プロが教えるわが家の防犯対策術!

現在、消防法が適用されるタンク基礎を施工しています。
これに防油提を設置します。

この防油提をドレン用配管(SGPW 100A)が貫通するのですが、
その仕舞がいまいち分かりません。

耐油性緩衝材を充填するらしいのですが、
どのようなものを充填すればよいのでしょうか?
モルタルではだめなんでしょうか?

ご存知の方がいらっしゃれば、教えてください。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

#2です。

 参考になるか分かりませんが…

http://www.city.yokohama.jp/me/anzen/koukai/kike …
第4章 第10   防油堤の構造に関する基準
 9  配管貫通部の保護措置
http://www.city.yokohama.jp/me/anzen/koukai/kike …


ここがなんとなく詳しそうです。
問合わせをされてはいかがでしょうか?
http://yazaki-group.com/products/densen/commodit …

違っていたら
お近くの消防設備点検をしている業者に聞いてみてください。
横のつながりで業者を紹介してくれる可能性もあります。
http://phonebook.yahoo.co.jp/g112/g20079/g331120 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再度、御回答、有難う御座います。

たくさんのサイトを紹介して頂き、有難う御座いました。
各サイトを参考にさせて頂きます。

お礼日時:2007/06/29 07:55

先に消防署に図面などを出して申請するのが筋ではないでしょうか


消防署に聞けば
しまいの方法も指導してくれますよ。

既に申請済みなら、工事部分が書かれた物があるはずなので、
その通りに施工してください。

この回答への補足

既に申請済みで、工事部分が書かれた図面があるのですが、
その記載は、「フェルト巻+コーキング」となっています。

フェルト及びコーキングの種類等の指示はなく、
設計事務所及び発注者(申請者)に聞いても、以前の記載をそのまま使ったので、
分からないとのこと。

所轄の消防署も、こういったものは不得手で、よく分からないらしいのです。

こういった場合、材料の選定等はどのように行なえばよいのか困っています。

ちなみに、タンクの中身は、メタノールです。

補足日時:2007/06/28 17:38
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御回答、有難う御座いました。

既に申請済みで、工事部分が書かれた図面があるのですが・・・。

お礼日時:2007/06/28 17:35

 そんな時はタンクのメーカに電話して耐火基準にあった材料を紹介してもうのが一番です


 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御回答、有難う御座います。

タンクメーカーに聞くのも、手ですね。
早速聞いてみます。

お礼日時:2007/06/28 17:49

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q耐圧試験と気密試験

耐圧試験を行った後でも気密試験は行う必要があるんですか?

僕の調べた情報では
耐圧試験の試験圧力は 液体の場合 常用圧力の1.5倍以上
           気体の場合 常用圧力の1.25倍以上

気密試験の試験圧力は       常用の圧力以上

圧力的には耐圧試験で気密試験圧力を満たせるのかなと思います。

耐圧試験の圧力保持時間は  5~20分
気密試験は         10分以上

耐圧試験を10分以上やれば気密試験の必要が無い気がするのですが?
教えてください。

Aベストアンサー

それぞれの試験の目的が異なります。
耐圧試験は、想定される最大圧力がかかった時、強度が充分でそれに耐えうるか、
を調べるものであるのに対し、
気密試験は、想定される最大圧力の下で、気密性が充分保たれるかを調べるもの
です。
何を対象にするかによりますが、耐圧試験だけでは、小さな漏れは確認できませんし、
気密試験だけでは、圧力が掛かったとき、充分持ちこたえ得るかの確認ができません。

Q少量危険物貯蔵庫の防油堤について

屋内にて少量危険物貯蔵庫を作り、そこに灯油や塗料など指定数量以下の危険物を保管しようと考えて某大手ゼネコンに建築依頼をしたところ、消防の指導により防油堤を作らなければならないので入口に20cmほどの壁を作りましたと言われました。

貯蔵庫は7m×3mの部屋で自動閉防火扉2か所、床はコンクリートで防爆蛍光灯に防爆換気扇、ためます等作りました、壁も耐火性です、しかし灯油を入れたドラム缶(200L)をカートで運んでも20cmの防油堤で中に入れません。

ゼネコンに言っても消防法での決まりだからと言われます。

すでに防油堤のついた貯蔵庫は完成しており、手に持てる塗料しか中に入れられない状態です。

本当にこんな法律があるのでしょうか?
ドラム缶を入れられる貯蔵庫はどうすれば出来るのでしょうか?

