人気マンガがだれでも無料♪電子コミック読み放題!!

とくに自覚症状はありません。(体力がないとは思います)
安静時心電図で陰性T波と書いてあり、気になります。
半年前くらいには、平坦T波といわれましたがとくに気にしなくていいよ。って医師に言われていました。
そういえば、数年前はやや徐脈って言われました。でも経過観察。

コレステロールはやや高めで、血糖値は正常です。BMI=23~24くらい。
まさか、動脈硬化になってきているとか?
食事は不規則で脂っこいの好きです。ファーストフードで済ませることも多いです。運度はほとんどなし。
休みの日は食べては寝ての繰り返し。ストレスは大。
競争心は強い方かなあ。

20代半ば。男性。

まさか、自分ってはやくも虚血性心疾患になりつつあるのでしょうか?
また、今の段階で生活を改善すると、心電図は正常化するでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

V6は「正常でも出る」部位ではないのですが、単独部位で陰性T波がみられる場合も病的とは判断されません。


自覚症状なし、血圧もまったくの正常、
血液検査でもコレステロールがやや高めのみですので様子をみてよいと思います(虚血性心疾患ならば必ず検査値が上がる物質ありますので)。

影響因子として自律神経の緊張も上げられますので緊張状態にあったならば関係あるかもしれませんね。でも「正常ではないけれど、病的ではない」ということはよくあることです。大丈夫ですよ。

原因ははっきりわからないので生活改善によってなくなるかどうかは断言できません。。。ただそれ自体はとてもよいことなので是非実践してください。
あとタバコですが10本×10年=100、ということで肺がんになる確率は吸わない人の2倍弱というところです。10年禁煙で非喫煙者並になります。

心臓は命に直結する器官ですから不安になりますよね。そういった不安が強いことで色々な症状が起こることもあります(心臓神経症)。「痛い気がする」というのもその可能性があります。
もう一度受診して医師に説明してもらったほうが安心できるかもしれませんね。
    • good
    • 33

心電図検査で「陰性T波」は時々みられる所見です。

本当に狭心症や心筋梗塞、心肥大などの病気と関係していることもあれば、そうでないこともあります。最終的には総合的な判断となりますので、検診結果で医師から再検査や精査を勧められているのであれば、循環器内科を受診したほうが良いでしょう。
    • good
    • 21

専門家紹介

ドクターズミー医師

職業:医者

医師、歯科医師、栄養士、薬剤師、獣医師、カウンセラー等に直接相談できる、
メディカル・ヘルスケアQ&Aサービス「Doctors Me(ドクターズミー)」に所属する医師が回答。
※教えて!goo内での回答は終了致しました。
▼ Doctors Meとは?⇒ https://doctors-me.com/about

詳しくはこちら

専門家

心電図の、どこの誘導部で陰性になっているのかが問題です。


正常でも陰性を示す場所が幾つかあるからです。気にしなくてよい、ということなので多分そういう場所なのだと思います。

除脈もよくあることです。脈の間隔があきすぎて脳虚血を起こし意識がふっとなくなるような重症な場合は治療対象となりますが、そういうことがなければ大丈夫です。

血圧はいかがですか?動脈硬化があれば高くなってくるはずです。

でも生活の様子を読むと、30代に入ってからかなりまずいことになりそうですよ。
なのでやっぱり生活の改善をおすすめしますね~。

この回答への補足

ありがとうございます。
部位は、V6で、陰性T波だと書いてありました。
血圧は 110/80mmHg くらいがいつもの状態です。
あと、心電図測定時はかなり緊張していたのですが、これは関係あるのでしょうか?
また、生活を改善したら心電図は正常化するのでしょうか?

