質問投稿でgooポイントが当たるキャンペーン実施中!!>>

実験についてのレポートを書くときに
私は今まで、方法を先に書き、
そのあと原理として
この作業では何を求めらた、
この作業では何を求めらた…
以上から何が求められた
これを理論値と比較しどうのこうの、
というのを既習の式をいれつつ書いていました。

昔読んだ本に、原理には
・求める物理量と、実際に実測する量との関係式
・検証に用いる関係式
がどのように導かれるか、その式の意味するところはなにかを書け
と書いてあったからです。


しかし、レポートの書き方の本やサイトを見直すと
原理→方法の順で載っているものが多いことに気づきました。
原理→方法の順に書くと私の書き方は通じなくなってしまいますが、
実際、原理→方法の順に書くのが一般的なんですか?

その場合、どういう手順で原理を書けばいいか、アドバイスもお願いします。

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

読み手に立って物を考えるといいかもしれません.


基礎からの積み上げのようにレポートを作ると原理のほうが先に来ると思います.しかし,読み手にとって分かりやすいのは,要するに何のために何をして何が分かったかがはっきり書いてあるということだと思います.なので,私のお勧めのレポートの書き方は,目的,結論,方法,原理という順番になります.
    • good
    • 1

No.2 の方に賛同します。



>>実際、原理→方法の順に書くのが一般的なんですか?
>それが一般的です。レポートは
>「原理が~である。故に方法は~」と考えてください。
>決して「方法は~である。故に原理は~」という流れではありません。
>読む人が「こういう原理だから、こういう手法でアプローチした」と明快にわかるように書きます。
    • good
    • 1

>実際、原理→方法の順に書くのが一般的なんですか?


それが一般的です。レポートは
「原理が~である。故に方法は~」と考えてください。
決して「方法は~である。故に原理は~」という流れではありません。
読む人が「こういう原理だから、こういう手法でアプローチした」と明快にわかるように書きます。

>昔読んだ本に、原理には
>・求める物理量と、実際に実測する量との関係式
>・検証に用いる関係式
>がどのように導かれるか、その式の意味するところはなにかを書け
>と書いてあったからです。
確かにこの通りに書くべきです。しかし、これを書くから「方法→原理」となる理由がむしろわからないのですが・・・。

たとえばAという測定量からBという物理量を求めるとき、
原理:実験の主要原理やBがAから求まる過程等
方法:Aを実験により求めるアプローチ手法
が普通です。しかし、過程がほぼわかりきっている場合は
原理:実験の主要原理、
方法:Aを実験により求めるアプローチ手法
   BがAから求まる過程等
と書かれることも多々ありますが。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q原理と考察

大学一年生で栄養学を勉強している者です。

今、実験のレポート作成を行っているのですがどうも原理と考察の内容がかぶってしまいます。

原理はどのような原理をもとに実験を行ったのか(文章が変ですが他にいい単語が思い浮かばなかったので…)
考察は実験を通して理解できたこと
を書くというのは漠然と分かってはいるのですが…

特に授業でする実験なので結果が分かっており尚更どのように書けばいいかが分かりません。。

例えば『Aという原理を用いて実験をして結果が出たがこれはAという原理による。』というようになってしまいます…

どなたか簡潔に説明していただけないでしょうか?基本的な質問で申し分けありませんがお願いします。

Aベストアンサー

 原理というのは仮定です。立てた仮定に矛盾する事実がない場合、その仮定を原理と呼ぶのです。ですから原理に合わないような実験を観測することができれば、これはノーベル賞ものの発見になりますよ。
 ですから、『原理を用いた実験』というのはあり得ません。原理というのは学者が勝手に立てた仮定で、それが正しいという保証は何もないのですから。現にニュートンの立てた原理は20世紀になってこれに反する現象が沢山発見されて否定されてしまいましたよね。これに代わってアインシュタインの立てた原理が今のところ真理とされています。しかしこれを否定する事実が観測されればそれは否定されてしまいます。これが科学の限界なのですよ。
 ですから貴方が行なった実験は当該実験に関わる原理で説明できることを証明する実験だったのではないでしょうか。その証明が考察になるのでしょう。
 原理を正しいと仮定する→実験を行う→実験結果が原理で説明できる→その実験は原理が正しいなら正しいという流れです。
 もし説明できなかったら、それを説明できる他の原理を探すということになるのでしょう。

