『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜ人々を魅了したのか >>

通常、生コンを打つ前に、整地してクラッシャー(100ミリ)で
整地してメッシュあるいは鉄筋だとおもいますが(状況によっては違うかもしれませんが)

メッシュの位置で質問があります。

1、クラッシャのすぐ上に(地べたに置くだけ)

2、クラッシャーの上に50ミリ角のサイコロを置いて
50ミリ浮かせてメッシュ筋を置く

2のほうが生コンを100mmから150mm打つので
メッシュが大体半分の場所に来て強度的には
強いのではと思うのですが・・・
実際違いがあるのでしょうか?差ほどないでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

駐車場の土間コンでしょうか?


スラブの場合は設計上の決まりごとがきちんとありますが、同じ鉄筋コンクリートでも土間コンとスラブでは扱いがぜんぜん違います。
と言うかメッシュコンと言うことなので土間コンのことかと思いますが、土間コンの場合のメッシュは割れ止めなので1、では意味ないですがサイコロで浮かせて打つ程度の考えで問題ないかと思いますよ。
それとこの質問で捨てコンと判断されるような方は回答しない方がよいかと。。

この回答への補足

今回は駐車場の土間コンです。
今朝方、聞いたところ、サイコロは使わずネコで運ぶので
あえて入れていないそうで、入れてもへこむために。
生コン入れながら手で上げながら位置、調整して生コンを
打ってました。

メッシュは強度をさらに上げるものではなく、
割れ止め防止のためだそうで、強度は配合で決まるとのことで・・・
いい勉強になりました。

補足日時:2007/08/06 12:51
    • good
    • 3

1と2の違いは、錆び易いかという点もあります。


強度で見ても、2のほうがありますし、どう、言い訳しても、標準工法がいいですね。1のほうが打ち込みは楽ですが、入れないよりは入れたほうがいい位の鉄筋でしょうが、逆に、コンクリートの強度を落としていることになります。
あとは、単価次第なのでしょうけれど。

この回答への補足

工事業者に聞いた話と違い・・・
強度は生コンを配合時に決まっているので、メッシュを入れるのは
コンクリが伸び縮みを防止するためだと聞いたので・・・
昨日まではなんとなく強度をさらに強くするものだと認識していましたが。
今日の話で自分の聞きのがした部分がなければ、割れ防止のためと
納得してたのですが・・・

専門家で意見が全然違うので・・・

1、割れ防止で強度にはまったく関係ない
2、割れ防止+若干強度にも関係する

どちらなんでしょうか?

補足日時:2007/08/07 01:28
    • good
    • 1

 原則として「2」でなければいけません。


 打ちながら手で調節とはいうものの、固まるまでにも沈みますので品質がよいとは言えませんね。
 大きな現場ならシューターなどが使えない場合でも、サイコロは入れて足場板などで橋を作ったり、手前のメッシュだけよけておいて、打つ直前にサイコロに乗せたりします。
 ただ鉄筋も誘発目地も使わないような現場では良くあることかもしれませんね。大きな切れるが走ったりなど、見えるような不具合を起こすケースも少ないですから。

この回答への補足

もうすでに打った後なので、どうしようもないですが

自分が見てた感じだと、サイコロを部分、部分で置いたとしたら
置いてない部分は、下がるだろうし・・・
手であげながらしても、下がるだろうし・・・
違いがどれほどあるのだろうと?

車庫の土間でそこまで精度がいるのだろうかとも思います。
精度を言い出したら、クラッシャーの整地の時点からの話しになってきて、勾配も2%くらいは付いてあるので上、下でサイコロの大きさから違ってくるし、サイコロではなくメッシュのつなぎ目すべてに台見たいな物ををかまさないといけないですよね・・・

いろいろな業者がありそれぞれ考え方も違ってくるとは、
おもいますけど・・・

補足日時:2007/08/07 01:59
    • good
    • 0

車庫?駐車場?


