以前にいくつか解答してくださった方々、ありがとうございました。
私は将来、美術関係の仕事につきたいと書いていましたが、それは出版関係です。出版という紙媒体を通して、人に何かを伝える(物事の楽しさなどの)仕事を目指しています。できたらいつかは、小学館の「週刊美術館」や、視覚デザイン研究所の「絵画の見かた」などの、美術を知りたいと言う人のためになるものをつくっていきたいです。
 そのために、まずはどうすればよいのでしょうか?
 
 大学再入学と言うのは良い方法だと思いますが、経済的にかなり無理なところが・・・。それならば出版社に就職、といえばそうなのでしょうが、はじめはいろいろなジャンルのものを編集等していっても、最終的には美術に関したモノをつくっていきたく、やはり知識がないと・・・。(もっとも、美術史が好きで勉強したいというのもありますが。)
 やはり、出版社に就職しつつ独学でしょうか?
もう一度教えてください!!お願いします。これから就職活動で、進む方向性に迷っています。

A 回答 (4件)

編集者になるには、確かに出版社の経験が必要かもしれませんが、美術専門出版社に勤めるには、必要不可欠条件ではないと思います。



視覚デザイン研究所はよくアルバイトの公募をフロムAとかでしてますが、未経験OKだったと思います。

新潮社など大手出版社の事情は分かりませんが、美術専門の出版社の公募は殆どないと思います。
大体コネで決まります。
そのコネを作るためにしつこく大学の研究室に在籍したりするわけです。

出版社の事情はわかりませんが、色々な編集プロダクションを渡り歩いて、経験値をたたき上げるという方法もあるとは思いますが。
    • good
    • 0

出版社に就職しながら独学はかなり無理があるでしょう。


ただでさえ出版社というところは体力的にも時間的にもキツイところですから、まともな勉強はできないと思います。いっそのことフリーターになって、改めて美術の勉強をなさっては如何ですか。若いのであればまだまだできると思いますよ。
    • good
    • 0

Take chanさんの補足です。



放送大学のテキスト「美術史と美術理論」はなかなか優れたテキストです。
ぼくは大学で美術史を専攻しましたが、参考文献として勧められました。
講義のほうはちらっとしか見たことがないのですが、話し方が退屈(失礼)である以外はなかなかレベルが高いと思いました。
もう一つは色々な本を読んで、たくさん展覧会などへ行って自分だけの美学理論(ひとりよがりなものという意味ではありません。オリジナリティがある、ということです)をじっくりと作っていくということをしたほうがいいと思います。
    • good
    • 0

出版社に勤めながら独学というのが困難であれば、大学に社会人入学したり、放送大学で関連の講義の単位を取ったり、勉強の方法はいくつもあると思います。

本人のやる気じゃないかな?
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qギャラリー・出版社教えて

都区内、川崎市、横浜市で学歴やキャリアにこだわらずに、絵を見てくれるギャラリーか出版社をご存じないですか?
即仕事に結び付けたいというよりは、丁寧に見てくれていろいろ話が出来るところがいいです。

絵はF3スケッチブックに150枚ほど。
簡単な画材を使って描いたシンプルな抽象画です。

あとそういう持込の体験談をお持ちの方はぜひ聞かせてください。

Aベストアンサー

銀座のぺッパーズ・ギャラリー?ちょっと名前や住所が不正確ですが、地階にあり、接極的に新人を出している現代アート系のギャラリーです。

 私が2年前に顔を出した時は、オーナーの方と気軽に話しが出来る感じでした。


 
 

Q楽譜・出版社について

ピアノでリチャード・クレイダーマンの『渚のアデリーヌ』を弾こうと思い楽譜を探したのですが沢山あってどれにすればよいか迷っています。
なるべく実際の曲のように弾ける楽譜が良いのですが、おすすめの楽譜または出版社はありますか?

Aベストアンサー

No,1のものです。さきほどご紹介したサイトの楽譜は完売でした。申し訳ありません。もう1度探してみました。以下のサイトをご参考になさってください。

http://7andy.yahoo.co.jp/books/detail?accd=31480294
どうやら原曲版スコアは人気があるようです。

Q楽譜の出版社の違いについて書かれている本

クラシックの楽譜の出版社の違いについて詳しく書かれている本を探しています。
それぞれの出版社の特徴、この曲にはこの出版社、などが書かれているとさらにベストです。
どうか情報をお願いいたしますm(__)m

