったのが始まりとされています。いまではサトウキビを栽培する国では必ずと言っていいほどラムが作られ、ウイスキー、ブランデー、ウォッカと並んで世界4大洋酒の一つに数えられています。
 「ヘリオスラム」は、沖縄の基幹産物である良質の品質の高いサトウキビから取られる、良質の糖蜜・蒸留して作りました。沖縄の輝く太陽のようなドライ感と、温かな気候風土を思わせるフルーティーさを是非ご賞味下さい。カクテルは、もちろんですが、オンザロックでも「ヘリオスラム」そのものの香りをお楽しみいただけます。
2005年5月までは沖縄県内のみの販売となってましたが、2005年6月より関東地区でも販売可能となった国産ラム酒です。>

参考URL:http://www.helios-syuzo.co.jp/index.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

長文の説明を書いてくださりありがとうございます。歴史も奥深くて面白く読ませてもらいました。泡盛は瑞泉酒造で工場見学をする予定です。ワインとビールは見た事があるのですが、泡盛は初めてなので楽しみです。自分が焼酎が苦手で飲めないので、知識がなかったのですが、勉強になりました。ありがとうございました。

お礼日時:2007/06/23 21:55

今では普通に大手の酒店で購入できてしまいます。

ですので沖縄の普通のお酒屋さんで購入できます。なんでもいいなら「れんと」なんてビンも綺麗だし安いしどこでも買えるし・・・夢を壊してごめんね。

この回答への補足

あれまぁそうなんですか!?
良かったです。重たい思いをして沖縄から持って帰って来なくても、済むわけですしね。行く前に量販店で調べてから行ってみます。自分家様にも泡盛を買うので量販店で買えない物を買わないと意味がないですからね。前に一度宮崎で高千穂という名の焼酎を高千穂峡で買って、他のお土産やでは一切見なかったので、良かったと思ったら、帰ってきてから薬局で売っていたのにはがっかりした苦い経験があるのでね。
教えてくださってありがとうございました。

補足日時:2007/06/23 21:48
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q卵は一日何個まで?

卵が大好き家族ですが、コレステロールの含有量から一日に1、2個までとか、10個まではへいきだとか、いろいろ言われて混乱してます。実際はどうなのでしょうか?卵の功罪、本当のところを教えてください。特にコレステロール値が現在高いわけではありません。

Aベストアンサー

管理栄養士です。日本人のコレステロール摂取量は一日あたり100-500mg、このうち卵は1個で250mgになりますので、卵の個数が一日のコレステロール摂取量を大きく左右すると言っても過言ではありません。

ただ、体内では肝臓で一日1000-1500mgのコレステロールが合成されていて、細胞膜の構成成分やホルモンの原料、神経伝達物質として使われています。コレステロールの摂取量が増えれば、肝臓での合成量を減らしてコレステロール量を調節する機構が生体には備わっています。

ですから、ある程度若い人が1年に数回卵を10個食べる日があっても全く問題ないでしょう。

ただしこの調節機構が生まれつきうまくいかない人もいますし、加齢によってコレステロールの代謝量は低下します。

卵が一日1-2個というのは、子供から高齢者、健常者から病人までのいろんな条件のひとを含めて設定された目安です。高コレステロール血症の人は1日300mg以下に抑えるように指導されますので、卵1日1個までなら大丈夫です。卵は良質タンパク質やビタミン類の重要な供給源なので高齢者で食の細い方には、ぜひ1個は食べるようにしていただきたいです。

私は健康な人に同じ質問を投げかけられたら「1週間に7個前後が適性ですよ」とお答えするようにしています。つまり、1週間で毎日1個食べても良いし、3個、0個、0個、1個、2個、0個、1個…というように多少ならリズムを持たせてもOKです。もちろんたまにであれば1週間に10個とか14個の週があっても全然問題ないと思います。

ですが、若い方ならともかく1日5個とか10個とかの食生活が定着してしまうとと中年以降に影響が出てくる可能性は大です。小さいお子さんがいらっしゃるご家庭なら、生涯使える適切な食習慣を身につけて貰うためにも一日1-2個くらいと教えてあげて下さい。

管理栄養士です。日本人のコレステロール摂取量は一日あたり100-500mg、このうち卵は1個で250mgになりますので、卵の個数が一日のコレステロール摂取量を大きく左右すると言っても過言ではありません。

ただ、体内では肝臓で一日1000-1500mgのコレステロールが合成されていて、細胞膜の構成成分やホルモンの原料、神経伝達物質として使われています。コレステロールの摂取量が増えれば、肝臓での合成量を減らしてコレステロール量を調節する機構が生体には備わっています。

ですから、ある程度若い人が1年...続きを読む

Q奄美大島の 黒糖焼酎「れんと」というお酒が「美味しい!」と評判の様です

奄美大島の 黒糖焼酎「れんと」というお酒が「美味しい!」と評判の様ですが、ネットショップで購入すると、送料が結構高くついてしまいます。
東京に在住なのですが、どこか、この「れんと」と言う焼酎を安く購入できるお店を御存知の方、いらっしゃいますか?
できれば、池袋の近辺であると助かるのですが。。。あまりに種類が沢山あるので、迷ってしまうのですが、1・8リットルの紙パックがお得なように思うのですが、何せ、飲んだことがないので、もし飲んだ経験のある方がいらっしゃいましたら、情報を教えてくださいませんか?

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

池袋の西武百貨店、東武百貨店の酒売り場にはあります。
紙パックは、置いてあるところが少なく、この2つの売り場にはありません。
紙パックは、早く飲みきるのであればよいですが、保存がきくとは言えません。やはり瓶の方が良いと思います。
買うのであれば、25度をお勧めします。
水割りなど割ると、アルコール度数が一気に低下しますので、16度はストレート以外お勧めできないです。

味の方ですが、すっきりとした飲み口で、後味の切れが良く、ほのかに後味に甘味が残ります。
黒糖焼酎は女性にも飲みやすいと思います。
ただし、お湯割りはお勧めできません。黒糖特有の臭みと苦味が少し残るはずです。
一番のお薦めは、ロックか6:4の水割りが良いと思います。


人気Q&Aランキング