『新・基本英文700選;駿台文庫(2002/01) 』の [83] [102] [263] には、「試験の結果」として、
the result of the examination と the results of the examination が載っています。これらはどう違うのでしょうか?
また、「試験の結果」を、特に文脈の無い日本文において英語に直す場合(短文の英作文ということです)、上記2つのうち、どちらがより一般的に使用されているのでしょうか。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

はじめまして。



ご質問1:
<the result of the examination と the results of the examination が載っています。これらはどう違うのでしょうか?>

1.単数result:

「成り行き」「成果」「結末」という意味では、単数扱いになります。

「試験の結果は合格だった」などでは、「結末」「成果」という意味ですから、単数扱いになります。

2.複数results:

「成績」という意味では、複数扱いになります。

「試験は好成績だった」などは、good resultsと複数形で使われます。

3.使い分け:

The results of the research are being examined.
「その調査結果は、現在審議中だ」
*調査した結果出た、複数の結果報告をさします。

The result of the research turned to be fact.
「その調査結果は、事実と判明した」
*調査による「結末」としての結果なので、単数になります。


ご質問2:
<また、「試験の結果」を、特に文脈の無い日本文において英語に直す場合(短文の英作文ということです)、上記2つのうち、どちらがより一般的に使用されているのでしょうか。>

やはり文脈によります。どちらでも文法的に間違いありませんが、resultと単数が無難だと思われます。

以上ご参考までに。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

はじめまして。大変行き届いたご回答ありがとうございました。「成績」の場合は複数なのですね。
またよろしくお願いいたします。

お礼日時:2007/07/30 22:39

「results」と複数形になった「実際の使用例」(多すぎるので途中出来られる恐れ有り)(ホンの一部です)



