スキナーやソーンダイクのオペラント条件付けについて、

猫がレバーを押すことを習得する。
  レバー・・・押 す > えさが出てくる・・・食べる
  (CS)   (CR)    (U S)       (UR)

となると思うのですが、もっと親しみやすい日常にあるよい
例をご存知の方いらっしゃいませんか?

人が梅干を見ると、よだれが出るのは違いますよね?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

まず「オペラント条件付け」の「オペラント」とは、「反応などを生起させる刺激が明らかでない場合に起きる行動(研究社英和大辞典第五版)」という意味です。

酸っぱいものを食べるとヨダレが出る、というのは「反応(ヨダレが出る)を生起させる刺激(酸っぱいものを食べる)」が明らかですから、オペラント的ではありません。また、「梅干を見るとヨダレが出る」というのは、

  梅干を食べると、酸っぱくてヨダレが出た
  →梅干は酸っぱいと学習する
  →梅干を見るだけで食べなくてもヨダレが出る

という、「古典的条件付け」の例です。良く知られているものに「パブロフの犬の実験」があります。

 さて、オペラント条件付けの方に話を戻しましょう。人間の例としては、たとえば次のものがあります。

  子供に本を読ませたいが、どうすればよいか?
  まず目の前に本を置いておいた。
  子供は最初は興味を示したが、
  すぐ飽きて止めてしまった。
  さて、どうすれば飽きずに読むようになるだろうか?

 この場合、本を「刺激」、読むという行為を「反応」と考えると、刺激しても反応が十分でないわけで、古典的条件付けでは説明できません。「オペラント条件付け」とは、この読むという反応(オペラント)を強化するような条件を与えることです。では、どうすれば読むという反応は強化できるのでしょうか。

  子供が本を開いたら、
  あら、本を読むの、えらいわねー、と誉めてあげた。
  子供は喜び、次のページを開いた。
  また誉めてあげた。一緒に読んであげた。
  子供はさらに喜んで、次のページを開いた・・・

 この場合は、「誉める」という新たな条件が刺激となって、子供の「本を読む」という行為が強化されたわけです。つまりオペラント条件付けでは、

  ある生命体が、自発的に行動するとき、
  その行動を強化する条件を与えること。
  強化された内容を生命体は学習する。

という図式が成立します。最初はあまり興味を示さなかった本を、子供が自発的に読み始めるまでには、それを強化する「誉める」という条件が必要だったわけで、子供は「本を読んだら誉めてもらえる→誉められると嬉しいから本を読む」と学習したわけです。動物に芸を教えるときに餌を使うのも、これと同じだといえるでしょう。いかがでしょうか?
    • good
    • 1
この回答へのお礼

人間の具体的な例を分かりやすく解説していただきありがとうございました。
「子供に本を・・・。」と見えたところで「むっ難しそう…。」と思ったのですが、とても分かりやすく思わずなるほどと叫んでしまいました。
心理学って正直難しいのですが、理解できると面白いですね。
(学問はみんなそうなのかも?)
本当にありがとうございました。

お礼日時:2001/01/28 16:02

 動物の飼育や芸の仕込みで日常的ではありませんか?


水族館にいけばイルカやアザラシが餌を貰って芸をしていますし、犬の躾の基本は愛情表現という強化刺激だと思います。人間は複雑なので例として上げると、例外が多くでるので向いていません。笑い話以外ではやめるのが無難です。

 

 

参考URL:http://www.okayama-u.ac.jp/user/le/psycho/member …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
URLの紹介までしていただきましてとてもうれしいです。
かいつまんでですが拝見にさせて頂きました。(ちゃんとよめよ….)
ポイントの件、本当にごめんなさい。
なるべく人間の例が欲しかったのを補足し忘れまして、
今回は次点とさせて頂きました。

お礼日時:2001/01/28 15:53

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q例 の省略 ex と e.g.

