『新・基本英文700選;駿台文庫(2002/01) 』の [83] [102] [263] には、「試験の結果」として、
the result of the examination と the results of the examination が載っています。これらはどう違うのでしょうか?
また、「試験の結果」を、特に文脈の無い日本文において英語に直す場合(短文の英作文ということです)、上記2つのうち、どちらがより一般的に使用されているのでしょうか。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

はじめまして。



ご質問1:
<the result of the examination と the results of the examination が載っています。これらはどう違うのでしょうか?>

1.単数result:

「成り行き」「成果」「結末」という意味では、単数扱いになります。

「試験の結果は合格だった」などでは、「結末」「成果」という意味ですから、単数扱いになります。

2.複数results:

「成績」という意味では、複数扱いになります。

「試験は好成績だった」などは、good resultsと複数形で使われます。

3.使い分け:

The results of the research are being examined.
「その調査結果は、現在審議中だ」
*調査した結果出た、複数の結果報告をさします。

The result of the research turned to be fact.
「その調査結果は、事実と判明した」
*調査による「結末」としての結果なので、単数になります。


ご質問2:
<また、「試験の結果」を、特に文脈の無い日本文において英語に直す場合(短文の英作文ということです)、上記2つのうち、どちらがより一般的に使用されているのでしょうか。>

やはり文脈によります。どちらでも文法的に間違いありませんが、resultと単数が無難だと思われます。

以上ご参考までに。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

はじめまして。大変行き届いたご回答ありがとうございました。「成績」の場合は複数なのですね。
またよろしくお願いいたします。

お礼日時:2007/07/30 22:39

「results」と複数形になった「実際の使用例」(多すぎるので途中出来られる恐れ有り)(ホンの一部です)