accept the election results /// 選挙結果を受け入れる
accidental results /// 偶発的結果
accomplish good results in /// ~で良い成績を収める、~で立派な業績を上げる
according to results compiled by /// ~のまとめ(た結果)によると
according to the results of autopsy /// 病理解剖の結果
accountability for results /// ^結果[成果]に関する説明責任
achieve admirable results /// 立派な成果を収める
achieve decisive results /// 決定的な成果を収める
achieve excellent results under unfavorable conditions /// 悪条件の下で優れた成果を挙げる
achieve good results /// 立派な業績を上げる
achieve real, concrete results /// 真の具体的な成果を達成する
achieve results /// 結果を出す、実をあげる
achieve satisfactory results /// 実績を上げる
achieve some positive results /// 一定の成果が得られる
achieve substantial results /// 充実した成果を収める
achieve world-class results in /// ~で世界に誇る成果を挙げる
actual results of stock transactions /// 株式取引実績
adequate results /// 十分な成果
amazed at, be /// ~にびっくりする、~にあっけに取られる、~に感心する、~に舌を巻く、~に目を見張る、~にあきれる / 【用例】 We were quite amazed at the results. / I was amazed at the kindness of Americans. / I was amazed at how candid and forthright she was. / I am amazed at how much he still looks like his baby pictures.
analyze exam results of __ students /// 学生_人分の試験結果を分析する
analyze examination results of __ students /// 学生_人分の試験結果を分析する
announce one's interim results /// 中間結果を発表する
announce test results /// 合格発表を行う
announce the results of the study /// 研究結果を発表する
announcement of the results /// 結果の発表
announcements of test results /// 合格発表
annual results /// 年間成績
anxious about, be /// ~が不安になる、~が心配である / 【用例】 I'm a little anxious about it. : それがちょっぴり心配なんです。 / I'm anxious about the results of the examination. : 試験の結果が心配だ。 / I'm anxious about my connecting flight. : 《旅行/飛行機/乗継》乗り継ぎが間に合うかどうか心配なんですが。
apply the results of a study which found /// (~という)研究成果を応用する
assessment of the results of /// ~の結果による評価
assume a responsibility /// 責任を負う / 【用例】 You assume full responsibility for selection of the Software to achieve your intended results, and for the installation and use of the Software. : 《使用許諾契約書》目的の結果を達成するための本ソフトウェアの選択、および本ソフトウェアのインストール、使用に関する責務はすべてユーザが負うものとします。
attain good results /// 良い結果を得る
attain some positive results in one's own way /// それなりの成果を挙げる
autopsy results on /// (人)の検死解剖結果
ballot results /// 投票結果
barren of results /// 成果の上がらない
based on the census results /// センサス結果に基づいて
based on the results of /// ~の結果をふまえて
based upon the census results /// センサス結果に基づいて
based upon the results of /// ~の結果をふまえて
become dubious about the credibility of the survey results /// 調査結果の信憑性を疑わしいと思い始めている
breathe a sigh of relief at the favorable results of /// ~の好ましい結果にホッと安堵の息をつく
bring about /// 引き起こす、もたらす、誘発する、~の誘因となる、惹起する、招来する、成し遂げる、醸成する、(船の)向きを変える / 【用例】 The plan brought about reverse results. : 計画は裏目に出てしまった。 / The car has brought about a great change in our lives. : 車はわれわれの生活に大きな変化をもたらした。
bring about appreciable results /// かなりの成果をもたらす
bring about the desired results /// ^望ましい[希望どおりの]結果をもたらす
bring results /// 成果を挙げる、結果をもたらす
bring the expected results /// 期待される結果をもたらす
business results /// 営業成績、営業実績、業績
business results for last year /// 昨年度の営業実績
report quarterly results /// 四半期ごとの業績を報告する
report the results of __th-day competition at the Olympic Games /// オリンピック第_日の結果を^報じる[報告する]
result /// [rizテ@lt]【@】リザルト、【変化】《動》results | resulting | resulted、【大学入試】 \ 【名】(計算)結果、結末、成り行き、効果、成績、成果、業績 \ 【自動】(結果的に)生じる、起こる、帰着する、~の結果となる / 【用例・名】 A non-violent policy produces results. : 非暴力の政策が成果を生む。 / The results are there for all to see. : その結果は誰もが認めるところだ。、実績 / 【用例・自動】 Sales are certain to result. : 販売は確実に成果につながる。
results from operating /// 営業活動成果
results from the autopsy /// 死体解剖の結果 / 【用例】 Wait until the results from the autopsy have been released. : 死体解剖の結果が出るまで待って下さい。
results in higher overall system performance /// 結果的にシステム全体の実行速度が改善される
results of a public opinion survey pertaining to /// ~に関する世論調査結果
results of a test /// 検査の結果
results of an autopsy /// 解剖の結果
results of an election /// 選挙の結果
results of an event /// 事件の結末
results of an exam /// 試験の成績
results of an examination /// 試験の成績
results of business /// 営業実績
results of local elections force established political parties to acknowledge that, The /// 地方選挙の結果は(that以下)ということをいやが上にも各政党に認識させる結果となる
results of one's exam /// 試験の成績
results of one's examination /// 試験の成績
results of operations /// 営業成績
results of ordinary operations /// 経常損益
results of recent research in physics /// 物理学における近年の研究成果
results of someone's work /// (人)の研究成果
results of the revised sales strategy /// 新しい販売戦略の成果
results of the tax examination /// 税務調査の結果
results of the voting /// 開票の結果
results of urban pollution /// 都市汚染の結末
results reported on __th /// _日にまとまった結果(報告)
results speak for, The /// 結果は~を見てのとおりだ
results wage /// 奨励金
results-oriented negotiation /// 結果重視の協議
reveal the results of someone's study /// ~の調査結果を明らかにする
rewarded with good results, be /// 立派な成果を挙げる
round up the results /// (調査などの)結果をまとめる
sales results /// 販売成績
salient results /// 際立った結果
sample results /// 標本結果
satisfactory result /// 満足のいく結果 / 【用例】 Satisfactory results will be achieved only when used on the recommended papers. : 《マニュアル》満足度の高い結果が得られるのは、当社推奨の用紙を使用したときだけです。
satisfied with the result, be /// その^結果[成果]に満足している / 【用例】 We are not satisfied with the results of tests.
search results /// 《コ》検索結果
