何度か同じ質問があるようですが再度。
http://www.hq.nasa.gov/alsj/alsj.trio.jpg
NASAのHPの写真ですが3人写っています。

http://www2g.biglobe.ne.jp/~aviation/apollo.html
プレスに公表している同一写真(上から3枚目)では2人です。

何故でしょうか? 月面に降りたのは二人じゃなかったでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (14件中11~14件)

この話はもともとエイプリル・フールのネタなんだから、季節はずれもいいとこですね。

 アポロが月に行かなかったなんて話を真顔で論じるのは、映画化までされてあれだけ有名になったアポロ13号まで、月面着陸したことになってると誤解しているような人たちだけです。
    • good
    • 0

どころかルナローバーも2台あるぜ!


http://www.hq.nasa.gov/office/pao/History/alsj/G …
セダン型もあるぜ!!
http://www.hq.nasa.gov/office/pao/History/alsj/B …

って、おいおい、英語読め。
上の写真のリンク元は
http://www.hq.nasa.gov/office/pao/History/alsj/a …

釣られてやンの m9(^Д^)プギャー
    • good
    • 0

反則ですが補足として


>2:月で取られた写真の背景がほぼすべて同じ。
=背景真っ黒ですし移動範囲もせまかったですから。
>3:質問欄のURLのサイトにもありましたが、大気のない月で風は無いはずなのに、星条旗がはためいている。
=小刻みに揺らしている=ではなく凧の様に骨が入っていたと思います。
写真もどちらかが合成でしょうね。どちらを信じるかはあなた次第ですよ。
    • good
    • 0

アポロ13号でしょうか?過去に検証した番組があります。

その番組が疑わしい点について次のように挙げています。
1:月と地球の間(ロケットの軌道上)には放射線の帯(?)があり、当時の宇宙線遮断技術は不十分で、乗員の被爆は避けられないはず。
2:月で取られた写真の背景がほぼすべて同じ。
3:質問欄のURLのサイトにもありましたが、大気のない月で風は無いはずなのに、星条旗がはためいている。
4:月の重力は地球の6分の1ほどで、人がジャンプするとゆっくりと地面に降りてくるが、資料映像では、乗員ジャンプするとき、肩から不自然にあがっており、吊り上げられているように見える。
5:月の重力は地球の6分の1ほどで、人がジャンプするとゆっくりと地面に降りてくるが、資料映像では、乗員が落とした工具(?)が月の重力では考えにくい速度で落下している。

これについて、NASAでは次のように回答している。
1:サウナと同じようなものでそんなに長い時間ではないので大丈夫。
3:星条旗を持っている乗員が小刻みに揺らしている。

これを見る限り疑わしく見えてきます。アメリカでは宇宙開発競争にしのぎを削っていましたから、こういう芝居を打っても不思議ではありません。しかし、この番組自体をやらせだという声もあり、結局は分からないようです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q1969年の月面着陸に続く事例がないのはなぜ?

1969年にアポロ11号による歴史的な着陸以後、宇宙開発事業は
着々と進捗しているというのに、その後に続く2度目の着陸事例が
ないのはなぜですか。

30年以上も前に実績があるというのに、不思議でなりません。

事情がありましたら教えてください。

Aベストアンサー

月面に人類にとって必要としそうな資源がなかったことが大きな原因です。亜プロ計画は17号まで行われてそのうち何度もいろいろな場所に着陸をしましたが月面が思った以上に過酷な環境であったこと。冷戦の影響などで何のために人類を月に送る必要があるのかという議会の突き上げの関係で計画の資金は大幅に縮小されまだ飛んでいないアポロ宇宙飛行士がイルにもかかわらず計画打ち切りになりました。
そのごスペースシャトルなど人類に有益な計画に予算は分配されたようですね。

つまり月までいってみたけど(しかも計画の最終段階あたりまで本格的な地質調査の能力を思った人間は行かなかった。そのために月の成り立ちなど多くの知識を得る機会は失われました)得るべき物はなかった。
でもソ連との宇宙技術競争、つまり人工衛星や初の有人宇宙飛行などでおくれをとったアメリカの意地だけの計画に近かったことですね。
その意地を勝ち取った段階で熱は急速に冷めたわけです。宇宙飛行にかかる費用はすべて予算として議会を通す必要がありその議会を納得させる新たなめぼしい物が月にその当時見いだせなかったと言うことですね。

ただ、最近になって火星への湯人飛行を行う計画の一環として月面に基地を作りそこで火星飛行用の宇宙船を組み立てるという計画もあがってきています。

月面に人類にとって必要としそうな資源がなかったことが大きな原因です。亜プロ計画は17号まで行われてそのうち何度もいろいろな場所に着陸をしましたが月面が思った以上に過酷な環境であったこと。冷戦の影響などで何のために人類を月に送る必要があるのかという議会の突き上げの関係で計画の資金は大幅に縮小されまだ飛んでいないアポロ宇宙飛行士がイルにもかかわらず計画打ち切りになりました。
そのごスペースシャトルなど人類に有益な計画に予算は分配されたようですね。

つまり月までいってみたけど(...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報