ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

確認申請に添付する認定書と別添の件です。

1mを超える玄関ポーチの軒裏の防火認定ってないのでしょうか?
いろいろ問い合わせしているのですが、1m以下までしか見当たらないです。
準耐火構造でも1m以下しかありません。

設計を変更するわけには行かないのでどうにか探して申請の許可をもらいたいと思います。
わかる方 よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

2です、苦労されてるようですね。

・・・・(軒の出の質問されてるようですので)

30分ですと確かに1m以下のようですね。
45、1時間ですと特別1m以下との記述がありませんがどうなのでしょう。(ざざっと見ただけですが)
http://www.jtc.or.jp/(ここから取りました)
http://www.jtc.or.jp/mail_request/nfiles/9122n.pdf(45分)
http://www.jtc.or.jp/mail_request/nfiles/9121n.pdf(1時間)

折り込み済みでしたら御免なさい、あまり詳しくありません・・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とんでもないです。ありがとうございました。
私もこれを参考にしたのですがP12の欄に『野縁』のところのに『500mm超え1000mm以下の場合』と書いてあることも指摘されました。
審査員によって別添をしっかりチェックすることもあるので気をつけないといけないです。

お忙しい中本当にありがとうございました。

また、このHPを使わせてもらうと思います。
また、よろしくお願いいたします。

お礼日時:2007/10/05 23:03

4です、すみません良く見たら1m以下でした・・・・


最悪、告示1359しかないのでしょうか?これも1m以下ですとお手上げですが・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やはり見当たらないですよね。
後は『軒の出』について質問してみました。

いろいろありがとうございました。
また、よろしくお願いいたします。

お礼日時:2007/10/05 23:06

先の方もおっしゃってますが、軒裏は、外壁で小屋裏等が遮られているものを除く、とありますので、本体と縁を切ってしまえばいいのではないでしょうか。


軒裏は、非耐力壁の外壁と同等の扱いですが、1m以下までとはわたしも知りませんでした。

この回答への補足

軒の出の部分が軒裏と思っていました。
別添にはたいていのものが500mm以下 500~1000mm以下があり 1000mmを超える軒の出に対してはないってことですね。
玄関のようにポーチ柱から『軒の出』と思っていたのですが、審査員は『ポーチ柱は入らず玄関ドアのある部分の壁から軒先までを“軒裏”と言う』とのことでした。
認定書も軒裏にはなぜか『PC・・・』は見当たらなくて『QF・・・』しか見当たらないのです。
まだまだ 勉強不足ですね。

補足日時:2007/10/05 10:57
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
まだまだ私も建築のことに詳しくないのでいろいろ勉強になります。
私の説明もちょっとわかりづらいかもしれないです。
ごめんなさい。

お礼日時:2007/10/05 10:56

建築物の防火避難規定の解説(日本建築行政会議)はお持ちですか。


p.20の(2)図の様に壁で庇を分断するとか(無理ありますか、上手く説明すれば・・・)。
告示通りにするとか。(これですと間違いはないでしょうが)
そもそも審査で指摘されたのですか?
であれば>玄関屋根なのでポーチ柱の手前は軒裏になるのでしょうか?
審査者が言うのであればなるのでしょうかねえ。
で、ないとすれば御確認を。
全く人事では無いですねえ、1mの制限知りませんでした。
法改正による認定書提出には参りますよね。
庇は主要構造部ではないので崩落しても先の外壁分断により母屋には影響しない、と解釈してもらえませんでしょうか?。

仕事の片手間に書いております。
言葉の定義等間違い多いでしょう、読み飛ばして下さい、他の方に委ねます。
何とか解決される事を切に祈念致します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なんとお礼を言っていいのか・・・・
忙しい中本当にありがとうございました。
審査で指摘されました。今までこんなことなかったのですが、本当に悪戦苦闘しています。
でも、このご意見参考にさせていただきます。
勉強になりました。
ありがとうございました。

お礼日時:2007/10/04 17:29

意味が良く解りませんがニチハの軒天とか軒裏防火構造認定取ってる物でもだめなのですか?


屋根軒裏で無いとだめとか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

本当にありがとうございます。
説明が下手でごめんなさい。
ニチハとか旭化成 いろいろ探したのですがだめだそうです。

QF030RS-0011で認定を取ったのですが、1mを超える庇には使えないと書いてありました。
玄関屋根なのでポーチ柱の手前は軒裏になるのでしょうか?