直接、地元消防に話を聞く前にご意見をいただければ助かります。


よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>本当にこんな法律があるのでしょうか?
少量危険物だと市町村による条例による物なので内容が若干違いますので、何とも言えませんが保管容量の110%以上の防油堤が必要なのが最近は一般的です。

私の所の油脂庫は設置したのがかなり昔の為に防油堤はありませんでしたが特に注意されたことはありませでしたが、先の震災で工場内の沈下で奥の方(油脂庫のある方)が20cmほど下がってしまったので、工場内に床を水平にするためにをコンクリートを流す事になったのですが、当初は油脂庫も工場と平らにしてもらいたいと言った所、やはり防油堤が必要という事で油脂庫の床はそのままで工場内だけカサ増ししました。

私の所はまたぐ形でなく、1段低くなっているだけなのでドラムは床を板などで養生して落とし入れています、出す時にはドラムは空になるので思ったほど不便ではありませんでした。


>ドラム缶を入れられる貯蔵庫はどうすれば出来るのでしょうか?

防油堤は何で出来ているのでしょうか、ブロック等であれば一度そこにのせての移動も可能だと思いますが、頻繁にだと大変ですよね。

貯蔵庫入口はスロープにして、倉庫内は防油堤と同じ高さにグレーチングを敷くとか、四方に隙間を空けて鉄板を敷くとかして、防油槽を床下にするという形ではどうでしょう、もちろん消防に確認してからだとは思いますが。

>本当にこんな法律があるのでしょうか?
少量危険物だと市町村による条例による物なので内容が若干違いますので、何とも言えませんが保管容量の110%以上の防油堤が必要なのが最近は一般的です。

私の所の油脂庫は設置したのがかなり昔の為に防油堤はありませんでしたが特に注意されたことはありませでしたが、先の震災で工場内の沈下で奥の方(油脂庫のある方)が20cmほど下がってしまったので、工場内に床を水平にするためにをコンクリートを流す事になったのですが、当初は油脂庫も工場と平らにしてもらい...続きを読む

Q気体の圧力と流速と配管径による流量算出

初歩的な質問ですみません。いまひとつ自信がない為、ご教授いただければ幸いです。
よろしくお願い致します。
 基本的に流量に関してノルマルって表現がありますが、これは大雑把に大気状態で20℃における気体量と理解してますがそれでいいのでしょうか?それ前提で話を進めた場合の圧力と流速と配管径による配管流量はざっくりどう求めるのでしょうか?
条件は以下の事しかわかりません。
前提条件 圧力 5Kg/cm2
流速 20m/s
配管内径 40mm
  流体 エアー(常温)
 圧損等はないものとして、大雑把に算出する場合ですが、 Q=AV Q=流量 A=配管断面積 V=流速
 これで算出した場合 
 ((3.14*0.04^2)/4)*20*60=0.8m3/min となり
圧力5kg/cmなら大気との差4Kg/cmなので
 ノルマル?は 0.8*4=3.2Nm3.minとなりますが、
 そんな考え方でいいのでしょうか
 反対に5Kg/cm2の圧力の下では0.83m3/minなのでしょうか?
アドバイスよろしくお願い致します。 

初歩的な質問ですみません。いまひとつ自信がない為、ご教授いただければ幸いです。
よろしくお願い致します。
 基本的に流量に関してノルマルって表現がありますが、これは大雑把に大気状態で20℃における気体量と理解してますがそれでいいのでしょうか?それ前提で話を進めた場合の圧力と流速と配管径による配管流量はざっくりどう求めるのでしょうか?
条件は以下の事しかわかりません。
前提条件 圧力 5Kg/cm2
流速 20m/s
配管内径 40mm
  流体 エアー(常温)
 圧損...続きを読む

Aベストアンサー

気体の体積は温度によっても変化するので、計算には配管内の気体の温度が必要です。
ノルマル(標準状態)の体積は、0℃、1気圧の状態に換算した気体の体積です。

t℃で体積Vを占める気体を、同圧力で0℃にすると、シャルルの法則により、体積は 273V/(273 + t) になります。これで計算してください。

流量の計算は計算間違いがあり
((3.14 * (0.04 m)^2)/4) * (20 m/s) * (60 s/min) = 1.5 m3/min
だと思います。

圧力 5Kg/cm2 というのがゲージ圧であれば、絶対圧は 約6Kg/cm2になります。
ゲージ圧から絶対圧にするとき、大気圧は引かないで足さないといけません。
その場合、大気圧換算の流量は1.5 m3/minの約6倍で 9 m3/min になります。
さらにここから、使用温度をt℃として、最初に述べたシャルルの法則で体積を0℃に換算する必要があります。

計算の前提が違っていたら補足してください。

Qガラリの換気量算出について

自社にて独自に設計、製造した換気ガラリがあるのですが、ガラリメーカーではない為、換気量の算出方法がわかりません。
わかる方教えていただけないでしょうか。

また、換気率というのは上記で算出した換気量を床面積で割った数値でよろしいですか?