accept the election results /// 選挙結果を受け入れる
accidental results /// 偶発的結果
accomplish good results in /// ~で良い成績を収める、~で立派な業績を上げる
according to results compiled by /// ~のまとめ(た結果)によると
according to the results of autopsy /// 病理解剖の結果
accountability for results /// ^結果[成果]に関する説明責任
achieve admirable results /// 立派な成果を収める
achieve decisive results /// 決定的な成果を収める
achieve excellent results under unfavorable conditions /// 悪条件の下で優れた成果を挙げる
achieve good results /// 立派な業績を上げる
achieve real, concrete results /// 真の具体的な成果を達成する
achieve results /// 結果を出す、実をあげる
achieve satisfactory results /// 実績を上げる
achieve some positive results /// 一定の成果が得られる
achieve substantial results /// 充実した成果を収める
achieve world-class results in /// ~で世界に誇る成果を挙げる
actual results of stock transactions /// 株式取引実績
adequate results /// 十分な成果
amazed at, be /// ~にびっくりする、~にあっけに取られる、~に感心する、~に舌を巻く、~に目を見張る、~にあきれる / 【用例】 We were quite amazed at the results. / I was amazed at the kindness of Americans. / I was amazed at how candid and forthright she was. / I am amazed at how much he still looks like his baby pictures.
analyze exam results of __ students /// 学生_人分の試験結果を分析する
analyze examination results of __ students /// 学生_人分の試験結果を分析する
announce one's interim results /// 中間結果を発表する
announce test results /// 合格発表を行う
announce the results of the study /// 研究結果を発表する
announcement of the results /// 結果の発表
announcements of test results /// 合格発表
annual results /// 年間成績
anxious about, be /// ~が不安になる、~が心配である / 【用例】 I'm a little anxious about it. : それがちょっぴり心配なんです。 / I'm anxious about the results of the examination. : 試験の結果が心配だ。 / I'm anxious about my connecting flight. : 《旅行/飛行機/乗継》乗り継ぎが間に合うかどうか心配なんですが。
apply the results of a study which found /// (~という)研究成果を応用する
assessment of the results of /// ~の結果による評価
assume a responsibility /// 責任を負う / 【用例】 You assume full responsibility for selection of the Software to achieve your intended results, and for the installation and use of the Software. : 《使用許諾契約書》目的の結果を達成するための本ソフトウェアの選択、および本ソフトウェアのインストール、使用に関する責務はすべてユーザが負うものとします。
attain good results /// 良い結果を得る
attain some positive results in one's own way /// それなりの成果を挙げる
autopsy results on /// (人)の検死解剖結果
ballot results /// 投票結果
barren of results /// 成果の上がらない
based on the census results /// センサス結果に基づいて
based on the results of /// ~の結果をふまえて
based upon the census results /// センサス結果に基づいて
based upon the results of /// ~の結果をふまえて
become dubious about the credibility of the survey results /// 調査結果の信憑性を疑わしいと思い始めている
breathe a sigh of relief at the favorable results of /// ~の好ましい結果にホッと安堵の息をつく
bring about /// 引き起こす、もたらす、誘発する、~の誘因となる、惹起する、招来する、成し遂げる、醸成する、(船の)向きを変える / 【用例】 The plan brought about reverse results. : 計画は裏目に出てしまった。 / The car has brought about a great change in our lives. : 車はわれわれの生活に大きな変化をもたらした。
bring about appreciable results /// かなりの成果をもたらす
bring about the desired results /// ^望ましい[希望どおりの]結果をもたらす
bring results /// 成果を挙げる、結果をもたらす
bring the expected results /// 期待される結果をもたらす
business results /// 営業成績、営業実績、業績
business results for last year /// 昨年度の営業実績
report quarterly results /// 四半期ごとの業績を報告する
report the results of __th-day competition at the Olympic Games /// オリンピック第_日の結果を^報じる[報告する]
result /// [rizテ@lt]【@】リザルト、【変化】《動》results | resulting | resulted、【大学入試】 \ 【名】(計算)結果、結末、成り行き、効果、成績、成果、業績 \ 【自動】(結果的に)生じる、起こる、帰着する、~の結果となる / 【用例・名】 A non-violent policy produces results. : 非暴力の政策が成果を生む。 / The results are there for all to see. : その結果は誰もが認めるところだ。、実績 / 【用例・自動】 Sales are certain to result. : 販売は確実に成果につながる。
results from operating /// 営業活動成果
results from the autopsy /// 死体解剖の結果 / 【用例】 Wait until the results from the autopsy have been released. : 死体解剖の結果が出るまで待って下さい。
results in higher overall system performance /// 結果的にシステム全体の実行速度が改善される
results of a public opinion survey pertaining to /// ~に関する世論調査結果
results of a test /// 検査の結果
results of an autopsy /// 解剖の結果
results of an election /// 選挙の結果
results of an event /// 事件の結末
results of an exam /// 試験の成績
results of an examination /// 試験の成績
results of business /// 営業実績
results of local elections force established political parties to acknowledge that, The /// 地方選挙の結果は(that以下)ということをいやが上にも各政党に認識させる結果となる
results of one's exam /// 試験の成績
results of one's examination /// 試験の成績
results of operations /// 営業成績
results of ordinary operations /// 経常損益
results of recent research in physics /// 物理学における近年の研究成果
results of someone's work /// (人)の研究成果
results of the revised sales strategy /// 新しい販売戦略の成果
results of the tax examination /// 税務調査の結果
results of the voting /// 開票の結果
results of urban pollution /// 都市汚染の結末
results reported on __th /// _日にまとまった結果(報告)
results speak for, The /// 結果は~を見てのとおりだ
results wage /// 奨励金
results-oriented negotiation /// 結果重視の協議
reveal the results of someone's study /// ~の調査結果を明らかにする
rewarded with good results, be /// 立派な成果を挙げる
round up the results /// (調査などの)結果をまとめる
sales results /// 販売成績
salient results /// 際立った結果
sample results /// 標本結果
satisfactory result /// 満足のいく結果 / 【用例】 Satisfactory results will be achieved only when used on the recommended papers. : 《マニュアル》満足度の高い結果が得られるのは、当社推奨の用紙を使用したときだけです。
satisfied with the result, be /// その^結果[成果]に満足している / 【用例】 We are not satisfied with the results of tests.
search results /// 《コ》検索結果