コンクリートの上に建物が建つのですか?
そうしたら、基礎の扱いになるので、建築基準法のかぶり厚を確保しなければなりません。たしか60ミリだったと思いますが、たわみやめり込みを考慮して70ミリのスペンサーやさいころを置くのが通例です。
確かJASSでは70ミリに規定されていたようにも記憶しています。

どちらにしても、メッシュを後から持ち上げるのはかなり手間がかかります。
多分そのまま施工するつもりなのでしょう。
上から思い物が乗ると、下に溝が出来た状態のコンクリートは力が集中し、割れやすくなると思われます。
また、錆を誘発し、こちらもコンクリートの割れの原因になってしまいます。良い事なし。絶対にやってはいけません。

駐車場の場合には、広さはどのくらいですか?
伸縮目地を取っているか心配ですね。
夏に施工する場合には、冬にコンクリートが縮みます。
目地を取らないと、細かい亀裂が網の目のように出る危険性があります。メロンみたいでかっこいいと思えればよいのですが、そうも言っていられませんよね。
1.8mから2mくらいで目地とるのが一般的です。
また、メッシュの重なりもチェックしてください。
10センチだったかな?
6ミリ鉄筋の直径の15倍だと90ミリでよかったかな?
少し不安ですが、決まりがあります。

質問以外のよけいな事を書いてしまいました。
必要な部分のみ参考にしてください。
    • good
    • 0

サイコロか石で浮かせる用に


一応言ったほうが良いね。

150撃つなら
2重で感覚空けて
50と100の位置に縦横x斜めでやったら良いかも?
メッシュの大きさや太さ次第だけど
どうなんだろうか

ちなみに捨てコンにメッシュ入れたことあります。
    • good
    • 0

 2の方法でなければ意味がないです。


 鉄筋コンクリートの強度を図る上での要素として、鉄筋の被りがあります。これはコンクリートの表面(この場合は下面も表面として考える)から鉄筋までの離れの寸法で、これがある程度確保されていないとコンクリートの強度が設計通りに発揮されません。
 又、コンクリートには鉄筋の腐食を防止する役目もありますが、これも被りが確保されていればこそであり、全く被りがないと鉄筋が腐食してやはり強度が保てなくなります。
 鉄筋への腐食の影響は、空気中より土中の方が大きいので、一般的には土中側の被りを大きめに確保します。ただ、舗装コンクリートの場合のメッシュ筋は、下面から50mmでよいでしょう。ただし、端部補強筋はほぼ中心付近が望ましいです。

この回答への補足

やはりそうですよね・・・
車庫の土間打ち程度ですが、もしかしたら台風で間が空き
自分が作業するためにサイコロは打つ前にするのかもしれません。

明日、生コン打ちでその前にサイコロ乗せるのかわからないのですが・・・聞いてみることにします。

補足日時:2007/08/05 18:26
    • good
    • 0

これは捨てコンの話ですね。



そもそも厚さ100mmや150mm程度の捨てコンに強度は期待していません。
薄いコンクリートは割れやすいので、メッシュ筋を入れているだけです。
わざわざ浮かせているのは、メッシュ筋のかぶりを確保するためでしょう。
教科書通りであれば、50mm程度浮かせるのが正解です。
いずれにしても強度を期待しない捨てコンなので、神経質になることはありません。

一方、本体コンクリートの場合、かぶりを確保した上でなるべく表面に近く鉄筋を入れた方が
強度特性やひび割れ防止に効果があります。

この回答への補足

これは捨てコンではなくて・・・車庫の土間打ちですので強度は重要なのもので。

補足日時:2007/08/05 18:34
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q駐車場のコンクリート打ち作業でのメッシュについて

駐車場を外構会社に頼んでコンクリート打ちしてもらいました。

当初は自分で施工するはずでしたが職場で人手が足りなくなり休みもままならないので
外注する事になりました

なまがしに調べたのですが土間打ちする際に転圧しワイヤーメッシュを引いてそのメッシュを浮かして生コンを流し込むものだと思っていたのですが、その施工会社はワイヤーメッシュは浮かせずに生コンを流し込みました。厚みは10センチです。浮かせなくて意味があるのですか?と聞くとヒビ割れが発生することはありませんと言われました。

実際の所、ワイヤーメッシュを浮かせずに入れて意味があるのでしょうか?