Aベストアンサー

ピアノ曲に限っての本なのでpocheさんのご希望に沿うかどうかわかりませんが…

「ピアノ・レパートリー事典」という本があります。
作曲者ごとにピアノ曲が記載されていて、有名なピアノ曲(ショパンなど)に対しては、曲ごとにいろいろな版の特徴などが書かれていたと思います。
巻末に出版社についての記載があります。

参考URL:http://www.shunjusha.co.jp/book/93/93004.html

Qチェルニー練習曲 おすすめ出版社

ショパンなら、リストならこの版という定番があります。では練習曲のチェルニーはどうでしょう?
先生は全音か音友でいい(次50番に進む予定)との事ですが、原典版はないのですか?
先日楽譜店で初めてブタペスト版を見ると手持ちの全音と若干違いました。店員さんがよく分からなかったようなので、どなたか是非教えてください。

Aベストアンサー

過去に10名ほどの先生に師事して学んで参りましたが、今までチェルニーの楽譜出版社を指定された事がありません(一番最初は、fusennoshimaさんと同じく「全音で」という指示がありましたが、小学生の頃です)
音大卒や音楽留学中の友人にも尋ねてみましたが、日本人からは大抵「全音(音友)を使っていた」という返事が返ってきました。
ブダペスト版は持っていないので、全音版等とどのような違いがどの程度あるかは分からないのですが…チェルニー練習曲の出版社に関してはあまり悩まれなくても良いのではないでしょうか?

尚、原典版が存在するのか…については、私自身の知識になく申し訳ないのですが、友人達に聞いてもはっきりとした存在が確認できませんでした(他のご回答者様のご意見を私も参考にさせて頂きたいです)

ただ、個人的にはチェルニーに関しては一般的なピアノレッスンで原典版の譜を読み込み、解釈を追及して弾く程の必要性を感じません。
(誤解があるかもしれませんが、チェルニー練習曲は「練習曲」として他を凌ぐ価値があると思っています)
例えば速度(指定の速度で弾かせる先生も稀ですが…/速度指定自体が適当という説もありますし)、運指等、基本練習の為に存在する練習曲が「チェルニー○番の練習曲集」であり、ショパンやリスト等の「練習曲」と名のつく曲とはタイプが違いますよね。
ショパン等の練習曲はまず楽譜通り弾き、更には自分の解釈を加えて弾き込んでいく…という「原典版」を利用するだけの理由があるかもしれませんが、チェルニーを独自の解釈を交えて弾き込むような練習をする…というのをあまり聞きません。
その為、やはりfusennoshimaさんの先生が仰るように「全音」が日本での定番には違いないのではないでしょうか。

またこれは憶測ですが、チェルニー練習曲は「幼少時からピアノを習っていて、本格的に演奏家を目指すような人間」の場合は比較的早いうち(個人差はありますが中高生位)に終えているレベルで使う練習曲集だと思います。
使い捨てと言ったら言葉は悪いですが、本格的に「チェルニーだけを(または、メインとして)学ぼう」としない限りは1曲1曲を弾き込むよりも数をこなすタイプの練習曲として使われるので、出版社にはこだわらない場合が多いのでは…と思います。

原典版の存在有無は分からないのですが、おすすめの出版社という事であれば私もやはり全音を挙げますし、もし今とは違う先生に師事されたとしても「全音(または音友)のチェルニー○番練習曲集」を利用していることに問題はないと思います。

若干ご質問の趣旨とは違う回答になってしまってすみません。
楽譜の専門家でない為ご参考までにお読み頂けたらと思います。

過去に10名ほどの先生に師事して学んで参りましたが、今までチェルニーの楽譜出版社を指定された事がありません(一番最初は、fusennoshimaさんと同じく「全音で」という指示がありましたが、小学生の頃です)
音大卒や音楽留学中の友人にも尋ねてみましたが、日本人からは大抵「全音(音友)を使っていた」という返事が返ってきました。
ブダペスト版は持っていないので、全音版等とどのような違いがどの程度あるかは分からないのですが…チェルニー練習曲の出版社に関してはあまり悩まれなくても良いのではない...続きを読む

Q音楽出版社って・・・曲を買ってくれるところなんですか?

作曲されているみなさん、プロを目指している方やプロの方
の皆さんは、自分が作った作品をどうかして売り込んでいるのでしょうか?それは音楽出版社ですか?
出版社は作曲家が書いた作品を買うところなんでしょうか?
変な質問ですいません!よろしくお願いします。

Aベストアンサー

↓のコラムを読むと、音楽出版の歴史や役割が理解できると思います。
http://www.fujipacific.co.jp/history/index.html

参考URL:http://www.fujipacific.co.jp/history/index.html


人気Q&Aランキング

おすすめ情報