see positive results again soon /// 間もなくまたよい結果を見る
see substantive results from /// ~からの実質的な結果を目にする
seek quick results /// 目先の効果を求める
segment results /// セグメント別業績
show a marked increase /// 際立った増加を示す / 【用例】 The first quarter results of the company showed a marked increase in the market's profitability.
show appreciable results /// かなりの成果をもたらす
show good results /// 実績を上げる
show remarkable results /// 注目すべき結果を示す
show results /// 成果を収める
situations that can have a number of different results /// 多様な結果が予想される状況
skid of below-__-% results /// 連続_%割れ
statement of operating results /// 営業成績計算書、損益計算書
statistical results /// 統計で示した成績
striking results /// 顕著な結果
study results /// 研究成果
summarize the results of one's communications to date /// これまでの相互のやりとりの結果を要約する
summarize the results of the summit meeting /// 首脳会談の結果の概要を発表する
survey results /// 調査結果
symptoms that suggest one's bronchitis results from a bacterial infection /// 細菌感染によって気管支炎が生じたことを示すような症状
table of results /// 成績表
take stock of the results /// 結果を振り返る
test results /// ^試験[検査]の成績、試験結果
tip-top results /// 最高の結果
track screening test results over several years /// スクリーニング検査の結果を数年以上に渡って追跡する
transfer research results to private businesses /// 研究結果を民間企業へ渡す
treatment results /// 治療成績
turn out /// 【句自動-1】結局~であることが分かる、~という状態で終わる、結局~になる、結果的に~になる、~の結果になる、(~ということに)なる、~ということが分かる、結局~することが分かる、~と判明する \ 【句自動-2】《turn out + 副詞》~になる、~に進展する、~に成り行く \ 【句自動-3】装う、身じたくをする、盛装する \ 【句自動-4】(足の指が)外側に向く、外側に曲がる、外へ曲がる \ 【句自動-5】(ベッド・寝床から)起き出す、起床する、起きる、起き上がる、床を離れる \ 【句自動-6】(会合・催し物に)集まる、集まってくる、出席する、顔を出す、足を運ぶ、繰り出す \ 【句自動-7】《軍事》集合する、出動する \ 【句自動-8】売春婦を街に出す、男と次々に交渉を持つ、輪姦する、まわす \ 【句自動-9】人を悪の道に引き込む \ 【句自動-10】ストライキを始める \ 【句他動-1】(栓・つまみをひねって)(ガス・火・照明・電灯を)消す \ 【句他動-2】(中身を)空にする、外に出す、あける、空っぽにする、(空にして)掃除する、徹底的に掃除する、きれいにする \ 【句他動-3】(中の物を出すため)(ポケットを)裏返しにする、ひっくり返す、暴露する \ 【句他動-4】(不要な物を)捨てる、処分する \ 【句他動-5】~を外へ追い出す、追い払う、立ち去らせる、立ち退かせる \ 【句他動-6】~を解雇する、~を首にする \ 【句他動-7】(足の指を)外側に曲げる、外側に向ける、外へ向ける、外側に向かせる \ 【句他動-8】出かける \ 【句他動-9】よい服装をさせる、盛装させる \ 【句他動-10】(ベッド・寝床から)人を起こす、起き出させる \ 【句他動-11】~を作り出す、生産する、製作する、製造する◆【同】process ; make \ 【句他動-12】(学校・養成所が)(芸術家・選手を)養成する、輩出する \ 【句他動-13】集める、集合させる、狩り出す、任務につかせる、召集する、整列させる / 【用例・句自動-1】 As it turned out, this was their last meeting. / Forget it. It turned out okay. : もうそのことは考えるな。無事終わったんだから。 / Poor preparation should turn out only poor results. : 準備不足では良い結果が得られない。 / Her kind intentions turned out harmful after all. : 彼女の親切がかえってあだになった。 / 【用例・句自動-2】 My kids have turned out well. : 子供は立派に育ってくれた。 / It turned out in a way beyond anyone's imagination. : とんでもない結果になった。 / I'm truly sorry that it turned out this way. : 《レター》こんなことになってしまい本当に申し訳ありません。 / Everything turned out all right. : 万事うまくいった。
unofficial results /// 非公式の結果
unsatisfactory results /// 不満足な結果
unspectacular results /// 地味な結果
untoward results /// 副作用
unveil the results of a questionnaire targeting /// ~を対象に実施したアンケートの結果を明らかにする
upswing on business results /// 業績の上昇
use an objective evaluation that looks at results /// 成果を客観的な指標を用いて評価する
use the results of /// ~の結果を用いる
validate the results of the election /// 選挙結果を認める
value the results of the meeting very highly /// 会議の成果を大変高く評価する
voting results /// 投票の結果
wait for one's results /// (試験などの)結果の発表を待つ
wait for the results of /// ~の結果を待つ
wait for the results of an SEC probe /// 証券取引委員会の捜査報告を待つ
wait for the results of the police investigation to determine a causal link between A and B /// AとBの因果関係を確認するのに警察の調べを待つ
whatever results follow /// どんな結果になろうとも
win good results /// 好結果を勝ち取る
with bated breath /// 固唾を飲んで、ハラハラしながら、気がかりで、息をひそめて、息を詰める思いで、息を殺して / 【用例】 We'll wait with bated breaths to see what the results of the clinical tests are. : 臨床実験の結果を我々は固唾を飲んで待つことになる。
with fatal results /// ^致命的な[悲惨な]結果で
with fruitless results /// 実りのない結果で
with mixed results /// まちまちな結果が出て
without considering the results /// ^結果[成り行き]を考えずに
yield /// [ji@d]【@】イールド、【変化】《動》yields | yielding | yielded、【大学入試】 \ 【名】産出(高)、収穫(高)、出来高、利益、収益、報酬、(運用)利回り{(うんよう)りまわり}、出産(高)、効力、収率、歩留り◆【略】yld \ 【自動-1】作物ができる、報酬をもたらす \ 【自動-2】曲がる、屈服する、降伏する、従う、譲る、譲歩する、病気が治る、劣る \ 【他動-1】もたらす、引き起こす、産する、産出する、出産する、生じる、(利益・利子などを)生む \ 【他動-2】降伏する、支払う、譲渡する、放棄する、与える、《野球》(点を)許す / 【用例・名】 He timed the peak, and he sold at the maximum yield. / The chemists were working on a new formula for a special fertilizer to be used on high-yield crops. / 【用例・自動-2】 I might yield a bit on price. : 価格に関して少し譲歩してもかまいません。 / In yielding is strength. : 《諺》柳の枝に雪折れなし。 / Yield to the powerful. : 《諺》力あるものには降伏せよ。長いものには巻かれろ。 / It may seem harsh to you, but I will not yield on this. / 【用例・他動-1】 Oh, I'm certain it'll yield results. / Sensor analysis has yielded no trace of commander data. / The effort yields its own rewards. / The opposition won't yield the floor. / 【用例・他動-2】 I can't yield an inch. : もう一歩も後へ引けない / That yields astonishing room for people like me.
yield appreciable results /// かなりの成果をもたらす
yield positive results /// ^具体的な[はっきりした]成果をもたらす
yield profitable results /// 有益な結果を生む
yield results /// 成果を挙げる、実を結ぶ
yield significant results /// 重要な成果を生み出す
yield spectacular results /// 目覚しい結果をもたらす
yield tangible results /// 目に見える結果を生む
yield the most valuable results /// 最も貴重な結果を生む
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。圧倒的な量の文例ですね(笑)。これだけ沢山の「複数形」の使用例を見ると、“results”についても少し分かったような気がしてきます。

