昨年の10月に個人事業として仕事を始めました
恥ずかしい話ですが
まだ個人事業としての開業届けを出していません

取引相手に迷惑をかけてはいけませんので
早くに届けを出したいのですが
いつを開業日として出せばよいでしょうか?

去年までを遡って出したほうがいいんですか?

また開業届けの初年度は青色ではなくて
白色になるという話を聞いたのですが
本当なのでしょうか?

今から出せば罰則は
ないでしすよね

個人事業の方は
ほとんどが初年度に出してるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

開業届」に関するQ&A: フリーランス、開業届と確定申告

開業」に関するQ&A: 開業

A 回答 (5件)

 seiwakokoさん こんばんは



 個人事業主の開業届けに付いては「開業後1ヶ月以内に届け出る」と言う法律になっています。しかしこの法律を無視して事業をしていても、一切の罰則があるわけでは有りません。世の中には不勉強で、個人事業主の開業届けを出さないと個人事業主でない事を知らずに事業をしている方もいます。そう言う方をどうのこうのいう訳ではないですし、税務署も鬼ではないので知らないで事業をしてしまった事については税務署が何にも言いません。まずは急ぎ今までの事を財務所に伝え、今後どの様な処理をすべきかを確認しましょう。その時点で」何時を開業日にするか税務署が決めて頂けます。昨年に遡って事業を開始した日を「開業日」にするか話を持っていった日を開業日にするか等は税務署が決める事です。後は税務署の指示に従って下さい。

 青色申告をしたい場合は「青色申告の届け出」をしなければなりません。「青色申告の届出」を提出出来るのは期間が決っていて「開業日から2ヶ月以内」または「1/16~3/15」です。例えば明日税務署に今まで事を全て話して開業日を決めてもらいに行ったとして、明日を開業日と決めて頂けた場合、8/30~10/30までに青色申告の届出をすれば今年分の確定申告(つまり来年の2/16~3/15に提出する確定申告)から青色申告で確定申告をする事が可能です。もし昨年の10月に事業を始めた日を「開業日」と決められた場合は、今年分の確定申告は白色申告になります。そして1/16~3/15の間に忘れずに青色申告の届けを提出出来れば、来年分の確定申告から青色申告での確定申告をする事が可能になります。

 まず最急ぎ税務署に確認に行って下さい。そして決められた開業日に合わせた提出期限に合わせて、青色申告の届け出をする事になります。殆どの個人事業主は、「個人事業主の開業届け」を提出するのと同時に「青色申告の届け出」を提出してるハズです。開業時に「青色申告の届け出」を提出出来る期限が一応2ヶ月有るのですが、2ヶ月なんてあっと言う間に過ぎ去ってしまう日数です。ですから、忘れない様に同時に提出するのが一般的です。
    • good
    • 14

期限内に開業届・青色申請を出せば初年度から青色の特典が受けられます。


税務署が認めるやむを得ない事情がない限り、今から出すとなると、昨年分・今年分は青色申告は認められません。提出が来年となれば来年分も青色申告は認められません。青色申請は事前申請が基本です。

税金がかかるほどの所得があれば、所得税がかかり、遅れた分の延滞税などが発生します。あなたからの申告より先に税務署からの指導や調査があった場合には、別途加算されることになります。

開業日は開業した日です。収入が発生するかどうかは別問題ですが、収入より後の日になることはないでしょう。本当の日を記載しましょう。

今からですと損失(赤字分)は繰り越せません。損失の繰越や青色控除(65万)・家族への給料などは青色申告の特典ですから、利用できるのは来年分(再来年申告)からです。
    • good
    • 12

>昨年の10月に個人事業として仕事を始めました…



10~12月分の確定申告はしたのですか。
「所得」(収入ではない) が 38万円以下しかなかったのなら申告しなくてかまいません。
38万円以上あって申告していないのなら、今から「期限後申告」をしましょう。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1350.htm

>まだ個人事業としての開業届けを出していません…

開業届のみについて言えば、出さなくてもペナルティはないようです。

>また開業届けの初年度は青色ではなくて…

開業日から 1ヶ月以内に開業届、2ヶ月以内に青色承認願いを出せば、青色申告ができます。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2090.htm

>今から出せば罰則はないでしすよね…

もし、昨年分が申告の必要があるのにしていなかったなら、「延滞税」と「無申告加算税」というペナルティがあります。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2024.htm