Q科学の実験手順・操作のフローチャートの書き方がよく分かりません

お恥ずかしい話なのですが、
実験操作・手順のフローチャートの良い書き方が
未だによくわかりません。

僕が今回書き方がよくわからなかったのは、
化学的手法による抽出の操作でした。
酢酸エチル抽出がどうとかこうとか・・・
(図書館で少し調べてみたのですが、なかなか見つからなくて・・・)

なにかアドバイスがありましたらお願いします。
別に上記のようなものではなく、
どのような実験についてでも結構です。

皆さんの色々なフローチャートを参考に出来たら、と思っていますので。

お願いします。

Aベストアンサー

実験手順のフローチャートですから、実験を行った通りの順序、手法を書けば良いのです。
書き方はシンプル・イズ・ベスト!
誰もがそのチャートを見て、同じ操作が出来るように目指して書いて下さい。
実験手順、操作のフローチャートなんて、料理のレシピみたいなもんです。

「やった事」だけを書けば良いのですから、そう悩む必要はないと思いますよ。
むしろ、実験結果における考察の方が大切です。

古いモノですが、私が学生の時やった
「アルカリ性フォスファターゼによるp-ニトロフェニルリン酸の加水分解における温度の検討」
という実験のフローチャートを書きます。

反応液調製      酵素液調製
 |          |
 | pre-incubate 5min. |
 |←―――――――――|
 |  1ml添加
 ↓
mix
 ↓
incubate 20min.
 ↓
saturated NO2CO3 sol. 1ml添加
 ↓
mix
 ↓
A400測定
 ↓
検量線の式からp-NP生成量を求める
 ↓
酵素活性で表す
 ↓
グラフ用紙にプロット
 ↓
至適温度を求める

長くてすいません。下付き文字がないので、変な部分ありますが、こんな感じです。
参考になると良いのですが・・・・

実験手順のフローチャートですから、実験を行った通りの順序、手法を書けば良いのです。
書き方はシンプル・イズ・ベスト!
誰もがそのチャートを見て、同じ操作が出来るように目指して書いて下さい。
実験手順、操作のフローチャートなんて、料理のレシピみたいなもんです。

「やった事」だけを書けば良いのですから、そう悩む必要はないと思いますよ。
むしろ、実験結果における考察の方が大切です。

古いモノですが、私が学生の時やった
「アルカリ性フォスファターゼによるp-ニトロフェニルリン酸...続きを読む

Q沸騰石はなぜ突沸を防ぐのですか?

化学の実験などで、溶液を沸騰させるときなどに、沸騰石を一緒にいれて加熱したりしますよね。あれは、突沸を防ぐためと習ったのですが、なぜあれを入れることによって、突沸を防ぐことができるのでしょうか?原理的なことが知りたいです。また、沸騰石は普通の石とどんなところが違うのでしょうか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

沸騰石には空気がいっぱい入っているからです。
不純物の少ない液体を沸騰させると、気化する「きっかけ」みたいなのが一気に訪れて突沸しますが、沸騰石を入れておくと、その中の空気が「きっかけ」になってくれて、少しずつ「きっかけ」を出してくれるようなイメージ。表現が間違ってるかもしれませんが。

で、普通の石とどう違うかということですが、「空気」です。
空気が入っていて、更に、その空気がが出ていける状況にあれば、沸騰石になることができます。市販の沸騰石でもいいし、レンガのかけらみたいなのでもいいし、学生実験では、沸騰石をガラスで作りました。ガラスをこねこねして、空気をいっぱい含ませて、棒状に伸ばした後適当な大きさに切ります。これでできあがり。

といことで、空気が大事です。
なので、いくらきちんとした沸騰石でも、一回使ってそのまま液中に浸しておいたものをもう一度使うことはできません。まあ、使っても大抵は大丈夫ですが、使ってはいけないことになっています。空気が液体と置き換わり、空気を出す能力がなくなっている可能性が大きいからです。

こんな回答でどうでしょう?