転圧はしっかりしていました

土間打ちスペースは乗用車4台分なのですが15センチくぎりで敷ってあります

間には竜のひげを植えてあります

この先、この施工で土間として持つものなのでしょうか?

この作業員と話したのですが本来はモルタル造形が専門だと言われました

門柱のタイルもボーダータイルを張ったのですがところどころ曲がったり盛り上がったりしてます

タイルの仕上がりは不満なので言いましたが回答なしです

駐車場を外構会社に頼んでコンクリート打ちしてもらいました。

当初は自分で施工するはずでしたが職場で人手が足りなくなり休みもままならないので
外注する事になりました

なまがしに調べたのですが土間打ちする際に転圧しワイヤーメッシュを引いてそのメッシュを浮かして生コンを流し込むものだと思っていたのですが、その施工会社はワイヤーメッシュは浮かせずに生コンを流し込みました。厚みは10センチです。浮かせなくて意味があるのですか?と聞くとヒビ割れが発生することはありませんと言われました。

...続きを読む

Aベストアンサー

地盤や転圧の状況に関係なく、コンクリートは固まってから気温による膨張や収縮によって亀裂が入ります。
それを極力防止するためのワイヤーメッシュですので、土間を10センチの厚さで打つのでしたらメッシュの下に5センチのピンコロを置いて浮かすのが常識です。
細かい亀裂から次第に大きな割れに発展します。
そこから雨水が滲み込んで冬場になると凍り、悲惨な状況になります。

土間コンクリートの下地にしても、ちゃんと砕石を敷き固めてから生コンを流さないと下地に密着しません。
でないと厳冬期に下地と土間コンの間が凍って土間コンが浮き上がって割れる恐れもあります。

予算か何かの関係上で、土間のコンクリートを4~5センチの厚さでしか打てない場合もあります。
車の乗らない場所での土間ならこんなもんなんですが、そういった場所での土間コン打ちの際のワイヤーメッシュは浮かさずに直接下地に置いて施工します。

Qワイヤーメッシュについて教えてください。

ワイヤーメッシュについて教えてください。

長さ7メートル,幅50センチ,深さ25センチ程度の細長い土間を作ります。

ワイヤーメッシュを入れるとひび割れしにくいと聞いたのですが,近所のホームセンターではとても目の粗いもの(15センチくらい)しか置いていません。しかも畳くらいの大きさがあるので,買って帰るにも困ります。(しかもうっすらさびが出ています)

そこで百円ショップ(ダ○ソー)に置いてある壁にいろいろ掛けるためのネット(スチール製で針金の太さは2~3ミリくらい,マス目は5センチくらい,黒と白とメッキがあったような気がします)を思いつきました。

幅30センチ,長さ50センチくらいのを十数枚買って並べればとても便利ではないかと思うのですが,百円ショップのネットはワイヤーメッシュの代わりとして適当かどうかを教えてください。

余談ですが,我が家でお世話になっている外構工事の業者さんはネットは入れず所々に黒い樹脂のような物を挟んで土間を分割して作っています。(所々にひび割れがあります)

どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

深さ25cmはコンクリートの厚さですか?
お宅が冬季に地盤が凍結する寒冷地か、コンクリート下の砕石量などによってもちがいますが、まず確実に鉄筋を入れないと割れますね。
ワイヤーメッシュは本来もっと大きなスラブなどに使われるもので、この件のような細長いコンクリートなら普通に異形棒鋼(鉄筋)を使った方が有利な気がしますが、もちろんこの件で使っても問題ありませんよ。

ワイヤーメッシュは線径が3.2、4、5、6、が通常です。
目合いは100mmが標準だったはずですが、線径が太くなれば150mmも良く見ます。
50mm目はメーカー在庫がなければ製作ですが、当然納期が多少必要です。
2枚でも大丈夫だと思いますが、あるいは10枚以上と言われるかもしれません。(準)標準的なピッチの物なら製作品だからと言ってべらぼうに高くなるってこともないはずです。
100×50mmってのもできます(地域によってはメーカーに在庫あるかもしれません)。