これまで、「例」の省略として、e.g.(exempli gratia,for example)を使ってきたのですが、Ex.もよく見かけます(主に日本語の文中で)。
私の読む英文は学術系に偏っているので、e.g.しか使われないのかもしれないと思いました。普通の英文でもexは、使われることが多いのでしょうか。
goo辞書、アルク英辞郎、Yahoo辞書では、EXが、exampleの略とは出ていなかったので質問させていただきました。

Aベストアンサー

e.g.は文中の括弧内で例を列記するときに使いますよね(e.g. こ、ん、な、ふ、う、に)。

一方Ex.は、例文とかの文頭に使うのがほとんどじゃないでしょうか。Ex. こんなふうに。

Ex.は単にExampleの略、e.g.はfor exampleの略といった感じでしょうか。

参考URL:http://philosophy.byu.edu/classes/dj/phil200hwin05/Basic%20Grammar%20Packet%2010jan05.pdf

Q古典的条件付けと道具的(オペラント)条件付けの違い

古典的条件付けと道具的(オペラント)条件付けの違いがよくわかりません。どういうものなのか、という定義を教えていただけないでしょうか?

Aベストアンサー

前の人の補足です。

R:反応
S:刺激

古典的条件付けの例は、「梅干を見たら、唾が出る」。
「梅干を見る」が刺激で、「唾が出る」というのが反応です。
このように、刺激があってすぐに反応がある、という単純なのが古典的条件付け。パブロフの犬の実験も有名ですが、日常生活の例のほうが分かりやすいでしょ。

で、オペラント条件付けは、
先ほどの例がただただ与えられるだけだったものが、今度は被験者の行動も関わってくるようになるのです。
つまり、
私が勉強をしているときには、悪口を言わない。勉強をやめたら、悪口を言われる。
こうすると、「悪口を言われる」という嫌な刺激をとめるためには「勉強をする」という行為が必要なことを学習し、勉強します。このように、ある刺激をとめるために、何らかの行動を起こすようになる、このような条件付けをオペラント条件付けといいます。

なお、オペラント条件付けの場合、「何らかの行動をしたら、その報酬をもらえる」という繰り返しをして条件付けするという逆もあります。
「勉強したら褒める」、これも立派な条件付けです。

で、すみませんが、定義に関しては心理学辞典を参考にしてください。それが確実だと思います。

前の人の補足です。

R:反応
S:刺激

古典的条件付けの例は、「梅干を見たら、唾が出る」。
「梅干を見る」が刺激で、「唾が出る」というのが反応です。
このように、刺激があってすぐに反応がある、という単純なのが古典的条件付け。パブロフの犬の実験も有名ですが、日常生活の例のほうが分かりやすいでしょ。

で、オペラント条件付けは、
先ほどの例がただただ与えられるだけだったものが、今度は被験者の行動も関わってくるようになるのです。
つまり、
私が勉強をしているときには、悪口を言...続きを読む

Q(例)を英語ではどう表現するのか?ex) or e.g.) ?

例えば講義か何かでノートを取るときなどに、よく

例)○○△△

などと書くと思うのですが、英語の場合は一般的にどう表現するのでしょうか?

ex) か e.g.)

などは知っているのですが、ex)はともかく、e.g.)は何の略なのでしょうか?また、どちらを使った方がよりフォーマルなのでしょう?
細かいことで申し訳ないのですが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

e.g. = exempli gratia
ラテン語
意味:for example

e.g.)の方がややフォーマルではないでしょうか。

Qレスポンド条件付けとオペラント条件付け

レスポンド条件付けとオペラント条件付けの共通点と差異点についてわかりやすく日本語で説明していただきたいです><
授業でもほぼ教科書と同内容でわかりづらいところが多々あります。

他の質問も見てましたが、別の人の補足も多くてバラバラな面も多くて混乱してきました。
出来ればもっとわかりやすく、整理された内容をお願いします;

具体的な例も最後に出してもらえるとたすかります。

Aベストアンサー

古典的条件付け(パブロフの条件付け)とオペランド条件付け(スキナーの条件付け)は
先のお二方の言った通りです。

ただ、ここで、簡単な見分け方があるのでそれを紹介します。

条件付けが強化の原理によって行われており、すなわち強化子がある場合、
オペランド条件付けです。
強化の原理が存在せずに、すなわち強化子が存在しないなら、古典的条件付けです。

例として、負の強化を出して説明します。

梅干しを見ると唾液が出ます。
この条件付けが強化の原理に従うなら、たとえば、
梅干しを見た直後にボコボコにされることを繰り返せば、唾液が出なくなるはずです。
しかし、そんなことはありません。
従って、この条件付けは古典的条件付けです。

子供の学習を例にとります。
学習は親がほめるなど、正の強化子が与えられると、それが促進されます。
子供が良い成績を取ったとき、親がボコボコにしたなら、そして、それが繰り返されたなら
子供は勉強をしなくなります。
従って、これはオペランド条件付けです。

スキナーボックスを覚えてますか?
レバーを押すとえさが出ますよね。このえさが強化子です。
従って、当たり前ですが、スキナーの条件付けはオペランド条件付けです。

分かりましたか?

