マンガでよめる痔のこと・薬のこと

6月に私は原付で走行中嘘路から車に跳ねられて2週間意識不明で入院しました。
骨折は7箇所頭部は外傷性くもまっか
耳鼻科で10箇所手術しました
耳の中三半規管など頭と耳の周りも骨折もあり顔面麻痺もあります
最初救急車で運ばれた病院に耳鼻科がないため
耳鼻科の手術のため意識が覚めくもまっかが良くなってきたため
転院したのですが
最初の病院の脳神経外科医は全治1ヶ月との診断書を書いたのですが
すでに2件目の病院で耳鼻科の手術を8月にしましたが
退院はまだ先です。
警察の方がまだ入院しているので診断書を新たなものを提出してくれと
言って来たのです
ところが耳鼻科の医師は全治1ヶ月のままだというのですが
全治って言うのはどういう感じで決まるのでしょうか?
ちなみに今回の事故で脳の方は幸いにも大丈夫ですが
耳の聴力は鼓膜など破れたのも治したにも係わらず
全くでは聞こえないし顔面麻痺は手術前から10%しか回復していません
それに骨折も鎖骨肩はまだまだ骨が付いていません
全治は係る科で違うものをだすのでしょうか?
うまく説明出来ていませんがわかる方がおられたらよろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

ANo.6 回答読みました。


これは尋常じゃないですね。

後でもめるの防止する為に
6月 7・8・9・10 計算すると 6番さんと同じで 4ヶ月ですね。
刑事罰で
治療期間3月以上重傷事故= 治療期間なので3ヶ月過ぎてます。
特定後遺障害になった事故= たぶん貴方はこれで十分です。
Wです、相手は震え上がるでしょう。


訴訟になると、
医師が書いた物を覆す事で難しいので有利です。

では 完治するまでがんばってください。
    • good
    • 1

相手に対しもっと重い罰をとお考えなら診断書を提出されることです。


事故からもうすぐ4ヶ月と言うことですが、4ヵ月後の時点で全治1ヶ月と言う診断書を提出すると、全治5ヶ月として扱われます。
    • good
    • 1

5~


私の場合
救急車で運ばれた最初の病院から
地元の病院に移りました
すごく詳しく調べたらヒビが入ってました。
が同じ感じで診断書は
最初の病院で診察しなおし、MRIやらなにやらで調べ直して
1週間から1ヶ月に変わりましたね。

本当は、どこの病院でも書いてもらえるのですがね!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お答えいただきありがとうございます

私の場合最初に救急車で運ばれた病院は脳神経外科、整形外科、内科はありましたが耳鼻科、眼科はなくその病院のすぐ近くに今入院している病院がありここで耳鼻科眼科を受けるようにとのコトでした
まず一番最初にまだ意識不明中ですから事故後2週間以内ですね
その時に最初の病院脳神経外科が診断書全治1ヶ月と書きました
事故後私の症状が1時間に同じことを何度も言うとか
今飲んだ薬を全く記憶していなくて又飲もうとしたりということがあり
医師は言わなかったのですが看護士さんがもしかしたら
高度脳機能障害があるかもと言っていたのもあり
事情徴収は今は無理でしょうとのコトで10月にやっと初めて行われたのです。
ちなみに最初の病院での整形外科は骨折は耳の周りの頭耳横の顔
肩、鎖骨、アバラ3箇所の骨折でしたが
肩のコルセットはつけ方がおかしかったし診察があいまいでした
それで今の病院のリハビリの先生がそれを指摘してきたので
セカンドオピニオンかねて違う整形外科に行き
最初の処置の悪さがわかりました
骨折は難治療骨折みたいで事故後すでに4ヶ月経過しているのに骨がくっつかず今は超音波治療器を毎日つけて3ヶ月でだめなら手術するかもという状態です。
そこの整形外科に診察に行った際にも聞いてみようと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2007/10/31 10:06

はいはい。


この場合、診断書を一本にします。

最初の病院の脳神経外科医から紹介状なしなのでしょう。
※ここで紹介の場合 厄介じゃなかったのですがね。。
この場合、 逆に耳鼻科の医師に最初の病院の脳神経外科へかかりたいので現在の診断を書いてもらいます。
治療期間・内容・状態・薬の投与・
内容を記載して貰います。
そして、あえてですが、
最初の病院の脳神経外科医に治療に行きます。
耳鼻科の治療に様子時間は全治2ヶ月以上になりますので
合計 3ヶ月にはなります。

初めの先生は書いた完治期間を代えるのはね。耳鼻科としては失礼ですからね。
こんな感じで 最初の先生に決めてもらいます。

完治3ヶ月は強烈ですね。
でも3ヶ月で直るわけではないので 書類送検する都合です。


 
最初の病院
    • good
    • 0

>警察の方がまだ入院しているので診断書を新たなものを提出してくれと言って来たのです


推測するに、かなりの重体 重傷事故です。このような状況で見込み診断 一ヶ月では刑事罰、行政処分では軽傷の部類になります。
軽傷・重傷の判断は一ヶ月以内なら軽傷 それを越える場合は重傷 それにより刑事 行政処分が大きくことなります。
傷害箇所が多岐にわたるなら、専門医も自分の担当箇所の診断は下せても専門外の傷害には診断書はかけません。
現在も入院している以上 現在の診断書のみでは業務上過失傷害として書類送検するには社会的公正な処分ができず、更なる診断書が必要として現在のかかりつけ医師の診断書提出を求めたのではないでしょうか。
その診断書治癒日数を合算して検察判断、処分を求めるための警察の要求なのではないでしょうか?
>全治は係る科で違うものをだすのでしょうか?
当然、専門外であればそうなりますね。

警察も刑事事件として長く放置できず、早くに検察庁に書類送検したい意向があるのではないかと推測しますね。

あくまで、警察提出診断書は見込み診断であり、実際にはこれを大きく越えて治療するケースがほとんどです。
民事賠償にかかわる、診断書は正式には治癒後であり、警察提出診断書は業務上過失傷害として立件するための手段で、これを元に処分を決定します。
また、刑事事件として迅速に対応するためにも、被害者の回復を待っていては埒があきません。検察庁に書類送検するためにも、一ヶ月の診断書では軽すぎるとの見解で、更なる診断書を求めたものでは・・・?