線径、目合いは荷重等の条件によって変わってきます。
私は土木屋さんではないので確実なことはいえません、「だろう・多分」の線で理解願います。
機械等の重量物が載るのでなければ4mm×50mm目位がいいんじゃないでしょうか?
で、25cmのうち下から5cmと17cm付近の2段にして入れます。
この位なら下の砕石層の施行が多少いい加減でも割れないんじゃないかと思うのですが…どうでしょう?

ワイヤーメッシュは1M×2Mが標準サイズです。これより大きいのは見たことがありますが小さいのは見たことありません。多分、無いでしょう。
土間が0.5M×7Mなのでメッシュは0.4M×2Mに切ればいいでしょう(4mmなら350のボルトクリッパーでOK)。2段で丁度3枚ですね、オーバーラップも充分とれます。
20cm棄てるのがもったいないなら0.4M×1Mでもいいですが、オーバーラップさせますからこのサイズが2段で16枚になるので材料が足りなくなります。オーバーラップは必ず結束です。
浮かせ方はスペーサー使うのがプロっぽいのでしょうが、そんなことしなくても20cm位の鉄筋を立て、それに結束線でとめていってもいいと思います。

百円ショップのハンガーメッシュは多分、鋼線ではないと思いますが、割れ防止としては使えなくもないかもしれません。ただし、塗装品はだめです、コンクリートが付着しません。やるならメッキです。
30cm×50cmは中途半端ですねえ、オーバーラップは充分とってください。

ホームセンターでは在庫品以外のサイズには対応が難しいでしょう。
お宅の近くにセメントとかコンパネ、鉄筋などの土木建築資材を扱っている金物屋さんはありませんか?
ワイヤーメッシュは「資材」なのでそういうところなら扱いできるはずです。
ちなみに、コンクリートはアルカリです、錆は酸化です。ですからうっすら錆程度は何の問題もありません。

深さ25cmはコンクリートの厚さですか?
お宅が冬季に地盤が凍結する寒冷地か、コンクリート下の砕石量などによってもちがいますが、まず確実に鉄筋を入れないと割れますね。
ワイヤーメッシュは本来もっと大きなスラブなどに使われるもので、この件のような細長いコンクリートなら普通に異形棒鋼(鉄筋)を使った方が有利な気がしますが、もちろんこの件で使っても問題ありませんよ。

ワイヤーメッシュは線径が3.2、4、5、6、が通常です。
目合いは100mmが標準だったはずですが、線径が太くなれば150mmも良く見ま...続きを読む

Q車庫の土間コンクリートの施工方法について教えてください。

自分で車庫の土間コンを施工しようと思います。あとはワイヤーメッシュをスペーサーで浮かして固定し、生コンを流すだけです。生コンは生コン屋さんにもってきてもらう予定です。そこで簡単に施工手順を教えてください。トンボで均一にならしてからどれくらいで木ゴテや金ゴテで仕上げるとかの生コンの目安、時間などです。道具は一通り揃っています。左官屋さん等で詳しい方宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

プロではありませんが、土間コンクリートは何度か経験していますので。
まず、生コンですが、「土間用」と言って注文すると、スランプの小さいものを持ってくるので、「土間に打つけど、素人だから、スランプの大きめのもの」と言って注文します。(スランプの大きいものの方が、流動性が高く、作業がしやすいけれど、強度が同じなら、値段が少し高い)
生コン車が届く前に、打設する部分(下はたぶん、砕石、あるいは土でしょう)に、十分散水をしておきます。
生コン車のシュート(コンクリートを流す樋)が、打設する部分の奥まで届かないときには一輪車で運ぶことになります。後は、ジョーレンやスコップ、そしてトンボで均一にならしますが、均しただけでは内部に気泡が入り、いわゆる「豆板」になりますから、全体にバイブレーターをかけると良いのですが、お持ちじゃないでしょう。で、代わりに棒で、突いて行くのです。(特に、基礎や、型枠の周辺を重点的に、型枠は、金槌で、こんこん叩いて振動を与えてやる)トンボで均した面は砂利が飛び出しているので次に、この砂利を沈めるために、角材(10cm角で、長さは2~3メートル)に足を付けて平均台のようなものを作り、これをひっくり返し、二人でそれぞれの足を持ち、息を合わせて打設したコンクリート面に打ち下ろして(バチャバチャという感じで)行きます、こうすると平らになりつつ飛び出していた砂利が沈み、代わりにモルタルが浮いてきますからその後のコテで均すのが楽になります。
一人でするなら専用の工具が売ってます(名前は知りません。土間均し専用工具で、長方形の金網に取っ手を付け、金網の横にゴムシートが取り付けられている形のもの)
木ゴテだけでも慣れれば砂利は沈んで行くようですが・・・・。
金ゴテ仕上げをしたいのであれば、木ゴテで均した後、表面に浮いた水が引くまでしばらく待ちます。(この、水の引き加減を見分けるのが素人には難しい)
金ゴテで撫でているときにコテが砂利に引っかかると石が浮いてきてきれいに仕上がりませんから、そうならないように、砂利はしっかり沈めて表面にはモルタルの層が出来るように木ゴテで均しておくのです。
金ゴテを使うときは、自分の足形が出来ないようにコンパネを敷いてその上に乗って作業をしますが、可能であれば空中に足場板を渡せるようにしておき、その上に乗って作業が出来れば最高です。
なお、金ゴテで均すときに「表面硬化剤」を使うと、コンクリートに色が付けられてしかも、硬くなり、ほこりが立ちにくくなります。
がんばって、すてきな車庫に仕上げてください。

プロではありませんが、土間コンクリートは何度か経験していますので。
まず、生コンですが、「土間用」と言って注文すると、スランプの小さいものを持ってくるので、「土間に打つけど、素人だから、スランプの大きめのもの」と言って注文します。(スランプの大きいものの方が、流動性が高く、作業がしやすいけれど、強度が同じなら、値段が少し高い)
生コン車が届く前に、打設する部分(下はたぶん、砕石、あるいは土でしょう)に、十分散水をしておきます。
生コン車のシュート(コンクリートを流す樋)が...続きを読む

Q駐車場のコンクリート 鉄筋かメッシュか

駐車場を1台分広げようかと思い、
数社に見積もりをお願いしました。
外溝やさんとリフォーム店ではメッシュで、
造園屋さんは鉄筋を入れないと絶対にだめだといいます。
また、ある程度高さがあるので一般的なブロックではなく
型枠ブロックか天然石の入った丈夫なものでないと
検査に通らないと言われました。
外溝やさんに頼んだ場合、おそらく市を通したり
しないのでしょうが
造園屋さんの施工内容はかなりしっかりしすぎな
気がします。
一般的にはメッシュが主流だと思いますが
鉄筋を入れれば費用も数十万円違ってきますし・・・
実際に、ほとんどの一般家屋の駐車場の施工は
メッシュでしょうか?

Aベストアンサー

一般にはワイヤーメッシュで宜しいでしょう。
主に表面のひび割れ防止が目的です。
従ってコンクリートの上部側に配筋します。
鉄筋を入れるのは違った目的ではないかと思います。
上戴荷重に対しての物であれば下側に配置すると思われます。

どちらがしっかりしていると言う事では無いと思います。
造園屋さんでも一定の知識がある方も居ると思いますがお話しの内容からは過剰設計に思います。
路床・路盤の状況によりますので参考意見としてお考え下さい。

Q駐車場にワイヤーメッシュが入って無い。手抜き工事?