see positive results again soon /// 間もなくまたよい結果を見る
see substantive results from /// ~からの実質的な結果を目にする
seek quick results /// 目先の効果を求める
segment results /// セグメント別業績
show a marked increase /// 際立った増加を示す / 【用例】 The first quarter results of the company showed a marked increase in the market's profitability.
show appreciable results /// かなりの成果をもたらす
show good results /// 実績を上げる
show remarkable results /// 注目すべき結果を示す
show results /// 成果を収める
situations that can have a number of different results /// 多様な結果が予想される状況
skid of below-__-% results /// 連続_%割れ
statement of operating results /// 営業成績計算書、損益計算書
statistical results /// 統計で示した成績
striking results /// 顕著な結果
study results /// 研究成果
summarize the results of one's communications to date /// これまでの相互のやりとりの結果を要約する
summarize the results of the summit meeting /// 首脳会談の結果の概要を発表する
survey results /// 調査結果
symptoms that suggest one's bronchitis results from a bacterial infection /// 細菌感染によって気管支炎が生じたことを示すような症状
table of results /// 成績表
take stock of the results /// 結果を振り返る
test results /// ^試験[検査]の成績、試験結果
tip-top results /// 最高の結果
track screening test results over several years /// スクリーニング検査の結果を数年以上に渡って追跡する
transfer research results to private businesses /// 研究結果を民間企業へ渡す
treatment results /// 治療成績
turn out /// 【句自動-1】結局~であることが分かる、~という状態で終わる、結局~になる、結果的に~になる、~の結果になる、(~ということに)なる、~ということが分かる、結局~することが分かる、~と判明する \ 【句自動-2】《turn out + 副詞》~になる、~に進展する、~に成り行く \ 【句自動-3】装う、身じたくをする、盛装する \ 【句自動-4】(足の指が)外側に向く、外側に曲がる、外へ曲がる \ 【句自動-5】(ベッド・寝床から)起き出す、起床する、起きる、起き上がる、床を離れる \ 【句自動-6】(会合・催し物に)集まる、集まってくる、出席する、顔を出す、足を運ぶ、繰り出す \ 【句自動-7】《軍事》集合する、出動する \ 【句自動-8】売春婦を街に出す、男と次々に交渉を持つ、輪姦する、まわす \ 【句自動-9】人を悪の道に引き込む \ 【句自動-10】ストライキを始める \ 【句他動-1】(栓・つまみをひねって)(ガス・火・照明・電灯を)消す \ 【句他動-2】(中身を)空にする、外に出す、あける、空っぽにする、(空にして)掃除する、徹底的に掃除する、きれいにする \ 【句他動-3】(中の物を出すため)(ポケットを)裏返しにする、ひっくり返す、暴露する \ 【句他動-4】(不要な物を)捨てる、処分する \ 【句他動-5】~を外へ追い出す、追い払う、立ち去らせる、立ち退かせる \ 【句他動-6】~を解雇する、~を首にする \ 【句他動-7】(足の指を)外側に曲げる、外側に向ける、外へ向ける、外側に向かせる \ 【句他動-8】出かける \ 【句他動-9】よい服装をさせる、盛装させる \ 【句他動-10】(ベッド・寝床から)人を起こす、起き出させる \ 【句他動-11】~を作り出す、生産する、製作する、製造する◆【同】process ; make \ 【句他動-12】(学校・養成所が)(芸術家・選手を)養成する、輩出する \ 【句他動-13】集める、集合させる、狩り出す、任務につかせる、召集する、整列させる / 【用例・句自動-1】 As it turned out, this was their last meeting. / Forget it. It turned out okay. : もうそのことは考えるな。無事終わったんだから。 / Poor preparation should turn out only poor results. : 準備不足では良い結果が得られない。 / Her kind intentions turned out harmful after all. : 彼女の親切がかえってあだになった。 / 【用例・句自動-2】 My kids have turned out well. : 子供は立派に育ってくれた。 / It turned out in a way beyond anyone's imagination. : とんでもない結果になった。 / I'm truly sorry that it turned out this way. : 《レター》こんなことになってしまい本当に申し訳ありません。 / Everything turned out all right. : 万事うまくいった。
unofficial results /// 非公式の結果
unsatisfactory results /// 不満足な結果
unspectacular results /// 地味な結果
untoward results /// 副作用
unveil the results of a questionnaire targeting /// ~を対象に実施したアンケートの結果を明らかにする
upswing on business results /// 業績の上昇
use an objective evaluation that looks at results /// 成果を客観的な指標を用いて評価する
use the results of /// ~の結果を用いる
validate the results of the election /// 選挙結果を認める
value the results of the meeting very highly /// 会議の成果を大変高く評価する
voting results /// 投票の結果
wait for one's results /// (試験などの)結果の発表を待つ
wait for the results of /// ~の結果を待つ
wait for the results of an SEC probe /// 証券取引委員会の捜査報告を待つ
wait for the results of the police investigation to determine a causal link between A and B /// AとBの因果関係を確認するのに警察の調べを待つ
whatever results follow /// どんな結果になろうとも
win good results /// 好結果を勝ち取る
with bated breath /// 固唾を飲んで、ハラハラしながら、気がかりで、息をひそめて、息を詰める思いで、息を殺して / 【用例】 We'll wait with bated breaths to see what the results of the clinical tests are. : 臨床実験の結果を我々は固唾を飲んで待つことになる。
with fatal results /// ^致命的な[悲惨な]結果で
with fruitless results /// 実りのない結果で
with mixed results /// まちまちな結果が出て
without considering the results /// ^結果[成り行き]を考えずに
yield /// [ji@d]【@】イールド、【変化】《動》yields | yielding | yielded、【大学入試】 \ 【名】産出(高)、収穫(高)、出来高、利益、収益、報酬、(運用)利回り{(うんよう)りまわり}、出産(高)、効力、収率、歩留り◆【略】yld \ 【自動-1】作物ができる、報酬をもたらす \ 【自動-2】曲がる、屈服する、降伏する、従う、譲る、譲歩する、病気が治る、劣る \ 【他動-1】もたらす、引き起こす、産する、産出する、出産する、生じる、(利益・利子などを)生む \ 【他動-2】降伏する、支払う、譲渡する、放棄する、与える、《野球》(点を)許す / 【用例・名】 He timed the peak, and he sold at the maximum yield. / The chemists were working on a new formula for a special fertilizer to be used on high-yield crops. / 【用例・自動-2】 I might yield a bit on price. : 価格に関して少し譲歩してもかまいません。 / In yielding is strength. : 《諺》柳の枝に雪折れなし。 / Yield to the powerful. : 《諺》力あるものには降伏せよ。長いものには巻かれろ。 / It may seem harsh to you, but I will not yield on this. / 【用例・他動-1】 Oh, I'm certain it'll yield results. / Sensor analysis has yielded no trace of commander data. / The effort yields its own rewards. / The opposition won't yield the floor. / 【用例・他動-2】 I can't yield an inch. : もう一歩も後へ引けない / That yields astonishing room for people like me.
yield appreciable results /// かなりの成果をもたらす
yield positive results /// ^具体的な[はっきりした]成果をもたらす
yield profitable results /// 有益な結果を生む
yield results /// 成果を挙げる、実を結ぶ
yield significant results /// 重要な成果を生み出す
yield spectacular results /// 目覚しい結果をもたらす
yield tangible results /// 目に見える結果を生む
yield the most valuable results /// 最も貴重な結果を生む
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。圧倒的な量の文例ですね(笑)。これだけ沢山の「複数形」の使用例を見ると、“results”についても少し分かったような気がしてきます。