沸騰石には空気がいっぱい入っているからです。
不純物の少ない液体を沸騰させると、気化する「きっかけ」みたいなのが一気に訪れて突沸しますが、沸騰石を入れておくと、その中の空気が「きっかけ」になってくれて、少しずつ「きっかけ」を出してくれるようなイメージ。表現が間違ってるかもしれませんが。

で、普通の石とどう違うかということですが、「空気」です。
空気が入っていて、更に、その空気がが出ていける状況にあれば、沸騰石になることができます。市販の沸騰石でもいいし、レンガのかけらみ...続きを読む

Q薄層クロマトグラフィーについて。。。

化学実験でTLCによる色素分離分析をしました。
この展開実験の目的と、結局何が行えるのか教えて下さい。また、なぜこの実験で鉛筆を用いて線を引かなければいけないのかも教えて下さいm(_ _)m

Aベストアンサー

rei00 です。補足拝見しました。

 この実験の目的は先にも回答した通りですが,もう少し細かく言うと,『ある状態で純粋に見えていても混合物のこともある』,『その様な混合物でも手段を選べば分離して純粋にする事ができる』,『混合物を分離する方法の一つにTLCがある』等を実際に目で見て生きた知識にする事です。

 これだけでは何ですから,お書きの実験内容に添って少し説明しましょう。

> 食用着色料の食用赤色105,106号、
> それと混合溶液を使用した実験です。

 混合液を見ただけでは,食用赤色105号と106号が混ざっている事は判らないでしょう。でも,TLCで分離して2つのスポットが出れば,混ざっていると判りますね。この時,どちらのスポットがドッチの色素かは,各スポットのf 値をそれぞれ単品の Rf 値と比べる事で判ります。

> 薄層板の下1・5センチに鉛筆で線をひきました。

 上記の様に,どちらのスポットがどっちの色素かを知るには Rf 値を使います。Rf 値を求めるには,溶媒が展開した距離とスポットが展開した距離が必要ですね。ここで,距離は色素をスポットした位置を基準としますので,それが分かる様に印をつけます。何故鉛筆を使うかはお解りですね。

> 滑らかな方を下(切断面ではないほう)にしました
> …(なぜ??)

 何故滑らかな方を下にするかというと,逆にした場合,薄層板の切断が真直ぐでなかった場合(よくあります)に薄層板が傾くことになり,板の右側と左側で溶媒の展開距離に差が生じるため,同じ色素でも右側にスポットするか左側にスポットするかだけで Rf 値が変わってしまいます。これでは Rf 値で色素の同定ができませんね。そのため,滑らかな方を下にしたのでしょう。

> それから、3センチ間隔でスポットして、
> ドライヤーで乾燥させました。

 色素を溶かした溶媒が残っていると,展開の仕方が変わってしまいます。これでは Rf 値による色素の同定ができなくなりますので,溶媒を飛ばして展開溶媒だけでの展開が起こるようにします。

> スポットした色素液の周囲を鉛筆でマークしました。

 色素をスポットした場所が分からないと,色素の Rf 値が求められませんね。その為です。

> 展開層に板を入れ、上部1センチになったところで
> 取り出しました。

 端まで展開してしまうと正確な Rf 値が求められませんので,上部1センチ程残します。

> 展開した一番上の線を鉛筆でマークして、

 乾燥すると溶媒の最前線が分からなくなるのでマークします。マジック等を使うと残っている溶媒に溶けて滲んでしまうので,鉛筆を使ったのでしょう。

> 乾燥してRf値を出しました。

 有機溶媒は体に良くないですから,乾燥させて後の処理を行ないます。濡れていると扱い難いというのもあります。

 いかがでしょうか。なお,トップページで「薄層クロマトグラフィ」等を検索すると,関連する過去質問が見付かります。興味があれば,それらも御覧になって見て下さい。ご参考まで。

rei00 です。補足拝見しました。

 この実験の目的は先にも回答した通りですが,もう少し細かく言うと,『ある状態で純粋に見えていても混合物のこともある』,『その様な混合物でも手段を選べば分離して純粋にする事ができる』,『混合物を分離する方法の一つにTLCがある』等を実際に目で見て生きた知識にする事です。

 これだけでは何ですから,お書きの実験内容に添って少し説明しましょう。

> 食用着色料の食用赤色105,106号、
> それと混合溶液を使用した実験です。

 混合液を見た...続きを読む

Q本試験と空試験

容量分析における、この2つの用語のきちんとした説明ができません。
できる方、おしえていただけませんでしょうか?

