英文会計をやっていますが、bad debts expenseは費用なのでプラスになったときは借方に記入されるのはわかります。
貸倒引当金は資産なので、これがプラスになるのは、借方だと思うのですが、ものの本には貸倒引当金が経常されるのは貸方というように書かれています。これはなぜなんでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B2%B8%E5%80%92% …

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A9%95%E4%BE%A1% …

http://www.get-boki.com/archives/27/48/000144.html

なので貸方になります

自分の小遣い帳だと借方にマイナスで書いて置いても良いでしょうね
友達に貸したけど返ってこない可能性が有る時とか...(笑)。
返ってこないつもりで小遣いが管理できます
    • good
    • 0

貸倒引当金が充当された時点を考えます。


有価証券などの資産が貸方にきますから、
引当金は借方にきて、貸倒損失の額を補填することになりますね。
ですので、計上時点では「取っておく額として貸方」と言う考え方になります。
    • good
    • 0

貸倒引当金は資産の部に表示されますが、資産の評価勘定ですので、マイナス表示されます。


ですから、仕訳のときは、
貸倒引当金繰入(bad debts expense) ××× / 貸倒引当金 ×××
のように貸方に計上されます。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q貸方、借方とは?

貸方、借方とは?

簿記の貸方、借方がよく分からないのです。
本を見ても詳しく載っていないので・・・。
どうか教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

お金(もしくは品物)の流れで自分に入る方を借り方、相手に入る方を貸し方と言います。
たとえば、2000円の商品を仕入れると借り方に商品2000円、貸し方に現金2000円となります。
そして、2500円で売ると、借り方に現金2300円、貸し方に商品2500円となります。
自分から見て出て行くのが貸し方、入ってくるのが借り方だと思えばいいです。

Q貸倒引当金と貸倒引当金繰入

興味を少し持ったため簿記(3級)の勉強をしています。

現状私が理解していること(間違っていたら補足してください)

貸倒引当金とは貸倒が起こり売掛金や受取手形等を償却しなければならなくなったときのために、あらかじめ見積もっておく額の勘定科目。

貸倒引当金繰入は、決算において売掛金と受取手形の合計額に対し貸倒引当金が一定の割合(3%等)になるように
指定した率の額にするために必要な額の勘定科目

だと思っています。貸倒引当金の額を3%に設定し、決算後の貸借対照表で

売掛金 1000 
受取手形 4000
貸倒引当金 150

となったとします

次の年の残高試算表と売掛金、受取手形の修正記入の処理をしたところ

売掛金 1000
受取手形 2000
(残高)貸倒引当金 120

となったとすると、貸倒引当金は3000*0.03=90でいいことになります。この差額の120-30=90はどうするのでしょう?資本金に振り替えたりするのでしょうか?

Aベストアンサー

まず初めに引当金の計上方法として差額補充法と洗替法があります。

まず考え方が楽な洗替法から説明しますと、決算整理は
貸倒引当金150/貸倒引当金戻入150
貸倒引当金繰入90/貸倒引当金90
という風に引当金を一回ゼロに戻して再計算するという方法です。

次が差額補充法で、決算整理は
貸倒引当金30/貸倒引当金戻入30
として差額の分のみ計上します。

もし例題のように引当金が余ったんではなくたりなかった場合は
貸倒引当金繰入/貸倒引当金
として足りない分を計上します。

Q売掛金の期間借方と期間貸方

先日、会社の残高試算表を見ていたら、

「売掛金」の期間借方と期間貸方どちらにも数字が打ち込まれていました。

・当社は売掛金を回収することしかしないのですが、これはどうゆうことなのでしょうか?

・普通の借方貸方と「期間借方」「期間貸方」は何が違うのでしょうか?

簿記の初歩的な質問ですいません、よろしくお願いします

Aベストアンサー

>当社は売掛金を回収することしかしないのですが、これはどうゆうことなのでしょうか?

’売掛金を回収することしかしない’というのはありえません。発生しない売掛金を回収できるはずがないからです。

・まず、売上を計上したときに売掛金が「発生」します。

  売掛金 500,000  売上 500,000

  この結果、売掛金の借方に500,000という数字が上乗せされます。

・そして、例えば先月分の売掛金30万円を「回収」したとします。

  普通預金 300,000 売掛金 300,000

  この結果、売掛金の貸方から300,000という数字が減額されます

よって、質問文にある

’「売掛金」の期間借方と期間貸方どちらにも数字が打ち込まれていました’ということは当然のように毎月繰り返し起こります。


>普通の借方貸方と「期間借方」「期間貸方」は何が違うのでしょうか?