お礼日時:2007/10/04 16:25

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q22条地域で外壁に杉板を使いたい

この度、22条地域に自宅(延床30坪程度)を建築することになりました。延焼の恐れのある部分に建物がかかる敷地条件のため、普通の杉板は使用できないと思います。

その際に、不燃加工してある杉板を使用すると思うのですが、
難燃、準不燃、不燃と種類もあり、
どのランク以上のものを使用せねばならないのか?、
また下地を防火構造としなければならないのか(逆に下地を防火構造とすれば普通の杉板が使える?)、
とかよくわかりません。

過去の質問&回答も読みましたが今ひとつ理解できません。
現在検討中の工務店にも質問しましたが、本来施工地域が防火規制とはあまり縁の無い地域の工務店なので、あまり詳しくないようです。

そこで皆様のお知恵を拝借できればと思い質問させていただきました。
何卒よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

内装制限の場合は、不燃、準不燃という基準なのですが、外壁の場合は、防火構造になっているかどうか、となります。
木造の防火構造は告示でいろいろ決められた方法か、
メーカーが実験により認定を取っている方法(防火サイディング+内部PBt12仕上げなど)があります。
また、防火構造(たとえばサイディングの平板や、PBに鉄板など)の上に可燃の木材を表面材として貼っても性能を損なわないと判断されます。(#1のご回答にありますが)
下地を防火構造にしない場合は、防火構造の認定をとったメーカーなどの木材を認定の仕様で使うことになります。
防火構造の認定は表面のみでなく、壁の内部までの構造でPC030BE-○○○などの認定番号がそうです。

http://www.channel-o.co.jp/home.html

http://www.koshii.co.jp/a-02.html

参考URL:http://www.channel-o.co.jp/home.html

Q法22条区域の軒裏の構造は?

法22条区域の軒裏の構造は防火構造にしないとならないのでしょうか。
木材で仕上たいのですか、どうすればできるでしょうか?

Aベストアンサー

ANo.1です。
板張り・・・大丈夫でしょう。
私が過去に「板張り」と書いた事が無いので確証は御座いません。
(フレキシブル板とか既製品ばかり使ってましたので、ただそれでも○mmとか書くだけ、不燃番号も防火番号も22条地域では書かなかったです、必要ない訳ですから。)

万が一何か問題があっても今法改正(6/20)でもその程度の訂正は認められるでしょう(私の地域では何箇所も訂正しましたがOK)。

何か責任感じてきましたね・・・、間違ってたら誰か訂正して下さい。
法の解釈は間違ってないはずですけど・・・。

Qガレージ・自動車車庫の内装制限

お願いします。
ガレージや自動車車庫は規模に関係なく内装制限を受けると思うのですが、よくガレージ用シャッターなどのカタログを見ると、木造で天井は梁や野地板が現しになっているのを見ます。

天井現しは可能なのでしょうか??
それともガレージは自動車車庫扱いされないような事ができるのでしょうか??

Aベストアンサー

No.3さんの回答が少し・・・と思うことがあったので書き込ませていただきます。

>内装の制限を受けないのは、無指定(市街化調整区域)ぐらいなので、注意です。

日本全国で内装の制限を受けます。

>車庫扱いされない車庫とは、
倉庫、物置をいつの間にか転用するとか。

それを行っている方が多いのは否定しませんが、違法です。
用途変更の申請を行い、当然、法適合状態とすることが求められます。

>イナバやヨドの車庫を作っちゃえば?内装制限なんて関係しなくなっちゃいますよ。

当然、建物ですので、確認申請や内装制限が求められます。

建築基準法はザル法と言われていますが、法施工以前の既存建築物の存在と罰則が甘いためだと思います。建築基準法は建物を建てる上で最低限の基準を定めたものですので、ザルとか言わずに法令順守しましょう。

Q木造軸組工法の耐力壁について、いくつか教えて頂きたい事があります。

木造軸組工法の耐力壁について、いくつか教えて頂きたい事があります。

1、構造用合板を使った耐力壁は、幅が最低600mm必要だと質問の中で見つけましたが、
  これは何かにはっきりと記載されているものなのでしょうか?
  軸組工法だと最低900mm必要という文章もありました。

2、筋交いを使った耐力壁は、最低900mm必要ということですが、
  以前、柱の1/3の幅(例えば2500mmの柱であれば、833mmまでOK)
  まで耐力壁とみなす、というのを教えてもらったことがあるのですが、
  これは間違っているのでしょうか?
  同じく、この事も何かに記載されていますか?