>summarize the results of the summit meeting /// 首脳会談の結果の概要を発表する
なんか格好良いですね。

遅ればせながら辞書を引いてみました。私の知識は、
単語として・・・ result = 結果
熟語として・・・ “as a result” “result in” “result from”
だけでした。勉強になりました。この単語自体が自分にとってとても身近になったように感じられます。こういう風に感じられたのは生まれて初めてのような気がします(大げさですが)。皆様ありがとうございました。またよろしくお願いします。

お礼日時:2007/07/31 17:55

こんにちは。



一般論で言えば…

試験の結果が
 「一つの点数」
 「一つの合格不合格」
の場合は、result で良いと思います。

試験の結果として、
 大変勉強になったなどの成果が上がった、
 合格して自分の運命が様々に変わった、
 試験が複数あり複数の点数が出た、
 模擬試験でいくつかの大学に対する合格率が示された、
 自分の得意不得意が分析されて一覧表になっていた、
など複数の結果や成果がある場合には、results です。

なお、辞書には、複数形になるものは「成果」「好結果」とあります。
また、試験や競技などでの「成績」も**通例**複数形とされています。


> また、「試験の結果」を、特に文脈の無い日本文において英語に直す場合(短文の英作文ということです)、上記2つのうち、どちらがより一般的に使用されているのでしょうか。

どちらでも大丈夫だと思います。
この場合、迷ったら単数にするのが無難と思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。1つの試験において複数の結果が出る場合があるのですね(科目別の得点など)。よくわかりました。得点などが出ると、それは「科目別結果」というよりも「科目別成績」という日本語になるということですね。例えば、入学試験において、合否結果は“result”で、得点開示は“results”という使い分けになるのでしょうか。ありがとうございました。またよろしくお願いいたします。

お礼日時:2007/07/31 17:36

どちらが一般的というよりも、その結果が複数でるものであれば、複数と考えて大丈夫です。


その文が試験結果(調査や検査のための試験)なのか学校の試験なのかわかりませんが、複数の試験結果が出る(あるいは求められる)ケースはどちらにもありますよね。

例えば環境調査の試験で、水質、空気、なにかの濃度、など複数結果がでる場合。
あるいは資格試験で、複数の科目でどれも基準をクリアすることを求められる場合は、結果も複数出ます。
どちらも一般的です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。「複数個」あるものは「複数形」ということですね。だいぶ分かってきました。またよろしくお願いします。

お礼日時:2007/07/31 17:34

>これらはどう違うのでしょうか?