補足日時:2008/02/17 11:38
    • good
    • 23
この回答へのお礼

あと、タバコを10本/日くらいを約10年間吸っていました。(今は禁煙しています) 正常だと思っていた自分の体が変な心電図結果とかでると焦って、心臓のことばかり考えて、よく考えたら少し痛い感じがします。

お礼日時:2008/02/17 11:46

ST低下とは、STと呼ばれる部分が基線よりも下がっていることです。

また陰性T波とは、基線に対して上に凸として表れるT波が、下向きの谷型になっているものです。これらの変化は単一の原因を示すものではなく、虚血性心疾患、心肥大、心筋梗塞、脚ブロック、心室肥大、心筋症、WPW症候群などの有無についての精密検査(運動負荷心電図、心エコー、携帯心電計(ホルター心電図、心臓カテーテル検査)が必要です。
 心電図で異常があるからといって、必ず病気があるわけではありません。ただ、二次検査をやってみないと、本当に大丈夫だとも言えません。検診で心電図に異常を指摘されたら、ぜひ二次検査を受けてください。

○今の段階で生活を改善すると、心電図は正常化するでしょうか?

ということですが、虚血性心疾患の危険性は低いと思われます。
しかし、心機能については専門の先生にお聞きするのが正確であり、貴方様も安心できるのでよろしいのではないでしょうか?

下手な説明で申し訳ありません。それでは。
    • good
    • 26
この回答へのお礼

とても丁寧でわかりやすい解説ありがとうございます。
虚血性心疾患ではないと自分でも思うのですが、こういう異常な結果を実際にみてみると焦ります。焦ると、心臓がときどき痛い感じがします。(?)心臓に違和感を感じてしまうようになったので、精密検査を近いうちに受けるかもしれません。

お礼日時:2008/02/17 11:43

このQ&Aに関連する人気のQ&A

  • 虚血性心疾患<お年寄りの病気>の症状や原因・診断と治療方法

    高齢者での特殊事情  米国の65歳以上の高齢者では、その3割の人が狭心症を含めた虚血性心疾患(狭心症(きょうしんしょう)、急性心筋梗塞(しんきんこうそく)など)の臨床的徴候を示すといわれており、日本でも高齢社会の到来とともにポピュラーな疾患になってきています。  75歳未満では男性に多くみられる病気ですが、75歳以上では男女間の差は少なくなり、85歳以上ではほぼ同じ頻度になります。また、虚血性心疾患による死...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q陰性T派の異常?(心電図)

こんにちは 27歳女です。

先日、健康診断がありその通知が届いたのですが
心電図の結果に念のため再検査を受けてください
「心電図検査 陰性T波の異常」 とだけ書かれていました。
不安です・・一体陰性T波異常って何なのでしょうか。

健康診断当日も検査終了後に先生と少しお話したのですが
その時は「わずかな異常は見られますが心配いらないですよ」
といわれたので全く心配してなかったのですが
このような通知がきて驚きました。

心臓超音波検査?の再検査を受けるつもりですが
なんだか怖いです
ご存知の方教えてください。
ちなみに私はお酒もタバコもやらないです・・

Aベストアンサー

陰性T波というのは心電図上の異常所見です。

心筋の障害がある場合(心肥大、狭心症、心筋梗塞などの
心臓の病気に伴うもの)にでる所見
でもありますが、非特異的な異常(心臓になんら異常はなく
心電図だけの異常)もあります。
教科書的には心因性の変化(ストレスによる陰性T)もありうるようです。

普段の生活で自覚症状がありますか?
まわりの同年代の方と同じように運動したりできてるなら
過剰に心配する必要はないかと思います。

念のため超音波検査と運動負荷心電図くらいは
うけておいてください。

Q心電図検査で「軽度ST-T異常」との結果が・・病気??

