AIと戦って、あなたの人生のリスク診断 >>

築25年の軽量鉄骨造の住宅に住んでいます。
コロニアルの屋根の改修を知り合いにお願いしたところ
カバー工法で金属屋根を上にかぶせる方法を
進められましたが
「普通の木造なら確認申請は要らないのだが
 軽量鉄骨なので確認申請とそれに伴う
 構造計算がいるので費用がかかります。」
と言われました。

住宅屋根の改修で上に載せるだけの場合でも
確認申請さらに構造計算は必要になってくるのでしょうか

よろしくご教授お願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

#1です。


ふむふむ、なになに、お礼なのに補足を求められているようですね。
>コロニアルから金属の葺き材に変更するのは仕上げが著しく変わることになるのでしょうか!????
貴方の質問中にカバー工法とあります。
カバー工法とは、既存の屋根の状態をそのままにして、その上に下地板を敷いて金属板を葺く工法です。
既存の屋根の状態をそのまま残すのが問題なのです。
分かり易く言うと、カバー分の重量が増えるという事です。
構造計算料も安くはありません。
概算で15~20万円
屋根下地の板を全て買っても足りないくらいです。
>どのような方法が費用を掛けずにベストな方法になりますでしょうか・・・
建築確認申請を行わない方法が安くなるでしょう。
方法
既存コロニアルを取り除く
下地板の悪い部分を取り換える。この際鉄骨も悪い所を添え板補強する。
防水下地を全てやり直す。
新たなコロニアル又は金属板を葺く
この方法なら、既存の状態と大して変わりませんので建築確認が要らなくなります。
ご検討してみて下さい。
    • good
    • 0

http://www.ube-ind.co.jp/ubeboard/pdf/slate_cata …
上記、スレート屋根(ウベボード(株))のカタログですが12ページを見て下さい。
カバータイプであれ「大規模の修繕、又は模様替えとなります、確認申請の必要性については所轄の建築指導課にお問い合わせ下さい」と書かれております。

私が一番解せないのは「普通の木造なら確認申請は要らないのだが」のくだりです、まあそれは置いておきまして上記の様に「所轄の建築指導課に聞く」これが大前提でしょう。

1、3の方の仰る事も地域によっては主事裁量により変わる可能性があります、と言うか主事によっては基準法すら曲解して指導しますからね、怖いですよ。

業者に確認して貰って下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございました。
大変参考になりました。

業者の方にくわしく質問してみたところ

木造の場合に関しては
6条4号物件であれば建築する場合のみ申請するのでいらない
(大規模の修繕 または模様替えであれば申請はいらない)
とのことでした。

軽量鉄骨造だと6条3号にあたるので2階建てだと
大規模の修繕と大規模の模様替えする場合は
申請がいるとのことでした。

25年前の今の家で構造的に持たないと言われたら
どうするべきなのか、申請や構造計算に
どのくらい予算UPするのか
いろいろ心配になってきました・・・TOT

業者のかたは4月になって役所の移動が
落ち着いた頃に訪ねてみるそうなので
しばらく様子をみてみようと思います・・・

ありがとうございました。

お礼日時:2008/03/27 09:33

改修工事の場合でそのようなことを言われるのは、一般建築物ではなくて、官庁のものなどに限られます。


つい最近、学校の体育館の三晃式瓦棒のカバー工法でこれに近いことを設計事務所から言われたと聞いたことがありますが、古い図面等がないなどの理由などにより、結果的に耐風圧の値のみで審査が通ったと聞いています。
一般建築とこのような建物とごっちゃになっているように思います。
ですから、構造計算書も確認申請もいりません。
むしろ他にいる資格とすれば、古いカラーベストは、アスベストが含まれていますので、特別化学物質等作業主任者の資格がないものは、本来これらの施工を請け負うことができません。
むしろゼネコンや大企業の工場の工事等ではこちらの資格の提示を求められます。
ちなみにカバー工法では、m2で約4.5キロ (ガルテクト参照)の重さが余分にかかる程度です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございました。
大変参考になりました。

お礼日時:2008/03/27 09:33

カバー工法の場合、いるのでしょうか?。


と申しますのは以前小学校の体育館の屋根を全てカバー工法にて改修した事があるのですが。
市が発注。
鉄筋コンクリート造。
大規模の模様替えに該当しそうですが計画通知(確認申請と同じ)は不要でしたね。
まあ一棟単位でみますから校舎と一緒と判断すれば過半には満たない、って事でしょうか、面積計算していないので何とも憶測の域を出ませんが。(外壁も半分位直したんですけどね)