刑事 と 民事はまったく別ものですから、混同されませんように・・・。

通院程度の傷害事故であれば、一度提出した診断書を受理すれば、転院などして更なる通院日数の長い見込み診断書を、再度提出しようとしても警察は基本的には受理しないようですね。

したがって、警察提出診断書とあなたの実際の治療についての関係性はまったくありません。
民事賠償問題はまだまだ遙か先の話ですね。また、後遺障害についての心配もぬぐい去ることはできませんね。

刑事事件としての処理に必要なものだからですね。 憶測ですが??
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お答えありがとうございます
診断書の事は事情徴収にこられた警察官が言ってきて
最初に提出した診断書では全治1ヶ月ですがすでに入院期間が長いのと私に実際に会っての様子を見て診断書を再提出してくれと言ったのかは
その事情徴収の時には言われず帰られてから言ってこられました。
確かに全治1ヶ月を境に罪の重さみたいなものが変わると聞きましたが
もしかしたらですが事故の相手の方が言うことがころころ変わるからかもしれませんね
それで警察の方は最初は私の意識がないので現場検証はなしで
書類だけで済ますと言っていたのですが
事情徴収後にやはり現場検証に行っていただけますか?とのコトも言われてましたし診断書の件も言われてました。
実際に相手の方の意見では警察の方はちょっと普通の人でも考えられない運転になるといわれていたのでそれもあるのかどうかは定かではありません。

実際その相手の方の罪が重くなってほしいとかはないので
私的には心配なのは保険会社との話しではありますから
お答えいただいた内容から診たらもしかしたら相手の方に何かあるのかもしれませんねそれで全治を見直してほしいといってきたのかもしれませんね・・・
お答えありがとうございました。

お礼日時:2007/10/31 10:57

警察に提出する診断書で全治1ヶ月と言うものは、1ヶ月で完治するという類の物ではありません。


受傷箇所や症状によりある程度決った物のようです。
頚椎捻挫では1週間から10日、骨折であれば1ヶ月と言う様にです。
腕神経叢麻痺、肺挫傷、血気肺、肋骨骨折、尺骨骨折、顔面擦過傷、これで全治2ヶ月です。
実際は2年半で症状固定です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お答えありがとうございました
全治と完治の違いはネットなどで色々診てみてわかったのですが
私の場合骨折だけでなくもうちょっと詳しく言うと
整形外科では骨折などかかっていますが
今入院中の耳鼻科では顔面麻痺やら聴力の低下
眼科では視力の低下これは顔面麻痺と共通しているのかもしれませんが
この4ヶ月右目は見開いたままで瞬きが一切できず
軟膏を眼球に塗って渇きを抑えて眼帯をしているため片目の生活で
視力も事故後一気に0.02まで低下しました。
あと皮膚もケロイドのようになった箇所も多く皮膚科にも行っていますがこれは頭、顔、両腕、両足です。

色々あげるとたくさんの科にかかっているのですが
どれもがひとつの病院でなくひとつの科でなくなので
全治という診断書は違うのか?と思ったのです
皮膚科に関しては保険会社には行ってますが警察には
話してはないのです。

ただ今入院してる病院の医師がすでに3ヶ月申すグ4ヶ月だというのに
全治1ヶ月でいいのではといってたことに
加害者の罪が1ヶ月を境に重くなるからそうしないほうがいいのでは?
といったこともありましたが警察が再提出してくださいといってきたので変わるのかと思ったのです。
やはり各科に聞いてみるのがいいのかもしれませんね
ありがとうございました。

お礼日時:2007/10/31 10:18

大きな事故に遭って大変でしたね。


命に別状がなく済んだのは不幸中の幸いかもしれないですか、でもそれだけ大きな怪我をされたのではさぞかし大変な苦労をされてる事でしょう…。
『全治』とは「全部治った」あるいは「全部の治療が済んだ」という意味合いが強いかもしれません。
しかしその定義づけは決して明確・単純なものではないみたいです。
何故なら、まだ治療が終わってない(完治していない)段階でどうして見えない先の予測がつくというのでしょう。
同じ病気・同じ怪我のこれまでの膨大なケースの統計でもって、その治療経過に要した平均値を割り出し、あとは医師それぞれの経験や実績によって大体の判断をしているだけで、あくまでも目安にすぎないと思います。
貴方の場合は複数の科でそれぞれの治療を余儀無くされてるようですが、患者にとってはどの怪我も自分ひとりのひとつの体に生じてるモノだと考えますが、医師にとっては自分の専門の科の治療がまず第一優先で、それ以外の事についてまで深く関わろうとはしない傾向がありますよね。
「○○先生はこう言っていたのに●●先生は違うことを言う」なんて事はよくある話です。
あるいはその逆で「●●先生がそう言うならそうなんじゃない?」的な事を言う○○先生もいるかもしれません。
通常なら患者ひとりにつき主治医というものが一名いますけど、複数の科の医師が関わってる場合は誰がその主治医としての責任や権限を持っているのでしょうね。
ここでひとつ気になる点は、その事故の怪我による『後遺症』をどう捉えるのか?…という事ではありませんか?
『後遺症』を治療が終了した後のモノと見なすのであれば、患者側と医師との間で考え方の差が出てきそうですよね。
貴方に何らかの症状がいま現在残っていても、「それは後遺症だから」なんて患者からは理解できない基準で区別されてしまったら困りますよね。
特に私の経験で言わせてもらえば…交通事故がキッカケで怪我をした場合、その賠償・責任を担う被疑者と保険会社がかかわってくるので、被害者(患者)側にとっては非常に厄介で面倒な問題に巻き込まれてしまうようです。

この回答への補足

お答えありがとうございました

今の病院で耳鼻科の担当医ですが2名おりまして
診察は4名が行っています。
不思議なのは手術後1ヶ月過ぎたころに一人の医師は退院を促してきたにもかかわらず
手術をした医師はまだ退院してはいけないというので
診察のたびに聞いたりしたのですが
医師の連絡がカルテを見てしか取れていないのかなんなのかというおかしな所があります。
だからおっしゃられたように医師によっては違う意見を言うのかもと思うのですがね
一番最初に聞いた医師は退院を促した医師だったのですが
その医師に全治の話しをした際にその人が1ヶ月で変えなくてもいいと言ったのですが、その医師は最初からここに入院していたら全知は1ヶ月のままだったと言ったのですが
私が2週間は意識不明だったのに意識がなくても耳鼻科の手術はするのですか?ときいたらそれはそのとき診てないからわからないと言ったのです。
なんかあいまいすぎてちょっと納得しかねています。
保険会社もですがほんと厄介です。
本当にお答えしていただきありがとうございます。

補足日時:2007/10/31 10:28
    • good
    • 0

全治=外傷、骨折などはくっつき、痛みが引き、機能が完全に回復した


状態をいうのが普通だと思いますが、

保険交渉などでは、このまま、治らない、または治療を継続することを
前提に、その費用を賠償するなどの手法をとることがままあります。

ちなみに、私の場合ですが10年前に自動車に撥ねられた際の激しい打撲は、
怪我自体は半年ほどで痛みは引きましたが、力が入らない、
違和感などは毎年、梅雨時期に1か月ほど発生し、ゴルフなどをすると
痛みがひどくなるので未だにゴルフはできません。