残高試算表は普通は1ヶ月ごとの「月次試算表」のことですから、例として7月の試算表であれば、7月1日から31日という「期間」に増減があった額が反映されているとうことです。

>当社は売掛金を回収することしかしないのですが、これはどうゆうことなのでしょうか?

’売掛金を回収することしかしない’というのはありえません。発生しない売掛金を回収できるはずがないからです。

・まず、売上を計上したときに売掛金が「発生」します。

  売掛金 500,000  売上 500,000

  この結果、売掛金の借方に500,000という数字が上乗せされます。

・そして、例えば先月分の売掛金30万円を「回収」したとします。

  普通預金 300,000 売掛金 300,000

  この結果、売掛金の貸方か...続きを読む

Q貸倒引当金と貸倒引当金繰入

貸倒引当金繰入は費用のグループに属するので貸倒引当金繰入が増えたら借方が増えるというのはわかります。
貸倒引当金が増えたら貸方が増えるのはわかりますが、この貸倒引当金はどのグループに属するものなのでしょうか?収益でもないし、負債のグループに属するということでいいのでしょうか?

Aベストアンサー

資産だと思います。
もっと言うと、資産のマイナス勘定です。

実際に貸し倒れたら、受取手形や売掛金が減りますよね。
でもまだ「そうなった時のための見積もりをしている」段階ですから、貸倒引当金繰入の相手勘定としてそれらの資産を減らすことはできません。
だからとりあえず貸倒引当金勘定を使って処理しておく、ということです。
資産の減少を表すので、貸方です。

Q貸方、借方とは何ですか?

貸方、借方とは何ですか?

簿記の貸方や借方の意味がよく分からないのです。
本を見ても詳しく載っていないので・・・。
どうか教えてください。

Aベストアンサー

>貸方、借方とは何ですか?

私も長年、簿記をやってますけど、
(1)「貸方」とは仕訳の右側を言い、
(2)「借方」とは仕訳の左側を言う、
という程度の理解です。

学問的に詳しく研究すれば何かは得られるかも知れませんが、実務上はほとんど意味がありません。ですから「貸方」は「右側」、「借方」は「左側」と丸暗記しましょう。

Q貸倒引当金の取崩しと貸倒損失について、

貸倒引当金の取崩しと貸倒損失について、
前々期の売掛金315,000円が前期に更生計画認可が決定してH22.3月決算で処理する場合についての質問です。
315,000円のうち債権免除額は283,500円、弁済額は31,500円でした。
貸倒引当金の残高は100,000円です。
この場合、まず最初に貸倒引当金を取り崩すのでしょうか?
最近出席した地域の税理士会主催の税法のセミナーで、下記のように言われました。
貸倒引当金・・・少しでも回収可能性のあるとき
貸倒損失・・・全額回収不可能のとき、裁判で切り捨てられたとき
つまり、今回のケースでは債権免除額全額を貸倒損失とするのでしょうか?
それから、弁済額(4ヶ月以内に一括弁済)は、未収入金で処理すればいいのでしょうか?
初歩的な質問ですみません・・・どなたかご教授願います。

Aベストアンサー

H22.3月決算では以下のような仕訳になります。

貸倒引当金 100,000/売掛金315,000
貸倒損失  183,500
破産更生債権等31,500 

債権免除額つまり切り捨てられた283,500円は税務上も損金として認められます。その内貸倒引当金がある部分は貸倒引当金を充当し、残りの183,500円を貸倒損失とします。
破産更生債権等は教科書的な用語です。実務的には未収入金でも、売掛金のままでも別に支障ありません。

Q会計ではなぜ「借方」と「貸方」という言葉が使われるのでしょうか?

会計ではなぜ「借方」と「貸方」という言葉が使われるのでしょうか?
「貸方」「借方」という言葉の起源をご存知の方がいらっしゃいましたら教えてください。

Aベストアンサー

私が持っている本には

『 明治時代に福沢諭吉翁が複式簿記の必要性を著わし、その中で借方・貸方ということばが使用され、その後左側・右側という意味に解釈されるようになりました。この借方・貸方には特別の意味は無いと考えられ、もし文中において左方・右方などという言い方が使われていれば、現在の簿記で使用されることばも全く違ったものになっていたでしょう。 』

とあります。

一人で学べる簿記入門
http://www.amazon.co.jp/%E4%B8%80%E4%BA%BA%E3%81%A7%E5%AD%A6%E3%81%B9%E3%82%8B%E7%B0%BF%E8%A8%98%E5%85%A5%E9%96%80-%E7%8F%BE%E4%BB%A3%E7%B0%BF%E8%A8%98%E3%82%BB%E3%83%9F%E3%83%8A%E3%83%BC/dp/4791601904/ref=sr_1_1/503-7941437-0911934?ie=UTF8&s=books&qid=1180629029&sr=8-1

