ジメジメする梅雨のお悩み、一挙解決! >>

この度会社で会社の機密事項の情報漏洩があり、情報を漏洩した社員が就業規則に従い、減給となりました。減給については本人も納得し、始末書も提出しました。減給による給与計算にあたり、給与明細項目をどのようにしたら良いでしょうか。
 給与明細上、支給項目の職務手当から減給、または、控除項目に新たな控除項目を設定したほうが良いのでしょうか。支給項目としては、職務手当以外のその他の支給項目である基本給・役職手当から減給するのは適切ではない気がします。
 控除項目に新たに控除項目を設定する場合、項目名称はどうしたらよいでしょうか

このQ&Aに関連する最新のQ&A

始末書」に関するQ&A: 始末書の措置について

給与明細」に関するQ&A: 給与明細

A 回答 (3件)

NO1の方も書かれていますが、給与明細上は分かればよいので、そんなにこだわらなくてもよいとは思います。


減給は一時的なもだと思いますので、支給額表示はこれまで通りで、減給額をマイナス表示にしたほうが良いとは思います。
はっきりさせる意味でも「減給」という控除の項目でもいいのではないでしょうか。

余談としての注意事項としては
・控除の項目を利用する場合、源泉対象はあくまでマイナス後の額になります。
・法律上、一ヶ月の10%を超える減給はできません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。適切な控除項目を設定して処理します。

お礼日時:2007/12/26 23:48

 給与の明細は、給与の支払い内容を正しく表示するものです。


 一番のポイントは、どういう処分をされたのかということが明確になっていないことが問題なのではないでしょうか?
 単なるペナルティーで罰金の分割払いの扱い(単なる金額の減)なのか、資格や役職などの降格なのか、残業時間などの計算の基礎基準賃金を下げるのか、ボーナスや退職金まで影響する減給なのかです。
 単なる金額だけなら、給与の支給欄に新たな欄を設けて(調整給等)、マイナス支給にすればよいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。適切な控除項目を設定して処理します。

お礼日時:2007/12/26 23:49

例えば後日、当該社員から、あの懲戒事項は労働基準法違反で


減給は違法だ。と訴えられたとします。

当然、別途、懲戒事項の委細や減給に関する明細を作成されている
かとは思いますが、それにあわせることが肝要です。

全体から20%の減給であれば、全ての支給項目を20%減らしても
かまいませんし、全体の20%を懲戒処分などの項目で作成してもいいでしょう。
(名称はどうでもいいような気がしますが。)

要は、本人が判り、後日も判るようにしておけば、どちらでもかまわないということです。
ただ、会社によっては賞与などを基本給×かけ率としているところがあるでしょうから、
賞与の減額をそれにあてるというやりかたと、別途、かけ率を下げることで反映させるという
やり方があるので、そちらも含めて明示し、本人の納得のいくようにしなかければ
いけないということです。世間的に適切なルールがあるかどうかは
存じませんので、あくまでも、ひとつの考え方と言うことでご参考までに。

税法上は課税額を増減させていれば、どちらでも問題はありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。適切な控除項目を設定して処理します。

お礼日時:2007/12/26 23:48

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q給料の仕訳

お尋ねします。どういう仕訳をすればいいのかがわかりません。
明細は基本給10万+顧客紹介料5千円=総支給額10万5千円
控除額=雇用保険100円 遅刻一回1000円で10万3千9百円支払ったとすると
仕訳は、借方 給料105000  貸方 法定福利費100・・・・
遅刻1回1000円マイナス分はどうすればいいでしょうか?
給料がそもそも104000円としなければいけませんか?

Aベストアンサー

※あなたの内容説明では分かりにくいのでこちらで参考を書きます。また月当たり105,000×12ヶ月=1,260,000円の所得になります。これを基礎にして当てはめて計算してください。

例)給料計算。また顧客紹介料・遅刻分は、給料の中で+ーください。
A給料-B社会保険料(健康・厚生「含・労災・雇用保険料等」)ーC住民税「県民税・市民税」-D所得税=E給与。

例)仕訳Q
借方(D r)          貸方(C r)
A給料「費用科目」 / F未払費用「負債科目」
 OOO,OOO      OOO,OOO   
費用科目から負債科目に振替えします。「どうしてか?損益計算書と貸借対照表を作成する時に大切なのです。
仕訳R
(D r)           (C r)
(1)F未払費用 / (2)B預り金「社会保険料」・・・・期日に納付
            (3)C預り金「住民税」・・・・・・期日に納付
            (4)D預り金「所得税」・・・・・・期日に納付
            (5)E現預金「給与」・・・・・・・当月所定日に支払
合計OOO,OOO      合計OOO,OOO