学校で心電図検査を受けたのですが、
周りのみんなは異常なしだったのに、僕だけ「軽度ST-T異常」でした。
何か恐ろしい病気でしょうか・・?
親戚に心臓を患っている方がいますし、最近胸の辺りが痛むことが多いので、
とても怖いです。
病院へ行ったほうがよいのでしょうか?
また、毎日1時間半、自転車に乗っているのですが控えたほうが良いのでしょうか?
ちなみに高1男子です。
ネットで調べたら中年女性に多いとのことなので余計に怖いです^^;
軽度ST-T異常とは一体何でしょうか?><

Aベストアンサー

不安をあおるような回答がされてますけど・・・

ST-T変化についてはNo3の方が書いてあるように、
病気の場合もあれば、正常の人でもありえます。これがあるだけで
恐ろしい病気である可能性は低いです。

狭心症や心筋梗塞は基本的に年をとった人がなるものです。
最近では20-30代で動脈硬化がおこってなる人もごくまれに
いるようですが、10代でなるとしたら、小さなころに川崎病
という病気になったことがあるひとくらいと考えていいとおもいます。

毎日自転車にのってるときは胸の痛みはありますか?
じっとしてるときに突然わけもなく動悸がしたりすることがありますか?
気を失って倒れたことがありますか?
内科検診とかで心臓に雑音があるといわれたことがありますか?
ないならそんなに心配しなくていいとおもいますよ。

ただ病院へ行くように言われたならいっておいてください。
たぶん心電図をつけてベルトの上を歩かされたり、超音波
という検査を受けることになるでしょうけど、別に痛かったり
苦しかったりする検査じゃないので怖がる必要もないと思います。

不安をあおるような回答がされてますけど・・・

ST-T変化についてはNo3の方が書いてあるように、
病気の場合もあれば、正常の人でもありえます。これがあるだけで
恐ろしい病気である可能性は低いです。

狭心症や心筋梗塞は基本的に年をとった人がなるものです。
最近では20-30代で動脈硬化がおこってなる人もごくまれに
いるようですが、10代でなるとしたら、小さなころに川崎病
という病気になったことがあるひとくらいと考えていいとおもいます。

毎日自転車にのってるときは胸の痛みはあります...続きを読む

Q人工呼吸器について (PPEPとPSについて)

CPAP時のPS(プレッシャーサポート)とPEEP(呼気終末時気道陽圧)の違いがよくわかりません。PSが吸気努力の改善のために最大吸気圧まで吸気を送る、そしてPEEPは呼気の終了とともに吸気呼気の弁を閉めて、気道内圧が大気圧に開放されないように圧力をかけることで、肺胞虚脱を防止し、機能的残器量を増加させる・・・とテキストなどではありますが、なんだかよく分かりません。ご回答お願いします。

Aベストアンサー

さて、昔は自発呼吸の呼気に圧をかけるだけのCPAPしか無かったのですが(一番原始的な装置は、呼気側の蛇管を水の入ったビンに差し込む方法で、その差し込む深さが何センチかでPEEP圧を決めてました・・・・と、閑話休題)、そのうちPS(V)という換気方式が出てきました。これは、「患者さんの吸気の開始に合わせて設定した圧まで空気を送り込み、患者さんが息を吸っている間じゅうその圧を保ち、患者さんの吸気が終わると圧を下げる(その直後患者さんが息を吐いて、呼気相になる)」という仕組みです。呼吸器系の障害のため、自分の力だけで十分息を吸うことが出来ない患者さんのために、機械が圧力をかけて息を押し込んでやるという換気の方法ですが(そのため、サポートという名前になってます)、患者さんの自発呼吸を出来るだけ残して呼吸管理をしようとする最近のトレンドに従って、今ではSIMVと同様以上に広く用いられる換気法になりました。
なお、「気管挿管されている患者さんが気管チューブ越しに息を吸うときの抵抗を減らすために」という理由で、3~10cmH2OくらいのPSが従来日常的にかけられてましたが、実際にはチューブの細さや息を吸う速度によって抵抗が異なるわけで、最近の人工呼吸器にはTC/ATCという名称で吸気流速に応じてサポートプレッシャーを変化させる機能がついていたりします。また、もしかしたらあと10年くらいするとPSは過去の換気モードとなっており、そのころはPAVが一般的に行われているかもしれません(詳細はあえて割愛しますが)。
以上、先ずはご参考まで。