Q貸倒損失と貸倒引当金の仕訳について

商法上の中会社です。

貸倒損失と貸倒引当金の仕訳について教えて下さい。

前期で貸倒引当金を3,500千円計上してあります。
全て一括評価分で、個別の計上はしておりません。

今年度で貸倒れが1件発生しました。売掛金は200千円ほどです。
この時の仕訳は
貸倒損失/売掛金
でよろしいのでしょうか?
(貸倒引当金を減額する方法は実務ではあまり使われないのでしょうか?)

今年度の期末で一括評価をすると3,800千円の貸倒引当金を計上することになりそうです。
差額補充法と洗替法の使い分けがわかってません。
この場合、3,500千円の貸倒引当金戻入益と3,800千円の貸倒引当金繰入額を計上すべきでしょうか?
それとも、300千円の貸倒引当金繰入額の計上のみでよろしいのでしょうか?
貸倒損失で200千円を計上している関係で違う計算になりますか?

また、今年度で単発取引で2,900千円の回収不能売掛金が発生しました。
#その会社は営業活動をしているものの裁判所の支払命令にも従わず1年以上も支払が滞っています。
#不動産・動産の差し押さえは額も少なく弁護士の見解によると実質的に困難です。
この2,900千円について
貸倒引当金繰入額/貸倒引当金
の仕訳を入れようと思っています。
この個別評価分は一括評価分と合わせて(個別2,900+一括3,800=6,700千円)
貸倒引当金の残高となってよろしいのでしょうか?

また、この個別評価分は、税務でも認められるのでしょうか?

ご教授下さい。
よろしくお願いします。

商法上の中会社です。

貸倒損失と貸倒引当金の仕訳について教えて下さい。

前期で貸倒引当金を3,500千円計上してあります。
全て一括評価分で、個別の計上はしておりません。

今年度で貸倒れが1件発生しました。売掛金は200千円ほどです。
この時の仕訳は
貸倒損失/売掛金
でよろしいのでしょうか?
(貸倒引当金を減額する方法は実務ではあまり使われないのでしょうか?)

今年度の期末で一括評価をすると3,800千円の貸倒引当金を計上することになりそうです。
差額補充法と洗替法の使い分け...続きを読む

Aベストアンサー

貸倒引当金は、期末の債権残高に対する評価性の引当金で、次期以降の損失に備えます。税務上、洗い替えすることが求められています。
貸倒損失は当期に発生した貸倒れ額の費用計上です。

>今年度で貸倒れが1件発生しました。売掛金は200千円ほどです。
この時の仕訳は
貸倒損失/売掛金
でよろしいのでしょうか?
→この仕訳でいいです。当期に発生した貸倒れですので貸倒損失に計上します。(会計理論上は引当金取り崩しもあり得ますが、税法からも実務ではあまり使いません。)

>それとも、300千円の貸倒引当金繰入額の計上のみでよろしいのでしょうか?
貸倒損失で200千円を計上している関係で違う計算になりますか?
→上記したように、期末債権額に対し貸倒引当金を計算し、洗い替えします。このとき、200千円の貸倒れ処理をしていたら、売掛金の期末残高はその分減っていますから引当金の計算で考慮する必要はありません。

>この2,900千円について
貸倒引当金繰入額/貸倒引当金
の仕訳を入れようと思っています。
>この個別評価分は一括評価分と合わせて(個別2,900+一括3,800=6,700千円)
貸倒引当金の残高となってよろしいのでしょうか?
→一括評価による貸倒引当金の対象と個別評価の債権額、貸倒れ処理をした債権額とが重なっていなければそれでよろしいでしょう。

>この個別評価分は、税務でも認められるのでしょうか?
→認められています。申告書の書式などについても下記のURLを参考にして下さい。

参考URL:http://www.rakucyaku.com/Koujien/M/H07/H700200

貸倒引当金は、期末の債権残高に対する評価性の引当金で、次期以降の損失に備えます。税務上、洗い替えすることが求められています。
貸倒損失は当期に発生した貸倒れ額の費用計上です。

>今年度で貸倒れが1件発生しました。売掛金は200千円ほどです。
この時の仕訳は
貸倒損失/売掛金
でよろしいのでしょうか?
→この仕訳でいいです。当期に発生した貸倒れですので貸倒損失に計上します。(会計理論上は引当金取り崩しもあり得ますが、税法からも実務ではあまり使いません。)

>それとも、300千円...続きを読む

Q仕訳日計表 売上の貸方と売掛金の借方が同額になるのは偶然?