昔、教授からこんなことを言われました。(ちょっと意地悪です)
目に息を吹きかけるとまぶたをつむります。
これは、古典的条件付けか、オペラント条件付けか。
まぶたをつむるのが、反射だとしたら、これは、古典的条件付けです。
しかし、息を吹きかけられると、不快で、まぶたを閉じるをその不快が取り除かれる、
というなら、強化子が存在するので、これはオペラント条件付けとなるでしょう。
正直今もって、どちらか分かりません。

心理学通を自称する人に、(時には教授に)この問題を出すと、
おもしろいかも知れませんよ!

古典的条件付け(パブロフの条件付け)とオペランド条件付け(スキナーの条件付け)は
先のお二方の言った通りです。

ただ、ここで、簡単な見分け方があるのでそれを紹介します。

条件付けが強化の原理によって行われており、すなわち強化子がある場合、
オペランド条件付けです。
強化の原理が存在せずに、すなわち強化子が存在しないなら、古典的条件付けです。

例として、負の強化を出して説明します。

梅干しを見ると唾液が出ます。
この条件付けが強化の原理に従うなら、たとえば、
梅干しを見た直後にボ...続きを読む

Q分布図の各プロットから回帰直線までの距離の求め方を教えてください。 例として以下のデータで作ったEX

分布図の各プロットから回帰直線までの距離の求め方を教えてください。
例として以下のデータで作ったEXCEL散布図で求めるの方法が知りたいです。

x y
1 1
2 2
3 3

Aベストアンサー

これでは、回帰直線

 y = x

の上に全て乗りますから、「距離」はすべてゼロです。

仮にデータが

x  y
1  1.1
2  1.8
3  3.2

なら、回帰直線を
  y = x
とすれば

x  y   距離
1  1.1  0.1
2  1.8  -0.2
3  3.2  0.2

となります。

エクセルで散布図と回帰直線を作りたいなら、こんなサイトを参考にしてください。(エクセルのバージョンでやり方が多少変わると思いますが、そこは自分で調べてください)
http://hs-www.hyogo-dai.ac.jp/~kawano/HStat/?2010%2F4th%2FExcel2

Qオペラント条件づけについて、スキナー箱を例に挙げて説明し、具体例を挙げて行動療法?

社会福祉士の心理学のレポートで補習が出てしまいました。 普段1000~1200字で慣れていたのですが、補習は500~600です。

課題は「オペラント条件づけ」について、スキナー箱を例に挙げて説明し、具体例を挙げて行動療法について概説しなさい。」です。 これを500~600字でまとめるのが難しいです・・・
教科書的でかまわないのは助かったんですが、教科書見てもオペラント 条件 スキナー 行動療法がバラバラに載っているので分かりません。 スキナーって人間ですよね? スキナー箱ってなんですか?

どうかお力をお貸し下さい。(ヒントを)

オペラントはシェービング法かな~~~

Aベストアンサー

社会福祉士を目指すための人の授業で面白い課題がでますね。その先生はかなり分かってらっしゃる(笑)

スキナーはおっしゃるとおり人間で、行動分析学の創始者ですね。そのスキナーが動物実験(マウスやハト)で用いた装置が「スキナー箱」と呼ばれているのです。元祖スキナー箱はキーをつつくと(ハトの場合)エサが出てくるというシンプルなもので、大きさもハトが一匹入ったら、ハトがそんなにうろちょろできないくらいのものです。