>個人事業の方はほとんどが初年度に出してるの…

少なくとも、青色申告をしようとする人は、期限内に出していますよ。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm
    • good
    • 6

※ 申告書について、白色は大雑把。

青色は詳細。つまり白色は後で追加納税の督促があるかもしれないのです。最初は分らないので申請後、大雑把に計算して申告する場合があります。青色でよいですよ(^・^)

※ 素直に平成6年10月開業としてください。経緯を聞かれたら忘れていました。どのように対処すればよいでしょうか?その為の役所です怖くない(>_<)

> 今更、質問の最後の回答・アドバイスをしても、どうにもならないので、まな板の鯉になってください。
    • good
    • 4

青色してます



昨年の10-12月分の申告はどうされたのでしょうか?
今年の確定申告の必要が有ったはずですが?

それも忘れていたのなら素直に税務署に相談された方が良いと思いますよ

悪意で無かったのなら税務署は恐くありません

開業とは関係なく、収入があったのなら確定申告は必要です

>開業届けの初年度は青色ではなくて

私は初年度から青色でした、事業規模と認められればそうなるでしょう
    • good
    • 4

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q参考までに開業医と大きな病院では・・

参考迄ですが、一般の総合病院(大学病院)の消化器外科と、消化器外科専門の開業医ですと、開業医の方が検査の技術等は優れているのでしょうか・・?開業医をされるにはそれなりの技術や専門知識を積んでると聞きました。(無痛の経鼻胃内視鏡は比較的、開業医の方が行なっているようですし・・。)今までは、検査(胃カメラ・大腸ファイバー他)をするのなら、大きな病院の方がと思って居りましたが・・。実際、自分が診察を受けてみて感じたのですが、大きな病院では設備が整っていますが、医師によっては検査技術がいまいちなど、あるように思いました。

Aベストアンサー

こればっかりは医師の経験と年数次第です.開業医はそれなりに経験を十分積んできております.
大学病院は未だ若い先生もいます. 修行中の先生が居る訳です.教授を中心として難病にも取り組んでいますから,難しい病気は大学病院で,普通の病気であれは個人病院でと使い分ければいいと思います.

Q初歩的な質問で…昨年個人事業を始めたのですが、パートさんに支払う交通費

初歩的な質問で…昨年個人事業を始めたのですが、パートさんに支払う交通費について質問です。給料明細に交通費として記載して支払った場合、役所に提出する給与支払い証明書には、交通費を差し引いて賃金のみ一年間分を記載して提出すればいいのですか?そうした場合、パートさんに支払った交通費の分は事業主側はどのような形で経費計上すればいいのですか?領収書とうがないので、記載方法が解らず質問しました。是非とも教えていただける方がいらっしゃれば助かります。

Aベストアンサー

順序としては、給与を支払った時に交通費を非課税として
支払ったのか、給与等と混ぜて課税所得として支払ったの
か、どちらかをはっきりさせる必要があります。

非課税(所得税)として支給しているのであれば、
旅費交通費として費用計上、課税所得として支給して
いるのであれば給与として費用計上。

給与支払報告書には非課税支給しているのであれば
交通費を含まない金額を記載、課税所得として支給
しているのであれば交通費を含めた金額を記載。

Q歯科医、大学付属病院か開業医かの選択肢のことで

たとえば、根幹治療でも、開業医さんによって得意かどうか差があるらしいのですが、大学付属病院の中の歯科でも、各病院によって腕の差があるのでしょうか?素人判断ですが、大きい病院内の歯科のほうが設備が整っているような感じを持ってしまい、腕の良い開業医さんを探すより、直接大学病院に行ったほうが手っとり早いように思ったりもします。
また、技術レベルの信用度は、開業医でも大きい病院でもおなじことなのでしょうか。
開業医を何回か変えており、治療が長引いてしまっています。

Aベストアンサー

根の治療(根管治療)に関しては、大学の差、病院の大きさの差など無いといっていいです。
開業医でも大きな差があり、大学病院でも先生によって大きな差があり、また患者さんの歯によっても、その状況によって差が生まれます。

