出産前後の痔にはご注意!

初歩的なことなのですが、教えて下さい。
国家公務員や地方公務員の接待(利害関係者等による)の制限については、国家公務員倫理法や自治体の条例等で定められていますが、その公務員が団体等に出向している場合でも、同様の規制を受けるものと考えて良いのでしょうか。常識的にはそうだと思うのですが、その点を明確に記載したURLをご存知の方(書籍名でも結構です)、是非教えて頂きたく、よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

 国家公務員倫理法(法、とします。

)による規整に絞って回答させていただきます(地方公共団体については、法43条をご参照)。

 法2条1項は、法による規整を受ける「職員」を、一般職(国家公務員法2条2項)に属する国家公務員と定義していますから、いわゆる「出向」(国家公務員をいったん退職し、出向先に採用されること)の場合には、出向者には法による規整は及ばないと解されます。

 このことは、法5条1項に基づき定められた国家公務員倫理規程において、特別職国家公務員等(国家公務員法82条2項)として出向した職員について、出向先機関の特別職国家公務員等としての身分にかかわる関係は、職員(一般職に属する国家公務員)としての身分にかかわる関係ではなくとも、私的な関係にはあたらない旨の規定(同規程4条3項)が置かれていることからも裏付けられます(*)。
 ちなみに、民間企業への交流派遣については、人事院が交流基準を定め(その概要については、下記参考URL上段→「国家公務員の採用情報」中の「民間企業と国との人事交流」→「交流基準」中の「交流基準の概要」の順にリンクをおたどりください。)、派遣先企業が交流派遣職員に対して特別の取扱いをした場合などについての措置を規定していますが、このことも、出向者には法による規整は及ばないことが前提となっているわけです。

 なお、拙稿に引用した法令については、下記参考URL下段をご参照ください。
 また、国家公務員倫理審査委員会(http://www.jinji.go.jp/rinri/)が、公務員倫理に関するお問い合わせを受け付けておりますし、『国家公務員倫理規程 解説と質疑応答集』(国家公務員倫理審査会事務局編集・財務省印刷局)が販売されています。

 ご参考になれば幸いです。
     ----------
* つまり、同規程4条1項の禁止行為の例外は適用されず、原則に戻って、同規程3条1項各号所定の行為が禁止されます。出向者と仕事上の関係をもつ相手方は、出向者が(出向先機関生え抜きの者ではなく)国からの出向者であることを認識して、関係を築くものと考えられますから、特別に、国の機関に在職しているときと同じ規整を及ぼすこととしたわけです。

参考URL:http://www.jinji.go.jp/,http://law.e-gov.go.jp/c …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳細なご回答、ありがとうございました。
出向者も「法」による規制を受けると思いこんでいた為、ご回答を拝見して、意外な感じを受けました。上司の指示で調べていたのですが、お蔭様でなんとか資料を揃えて報告することができました。お教え頂いたURLも、大変参考になりました。
本当に有難うございました。

お礼日時:2002/11/03 23:01

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q接待と賄賂の違い

この違いって何ですか?
接待は賄賂のようにも取れると思うのですが、
どちらにも取れるような気がします。

公務員が受けると賄賂で、民間だと接待なので
しょうか?

Aベストアンサー

>公務員が受けると賄賂で、民間だと接待なので
>しょうか?

その感覚でおおむね間違いないと思います。
公務員の職務の性質から、利益を受けた人間にだけ
特別に便宜を図るのは法律違反になります。
「賄賂」とは「人の需要または欲望をみたすに足りる一切の利益」ですから、
当然「接待」も含まれます。
民間同士ならなんの問題もありません。ただの営業活動です。
相手が公務員の場合、違法性が出てきます。

ただ、言葉の感覚として、
「接待」は取引先の偉いさんを費用こちらもちで高級クラブや
ゴルフに招待して好意をもってもらい商取引を円滑にする行為。
「贈収賄」は「賄賂」つまり金銭や物品、その他のサービスを贈って
その見返りに特別な利益を図ってもらう行為。
という感じです。