説明します。給料「費用」から未払費用「負債」振替え、次に、預り金「負債」と現金・預金=現預金「資産勘定」例仕訳Qの貸方の未払費用と仕訳Rの借方未払費用とで相殺されます。
最後は預り金「控除した分」現預金「差引分給与」を支払。

※あなたの内容説明では分かりにくいのでこちらで参考を書きます。また月当たり105,000×12ヶ月=1,260,000円の所得になります。これを基礎にして当てはめて計算してください。

例)給料計算。また顧客紹介料・遅刻分は、給料の中で+ーください。
A給料-B社会保険料(健康・厚生「含・労災・雇用保険料等」)ーC住民税「県民税・市民税」-D所得税=E給与。

例)仕訳Q
借方(D r)          貸方(C r)
A給料「費用科目」 / F未払費用「負債科目」
 O...続きを読む

Q弥生会計の給与仕訳設定について

いつもお世話になります。
現在弥生会計を使い管理をしております。
給与の仕訳設定についての質問です。

社員が半年の間に何度も遅刻を繰り返しそのつど皆勤手当ては支給
していなかったのですがあまりにも遅刻するので遅刻した月は皆勤手当ての無支給プラス3500円の減給となりました・・。

上記の場合、仕訳設定ではどういった仕訳にすればよいのでしょうか?

初歩的な質問ですが、宜しくご指導下さい。

Aベストアンサー

全出勤の月(A)=基本給+皆勤手当
遅刻のある月(B)=(A)-皆勤手当ー勤怠控除(この場合は3,500円)

 として、その月に応じて、(A)か(B)かを給与手当(会社によっては賃金)として仕訳します。

 勿論、勤怠控除は所得税の課税所得や、社会保険料の計算の基礎になりますので、弥生給与の取り扱いでは支給額の中で減額が必要です。
 万一、勤怠控除が所得税や社会保険料と同じ控除額欄で表示されているとすると、所得税や社会保険料の対象から外れるので設定が誤っている事になります。
 減給の欄の設定内容によって、会計処理も変わると思いますが、本来通り所得税や社会保険料の対象が減る支給額欄の中で控除されていれば、仕訳は私の回答通となります。念のため、確認して下さい。

 尚、社会保険労務士さんがついておられるのでしたら、就業規則についても相談されたら如何でしょうか?
 懲罰・解雇の基準とか、減給の基準(例えば、3,500円という基準は曖昧なので、遅刻時間(各30分未満切上げ)×1時間当たりの給与)を明確にするとか…
 いい加減な社員に限って、解雇されると不当解雇を訴えるケースも多いので、念のため…

全出勤の月(A)=基本給+皆勤手当
遅刻のある月(B)=(A)-皆勤手当ー勤怠控除(この場合は3,500円)

 として、その月に応じて、(A)か(B)かを給与手当(会社によっては賃金)として仕訳します。

 勿論、勤怠控除は所得税の課税所得や、社会保険料の計算の基礎になりますので、弥生給与の取り扱いでは支給額の中で減額が必要です。
 万一、勤怠控除が所得税や社会保険料と同じ控除額欄で表示されているとすると、所得税や社会保険料の対象から外れるので設定が誤っている事になります。
 減給の...続きを読む

Q移転費用について

いつもこのサイトを参考にさせて頂いております。
初歩的な質問なのですが、教えて下さい。
会社が移転しまして、移転費用の処理についてです。
1、退去する事務所の原状回復費用
2、移転先電話工事費用
3、引越し費用(事務所用棚・机・商品等運搬、レイアウト)
使用する科目は1修繕費、2通信費、3については雑損?、でいいのでしょうか。金額によって科目は違ってきますか?
宜しくお願いいたします。
(まだこれからいろいろ請求が来るようなのですが、迷ったら再度質問させてもらいます。)

Aベストアンサー

失礼ですが、質問者さんの会社が割と小規模な会社で他に支店等がないという前提で考えてみます。
1.退去する事務所で除却することになる内装等を除却する費用ですから、固定資産除却損(特別損失)に含めます。
2.新たに電話機を購入する場合の工事代金で電話機の購入代金とともに総額20万円以上なら、固定資産(器具備品)に計上します。(30万円以下なら即時償却できます。)
3.移転先で新たに購入する消耗備品費とともに、特別損失の区分に事務所移転費用という科目を設定して、全てそこに計上します。2の電話も30万円以下ならここに計上します。
小規模な企業なら上記の1,2,3の費用は、利益に対する割合が結構大きなものです。また事務所移転ということはそうしばしばあるものではないですから、これらを特別損失として別科目で処理した方が、経常利益率等が良くなり、期間比較も容易になります。決算書を金融機関に提出したときに、格付けのスコアが若干有利になります。

Q懲戒処分者減給は、基本給から引いていいのでしょうか?

著しい会社の信用を無くしたとして、一か月あたりの総支給額より、4%の減給3か月の懲戒処分を受けた方がいます。
そこで質問なのですが、給与明細書ではどのように引くのでしょうか?
例えば基本給を下げるだけで良いのでしょうか?
それとも何か項目名をつけて、減給するのでしょうか?
労務士もいませんし、これまで対象者がなく、減給のやり方で、労務規定に触れないか心配でご質問しました。
金額等は法に触れてはいませんので、大丈夫です。
お忙しいと思いますが宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

項目をつけて減給します。

Q労働保険の 労働保険番号について

どなたか教えていただければ有難いです。

労働保険は、労災保険と雇用保険に分かれますが

労働保険番号は、労保と雇保別々にもつものなのでしょうか?

一元適用事業所の場合と二元適用事業所の場合を教えてください。

また、
労働保険の納付先は、どこになるのでしょうか?

詳しい方どうぞ宜しくお願いします。

Aベストアンサー

労働保険番号とは、
府県(○○)ー所掌(○)ー管轄(○○)ー基幹番号(○○○○○○)ー枝番号(○○)の13桁の番号から成り、一元適用事業所には1つの労働保険番号が付けられます。
労働保険番号の基幹番号の末尾番号が「0」の場合は、一般の事業所(一元適用事業所)の労働保険番号になり、この末尾が「2」の場合は、建設業などの二元適用事業所の雇用保険に該当する労働保険番号になり、末尾「4」は、二元適用事業所の林業等の労災保険番号、末尾「5」は建設業等の労災保険番号、末尾「6」は二元適用事業所の事務部門に従事する職員の労災保険番号、末尾「8」は、建設業の一人親方の事務組合加入による労災保険番号になります。
また、雇用保険番号として、1事業所に一つ「雇用保険適用事業所番号」○○○○ー○○○○○○ー○の11桁からなる番号が付けられます。
つまり、一元適用事業所には、13桁からなる労働保険番号と11桁からなる雇用保険適用事業所番号の2種類の番号を持つことになります。
二元適用事業所の場合は、事業の内容により変わりますが、雇用保険適用事業所番号と他に、労働保険番号の基幹番号の末尾2、5、6などを持つ場合が多い(末尾6を持たない事業所も多いです)ようです。

労働保険料の納付は、毎年5月20日までに年度更新(労働保険の確定申告)を行い最寄りの金融機関や郵便局又は、一元適用事業所であればハローワークで納付(労災も雇用保険料も併せて)します。二元適用事業所の場合も金融機関などの納付は一元適用事業所と同様ですが、直接ハローワークや労働基準監督署などに納付する場合は、雇用保険料(末尾2の分)はハローワークへ、その他の末尾にかかる保険料は労働基準監督署に納付します。
ちなみに年度更新における書類の作成も一元適用と二元適用では大きな相違点がありますのでご注意下さい。
参考までに下記のホームページをご覧下さい。

参考URL:http://www.mhlw.go.jp/topics/2003/03/tp0320-2.html

労働保険番号とは、
府県(○○)ー所掌(○)ー管轄(○○)ー基幹番号(○○○○○○)ー枝番号(○○)の13桁の番号から成り、一元適用事業所には1つの労働保険番号が付けられます。
労働保険番号の基幹番号の末尾番号が「0」の場合は、一般の事業所(一元適用事業所)の労働保険番号になり、この末尾が「2」の場合は、建設業などの二元適用事業所の雇用保険に該当する労働保険番号になり、末尾「4」は、二元適用事業所の林業等の労災保険番号、末尾「5」は建設業等の労災保険番号、末尾「6」は二元適用事業所の事...続きを読む

Q事務所の賃貸契約時の仕訳

先日新しい事務所の賃貸契約をしてきました。契約時に支払った項目、金額、支払先は概ね次の通りで、全て現金で支払いました。
それぞれの項目の勘定科目と仕訳を教えてください。
賃貸契約期間は、7/15から2年間です。
また当社の決算は3月末ですが、決算時の振替処理がありましたら、合わせて教えていただけると助かります。