将来の禍根を完全にぬぐいされる自信がつくまでは、痛みがひいたからまあいいかなとか、と
安易な妥協をしてはいけません。ましてや、かなりの重傷で、後遺症も
広範囲に残りそうですから、納得のいくまで保険屋のいいくるめに負けずに
頑張ってください。最低2.3年は様子をみるべき症例だと思います。
ご質問の意図からはずれてしまいましたことをお詫びします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お答えいただきありがとうございます

私の顔面麻痺は手術をしていただいた医師がビートたけしさんも診察したことのある方らしくたけしさんよりひどいみたいです。
同じ病院でも2年前にトラックに跳ねられて私のような感じらしく
現在は大分よくなってきているみたいですが
やはり退院後自宅でも毎日行うリハビリなどは欠かせないようです
それに私の実家は田舎なのでリハビリだけ違う病院に行きたくても
ストレスなどから来た麻痺でなく神経を切ってしまったための麻痺のようなので受け入れ病院がないのも現実なのです。
おっしゃられたように保険屋の対応が良くないのもありますね
まずは警察に言われた診断書の全治について色んな科で聞いてみようと思っています。
ありがとうございました。

お礼日時:2007/10/31 09:47

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q交通事故(人身事故)加害者です。

本年4月28日に自動車を運転中に人身事故を起こしました。
40キロの直線道路を30キロ程度で走行中、渋滞中の反対車線の車と車の間(横断歩道の手前20メートル付近の車道)から自転車に乗った女子大生が私の運転する自動車の右側斜め後方から運転席ドア付近に追突してきました。
自転車は衝突した勢いで転倒しました。
彼女は衝突時に顔面を打撲し左鎖骨の骨折。
そして自転車は前かごがつぶれ玲程度の状態です。
私の車(ワンボックス)は右側の運転席ドアと後部スライドドアがへこみ総額30万円程度の被害です。
すぐ後ろを走るトラックの運転手さんがすべてを目撃していて「どう考えても悪いのは自転車であなたは悪くないよ。証人になるから」とまで言ってくれました。
警察の話だと過失は明らかに彼女側にあるのだが自動車を運転中の事故であり当然こちらにも過失が発生するとのこと。
また彼女が骨折をしている以上、「人身事故」扱いになり「書類送検」となりますが前例からおそらく不起訴になると思いますとの話でした。
彼女に対しては会社の上司と共に自宅まで2回ほど謝罪に訪れ彼女の母親も彼女も非を認めて逆に謝罪をしてきました。
しかし当初の予定を上回り完治するのが10月頃に長引く予定です。
ここで質問です。
3ヶ月程度起ちますが警察からも裁判所からも未だ通知が届きません。
警察官(交通捜査課の刑事さん)は不起訴になっても2点から4点程度の減点が発生すると思いますとの説明を受けました。
不起訴になった場合は検察からは特に連絡がないとの説明も受けました。
今後の展開が全く見えません。
過去の色々な事案をネットで調べると長い場合半年から1年後に通知が来たとの情報もあります。
罰金、減点等どのような結果が予想されるでしょうか?

本年4月28日に自動車を運転中に人身事故を起こしました。
40キロの直線道路を30キロ程度で走行中、渋滞中の反対車線の車と車の間(横断歩道の手前20メートル付近の車道)から自転車に乗った女子大生が私の運転する自動車の右側斜め後方から運転席ドア付近に追突してきました。
自転車は衝突した勢いで転倒しました。
彼女は衝突時に顔面を打撲し左鎖骨の骨折。
そして自転車は前かごがつぶれ玲程度の状態です。
私の車(ワンボックス)は右側の運転席ドアと後部スライドドアがへこみ総額30万円程度の被害です...続きを読む

Aベストアンサー

人身事故の場合「行政処分」と「刑事処分」の2つの処分があります。
刑事処分…重大な過失があったとか、被害者がかなりの重傷を負った、事故後の対応が非常に悪いなどがあれば起訴までいくとのことです(警察談)。
起訴まで行けば10万単位の罰金刑もありえますが…ここまでくると前科1犯。
行政処分…基本的に点数は被害者の怪我の度合いにより決まります。
医師の診断書で「加療1ヶ月(要は軽症)」くらいまでならだいたい違反点数は5点くらい=つまりは免停からはセーフのようです(ただ、これまでに違反があり持ち点があれば6点オーバーで免停ですが)。
私も昨年の秋に人身事故を起こし、被害者は全治1週間の打撲で4点加点でした(示談成立済み)。持ち点がなかったため(違反歴がなかった)免停にはなりませんでした。
4点の内訳は、「事故を起こしたことに対する加点2点」と、(私の場合は、特に重大な違反・過失はなかったが、何かしらの過失があったからこそ事故が起こったと言う事で)「安全運転義務違反の加点2点」。
それらの交通違反がつくので、少なくとも9千円の「反則金」(罰金ではない)がつくとのことでした(どなたかが「違反がないのだから“減点”(本当は減点ではなく加点)はありえない」と書き込まれていますが、「安全運転義務違反」という違反が「あります」)。
こういう理由で少なくても2~4点の加点が出ます。
行政処分と刑事処分は別だと書きましたが、私の場合はまず行政処分が事故から1ヵ月後に下りました…加点4点。
刑事処分のほうはあれから8ヶ月経過し、検察からの呼び出しがなかったので、おそらくあのまま不起訴処分になったと思われます(事故の規模は本当に小さかったので、あれでいちいち起訴していたら検察も大変かと…示談も成立しましたし)。
だいたい処分が決まるまで3ヶ月~半年とのことです。

すみません、だらだら書きましたが、罰金・処分の内容等、被害者の方の怪我の診断内容によりますね。
ちなみに最初の診断書の内容で確定されるとことなので、その後治療が長引いたとかは、処分の結果に影響を及ぼさないとのことです。
(現に私の場合被害者の全治は1週間との診断書でしたが、結局1ヶ月近く通院したとのことでした。処分内容に変更なし)

ただ、私も事故をやった当時こちらのサイトでかなり調べましたが、結構地域によって処分内容に微妙に差があるようです。
それで結構混乱しましたがね…
私の場合はこんな感じでした。参考までに…
(しかし、未だに反則金の納付書が送られてきていません…「忘れた頃にやってくる」とは聞いたのですが…)

人身事故の場合「行政処分」と「刑事処分」の2つの処分があります。
刑事処分…重大な過失があったとか、被害者がかなりの重傷を負った、事故後の対応が非常に悪いなどがあれば起訴までいくとのことです(警察談)。
起訴まで行けば10万単位の罰金刑もありえますが…ここまでくると前科1犯。
行政処分…基本的に点数は被害者の怪我の度合いにより決まります。
医師の診断書で「加療1ヶ月(要は軽症)」くらいまでならだいたい違反点数は5点くらい=つまりは免停からはセーフのようです(ただ、これまでに違...続きを読む

Q人身事故をしてしまいました。今後について相談

交差点で人身事故をしてしまいました。
私が運転する車が、遠方の信号赤に気を取られて、止まる速度でいましたが、信号で止まっていたバイクに、気ずくのが遅く追突してしまいました。
この交差点、停止線がずいぶん手前にあり、遠方に気を取られて目測を誤りました。

今後についてですが、被害者の方には誠意をもって対応と思っています。
賠償については、保険会社に任せています。

私の処分の行方ですが?
事故当日に鑑識の方が、検察に送る?事故現場の調書を作って、あと被害者の診断書が着たらこれで検察に送るからと言われました。
診断書の結果によっては、警察に出頭して調書の作り直しをすると、言ってましたがどう言う事でしょうか?