単純に、片方は結果の要素が複数あるとうことです。
これだけからはうかがい知れません。文脈によって
複数にすべき必然性があるはずです。

>どちらがより一般的に使用されているのでしょうか。
「試験の結果」というとき普通は合格か不合格かという
ことですから、通常は単数でしょう。しかし、上でも
言ったように複数にすべき理由が文脈からあれば複数に
するというオプションがあるわけです。

この回答への補足

ありがとうございます。
>普通は合格か不合格かということですから、通常は単数でしょう。
単数形の場合は分かりました。「結果が1つ」ということですよね。これはよく分かります。
では、例えばどういう時に複数形になるのでしょうか。

補足日時:2007/07/30 18:42
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。またよろしくお願いします。

お礼日時:2007/07/30 22:29

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q文頭の「また」や「あと」などの表現はどういう?

たとえば、英語で
「この語はどのように発音しますか?また、どのようなときに使うのですか?」
というような質問をしたい時、2つめの文頭の「また」(もしくは「あと」「それと」など)は英語でどのように表現するのでしょうか?
私の感覚だと、文頭にAndとかAlsoをおいて「And (Also), when is it used?」みたいな感じになるのですが、これはなにかおかしい気がします。

Aベストアンサー

No.2です。ごめんなさい、「文頭の」というご質問だったんですね。

ご参考までに、会話だとかカジュアルな文の文頭ならAndが来て構わないのですが、きちんと書く場合には文頭にAndとかButとか来ないほうが良いとされています。

http://homepage3.nifty.com/MIL/butand.html

http://www.eigo-nikki.com/article/13292266.html

Q"Please kindly~"という表現は適切ですか?

海外との連絡で社内では海外へ向けてメールで何かを依頼する際"Please kindly~"という表現をよく使っています。
しかしながらどうも意味が重複していて不自然に感じます。
ビジネス上不自然な表現ではないでしょうか?

Aベストアンサー

アメリカに住んで40年目になりました。 私なりに書いてみますね。

この表現、非常に「外国人」を感じさせます。 なぜ相手に「親切さ」を要求するのか、と言うフィーリングがしてしまいます。

どうせkindlyを使うなら、親切さを自然に求めているWould you kindly, Will you kindlyと言う風にもって行きたいところですが、やはりkindlyを求めるのには気分が良くないし、そういわれたからといって、丁寧さを出そうとしているのは分かるけど(日本語の表現方法文化を知っているからでしょう)、そこまで使う必要なまったくないと感じます。

つまり、文化的な表現だなと感じると言うことなのですね。

>ビジネス上不自然な表現ではないでしょうか?

改めて考えると不自然と感じない事もないですが、普通の場合この表現を使ったメールなどを日本から英語をメールを受け取ると、そのまま受け取っています。 しかし自分でアメリカでは使おうとは思いません。

I would appreciate it if you would kindly
などの表現を私な必要に応じて使います。 

ビジネスで使う英語はビジネスで使う表現が元になっているわけですね。 日本でも同じですね。 ビジネスで頑張っている・頑張ってきた人のビジネスを思わせる表現をうまく使っていますね。 一・二年で習得できるようなものではないですし、英語にはまったく問題がないアメリカ人ですらセミナーを受けるくらいですし、表現方法と言うか,適切な英語表現力を高めるための努力を毎日しているのです。 英語の先生がビジネス経験なしで、ビジネス感覚なしで、表現できるものではないのですね。 ビジネスで使われている英語表現は実際に使われている表現をどれだけ見てきて、どれだけ使うかと言うことになるわけですが、日本でのビジネス英語の表現に慣れてくると「日本での英語のビジネス表現」をこちらでも普通に使われていると言う錯覚が作られていると言うことなのではないでしょうか。

Podcastでもこの点ではいろいろ見つけることが出来ると思います。 そして、英語圏からのメールなどでどのような表現を使っているのかを良く見てください。 日本の英語ビジネス表現に慣れている人からであれば結構「日本ではこの英語表現がうけている」と思って使っている人も出てくるとは思いますが、そうでないビジネスマンがどのような表現をして「頼む」のかを身につけてくださいね。

参考になりましたでしょうか。 分かりにくいところがありましたらどんどん突っ込んでまた書いてください。

アメリカに住んで40年目になりました。 私なりに書いてみますね。

この表現、非常に「外国人」を感じさせます。 なぜ相手に「親切さ」を要求するのか、と言うフィーリングがしてしまいます。

どうせkindlyを使うなら、親切さを自然に求めているWould you kindly, Will you kindlyと言う風にもって行きたいところですが、やはりkindlyを求めるのには気分が良くないし、そういわれたからといって、丁寧さを出そうとしているのは分かるけど(日本語の表現方法文化を知っているからでしょう)、そこまで使う...続きを読む

Q未、済、完了の英訳は?