1.敷金:400,000(うち償却200,000)→大家さん個人
2.礼金:420,000→大家さん個人
3.前家賃(7、8月分):315,000→大家さん個人
4.前共益費(7、8月分):47,250→大家さん個人
5.火災保険料(2年掛捨):41,090→管理会社
6.仲介料:210,000→不動産仲介会社
7.保証料(半年分、掛捨):230,000→連帯保証人代行会社

特に、7の連帯保証人代行の保証会社への保証料がよくわかりません。保証料とはいっても、一切帰ってこないお金ですし、期間も今期中の分なので、費用に計上したいのですが、科目が??です。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

下記のようになります。

貸方は全額 「現金」です。

借方
敷金       200.000(返還される分)
長期前払費用   200.000(返還されない分)
繰延資産(礼金)  420.000
賃借料(前家賃)  315.000
賃借料(前共益費)  47.250
保険料(1年分)   20.545
前払費用(1年分)  20.545(来期に保険料へ振替え)
支払手数料(仲介料)210.000
支払手数料(保証料)230.000

敷金は差入保証金でも良いです。
今回は該当しません、が敷金の返還されない分が200.000未満であれば、支払時の経費として処理できます。
長期前払費用は繰延資産でも良いです。
 
なお、長期前払費用200.000(返還されない分)と、繰延資産(礼金)420.000については、5年又は、賃貸期間が5年よりも短い場合は、その年数で償却します。

償却時の仕訳
支払手数料 **** / 繰延資産(又は長期前払費用)
 

Qライセンス取得の経理処理について

市販ソフトと高額なCADソフトのライセンス取得について、経理処理が同じというのに疑問を感じたのでご相談します。

現在、市販のソフト及びCADソフトのライセンス料を支払手数料で処理されています。その根拠は、どちらもソフト代(物品)と見ているのではなくて、使用できる権利を買ったと考えておられるそうです。

しかし、CADソフトのライセンスは確かにものはなくインターネットで登録するだけのものなので、これから使用するのに掛かった登録手数料として、支払手数料でもいいと思います。
その反面、市販ソフトはパッケージの箱(CAD-ROM)が存在し、キット自体は数百円のものぐらいだと思いますが、それに数万のライセンス料(使用できる権利)が含まれていて、十数万の物品と見るべきかライセンスという権利手数料と見るべきか判断に悩んでいます。私は、事務消耗品費か雑費か少額資産あたりに該当するのではないかと思います。

みなさんは、どう経理処理されていますか?
また、基本的な考え方が記されているHPや税法が存在すれば、教えて下さい。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

ソフトウェアのライセンスは会計上、無形固定資産に分類されます。

この無形固定資産の言葉の意味の説明ですが、
固定資産とは、長期間にわたって使用または利用される資産のことをいいます。
そして無形は、文字どおり姿かたちがないものを意味します。

無形固定資産とされるものの具体例として、特許権や商標権、営業権などのいわゆる法的な権利(ライセンス)が無形固定資産として処理されます。

これらと同様に、ソフトウェアのライセンスは、長期間にわたって使用される権利(ライセンス)であり、かつ、かたちがないものであるので、当然、無形固定資産として処理されます。

したがって、税務上は1つのライセンスあたりの単価が10万円までなら支払手数料でも消耗品費でも雑費でもかまいません。勘定科目はその会社の判断で行うのが基本です。支払手数料で処理されているのならそのやり方を変えてはいけません。

10万円を超えるものは無形固定資産のソフトウェアとして処理することになります。中小企業であれば、30万円未満であれば少額減価償却資産の特例を使うことができます。

ソフトウェアのライセンスは会計上、無形固定資産に分類されます。

この無形固定資産の言葉の意味の説明ですが、
固定資産とは、長期間にわたって使用または利用される資産のことをいいます。
そして無形は、文字どおり姿かたちがないものを意味します。

無形固定資産とされるものの具体例として、特許権や商標権、営業権などのいわゆる法的な権利(ライセンス)が無形固定資産として処理されます。

これらと同様に、ソフトウェアのライセンスは、長期間にわたって使用される権利(ライセンス)であり...続きを読む

Q遅刻等のペナルティと備品の弁償

遅刻・早退・欠勤の場合のペナルティですが、

1・1回の額が平均賃金の1日分の半額を超えないこと
2・総額が1賃金支払期における賃金の総額の10分の1を超えないこと

というのがありますよね。

1でいうと、たとえば極端な例ですが、時給1000円で8時間働いた場合、10分の遅刻1回でも4000円以内のペナルティが可能ということですよね?(就業規則にのとっていれば)

それから、備品の弁償も特に問題なく会社側が決めていいのでしょうか?
たとえば、制服とかラーメンの丼ぶり(笑)とか、壊したり無くした場合に実費を請求できるのでしょうか?

