こんな質問しにくいのですが、よく分からなくなったので宜しくお願いします。
例えば1000円の商品が30%割引の計算と、3割引になったときの計算方法を教えてもらいたいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

アンサープラス

現在は、スマートフォンを持っている人も多いですよね。


下記のサイトでは、iPhone(アイフォーン)の標準アプリである「計算機」での割引きや税込みの計算方法について紹介していますので、参考にしてみてくださいね。

・iPhoneの計算機で簡単に割引の計算をする|MacFan
https://book.mynavi.jp/macfan/detail_summary/id= …

A 回答 (5件)

♯2の者です。



>元の値段が例えば1525円など中途半端な場合も、それを100%として計算することであっているでしょうか?
その通りです!

金額がどんな金額であろうとも、それを100%として考えてOKです。

>1525円から30%割引なら
>1525円×70%=  になるでしょうか?
1,525×70%=『1067.5』が支払う金額です。

割引とは、上記金額を例にしてご説明すると、
『1,525円から30%分だけ値引きしますよ』という意味です。
よって、1,525×30%=『457.5』が値引きをされる金額です。
これらから、支払う金額は、元値の1,525から30%分の457.5を引いて…
 1525-457.5=1067.5
『1067.5』が支払う金額となるのです。

ただ、これをしていると『割引される金額』・『支払う金額』と、
2回も計算しなくてはならなく面倒ですよね?

よって、割引される30%を算出するのではなく、
支払う70%を元値(1,525)に掛けることで、1回の計算で算出できることになります。

ちょっと、説明が長くなりましたが、分かりますでしょうか?
お役にたてば・・・
    • good
    • 131

私のやり方ですが、


1000円を10分割=100円
100円×3=300
1000円ー300=700円ってしてます。
    • good
    • 91

概算で考えてしまいます.


1525円の3割引きなら, 10引く3割=7で,15×7=1050と計算し易くしてしまいます.  (小数点などは無視してしまいます.)
    • good
    • 61

1000円が100%(=10割)ということは、分かりますでしょうか?



そのうち、30%(3割)を割り引くということは、
残り70%(7割)が支払わなければならない金額ということです。

よって…
1000円×70%(7割)=700円
で算出(*70%・7割=0.7)が出来ます。

参考になさって下さい。
    • good
    • 44
この回答へのお礼

元の値段が例えば1525円など中途半端な場合も、それを100%として計算することであっているでしょうか?
1525円から30%割引なら
1525円×70%=  になるでしょうか?

お礼日時:2007/08/19 04:28

(1)30%引き


1000円-1000円×30÷100=700円

(2)3割引き
1000円-1000円×3÷10=700円

(1)=(2)です。
    • good
    • 46

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q西友5%割引の対象外商品は?

西友では、毎月原則5日と20日に、
セゾンカードで買い物すると、5%オフ
になるのは有名な話ですが、商品の中には
5%オフにはならない商品があるそうです。
どの商品なのか具体的に教えてください。
(割引対象外商品リストがまとめてある
URLがあればそれを教えてください。)
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

確か、タバコ、お酒、商品券、ギフト券(麦酒券、UCギフトカード等)、バスカード、地下鉄のカードなどのプリペイドカード、航空券、その他金券類、旅行代金、書籍、CD、一部のテナントです。URLはなかったと思います。サービスカウンターに直接聞くしかないです。

Q「10%ポイント還元」と「1割引(10%オフ)」

何年か前に、家電に詳しいお笑い芸人さんがテレビ番組で、家電量販店で行われている「10%ポイント還元」と「1割引(10%オフ)」の差を詳しく説明して、皆の関心&感心をひいてました。
私もその説明を聞いて感心したのですが、時を経て、その説明内容を忘れるに連れ、ポイント還元と割引のお得度の差がしっくりきません。
例えば、70000円の家電を購入した場合、10%ポイント還元では70000円の支払いで、後ほど、ポイントで7000円分の買い物が出来ます。1割引(10%オフ)だと、その場で63000円を支払い、7000円が浮くことになります。
この感覚だと、7000円のリバースは変わらないし、ポイントはそのお店でしか使えない制約以外は差がないように感じてしまいます。

己の馬鹿さ加減を露呈しているようでお恥ずかしいのですが、どなたかわかりやすくご教示いただけたら幸いです。

Aベストアンサー

10%ポイント還元を受けると仮定すると、以下のような買い物になります。

1. 10万円の家電を購入→支払い10万円+ポイント1万円分発生

2. 1万円の商品をポイントで購入→支払い0円+ポイント消滅

-----------------------------------------------------------
合計 10万円の支払いに対して、10万円の商品+1万円の商品が買えます。

次に10%引きで買ったと仮定します。

1. 10万円の家電を購入→支払い9万円

2. 1万円の商品を買ったとします→支払い 9000円

------------------------------------------------------------
合計 99000円の支払いに対して、10万円の商品+1万円の商品が買えます。

すなわち、ポイントで買い物をすると、その買い物にはポイントが発生しません。よって、ポイントの本当の価値は、90%分(10000ポイントなら9000円相当)となります。

