うちの父は、一応株式会社の社長さんなんですが、
なぜか家に税務署から確定申告の紙が来てました。
サラリ-マンって確定申告いらないんじゃないでしたっけ?
なんでサラリ―マンが確定申告しなくていいかも合わせて
教えて欲しいです。どうぞよろしく。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

貴方様に対して、気分を害する言い方になりましたこと、お詫び申し上げます。


小生、言い方が悪かったことを反省する次第です。
お互い、顔の見えない方々を対象にしますので、気を付けましょう。
    • good
    • 0

給与所得(お父さんの場合は役員報酬)だけでも、収入が年間2,000万円を超えると年末調整を会社が行うこともできませんし、確定申告が必要になります。

そうでなくても、例えば、配当所得がある場合、確定申告する必要があったり、したほうが徳であったりする場合もあります。サラリーマンは、毎月の給料から所得税が源泉徴収され、年末に会社で年末調整という手続を行って年税額が確定します。中途退職された人などの特定の人は、確定申告しなければならないか、したら税金が還付される場合があります。

参考URL:http://www.taxanser.nta.go.jp/
    • good
    • 0

一つ、父に「社長さん」なんて言い方は間違っています。

「社長」です。
身内に「さん」付けはいけません。
2つ、最後に「よろしく」、貴方の友人だけが、質問を読むのではありませんよ。すくなくても「よろしくお願いします。」もっと言うなら「よろしくお願い申し上げます」と書いてもいいのです。
普段の社長子息としての貴方の態度が目に浮かびます。

さて、確定申告は、1500万円以上の所得があれば必要なのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「さん」づけは、自分流の照れ隠しだったんです。
「社長です!」っていうほどの収入がないんですよ。
ただ、みなさんに教えていただくのに一応の情報を
提供するのは質問者の義務かなと考えたものですから。
 また、次の項のご指摘ですが少し配慮がたらなかったのかも
しれませんね。で、どんな姿が目にうかんだんでしょうか?
10行にも満たない文章で私の普段の姿がわかるんです?
まだ、会ったことも直接お話をしたこともない相手に向かって
指摘をするというほうがよほど失礼だと思いますし、
 あなたの言うととおり、相手はあなたの友人ではないんのですから
といったかんじになるのでは?

お礼日時:2001/01/30 08:38

うちは母が自営業なので確定申告ですが、


おそらくサラリーマンは給料をもらうときに
源泉徴収といって、もともと税金をひかれちゃうわけです。
だからよく、給料を手取り、とかいいますよね。
名目上は30万でも、手元に来るときは20万だったりするわけです。
(20万のほうが手取りの金額、ちなみに数字はいい加減です。)
お父さんは誰かからお給料をもらってるのでしょうか?
社員に払ってるだけで、源泉徴収されてないのなら、確定申告が
きちゃうんじゃないでしょうか。
ちなみに法律の専門家じゃないのでどっか違うかもしれません。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q税務署から配布された確定申告書清書用紙に申告データを印刷する場合

 確定申告のシーズンが近づきました。国税庁のサイトでは本日1月17日から所得税の確定申告書を白紙のA4用紙に印刷できるサービスが始まりました。
 さて、税務署から配布された確定申告書清書用紙に申告データ(金額など)をプリンタで印刷するにはどうすればいいでしょうか。国税庁のサイトによる場合はA4の白紙に印刷することが前提ですので、税務署配布の申告清書用紙には印刷できません。もし、税務署配布の申告清書用紙に印刷できる確定申告サイトやソフトがありましたら、教えてください。

Aベストアンサー

 まず、従来の確定申告書は複写になっていますので、ドットインパクトプリンターを使う必要があります。しかも3枚綴りですので、ドラム式のプラテンを持つプリンターでは複写となった2枚目以降で印刷がずれるおそれがあります。沖電気が出しているような水平インサートプリンターをつかいとよいと思います。

 両端に紙送りのためのスプロケットの穴のあいた申告書もみたことがありますがこれだと普通のドットインパクトプリンターでうまく印刷できるはずです。もっとも専用応用紙を使うことはご質問の趣旨とは違いますが。
http://www.nta.go.jp/category/kakutei/kakikata/h14/a/01.htm

 ソフトは
http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=333447
で紹介しましたが「文字ピタ」というものがあります。ただきれいに印刷するならそれで十分だと思いますが、項目同士の計算をさせたり入力を楽にするには、データベースソフトのレポートの機能を使うとできるはずです。私は「桐」というソフトで似たような処理をさせたことがありますが、非常に楽でした。ただしこのような作業は税理士事務所など大量の申告書を作成する需要のあるところでしか必要ないような気がします。

 一年に一度の申告書くらいは手書きでもかまわないような気がします。少なくとも署名は自筆で行い、押印は実際に印鑑を押すべきかと思います。

 まず、従来の確定申告書は複写になっていますので、ドットインパクトプリンターを使う必要があります。しかも3枚綴りですので、ドラム式のプラテンを持つプリンターでは複写となった2枚目以降で印刷がずれるおそれがあります。沖電気が出しているような水平インサートプリンターをつかいとよいと思います。

 両端に紙送りのためのスプロケットの穴のあいた申告書もみたことがありますがこれだと普通のドットインパクトプリンターでうまく印刷できるはずです。もっとも専用応用紙を使うことはご質問の趣旨...続きを読む

Q申告漏れに対する税務署の通知義務

数年前に父から生前贈与としてある金額(110万円以上)を郵貯の口座に振り込んでもらいました。父からは、「郵便局の職員と相談して税金の方は問題ないようにしておいたので、安心しろ」と言われていました。てっきり税務署への申告は不要と思い、そのまま3年ほど過ぎたころ、突然税務署から督促状なるものが届き、呼び出されました。行ってみると最初から犯罪者扱いで、「早い時期に把握していたが、そのうち申告してくるだろうと思って待ってやったのに、何年も黙っているのはけしからん」という調子でした。結果的に、相当な額の追徴金を取られました。
 税務署が不正ないし申告漏れに気づいてもすぐに納税者に通知する義務はないのか、追徴金が膨らむまで何年でも税務署員の一存で通知を延期できるのか、という点を疑問に思いました。法律ではどうなっているのか、ご教示下さい。

Aベストアンサー

「税務署が不正ないし申告漏れに気づいてもすぐに納税者に通知する義務はないのか」
答え:ありません。
「追徴金が膨らむまで何年でも税務署員の一存で通知を延期できるのか」
答え:通知をする義務はないので、「通知を延期できるかどうか」の議論が成立しません。
贈与税の場合は、法定申告期限のから6年で徴収権が時効にかかります。

3年というと、平成25年の贈与税ですか?

税務署長は最長7年間、課税徴収権を持ってます。

「早い時期に把握していたが、そのうち申告してくるだろうと思って待ってやったのに、何年も黙っているのはけしからん」という調子、でしたか。
そのように口に出したわけではないと想像します。
「そのうち申告してくるだろうと思って待ってやった」というほど、税務署員は「あなたのことだけ見てるわけではない」ですし、課税資料が税務署に届いたのがつい最近なのかもしれません。
税務署員が個人的にあなたを知っていて「教えてやるのを延ばしてやろう」としてた、と考えてるのでしたら「それは、なかろ」ですよ。
延滞税を取れば取るほど、税務署の担当者に「ボーナスが出る」わけではないので、あえて遅く納税者に「申告義務がある」旨伝えて、延滞税を余分に取るという行為は税務署員がすることはないでしょう。


「もっと早く教えてくれれば、追徴金が少なくて済むのに」と思われる気持ちはわかりますが、法令では「そういう課税の場合には(課税遅延)、延滞税の特例割合を(本人から申し出がなくても)適用する」となってます。

無申告加算税は「どれほど遅れての申告でも同額」です。
増えるのは延滞税だけですが、実際に期限内申告をして遅れて納める人に比べると「法定申告期限から3年経って納税した」場合には、無申告であった人の方が延滞税は(特例税率で計算される分だけ)安いです。


「なんだよ!わかってるのなら、もっと早く教えたらいいだろ」というお気持ちは理解できるつもりですが、まったく同じ本税額を納付するのに、実は期限後申告者の方が「延滞税が低額になる」のが、申告納税制度下ではあり、今回のご質問者はこれに該当します(※)。
無申告加算税だけは、もったいないですけど。




平成25年贈与税申告だと、平成26年3月15日が法定申告期限です。
本税額10万円の申告義務があるAとBがいるとします。
Aは期限内申告して、その納税を平成28年1月29日にしました。
Bは期限後申告書を平成28年1月28日に提出して、1月29日に納税しました。