>summarize the results of the summit meeting /// 首脳会談の結果の概要を発表する
なんか格好良いですね。

遅ればせながら辞書を引いてみました。私の知識は、
単語として・・・ result = 結果
熟語として・・・ “as a result” “result in” “result from”
だけでした。勉強になりました。この単語自体が自分にとってとても身近になったように感じられます。こういう風に感じられたのは生まれて初めてのような気がします(大げさですが)。皆様ありがとうございました。またよろしくお願いします。

お礼日時:2007/07/31 17:55

こんにちは。



一般論で言えば…

試験の結果が
 「一つの点数」
 「一つの合格不合格」
の場合は、result で良いと思います。

試験の結果として、
 大変勉強になったなどの成果が上がった、
 合格して自分の運命が様々に変わった、
 試験が複数あり複数の点数が出た、
 模擬試験でいくつかの大学に対する合格率が示された、
 自分の得意不得意が分析されて一覧表になっていた、
など複数の結果や成果がある場合には、results です。

なお、辞書には、複数形になるものは「成果」「好結果」とあります。
また、試験や競技などでの「成績」も**通例**複数形とされています。


> また、「試験の結果」を、特に文脈の無い日本文において英語に直す場合(短文の英作文ということです)、上記2つのうち、どちらがより一般的に使用されているのでしょうか。

どちらでも大丈夫だと思います。
この場合、迷ったら単数にするのが無難と思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。1つの試験において複数の結果が出る場合があるのですね(科目別の得点など)。よくわかりました。得点などが出ると、それは「科目別結果」というよりも「科目別成績」という日本語になるということですね。例えば、入学試験において、合否結果は“result”で、得点開示は“results”という使い分けになるのでしょうか。ありがとうございました。またよろしくお願いいたします。

お礼日時:2007/07/31 17:36

どちらが一般的というよりも、その結果が複数でるものであれば、複数と考えて大丈夫です。


その文が試験結果(調査や検査のための試験)なのか学校の試験なのかわかりませんが、複数の試験結果が出る(あるいは求められる)ケースはどちらにもありますよね。

例えば環境調査の試験で、水質、空気、なにかの濃度、など複数結果がでる場合。
あるいは資格試験で、複数の科目でどれも基準をクリアすることを求められる場合は、結果も複数出ます。
どちらも一般的です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。「複数個」あるものは「複数形」ということですね。だいぶ分かってきました。またよろしくお願いします。

お礼日時:2007/07/31 17:34

>これらはどう違うのでしょうか?


単純に、片方は結果の要素が複数あるとうことです。
これだけからはうかがい知れません。文脈によって
複数にすべき必然性があるはずです。

>どちらがより一般的に使用されているのでしょうか。
「試験の結果」というとき普通は合格か不合格かという
ことですから、通常は単数でしょう。しかし、上でも
言ったように複数にすべき理由が文脈からあれば複数に
するというオプションがあるわけです。

この回答への補足

ありがとうございます。
>普通は合格か不合格かということですから、通常は単数でしょう。
単数形の場合は分かりました。「結果が1つ」ということですよね。これはよく分かります。
では、例えばどういう時に複数形になるのでしょうか。

補足日時:2007/07/30 18:42
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。またよろしくお願いします。

お礼日時:2007/07/30 22:29

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q英語版ウィキペディアが翻訳できません

以前は英語版のウィキペディアも、翻訳サイトを使って読むことができたのですが
去年の末頃から、翻訳サイトで翻訳しようとすると
「インターネットサイト~を開けません。操作は中断されました」と表示されてしまいます。
そして「ページを表示できません」の画面に移行してしまいます。
ニフティ翻訳でもグーグル翻訳でもヤフー翻訳でも同様です。
でも、以前は問題なく翻訳できたんです。一体何がいけないんでしょうか?
みなさんはどうですか?また、英語版ウィキペディアを翻訳して読むためには
どうすれば良いのでしょうか?どうかご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

英語版ウィキペディア("ttp://en.wikipedia.org/")側が、"JavaScript"で翻訳出来ないようにしています。

Internet Explorerをご使用なら、[ツール]⇒[インターネットオプション]⇒[セキュリティ]タブの『インターネット』を選択し、下の[レベルのカスタマイズ]をクリックします。『セキュリティの設定』ダイアログが開きますから、

□スクリプト
 ・・・・
 □アクティブ スクリプト
  ○ダイアログを表示する
  ○無効にする
  ○有効にする
 ・・・・

が『○有効にする』になっていると思いますので、『○ダイアログを表示する』か『○無効にする』にチェックを入れて[OK]をクリック⇒『このゾーンに設定されているセキュリティのレベルを変更しますか?』に対し[はい(Y)]をクリック。
(『○ダイアログを表示する』にチェックを入れた場合には、翻訳しようとすると、何回も『スクリプトは通常、安全です。スクリプトを実行できるようにしますか?』というメッセージが表示されますが、その都度[いいえ(N)]を選択してください。)

『Excite翻訳による英語版ウィキぺディアのトップページ』(上記の設定後なら、翻訳できるはずです。)
http://www.excite-webtl.jp/world/english/web/?wb_url=http://en.wikipedia.org/wiki/Main_Page&wb_lp=ENJA

『Google翻訳による英語版ウィキペディアのトップページ』(同上)
http://translate.google.co.jp/translate?u=http%3A%2F%2Fen.wikipedia.org%2Fwiki%2FMain_Page&hl=ja&ie=UTF-8&sl=en&tl=ja

参考URL:http://www.excite-webtl.jp/world/english/web/?wb_url=http://en.wikipedia.org/wiki/Main_Page&wb_lp=ENJA

英語版ウィキペディア("ttp://en.wikipedia.org/")側が、"JavaScript"で翻訳出来ないようにしています。

Internet Explorerをご使用なら、[ツール]⇒[インターネットオプション]⇒[セキュリティ]タブの『インターネット』を選択し、下の[レベルのカスタマイズ]をクリックします。『セキュリティの設定』ダイアログが開きますから、

□スクリプト
 ・・・・
 □アクティブ スクリプト
  ○ダイアログを表示する
  ○無効にする
  ○有効にする
 ・・・・

が『○有効にする』になっていると思いま...続きを読む

Q基本英文700選45

It is hard to find a place to eat where you can keep overcoat on
これって不定詞の形容詞的用法to eatと関係副詞のwhere you can keep overcoat on
の二つが後ろからplaceにかかっているということですよね?