前回類似件名で質問したのですが、
質問の仕方があまり良くなかったと思い質問し直させて頂きます。

ある項目に対して「未」、「済」、「完了」のいずれかを選択させたい帳票があるのですが、
これを英語で実現するにはどのような単語が当てはまるのでしょうか?(1,2語程度で)
「済」、「完了」については「done」が好ましいのかなと思っていますが
いかがでしょうか?

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

No. 2 です。

なるほど。。。
そういうことなのでしたら、“Done” と “Not Yet” が適切だと思います。

“Yet” は単独で用いられる場合、『まだ~ない』という意味に取られることはなく、接続詞の『でも』の意味で取られます。
なので、選択肢が “Done” と “Yet” であったとしても、理解してもらえない可能性が残ります。
それを排除するためには、“Not Yet” とするべきだと思います。

ご参考まで。^^

Qall the+名詞、all +名詞 の違い

「all the +名詞」のtheは必ず必要なのか教えてください。「I like English best of all the subjects」という例文が辞書に載ってましたが、theはぜったい必要なのでしょうか?「I like English best of all subjects」といえば、間違いなのでしょうか?

Aベストアンサー

私も日ごろ気になっている点ですので一言申し上げます。

●「「I like English best of all subjects」といえば、間違いなのでしょうか?」

⇒ 私は「間違い」ではないように思います。
例えば、初・中級用学習和英辞典の『プロシード和英辞典』(ベネッセ)の「一番」の項の例文に

“学科の中で何がいちばん好きですか”
What do you like best of all subjects?

というものが載っていました。


●「「all the +名詞」のtheは必ず必要なのか」

⇒ 他の方がおっしゃっているように“限定された(特定の)もののすべて”の場合は“all (of) the 名詞”が原則のようですが、アメリカ英語では“限定された(特定の)もののすべて”の場合でもtheがなくても良いようです。

(1)
このことは、『ウィズダム英和辞典』のallの項の「語法」に“allとall the”というタイトルの下にある次の説明が示しています。

「all+複数名詞」は物[人]一般を指すのに対して、「all the 名詞」は特定の集合を指す。ただし、特に《米》では「all+名詞」で特定の集合を指す場合もある

この最後の指摘がkaze2004さんのご質問に関連していそうです。

(2)
現行の中学2年の検定教科書『New Horizon 2』(東京書籍)に「私の好きなこと・もの」という表現のところに、I like spring the best of all seasons. という表現があります(p.83)。わが国の教科書ですからこのall seasonsが春夏秋冬という四季(=「特定の集合」)であることは明らかでしょう。ですから…of all the seasonsと言うのが原則であるはずにもかかわらず …of all seasonsとなっているのです。私はこれも上の(1)に関係するものではないかと考えています。
 
日ごろ現実の英語に接していても「all the 名詞」となるべきところでtheがない形をよく見かけるように思います(ご紹介できる実例は今手元にありませんが)。

(3)
とすると、『プロシード和英辞典』にあった

“学科の中で何がいちばん好きですか”
What do you like best of all subjects?

の...all subjectsには2つの解釈がありえることになります。
1つ目は回答#1さんのおっしゃる,「ばくぜんとすべての教科」を表しているというもの。
もう1つは「学校で教えられているすべての教科」を表していながらtheを用いていないというもの。(すなわち、(1)で紹介した「「all+名詞」で特定の集合を指す場合」。)

もちろん、どちらの解釈が正しいのかはこれだけでは判断できませんが、後者の解釈も大いにありえることを私は強調しておきたいと思います。

(4)
実はallと非常に似た振舞い方をする語にbothがありますが、bothは特定のものを指す場合であっても「both the 名詞」の形で用いられるときはtheがよく省かれます。このことは例えば、『ルミナス英和辞典』(第2版、研究社)のbothの「語法(2)」に「定冠詞は省略されるほうが普通:Both (the) books (=Both of the books) are interesting. その本は両方ともおもしろい」と説明されています。件のallもこのbothと同じ道をたどろうとしているのかもしれません

私も日ごろ気になっている点ですので一言申し上げます。

●「「I like English best of all subjects」といえば、間違いなのでしょうか?」

⇒ 私は「間違い」ではないように思います。
例えば、初・中級用学習和英辞典の『プロシード和英辞典』(ベネッセ)の「一番」の項の例文に

“学科の中で何がいちばん好きですか”
What do you like best of all subjects?