以上、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

木造軸組工法の耐力壁については、「木造軸組工法住宅の許容応力度設計(2008年版)」をご覧下さい。
http://www.howtec.or.jp/joho/syoroku/syoroku202.html


P60の解説欄には

1、構造用合板を使った耐力壁の前提条件は、L≧60センチ且つH/L≦5

2、筋交いを使った耐力壁の前提条件は、L≧90センチ且つH/L≦3.5

ですから、面材で、60センチ以下、筋交いで90センチ以下は、耐力壁として算定出来ません。

>以前、柱の1/3の幅(例えば2500mmの柱であれば、833mmまでOK)
2008年12月以降、90センチ以下の筋交いは、算定出来ません。

参考URL:http://www.howtec.or.jp/joho/syoroku/syoroku202.html

Q建物の庇について

庇の建築面積算定はわかりますが、床面積には含まれるのでしょうか?(1階、2階どちらに算定でしょうか?)

Aベストアンサー

1階の庇の場合,#1さんの指摘の通り,通常は床面積に含まれませんが,自転車置き場などの室内的用途(生活上又は部品の格納の目的で雨露をしのぐ用途)のある場合は,建築面積と同じ計算方法で,庇の先端から1mを超える部分を1階の床面積に算入します。例えば,1本柱の傘のような建物の場合,周囲の先端から1mを差し引いて床面積とする,と言うことです。

2階以上の場合で,その階のテラスなどに突き出ている庇の場合は,用途に関係なく,先端から2mを超える部分をその階の床面積に算入します。2m以上の庇が有れば,十分に室内的用途に使えるという判断です。即ち,2m以上突き出ている場合で,両側に壁等がない場合は,(庇の出-2m)x(庇の幅-2mx両側2箇所)を床面積として算入します。片側に壁がある場合は,(庇の出-2m)x(庇の幅-片側2m)で,両側に壁等が有る場合は,(庇の出-2m)x(庇の幅)になります。

Qベランダは建築面積に入るの?

建物がコの字にあります。
このコの字の寸法が三辺とも1820なんですが、
そこにベランダをつけたいのです。1820x1820の正方形で
三辺が壁に取り付く形です。その場合、建築面積に入りますか?
はね出してる場合は出先から1m後退した距離で面積に参入されるそうですが、三方が壁の場合でも、1m後退して1820x820って事にしていいんですか?それとも三方だから全面積(1820x1820)が参入されるんでしょうか?教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは
建築面積は「建築物の外壁又はこれに代わる柱の中心線で囲まれた
部分の水平投影面積による。但し高い開放性を有する場合は
出先から1mの範囲は不算入とする」となっているので、
三方が壁に囲まれている場合は 全面積(1820×1820)が
建築面積に含まれると思います。

但し、上部に屋根や庇などを付けないのであれば
高い開放性を有する場合と考えられると思うので
一度建築指導課に相談に行かれた方が良いと思います。

Q確認申請  小数点 四捨五入?

ちょっと、おしえてください。
今、申請書を書いています。
今時、考えられない急ぎの申請です。
まだ、余裕をもつという事を知らない人々がいるのです(笑)。

私は、ずっと、面積関係、ケンペイ率、容積率等の
小数点は切り捨てとしていました。

43.999ならば43.99と。

最近、申請もエクセルで打ち込むと数値が出るものが
あり、四捨五入しているのです。

今、もしかして、小数点第3位は、四捨五入?
ですか?

Aベストアンサー

そうですね、余裕をみて切り捨てたり、切り上げたりしても、申請は通りますから、
質問に対するダイレクトな答えとしては「四捨五入以外でもOKです」となるかと思います。

以下、余分な話をさせていただきますと↓

注意点は、切り捨て、切り上げ、四捨五入などの複数の「数値の丸め方」が、
一つの申請書類の中で混在しないことですね。これが一番だめなんです。

それと、建築って工学じゃないですか、その工学は四捨五入が原則なんですね。
だからその工学の分野の教育を受けた場合、それが理由(癖)で四捨五入する人は多いかもしれません。

お勧めは、四捨五入で統一です。申請以外でも問題が起こることはないと思います。
また、手法を統一することで、不本意なミスを避ける効果があるかもしれませんね。

Q天井高さが3m以上の排煙計算について

いつもお世話になっております。
下記の条件の場合の排煙計算について教えて下さい。

床面積:12.0m2
天井高さ:3.315m
開口部種類:引き違い窓
高さ:FL+750 
寸法:H1.300m×W1.800

開口は上記1ヶ所のみです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

廊下(避難路ですから免除なし)ではなく、部屋ですよね
この窓では有効開口にならないので
H12建・告1436号内装不燃(下地とも)で免除でよろしいのでは?

