現在大学3年生。ゲーム会社コナミのデザイナー職を志望している者ですが、作品審査で、1.「ゲームキャラクターの喜怒哀楽」2.自画像のデッサン(リアルタッチ。デフォルメタッチ。メカニックタッチ。)を描いて提出」する、という課題」がでています。1はどんな風に描いたらいいかわかるんですけど、2の自画像の「メカニックタッチ」でデッサンする・・・というのが、いまいちどういう感じのデッサンなのかよくわかりません。こういう質問は「コナミ」へ直接質問すべきだとは思ったんですが、「コイツは全然分かってない!」とか思われて(実際分かってないんだけど)後々就職採用に響いてくる様な気がして聞けません。人間のメカニックタッチのデッサンとはいったいどういうものか??誰か教えて下さい!!又デッサンを詳しく解説してるようなHPや本などありましたら、それも教えてほしいです。お願います!!!!!!!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

私自身はゲーム関係ではありませんが、友人でゲーム大手に就職している人は多いです。

彼らの就職活動を見ていて思うのは、やはり、オリジナリティー勝負!です。
難しく、枠にはめて考えるよりも、リアル・デフォルメ・メカニックの言葉のニュアンスで描けばいいのでは…?普通のデッサンだって、一般の人から見れば「デッサンってどういう感じに描けば…?」と思うでしょう?デッサンはその人が物をどうとらえるかを見るのに有効なんです。こう描かなきゃいけないとかってもんではないでしょう。メカニックタッチっていって、10人が10通りのデッサンを提出しないと作品審査の意味ないと思います。
作品審査で、何を見ようとしているのかを考えた方がいいかも。
デッサン力・画力はもちろんですが、オリジナリティー、想像力・・・クリエイターとしての素質を見る訳です。
私の友人達は就職の課題でもそりゃもうパワー全開、そこまで個性出さなくっても…ってとこまでやってましたよ。
デッサンを詳しく解説してるようなHPや本?どんな物が参考になるか、自分で探した方がいいと思いますよ。ファイル作りとかで忙しいだろうけど、この資料にするものが重要だと思いますよ。
大きい本屋(といっても、つたやとかじゃなくて三省堂みたいな品揃えの)に行ってみる事をお勧めします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事ありがとうございました。どんな絵を描くにしても、自分らしい絵が表現出来るように、持てる力を精一杯出し切ろうと思います。最終的には、絵を通して私がどんな人物なのかが、相手に伝わる様に描こうと思います!!いろいろアドバイスありがとうございました。就職活動真っ最中で、少し憂鬱ぎみでしたが、なんだか元気がわいてきました!!!!

お礼日時:2001/02/06 21:46

それは自分で考えないと・・・


その独創性が試されている課題なんじゃないですか?

ヒューマンタイプのロボットとかは沢山あると思いますが、そのままじゃいわゆるパクリになっちゃいますしね。

この回答への補足

shigatsuさんがの言われるとおり独創性あってのデザインだと私も思います。それに、パクリをする気もまったくありません!私の質問の仕方が悪かった様なので少し補足します。例えば、もともとリアルタッチで描いていた絵を、変形させたり、イビツにしたりするのを「デフォルメ」と言うじゃないですか?(違っていたらスイマセン。)それと同じように「メカニックタッチ」という絵を描くにあたっての、技術的な定義(手法もしくは決まりごと)があるのではないかと思っていたんです。ただ単に、人間をメカニック(ロボット)風味に描いて出来上がり!みたいな簡単なノリでいいんでしょうか??私、考えすぎでしょうか??

補足日時:2001/02/03 18:17
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事ありがとうございました!!!