Aベストアンサー

そうです。
前置詞を用いた形容詞句と関係代名詞の場合もあります。

Q英語論文の翻訳をしようとしているのですが私はあまり英語ができないので電

英語論文の翻訳をしようとしているのですが私はあまり英語ができないので電子辞書で翻訳をしようと思っているのですが、電子辞書だけでは不安です。どなたか翻訳するのにいい文法書 教科書 をご存知の方がいたら教えてください

Aベストアンサー

>あまり英語ができないので電子辞書で翻訳をしようと

翻訳者は辞書を使わないわけではないです。むしろ何種類も使うんだと思いますよ。

私は英語学習者なのでプロのことは分かりませんが、
辞書的なデータベースで便利なのは英辞郎です。
これは無料版ですが有料版もあります。機能が多いのかな?「データ提供」からダウンロードできるらしい。
http://www.alc.co.jp/index.html

文法書や教科書はご自分のレベル次第だと思いますが、調べたり参照するには旺文社の『ロイヤル英文法』なんかどうでしょうか。

Q新・基本英文700選について

現在、新・基本英文700選を使用しています(2周目)が、難解な表現や見かけない表現があります。ですが、新・基本英文700選はたいへんすばらしい若しくは悪いなどと言われていますが、どこが良いまたは悪いのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは

大半の人にとって、何の脈絡もない英文の羅列を見るのは苦痛ですからね。
最後まで退屈せず読めるのであれば、すばらしい参考書だと思いますよ。

Q英語本文を翻訳する機材、又はソフトなどありますか?ご存知の方、教えてください。

英語本文を翻訳する機材、又はソフトなどありますか?自分で入力した英語の本文を日本語に翻訳させたいんですけど・・・ご存知の方、お願いします。

Aベストアンサー

Web上でできる簡単なものでよければ、以下のようなものがあります。
私自身、英語文章を書く際、ちょっとした確認をするのによく使っています。

◆Yahoo!翻訳(下部の翻訳結果欄で単語ごとの訳語を確認でき、辞書にもリンクしてあって便利です。)
http://honyaku.yahoo.co.jp/

◆Google 翻訳(対応言語がすごく多いです)
http://www.google.co.jp/translate_t?hl=ja

◆excite 翻訳
http://www.excite.co.jp/world/

Q新・基本英文700選について

受験生です。
700選を一日10文新しく覚えて毎日復習しようと思っています。
(大変なので100ぐらいに区切りますよ)

ですが、脳科学の池谷裕二の「高校生の勉強法」によると、復習は4回で良いらしく一回目は学習した日の翌日、二回目は一回目の一週間後、三回目は二回目の二週間後、四回目は一ヶ月後だそうです。

確かに毎日やるよりは忘れかけの時にやった方が良いとよく思いますが、さすがに不安です。大丈夫でしょうか。

他の科目は池谷の方法をとるつもりです。

Aベストアンサー

高校生です。
私は700文全部覚えました。
経験から1日10文がまさに丁度いいペースだと思います。

断言できますが、700選は味がなくならないガムみたいな参考書です。

ちなみに700選をはじめるまで、苦手意識MAXでしたが、700選を500文覚えた時に駿台模試の英作文で満点をとれました。

尚、暗記の仕方は人それぞれですが、
>>復習は4回で良いらしく一回目は学習した日の翌日、二回目は一回目の一週間後、三回目は二回目の二週間後、四回目は一ヶ月後だそうです。

自分は「鉄は熱いうちに打て」が一番だと思って射ます。
よく忘却曲線が受験勉強では引き合いに出されますが、そもそも暗記と言うのはそれにどれくらい興味があるのかとか、どんな状態で覚えたのかとか、脳化学の分野から一概に言える者ではないと思います。
ましてや4回で700選を覚えるなど、凡人では不可能に思います。

因みに、自分の覚えてからの復習回数は、平均して20回以上です。

そもそもあなたにしか、大丈夫なのかはわからないと思いますが、自分の予想としては、「大丈夫ではない」です。
単に和文を見て暗唱できるのではなく、何かの拍子にすぐスラスラでてくるまでするのがいいと思います。

高校生です。
私は700文全部覚えました。
経験から1日10文がまさに丁度いいペースだと思います。

断言できますが、700選は味がなくならないガムみたいな参考書です。

ちなみに700選をはじめるまで、苦手意識MAXでしたが、700選を500文覚えた時に駿台模試の英作文で満点をとれました。

尚、暗記の仕方は人それぞれですが、
>>復習は4回で良いらしく一回目は学習した日の翌日、二回目は一回目の一週間後、三回目は二回目の二週間後、四回目は一ヶ月後だそうです。

自分は「鉄は熱いうちに打て」...続きを読む

Q翻訳の仕事にはどの位の英語力が必要ですか

翻訳の仕事にはどの位の英語力が必要ですか
翻訳を仕事にするには、どのくらいの英語力が必要でしょうか。
例えば、TOEIC等では何点くらいの学力が必要でしょうか。

Aベストアンサー

翻訳に要する英語力と言っても、一言では答えが出ません。
所謂産業英語/科学英語/実用英語等と言っても人によって守備範囲が異なるでしょう。一般的な英語力は高ければ高いほど好いに決まっています。TOEICなんて存在しない時代から色々な分野の翻訳者が一定の会社に所属せずに技術書などを日本語に、またその逆を仕事としてやっていました。ですから、TOEICなどはあまり考慮しなくても、実力を高めればよいだけです。英語力も欠かせませんが、専門分野を持たないといけません。細かく言えば、機械の中でも色々分類されますね。
電気、電気、電子、など知識を持っていないと使い物になりません。