築25年くらいのセキスイの家に住んでいます。
以前から、うちの自宅前の駐車場はひび割れが多く、陥没しているような箇所もあり、
家との境目もひび割れがひどい状態でした。

先日下水の工事があり、業者が来てうちの駐車場をいくらか掘りました。
そして言われたんですが、
「駐車場も塀の下も、玄関前もワイヤーメッシュが全く入っていないんですね。
コンクリートの下の土が経年で締まって下へ降りているので、コンクリートの下は空洞の状態ですよ。普通は補強のためにワイヤーメッシュを入れるんですけどね。だからこんなにコンクリートが割れてるんですね。」
とのこと。
特に営業トークという感じでも無かったので、事実だと思います。

25年前の建築なんですが、必ずしもワイヤーメッシュを入れるものではないのでしょうか。
それとも手抜きをされているのでしょうか。

Aベストアンサー

駐車場ですからね。
よほど地盤が軟弱でなければ、ある程度突き固めただけで舗装することも多いようです。
当然、その時にどの程度の物にするかの相談があったと思いますが、費用次第でどのようにでも成ったかと。
しかし、25年経った現在、表面にひび割れ程度で有れば十分に機能を保って居るようで、住宅耐用年数から考えても、手抜きや問題有る舗装とは考えられないでしょう。
むしろ、今後何年かの後の住宅建て替え時に、無駄にしっかりした舗装は後始末に余計な経費が掛かることも有りそうです。

Qコンクリート打設後の養生について質問です。明日ミキ

コンクリート打設後の養生について質問です。明日ミキサー車を呼んでdiyにてコンクリートを初めて打設します。ガレージのベタ基礎風で面積は約10m2で厚さ120mm(ワイヤーメッシュ入り)です。この時期に必要な養生はありますか??立ち上がり配筋があるためブルーシートをかけることによるトラブルもゼロではないことも予想されます。場所は正午を挟み4時間ほど日は当たりますがその後は日影(打設時間以降ほぼ日影)。雨は降りそうにないです。ブルーシートはかけるべきでしょうか??それと、散水はするべきでしょうか?また、散水は表面を濡らす程度ですか?それとも型枠内に浅いプール(数cm)ができる程度ですか?打設後どの位して散水するのでしょうか?
コンクリートは業者に相談して、21ー18ー20Nとのことです。

ご回答よろしくお願いします!

Aベストアンサー

ポイントは次の通りです。
・どんなコンクリートでも凍ればアウト。 打ち直しです。
・保温はある程度あった方が固まるのが早いです。
 しかし自分でもしばらくは熱を出すので、昨今の気温では必要なし。
・固まるのはセメントの化学反応によるもので、必要な水分が関係します。
 水は過ぎると表面のセメント分が流れ、そこの部分は砂になります。
 また、風が当たり水分が不足するとひびが入りやすいです。
 (一度入ったクラックは部分強度的に保証されるようには治りません)
・シートで覆う方法は、仕上げた面に早期に接触すると、明らかに表面に痕が付きます。
 (場合によっては、密着してはがれにくい時が多いです)

・表面が乾かないうちに翌日から1週間程度は、散水管理をした方が良いと考えます。
 (プール状にすることはいけません。常時濡れた状態が理想です。)
・指触乾燥になるまでの間は、雨は水滴痕がつき表面が砂になります。

以下は標準生コンでの目安です。
・人が乗っても大丈夫のようになるまでに大体2-3日くらいかかります。
 型枠を外すのは7日後くらいが目安です。でも車の乗り入れは出来ません。
 車は4週間見ないと角が欠けるとかの万が一ということもあります。

追伸、排水が上手くなるように表面に一定の勾配をつけて、凹凸が部分的にないように
仕上げるのは左官の腕次第です。
(後日モルタルで修正しなくてもよいように頑張って下さい=その場合部分的に薄くは出来ません) 

ポイントは次の通りです。
・どんなコンクリートでも凍ればアウト。 打ち直しです。
・保温はある程度あった方が固まるのが早いです。
 しかし自分でもしばらくは熱を出すので、昨今の気温では必要なし。
・固まるのはセメントの化学反応によるもので、必要な水分が関係します。
 水は過ぎると表面のセメント分が流れ、そこの部分は砂になります。
 また、風が当たり水分が不足するとひびが入りやすいです。
 (一度入ったクラックは部分強度的に保証されるようには治りません)
・シートで覆う方法は、仕上...続きを読む

Q土間コンクリートの厚みは?