警察の方の説明で、刑事責任になれば罰金刑があるかもと言ってましたが。
罰金とはどれぐらいの金額なのでしょうか?

あと起訴か不起訴の確定は、いつ分かるのでしょうか?
何か通知書が来るのでしょうか?

Aベストアンサー

起訴されるかされないかは、検察官の判断。

大きい重傷事故でない限り、略式裁判にまわされます。

警察で送検するための、調書作成。
被疑者取り調べ。

地方検察庁より「お尋ねしたいことがあります」のお手紙が届く。
東京地検管轄であれば、交通犯罪は重大なものは霞が関の庁舎で、または、
道路交通部扱いの東京簡易裁判所墨田庁舎内での取り調べ。

そこでの検察官との取り調べで、検察官が起訴するかしないかの判断を行います。
HEROの久利生公平みたいのはおりません。
淡々と取り調べを行い、判断されます。

起訴されても、略式裁判であれば簡易裁判所で罰金が決定し、
出納窓口で支払いをすれば、刑事処分は終了。
相手が重症であれば、正式裁判で最悪懲役もあり得ます。
相手の診断書が2週間の治療期間を要すであれば、
略式10万円。
重症・後遺障害を残すものであれば、懲役+50万円の罰金。
(現在額は上がっているかもしれません)

相手の怪我が大きい場合、診断書が出てくるのは遅くなる。
軽ければ、すぐに出てくるはず。
出てこない場合は、人身事故扱いにならずに物損だけで済まされる可能性もあり、
刑事処分は受けなくてすむ。

あとは行政処分。
人身事故の場合、安全運転義務違反2点+付加点数2点の4点が課せられます。
初心者運転期間であれば、初心者運転講習になります。

他に2点の違反があり、累積6点を超えた場合「違反者講習」あるいは「免停」のいずれかの処分を受けます。
累積7点になったらもれなく「免停」プレゼント。免停30日。
講習を受けて29日減免してもらうことも可能。

6点未満の場合、1年間無事故無違反で違反点数は0点とカウントされます。
もし違反等を犯したら、累積点数となります。

起訴されるかされないかは、検察官の判断。

大きい重傷事故でない限り、略式裁判にまわされます。

警察で送検するための、調書作成。
被疑者取り調べ。

地方検察庁より「お尋ねしたいことがあります」のお手紙が届く。
東京地検管轄であれば、交通犯罪は重大なものは霞が関の庁舎で、または、
道路交通部扱いの東京簡易裁判所墨田庁舎内での取り調べ。

そこでの検察官との取り調べで、検察官が起訴するかしないかの判断を行います。
HEROの久利生公平みたいのはおりません。
淡々と取り調べを行い、判断されま...続きを読む

Q人身事故を起こしましたが、罰金の通知が来ません・・・。どうしてでしょうか?

今年1月19日に物損事故を起こしてしまったのですが、後になって相手方が痛いと仰られたので、
2月8日に人身事故に切り替えでの現場検証と、警察に行って状況の説明をしました。
その時に警察の方に、「裁判所からの出頭命令が必ず来るから行くように」と言われました。
しかし、ずっと待っているのですがなかなか通知が来ません。
もう警察に行ってから2ヶ月と2週間程度になります。

相手方は全快し、車も双方共に直りました。
免許の点数も、6点の減点で違反者講習を受けてきました。
(2点が安全運転義務違反、4点は人身事故による付加点数です。私の過失は軽い、との事でした。)
後は、罰金だけだと思うのですが、一向に来ないのです。

周りの人に聞けば「罰金は来ない事もある」だとか「忘れた頃に来るよ」なんて意見ばかりで、スッキリしない気分です。
この手の話にお詳しい方や、同じような経験をされた方、アドバイス頂ければ幸いです。

Aベストアンサー

幸い軽症の事故のようですし、不起訴処分になったのではないでしょうか?
既に違反者講習と点数の減点の通知が来ているのであればおそらく請求は来ないと思いますよ。罰金→減点の順で通知が来るはずです。
検察が不起訴処分を出した後に公安から減点処分が下ると思いますので。
安心したいのであれば、事故を担当した警察署の担当の方に電話して聞いてみればいいかと思います。回答していただけるはずです。

Q骨折には全治何週間くらいかかるのでしょうか?

骨折してから、ちょうど1週間になります。
骨折箇所は足の甲の小指側です。足の外側にポコッと骨が出てるところがありますよね、その横らへん?らしいです。(うまく説明できなくてすみません。)
医師により全治までの期間がまちまちで、どんなものかと思っています。
全治2~3週間という医師や4週間という医師まで。
また指は動かしてもよいとか絶対に骨折した方の足には体重をかけないようにとか。
・・・といっても実は、骨折して3日後くらいから痛みもないので、勝手に家で歩いたりしてたんです。
でも、この木曜に病院に行った時医師から注意されてしまいました。
その時、動いて腱がズレて手術になることもあると言われ、ションボリ。
仕事は事務職とはいえ、仕事に支障もあるし、何よりこの窮屈なギブスにウンザリ(笑)
気になるのが、その手術というのは、手術室で行うようなものでしょうか。
また、ギブスを外した後、リハビリとかあるのでしょうか。
すぐ歩けるようになるのでしょうか。
早く治す方法ってあるのでしょうか。
質問攻めで申し訳ありませんが、骨折のご経験のある方、なくても知識のある方、ご意見をお聞かせ下さい。

骨折してから、ちょうど1週間になります。
骨折箇所は足の甲の小指側です。足の外側にポコッと骨が出てるところがありますよね、その横らへん?らしいです。(うまく説明できなくてすみません。)
医師により全治までの期間がまちまちで、どんなものかと思っています。
全治2~3週間という医師や4週間という医師まで。
また指は動かしてもよいとか絶対に骨折した方の足には体重をかけないようにとか。
・・・といっても実は、骨折して3日後くらいから痛みもないので、勝手に家で歩いたりしてたんです。
...続きを読む