室 :H12建・告1436-4-ハ(2)
居室:H12建・告1436-4-ハ(4)

Qベタ基礎の高さは40cmは必須?

現在、家を建てようとしている者です。
基礎の高さについて質問します。

公庫の仕様だと、ベタ基礎の高さはGLから40cmと聞いています。

家の2Fの天井までの高さを255cmほしいと工務店にお願いしたら、基礎の高さを40cmから30cmにしては?と言われました。

30cmだと点検に人が下に入れないし、湿気などの問題もあるかと思いますが、具体的にどのような問題が考えられますか?35cmだとどうでしょうか?

Aベストアンサー

デザインやいろいろな条件でこの基礎の高さは
変わるものですが、

このGLから40cmというは、バランスのとれた寸法とは
言えると思います。

質問者さんが言われる通り、点検の人が通るには、これぐらい
はないと、シンドイですね。
世の中には、大きい方、小さい方、いらっしゃいますが
一般的な体格の方が床下に入るには、これぐらいないと
キツイのは現実です。

よって、「35cmだとどうでしょうか?」というのは微妙で
要は小柄な方なら大丈夫と言えますが、
なかなか、排水が詰まった時に、その会社に、そういう方がいる
という必然性はないです。
***********************************************
でも、世の中には、もっと低い家は沢山あります。

結局、メンテナンスの事を考えないという家も
ありますし、(上部の排水管から、直接メンテナンスするとか
方法もありますしね)基本、昨今、カンタンにつまらないという
現状もあります。

コンクリートの床の場合の事を考えれば、想像できますよね。
所々に掃除口を設ける場合もありますが、結構、コンクリートの
中に埋設されているケースもあります。

ただ、基礎の高さは40cmよりは、メンテナンス性は低いと
言えます。
『結局は、メンテナンス性の高いものを選ぶか
低いものを選ぶかです。』

どういう状況になろうと、それなりには、対応できるものでも
ありますが、容易に維持管理できるというのは、家の寿命を
延ばせるとも言えます。(カンタンにメンテできるは
いろいろ対応できますからね)

後、これは、住宅で特に注目されませんが、
ベタ基礎の高さは、強度に影響はしています。
基本、基礎の高さは、コンクリートの梁とも考えられるので、
鉄筋とのバランスはありますが、高い方が強い傾向にあるもの
であります。

なのでこの40cmというのは、コストや性能から考えて
バランスが良い数値と言えます。

他の規制がなければ(高さ制限とか)、
下げずに、40cmぐらいが無難という数値です。

でも、考え方により。床下なしにもできるのも
現実です。

デザインやいろいろな条件でこの基礎の高さは
変わるものですが、

このGLから40cmというは、バランスのとれた寸法とは
言えると思います。

質問者さんが言われる通り、点検の人が通るには、これぐらい
はないと、シンドイですね。
世の中には、大きい方、小さい方、いらっしゃいますが
一般的な体格の方が床下に入るには、これぐらいないと
キツイのは現実です。

よって、「35cmだとどうでしょうか?」というのは微妙で
要は小柄な方なら大丈夫と言えますが、
なかなか、排水が詰まった時に、そ...続きを読む

Q準防火使用をクリアする外壁のアイディアください!

準防火使用をクリアする外壁のアイディアください!
今、自宅庭にガレージを作っています。以前にウッドデッキを作り、その雰囲気を引き継いだアメリカンなガレージを作る予定でした。2x4で作り、扉はスイングアップで!

ところが、基礎ができた段階で役所からのチェックが入り(お隣から通報されたのですが)、建築基準法 第22条、第23条適用地域なので準防火仕様にできなければ進めてはならないという指導を受けてしまいました。

屋根材は簡単に見つかったのですが、外壁材がなんとも見つかりません。
要望としては、ウッドに限りなく近いか、それっぽいもの。そして重要なのは、コストが安いこと。
なにせ、2x4で作ると目指していましたので...。
内壁側は、何もせずに打ちっぱなし状態で考えております。

皆さん、良いお知恵をお貸しください!

Aベストアンサー

再びA.No3です。

自分がした質問に対し、回答して更なる追加質問に時間を割いて真剣に答えているのに、回答のお礼もしない常識の無い無礼な人に又回答しようか悩んだけど、一応教えて差し上げますよ(-_-)

ANO.2で貼り付けた、URLのカラマツのムク外装材が防火構造認定を取得したとの事。
http://kenplatz.nikkeibp.co.jp/article/building/news/20100531/541428/

こうゆう非常識な人が、参加出来ないシステムは無いものか・・・・・


人気Q&Aランキング