参考URL:http://www.ne.jp/asahi/nishi-kobe/masui/lecture.html

さて、昔は自発呼吸の呼気に圧をかけるだけのCPAPしか無かったのですが(一番原始的な装置は、呼気側の蛇管を水の入ったビンに差し込む方法で、その差し込む深さが何センチかでPEEP圧を決めてました・・・・と、閑話休題)、そのうちPS(V)という換気方式が出てきました。これは、「患者さんの吸気の開始に合わせて設定した圧まで空気を送り込み、患者さんが息を吸っている間じゅうその圧を保ち、患者さんの吸気が終わると圧を下げる(その直後患者さんが息を吐いて、呼気相になる)」という仕組みです。呼吸器系...続きを読む

Q心電図のT波について

心室の心電図について、いくつかの図書による解説では、QRS波は両脚からプルキンエ線維までの電気的刺激、そこから機械的収縮が始まり、T波で、心室の再分極が起こるというものです。

この再分極というのが、理解に苦しむところなんですが、細胞の電気的な興奮の解説を読みますと、再分極とは、流出したカリウムイオンが、細胞内に戻ってきてもとの静止電位(心筋では-90mv)に戻る過程をしめすとあります。

このことから、自分の考えでは、QR波は脚とプルキンエ線維の脱分極、RS波はそれの再分極、そこからは機械的収縮なのでST間は平坦、そして、機械的収縮をおわり心室が弛緩を開始する点がT波。
すなわち、心室が弛緩を始める際、電気的な刺激を必要として、それがT波となって現われると考えています。

図書で調べる限りこの回答を見つけることができませんでした。過去ログにも全く同じ、質問があったのですが、その時の回答では、細胞の分極・脱分極過程と心電図に現われる電気信号は違うものだというような言い方でした。

どなたか、説明できる方いらっしゃらないでしょうか?
よろしくお願いします。

心室の心電図について、いくつかの図書による解説では、QRS波は両脚からプルキンエ線維までの電気的刺激、そこから機械的収縮が始まり、T波で、心室の再分極が起こるというものです。

この再分極というのが、理解に苦しむところなんですが、細胞の電気的な興奮の解説を読みますと、再分極とは、流出したカリウムイオンが、細胞内に戻ってきてもとの静止電位(心筋では-90mv)に戻る過程をしめすとあります。

このことから、自分の考えでは、QR波は脚とプルキンエ線維の脱分極、RS波はそれの再分...続きを読む

Aベストアンサー

細胞レベルでみれば再分極のT波は陰性のものなのです。
心臓の内側の細胞は興奮の持続が長いので先に興奮して後に覚めます。
逆に外側の細胞は持続が短く先に覚めます。
つまり興奮は心臓の内側から外に進行しますので(+)の波が心室の向いている方向を中心に測定されます。
再分極は脱分極とは逆に(-)の波が内側に向かいますので心室の向いた体表面からは(-)の(-)で(+)に見えてしまうのです。
大雑把な説明としては心室の内側方向のaVRでは陰性に見えますね。
と説明しましたが細部は説明が難しいこともあります。

Q小学1年生の子供の心電図検査の再検査

小学1年生の子供の事です。小学校での心電図検査で、心臓疾患第2次検診を受けるようにとの手紙を、昨日、受け取りました。6月5日(日)に市の健康開発センターで再検査を受けます。今まで、小児科の先生からもそんな指摘を受けたこともなく、ただただ動揺しております。子供に聞くと、同じような封筒に入ったお手紙をもらっている子がクラスに3人位いたと言いますが、なんせ情報があてにならない子なだけに・・・・いったい、これってよくある事なのでしょうか?教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは。。
 ご心配のことと存じます。
 結論から申しますと、よくあることです。動揺される心中はお察しいたしますが、お子さんにその心配が伝わらないようにしてあげてください。

 もちろん、再検査を受けてみないことにはなんともいえませんし、私も医者ではないので、家族や周囲の人の話、よく聞くラジオの健康相談での知識ではあるのですが・・・
 何か具体的な、疑われる病名みたいなものは記してありましたか?「心室性期外収縮」とかなんとか。
 小児~未成年ぐらいでは、少々・一時的な脈の乱れは珍しくありません。また、学校での検査は、病気の早期発見を目的にしたものなので、かなり広範囲に再検査を通知するみたいですよ。
 事前から深く心配なさらず、もう一回やってみよーっという感じで受けさせればよいのでは?