Aベストアンサー

 お話から察すると、この骨折は「第5中足骨基部骨折」だと思います。この「第5中足骨基部」には「短腓骨筋腱」という腱が付着しており、足を内へ強く捻ってしまったりすると、この腱に引っ張られて骨ごと剥離してしまうことがあります。これがこの骨折のメカニズムです。今回ギプス固定をされているということから、恐らく骨折部の転位は少なかったのだと判断しますが、先ほどの話しにもあるように、常にこの部分は腱に引っ張られているので骨折後は十分な固定をしておかないと更にズレていくことがあります。完全にズレてしまえば主治医の先生の仰るように手術しなければ「偽関節」という状態になります。手術は通常腰椎麻酔(下半身麻酔)で行います。方法は長さ2cm程度のスクリュー(ねじ釘のようなもの)で固定するか、1~2mm程度のワイヤーを2本平行に刺し、更に細いワイヤーで8の字に縛る方法があります。この手術をすればギプスをする必要はありませんが、2~3週間は体重をかけることは出来ません。次にリハビリに関してですが、現在の固定が足先からすねの中央まで固定されていれば、当然足首の動きも制限されているわけなので、ギプス除去後の「足関節・可動域訓練」というリハビリをする必要があります。ただし、除去後すぐに可動域が良好である場合はその必要はありません。
 最後に骨折全般に言えることですが、ほとんどの場合、一度骨折した骨は元の硬さに戻るには約2~3ヶ月かかると言われています。ですが、機能的な問題がなくなるのには約1~2ヶ月程度と言われています。早く骨癒合させるには、骨折部を出来るだけ動かさない(骨折部をグラつかせない)ことが原則になります。「もう少しの辛抱」と思って頑張って下さい。

 お話から察すると、この骨折は「第5中足骨基部骨折」だと思います。この「第5中足骨基部」には「短腓骨筋腱」という腱が付着しており、足を内へ強く捻ってしまったりすると、この腱に引っ張られて骨ごと剥離してしまうことがあります。これがこの骨折のメカニズムです。今回ギプス固定をされているということから、恐らく骨折部の転位は少なかったのだと判断しますが、先ほどの話しにもあるように、常にこの部分は腱に引っ張られているので骨折後は十分な固定をしておかないと更にズレていくことがあります。...続きを読む

Q診断書3ヵ月の人身事故の加点は何点ですか?

人身事故を起こしてしまいました。

免許停止か、免許取消か、次のとおりでわかる範囲でおしえてください。

・状況
 見通しの良い片側一車線の直線道路で、
 横断歩道でないところを横断中の歩行者を、
 飲み物を飲んでいて気づくのに遅れ、はねてしまいました。
 速度超過や信号無視などはありません。
・ケガの状況
 全治3ヵ月

全治3ヵ月は、3ヵ月以上でみるのですか?30日以上3ヵ月未満で見るのですか?
一方的不注意にあたりますか?それ以外にあたりますか?
加点の内訳、
あと、免停なら何日で、講習での短縮などがあれば、それらも教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 事故ですので怪我した相手にも事情聴取に行っています。
 その時に「加害者(今回はあなたになります)の処罰を望むか」と質問されます。
 被害者の意見は大きな影響を与え、厳罰を望むと言われたら確実に罪を問われるでしょう。処罰を望まないと答えれば軽減される可能性が生まれます。
 事情聴取でどのようなやりとりがあったかわかりませんが、免停は覚悟しておいた方が良いでしょう。

Q交通事故の診断書の全治日

先日、バイクとの接触でお聞きしましたが、
その後の事でお伺いしたいと思います。
3つお伺いしたい事柄があるのですが・・・

1・昨日バイクと接触事故を起こし、今日どうも痛みが広がっていく状態
でしたので、相手の指定先の病院で受診してもらいました。
臀部打撲(一番痛いところ)のレントゲンをとって、湿布をもらってきました。
診断書には受傷日より全治5日と書いてあります。
まだ肩に腫れがあるので、できたら念の為、
レントゲンを撮ってもらいたいのですが
(本当は今日一緒にやってもらえばよかったのですが・・・)
全治5日ということは、火曜日までなので、
その日で治療は終わりということですか?
後でかかった医療費は自分で負担するのでしょうか?
教えてください。m(__)m

2・相手方(郵○局)の保険担当の方と話を
していると、何だか私を病院に行かせたくないようでした。
「我慢できないほど痛いですか?」とか「歩けないんですか?」とか
私としては骨に異常がなかったら安心できるので
念の為と思ったのですが、やはり人身扱いにはしたくないものなのでしょうか?

3・月曜日に警察立会いの下、現場検証がありますが
私が気をつけることなどあったら教えていただきたいです。

よろしくお願いします。m(__)m

先日、バイクとの接触でお聞きしましたが、
その後の事でお伺いしたいと思います。
3つお伺いしたい事柄があるのですが・・・

1・昨日バイクと接触事故を起こし、今日どうも痛みが広がっていく状態
でしたので、相手の指定先の病院で受診してもらいました。
臀部打撲(一番痛いところ)のレントゲンをとって、湿布をもらってきました。
診断書には受傷日より全治5日と書いてあります。
まだ肩に腫れがあるので、できたら念の為、
レントゲンを撮ってもらいたいのですが
(本当は今日一緒にやっても...続きを読む

Aベストアンサー

 診断書は、どこに提出するかによって書く内容が少し異なってきます。
(1)事故による行政処分の参考として警察への提出用に書くとき。
(2)会社等を休むために書くとき。
(3)保険会社へ障害保険の給付のため書くとき。
(4)その他。