お礼日時:2001/02/03 20:56

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q基本的なフッター固定のCSS

フッター固定の基本的なCSSを教えてください。

後、
どこをどうすれば縦幅が決まる
どこをどうすれば横幅が決まる
フッターの色が決まる
内容はどこに入れたらいい
等も
教えていただけると嬉しいです。

Aベストアンサー

こういった「丸投げ」の質問はよほどのお人好しでもなければ回答付きません。
サンプルを提示するのは簡単ですが、全部説明させるのというのはいかがなものかと…
ある程度形が出来てそれ以上具体的に「ここをこうしたい」などであればアドバイスあるかも。

Qゲーム会社:デッサン提出について

こんにちは。
ゲーム会社の2Dデザイナーを目指して就活中の者です。
先日、某ゲーム会社に作品集を送った所、メールにて「人物デッサンも数点送ってほしい。」と連絡がありました。
そこでいくつか質問なのですが

【1】描く紙のサイズはどのくらいがいいでしょうか?
(作品集の提出ってA4が主流のようなので、デッサンもA4にすればいいのかな?と思っていたんですが相談してみた専門学校時代の先生に「小さ過ぎない?」と言われたので悩んでいます。)

【2】雑誌を見て描いてもいいでしょうか?
(ゲームってよくマッチョな人が出てくるので、「マッチョも描けるよ!」というアピールに、マッチョ雑誌から選んで描こうかなと思ったのですが、実在の人物を見て描いた方がいいでしょうか?)

【3】参考にしたものは、作品と一緒に提出した方がいいでしょうか?
(本物の人物を参考にした場合は写真を、雑誌がもしOKなら切り抜きを送った方がいいですか?)


長々と質問させていただきましたが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

お、脈ありっぽいですね。
全然ジャンルの違うところにいるクリエーターです。ご参考まで。

1.A4で問題ないと思いますが、大きくすることによってクオリティが落ちなければその方がアピールするかも。でも極端なのはペケです。四つ切りぐらいまでかな。
2.構わないと思います。立体的検証を忘れずに。
3.不要だと思います。

要はあなたの描画力でしょう。作品集の中にも人物画はあったのでしょうね。それを見て興味を持ってくれたからこそのデッサン要求でしょうから、奇を衒わずに実力の程をアピールしてください。

QCSSで参照するID(or NAME)属性値の基本的な名称を教えていただけますか?

div id="content"や
div id="right"や
div id="Note"
というように
第3者が後から見てもメンテナンスしやすく
分かりやすい属性値の名称を教えて頂きたいのですが
こういったところにはこの名称。と言うような事を教えていただけますか?
参考になりそうなサイトでもかまいませんので宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

ORUKA1951です。追加情報
たとえば、
id/classの命名規則/XHTML CSS ガイドライン ( http://vosegus.org/guideline/id_class.html )
に書かれている命名規則は参考になるかと。
この場合であっても、該当する文章群を汎用要素<div class="クラス名">で囲んでしまえば、その子孫になる要素では、子孫セレクタを使えばclassなんてほとんどいらなくなる。

Qデッサンからスケッチへ飛躍したい

建築学科を卒業し、現在プロダクトデザインの大学院に在籍している学生です。

いままでずっとデッサン画はそれなりに描いてきたのですが、デザインの大学院に入り、5分とか10分とかで沢山のスケッチを描くことが求められるようになり、勝手の違いに戸惑っております。

時間をかけてじっくり描くデッサンではなく、ササっと素早くそれなりのイメージを伝えられるスケッチをかけるようになりたいのですが、参考の本やスクールの選び方を教えて頂けないでしょうか。よろしくお願いします。

それとも単純に、デッサンの練習が足りないとか、センスがないとか、そういうことなのでしょうか。

Aベストアンサー

「質感」も含めてじっくり対象のモノをとらえていくデッサンに対して
短時間にそのモノのおおまかなカタチだけをとらえていく訓練に
「クロッキー」というものがあります。
各地の「文化教室」のような所でクロッキー講座を設けていたりするので
参加してみてはいかがでしょう?

5分~30秒という短い区切りでモデルが次々とポーズを変えていくので
チマチマと描いたり、補助線を多用する画法を使っていてはとても全体像を描ききれません。
ですからそういうクセがある人が、感覚的にざっと形を捉える訓練をするにはもってこいだと思うし、
上手な人の手法を覗き見ることができる機会でもあります。

さらに、短時間のため、デッサンではできない難しいポーズをとってくれるので、
デッサンより楽しいかもしれません。
人物のような、元々かなり複雑な形状が手早く捉えられるようになれば、
あらゆるスケッチに応用が利くと思っています。

参考までに、私が学生の頃に通っていた地方都市のクロッキー教室は、
あらかじめ10枚綴りのチケットを買う形式で、
週1回、2時間、1回600円ほどで、使う画材は自由でした。
(自分から質問しない限り、先生は何も言わないのでとても自由でした)

どこの教室かによってかなり金額が違うかもしれませんが、
慣れてくれば、自宅にある物や友達に頼んで練習することもできますしね。



「センス=生まれ持ったもの」と思い込んでいる人も少なくないですが、
あとからいくらでも磨けるし、伸ばしていけるものものです。
とにかく数をこなすこと が、結果的には近道かと思います。

「質感」も含めてじっくり対象のモノをとらえていくデッサンに対して
短時間にそのモノのおおまかなカタチだけをとらえていく訓練に
「クロッキー」というものがあります。
各地の「文化教室」のような所でクロッキー講座を設けていたりするので
参加してみてはいかがでしょう?

5分~30秒という短い区切りでモデルが次々とポーズを変えていくので
チマチマと描いたり、補助線を多用する画法を使っていてはとても全体像を描ききれません。
ですからそういうクセがある人が、感覚的にざっと形を捉える訓練...続きを読む

Qcssの基本的なこと。

bodyタグにmargin指定はちょっとまずいと聞いたことがあるのですが、なぜまずいんでしょうか?そして、margin指定をするとどういうことが起こるのでしょうか?

Aベストアンサー

 こんにちは。間に合えばいいですが。

 bodyタグというのはhtml文書の中のbodyタグのことですよね。
 htmlという文書はウェブブラウザによって見え方が違います。伝える「内容(文字での文書)」を定義するファイルだからです。 それに対してCSSという装飾定義ファイルは、その内容の「見え方」を説明してします。このCSSはほとんどの新しいブラウザが対応しているため、ブラウザによる誤差が少なく閲覧者側からは安心してページを見られる設計になっています。
 なので本来ウェブページを作るうえでは、1ページを作成するためにこの2つの文書を準備する必要があるのです。
 特にページ作成側での非推奨となっているのは、文字の色や背景色、そして幅などの数値です。閲覧者にとっては極端なページ不具合を招きます。

 marginについてですが、marginはpaddingと2つのセットで覚えたほうがいいと思います。これらは上記の数値に関する記述にあたります。
 marginは文章のすぐ外側のスペースを定義し、paddingは文章の内側スペースを定義します。
 よく利用させていただくページさん(http://www.htmq.com/style/margin.shtml)の記事がわかりやすいのでリンクします。 またどういうことが起こるのかについてもわかりやすく説明してくださっていたページの方(http://www.hajimeteno.ne.jp/stylesheet/actually/margin.html#1)がいらっしゃいましたので引用させていただきます。

 基本的には、html文書のbody(実際に閲覧者に見える文書)全体に対して1つのスペース領域を指定するのはよくないです。説明にもあるように、ブラウザによっては全ての文書を崩すことになりますので。場合によっては何も読めなくなることもありえます。
 なるべくスタイルシートを使って、数値の指定をしてください。

参考URL:http://www.htmq.com/csskihon/001.shtml

 こんにちは。間に合えばいいですが。

 bodyタグというのはhtml文書の中のbodyタグのことですよね。
 htmlという文書はウェブブラウザによって見え方が違います。伝える「内容(文字での文書)」を定義するファイルだからです。 それに対してCSSという装飾定義ファイルは、その内容の「見え方」を説明してします。このCSSはほとんどの新しいブラウザが対応しているため、ブラウザによる誤差が少なく閲覧者側からは安心してページを見られる設計になっています。
 なので本来ウェブページを作るうえでは、1...続きを読む

Qデッサンの勉強の仕方について(長文です)

私はグラフィックデザイナーを目指している23さいです。イラレ、フォトショップはある程度独学で勉強しました。しかしアイディアを形にしようとする段階でわかっていた事ですがラフ描が描けません。はっきり言ってデッサン力が幼稚園児並です。デザインの参考書等でデザインに関する知識は勉強しました。色彩検定などの資格もとりました。しかしデッサンの仕方が解らないため非常にコマッてます。デッサンに関する参考書も読んでみましたがよく解りません。
どなたかお勧めのスクールまたは通信講座、参考書などを教えて頂けませんでしょうか?ちなみに私は北関東(栃木)在住、グラフィックデザイナーへ転職を目指す会社員、日勤土日休みです。

Aベストアンサー

美大を卒業後、公立中学・高校の美術教師を勤め、現在はカメラマン兼ウェブ制作を行っている者です。

あなたのように自分の絵の下手さ加減に悩んでいる人には、
Betty Edwards著、北村孝一訳、エルテ出版「脳の右側で描け」を
読むことを強くお勧めします。

デッサンの能力は、体操や歌唱のように体技的なものなので、勉学の知識のように学べば誰でも身につけられるものではありません。
大変残念で、残酷な言い方かもしれませんが、やはり才能に左右される部分が大きいのです。
でも絶望することはありません。
この本は、絵の描き方を芸術ではなく科学として捉え、目や手をトレーニングするのではなく、脳をトレーニングすることで、絵を描く能力を飛躍的に向上させます。
私自身は絵の才能に恵まれていたので、試すことができませんでしたが、教職時代にこの本を題材に、生徒に絵を描かせてみたところ、目覚ましい効果が現れました。
とにかく他の凡百の参考書とは一線を画します。必読です。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4871990656/qid=1114920181/sr=1-3/ref=sr_1_10_3/250-2947850-0557056

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/484510704X/ref=pd_bxgy_text_2/250-2947850-0557056

http://www.geocities.co.jp/WallStreet/1051/meditation/art.html

http://homepage3.nifty.com/art-of-life/

美大を卒業後、公立中学・高校の美術教師を勤め、現在はカメラマン兼ウェブ制作を行っている者です。

あなたのように自分の絵の下手さ加減に悩んでいる人には、
Betty Edwards著、北村孝一訳、エルテ出版「脳の右側で描け」を
読むことを強くお勧めします。

デッサンの能力は、体操や歌唱のように体技的なものなので、勉学の知識のように学べば誰でも身につけられるものではありません。
大変残念で、残酷な言い方かもしれませんが、やはり才能に左右される部分が大きいのです。
でも絶望することはあり...続きを読む

Qcssの読み込み方法でこの二つの違いはなんですか?

よろしくお願いいたします。
CSSを読み込むときに
<link rel="Stylesheet" typ ="text/css" href ="○○.css" />

@import url(○○.css);
と二つの方法がありますが、
この二つに何か違いがあるのでしょうか?
たぶん基本的な事で申し訳ないのですが、ご存知の方よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

結果はどちらも同じですが使用目的が少し変わってくるかもしれません。
特にcssの部品化を行っている方だと使い分けが顕著に見られるのではないでしょうか。

私の場合を紹介しますと、
各ページhtmlではlinkタグを用いてそのページ用のcssファイルを読み込みます。
各ページ用cssの先頭部分でそのページに用いられていて、かつ他のページでも使用される共通cssを複数importする形を取っています。
この方式の一番の利点は、共通部分をまとめることで変更が生じたときの手間を減らせることにあります。

また、@import "abc.css" という書き方は一部の古いブラウザでは動作しません。
これを利用してブラウザによって適応させるcssを変えるという、通称cssハックと呼ばれる技法にも使われています。

Qパースデッサンの個人レッスンをうけるには?