ご回答よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

No.1で回答したものです。
補足の欄でメーカーのカタログには9.8Paの値が
あると書かれていますね。
これは9.8Paの圧力差がある場合に、
その製品の開口面積を通る空気の量だと思います。
(私はガラリの専門家ではないので、一般的な物理法則として
聞いてください)
通過する空気量の単位は[m^3/秒]ですから
開口面積の単位[m^2]で除算すれば、風速[m/秒]が出ます。
ガラリは単純な開口ではないので、開口と塞がっている部分の面積比と、
開口の形状(丸とかカマボコ形とか、めくれているとか)による
抵抗係数(と呼ぶのかしら?)があると思います。
単純開口の数値とカタログ値が違う場合は、何らかの抵抗が
あると言うことです。
ですから、計算すれば、このガラリの抵抗係数が出せるはずです。
しかし、形状やフイルタの有無や、その材質、などのパラメータが
複雑ですと、単純に比例傾向にあるかは疑問です。
このような手順で理論値と実験を繰り返した数値を比べて、
適正な近似値を求めて、当てはめて計算すれば、求められると
思います。
もうひとつの「換気率」は業界用語でしょうか?
床面積と換気量との比では、部屋の体積が決まりませんので、
床面積とは思えません。想像ですが、単位時間当たりに
その部屋の空気が全部入れ替わる回数のような気がします。
床面積よりは、部屋の体積の方が重要な要素と思いますが?
あくまで素人の考えですか専門家の回答があれば、そちらを
参考にして下さい。

No.1で回答したものです。
補足の欄でメーカーのカタログには9.8Paの値が
あると書かれていますね。
これは9.8Paの圧力差がある場合に、
その製品の開口面積を通る空気の量だと思います。
(私はガラリの専門家ではないので、一般的な物理法則として
聞いてください)
通過する空気量の単位は[m^3/秒]ですから
開口面積の単位[m^2]で除算すれば、風速[m/秒]が出ます。
ガラリは単純な開口ではないので、開口と塞がっている部分の面積比と、
開口の形状(丸とかカマボコ形とか、めくれてい...続きを読む

QNをkgに換算するには?

ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか?一応断面積は40mm^2です。
1N=9.8kgfなので、「40kg=N×0.98」でいいのでしょうか?
ただ、式の意味がイマイチ理解できないので解説付きでご回答頂けると幸いです。
どなたか、わかる方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

kgfはSI単位ではないですが、質量の数値をそのまま重さとして考えることができるのがメリットですね。


>>>
ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか?

なんか、日本語が変ですね。
「ある試験片に40kgの重りをつけた時の引っ張りの力は何Nの力で引っ張るのと同じですか?」
ということですか?

・・・であるとして、回答します。

40kgのおもりなので、「おもりにかかる重力」は40kgfです。

重力は万有引力の一種ですから、おもりにも試験片にも、地球からの重力はかかります。
しかし、試験片の片方が固定されているため、見かけ、無重力で、試験片だけに40kgfの力だけがかかっているのと同じ状況になります。

試験片にかかる引っ張り力は、

40kgf = 40kg×重力加速度
 = 40kg×9.8m/s^2
 = だいたい400N

あるいは、
102グラム(0.102kg)の物体にかかる重力が1Nなので、
40kg ÷ 0.102kg/N = だいたい400N


>>>1N=9.8kgfなので、「40kg=N×0.98」でいいのでしょうか?

いえ。
1kgf = 9.8N
ですね。


>>>一応断面積は40mm^2です。

力だけでなく、引っ張り応力を求めたいのでしょうか。
そうであれば、400Nを断面積で割るだけです。
400N/40mm^2 = 10N/mm^2 = 10^7 N/m^2
1N/m^2 の応力、圧力を1Pa(パスカル)と言いますから、
10^7 Pa (1千万パスカル) ですね。

こんにちは。

kgfはSI単位ではないですが、質量の数値をそのまま重さとして考えることができるのがメリットですね。


>>>
ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか?

なんか、日本語が変ですね。
「ある試験片に40kgの重りをつけた時の引っ張りの力は何Nの力で引っ張るのと同じですか?」
ということですか?

・・・であるとして、回答します。

40kgのおもりなので、「おもりにかかる重力」は40kg...続きを読む


人気Q&Aランキング