 この場合、(1)の診断書と思われます。詳細は不明ですが、一般的に15日以上になると行政処分がきつくなると言われています。なぜ詳細不明かというと、警察の内部規定でどの程度でどうなるかは外部に漏らしてはいけないということです。2年ほど前にこのことで処分された警察官がいました。医者が15日と書いたのを14日にしてもらってはどうかと話したことが問題になりました。医者にしてみれば、14日も15日も五十歩百歩なのですが。
 今回の話しに戻りますが、全治5日という診断書は問題ないと思います。これは見込みで書くものですから後で骨折がみつかったとしてもかまいません。そのときに改めて提出してもいいし、そのままでもかまわないと思います。相手に対して不満が強いようでしたら書きなおしてもらいましょう。警察用の診断書はあくまでも行政処分の対象として考えれば良いでしょう。治療に関しては全く関係有りません。まったくとは言いすぎですが、5日の診断書でも3ヶ月間病院で治療したとしてもかまいません。ただし、警察に診断書を提出しておかないと、色々な保険を使えないことが多いです。
 (2)の診断書は、医師と相談して納得のゆく日数を書いてもらいましょう。
 (3)の保険会社用のものは、保険の内容によってさまざまです。しかしある程度日数がたってから、書いてもらうものです。何回も書いてもらっても良いのですが、診断書の料金もかかります。保険会社のひとと相談を。通院の日数によってもらえる額が変わります。
 基本的には交通事故は第3者行為ということで、治療のために健康保険は使えません。自賠責保険を使うことになります。そのためにも警察に診断書を提出しておかないといけません。警察は事故処理の報告書をつくるため、なるべく速く医者の診断書を持ってくるように言うと思います。そういうことも含めて医者の警察用の診断書は見込みで書いています。
 以前の事故の投稿の内容を読んでいないのですが、今回の内容で少し気になるところがあります。相手に対して不信感を持っておられるのではないでしょうか。相手に対する不信感があると、なかなかうまく行きません。病院に対してもそうなっていませんか。もしそうなら、自分の信用できるところにかわった方が良いかもしれません。自宅の近くの病院に変わりたいとでも言えば紹介状は書いてもらえる思います。紹介状がなくても問題ないと思います。診断書は今の病院のでかまわないでしょう。
 わたしがアドバイス出来る事は、”自分が納得するように治療してもらう”ということです。そしていつまでも引きずらないようにしていただきたい。非常にまじめな方だと思われたので、つまらないことを書かしていただきました。
 きちんと警察に診断書を提出し、人身扱いにしてもらってください。全治5日程度ならあまり行政処分はないと思います。ただしその他の信号無視、飲酒等があれば別です。筋を通してきちんとやることが、お互いのためです。
 

 診断書は、どこに提出するかによって書く内容が少し異なってきます。
(1)事故による行政処分の参考として警察への提出用に書くとき。
(2)会社等を休むために書くとき。
(3)保険会社へ障害保険の給付のため書くとき。
(4)その他。

 この場合、(1)の診断書と思われます。詳細は不明ですが、一般的に15日以上になると行政処分がきつくなると言われています。なぜ詳細不明かというと、警察の内部規定でどの程度でどうなるかは外部に漏らしてはいけないということです。2年ほど前にこのことで処分された警...続きを読む

Q人身事故で警察で検察庁に呼ばれると言われました。。。

雨の日に走行中、道幅の狭い道で対向車が来たので、端に寄りました。
運悪く、鉄製のマンホールに車輪が乗り、スリップして、対向車と正面衝突してしまいました・・・
お互いのスピードは30キロ以下でしたが、車は廃車・・・
相手方はご老人の男性で、ベルトが腰に食い込んだりして打ち身・打撲等をして、人身事故になりました。
本日、警察に調書を取りに出頭した際、警官に「点数は4点。年明け頃に検察庁に呼ばれるから、調書の通りに言うように」と言われました。
前にスピード違反で捕まっており、今回の事故で90日免停になります・・・
通勤にも車を使用しておりますし、免停は厳しいですが仕方ないと思っております。
しかし刑事処分のサイトを検索したところ、相手方が告訴しなければ、不起訴になることもあると知りまして、疑問に思ったことがあります。
私が検察庁に呼ばれると言う事は相手方が告訴すると言ったからなのでしょうか?
もちろん、相手方には謝罪にも伺いましたし、怒り爆発という感じでもありませんでした。怪我の方も順調のようですし・・・
私の謝罪が足りなくて告訴されるのであれば、今からでもまた謝罪に伺えば、刑事処分を受けなくて済むのでしょうか?

雨の日に走行中、道幅の狭い道で対向車が来たので、端に寄りました。
運悪く、鉄製のマンホールに車輪が乗り、スリップして、対向車と正面衝突してしまいました・・・
お互いのスピードは30キロ以下でしたが、車は廃車・・・
相手方はご老人の男性で、ベルトが腰に食い込んだりして打ち身・打撲等をして、人身事故になりました。
本日、警察に調書を取りに出頭した際、警官に「点数は4点。年明け頃に検察庁に呼ばれるから、調書の通りに言うように」と言われました。
前にスピード違反で捕まっており、今回の...続きを読む

Aベストアンサー

検察に呼ばれる理由はNo2の方のおっしゃるとおりです。今回悪質な事案では無いと思いますので検察官は警察の調書が間違いないかと言うことと事故後被害者にどう対応したかなどを聞かれると思います。自分も以前経験しましたが何回お見舞いに行ったか?何かお見舞いに持っていったか?それは幾らぐらいの物か?任意保険に入っていたか?など被害者との状況を聞かれました。面接後その場で書類送検することを言われ帰ってきました。自分は書類送検後呼び出されることも罰金もありませんでしたが裁判が必要と判断されればまた呼ばれる見たいですね

Q免許停止(60日)処分に関する講習(2日間)について詳しく教えてください。

 この1年間に、違反1点+2点となっていたところに、昨日つい見通しの良い直線道路で33kmオーバーで6点加点され9点となってしまいました。深く反省しているところです。前歴はありません。
 刑事処分については、期日が指定され罰金を払うようにしています。(1)これは手続きにどれくらい時間がかかるものでしょうか?午前中で終わるものでしょうか。
 また行政処分については、9点で60日間の免停とのことですが、2日間の講習で最大30日まで減らせるとのことです。(2)講習内容はどのようなものでしょうか、(3)講習日はどのように決まるのでしょうか(指定されるのでしょうか) サラリーマンなので、時間のやりくりが大変なのですが、以上(1)から(3)までと、それ以外にも参考となる情報がありましたらぜひお教えください。よろしくお願いします。以上

Aベストアンサー

まずはご愁傷様です><;
運転歴20数年、今まで何度も免停を経験しましたが、去年も60日免停をやったばかりなので参考まで。

1)刑事処分ですが、待ち時間を入れても1~2時間です。
ちなみに私の時は34kmオーバーで6万円でした。
その場ですぐ払うことになります。
駐車禁止などの時と違って「期日までに金融機関で納付」ではないです。
「6万円も持ち合わせてるわけないでしょう」と言うと、近くの銀行マップを渡されました(笑)

2)2日間の免停講習費用は23800円だったと思います。
時間は2日間ビッチリ朝9:30~16:00くらいまでで、内容は安全講習(教書を使った普通の授業)や交通安全に関するビデオ鑑賞、運転適性検査(マークシートみたいな物)、運転シミュレーターでの適正検査、試験場教習所内コースで実施運転などです。
2日目の朝に、前日講習した内容のペーパーテスト(○×方式)があります。
この成績によって何日短縮されるか決定されますが、ほとんどの人は
最大の30日短縮になってるようです。(私の場合も過去すべて)

3)講習日の申し込みは、確か2~3ヶ月先まで決められた日程の中で、こちらの希望で予約指定できます(確か平日しかなかったはず)。
変更、キャンセルもできますが、免停が実行される期日と30日短縮した場合の返還日を計算して決めると良いです。

私の場合、30日短縮された時の返還日と、講習の2日目が重なるように予約を入れて、講習の帰りに免許証を受け取れるようにしました。
そうすれば、また受け取りだけのために行かなくて済みますからね。

だいたい、こんな感じでしょうか~。健闘を祈ります!