ただし、発生したポイントで、ポイントの付かない商品を買った場合は、ポイントがそのまま現金と同じ価値になります。私は、ポイント還元を受けてから、ポイント還元の無い商品をポイントで買うようにしています。

10%ポイント還元を受けると仮定すると、以下のような買い物になります。

1. 10万円の家電を購入→支払い10万円+ポイント1万円分発生

2. 1万円の商品をポイントで購入→支払い0円+ポイント消滅

-----------------------------------------------------------
合計 10万円の支払いに対して、10万円の商品+1万円の商品が買えます。

次に10%引きで買ったと仮定します。

1. 10万円の家電を購入→支払い9万円

2. 1万円の商品を買ったとします→支払い 9000円

-------------------------------------------...続きを読む

Q高速道路、ETCの休日1000円割引について。

高速道路、ETCの休日1000円割引についてなのですが、6/19にて終了するようですが、その後はどうなるのでしょうか?

ちょうど7月上旬に岩手~大阪にて利用しようと思っていたので、この区間がどういう料金体系になるのか、また、実際いくらでいけるのかが知りたいです。

国交省のページを見ましたが、わかりにくくて…(無料になる?)

どなたかご存知の方、お教え下さい。
どうか宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

詳しい日時は未定の部分もありますし、私の記憶違いもあるかもしれず・・・

1.今度の週末で終了するのは、ETC装着車なら誰でも適用される休日上限千円制度。

2.その後も休日5割引制度は継続する(はず)

3.次いで、今回の震災によって自宅の損壊受けた方や原発の避難対象者は罹災証明書などを提示する事で無料になる。(対象路線は全路線)

4.で、その先には被災地域に位置する高速道路の無料化措置
  こっちは路線が対象で利用者の限定は無い

中型車以上の車両に対する無料化措置もあると聞くが、その対象が6/20~適用なのか?4の制度と同時なのか?一般人にとっては直接関係ないので詳しくキャッチアップしていない

Q5%割引の際の、小数点以下の扱いについて

たとえば1000円(税抜)の商品は税込で1050円となります。
ここから5%割引をする時に、電卓で計算すると
1050×5%-=997.5というように小数点以下がでてきます。

この場合1050円の5%割引は997円なのか、四捨五入して998円なのかがわかりません。小数点以下は切り捨てるべきなのかどうかわかる方、お願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちは

事業者が税込価格を表示する際には、切捨て、切上げ、四捨五入などは、その事業者の裁量に任せられています。
財務省のQ&A
http://www.mof.go.jp/jouhou/syuzei/siryou/sougakuhyoji/a_001.htm#7

しかし、レシートを元に家計簿をつかる際などには、レジがどのような計算方法になっているかによります。税込価格で支払額を計算しているのか、本体価格から消費税を計算して総支払額としているかです。
例えば、今回の場合、割引後の本体価格950円、税込価格997円で、2つ購入したとします。

税込価格計算では  997×2=1,994
本体価格ベースでは 950×2×1.05=1,995

どちらの計算も、法律に則ったもの、後者は事業者とお客をの間のトラブルの元となるので、前者の方法への変更を勧めているようですが、税込価格の表示義務はレジシステムの変更を含んだものではないようですので、強制力などはないようです。
どちらかというと、「買う側」より「売る側」、つまり役所に直接消費税を納める側の問題になりますので・・・

http://www.mof.go.jp/jouhou/syuzei/siryou/sougakuhyoji/sougakuhyoji.htm

こんにちは

事業者が税込価格を表示する際には、切捨て、切上げ、四捨五入などは、その事業者の裁量に任せられています。
財務省のQ&A
http://www.mof.go.jp/jouhou/syuzei/siryou/sougakuhyoji/a_001.htm#7

しかし、レシートを元に家計簿をつかる際などには、レジがどのような計算方法になっているかによります。税込価格で支払額を計算しているのか、本体価格から消費税を計算して総支払額としているかです。
例えば、今回の場合、割引後の本体価格950円、税込価格997円で、2つ購入したとします。

...続きを読む

QTシャツで 綿100%や 綿40%ポリエステル60%

Tシャツで 綿100%や 綿40%ポリエステル60%

がありますが、 どちらの方が空気を通しやすく、蒸れないでしょうか?

その他にムレにくい繊維ははどのようなものがありますか?

Aベストアンサー

綿100%がさらっとして気持ちがいい、っていうのは着た瞬間だけです。
いったん汗を吸ってしまうと乾きも遅いし、実は気持ちよくありません。
ポリエステル100%は繊維自体が汗を吸わないので、不快に思いますが、実は面として汗を吸収し、乾きやすいので快適です。白いシャツは黄ばまないし、プリントも色あせないし、いいですよ。
アウトドアウエア、スポーツウエアなどはみんなポリエステル100%ですね。
空気を通しやすいというのは「編み方」の問題で、繊維の問題ではありません。
日本人は綿100%信仰、化繊は安物。という思いがありましたが、ヒートテックのおかげで化繊も抵抗がなくなっているでしょう。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報