「普通の木造なら確認申請は要らないのだが 軽量鉄骨なので確認申請とそれに伴う構造計算がいるので費用がかかります。」
大規模の模様替えとの判断でしょうね。
ただし、普通の木造だと要らない・・・の?。
軽量鉄骨・・・認定型式で申請通ってるがゆえ必要になるって事?。
御免なさいよく分かりません。

一つだけ言えるのはこの業者は真面目である可能性が高い。
アホなとこですと「面倒だからこっそりやってしまえ」、有り得ますよ。

ただし地域によっては不要かもしれないですよ、そこを確認して貰う様頼んでみては。
あるいはご自身でも確認出来るでしょう、審査機関や役所に聞いてみるのです、カバー工法の場合はどう扱っているか。
申請、計算するに越した事は有りませんが無駄な費用を掛ける必要は無い、業者が安全を確認する為の構造計算は必要でしょうが。

無知さらけ出してますね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございました。
大変参考になりました。

お礼日時:2008/03/27 09:34

軽量鉄骨造の住宅は、工業規格住宅といわれる建物です。


大臣の認定を受けて建てられています。
認定を受ける際に、安全なる建物の証拠として構造概要書(構造計算したもの)を提出しています。
屋根の構造や仕上げが既存と著しく相違する場合は、構造計算書が必要になります。
質問の場合は、屋根の過半以上の改装と判断できますので「大規模な模様替え」として建築確認申請をしなければなりません。
ご参考まで
    • good
    • 1
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございました。
大変参考になりました。

コロニアルから金属の葺き材に変更
するのは仕上げが著しく変わることになるのでしょうか!????

軽量鉄骨造の屋根の改修がしたい場合 
(特に雨漏りなどはないようですが 屋根の色がかなり
まだらになってきています。)
雨漏りする前に修繕したかったのですが
どのような方法が費用を掛けずにベストな方法
になりますでしょうか・・・

また長い内容と質問になってしまい申し訳ありません。
よろしくお願いいたします。

お礼日時:2008/03/27 09:41

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q主要構造部の屋根とはどこまでを言う?

主要構造部の屋根の定義はどこなのでしょうか?
小屋組みは屋根には入りませんよね?
では屋根と小屋組みの境界はどこなのでしょうか?
垂木は小屋組みですが野地板は?ルーフィングは?
それとも屋根と言うのは仕上げの屋根葺き材のみを言うのでしょうか?
でも屋根葺き材のみでは構造上主要とは言えないですよね?

Aベストアンサー

以下ページ
http://www.eonet.ne.jp/~suien-of-sorin/yane.html#2
のように、自治体によって「主要構造部の範囲が異なる」ので、建築物が建っている自治体の担当部署にお問合せ下さい。

Q大規模の模様替え?確認申請必要?

RC造の外壁全面吹付塗装改修工事、学校の屋上防水全面改修
工事、鉄骨造学校体育館外壁改修(カバー工法)等
役所発注工事、民間工事など数多く設計してきましたが、
確認申請をした記憶が全くありません。
ふと思ったのですが、実は大規模の模様替え、又は修繕という
規定にあてはまり申請が必要だったのではないかと十年以上前の
ことなのですが、不安になってしまいました。
文部科学省の学校大規模改造工事でも申請まではしなかったと
記憶しています。
主要構造部自体(躯体)は既存のままでの塗装や、防水層のやり替え
では不要だと思うのですが、実際のところどうなのでしょうか?
民間であれば規定内であってもやってしまうということが多々ある
と思いますが、公共事業等でも申請しないで行うという場合が
あるのでしょうか?
今更ですが詳しい方がおりましたら是非教えて頂けませんでしょうか。

Aベストアンサー

興味深いご質問ですね、恐らく答えはシンプルなのでしょうが。

例えば公立学校でも国絡みの機関でも耐震改修では全く申請不要でしたね(我が地域では)、耐震改修法絡みでしょうか?、ただ小学校で無窓階の算定をさせられた事はありますが(去年)、今年の同規模改修ではでは担当が変わった為か無し・・・?