私は現役時代、社内で英訳/和訳をやっておりました。家庭電気器具のメーカーで外国の企業の下請け/OEMをやっている会社でした。米国の主力メーカーから資料を貰い、その文書を日本語に訳したり、こちらからの開発提案を英語にして 
先方へ情報を流すような事をやっていました。先ず困ったことは、技術表現(日本語/英語両方で)、部品名(日本語/英語共に)、などを改めて現物で身に付けることでした。

私はTOEICは全く受験したことはありませんでした。必要を感じなかったので、、。英検は一回だけ定年の一寸前に、英語力を確認するために2級ならほぼ間違いなく取れるなと判断し受験しました。2級合格と言ってもピンからキリまであるので、なんとも言えませんが、85%ぐらいだったと記憶しています。100%取れれば大意張りできるでしょうね。2級と言うと軽く考える人が殆どでしょうが100%正解はかなり困難でしょう。社内の仕事なら、自分の解釈を相談できる人も身近にいるので英検準1級もあれば充分でしょう。無論、会社で扱っている製品の知識は技術者に準じるくらいあればOKです。

とわ言っても、翻訳業として開業して翻訳会社などから依頼を受けて本業とするには、其れこそ大いなる努力やツテも必要でしょう。生半可な考えでは、開業までは行き着かないでしょう。翻訳会社の募集に応募することと、翻訳学校の通信講座を受けて力を高めることも必要です。
                               

翻訳に要する英語力と言っても、一言では答えが出ません。
所謂産業英語/科学英語/実用英語等と言っても人によって守備範囲が異なるでしょう。一般的な英語力は高ければ高いほど好いに決まっています。TOEICなんて存在しない時代から色々な分野の翻訳者が一定の会社に所属せずに技術書などを日本語に、またその逆を仕事としてやっていました。ですから、TOEICなどはあまり考慮しなくても、実力を高めればよいだけです。英語力も欠かせませんが、専門分野を持たないといけません。細かく言えば、機械の中でも色々分...続きを読む

Q基本英文700選。

医学部再受験生です。
一度目の受験で相当やり込みました。
今でも700選を開けば内容を暗記と迄は行かないものの相当頭に残ってます。
此れを使わ無い手は無いとは思うのですが、どの医学部受験本でも相当叩かれてます。
どうしましょ?

Aベストアンサー

こんにちは。

『基本英文700選』(駿台文庫)
東大受験向けということで、ずいぶんもてはやされた時期もあったようで、その頃は、あまり700選を叩く人が少なかったのですが、だいぶ変わりましたね。私は、受験の神様といわれる和田秀樹さんも推薦するので、新と旧を手に入れて、その変遷を比較しながら調べてみました。

この本の驚くことは、初版は、1968年ともう50年間近く、多少は単語などは直したものの、ずっと同じ内容を続けているということです。ところが、他の方の調査だと、元の引用された文章は、1952年にもあったというのだから、いったい、どのように使い続けているのだろうか、不思議に感じます。少なくとも、私には、内容的にも語彙的にも、奇妙な英文で、いつの時代であっても、通じないだろうなって思うものが数多く目立ちます。特に、句動詞が的確ではないように思われます。基本動詞の使い方すら変な所もあります。おそらく、著者は、ちゃんとした英語は出来ない人だろうということは想像つきます。

別にその例文を覚えたから、ダメだったとは言わないまでも、あの文章を暗記できる労力があるのなら、もう少し別な覚え方もあるだろうに、と思うのです。東大生に好まれた理由は、英作文が減点方式による採点だと、こういう書き方でもよいのかもしれません。でも、もうこの書籍は、辞めたほうがよいですね。

こんにちは。

『基本英文700選』(駿台文庫)
東大受験向けということで、ずいぶんもてはやされた時期もあったようで、その頃は、あまり700選を叩く人が少なかったのですが、だいぶ変わりましたね。私は、受験の神様といわれる和田秀樹さんも推薦するので、新と旧を手に入れて、その変遷を比較しながら調べてみました。

この本の驚くことは、初版は、1968年ともう50年間近く、多少は単語などは直したものの、ずっと同じ内容を続けているということです。ところが、他の方の調査だと、元の引用された文章は、1952年...続きを読む