根管治療では歯医者を替えたり長期間中断すると、最初からのやり直しになりますから、あまり替えなくてイイ方法を考えましょう。

Q個人事業の経理について 来月から個人事業を始めることになり、経理という壁にぶつかっています… 今

個人事業の経理について


来月から個人事業を始めることになり、経理という壁にぶつかっています…
今やってきたことは
1 今までプライベートで使っていた口座を事業の口座として利用し、妻の口座をプライベートの口座にする
2 エクセルで開業費の一覧を作り、領収書や口座、クレジットの明細を整理する
3 弥生の青色確定申告オンラインをダウンロードし、開業費を繰り延べ資産(5年)として入力
4 手提げ金庫を2つ買い、事業の金庫と、プライベートの金庫として分ける

ここから質問なのですが
1 経費は領収書がなくてもクレジットの明細でも代用可能ですか?
2 基本的に弥生の確定申告オンラインに入力していけば現金出納帳や預金出納帳をノートなどで手書きしなくてもいいのですか?
3 今までの口座のお金は事業主借としておけばいいのですか?

補足として、サービス業をやろうとしており、基本的に現金で売り上げが入る予定です。
今まで経理に携わったことがなく勉強中なのですが…初心者におすすめな本やホームページがあったら教えてもらえると嬉しいです。他にもアドバイスや小技がありましたらご教授いただけると泣いて喜びます。

個人事業の経理について


来月から個人事業を始めることになり、経理という壁にぶつかっています…
今やってきたことは
1 今までプライベートで使っていた口座を事業の口座として利用し、妻の口座をプライベートの口座にする
2 エクセルで開業費の一覧を作り、領収書や口座、クレジットの明細を整理する
3 弥生の青色確定申告オンラインをダウンロードし、開業費を繰り延べ資産(5年)として入力
4 手提げ金庫を2つ買い、事業の金庫と、プライベートの金庫として分ける

ここから質問なのですが
1 経費は領収書が...続きを読む

Aベストアンサー

税理士への依頼ができれば、大概の指導も代行もしてくれます。
ご自身で行うにしても、青色申告会や商工会などでの経理指導や申告書類の作成などのアドバイスも受けられます。

とりあえずの回答として書かせていただきます。

1についてですが、お金の支払いや取引が事実であれば、領収証でなくとも問題ありません。税務調査で問題視されて困らないようにするためにはm明細などもすべて保管されるとよいでしょう。特にクレジットカードであれば、利用をクレジット会社が証明しているようなものですし、支払事実は口座の引き落としで確認できます。ただ、何を買ったなどと言う詳細まで記載があるわけではありませんので、クレジットカードの利用明細(領収証のようなもの)は必要でしょうね。通販などであれば、確認できるメールを印刷しても問題ないでしょう。
極端な話、自動販売機で営業先への差し入れの飲み物をかったような場合には、当然領収証はありません。しかし、経費で当然問題ないのです。出金伝票などで記録を残せば問題ないのです。ただ、あまりにも多いと嘘かもしれないと言われかねませんので、コンビニ利用などがよいとは思いますがね。

2についてですが、帳簿の作成が手書きではいけないなんて法律はありません。パソコンでの作成でも問題ありませんので、通常のソフトだけでなく、オンラインソフトでも何ら問題ありません。
ただし、電子帳簿の利用に関する届け出をしない場合には、帳簿は基本的に印刷しておく必要はあります。言われたら出せるのではなく、定期的な印刷による補完である必要会あるでしょうね。

3についてですが、事業主借(店主借)という勘定科目でもよいのですが、一番最初ですので元入金とすべきだと思います。
事業主借勘定科目などは、元入金の経過勘定科目などと呼ばれる科目となり、決算により元入金の調整をされるものとなります。

青色申告の優遇は大きいので、青色申告の承認申請を期限内に行った上で、複式簿記の考えを理解の上で会計帳簿の作成(入力)をされるとよいと思います。

最後になりますが、経理を軽んじる方も多いようにイメージしていますが、経理職もある意味専門職です。会社ごとの経理職の対応業務内容によって専門度合いは異なるでしょうが、経理のやり方次第で税負担なども大きく異なります。誰でも同じ計算になって正解が一つとは限りません。税理士はプロとしていろいろな制度を把握したうえで依頼者有利の判断で対応してくれます。あなた自身で自信がなければ早い段階で依頼されることをおすすめします。

税理士への依頼ができれば、大概の指導も代行もしてくれます。
ご自身で行うにしても、青色申告会や商工会などでの経理指導や申告書類の作成などのアドバイスも受けられます。

とりあえずの回答として書かせていただきます。

1についてですが、お金の支払いや取引が事実であれば、領収証でなくとも問題ありません。税務調査で問題視されて困らないようにするためにはm明細などもすべて保管されるとよいでしょう。特にクレジットカードであれば、利用をクレジット会社が証明しているようなものですし、支払事実...続きを読む

Q総合病院と開業医とでの、薬の量の違い

最近、総合病院から近所の開業医に紹介状を書いて頂いて転院しました。
理由は、開業医のほうが近いからですが。
ただ、今までは、薬を2ヶ月分処方して頂いていたのが、開業医は2週間分に減りました。
これでは、診察料と通院回数の関係で損です。
何故、まとめて出してくれないのでしょうか?

Aベストアンサー

当然ですが,mey_3さんの病名や症状は分かりませんので,内科系の慢性疾患と考え,一般的な回答にとどまることをご了承ください.

薬剤の処方日数に関しては,法律上の制限は現在はほとんどなくなっています.特定の薬剤をのぞき,何ヶ月分でも処方することが可能です.しかし,実際は,病院や診療所ごとに処方日数の上限を決めています.これは,既に他の回答でご指摘されているように,治療方針の違いが理由の一つとしてあります.

大病院の専門外来では,病気がある程度コントロールできるところが目標になります.おそらくmey_3さんも,最初は2ヶ月処方ではなかったのではないと思いますがいかがでしょうか? 徐々に通院回数を減らしていき,ある程度のところで「かかりつけ医」に紹介するというのが理想の一つです.
「かかりつけ医」は,専門医と違い,悪くならないように経過を見ていき,悪くなるようであれば,専門医に紹介しなければならないという立場になります.「かかりつけ医」は総合医であることが理想ですが,今の日本では,総合医の研修体制のあるところはほとんどなく,開業してから総合医としてのスキルを磨くの医師が多いのが現状です.そのためブラックジャックやDrコトーのような医者はごくまれで,「かかりつけ医」の多くは,自分の専門外の病気を診なければならず,自然と通院回数は多くなってしまうのは容易に想像されます.

また,全く違う視点ですが,保険制度自体にも関わる問題があります.
日本の再診料はかなり低く抑えられており,欧米のように1日10人診れば生活できるという程は収入は得られません.また医薬分業が勧められているため,いくら処方を多く出しても,医師の収入は増えません.そのため,営利目的で医業をする訳でないにしても,診療所を維持する最低限の収入を得るために,やむを得ず処方上限を1-2週間に決めているところも多いと思います.
この辺りの事情は,崩壊しつつある医療制度全体の問題とも絡むため,書き出すときりがないので,これくらいにしておきます.ご興味があれば,インターネットで検索すれば情報はゴロゴロしているので,調べてみるといいかもしれません.

当然ですが,mey_3さんの病名や症状は分かりませんので,内科系の慢性疾患と考え,一般的な回答にとどまることをご了承ください.

薬剤の処方日数に関しては,法律上の制限は現在はほとんどなくなっています.特定の薬剤をのぞき,何ヶ月分でも処方することが可能です.しかし,実際は,病院や診療所ごとに処方日数の上限を決めています.これは,既に他の回答でご指摘されているように,治療方針の違いが理由の一つとしてあります.

大病院の専門外来では,病気がある程度コントロールできるところが目標に...続きを読む

Q個人事業主の開業届と開業年と確定申告について

お世話になります。

学生の頃にWebサイトの運営をはじめ、そこから広告収入を得るようになり、
2010年の所得が38万円を超えたので2011年3月に確定申告を提出しました。

広告収入が安定してきていたので、仕事としてWebサイトの運営をしようと、
2011年1月半ばに開業届を提出しました。その際、青色申告の申請も行いました。

以上のような場合、2011年度分の所得に関する記帳についてお聞きしたいです。

(1) 1月1日から開業日までの間の経費は「開業費」でよろしいでしょうか?

(2) 2010年に発生した売掛金が2011年に振り込まれた場合はどう記帳すればよいですか?

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

まず、開業日の認識が違います。
実際に収入を得て申告をしたのが2010年という事ですので、2010年が事業開始日となります。
つまり、2010年12月31日までは白色申告→2011年1月1日からは青色申告に申告方法を変更する・・・という形になっただけです。
1/1~1月半ば、1月半ば~12/31という風には分けません。

従って、
(1)1/1からの経費は開業費ではなく、ただの経費です。
1/1~1月半ばの経費、1月半ば~年末の経費と分けるのではなく、1/1~12/31の経費として括って下さい。

(2)白色申告だったので、貸借対照表を付けていなかったのでしょうか?
青色申告は複式簿記により記帳をしないといけませんので、まず1/1時点の期首残高を確定して下さい。

 現金   /
 普通預金 /
 売掛金  /
 備品   /
      / 元入金(貸借の差額)

ネット広告収入という事ですので、大体こんな貸借対照表になると思います。
売掛金が入ったときは、現金(又は預金)/売掛金となります。

但し、実際に入金があった日を売上計上日としている場合は、上記の仕訳になりません。
もし2010年に売掛金/売上として処理していないのであれば、2011年の収入になります。
入金日に 現金(又は預金)/売上 として処理をして下さい。

まず、開業日の認識が違います。
実際に収入を得て申告をしたのが2010年という事ですので、2010年が事業開始日となります。
つまり、2010年12月31日までは白色申告→2011年1月1日からは青色申告に申告方法を変更する・・・という形になっただけです。
1/1~1月半ば、1月半ば~12/31という風には分けません。

従って、
(1)1/1からの経費は開業費ではなく、ただの経費です。
1/1~1月半ばの経費、1月半ば~年末の経費と分けるのではなく、1/1~12/31の経費として括って下さい。

(2)白色申告だったので、貸借対...続きを読む

Q歯科医師はすぐ開業医?

外科や内科にかかる時、町医者(開業医)にかかることもありますが、比較的大きな病院(大学や県立病院までではなく、個人病院や医療法人病院だが複数の科があるようなところ)に行くことが多いです。

そこでは勤務医として、若い医師も結構見ます。

ところが歯科となると、まず開業医に行くのが多いと思います。
大学病院まで行く人はあまりいないのでは?
そして、先のそこそこの病院(複数の医師の居る)も歯科ではまずないですよね。(まず町医者です)

歯科医師の、研修医(これは大学?)及び、医師になって開業するまでの数年? どこで働いているのでしょうか? 比較的大き目の開業医が1-2名雇っているところも見ますが、そのようなサイズの歯科医は非常に少ないです。(まず1人でやっていますね)

卒業したら(研修を終えたら)、スグ開業(1年以内とか)するケースが多いのでしょうか?

それとも私が見ない(知らない)だけ? 関東の都市部です。

Aベストアンサー

知っているのを一つだけ。友人の勤める歯科に数年いて(その男性と院長は叔父と甥)開業医になった方もいました。参考程度にして下さい。

Q今年から個人事業主としてお店を始めることになりました

私だけですが、今年はがんばって見るつもりです、
さて、教えて頂きたいのは、今年の所得の申告についてですが、
どのようなものを保管しておかなければいけないのでしょうか
売り上げ張・仕入れ張は何月から必要になるのでしょうか、・
その他いろいろありましたら、御指導下さい。

Aベストアンサー

補足について
個人事業主の会計年度は、1月1日~12月31日が会計年度となります。
今年の貴方の事業会計は、開業日から12月31日となり、この期間の会計が今年の事業申告となります。
来年は、年明けの1月1日~12月31日の会計が事業申告分となります。
詳しくは、明日お近くの税務署に行って聞けばはっきりとします。
ご参考まで

Q開業医の妻って・・・

私の夫は開業医です

具体性のない質問で申し訳ありません
「開業医の妻」ってはたから見ると どう映るのでしょうか?
お教え頂けたら有難いです
宜しくお願い致します

Aベストアンサー

セレブ。
車はベンツって感じ?笑

Q開業届けを出さずに青色申告の事業所得で申告可能?

このサイトで検索してそのような回答があったのですが、
開業届と青色申告承認申請書は無関係なのでしょうか?

青色申告承認申請書の提出期限は、
「開業の日から2ヶ月以内」とあり
開業の日=開業届を出した日だと思ったのですが。

Aベストアンサー

> 開業の日=開業届を出した日だと思ったのですが。

それは違いますね、あくまでも実際に事業を開始した日が開業の日となります。
(そうでないと、青色申告の承認申請の期限がどうにでもなってしまいますよね)

青色申告承認申請書にも事業を開始した日を記載する所があります(期限の関係もありますので)し、仮に開業届出書を出さなかったとしても、提出するように税務署から必ず連絡があるものと思います。
http://www.nta.go.jp/category/yousiki/syotoku/annai/09.htm


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報