というものが載っていました。


●「「all the +名詞」のtheは必ず必要なのか」

⇒ 他の方がおっしゃっているように“限定された(...続きを読む

Q英語で「有無」の表現は?

よろしくお願いします。

英和辞書で引くと「有無」という言葉がありません。
有り、無しでの単独ではあるのですが、どうしても文章となってしまいます。
操作画面上での「有無」を英訳する場合の適切な表現を教えてください。

(例)
IC 有
IC 無
操作画面上のメッセージです。

Aベストアンサー

こんにちは。#2です。

補足を読むと ON と NO でいけそうですね。
on I/C   no I/C

「操作パネルに表示し・・・」ですが
I/Cが乗っていない場合、エラーが予測されるのであれば
I/C有り グリーン表示 
I/C無し 赤(黄)表示
とI/Cの文字を反転させビジュアルで訴えても良いような気がしますね。
仕様外になるなら無理ですが・・。

Q「私は○○株式会社のXXです。」という場合。

「私は○○株式会社のXXという者です。」というのを、

My name is ○○ of XX company. と言いたいのですが、これで合ってますでしょうか。
My name is ○○ from XX company.という人もいてるのですが、どちらが正しいのでしょうか。

My name is ○○ から言い始めたいので、それにそったアドバイスをお願い致します。

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

皆さんが言うように、fromが正解でしょう。

ただし、日本語で電話などで「○○株式会社のXXと申します」というのは極めて正しい、当たり前の自己紹介の仕方ですが、英語圏では必ずしもみんなが自己紹介するときに使う表現ではないです。日本においては自分が所属している会社なり学校なりを伝えることは大事なことで、省くことは出来ないです。

My name is Michael Jackson from Motown records.
これ、間違いではありませんが、あまり聞かない紹介の仕方です。

とても自然に聞こえるのは
My name is Michael Jackson.
I am a recording engineer at Motown records.

名前をまず述べ、職業を伝えて、最後に所属する会社を述べるのが、正しい方法だと思います。文化的な違いです。

日本では苗字(所属する家)があって名前(個人)がある。
西洋では名前が先にきて、最後に苗字が来る。

同じことですね。「拙者、何々藩、誰の誰兵衛が家臣、石川五右衛門と申す」これが日本の文化、しきたりですよね。

皆さんが言うように、fromが正解でしょう。

ただし、日本語で電話などで「○○株式会社のXXと申します」というのは極めて正しい、当たり前の自己紹介の仕方ですが、英語圏では必ずしもみんなが自己紹介するときに使う表現ではないです。日本においては自分が所属している会社なり学校なりを伝えることは大事なことで、省くことは出来ないです。

My name is Michael Jackson from Motown records.
これ、間違いではありませんが、あまり聞かない紹介の仕方です。

とても自然に聞こえるのは
My name is Mic...続きを読む

Qどうしても使い方がわからない・・・such as とlike

こちらのサイトでも調べてのですが、どうしてもわかりませんでした。 ~のような というときのsuch asと likeの使い分けです。例を用いてなるべく簡単にわかりやすく説明してくださる方いらっしゃいませんか?すみませんが教えてください。

Aベストアンサー

such as ~ のほうは「例えば ~ などのようなもの」という例を挙げるもので、

like ~ のほうは「~ に似ているもの」という類似性を示すもの、

という印象の違いがあると思います。

日本語で「~のようなもの」という言葉には、例を挙げている場合と、形や様子が似ているものを挙げている場合があいまいに混じっているので、和英のときに一緒にまとめられてしまうのですね。

Q情報を整理する

「今ある情報を整理する」や「議論を整理する」などを英語で言う場合、どのように言えばいいのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

アメリカに35年ほど住んでいる者です。

整理をするという意味で一番良く使われるのは、organizeと言う単語なんですね。

これは、collateのように、バラバラになった書類などを整理整頓する時にも使いますし、散らかった部屋を整理するという意味でも使います。

また、情報をわかりやすく、上司の為に整理してまとめる、という意味で、My job in the office is to organaize all the information (that) we have accumulated for my boss.という具合ですね。

また、その情報を整理するという事が、その情報のうちには結構要らないものが多い、というのであれば、clean up the information という言い方をします。