Q英語と翻訳について

私はこれまで、英文科を卒業したのですが、自分の語学力のなさ(留学経験は予算の都合によりありません)に悩んできました。
TOEICを受けたのですが、やはり外国渡航経験が少ないためか、リスニング(英語の聞き取り)がダメで英作文もそれほどうまくありません。英会話の経験が少なすぎます。
以前、英語の仕事を少ししたことがありますが、自分の甘さを痛感しました。国際部や輸出入の受発注の業務に就いたのですが、周囲は、2,3年の留学経験がある人が多かったのですが、私も英文作成などをしてみましたが、ビジネスレターでの英文作成は難しかったです。
取引先の外国人には、あなたの英文は単純明快でわかりやすいと褒めら
れたのですが、上司は非常に日本人式の英語を採点するので、何が正しい英語なのか、その事業所自体も、判断が明確ではありませんでした。
上司もさほど英語ができるわけではなく、結局、バイリンガル、ハーフなどの専属の通訳や翻訳家などを外注で雇用しており、普通の語学力ではまったく太刀打ちできないことを痛感しました。
特に難しかったのは英語での電話対応で、フィリピン人や、中国人の人のほうが有利ということがわかりました。
そこで、私は仕方なく、簡単な英文入力、レター作成の仕事をしてきました。ただ英文を打つだけだったりするのですが、簡単な語学力で仕事になりました。
しかし私は英語を仕事にするのではなく、英語を使って何をするかということを考えていました。輸出入の貿易関係の通関の仕事の資格をとろうかと考えたこともありましたが、内容が実務的ではありますが、貿易関係の仕事に就くこと自体が、難しく、仕事内容は海外からの貨物や荷物の受け渡しなど、船舶関係の男の仕事だということがわかり断念しました。となると、英語の翻訳の仕事に私は目をつけました。
なぜなら、ハーフや在日の人は、英会話や英作文能力があっても、「日本語の文章力がない」ということに気がついたからです。
ということで、元からリーディングが得意だった私は、緻密な日本語力が要求される翻訳、技術翻訳などの仕事をしたいと思うようになりました。翻訳家の村上春樹さんが、実は英語が喋れないけど翻訳家という事実を知り、翻訳家は英会話ができなくても、机にかじりついて勉強すればできるのか。と思ったのですが。
知人で留学した人をみかけましたが、大抵は、その成果としては、簡単な電話の取次ぎ程度しかできず、英会話ができる程度でした。
やはり海外の大学へ留学した人は、それなりに高度な英語力があるのですが、わたしには海外へ渡航するだけの時間とお金の余裕はありませんでした。通信で英語の翻訳を勉強しはじめたのですが、内容が難しく、やはり挫折してしまいそうです。
やはり翻訳家になるにも、海外への渡航経験がないとダメなのでしょうか。どうすれば、翻訳家で仕事がとれるようになるのでしょう。(バイト等でもかまいません)
翻訳家は飽和状態なのでしょうか。仮に努力して翻訳家になれたとしても、技術翻訳なども知識が要るため、やはり英語力+専門知識がないと、独立はほとんど難しいのでしょうか。
医療翻訳、技術翻訳、IT系、金融などの知識も私は乏しく、英語力に付加価値をつけていくのも難しそうです。簡単な経理の仕事をした程度で、貿易関係の仕事は英会話力が要求されるので自分には向いていないと思いました。
単純に外資系のセクレタリーになりたいとかそういう考えはありません。自分にはそういうのは向いていないと思うのですが。
翻訳力を本格的にブラッシュアップさせるには、やはり高額な費用を払い、翻訳学校へ通うしかないのでしょうか。
翻訳の仕事は薄給と聞いたのですが、そうなのでしょうか。
日本語力には、さすがに私は日本語に関しては実はネイティブ(って当たり前)なので、自分の日本語力を高めるために漢字の練習などしています。中途半端な英語を生かす方法がわかりません。
私に出来るのはせいぜい、英語のタイピングと、雑誌などをよんで概要をざっと理解する程度の語学力です。
英語はあきらめたほうが無難なのでしょうか。
悩んでいます。
プロの方のご意見があればと思うのですが、皆さん、どうやって自分の語学力を向上、かつ仕事に役立てることが出来ましたか?

私はこれまで、英文科を卒業したのですが、自分の語学力のなさ(留学経験は予算の都合によりありません)に悩んできました。
TOEICを受けたのですが、やはり外国渡航経験が少ないためか、リスニング(英語の聞き取り)がダメで英作文もそれほどうまくありません。英会話の経験が少なすぎます。
以前、英語の仕事を少ししたことがありますが、自分の甘さを痛感しました。国際部や輸出入の受発注の業務に就いたのですが、周囲は、2,3年の留学経験がある人が多かったのですが、私も英文作成などをしてみま...続きを読む

Aベストアンサー

技術翻訳の仕事をしている者です。(英和・和英)

単純にTOEICのスコアを上げることに意味はないとお考えのようですが、プロとして翻訳の仕事をするのであれば、TOEICで最低850点、できれば900点以上がとれるくらいの基礎力は必須です。
もちろんTOEICのスコアが高ければ翻訳ができるというものではありませんが、スポーツの基礎体力と一緒で、しっかりとした基礎力がないと応用も利きません。

>翻訳だって日本語がある程度できれば、できるかも。
というのも、原文(英語)を正確に理解できるだけの十分な英語基礎力があった上での話です。
TOEIC500~600では、ちょっと難解な文法や言い回しが多用された文章を正確に理解することは難しいと思います。
原文が正しく理解できていないのに、日本語力でカバーしようとするのは「創作」になりかねません。それではプロとしての仕事は成り立ちません。

よって、質問者様の場合、英語の基礎力を上げることが第一だと思います。

ちなみに私も旅行程度の短期留学しか経験がありませんが、独学で965点を取りました。翻訳者に必要な英語力は国内でも十分得られます。


ただ、ご指摘の通り、TOEICで高得点がとれるから良い翻訳ができるというわけでもありません。原文の意図をしっかりと読み取れる語学力、正確にわかりやすく表現できる文章力、技術文書のスタイルに慣れていることなど、様々な要素が必要です。

これらは日英の技術文書を多読したり、日英対訳を使って自分の訳と比べてみたり、テクニカルライティングの勉強をするなど、努力次第である程度のレベルまでは学習できます。