Aベストアンサー

 こんにちは 何方からも解答が無いので、浅学を省みず、、、
 容量分析で言う空試験は、2つに大別されます。
 まず、「逆滴定」の場合
 過剰な反応試薬を加えて一定時間置き、次いで反応し残った反応試薬を滴定するものですが、この場合の「空試験」は、試料を加えない、反応試薬のみの分析をいいます。「本試験」は試料を加えた場合です。
 一方、普通の滴定では、試料を加えたものを「本試験」(と言う言い方は、自分には馴染みが無いのですが)と言い、この場合の「空試験」の意義がaitatataさんには解からないのでしょうか。
 試験に用いる試薬に不純物が有り、本試験に対してマイナス又はプラスに作用する場合が、まま有ります。
 この、不純物によるズレを補正するため、「空試験」を行います。 つまり、試料を用いないで、「本試験」と全く同じ操作を行う訳です。
 

Q濃度計算!!

先日緩衛液とpHに関する実験を行いました。

0.1Mの水酸化ナトリウム水溶液を用いて、

リン酸水溶液との滴定曲線を描くというものなのですが、

その滴定曲線から滴定の終点(当量点)を読み取り、

その結果からリン酸水溶液の濃度を計算する、

というものです。

そこで、条件があって、リン酸は

H3PO4←→H(+) + H2PO4(-)
Ka1=7.1 ×10(-3乗)
pKa1=2.1

H2PO4(-)←→H(+) + H2PO4(2-)
Ka2=6.2 ×10(-3乗)
pKa2=7.2

HPO4(2-)←→H(+) + H2PO4(3-)
Ka3=4.8 ×10(-3乗)
pKa3=12.3

の3段階で電離することを考えなければいけないのですが、

本で調べても式の立て方が載ってないんです(泣)

どなたか式の立て方を教えてください!!

Aベストアンサー

#1のお答えのとおり滴定にpKaは要りません。
滴定曲線の傾きが一番急な場所を終点とします。

式は [ ] をその物質(化学種)の濃度として、
Ka1={[H+]*[H2PO3(-)]}/[H3PO3]=7.1*10^(-3)
です。
Ka2、Ka3の階乗部分は間違っています。Ka2は-8乗、Ka3は-13乗です。
pKa=-log(Ka)
ですから
Ka=10^(-pKa)
パソコンの「スタート」→「プログラム」→「アクセサリ」→「電卓」を開き「表示」で「関数電卓」にして、
10 「x^y」 7.2 「=」「1/x」とすると6.31*10^(-8)という値になります。
滴定曲線算出プログラムのサイトを添付します。
慣れないと使い難いですけど、人様の作品だから文句は言えない。水中の計算なのでpK3は寄与していません。そのため当量点は2つしか見えません。
<(_ _)>

参考URL:http://clustera.skr.jp/java-tcurve.html

Q吸光度の単位

吸光度の単位は何でしょうか!?
一般的には単位はつけていないように思われるのですが。。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

物理的には、No.1さんも書かれているように吸光度も透過度も基本的に同じ単位系の物理量どうしの「比」なので「無単位」です。しかし、無名数では他の物理量、特に透過度と区別が付かないので、透過度は"透過率"として「%」を付けて表し、"吸光度"は「Abs(アブス)」を付けて呼ぶのが業界(分析機器工業会?)のならわしです。

Qレポート用紙で名前を書く位置は?

初めてレポート用紙を使うのですが、タイトルは規定のタイトル枠内に書くとして、名前や学籍番号はどこに書くのが普通なのでしょうか。タイトルを書き終わった後、本文欄に名前を書いてから本文を書き始めるのか、タイトル上部の空白部(用紙右上など)に書くのか分からず困っています。
基本中の基本を知らなくてお恥ずかしいのですが、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

学校や科目によって教官方のお考えや方針があるので一概には言えませんが、
基本的に『表紙』を1枚作ったほうがいいと思います。
私が提出する際は以下のようにします。

|-----------------------------------|
|                           |
|                           |
|                    |
|                    |
|     レポートの題名        |
|                    |
|                    |
|                    |
|                    |
|                    |
|                    |
|                    |
|                    |
|                    |
|       学籍番号:123456     |
|       氏 名 :山田 太郎   |
|                    |
|                    |
|    提出期限:平成17年8月11日(木) |
|     提出日:平成17年8月11日(木) |
|                    |
|                    |
|-----------------------------------|

あくまでも例ですので、ご自分で適当に構成してください。
指示が無かったのなら厳しい決まりはないと思いますので、そんなに気を使う必要は無いと思いますよ。
心配なら提出する際に確認して、ダメなら表紙だけ書き直せばいいですし…
がんばってください!!
ついでなので、レポートを書く際に気をつけることなどを書いたページがあったのでお教えします。参考までに。。。
http://www.h7.dion.ne.jp/~okachan/page010.html
ちょっと下にスクロールすると『レポートについて』というのがあります。
では