私は現在グラフィックデザイナーです。
お客様との打ち合わせ時に、立体的なラフスケッチを描けるように
なりたいので、パースを勉強しています。
しかし、誰か教えてくれる方を探しています。
カルチャースクールやデザインスクールなどの講座を受けようとも
思い調べたのですが、意外と数が少ないです。
そこで思いついたのが、個人レッスンを受けたいということです。
例えば語学などですと、国際交流センターなどの掲示板などで
「英語教えます、1時間2500円~」などという書き込みがあるので
そういうところから個人レッスンが受けれるのですが、
フリーハンドのパースを教えます、というような個人の方に
出会うには、どこを探せばよいでしょうか?
施設や、そういったことのやりとりのあるホームページ、掲示板
などご存知の方いらっしゃいましたら、ご教授お願い致します。
よろしくいおねがいします。

Aベストアンサー

 お客様との打ち合わせ時に、スラスラと立体的なラフスケッチを描ける......ならお仕事の上で大変便利でしょうし、いかにもプロらしくてお客様の信頼感も増すでしょう。

 ただ、パースの効いたスケッチを学ぶぐらいなら個人レッスンといいましても1日か2日もあれば十分でしょう。残念ですね、もしここで名乗れてお会いできるなら、1時間2500円~....などとは言わないで、こころよく教えてさし上げられたのに。

 さすがに語学とは違って、個人レッスンなどは聞いたこともありませんが、たしか書籍でなら見たことがあります。本の名前までは記憶にありませんが、ちょっと専門書などを置いている大きな書店の絵画関係のコーナーだとか、東京神田の古本屋などで探してごらんになればよろしいのでは。

 パース画法、ちょっとコツを飲み込むとそんなに難しいものではありません。ただ、グラフィックの分野でパース画法といえば受けたお仕事によっていろいろなものを描くことにもなるでしょう。
 パースというものは小さなものではほとんど描き込まれることもなく、描くものが大きくなればなるほど顕著になるものですから、まさか消しゴムひとつにパースを付けて描く人もいないでしょうが、ケイタイぐらいになるとそろそろパースを付けるかなといったあたり、そしてノートブック型のパソコンぐらいならはっきりとパースを付けて描くでしょうし、建物や街の風景、あるいはひと編成の列車などともなると子供たちでも自然にパースを付けて描くものです。

 それともうひとつ、パース画法には1点透視と2点透視、たまに3点透視といろいろな描き方がありますが、1点透視図法では、たとえば室内の光景ならテーブルの縁であれ、額縁の上下の辺であれ、椅子の背もたれであれ、照明器具の縁であれ、奥行き方向の水平線は、どんなところのものでもすべての手前から消失点(バニッシュポイント)に向けて伸びるということ、逆に言えばすべての奥行き方向の水平線は消失点から放射状に出ているということ。そして、これが2点透視図法になったら、垂直線以外の2方向の水平線はすべて2つの消失点に収束するということ、これだけの約束事を頭に置けば、それだけでとても理解しやすくなります。ただし、2つの消失点の高さは同じ高さであること。これが食い違うと絵はゆがんでしまいますが........。

 新人さんたちに、たとえばサイコロのような立方体の横っ腹にその半分の大きさの立方体がコブのようにくっ付いているといった絵を2点透視図法で描かせると、中には頭を抱えてしまう人がいますが、よ~く考えれば、そして上に書いた約束事を守れば、あっ、そうか......と簡単に理解してしまいます。つまり、パースの付いたスケッチというものはそんなに難しいものではないということです。

 むしろ難しいのは、パースの効いた立体的な絵での正しい陰影の付け方だとか、絵の中で斜めに置かれたものの描き方、カーブの描き方といったところでしょうが、これらとても、基本も約束事もみんな一緒、よ~く考えればご自分ひとりでも答えを見つけることは出来ると思います。
 そのヒント....たとえば室内に斜めに置かれた椅子、まず床面にパースに従って斜めに置かれた椅子の底辺を描き(台形になります)、その角々から垂直線を延ばすだけ。カーブの描き方はカーブに外接する四角をパースに従って描き、その四角の中でカーブを描きなおすといことです。
 
 最後に、フリーハンドでパースの効いたスケッチを描くためには、その前に、三角定規を使って何度も何度もいろいろなものを沢山しっかり描き込み、手と目がパースに慣れるようにすることが大切でしょう。
 