また、collateのように、順序だてる必要があるというのであれば、sortという単語を使います。

よって、情報を整理するという事について、何をするかによって、単語を選ばなくてはならないという事ですね。

organizeは、書類のcollate, 情報のsort, また、いらない情報を削る、等も含んでいるという事ですね。

さて、議論を整理するですが、実は私には、この文章がわかりません。 もし、会議などで議論がばらばらになり、議長が一言言わなくてはならない、という意味でしら、police the discussion/argument, order the discussionといいますが、この事でしょうか。

settle the controversyとして、議論をまとめて終わりにする、という意味で使われます。 この意味のことを言っているかな。

これでいいでしょうか。 分からない点がありましたら、補足質問してください。

アメリカに35年ほど住んでいる者です。

整理をするという意味で一番良く使われるのは、organizeと言う単語なんですね。

これは、collateのように、バラバラになった書類などを整理整頓する時にも使いますし、散らかった部屋を整理するという意味でも使います。

また、情報をわかりやすく、上司の為に整理してまとめる、という意味で、My job in the office is to organaize all the information (that) we have accumulated for my boss.という具合ですね。

また、その情報を整理するという事が、そ...続きを読む

Qエクセルで計算すると2.43E-19などと表示される。Eとは何ですか?

よろしくお願いします。
エクセルの回帰分析をすると有意水準で2.43E-19などと表示されますが
Eとは何でしょうか?

また、回帰分析の数字の意味が良く分からないのですが、
皆さんは独学されましたか?それとも講座などをうけたのでしょうか?

回帰分析でR2(決定係数)しかみていないのですが
どうすれば回帰分析が分かるようになるのでしょうか?
本を読んだのですがいまいち難しくて分かりません。
教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

★回答
・最初に『回帰分析』をここで説明するのは少し大変なので『E』のみ説明します。
・回答者 No.1 ~ No.3 さんと同じく『指数表記』の『Exponent』ですよ。
・『指数』って分かりますか?
・10→1.0E+1(1.0×10の1乗)→×10倍
・100→1.0E+2(1.0×10の2乗)→×100倍
・1000→1.0E+3(1.0×10の3乗)→×1000倍
・0.1→1.0E-1(1.0×1/10の1乗)→×1/10倍→÷10
・0.01→1.0E-2(1.0×1/10の2乗)→×1/100倍→÷100
・0.001→1.0E-3(1.0×1/10の3乗)→×1/1000倍→÷1000
・になります。ようするに 10 を n 乗すると元の数字になるための指数表記のことですよ。
・よって、『2.43E-19』とは?
 2.43×1/(10の19乗)で、
 2.43×1/10000000000000000000となり、
 2.43×0.0000000000000000001だから、
 0.000000000000000000243という数値を意味します。

補足:
・E+数値は 10、100、1000 という大きい数を表します。
・E-数値は 0.1、0.01、0.001 という小さい数を表します。
・数学では『2.43×10』の次に、小さい数字で上に『19』と表示します。→http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%8C%87%E6%95%B0%E8%A1%A8%E8%A8%98
・最後に『回帰分析』とは何?下の『参考URL』をどうぞ。→『数学』カテゴリで質問してみては?

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%9E%E5%B8%B0%E5%88%86%E6%9E%90

★回答
・最初に『回帰分析』をここで説明するのは少し大変なので『E』のみ説明します。
・回答者 No.1 ~ No.3 さんと同じく『指数表記』の『Exponent』ですよ。
・『指数』って分かりますか?
・10→1.0E+1(1.0×10の1乗)→×10倍
・100→1.0E+2(1.0×10の2乗)→×100倍
・1000→1.0E+3(1.0×10の3乗)→×1000倍
・0.1→1.0E-1(1.0×1/10の1乗)→×1/10倍→÷10
・0.01→1.0E-2(1.0×1/10の2乗)→×1/100倍→÷100
・0.001→1.0E-3(1.0×1/10の3乗)→×1/1000倍→÷1000
・になります。ようするに 10 を n 乗すると元の数字になるた...続きを読む

QI hope this email finds you well. とは?

友人からのメールで冒頭に I hope this email finds you well. とありました。日本語に置き換えるのであれば
どう訳せばいいのでしょう?findを何と訳せばいいのか分りません。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

これは通信文でよく使われる表現です。昔はemailの変わりにletterでしたが・・・

日本語では一般名詞が人称名詞と同様に主語になるケースは犬、猫など限られた動物だけですが、欧米語では、抽象名詞でも自然現象(風、雨など)でも主語になります。

この慣用文は日本語なら「(私はあなたが)お元気のことと思います」というところを欧米人の習慣(発想)から「このメールがあなたが元気であることを見出すことを期待します→お元気のことと思います」と表現しています。

参考;How do you find yourself this morning?
今朝、あなたはあなた自身をどのように見出しますか→今朝はご気分いかがですか。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報