その金額の受け取りなのですが、ペナルティ、備品代とも給料から引きことも可能でしょうか?

受け取った金額の経理の科目は何代になるのでしょうか?

また、ペナルティと弁償のことは、その旨を契約書に入れても問題ありませんか?

たくさん質問があるので。どれか一つでもお答えいただければと思います。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

> 1でいうと、たとえば極端な例ですが、時給1000円で8時間働いた場合、10分の遅刻1回でも4000円以内のペナルティが可能ということですよね?(就業規則にのとっていれば)

そうなります。

が、普通にたまたま1回遅刻しただけでこの額の減給は認められない可能性が高いです。
よっぽど繰り返し、口頭注意、書面注意、始末書提出なんかの指導や懲戒繰り返したが改善しない、起きられないのが原因とかなら病気かもしれないので専門医での診療を指示とか、場合によっては業務内容や配置転換を行ったが、とかみたいな問題解決のための努力を行った実績なんかが必要かも。


> それから、備品の弁償も特に問題なく会社側が決めていいのでしょうか?
> たとえば、制服とかラーメンの丼ぶり(笑)とか、壊したり無くした場合に実費を請求できるのでしょうか?

損害賠償請求は民事の案件ですので請求は出来ますが、過去の裁判なんかの事例だと、せいぜい損害額の3割程度までしか認められないことが多いです。
労働者の過失でトラックなんか自損事故で壊しちゃったようなケースとか。

使用者には、そういう事にならないように管理監督する責任がありますので、そちらが問われるとか。

民法
| (使用者等の責任)
| 第715条
|  ある事業のために他人を使用する者は、被用者がその事業の執行について第三者に加えた損害を賠償する責任を負う。ただし、使用者が被用者の選任及びその事業の監督について相当の注意をしたとき、又は相当の注意をしても損害が生ずべきであったときは、この限りでない。

上の遅刻の件と同じく、繰り返し注意したり、損害保険なんかに加入するとか、問題解決のための努力、上の条文でいうところの相当の注意を行ったが、改善しないって状況なら別でしょうが。


> その金額の受け取りなのですが、ペナルティ、備品代とも給料から引きことも可能でしょうか?

少なくとも、労使の合意が必要です。


> 受け取った金額の経理の科目は何代になるのでしょうか?

雑収入か特別利益でしょうか?
税理士さんに聞いた方が確実かも。


> また、ペナルティと弁償のことは、その旨を契約書に入れても問題ありませんか?

入れても無効です。

労働基準法
| (賠償予定の禁止)
| 第16条
|  使用者は、労働契約の不履行について違約金を定め、又は損害賠償額を予定する契約をしてはならない。

就業規則の懲戒規定を整備し、周知して下さい。
別途、懲戒処分の程度のガイドラインなんか提示しとくと、トラブル少ないかも。

> 1でいうと、たとえば極端な例ですが、時給1000円で8時間働いた場合、10分の遅刻1回でも4000円以内のペナルティが可能ということですよね?(就業規則にのとっていれば)

そうなります。

が、普通にたまたま1回遅刻しただけでこの額の減給は認められない可能性が高いです。
よっぽど繰り返し、口頭注意、書面注意、始末書提出なんかの指導や懲戒繰り返したが改善しない、起きられないのが原因とかなら病気かもしれないので専門医での診療を指示とか、場合によっては業務内容や配置転換を行ったが、とかみ...続きを読む

Qexcelからexcelへの差し込み印刷

お世話になります。

excelでwordへの差し込み印刷をよく利用するのですが、
同様に、
excelのデータをexcelに流し込んで印刷する方法はありますでしょうか。

excelの名簿のデータを
excelの表のフォーマットに流し込んで
1人づつ印刷したいのですが。

お分かりの方いらっしゃいました教えてください。
どうぞ宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

イメージはわかるが、エクセルに差込印刷の機能はありません。
ワードなどと違ってA.X氏1人分書類シート作成、B印刷、Aのシートををy氏分のデータでシート内容(セル)を置き換え、印刷、の繰り返しをします。
ーー
例データ Sheet1 A1;D3
連番氏名住所品物
1山田 三郎東京都江東区かばん
2植田 健横浜市港北区帽子
A列はこのたび連番を振りました。
Sheet2   に送り状の書式を体裁よく作ります。
H1セル(どこでも良いが、下記のVLOOKUPの式は変わる)

送り状

住所X
氏名Y

品物Z

上記の品をお送り申し上げます。
ご査収ください

以上
Xの場所のセルに =VLOOKUP($H$1,Sheet1!$A$1:$D$3,2,FALSE)
Yの場所のセルに =VLOOKUP($H$1,Sheet1!$A$1:$D$3,3,FALSE)
Zの場所のセルに =VLOOKUP($H$1,Sheet1!$A$1:$D$3,4,FALSE)

---
結果

送り状

住所山田 三郎
氏名東京都江東区

品物かばん

上記の品をお送り申し上げます。
ご査収ください

以上
ここで
VBE画面で標準モジュールに
Sub test01()
For i = 1 To 2 '人数分
Range("H1") = i
Range("A1:G20").PrintOut '印刷範囲は各人同じとする
Next i
End Sub
を張り付け、実行する。
山田、植田分の紙が2枚印刷されました。
これは質問者はVBAの経験も無いでしょうと、最低限にしてあります。
VBAを勉強してください。
別ブックにある名簿を対象などは複雑になるので避けています。

イメージはわかるが、エクセルに差込印刷の機能はありません。
ワードなどと違ってA.X氏1人分書類シート作成、B印刷、Aのシートををy氏分のデータでシート内容(セル)を置き換え、印刷、の繰り返しをします。
ーー
例データ Sheet1 A1;D3
連番氏名住所品物
1山田 三郎東京都江東区かばん
2植田 健横浜市港北区帽子
A列はこのたび連番を振りました。
Sheet2   に送り状の書式を体裁よく作ります。
H1セル(どこでも良いが、下記のVLOOKUPの式は変わる)

送り状

住所X
氏名Y

品物Z

...続きを読む

Q健康保険資格喪失証明書について

恐れ入ります。

まず自分は今年の1月末で会社を退職し
現在無職の一人暮らしとなっております。

保険証を退社時に返却していたので、
届出などが必要というのはしっていたのですが、
保険などについては、全くわからないということがあって、
退職してからなにもしておりませんでした。

しかし、最近になって急に昔から放置していた
虫歯が尋常じゃなく痛み出し、
保険証が必要となりインターネットで調べていたのですが、
国民健康保険に変更申請するのに

「健康保険資格喪失証明書」

が必要ということだけはわかりました。

しかし、退職時にはいただいておりません。
退職して約2ヶ月たちますが、自宅に郵送などもされてきておりません。

そこでお聞きしたいのですが、
1.健康保険資格喪失証明書は退職時に渡されるのが普通なのか?
2.問い合わせは前の会社でよいのか?
3.現状で最短で保険証を手に入れる手順は?

以上です。大変申し訳ありませんが宜しくお願いします。


早く歯医者行きたいです。
痛みでよるも眠れません;;

恐れ入ります。

まず自分は今年の1月末で会社を退職し
現在無職の一人暮らしとなっております。

保険証を退社時に返却していたので、
届出などが必要というのはしっていたのですが、
保険などについては、全くわからないということがあって、
退職してからなにもしておりませんでした。

しかし、最近になって急に昔から放置していた
虫歯が尋常じゃなく痛み出し、
保険証が必要となりインターネットで調べていたのですが、
国民健康保険に変更申請するのに

「健康保険資格喪失証明書」

が...続きを読む

Aベストアンサー

喪失証明書は送付義務はありません。
また、勝手に自宅に送られてくるものでもありません。
通常会社は、資格喪失届を出すことで送られる資格喪失通知書の
コピーか、もしくは資格喪失連絡票というものを退職者に渡します。

前の会社に問い合わせして、資格喪失通知書のコピーをもらうことです。
通常は雇用保険の離職票などと一緒に退職後すぐに会社が退職者に渡すべきものです。
保険証については、市役所などで問い合わせしないとここでは分かりません。
健康保険は退職日にさかのぼって加入することになります。
また、届出が遅れた場合は届出日以前に発病した病気については保険が使えない
場合もあります。

このような手続きは通常は退職後すぐに行うべきものです。
誰も教えてくれないから分からない、教えてくれない会社や役所が悪いでは、済まされません。
分からなければ退職した会社の担当者なりに聞けばいいのです。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報