言語障害を持つ子供の言語レパートリーを増やすためにシェイピングが応用されますが、スキナー箱で行われるような基礎実験に基づいているわけです。

例えば、スキナー箱にハトを入れてやるとしばらくうろちょろしているのですが、キー(クチバシで突けるような丸い部分があるのです)の近くに顔を向けたときにエサを出してやります(エサが出てくる部分は、実験者が自由に開け閉めできるようになっています)。続いて、今度はさっきよりもさらにキーの近くに顔を近づけたときにエサを出すようにします。さらに、今度はクチバシでキーを突こうとする(大概は一気に突かずによそよそしく顔を動かします)動作を行ったらエサを出します・・・

といった感じでやっていくと、いずれはキーをクチバシで突くようになるのです。学習心理学では「ハトが"キーを突くとエサが出てくる"ということを学習した」といいますが、より正確には「ハトの"キーを突くという行動"が強化された」といいますね。

言語指導では「りんご」と発音させたい場合、まずは[口を開く]という行動を強化して、次は「り」と発音しようとする行動を強化、さらに「りんご」とハッキリ発音できるまで徐々に行動を強化していくわけです。

> オペラントはシェービング法かな~~~

シェイピングですね。"法"はつけない方が良いでしょう。また、オペラント条件づけの技法の1つにシェイピングというものがあるわけで、「オペラントはシェイピング」などという表現は避けましょう。

ちなみに、シェイピングの実験は実験をする学生が(恐らくどの学校でも)始めてやらされるもので、最初はなかなかエサを出すタイミングが分からないものです(^_^;) 大体は細かい行動を見逃して、先生に「今、出さなきゃダメだよ」といわれます。

ハトの単純な行動すら注意して観察する訓練を積まないと大変なのだから、現場で人間相手に行動を強化(弱化)するというのは容易ではないということですね。

社会福祉士を目指すための人の授業で面白い課題がでますね。その先生はかなり分かってらっしゃる(笑)

スキナーはおっしゃるとおり人間で、行動分析学の創始者ですね。そのスキナーが動物実験(マウスやハト)で用いた装置が「スキナー箱」と呼ばれているのです。元祖スキナー箱はキーをつつくと(ハトの場合)エサが出てくるというシンプルなもので、大きさもハトが一匹入ったら、ハトがそんなにうろちょろできないくらいのものです。

言語障害を持つ子供の言語レパートリーを増やすためにシェイピングが応用さ...続きを読む

Q英語で、「例)」の記載の仕方

日本語では、「たんぱく質 例) ごはん、パン等」など例を入れたいときは、このような方法がありますが、英語ではどのように例を記載するのでしょうか?

タンパク質
例) ごはん、パン等



Protein
Ex. rice, bread etc.

でしょうか?

Aベストアンサー

日本ではEx.がよく使われますがこれは誤用で、正しくは英語では e.g. です。
ラテン語の for example の略で、e.g. を発音するときも for example と読みます。

Protein
e.g. rice, bread etc.

というふうです。

Qオペラント条件付けと過剰規則化

某大学院前期課程を受けようとしてます。

で、心理系ではないのですが、あることについて心理学的アプローチをしようと試みています。

で、研究計画書を書いてるのですが、「オペラント条件付け」というのは現在では使わないような概念なのでしょうか?
(どっかでそんな記述を見かけたような気が)

また、過剰規則化とオペラント条件付けとの関係はどのようなものでしょうか?
(直接的には関係ない?)

以上、よろしくお願いします

Aベストアンサー

この間はじめて「オペラント条件付け」という語を知りまして、意味すら分かりませんでした(苦笑)

今年の3月に出た本の中で使われていたので、現在では使わないということはないのだろうと思います。

『ひきこもり考』という本で、第4章 <「ひきこもり」と学習>だったと思います。

何しろ知ったばかりの言葉でろくに理解していませんが、とりあえず、使われていましたということで・・・。
著者は境泉洋(さかい・もとひろ)氏。本が手元にないのでネットでプロフィールを探してみたところ、1976年生まれとありましたので、古い世代の人が使う概念というのでもないのでしょう。

参考URL:http://www.sogensha.co.jp/booklist.php?act=details&ISBN_5=11225

QZoomBrowser EX ファイル名を撮影月日で取り込む

キャノンの写真取り込みソフト「ZoomBrowser EX」を使っています。
バージョン情報は下記のようになっています。
***
ZoomBrowser EX 4.5
Version4.5.1.148
***

先日カメラを買い替えた時にZoomBrowser EXもアップグレードして、「4.5」になりました。
以前のバージョンでは写真を取り込む時に「ファイル名を撮影年月日+連続番号」に設定できたのですが、4.5になってからその設定ができなくなりました。
<例>20080114_0001
※フォルダ名の設定なら上記のように出来るのですが、私がしたいのは「ファイル名」です。
私が知らないだけなのか、その設定が無くなってしまったのか分からず困っています。
ご存知の方がいらっしゃいましたら、その設定方法を教えてください。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

Ver5.8を使用していますが、メインメニューで写真フォルダを選択してから、「表示/整理」→「ファイル名を一括して変更する」を選択すると、「撮影日+番号」にも変更できるメニューがありますが、取り込み時に予め設定できるメニューはないようです。

Qオペラントについて

大学のレポートで「自分の身の回りにあるオペラントを挙げつつオペラント条件づけについて説明しなさい」という課題があるのですが、正の強化子や負の強化などがよくわかりません。例えば「買い物に行く」というオペラントだったら、正の強化は「安く買えた」などで、負の強化子は「ぼったくられた」でいいのでしょうか?この場合は正の強化子や負の強化は何になるのですか?教科書を読んでも難しい書き方をしているので全く解りません。すみませんが、アドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

放置されてますね。
学校の課題は自力でやれという
みなさんからの無言のメッセージなのかも。

そもそもレポート課題に出すのなら
授業の中で解説があったのではありませんか?
オペラント条件づけの説明はけっして難しいものではなく
順序立てて考えれば理解できるはずです。
法律の条文と同じように
正確さを優先するためまどろっこしく見えるだけです。

まあ,ここは説教垂れる場ではないので
少しヒントを出しましょう。

買い物の例は大雑把すぎて適切とは言えません。
強化と強化子の区別が曖昧なうえに
負の強化と罰を混同している可能性がありますね。

強化は事態(手続き),強化子は刺激です。
また負の強化は強化の一種ですからオペラントを増加させますが,
罰はオペラントを減少させます。

以下にオペラント条件づけの基本を私なりにまとめておきます。

・オペラントの直後に刺激が出現したり消失したりすることで
 その後同じオペラントの自発確率が高まったなら
 その事態は「強化」。
・オペラントの直後に刺激が出現したり消失したりすることで
 その後同じオペラントの自発確率が低下したなら
 その事態は「罰」。
・オペラントの直後に刺激が出現せず消失もしないなら(つまり変化がないなら),
 その事態は「消去」。

・刺激が出現することで強化が生じたなら
 その事態は「正の強化」で,出現した刺激は「正の強化子」。
・刺激が消失することで強化が生じたなら
 その事態は「負の強化」で,消失した刺激は「負の強化子」。

・刺激が出現することで罰が生じたなら
 その事態は「正の罰」で,出現した刺激は「負の強化子」。
・刺激が消失することで罰が生じたなら
 その事態は「負の罰」で,消失した刺激は「正の強化子」。

基本はこれで全部です。
なおこれとは違った用語法を用いる教科書もありますが,
上記はもっとも一般的なものです。

身近な例を挙げるなら単純で具体性のあるものが良いでしょう。
先行事態(弁別刺激),オペラント,後続事態(強化/罰/消去)の
3つを明確にすることがポイントです。

これでもわからなければ
下のURLにある「3つの箱と4つの法則」という解説を読んでみてください。

犬のしつけをまじめに考える!
http://www.dogparty.net/index.html

参考URL:http://www.dogparty.net/index.html

放置されてますね。
学校の課題は自力でやれという
みなさんからの無言のメッセージなのかも。

そもそもレポート課題に出すのなら
授業の中で解説があったのではありませんか?
オペラント条件づけの説明はけっして難しいものではなく
順序立てて考えれば理解できるはずです。
法律の条文と同じように
正確さを優先するためまどろっこしく見えるだけです。

まあ,ここは説教垂れる場ではないので
少しヒントを出しましょう。

買い物の例は大雑把すぎて適切とは言えません。
強化と強化子の区別...続きを読む


人気Q&Aランキング