 

 お客様との打ち合わせ時に、スラスラと立体的なラフスケッチを描ける......ならお仕事の上で大変便利でしょうし、いかにもプロらしくてお客様の信頼感も増すでしょう。

 ただ、パースの効いたスケッチを学ぶぐらいなら個人レッスンといいましても1日か2日もあれば十分でしょう。残念ですね、もしここで名乗れてお会いできるなら、1時間2500円~....などとは言わないで、こころよく教えてさし上げられたのに。

 さすがに語学とは違って、個人レッスンなどは聞いたこともありませんが、たしか書籍でなら...続きを読む

QデフォルトCSSのリセット

「デフォルトCSSのリセットがCSSデザインの基本」と本に書いてありました。Firefoxなら「res」フォルダがこのデフォルトCSSの入っているフォルダとのことです。

IE7を使っていますが、こちらのデフォルトCSSフォルダが見つけられません。フォルダ名をご存知でしたら教えていただけますか。

Aベストアンサー

#1です。
IEにはそういうファイルはないらしいので、
実際にページを作ってみてどうなっているかを調べてみるしかなさそうです。

ページ内の要素ごとにどんなスタイルになっているかを調べるには
IE Developer Toolbarを使うと少し便利かも。
http://www.exconn.net/Blogs/windows/archive/2006/03/24/8302.aspx
↑スクリーンショットをクリックして原寸表示するとわかりますが、
右下に「Current Style」が表示されます。

Q美容系の会社で、デザイナーとして勤務しています。 元々高校から美術高校で、デザインやデッサンの授業が

美容系の会社で、デザイナーとして勤務しています。
元々高校から美術高校で、デザインやデッサンの授業があり、勉強はしていましたが、学科は陶芸科でした。
大学も陶芸で、独学でイラストレーター、フォトショップをしていたのでそこそこ使えます。
卒業後に服のプリントデザイナーとして働いていました。某有名ブランドのデザインも手がけたりしていましたが、新人の私にこんな簡単に任せてもらえるものなのかと驚くほどあっさり任された感じでした。

賞は学生時代にいくつかとりましたが、資格は全く持っていません。

さて、そこでなんですが、今の会社ではデザイナーが1人しかいなく、全員がデザインに関して無知です。

ウェブのバナー、カタログ、ポスターなどデザイン的なもの全て任されています。私の描く雰囲気は気にいられていますが、文字などが苦手で、自分がプロと言っていいものなのか凄く不安です。
社長のイメージはつかめていますが、社員に不評、面接の時もあっさり任された某有名ブランドのデザインをしていたことに驚かれて即採用という感じでした。
私は偽物のデザイナーなんでしょうか?
また、本物のデザイナーになるためには何の資格をとるべきでしょうか?

美容系の会社で、デザイナーとして勤務しています。
元々高校から美術高校で、デザインやデッサンの授業があり、勉強はしていましたが、学科は陶芸科でした。
大学も陶芸で、独学でイラストレーター、フォトショップをしていたのでそこそこ使えます。
卒業後に服のプリントデザイナーとして働いていました。某有名ブランドのデザインも手がけたりしていましたが、新人の私にこんな簡単に任せてもらえるものなのかと驚くほどあっさり任された感じでした。

賞は学生時代にいくつかとりましたが、資格は全く持ってい...続きを読む

Aベストアンサー

テキスタイルデザイナーとしてご活躍されていたのですね。

デザイナーといっても、服飾、印刷、WEB、建築、プロダクトなど分野によって専門知識が必要ですよね。
文字については、確立された歴史が長いだけあってエディトリアルやグラフィック分野の方が
一番知見が深いと思います。資格ではなく、タイポグラフィやフォントについて学ばれたらいかがでしょうか?

WEBも文字を扱う機会が多いと思いますが、個人的には紙媒体での経験が基礎にある方のほうが、
文字に関する知識が深く、書体の扱い方、適切な選択が上手いと感じます。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報