新築では問答無用で計画通知を出していましたが審査は一般の物と全く変わりませんね、まあ自分(役所管轄)の建物のみ甘くすれば非難されるのが目に見えているから当然でしょうか。

公立小学校屋根のカバー工法、外壁改修等を2年前にやりました。
体育館全ての屋根である為少なくとも大規模の修繕に当たるのか検討位は必要だと思いますが全く何も話無し。

耐震改修以外ですと私が入所してからは公共改修の例は少ないので参考にはならないでしょうが少なく共責任は役所にあり我々には無いでしょう。

私の地域では建築指導課(申請関係)の人間が経験を積んで建築課(工事関係)に移動するケースが多い様です。
申請業務のプロがこんなシンプルな問題に気付かぬはずは無いでしょうね、何か緩和措置でもあるのかもしれませんが???
まさか役所の脱法行為?

無知の意味無し回答になりましたか、すみません。

興味深いご質問ですね、恐らく答えはシンプルなのでしょうが。

例えば公立学校でも国絡みの機関でも耐震改修では全く申請不要でしたね(我が地域では)、耐震改修法絡みでしょうか?、ただ小学校で無窓階の算定をさせられた事はありますが(去年)、今年の同規模改修ではでは担当が変わった為か無し・・・?

新築では問答無用で計画通知を出していましたが審査は一般の物と全く変わりませんね、まあ自分(役所管轄)の建物のみ甘くすれば非難されるのが目に見えているから当然でしょうか。

公立小学校屋...続きを読む

Q築30年のセキスイハウスの軽量鉄骨。リフォーム出来る?

S52築のセキスイハウス製2階建ての実家を今度、完全に取り壊して新築を建てようか、リフォームしようか迷っています。
資金の関係上できればリフォームしたいのですが、もう30年以上が経過している軽量鉄骨って今後、20年も30年も耐えうるんでしょうか?

最近のリフォームは新築みたいに出来ると聞き、骨組み以外は改築したいと考えています。出来ればベタ基礎じゃないのでベタ基礎にしたいのですがそれはリフォームじゃ無理かな?

築30年の軽量鉄骨のリフォーム、実用性はあるんでしょうか?
詳しい方教えてください。

Aベストアンサー

メーカーの軽量鉄骨の住宅は構造計算で安全が保証されています。
当時の建築基準法の強度計算では現在の基準が満足出来ないと思います。木造などでは、筋交いを増やしたり、基礎を補強したりして耐震補強できますが、メーカーのユニット住宅では難しいでしょう、建物全体で保つように設計されていますので。

ベタ基礎の件ですが、何故ベタ基礎にされようと思っているのでしょうか、ベタ基礎にすれば建物の自重が増えるので、圧密沈下の恐れがある場合もあるのです。何でもベタ基礎にすれば強度が増えるというわけでもないのです。

私はセキスイハウスの者では無いので、ひょっとするとセキスイハウスに相談すれば補強方法について何らかの技術があるかもしれません。
一度相談されてみればどうでしょう。
(まあ、新築を進められそうですがね)

Q確認申請での過半の修繕と模様替え

4号建築物以外でたとえば折板屋根の葺き替えで
1.現在1000m2の屋根のうち400m2修繕した場合は確認申請不要
2.現在300m2の屋根のうち200m2を修繕した場合は確認必要
と言う判断でいいのでしょうか?
実質的にはどっちがより必要かといえば
1.の方が明らかに確認するべきだと思うのですが。。

Aベストアンサー

先ほどの回答の修正です。ごめんなさい。
肝心なところを間違って記載してしまいました。
確認申請は必要ですが,構造検討に関しては現行法を適用させる検討まではしなくて良いということでした。
ちなみに法文そのものではなく,運用上の文書からの引用です。
以前に屋根の葺き替えのことで建築課窓口に相談に行ったときに頂いた回答と資料です。

Q陸屋根(ステンレス)のデメリットを教えてください

戸建てを鉄骨ユニット工法で、建て替え検討中です。
セキスイハイムから陸屋根(ステンレス)を勧められていますが、デメリットを教えて下さい。

私なりに調べたデメリットは
(1)ほぼ平らなので、三角屋根より長期的にみて雨漏りしやすい。
(2)5年ごとの塗り替えメンテナンスが必要。
(3)春秋の気温差が大きい時は、鉄の伸びる音が聞こえる。
(4)雨音などが聞こえて、遮音性が低い。
(5)三角屋根にある小屋裏換気がない為、三角屋根より結露になりやすい。

もちろんメリットもあります。金額的に瓦より安い、軽いので耐震性に優れる、部屋を大きくとれる(瓦の庇がないぶん)事に惹かれています。
とは言え、メンテナンス費用がかさむようでは、瓦にすべきか迷っています。

これらについて、実際にステンレス陸屋根に住まれている方、陸屋根を検討された事がある方、専門家からの更なる詳しい情報を頂けると、大変助かります。
また、陸屋根を採用した場合の、事前の対策などありましたら教えて下さい。
屋根についてどんな些細な事でも構いませんので、回答お願い致します。

戸建てを鉄骨ユニット工法で、建て替え検討中です。
セキスイハイムから陸屋根(ステンレス)を勧められていますが、デメリットを教えて下さい。

私なりに調べたデメリットは
(1)ほぼ平らなので、三角屋根より長期的にみて雨漏りしやすい。
(2)5年ごとの塗り替えメンテナンスが必要。
(3)春秋の気温差が大きい時は、鉄の伸びる音が聞こえる。
(4)雨音などが聞こえて、遮音性が低い。
(5)三角屋根にある小屋裏換気がない為、三角屋根より結露になりやすい。

もちろんメリットもあります。金額的に瓦よ...続きを読む

Aベストアンサー

(1)ほぼ平らなので、三角屋根より長期的にみて雨漏りしやすい。
 平らなほうがしにくい。
(2)5年ごとの塗り替えメンテナンスが必要。
 10年位は大丈夫(早すぎるのが不良を起こします)艶がなくなってきた位に塗っておけば、長持ちします。
(3)春秋の気温差が大きい時は、鉄の伸びる音が聞こえる。
 そんなに大きくわからないでしょう。
(4)雨音などが聞こえて、遮音性が低い。
雨音は瓦に比べると、歴然としていますが、断熱や遮音の改良をすれば音も気にならなくなります。
(5)三角屋根にある小屋裏換気がない為、三角屋根より結露になりやすい。
結露はどちらでも一緒ですが、勾配がないほうが危険は低いですね。

良い点は、メンテナンスが割安に出来るのと、点検もらくですし、ソーラーも発電率がいいでしょうね。地震にも強いし。
こんな位でいいでしょうか。

Q建築確認申請書・確認済証はどこからもらうもの?

今住宅ローンの借り換えを考えております。

審査の必要書類をそろえていたところ「建築確認申請書・確認済証」の2点がどうしても見当たりません。

今の家は5年前に分譲住宅を新築で購入しました。

この2点の書類について聞くとしたらどこに聞けばよいのでしょうか?
それと再交付などはしてもらえるのでしょうか?

Aベストアンサー

重複する点もありますが。

基本的に、施工者あるいは設計者が審査機関から受取、引渡時に建築主に渡されるます。

ただ、ローンの借り換えとなると、当社のローンがあるわけですよね。
その当初ローンの審査の際に、建築主から、あるいは施工者(設計者)から銀行に一度行っているはずです。
まれですが、返却されていないこともあるのではないでしょうか。私は建築会社 営業やってますが、過去にそういう例が一度だけありました。

ですので、竣工書類、あるいは当初のローンの書類と一緒になっていないか。銀行に貸したままになっていないか。あるいは、なんらかの理由で施工者(設計者)の手元にないか確認してみてください。

あと、確認申請、済証の番号は、引渡書類に記載がある場合があるので、確認してみてください。(施工会社によって異なりますが)

Q鉄骨平屋 4号建物の確認申請

鉄骨平屋 4号建物の確認申請について質問します。
最大スパン 7.0m 
事務所の4号建物の申請で構造計算書は求められるでしょうか。
構造計算はしていて現在ルート1-2ですが、ルート3を採用した場合についても判る方がいれば教えていただきたいです。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

北国の設計屋さんです。
鉄骨造、構造設計について
質問文に最大スパン7.0mとありますね。
階数3階以下
スパン6m以上
延床面積が500m2以下
確認に添付する構造計算ルートは、ルート1-1が最低必要です。
あえてルート3で行う場合は、保有水平耐力計算が必要となります。
構造計算料が跳ね上がる事受け合います。(笑)
ルート1-2、ルート2、ルート3の選ぶ権利は、設計者の判断です。
すでにルート1-2で計算とあるので、延床面積は平屋の500m2以上の物件ですね。
平屋建物ですから、ルート3の計算は、やり過ぎかも・・・
貴方が意匠設計屋なら、構造計算料の価格くらい分かると思いますが・・・
ご参考まで

Q軽量鉄骨と木造住宅で迷ってます。

積水ハウスで約50坪の2階建てを今年都内に建てようと思ってます。 
軽量鉄骨での外壁や頑丈なイメージ、エアキスが気に入るが結露が心配。  
木造住宅でのぬくもりやあたたかさなイメージ、木が好きだがシロアリが心配。

軽量鉄骨のメリット、デメリット。
木造住宅のメリット、デメリットを教えてください。

どうぞご意見を聞かせてください。

Aベストアンサー

積水の元主任技能者です。


デメリット
木造は職人によってばらつきが有り場合によっては致命傷になる。

建築中の雨程度は平気だが濡れるのは気になる。

木の良さを出しやすいが多少の狂いは絶対出る。

メリット
税金が安い。
奇抜な形でも可能。
寒冷地では暖房費が安くなる。
増築が誰でも出来る。


デメリット
軽量鉄骨は寒冷地では寒く感じる。
和風建築が似合わない。
税金が高い。
4t車が入らないと高くつく。


メリット
技術と品質が一定である。
積水なら間違えが無いほど材料がきっちりしているので間違えようが無い。
基礎幅が広いのが魅力。
ほかのHMより鉄骨の精度がよく基礎の精度が良いと柱や壁の垂直水平がすんなりでる。
30年前の鉄骨がいまだにさびていない(電着塗装の為)
同メーカなら増築も出来る。

Q違法建築物の時効について

違法建築物を建ててしまい、検査積み証を取得せずに何年も経過してしまった場合、時効と言うものは成立するのですか?もし成立するのであれば、何年経過すれば時効が成立するのか教えてください。また、そのような何十年前の違法建築物を建築基準法違反だからといって、行政が取り壊してしまう例が実際存在するのでしょうか?ご存知の方、是非教えてください。

Aベストアンサー

u-oneさんの建てた建物の「検査済み証」がないということは1)最初から確認申請を出していないか、2)確認申請承認後に
建築の一部分を勝手に変更したために「検査済み証」を貰いにくくなったかの何れかだと思いますが、、、
いずれの場合も現実には固定資産税など支払わされていて、税金の面では非公認ながら存在を認められている状況だと思います。

1)の確認申請を出さずに建築した場合は、役所の建築指導課では「申請が出されない案件については、指導のやりようがない」・・・
と言うのが公式態度なので「申請のあった建物についてだけは、適法か違反かが判断できる」という奇妙な論理があるために、、、
意図的に確認申請をしない建築物の違反建築は見逃すという不思議な結果が見られるのです。
・・・ただしこういうケースは、検査済み証が無くてすむような「増築」などに多いようです。

2)のケースもローンなどの制約がない場合などにあるケースかと思われますが、かなり悪質な違反で無いかぎり強権発動は
見られないようです・・・以前、杉並区であったような記憶がありますが完成した建物については財産権侵害を恐れてか役所の方も、
「建蔽率」や「容積率」を大幅に違反したようなケースでないと今までのところ、及び腰で見ないふりをしているようです。

現在のように基準法自体が守られずに増加した違反建築を、行政が取り壊すとしたらよほど附近から弾劾されるような場合でしょう。

u-oneさんの建てた建物の「検査済み証」がないということは1)最初から確認申請を出していないか、2)確認申請承認後に
建築の一部分を勝手に変更したために「検査済み証」を貰いにくくなったかの何れかだと思いますが、、、
いずれの場合も現実には固定資産税など支払わされていて、税金の面では非公認ながら存在を認められている状況だと思います。

1)の確認申請を出さずに建築した場合は、役所の建築指導課では「申請が出されない案件については、指導のやりようがない」・・・
と言うのが公式態度な...続きを読む

Q加重平均と平均の違い

加重平均と平均の違いってなんですか?
値が同じになることが多いような気がするんですけど・・・
わかりやす~い例で教えてください。

Aベストアンサー

例えば,テストをやって,A組の平均点80点,B組70点,C組60点だったとします.
全体の平均は70点!・・・これが単純な平均ですね.
クラスごとの人数が全く同じなら問題ないし,
わずかに違う程度なら誤差も少ないです.

ところが,A組100人,B組50人,C組10人だったら?
これで「平均70点」と言われたら,A組の生徒は文句を言いますよね.
そこで,クラスごとに重みをつけ,
(80×100+70×50+60×10)÷(100+50+10)=75.6
とやって求めるのが「加重平均」です.


人気Q&Aランキング