Aの納付すべき延滞税よりも、Bの納付すべき延滞税の方が半分以上安いです。
Aは平成26年3月16日から同年5月15日まで特例税率で延滞税計算され、5月16日から平成28年1月29日の間は延滞税率14,6%(平成28年中は9,6%)での延滞税を支払ます。
Bは平成26年3月16日から平成28年1月29日まで延滞税の特例率(4,3%から2,9%。年により違う)で延滞税計算がされます。

「もっと早く教えてあげなくてごめんね」という配慮が延滞税規定にあるわけです。

「税務署が不正ないし申告漏れに気づいてもすぐに納税者に通知する義務はないのか」
答え:ありません。
「追徴金が膨らむまで何年でも税務署員の一存で通知を延期できるのか」
答え:通知をする義務はないので、「通知を延期できるかどうか」の議論が成立しません。
贈与税の場合は、法定申告期限のから6年で徴収権が時効にかかります。

3年というと、平成25年の贈与税ですか?

税務署長は最長7年間、課税徴収権を持ってます。

「早い時期に把握していたが、そのうち申告してくるだろうと思って待ってや...続きを読む

Q税務署からのお知らせ(譲渡所得申告のご案内)について

毎年、税務署からの確定申告のお知らせが来るのですが
今年は「譲渡所得の申告についてのご案内」というのが別便で初めて届きました。
昨年は確かに不動産を売却したため、その分も含めた確定申告書を既に作成済みで
提出を行うだけの段取りとしていたのですが、
なぜこのタイミングで、私が昨年不動産を売却した事が税務署には分かるのでしょうか?
正直気持ちが悪いので、どなたか分かる方教えてください。
また申告はきちんと行ったつもりですが、初めての不動産売却による申告のため
記載にミスがある可能性もあります。
区分所有マンション2部屋で合計600万円程度での売却ですが
個人の申告で詳細に確認は行うのでしょうか?
(よく、売却による金額が大きいものや頻繁なものはチェックが細かいが
個人の小額では見切れないと聞きます)

Aベストアンサー

不動産の所有権移転は法務局で行いますが、法務局から税務署に連絡がいくので、税務署ではあなたが不動産を売却したことを知っているのです。

後半の「調査対象になるかどうか」は税務署の判断ですから、なんとも言えないでしょう。

Q株式譲渡所得の申告について、税務署から呼び出されました。

『平成19年度に譲渡された株式等について申告が見当たりません』とのことでした。

ただ、私は平成19年度と言いますか、恥ずかしながら、ここ3,4年は毎年100万円近くのマイナスです。

20万円以上の利益が出たときだけ、申告すれば良いと思っていたのですが、申告していなかったコト自体が問題だったのでしょうか?

初めて、呼び出しをされて、少々びびっております。

どなたか同じ経験や、なぜ呼び出されたか察しがつく方がみえれば、ご教示下さい。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

一般口座ということは、税務署は、あなたが利益になっているかどうか把握できていません。売買代金30万円以上の取引の報告が税務署に集まるので、それを名寄せして「これだけ取引があるなら、確定申告対象ではないか聞いてみよう。」と考えるのは、自然な流れです。

そうなると、損失であることを証明しないといけません。それさえできれば問題ないと思われます。損失繰越は義務ではなく任意です。
また、税務署は証券会社の営業ではないので、特定口座のお勧めは基本的に関係ありません。税務署にとっては、特定口座・源泉徴収なしが最も仕事がやりやすいと思います。

繰り返しますが、余計なことは考えず、損失であったので確定申告しなかったことを、証券会社の取引報告書などで証明してください。

Q準確定申告と確定申告について

父が亡くなり、準確定申告を税理士さんに依頼した所
納税額ゼロなので、申告不要となり申告はしませんでした。
この際に母の扶養控除が入っていなくて、納税額ゼロならば、
今年の私の確定申告に母(70歳以上)を老人親族扶養で58万円を
計上する事は出来ますか?

Aベストアンサー

生計が一であるとか、お母様の所得が 38万円以下であるとかなど、扶養控除の要件を満たすなら、何も問題はありません。
どうぞ申告してください。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1180.htm

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm


人気Q&Aランキング

おすすめ情報