ですが、やはり一番身につくのは実務です。また、翻訳者としてやっていくには「経験」がものを言います。フリーランスでやっていくにしろ、どこかに勤めるにしろ、経験がないと門前払いというケースが多いです。じゃあどこで経験を積むんだよ!というのが翻訳者志望の人のジレンマだったりします。

その点については、質問者様は英文レターの作成などに携わったことがあるとのことですので、それらの経験とアップさせたTOEICのスコアをアピールすれば、どこかで翻訳に関わる仕事にもぐりこめるかもしれません。
そして、その経験をアピールして、さらに翻訳的な翻訳の仕事へ・・・というステップアップも可能かと思います。


ただ、以下の点が気になりました。
>通信で英語の翻訳を勉強しはじめたのですが、内容が難しく、やはり挫折してしまいそうです。
>医療翻訳、技術翻訳、IT系、金融などの知識も私は乏しく、英語力に付加価値をつけていくのも難しそうです。

誰でも何もない状態から始めるのです。もし「難しくて無理」と今の時点で思っているのなら難しいと思います。

私も文系出身で専門知識も何もない状態から始めましたが、「無理」と思ったことはありません。「絶対になる」と決め、翻訳者に必要な資質を調べたり考えた上で戦略を練り、自分に足りないものは補充すべく努力してきたつもりです。

コツコツと勉強を続けることは大変なことですが、ショートカットはありません。
その過程を楽しめたり、そうでなくても自分の夢のためだと思って我慢できれば、道は開けるかもしれません。

技術翻訳の仕事をしている者です。(英和・和英)

単純にTOEICのスコアを上げることに意味はないとお考えのようですが、プロとして翻訳の仕事をするのであれば、TOEICで最低850点、できれば900点以上がとれるくらいの基礎力は必須です。
もちろんTOEICのスコアが高ければ翻訳ができるというものではありませんが、スポーツの基礎体力と一緒で、しっかりとした基礎力がないと応用も利きません。

>翻訳だって日本語がある程度できれば、できるかも。
というのも、原文(英語)を正確...続きを読む

Q基本英文700選の#272について

#272
He had not been employed by the company two months before his linguistic abilities were recognized.

彼は会社に勤めて2ヶ月もたたないうちに、語学力を認められた。
====================
とありますが、どうも訳と構文解釈が合いません。
He had not been employedなのですから、2ヶ月間は雇われていなかったということにならないのでしょうか?

直訳すると
『彼の語学的能力が認められるまでの2ヶ月間は、彼はその会社に雇われることはなかった。』
となると思うのですが。
どうしても理解できません。どなたか、解説していただけないでしょうか?
よろしくお願いいたします。

コメントにある例文はわかりやすいのですが。。。
I had not waited long before he came.
待つほどもなく彼が来た。

Aベストアンサー

>He had not been employedなのですから、2ヶ月間は雇われていなかったということにならないのでしょうか?

○ 残念ながら、そのような訳にはなりません。「2ヶ月間」がおかしいのです。そのような日本語になるのは次のような英文の場合です。

 (1) He had not been employed 【for two months】.

○ しかし、お尋ねの英文は「for」がなくて、その代わりに「before ...」がついています。「tow months ( before ... )」は期間を表す語句ではなくて、「基準(からさかのぼったある時点」を表す語句なのです。

 (2) He had not been employed 【two months before (...)】.

○ この英文を過去の文にして、「...」の部分を取り除けば「ago」を用いなければなりません。

 (3) He was not employed 【two months ago】.

 ※ (3)の意味は「2ヶ月前には、雇われてなかった。」
 ※ (2)の意味は「(・・・する)2ヶ月前には、雇われてはいなかった。」です。

○ また、「before ...」には「・・・する前に、・・・しない内に」という意味がありますので、お尋ねの英文の直訳は次のようになりそうです。

 訳:「能力が認められたときから2ヶ月さかのぼるかさかのぼらないかの時点では(それ以前も含めて)、彼は雇われてはいなかった。」

○ 具体的に月日を入れてみましょう。能力を認められた日を2月10日とすると、雇われた日はその2ヶ月前の12月10日になります。分かりやすく図式化しましょう。
  
 (A):雇われていない状態の期間
      ↓
   【雇われた日】→12月10日
      ↑
 (B):雇われているけれども、能力は認められていない期間
      ↓
   【能力を認められた日】→2月10日

 (C):現在

○ お尋ねの英文の中の「had not been employed」の部分は、「過去」の12月10日を基準にして、その前のことを言っていることがお分かりになるのではないでしょうか。

○ 訳の流れ

 ※ 「能力が認められたときから2ヶ月さかのぼるかさかのぼらないかの時点では(それ以前も含めて)、彼は雇われてはいなかった。」
   
   →「彼が雇われてから2ヶ月経つか経たないかの時点で、能力が認められた。」

○ 「not ~ before ...」の訳は、「~(するか)しない内に・・・する」と覚えておきましょう。

 (5) It will not be long before we meet again.
   訳:「すぐにまた会えるよ。」

○ ご参考になれば幸いです。

>He had not been employedなのですから、2ヶ月間は雇われていなかったということにならないのでしょうか?

○ 残念ながら、そのような訳にはなりません。「2ヶ月間」がおかしいのです。そのような日本語になるのは次のような英文の場合です。

 (1) He had not been employed 【for two months】.

○ しかし、お尋ねの英文は「for」がなくて、その代わりに「before ...」がついています。「tow months ( before ... )」は期間を表す語句ではなくて、「基準(からさかのぼったある時点」を表す語句な...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報