まずはご愁傷様です><;
運転歴20数年、今まで何度も免停を経験しましたが、去年も60日免停をやったばかりなので参考まで。

1)刑事処分ですが、待ち時間を入れても1~2時間です。
ちなみに私の時は34kmオーバーで6万円でした。
その場ですぐ払うことになります。
駐車禁止などの時と違って「期日までに金融機関で納付」ではないです。
「6万円も持ち合わせてるわけないでしょう」と言うと、近くの銀行マップを渡されました(笑)

2)2日間の免停講習費用は23800円だったと思います。
時間は2日間...続きを読む

Q人身事故にしないと 自賠責保険の慰謝料の支払いは受けられないのでしょうか?

一昨日、駐車場で停車中(私)に 右後方から車(相手)に追突されました。

警察を呼んで その時はどこもケガ無く、痛くもなかったので物損事故になり
私の方は停車中だったので、過失は100%相手側にある。
 と言われました。

その後、相手の保険会社から車の修理について(100%受け持つと)の連絡が来ました。 

ところが 昨日の夜から首の辺りが痛み始め 
今日、相手の保険会社に その旨を話し「明日病院に行ってくる」と連絡を入れました。

相手の保険会社は、すでに行く予定の病院・薬局にも連絡を入れて下さり 
支払は一切しないで済むように手配してくれているそうです。

なので、車の修理代と通院費用については問題ないのですが 
警察の届け出が物損事故のままだと 慰謝料はもらえないのでしょうか?

私は、専業主婦で 仕事はしていないのですが
友人から
「人身事故だと自賠責保険から通院日数(回数?)に応じた慰謝料が支払われるはず。
でも、その場合は警察で人身事故にしてもらわないとダメだと思う」
と言われました。

大した事故でも無いし、相手の家族の方が事故の次の日にすぐに謝罪にも来ましたし、
人身事故にすると相手の処罰が重くなるようなので
出来ればこのまま物損事故にしてあげたいな。。。とは思ったのですが
 
そうなると 慰謝料はもらえないのでしょうか?
慰謝料も欲しいのであれば、やっぱり警察に人身事故として届け出るしかないのでしょうか???

ご存知の方がいらっしゃいましたら ぜひ教えてください。
よろしくお願いします。

一昨日、駐車場で停車中(私)に 右後方から車(相手)に追突されました。

警察を呼んで その時はどこもケガ無く、痛くもなかったので物損事故になり
私の方は停車中だったので、過失は100%相手側にある。
 と言われました。

その後、相手の保険会社から車の修理について(100%受け持つと)の連絡が来ました。 

ところが 昨日の夜から首の辺りが痛み始め 
今日、相手の保険会社に その旨を話し「明日病院に行ってくる」と連絡を入れました。

相手の保険会社は、すでに行く予定の病院・薬...続きを読む

Aベストアンサー

警察に人身事故として届け出ると、警察は加害者(けがをさせた人)を自動車運転過失傷害罪の被疑者として調書を作成し検察庁へ送致します。同時に被害者のけがの程度に応じた交通事故の付加点が加害運転者に加算されます。あなたのケースだと、医師の診断書は全治1~2週間程度と考えられますので、相手運転者の違反点数は前方注視義務違反2点+付加点3点なので、前科前歴がなければ免停は免れるでしょう。自動車運転過失傷害罪については、あなたの実際の治療期間、あなたが加害者に対して処罰感情を持っているかなども加味されるので、不起訴(おとがめなし)となる可能性も高くなります。
ですから、人身事故届をしておく方が、もしあなたの症状が芳しくなかったときに余計なトラブルにならず安心です。
それでも、症状が軽く無理に人身事故届をしたくない場合は、物件事故届のままでも治療費のほかに慰謝料・休業損害・通院費を支払ってもらえます。
相手の保険会社は、あなたの治療費等を病院に支払った後、相手車の自賠責保険会社に対して自賠責保険で支払ってもらえる分を請求します。この自賠責保険の請求には自動車安全運転センターが発行する人身事故証明書が必要ですが、同センター発行の物件事故証明書に人身事故取得不能理由書を添付することで代用できるのです。
よって、自賠責基準の慰謝料(治療期間か実通院日数の2倍のいずれか少ない日数×4200円)、主婦の休業損(実通院日数×5700円)、通院交通費(電車・バス等の実費等)は、警察への届出が人身事故・物件事故のいずれかにかかわらずもらえることになります。

警察に人身事故として届け出ると、警察は加害者(けがをさせた人)を自動車運転過失傷害罪の被疑者として調書を作成し検察庁へ送致します。同時に被害者のけがの程度に応じた交通事故の付加点が加害運転者に加算されます。あなたのケースだと、医師の診断書は全治1~2週間程度と考えられますので、相手運転者の違反点数は前方注視義務違反2点+付加点3点なので、前科前歴がなければ免停は免れるでしょう。自動車運転過失傷害罪については、あなたの実際の治療期間、あなたが加害者に対して処罰感情を持ってい...続きを読む

Q人身事故を起こしました。再度事情聴取をされるのはなぜでしょうか?

信号機がある横断歩道上で自転車と接触し全治1週間の診断の人身事故を起こしてしまいました。私の不注意で赤信号に気づくのが遅く、横断歩道内、ちょうど真ん中で停止しそこで自転車の高校生をけがをさせてしまいました。大変反省をし、お相手やその家族の皆様にも誠意を尽くし、怪我も完治し、安心したこところでした。が、警察での事情聴取から、2週間すぎて、また連絡があり、再度事情聴取と言われてしまいました。先日の事情聴取で作成した調書ではたりないと上司に判断され再度詳しい調書を作成しなければならなくなった。というのですが、このようなことはどうのような理由からなのでしょうか?検察庁に書類をあげる2日前に連絡が来ました。正式な交差点での事故と見なさず、横断歩行者妨害ですのでしたし、幸い御相手の怪我が軽傷でしたのであなたはラッキーでしたよ、と先日の事情聴取で担当の警察の方がおっしゃたので、安心したのですが、電話の呼び出しの理由は、横断歩行者妨害ではなく、信号無視とみなされるので、再度・・・と。同じ警察の方からの連絡でしたが、担当する方によって(上の方々の判断によって)このように再度聴取必要ということがあるのでしょうか?定義や明確な基準はないのでしようか?初めてのことで全く無知なので、詳しい方のご意見をお聞かせいただけると助かります。よろしくお願いいたします。