近々、倉庫の土間にコンクリートを打つ予定です。

そこで業者さんと話し合っている最中で、厚みを2通り勧められました。
1.コンクリートの厚みは70mm程度として、線径5mm,150mm角のワイヤーメッシュを敷く。
2.ワイヤーメッシュなしで、コンクリートの厚みは100mm程度。

どちらの方が良いでしょうか?
メリット、デメリットなどありましたら教えて下さい。

ちなみに、置いておく物(機械)で最大重量があるのはフォークリフトで4,5tです。

Aベストアンサー

お礼の補足について
最低ワイヤーメッシュを入れる事をお勧めします。
1tぐらいの軽トラ、1.5tぐらいのトラクターが頻繁に出入りするなら
推奨
コンクリート厚さ100mmのファイバーコンクリート打設(コンクリート設計強度F18)をお勧めします。
私が過去(平成5年)に設計した倉庫物件は、3tリフトが頻繁に走行する倉庫で、厚さ120mmファイバーコンクリート打設で、現在も何の障害も発生していません。
車両等が入る建物の土間には、下手なワイヤーメッシュや鉄筋配筋するよりファイバーコンクリート打設が強度も大きく大変長持ちします。
施工価格は、鉄筋配筋(D10タテヨコ@150)してコンクリート打設するのと同じくらいです。
コンクリートに入れるファイバーは、ドラミックスと言います。
ご参考まで

Q生コンの配合比率について。

自分でガレージの基礎を作っているのですが、生コンの配合比率は、セメント:砂:砂利が普通は1:3:6または強度が欲しい時は1:2:4だと思うのですが、今日1:3:6で作ってみたところ、砂利ばかり目立ってとても生コンとはいいがたいような感じです。生コンというより、灰色の砂利みたいな感じです。砂利の大きさが大きいのでしょうか?砂利の大きさは大きいのが3センチ位です。基礎のステコン部分の生コンを作っています。もっと砂やセメントを入たほうがいいような気もします。砂利の大きさによって他に配合比率があるのでしょうか?どなたかアドバイスよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

 
 
見かけの容積比で1:3:6は決して間違っていませんが、使用する粗骨材(砂利)の形状によっては空隙が大きくなり、おっしゃる状態になります。砕石など角張った骨材は空隙が大きい(実績率が低い)ので、標準的な配合より砂利が多く必要になり、セメントと水も多くなりますが、セメントと水だけを加えるのはひび割れ防止の上ではちょっと問題があります。

強度をそれほどシビアに管理しなくていいのであれば、砂利(砕石)少なめ、砂多め、セメントそのままかちょっと多め位でいいと思います。水とセメントの比率は変えないほうが良いでしょう。

 
一般的な普通コンクリート1立米の配合重量は
水:180kg
セメント:315kg
砂:780kg
砂利:1025kg

これで2.3tとなりおおよそ1立米になります。参考にしてください。

Qコンクリートの養生期間について

早速質問させて頂きます。
コンクリートの養生は季節によって期間が違ってくるのでしょうか?
私は12月から家の方が着工しております。
基礎のコンクリートはこの時期、どれ位養生期間が必要ですか?
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

これについては種々実験されて、色々な基準も決まって
居るんですが、一般的に、良心的な施行者なら一週間
程度取るでしょう。(特に、今のような寒い時期は
尚更)

なお、この種の施行を行う者のバイブル(のような)存
在として、土木学会コンクリ-ト標準示方書というのが
あるのですが、その中では、普通ポルトランドセメント
(要は普通のコンクリ)で5日、早強セメントで3日と
なっておった筈です。
(筈...と云いますのは、今手元にそいつが無いからで
 すが、先に書いた"一週間"は、施行屋の良心として
 安全率を見込み、かつ、出来る限り工期を短縮して
 お客様の経済的負担を減らすという、二つの観点の
 中庸を取ると、大体この位になるでしょう。)


