dポイントプレゼントキャンペーン実施中!

ガガーリンとアームストロングはどちらが長く記憶されるでしょうか

初めての有人宇宙飛行を行った、旧ソ連のユーリィ・ガガーリンと、
初めて月面を踏んだアメリカのニール・アームストロングは、
どちらが長く人々に記憶されるでしょうか?

A 回答 (8件)

何事も初めてが大事です。


タイヤ、電球、内燃機関、飛行、通信に電話。
チームでやった仕事もあまり評価されません。
ガガーリンに1票ですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですね、最初にやるというのは大変な事ですね。
同感です。
ありがとうございました。

お礼日時:2010/08/15 23:41

アームストロングです。



ロシア人が英語の勉強を続け、アメリカ人がロシア語の勉強をしないという現状が変わらない限り、ロシア人の偉人は忘れ去られ、アメリカ人の偉人は忘れ去られないからです。

人類にとってピョートル1世の名前が忘れ去られてもジョージ・ワシントンの名前が忘れられないのと同じです。歴史も文化も言葉に依存しています。日本の歴史や日本の文化が人類の記憶から消え去ることが無いように願うばかりです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>人類にとってピョートル1世の名前が忘れ去られてもジョージ・ワシントンの名前が忘れられないのと同じです。

そうですか? ピョートル大帝も結構長く記憶されると思いますけどね。

英語が支配的な言語であるという状況が変わる事の方が、2人の名前が忘れられるよりも早いと思います。

回答ありがとうございました。

お礼日時:2010/08/15 23:46

 人類が火星に到達した段階でお二人とも忘れられるでしょう。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうは思いませんね。

お礼日時:2010/08/15 23:46

どちらも、大きな組織の上に乗っかって、動かされたに過ぎないので、


「アポロ計画」の名は残っても、個人名の効力は、人工衛星に乗せられた
サルと大差ないと考えるべきでしょう。

ソ連とアメリカの両計画の創造的な部分(ソ連がドイツから持ち去って参考
にしたロケット研究&アメリカに連れ去られて宇宙開発計画の責任者となった)
を担った、フォンブラウンの名前は二十世紀に大発展を遂げた宇宙開発を
主導した人物として名を残すでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

誠に正論ですけれども、にもかかわらず、ガガーリンやアームストロングの名前が記憶されているというのが現実ではないですか?
フォン・ブラウンだけでなく、セルゲイ・コロリョフも名を残すのではないですか?

お礼日時:2010/08/15 23:50

これは難問ですね。



私の個人的な記憶で言えば、ガガーリン宇宙飛行士がボストーク1号で初めて地球を周回したときは小学校に入学したばかりでした。難しいことはよくわからなかったけれど、私だけでなく世界中のこどもたちの心の中に「うちゅうひこうしになりたい」という夢が芽生えたことは間違いありません。冷戦時代でしたが、彼は世界的な英雄になりました。

それから8年が経過し、アポロ11号のアームストロング船長が初めて月面に降り立ったときは中学校3年生になっていました。世界の多くの人がテレビ中継でこの偉業を見て感動しました。当時聞いていたラジオの英会話講座の聞き取りの問題に、Astronaut Neil Armstong's first words from the moon were "That's one small step for a man,but one giant leap for mankind". (40年余り昔の記憶ですので細部は違っているかも知れませんが…)という問題が出たことを覚えています。

初めての地球周回飛行に成功し、子どもたちの宇宙への憧れに最初に点火してくれたガガーリンと、月への往復飛行という難事業を初めて成し遂げて、宇宙の不思議さに加えて人間の素晴らしさも教えてくれたアームストロングのどちらが長く記憶に残るか、まさに甲乙付け難いと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

確かに難問でしたね。
ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2010/08/15 23:51

間違いなく、ロシアとアメリカと人類が消滅しない限り



お二人とも記憶されるでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうかも知れませんね。
ご回答ありがとうございます。

お礼日時:2010/08/15 23:52

何かの課題ですか?う~ん、ガガーリンとアームストロング。

長く人の記憶に残るのは二ール・アームストロングの方だと思います。人類初の宇宙飛行と人類初月面着陸。両者とも有名な言葉を発してますよね。

ガガーリン = 地球は青かった
アームストロング = 私にとっては小さな1歩だが、人類にとっては大きな1歩だ

ちょっとアームストロングの言葉は記憶が定かではありませんで、こんな感じだったかな?

月面着陸の方がインパクトは強いし、アポロ11号は本当に月面着陸したのか疑惑もあるし、そういった意味でアームストロングの方が後世まで人々の記憶に残ると思います。

余談ではありますが、旧ソ連ではガガーリンより、テレシコワの方が記憶に残っているのでは?
名言「私はカモメ」もありますし、女性初という事もありますし。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
ロシアではガガーリンが今でも英雄だと聞いていますよ。多分テレシコワより高名だと思います。

お礼日時:2010/08/15 23:55

>ガガーリンとアームストロングはどちらが長く記憶されるでしょうか




      ↓
視野視点で評価が異なるとは思いますが・・・
個人的には「ガガーリン」


理由<順不同>

◇宇宙飛行の話題が出た時に人類初はインパクトが強い。
<初の月面着陸も驚嘆したが・・・>

◇「地球は青かった」も帰還後のコメントもシンプルだが印象的だった。
<これは一人の人間にとっては小さな1歩だが、人類にとっては偉大な飛躍である>

◇米国とソ連の競争時代に何でも米国がリードしていたり優位な中に国家的な悲願と使命を帯びてチャレンジしたガガーリンにより大きな感銘を受けた。

いまでは、米ソが宇宙ステーションで一緒に活動するなど、想像もし得なかった時代だが、記憶の中では人類初の宇宙飛行とその後の事故での若き死が、宇宙の危険性以上に地球上での危機感を感じた記憶が非常に心に残っています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

説得力のある理由を多く挙げて頂き、ありがとうございました。
大変参考になりました。

お礼日時:2010/08/15 23:56

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!