信号機がある横断歩道上で自転車と接触し全治1週間の診断の人身事故を起こしてしまいました。私の不注意で赤信号に気づくのが遅く、横断歩道内、ちょうど真ん中で停止しそこで自転車の高校生をけがをさせてしまいました。大変反省をし、お相手やその家族の皆様にも誠意を尽くし、怪我も完治し、安心したこところでした。が、警察での事情聴取から、2週間すぎて、また連絡があり、再度事情聴取と言われてしまいました。先日の事情聴取で作成した調書ではたりないと上司に判断され再度詳しい調書を作成しなければな...続きを読む

Aベストアンサー

人身事故は重大な事です。
被害者側の怪我の程度に関わらず、あってはいけない事で。。。

と、まあ、キレイ事の正論は言いません。

実際上の話をしましょう。
いかな事故とは言え過失である限り自己弁護しても構いません。
被害者に対して社会通念上の誠意ある対応と謝罪を行ってるのであれば何も卑屈になる必要もありません。
検察でも警察でも相手が何処でもビクつくことなんか無いです。
横柄な態度はいけませんが、粛々と手続きすればいいのです。
検察も警察も役所ですから手続きすればいいだけの事なんです。

同様の接触事故を経験しました。
この経験から書かせていただきます。

再度の警察からの呼び出しですね?
堂々と応じましょう。
これ、稀にあります(再度の現場検証)書類の不備や不明な点があるんでしょう。
別段気にする事はありませんよ。
事実関係だけを確認すればいいだけです。
しかし、実際に在った事実だけを主張してください。
自己弁護が許されてるとは言え虚偽の主張や申告はいけません。
現時点で質問者さんが申告した内容と違ったりしてる場合もありますから、そんな時には「そこは違います」と主張してください。
卑屈になって「何もかも私が悪いんです」なんて言う事ありませんよ。
開き直りと言われるかもしれませんが、そうではありません。
事実確認の説明と逆切れの開き直りは根本が違いますから。。。

「呼ばれたから来ました」「お世話かけて申し訳ないです」って調子でいいです。
車の正面に当たったのか?側面に当たったのか?など事実とは相違があれば否定してください。

赤信号で停止線を超えると「信号無視」になるので、信号のある交差点でしたので「横断歩行者妨害」ではなく「信号無視」の扱いとなったのでしょう。

恐らく最初は「横断歩行者妨害だね」ってなってたのに「ん?よくよく見たら信号機のある交差点じゃね?」「横断歩道上だよね?」「じゃあ信号無視じゃん」「あらホントだ横断歩行者妨害じゃねぇじゃん」ってな会話があったかどうかは分かりませんが、どうせこんな事の流れでしょうね。

んで「検察に上げる書類、信号無視の件として上げよう」ってなったんでしょう。

「歩行者妨害」と「信号無視」ではどちらかと言えば「信号無視」の方がキツイんですよ。
どうせやるなら「キツイ方にしちゃえ」的な感じになったんでは?と思われるでしょうが、そうでは無いでしょう。

「事実」としては「赤信号で停止線越え」ですからキツクする為ではなく「事実関係」としての書類作成は役所ですから当たり前の話なんですけどね。。。

事実は事実ですから。。。

だったとしても、この事実を受け止め、堂々としてればいいんです。
(被害者の前で堂々としちゃダメよ)

今後の予定としては。。。

検察の「査問委員会」なるトコロから「来てね」って手紙が届きます。
これは再度の確認と自己弁護の場です。
検察官が警察より提出された書類の内容に「相違ないか?」ってのと「なんか申し開きある?」ってのが趣旨です。

この場では「自己弁護主張」しても「いい場」なので、言いたいことはキチンと言いましょう。
「示談は済んでる」「相手の怪我は全治一週間である」「誠意ある謝罪は行った」などなどです。
(質問者さんにとって有利な事はどんどん言いましょう)
勿論、件の書類も確認して「ん?コレちょっと違うんじゃね?」ってトコがあったら「この部分は事実と違います」と主張してください。

やっちゃいけないのは虚偽と横柄な態度。
「存在しなかった事実=虚偽」の主張なんかしないでください。
(当たり前ちゃ当たり前だけどね)
そして、反省はしてる態度で臨んでください。
(卑屈になる事はないです)

この日のうちに罰金が確定して罰金の支払いをします。

免停は別の処理で、後に交通センターとかから呼び出しがあります。
恐らく「90日免停」でしょうね。
まあ、程度が軽いので「60日」かもね。
交通センターとかで再度「事実確認」をします。
まあ、ここまで来ると「違う事がある」なんて事はありませんけどね。
で、90日コースなら二日間、60日コースなら一日半、の講習&試験を受けます。
講習をキチンと聞いてれば「合格間違いなし」程度の試験です。
この試験に合格すると免停期間の「30日分」が免除されます。
90なら60に、60なら30になるって事です。

事故に於いて「軽い重いは問題ではない」んですけど、今回の事故は程度から考えると「軽い」方です。
(だからって「そんなもんだ」「よくある事さ」って受けてちゃいけませんよ)
逆に「重大な事故にならなくて幸いだった」「これで、打ち所が悪くて死傷事故だったら」って思ってください。
相手が高校生とか若い人だと少々転倒しても「平気x2」って調子でしょう。
これが高齢者だと「ちょいと転倒」で「死」に到る場合もあります。

今後は安全運転するようにすればいいです。

こんな事を書くのは如何かと思いますが、、、
「大した事故でなくて良かった」です。
(これは他人である立場の人間が言う事ですけどね)

これから色々面倒な手続きや免停などの「拘束」もあります。
まあ「一つ勉強」だと思って粛々と取り組んでください。

私も似たような事故をしました。
もう20年近く前ですけど。。。
当時は相当に凹みました。
今では「いい勉強になった」「いい経験をさせてもらった」と思っています。
(その後の安全運転に役立っています)

これからが色々面倒です。
どうか御身体御自愛ください。

質問とは関係無いことまで(余計な事)書きましたが、関連する事項なので、参考までに読んでください。

御参考になれば幸いです。

人身事故は重大な事です。
被害者側の怪我の程度に関わらず、あってはいけない事で。。。

と、まあ、キレイ事の正論は言いません。

実際上の話をしましょう。
いかな事故とは言え過失である限り自己弁護しても構いません。
被害者に対して社会通念上の誠意ある対応と謝罪を行ってるのであれば何も卑屈になる必要もありません。
検察でも警察でも相手が何処でもビクつくことなんか無いです。
横柄な態度はいけませんが、粛々と手続きすればいいのです。
検察も警察も役所ですから手続きすればいいだけ...続きを読む


人気Q&Aランキング