たびたび質問してすいません。

106回の第2問で
売上の貸方と売掛金の借方が同額になるのは偶然でしょうか?
(仕入の借方と買掛金の貸方も同様)

もし仕訳日計表の作成の問題でこの法則が当てはまるなら
試験のときに同額かどうかで確認したいです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

●税込経理方式では、売上の貸方と売掛金の借方が同額になります。仕入の借方と買掛金の貸方も同様です。

〔借方〕売掛金21,000/〔貸方〕売上高21,000
〔借方〕仕入高10,500/〔貸方〕買掛金10,500


●しかし、税抜経理方式では、売上の貸方と売掛金の借方が同額になりません。仕入の借方と買掛金の貸方も同様です。

〔借方〕売掛金21,000/〔貸方〕売上高20,000
〔借方〕……{空欄}……/〔貸方〕仮受消費税1,000

〔借方〕仕入高10,000/〔貸方〕買掛金10,500
〔借方〕仮払消費税500/

Q貸倒引当金・貸倒損失・決算について教えてください!(長文です)

昨年度から複式簿記で会計処理をしています。
簿記を勉強してみたものの、実務処理にてわからなくなってしまい、教えて下さい。

質問(1)
H18年度決算にて貸倒引当金を計上しました。
   貸倒引当金繰り入れ 1500 / 貸倒引当金   1500 

H19年度、H18年度分の売掛金のうち 500 回収できませんでした。
回収できなかった時点で、次のように仕訳します。
   貸倒引当金     500  / 売掛金   500

H19年度決算時にH18年度分を戻入
   貸倒引当金   1500   / 貸倒引当金戻入   1500
さらに、H19年度分決算時の売掛金に対して、貸倒引当金を計上、
   貸倒引当金繰入  900  /  貸倒引当金  900

これで合っているでしょうか?これだと、次のようになります。
 (借)貸倒引当金  2000   (貸)売掛金      500
                貸倒引当金戻入  1500
    貸倒引当金繰入  900    貸倒引当金    900

決算時に貸倒引当金が、
  (借)2000  (貸)900 で(借)1100になってしまいます。
何だかおかしいと思うのですが、どこが間違っているのでしょうか?
いろいろと調べていたらややこしくなって、整理がつきません。
解かりやすく教えていただけると助かります。

質問(2)
職種は建設業です。
請負・常用で仕事していますが、請求した金額どうりに入金されません。内金やら請負部分での調整です。取引先は1箇所です。

請求金額よりも多く入金された場合は売上としていましたが、
少なく入金された場合は、
(借)  貸倒損失    (貸)  売掛金
でいいのでしょうか?
それとも、1年間トータルで考えて、売上・貸倒損失はあまり使わないようにして、年度末に調整とかは可能でしょうか?
月ごとに請求した金額よりも、売上や貸倒損失(未入金)が発生するので、トータルで計算すると、そんなに大きい金額差ではないんですが、
売上が増えると消費税が増えるし、損失が増えるのもどうかと思うのですが、いかがでしょうか?

素人質問でわかりづらいかもしれませんが、どうぞよろしくお願いいたします。





 

昨年度から複式簿記で会計処理をしています。
簿記を勉強してみたものの、実務処理にてわからなくなってしまい、教えて下さい。

質問(1)
H18年度決算にて貸倒引当金を計上しました。
   貸倒引当金繰り入れ 1500 / 貸倒引当金   1500 

H19年度、H18年度分の売掛金のうち 500 回収できませんでした。
回収できなかった時点で、次のように仕訳します。
   貸倒引当金     500  / 売掛金   500

H19年度決算時にH18年度分を戻入
   貸倒引当金   1500   / 貸倒引...続きを読む

Aベストアンサー

期中に貸倒金として処理し、貸倒引当金を洗替えで処理した場合(#1の方の処理)と、私の書いた処理とでは利益に何ら差は生じません。

先の方法では、費用となるのは貸倒金の500と貸倒引当金繰入の900で1400、収益は貸倒引当金戻入の1500、差額100の利益

後の方法では、費用は貸倒引当金繰入の900、収益は貸倒引当金戻入の1000、差額100の利益

また、売上値引は売上を使用しても問題ないです。簡易課税の場合にもどちらを使用しても(よほど特殊な場合以外は)消費税額に影響はしないですし、そんなことで税務署は文句を言ったりしません。


人気Q&Aランキング