賄賂の文化なんて大昔から世界中にありました。今も
もちろん世界中にありますよ。
下の方が談合を例に出してますけど、役人に賄賂して
見返りにもらうのは工事入札に参加するための指名
です。これをもらわなければ談合することもできません。
指名をもらった業者同士が「談合」してその工事を
とる業者を決めます。
その中で「今回はうちに・・・」なんていうふうに
他の業者相手に「接待」をするかもしれませんが、
談合は違法でも、接待は違法とは言えないでしょうね。

現実には、工事入札の指名をもらうために業者は
役人接待に大忙しですよ^^;

>公務員が受けると賄賂で、民間だと接待なので
>しょうか?

その感覚でおおむね間違いないと思います。
公務員の職務の性質から、利益を受けた人間にだけ
特別に便宜を図るのは法律違反になります。
「賄賂」とは「人の需要または欲望をみたすに足りる一切の利益」ですから、
当然「接待」も含まれます。
民間同士ならなんの問題もありません。ただの営業活動です。
相手が公務員の場合、違法性が出てきます。

ただ、言葉の感覚として、
「接待」は取引先の偉いさんを費用こちらもちで高級クラブ...続きを読む

Qこれは違法ですか?

小学校の周年行事の準備を進めています。式典と祝賀会があり、町会関係やPTA、旧職員、地域の国会議員や区議会議員などたくさんの方に招待状を発送して、出席のお返事をいただいています。

その中で気になるのですが、祝賀会で食事を用意するのですが、出席していただく方には会費(数千円)を戴きます。この時、議員の方から会費を戴くのは違法になるのでしょうか?

会費を戴かず、食事をしていただくことは"接待"にあたるのでしょうか?

他校で会費を後日返金したという話もあり、法律的にどうなのかと疑問に思っています。

Aベストアンサー

議員から地元有権者への「寄付」は、公職選挙法により禁止されていますが、議員に対する食事の対価としての会費徴収と合理的に考えられるなら、議員から会費を取っても、それは議員からの寄付とは解釈されないものと思われます。そして、仮に会費をとらない場合に、今度はその食事の提供が議員に対する「贈賄」・及び議員自身の「収賄」に当たるかどうか、ですが、小学校の行事へ出席してなされることですから、NO2さんも言われるとおり、職務に関してのものとは言えないので「贈収賄」とはならないと考えます。それから、このような事が裁判で争われた場合、裁判所は、まず、「儀礼的なものかどうか」で考えるようです。ただし、議員からの寄付は、儀礼的な「お歳暮」や「お中元」も禁止されていますので、もらわないようにしてください。ただ、NO1さんが言われるように、「このような行事を開く事自体が問題がある」とか「PTAの横暴である」とか「マスコミを巻き込んで議論する」等といったことは、残念ながらPTA等一般大衆の総意とは考えられないと思います。NO1さんがそのように考えるのはもちろん自由ですが、他の方も同じように考えているなら、そもそもそのような行事は開催されないと思うからであり、また、参加自体は強制されるわけではなく、従って参加しなければ会費も払わなくていいわけですから、横暴であるとは思えません。ちなみに、私は47才男性ですが、私の地元の子供の学校で同じような行事があっても、私も女房も参加しないでしょう。それは、やはりお金が無いからです(笑)。しかし、それでも、参加したい方にも参加する自由はあり、そもそもそのような記念式典自体を開催する自由が、PTAの執行部にはある、と私は考えるからであり、別に私自身が参加出来なくても、気分が悪くなるなど全く思わないからです。

議員から地元有権者への「寄付」は、公職選挙法により禁止されていますが、議員に対する食事の対価としての会費徴収と合理的に考えられるなら、議員から会費を取っても、それは議員からの寄付とは解釈されないものと思われます。そして、仮に会費をとらない場合に、今度はその食事の提供が議員に対する「贈賄」・及び議員自身の「収賄」に当たるかどうか、ですが、小学校の行事へ出席してなされることですから、NO2さんも言われるとおり、職務に関してのものとは言えないので「贈収賄」とはならないと考えます。そ...続きを読む

Q思慮、思料、思量の使い分けを教えて下さい

自分がこう思うとの表現で、「思慮」と「思料」と「思量」はどう使い分けるものでしょうか?

また、
「XXと思慮します。」という表現はおかしいですか? 「XXと思慮。」で止めた方がいいのでしょうか?

上記使い方はお客様への公文で使ってもよいでしょうか?

Aベストアンサー

>「XXと思慮します。」という表現はおかしいですか? 「XXと思慮。」で止めた方がいいのでしょうか?

はい、変です。思慮するがおかしい以上は思慮で止めるのも輪をかけて奇妙です。客を相手の文章と限らず、「と思う」の意味で使うわけには一切いきますまい。

思量と思料はまったく同義と見なして差し支えないと思います。どちらも「と思います」や「と考えます」を四角張って言いたいときに使うものですな。

Q公務員の不祥事(接待)を密告したい

私の身近の国家公務員(一般)が契約中の業者に接待を受けてる事を知りました。
今賑わせてるゴルフや旅行接待に比べればかわいいものなのですが、食事や飲みに招待されご馳走してもらっています。それを本人は「前からのしきたりでその部署ではよくあること。自分の前任者もそうだった」と悪気はないです。
公務員としてしてはならないのに開き直ってるところが許せません。然るべき処分を受けてもらいたいのですが、誰にどのように報告すればよいのでしょうか?

先日、総務部の上の方に匿名ですがメールで報告しましたら、接待を受けた日時、場所、業者名、証拠となるものの提出を求められ、職員の名前、大体の日にちは伝えたのですが、業者名や証拠は答えられず、私のそのメールでやりとりは終わってしまいました。

上のかたにメールしたのが間違いだったのでしょうか?(もみ消された感じ)それとこういう食事の接待はよくある事なのでしょうか?
よろしくお願いします

Aベストアンサー

>公務員としてしてはならないのに開き直ってるところが許せません。然るべき処分を受けてもらいたい

まったく同感です。こんな有様だからいつまでたっても因習的な「お役所仕事」と叩かれ、非難されるということをわかってほしいものです。

>上のかたにメールしたのが間違いだったのでしょうか?(もみ消された感じ)それとこういう食事の接待はよくある事なのでしょうか?

上の人間に申告したところでもみ消されるのが落ちです。体裁を整えることにばかり一生懸命な人たちですから。
「本当に許せない」という気持ちが強いなら、マスコミに漏らすのが一番です。
食事の接待ぐらいはまだ健在かもしれませんね。財政が厳しくなったので昔に比べれば減ったんでしょうけど・・・。

Q「いずれか」と「いづれか」どっちが正しい!?

教えて下さいっ!
”どちらか”と言う意味の「いずれか」のかな表記として
「いずれか」と「いづれか」のどちらが正しいのでしょう???

私は「いずれか」だと思うんですが、辞書に「いずれか・いづ--。」と書いてあり、???になってしまいました。
どちらでもいいってことでしょうか?

Aベストアンサー

「いずれか」が正しいです.
「いづれ」は「いずれ」の歴史的かな遣いですので,昔は「いづれ」が使われていましたが,現代では「いずれ」で統一することになっていますので,「いずれ」が正しいです.

Q民事再生法を、めちゃくちゃわかりやすくご説明ください。

いま勤めてる会社が危ないです。

今月か来月にも、民事再生法の適用を受けるとのもっぱらの噂です。

そこで質問です。

民事再生法とはどのようなものなのでしょうか。

また、それによって、さらなる人べらしは当たり前のように行われるのでしょうか。

いずれは倒産する可能性も大きいのでしょうか。

恥ずかしながらそのあたりの知識がまったくなく、社内でも人によって解釈がちがうので戸惑っています。

わかりやすく説明していただけると幸いです。

どうぞよろしくお願いいたします<m(__)m>

Aベストアンサー

民事再生法。
簡単に言うと、借りた金を約束通り返せなくなったので
いくらかはチャラにしてください。という法律です。

従来の会社更生法と違うのは、経営者はそのまま事業を
継続できる、辞めなくてもいいというのが、一番の違いです。

もっとも、誰も貸した金を返さなくてもいいとはいいませんので、
いくらが条件があります。

一番大きな点は、借金返済のために資金繰りが悪化して潰れそうには
なっているが、事業自体は順調で黒字が出ている。
借金さえなければいい会社なのに。そういう感じです。

今、潰して資産を債権者で切り分けするよりは、
活かしておいて、働かせて借金返済をさせたほうが得だ。
そういう客観的な判断ができるようならば、債権者の同意のもとで
会社、事業の存続と借金の減免が行われます。

当然、債権者はよりたくさん金を返してほしいですから、
従業員の削減、給与のカット、経費削減案、売上アップのためのさらなる具体策など
を求めてきます。もっとも、違法で最低賃金を切るようなことはさせられませんし、
いきなり給料7割カットとか言ってしまうと、優秀な従業員から逃げられて
しまうので、それらには自ずと限度はあります。

民事再生の成功の可否は、事業の健全性(合法で世情にあっていてきっちり儲けられること)と
経営者のやる気と体力、従業員などの同意とやる気をいかに出せるかに
かかってきます。事業が健全でも、経営者の怠惰で失敗するところもあれば、
従業員がやる気をだしてそれなりに成功しているところもあるようです。

簡単な本はでていますので、本屋で一冊読んでみることをお勧めします。

民事再生法。
簡単に言うと、借りた金を約束通り返せなくなったので
いくらかはチャラにしてください。という法律です。

従来の会社更生法と違うのは、経営者はそのまま事業を
継続できる、辞めなくてもいいというのが、一番の違いです。

もっとも、誰も貸した金を返さなくてもいいとはいいませんので、
いくらが条件があります。

一番大きな点は、借金返済のために資金繰りが悪化して潰れそうには
なっているが、事業自体は順調で黒字が出ている。
借金さえなければいい会社なのに。そういう感じ...続きを読む

Q国立大学の教員への接待可否について

国立大学の准教授の知人が、これまで何台かの実験装置を購入してきた業者から、2~3年ほど前に料亭やクラブでの接待を受けたことを、今になって誰かが話題にしたのか、なぜか今頃噂になっているそうです。その方は国の助成金がよく当たり、それで数千万円クラスの装置を何回かその業者から購入したそうです。確かに大学の倫理規定ではその類の相手からの接待はアウトなのだそうですが、2~3年前に1,2回のその程度の接待を受けたことで、今頃何らかの懲戒処分になる可能性があるのでしょうか?具体的に誰がどういう調査をするのか知りませんが、「免職」や「停職」はまずないにしろ、今後のキャリアに何らかの影響が出たりもするのでしょうか?

Aベストアンサー

なぜ、

> 「免職」や「停職」はまずない

なんて言えるんでしょう?
国立大学の教授は公務員法で縛られています。贈収賄は五年以下の懲役。
初犯であれば執行猶予付き懲役刑相当となります。
そうなれば基本的に懲戒処分、それを避けるために依願退職などコースを辿ります。

だから東大や防衛大の先生は我々と昼食を一緒にとるのさえ嫌がりますよ。
コーヒー一杯だって断られます。
こちらもわかっているから誘いません。
地方国大や私大の先生だとわりとフランクですから一緒にラーメン屋くらいは行きますが、それでもおみやげなどは返されます。山吹色の饅頭なんて入っていないのに。

質問主の知人さんのやったことが事実なら、不注意では済まされませんね。
料亭やクラブは贈収賄認定されます。
こんなことは講師だって知っている話しです。

誰が調査するかというと警察です。

これはある探偵さんから聞いた話しですが、警察沙汰になる前に大学が独自調査して証拠固めをし、依願退職というカタチで秘密裏に処理、ということもあるようですよ。


人気Q&Aランキング