2.常磁性体、反磁性体、強磁性体とは何か?横軸に外部磁場H、縦軸に物質の磁化Mをとったグラフを書いて説明せよ。
教えてくださいでたずねたこの2番の問題ですが、グラフを書いてどうやって説明したらいいかわからないのですが、、誰か教えてください。

A 回答 (2件)

 2番の答え=ヒシテリシス曲線は以下のURLへ


 なんか変だな?

参考URL:http://www.jst.go.jp/pr/report/report27/grf2.html
    • good
    • 0

それぞれのおよそのグラフを描き、その形の特徴、違いについて述べます。


次に、そのような特徴、違いが生じる原因に付いて述べます。
最後に、そのようなグラフの特徴、違いが、物質の性質としてはどのような特徴、違いとなって現れるのか、その理由を含めて述べます。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q強磁性体と常磁性体について質問です。

強磁性体と常磁性体について質問です。

ガドリニウムや鉄は、強磁性体だったり常磁性体だったりするんですが、強磁性体と常磁性体っていうのは同じことなんでしょうか??

Aベストアンサー

 元素単体で強磁性の物として知られているのは、Fe,Ni,Co,Gd,Tb,Dy,Ho,Er,Tm(Tb移行はごく低温で)ぐらいですが、では鉄の化合物は皆、強磁性かというと、酸化鉄(III)Fe2O3は強磁性ではありませんね。
 強磁性になるためには、電子がスピンを打ち消しあうように変移できないという電子軌道になったときだけです。
 物質の磁性には、反磁性・常磁性・そして特殊なものとして強磁性があるということかな。

Q金属で熱伝導率の高くて、常磁性体か反磁性体のものは?

コイルが非常に狭い所にあるので、直接は冷やせない場合、

コイルの発熱を抑えるのに 
"その金属板"を熱伝導体として使用して
"その金属板"をCPU用に売っている放熱板につないで
さらにクーリングファンでその放熱板を冷やす。
のですが、

Cu か Al あたりが使い安いでしょうか?
Agはやわらかいし。Mn Au Pt は難しそうですし。

そんなことしなくても、もっとよい方法がありましたら
ご教授お願いします。

Aベストアンサー

#1です。
難しいですね。ダイヤモンドは熱伝導は良いですがちょっとね・・・
ノートパソコンの下にひく冷却用のジェルシートみたいのがありますが,あれの中身をコイルにべっとり縫ってそこにヒートパイプを突っ込むというのはどうでしょう・・ジェルがどの程度の粘性があるかわかりませんが・・・
また,
非常に狭いところにあるのであれば,周りにあるパーツを冷やせば,コイルも冷えると思いますが,それはできないのでしょうか?

Q反強磁性体の磁化曲線

反強磁性体の磁化曲線はどのようになりますか?
強磁性体のようなヒステリシスループは描かれ無いのでしょうか?
教えてください。

Aベストアンサー

反強磁性体は、磁場が無い場合には各原子の磁気モーメントが打ち消し合う配置を取るので、磁化が出ません。
磁場を加えていくと、磁場方向にある程度磁化が向くので、常磁性体と同じように正の磁化率で磁化が発生します。しかし、磁場を減らすと可逆的に磁化が減少するので、ヒステリシスは現れません。
つまり、磁化曲線だけで見る限り、常磁性体と区別は付きません。

Q『常磁性の場(磁場)』とは何でしょうか

まったくの素人です。
ある英文に、以下のような説明がありました。

『Electrolytes and aluminum creates a paramagnetic field.』

仕事の必要で意味を理解したいのですが、『paramagnetic field』というのが何なのか、日本語でなんと言うのか、ネット検索等で調べましたが分かりません。

ご存知の方、どうかお力をお貸しください。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

引用されたURLは銅酸化物超伝導体の(たぶんNMR?)かなにかの実験結果を説明するためのモデル計算のようですね。

同じ単語ですが、「魔法のブレスレット」の話とは全然別の話だと思います。

私は酸化物超伝導は専門外なのでよく知りませんが、少なくとも該当する日本語が市民権を得るほど一般化された言葉だとは思いません。

扱いとしては英語のまま(またはカタカナ)で書くのが一番いいのではないでしょうか? 無理やりに約せばやはり「常磁性場」でしょうか?

Q反強磁性の磁化率について

反強磁性体の磁化率はネール温度までは磁化率が上昇しますがそれはなぜですか?

私の考えとしては、温度を上げるとスピン間の相互作用が弱まり外部磁場の影響を受けやすくなり自化しやすくなるためと思ったのですが、実際どうなのでしょうか?

どなたか回答お願いします。

Aベストアンサー

もっというと、磁性は2次の相転移現象です。
自由エネルギーの温度の2階微分に異常が現れる点を相転移温度と呼び、キュリー温度等がそれに当たります。

この現象を決定付けるパラメータは温度であり、外場は関係ありません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報