蛇足ですが、養生について少し。
養生ってのは、単なる放置じゃないんです。
もし、単に放置しているだけなら(極論すれば)いくら
放置していても駄目です。

【コンクリートの強度(実験結果より)】
 は打設(コンクリートを打ことです。)後1年の物の
 強度を100%としますと、約1ヶ月で80%、約3ヶ月で
 90%の強度が出ます。パーセントの強度が出ます。
 (それ以後も徐々に強度は上がります。 また、1年
  経過後も徐々に強度は上がります。)
 しかしそれも、その期間中に正しい環境条件としてい
 た場合。 コンクリは、85%以上の相対湿度で硬化が
 始まり、乾燥に伴う収縮も小さくなります。
 ですが、もし打設後直ぐの強度が十分に出ていない
 時期に、湿度が低すぎる状態にさらしていると、急激
 な収縮が発生して、コンクリの割れ・ヒビ(=基礎強
 度低下)が起きます。
 

そこで、養生期間中の注意点を少々。

【正しい養生(簡単に....)】
1.湿潤養生をする。(急激に乾燥させない)
 打設後、例えば乾燥しないように散水をする、表面から
 急激に水分が蒸発することを防ぐために、養生シート
 をかぶせる等。
 (高価な施行では、シートの代わりに"膜養生剤"と
  いうものを塗布する方法もありますが....)
2.温度保持
 養生中は、コンクリート温度を5度以上に保つように
 します。(保温・防湿シートによる養生等)
 もし日平均気温が4度以下になるようなら、凍害と
 いって、コンクリートの凍結(厳密にはコンクリ中
 の水分の凍結)が発生し、基礎強度低下の原因と
 なりますから、寒中コンクリートという施行方法
 (凍結しない、しにくいコンクリを用いる方法)
 を採ったり、気候を見てやったりします。


まとめますと、養生ってのは期間を取れば良いという
訳でなく、有る程度の強度が出てくる期間、すなわち
施工屋の基準なら一週間程度は、十分な養生をしてやる
事が肝心です。
ちなみに、季節によっても(コンクリ温度によっても)
若干変わりますが、冬だから劇的に短くなるって事は
ありません。

 ※私も専門はエネルギ・環境系で、この部門では
  2年ほどしか飯を食っていませんから、もし
  念を入れられるなら、町の設計士事務所等で
  依頼して、施工中の視察やアドバイス等を
  受けられることをお勧めします。

これについては種々実験されて、色々な基準も決まって
居るんですが、一般的に、良心的な施行者なら一週間
程度取るでしょう。(特に、今のような寒い時期は
尚更)

なお、この種の施行を行う者のバイブル(のような)存
在として、土木学会コンクリ-ト標準示方書というのが
あるのですが、その中では、普通ポルトランドセメント
(要は普通のコンクリ)で5日、早強セメントで3日と
なっておった筈です。
(筈...と云いますのは、今手元にそいつが無いからで
 すが、先に書いた"一週間"は、施行屋...続きを読む

Q土間コンクリートの配筋について

駐車場の土間コンクリートを施工するため、鉄筋はD-10の□150から200のシングルで検討しております。
左官の見習い程度の素人が施工しますため、鉄筋については既成品のメッシュワイヤーを利用したく考えておりますが、現場でD-10鉄筋で組むのと、既成品のメッシュワイヤーとは経費的にもかなり違ってくるものでしょうか。
また、施工のしやすさはどちらがよろしいのでしょうか。
素人的な質問となりましが、施工性と経済的な検討もしたいため、どなたかご教授よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

防湿シートは、土壌の乾燥していない地域などに土との絶縁ということですが、生コンの過不足抑える意味でも使います。雨の養生にも役だちます。21Nでいいですね。あとは、2台分とかでしたら割れ防止に目地を入れるといいですね。レベル調整剤をかねて。私の方ではD10は使ってませんが(D8ぜんごかな?)重ねは全部固定しますね。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング