dポイントプレゼントキャンペーン実施中!

月面着陸 信じる派・信じない派?
貴殿はどっち派ですか?

苦しい言い訳じみた内容も中にはありそうですが・・・
NASAも本腰を上げた様ですし。
ちなみに私は・・ネス湖のネッシーが数十年に渡り
信じられた位ですから。。
怪しいですね(笑)

ttp://moon.nasda.go.jp/ja/school/popular/story03/index.html

A 回答 (6件)

信じるか?ではなく、あれは事実です。


1969年に人類は月に行っています。
少なくとも月まで行っています。各地の望遠鏡で飛んでいく指令船や帰って来る指令船を補足しています。
ロケットを作り、しかも確実に飛ばしています。そのような技術はあるのです。しかも地球ランデブーについても成功しています。(地球上空で月着陸船を切り離し再度ドッキングする)あとは着陸の部分ですが「フランスの垂直離陸戦闘機」でも垂直離陸、垂直着地が行えていますから、地球上のように風もありませんので、逆に簡単なことでしょう。
月面に置いた地震計、距離を測るためのレーザー反射板などは今も機能しています。
きっと信じない人は「技術的に無理だからねつ造した」という理論でしょうが、上記の理由で技術的には可能なことなのです。
(つまり、技術的にOKならば行っているはずだから)
つまり、技術的には問題ありませんから(お金があれば)行ったということです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

事実ですか!
あまりにも理論すぎてそれがかえって疑惑を呼んでるのかも知れません。

ありがとうございました。

お礼日時:2002/11/10 23:13

歴史的事実を一バラエティー番組なんか観て影響されてはいけません。

もう繰り返し繰り返しこういう質問にも飽きました。参照URLでこの事に関する謎は全て解決します。疑っている人全てにここを教えましょう! でも信じない人はこれも信じないんだろうな・・・

参考URL:http://moon.nasda.go.jp/ja/school/popular/story03/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

参考URLありがとうございます。

>でも信じない人はこれも信じないんだろうな・・・

残念ながらこのURLを見てから余計不審に思って投函したのです(質問の最後にURL有り)、なぜなら余りにもこじつけがましい所が何点かあり見るからに”苦し紛れ”じみた感があったのです。

ありがとうございました。

お礼日時:2002/11/09 17:08

事実と信じていましたが、事実でないという説にもそれなりの説得力は認めます。

心情的には、アメリカであれば国威顕示のためにあれだけの規模の虚偽のドラマを造りかねないのではとの思いもあります。しかし事実でないと圧倒的多数の人間に認めさせるだけの証拠は揃っていないのが現実であり、やはり事実なのだろうと思います。

回答としてはここまでなのですが、質問を拝見しての感想として蛇足ですが
・20年以上前にあれだけのことをしておきながら、その後月に行く計画はなく、月を通り越して火星有人飛行が...などといわれているのはなぜなのでしょう。もっと月面をくまなく探査して資源開発とかすることを考慮しても良いような気がします。
・月面で宇宙人に会ったとか、人類の歴史に無いはずの過去の機器類があったとか、そういう噂の信憑性にも興味が湧きますね。

このことに限りませんが、世の中の真実といわれていることがもしかしたら真実ではないかもしれないという事柄にはある種の「夢」がありますね。暇人の妄想といえばそれまでですが。煽るつもりはありませんが、世の中にはいまだに「地球は平らだ」と信じている人たちのグループもあるみたいです(大爆)。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

勿論USAの投資力技術力開発力は認めざるを得ませんね、あれだけスペースシャトルを自由に大気圏外に送り出し帰還する、これは今までの経験と知恵の賜物であると言う事は否定できない事実でしょう。。。
地球は平と信じている・・ですか、なるほど
”月でウサギが餅をついている”その方がメルヘンチックで幸せなのかも知れませんね(笑)

ありがとうございました。

お礼日時:2002/11/09 16:58

私はもちろん事実だと思います。

これを疑い出したら、自分で月へ行って見るしかないですね。月でさえそうなんですから、ましてや火星にロケットが着陸したことも疑っているかもしれませんね。今回の件はあまりにも滑稽な話だとは思いますが、ただ普段我々はマスコミの報道に何の疑いもなく信じてしまっていることに対する警鐘という意味ではいい機会を与えてくれたのかも知れません。でも、
そう言う私も、今回のようなことを思ったことがあります。実際にアポロ11号着陸の生中継を見て(年がばれそう)こんな夢見たいな事あるはずがない。その当時のケネディー大統領が1960年代に人間を月へ送るという宣言した為、技術的にまだ問題があっても国家の威信をかけ無理やり行ったことにしたのではないか。実際に月へ行ったのは12号からではないのか。13号の事故はやらせで、そのころ月面着陸から熱が冷めた国民から再度目を向けさせて14~17号へつなげる布石を打ったのではなどと自分なりに屁理屈をこねていました。長々と書いてすませんでした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やはり ”やらせ” の多い時代の心理でしょうか!?
ありがとうございました。

お礼日時:2002/11/09 16:34

民放のテレビ番組を真面目に見てはいけません、ニュース番組も含めて視聴率稼ぎの為ならなんでもやる、少しくらいならでっち上げややらせもありでしょう。

この件もチョッとおかしいかな?と思えるところをクローズアップして視聴率稼ぎしてるだけです。NHKや大手の新聞社などでも取り上げだしたらもしかして?となるかも知れませんが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですね!
でもNHKも大手の新聞社?もそんなに変わりはないと思いますが。
どの道 ”やらせ”の多い昨今ですから・・・

早速の回答ありがとうございました。

お礼日時:2002/11/07 18:04

同じ様な質問がありましたので、ご参考に。


http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=390471

人間は月に行った。
これは事実だと思います。
いや、事実です。

今ならCGでどんな映像でも出来ますが、当時はそんな物無かったですしね。

参考URL:http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=390471
    • good
    • 0
この回答へのお礼

NASAはベールに包まれた部分が多いらしいので真偽のほどは分からないのかも知れませんね。

早速の回答ありがとうございました。

お礼日時:2002/11/07 18:08

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!