参考URL:http://www.h7.dion.ne.jp/~okachan/page010.html

学校や科目によって教官方のお考えや方針があるので一概には言えませんが、
基本的に『表紙』を1枚作ったほうがいいと思います。
私が提出する際は以下のようにします。

|-----------------------------------|
|                           |
|                           |
|                    |
|                    |
|     レポートの題名        |
|      ...続きを読む

Q大腸菌の倍加時間について

大腸菌の倍加時間(td)の求め方として

 log(A2/A1) = k(T2-T1) … (*)

A = OD600 , k = growth constant

という式がありました。一次反応と同様とみなして
式を導こうとしたのですが、できません。

(*)の導き方を教えてください。

Aベストアンサー

まず、大腸菌が時間に対して指数関数的に増殖すると仮定します。つまり、

A = a*2^(k*t) (a:比例定数、A:OD600、k:growth const.)

が成り立つとするのです。

(A1, T1) および (A2, T2) をそれぞれ入れて

A1 = a*2^(k*T1) …(1)
A2 = a*2^(k*T2)  …(2)

(2)÷(1)より、

(A2/A1) = 2^k(T2-T1)

両辺の対数をとり、

log(A2/A1) = k(T2-T1)

でどうでしょう。
kは倍加時間に依存した定数ですので、
この式よりkを求めればいいのですね。

Qモルとモル濃度の違い

モルについて教えてください。

モル(M)とモル濃度(g/g/mol)は使い分けるようにといわれました。
モル(M)は量であり、モル濃度(g/g/mol)は単位体積あたりの量
と書いてありました。

「0.1M溶液は水に1/10モルの物質を溶かし、その体積を1Lにした溶液のことである」とのことですが、これを参考にすると
『10μM溶液は水に1/10モルの物質を溶かし、その体積を100μLにした溶液のことである』となるのですか?
また、50μL溶液は何モルの物質を溶かすとその体積は100μLになるのですか?

今、モルの濃度計算で頭が混乱してます。
実際、職場で調整してある溶液は「0.1M溶液は水に1/10モルの物質を溶かし、その体積を1Lにした溶液のことである」という条件で調整されています。

どなたか詳しい方、教えてください。

Aベストアンサー

モル濃度は モル数(mol) / 溶液の体積(L) で表されますので

0.1molの物質に水を加えて1Lにしたときのモル濃度が 0.1mol/Lとなります(条件の部分)

モル(モル数)は 物質の量(g) / 分子量(または原子量)(g/mol) で表されるので

NaCl(分子量 58.5) 5.85gのモル数は 5.85 / 58.5 = 0.1(mol)となります

>『10μM溶液は水に1/10モルの物質を溶かし、その体積を100μLにした溶液のことである』
これを式に当てはめると

10*10^(-6) = 0.1 / 100*10^(-6)
10*10^(-6) = 1000

となり等式が成り立ちませんので体積を1Lとすると
10*10^(-6) = X / 1
となり 10μmolの物質を水に溶かして1Lにしたときに10μM溶液ができます

>50μL溶液は何モルの物質を溶かすとその体積は100μLになる

50*10^(-6) = X / 100*10^(-6)
したがって X = 50*10^(-6) * 100*10^(-6) = 5*10^(-9)(mol)

となるので 5n(ナノ)molの物質を水に溶かして100μLにすれば50μL溶液ができます
n(ナノ)molとかではややこしいので書き換えると(両方を1000倍します) 
50μmolの物質を水に溶かして1Lにすれば50μM溶液ができます

参考URL:http://www.geocities.jp/don_guri131/youekinonoudo.html

モル濃度は モル数(mol) / 溶液の体積(L) で表されますので

0.1molの物質に水を加えて1Lにしたときのモル濃度が 0.1mol/Lとなります(条件の部分)

モル(モル数)は 物質の量(g) / 分子量(または原子量)(g/mol) で表されるので

NaCl(分子量 58.5) 5.85gのモル数は 5.85 / 58.5 = 0.1(mol)となります

>『10μM溶液は水に1/10モルの物質を溶かし、その体積を100μLにした溶液のことである』
これを式に当てはめると

10*10^(-6) = 0.1 / 100*10^(-6)
10*10^(-6) = 1000

となり等式が成り立ちませ...続きを読む


人気Q&Aランキング