Q心電図について

父親(53歳)が会社の健康診断で心電図で平低T波っていうものがかいてありました。これはどういうことなんでしょうか?ランクがA~Eの心電図はcランクでした。ほかに体重とBMIがCランクでコレステロールがDらんくでした。なにか病気がかんがえられるのでしょうか?
平低T波とはなんなのでしょうか?

Aベストアンサー

心電図は複数の部分に分けて分析されるもので、その中にT波と呼ばれる部分があります。これは通常上向きに凸の波ですが、心筋(心臓を作っている筋肉組織)に炎症や壊死などの障害が起こると下向きに凸の波(陰性T)になったり、波が消えてほぼ平らになったり(平低T)します。
平低Tの原因となる疾患としては心筋炎・心膜炎・虚血性心疾患(心筋梗塞や狭心症)などがあります。
ただ、平低Tは必ずしも疾患によるものではなく、健常な方でも見られます。他に自覚症状や心筋障害を示唆する検査所見などが見られない場合は経過観察としても構わないかと思います。
健康診断で指摘されたということですが、以前の健康診断では心電図はとっていらっしゃらないでしょうか? 前の波形と変化がなければあまり心配する必要もないかと思います。もし今までなかった所見だったり、何か思い当たる自覚症状があるようなら、内科(循環器)で詳しい検査を受けられることをお勧めします。

体重とBMIは肥満度の評価ですね。コレステロールも高いようなので、糖尿病や高脂血症を予防する意味で、普段の食生活を見直したり運動を心がけられるのが良いかと思います。

心電図は複数の部分に分けて分析されるもので、その中にT波と呼ばれる部分があります。これは通常上向きに凸の波ですが、心筋(心臓を作っている筋肉組織)に炎症や壊死などの障害が起こると下向きに凸の波(陰性T)になったり、波が消えてほぼ平らになったり(平低T)します。
平低Tの原因となる疾患としては心筋炎・心膜炎・虚血性心疾患(心筋梗塞や狭心症)などがあります。
ただ、平低Tは必ずしも疾患によるものではなく、健常な方でも見られます。他に自覚症状や心筋障害を示唆する検査所見などが見られ...続きを読む

Q冠動脈バイパス手術の略語を教えてください

先日、冠動脈バイパス手術を受けました。
先生から頂いた手術計画書で6箇所バイパスをつけることは解りましたが、つける箇所が略語が多くその他が解りません。解る方教えていただけますか

CABG6枝(RITA-LAD,LITA-#12OM,LRA-HL,RGEA-#4AV,SVG-#4PD,SVG-D1)
術後CAGでRGEA-#4AVがflow competition

Aベストアンサー

下記HPが理解しやすい?

RITA、LITA、GEAは動脈の末梢側のみ、はがして冠動脈に縫い付けます。
SVGやLRAは、ごそっと丸ごと血管を取り出して、一方は上行大動脈に、片方は冠動脈に縫い付けます。

参考URL:http://www.sakai-iin.com/image/CAG.pdf

Q異常Q波 について

健康診断を受けたのですが、
心電図で【異常Q波(胸部誘導)】という結果がでました。
経過観察が必要ということなのですが、
異常Q波とはどのようなことなのでしょうか?

調べたけどいまいち分かりませんでした。
どなたか詳しい方がいらっしゃいましたら教えてください。
それと、血小板が標準を上回っていたのですが、これは何を示しているのですか?

ちなみに私は26歳・女です。

Aベストアンサー

32歳 男です。
私もそれ、会社の健康診断で言われました。
それも、3年続けて。。

私の場合は、お医者さんが丁寧に説明してくれたので何となく理解できたんですが、たぶん完璧ではないと思うので、参考程度に。

心臓の心電図は、右わき腹から電流を流して、心臓経由で左に抜けてくる電流を計測しているようです。
この右わき腹から入れる箇所が数箇所あって、その1つの波形が逆になっているのが異常Q波というものだそうで。

この異常Q波が現れる原因は2つあって、1つは心筋梗塞が起こっていて、心臓のその場所の脈動に異常がある場合、
もう1つは生まれつき心臓がねじれて付いていると、その人の一番端の測定ポイントが普通の人の二番目に来てしまい、普通の人の一番端の測定ポイントの位置には何もない、という状態になるため、一番端が心筋梗塞と同じ波形になるとのことでした。

当然、お医者さんとしてはそのどちらかの要因で異常Q波が現れたことは分かるものの、どちらなのかは断言できない、たぶん後者だろう、心筋梗塞ではないだろうとは思うが、「心配なし!」と言ってしまうと診断ミス(異常Q波を見逃した)ということになってしまうので、診断としては「異常Q波疑い」ということになるんだそうです。

そのお医者さんの勧めで、私は心臓のエコー検査を受けました。結果、「ねじれています。心臓は健康!」ということでした。
その次の健康診断の心電図で、私のチャートを見ながら「心電図がおかしいって言われたことありませんか?」と聞かれ、経緯を話したら、「それなら大丈夫です」と言われました。

自分は心臓病なんて縁のない人間、と思っていたのに、突然変な診断を告げられてビックリしているなら、一度エコー検査を受けてみると良いかと思います。

32歳 男です。
私もそれ、会社の健康診断で言われました。
それも、3年続けて。。

私の場合は、お医者さんが丁寧に説明してくれたので何となく理解できたんですが、たぶん完璧ではないと思うので、参考程度に。

心臓の心電図は、右わき腹から電流を流して、心臓経由で左に抜けてくる電流を計測しているようです。
この右わき腹から入れる箇所が数箇所あって、その1つの波形が逆になっているのが異常Q波というものだそうで。

この異常Q波が現れる原因は2つあって、1つは心筋梗塞が起こっていて、心...続きを読む

Q心エコーについて

TR-PG 27mmHgという表記について、
TR-PGとは何を示すものか、
27mmHgという結果は何を意味するか
について教えていただきたいです。

Aベストアンサー

右心房から右心室をつなぐ三尖弁で逆流がある場合、その血液が戻っている最大血流速度から三尖弁逆流の圧較差(Tricuspid Regurgitation Pressure Gradient;TR-PG)が推定できて、さらに右心房圧は平均で10mmHgなのでそれを足すと、おおよその「肺動脈収縮期圧(PAS P)」が出てくるということだそうです。
25mmHgくらいから肺高血圧症ではないかということになる
だそうですよ

Q研修医 レジデント フェロー の違い

研修医 レジデント フェロー の違い

こんにちは、とても無知でお恥ずかしいのですが、知恵を貸してください。
日本の病院でいう【研修医】【レジデント】【フェロー】とは
どういう方たちのことを指すのでしょうか?

Aベストアンサー

はっきりと統一された定義はありません。各病院がそれぞれで決めた呼び方です。
全国的に統一されているのは、医師免許取得後の2年間、臨床の現場でいろいろな科をまわりながら医療業務全般について研鑽を積む期間が「初期研修医」ということだけです。
医師免許取得後3~5年目までの3年間は、それぞれが自分の希望する診療科に所属して専門の研鑽を積みますので、この期間を「後期研修医」としている施設もあります。
さらに、「後期研修医」をジュニア、6~8年目あたりを「シニア」と称して上意下達のシステムを作っている病院もあります。
「研修医」という響きの悪さなどから「レジデント」と称している施設もありますが、初期研修医をそう呼ぶ施設、後期研修医をそう呼ぶ施設、全部ひっくるめて「レジデント」な施設など、様々です。
「フェロー」については少し意味合いが違うと思います。あくまで他の医療機関に籍をおいており、研究や臨床経験の向上のために別の病院に出向しているスタッフを「フェロー」と呼ぶことが多いと思いますが、これも施設間により定義が異なります。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング