heriosと申します。昨年の5月10日に79歳の父がメマイがすると言うので救急車でT地域病院へ行きました。ここは、数年前に心臓肥大・心筋梗塞・不整脈等の病気で入院治療してバイクに乗れるまでになりました。救急車の中で隊員の方が問い合わせた所、カルテが残っているので来てくださいとの返事でした。
 こちらも安心して行ったのですが、簡単な検査と血圧を下げただけで、メマイは耳鼻科だから予約をして帰ってくださいといわれました。入院しなくても良いのですかと聞くと、入院の必要はないと断言しました。その日は、メマイも治まらないまま帰り、予約日に耳鼻科へ行った所、医師は何も言わずに脳神経外科へ入院させました。そして、5月13日の朝に病院のベッドで倒れ、脳梗塞になってしまいました。最初に入院して様子を診るなり、頭部の検査をしてくれれば、もうすこし早く見つけられたのではないかと思っています。循環器の専門医なのだから、不整脈が原因で脳梗塞でメマイがしていると判断出来たと思います。後で心電図を見ると良くこれで帰せたと思うほどの乱れようです。http://homepage1.nifty.com/herios2/に心電図を載せてあります。今は第1級の身体障害者になってしまいました。当直医は医療過誤ではないと言い張っています。
 ご意見をお聞かせください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

補足ありがとうございます。


適切なアドバイスができなくて申し訳ないのですが・・・
「医療ミスなので損害賠償請求をしたい」といったことなら法律カテゴリであっています。
ですが、医療ミスかどうか=医者の処置が適切であったかどうか、の判断は法律の専門家では判断できないので先のようなアドバイスをさせていただいた次第です。
ここには医療の専門家もいらっしゃるようなので、「医療ミスといえるか」を医療カテゴリで質問をされて、「医療ミスをした意思に対する対応」を法律カテゴリで(最初の質問から時間がたってしまっていますので)もう一度質問する、というふうに分けられてはいかがでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

Saera様。ややこしい質問で申し訳ありませんでした。自分でも裁判でしか答えが出ないと、各方面から言われました。しかし、金銭的にもそれは出来ないのです。
 それにテレビのニュースでも明らかにミスで亡くなっても認めようとしない程ですから、身体障害者になった位では相手にもされないと思います。
 色々とありがとうございました。

お礼日時:2001/02/14 10:46

あの、この質問は法律カテゴリではないのでは。


管理者にカテゴリの依頼をしたほうが回答が得られると思いますよ。
「法律」の観点からの回答がほしいのであれば、どの点の判断をしてもらいたいのか補足してください。

この回答への補足

Saera様。カテゴリ違いですか。医療過誤を追っていたら、ここへ辿り着いたものですから……。
 要するに私が聞きたかったのは、数年前に緊急入院した時の心電図と、今回の心電図が殆ど同じなのに帰宅して3日間は何の治療も受けられず、入院中に病院で脳梗塞になったのは、最初の医師の医療ミスではないのかと聞きたかったのです。
 こちらは金銭的にも時間的にも厳しく、裁判に持っていけないくやしさがあります。私は最初の医師に父を身体障害者されたと思っています。向こうに少しでも誠意があれば良いのですが、文句があるならいつでも来い。と言う態度が気にいらないのです。色々な所へ相談しましたが、結局は裁判という事になってしまいます。
○前回と殆ど同じ状態なのに、今回は帰され、その為に治療が遅れた。と思っています。

補足日時:2001/02/13 23:00
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QNHK 不払いの件で身体障害者の等級で決まるの?。

 父が身体障害者になって 37年ですが、等級が5級です。
  NHKが何の告知もしないで過ぎてきました。
 明日 契約に来るみたいです。
 
 身体障害者・聴覚不良者が等級に割り当てられている事を知りました。
 等級の割り当てを早く知りたいです。  
 
  健常者の時契約して、障害者になった時はどうなるのか?。

 NHKを防ぐ為に何とかしたいです。
  教えてください!!。

Aベストアンサー

>腕の麻痺・指の麻痺はどうなるのですか? 
#2の参考URLによると身体障害者手帳を有する人で生活保護を受けている人は全額免除になるようです。
逆にいえば、身体障害者の認定を受けていても生活保護を受けていない場合、免除にはならないということでしょう。

Q父が脳梗塞で入院中に借金発覚、今すぐ母と離婚させたい

現在、父(61歳)は、ぼんやりしがちですが会話も可能です。しかし、心臓が弱いため急変する可能性も少しあります。リハビリ後は、車椅子で身の回りのことはできそうです。
私は6年前に嫁ぎ、隣町にいる30歳の娘です。
父は4年前100万円の借金を残し、家出しました。交際相手がいたようです。借金は私が貯金で払いました。2年前突然帰ってきて、煙たがられながらも、いつのまにか同居を始めました。少しは生活費を出していましたが、母は世帯は別と割り切っていたようです。実家には貯金がなく、家屋(父名義)のローン残高200万円、土地は母の所有です。ローンは、父の家出後は、母(58歳)がパートで返しています。父が生命保険未加入で、入院費・今後の介護施設代は、本人の年金1ケ月10万円と、不足分はやむなく私を含む3人の子と母で出す予定でいました。
ところが、入院中に連帯保証人2件・借金がみつかりました。友人アパート入居の連帯保証人2位(友人失踪により、1位の保証人が滞納分40万を分割支払中、一度でも滞れば父へ)、知り合いの会社の根連帯保証人(500万円)、その会社からの貸付200万円、その他小額数件。
母は、父に万一のことがあると、財産放棄し自宅を失うことになります。すっかりなさけなくなり、今すぐ母と離婚させたいと思っていますが、まだ脳梗塞から1週間。ぼんやりしがちな父と離婚ができるのでしょうか。回復待ちの間、急変しないとも限りません。
配偶者への住宅の贈与も考えていますが、(婚姻35年)同様に、今の状態で口約束で書類代理作成し、提出しても有効でしょうか?これからも別の借金が見つかるかと思うと大変心配です。

現在、父(61歳)は、ぼんやりしがちですが会話も可能です。しかし、心臓が弱いため急変する可能性も少しあります。リハビリ後は、車椅子で身の回りのことはできそうです。
私は6年前に嫁ぎ、隣町にいる30歳の娘です。
父は4年前100万円の借金を残し、家出しました。交際相手がいたようです。借金は私が貯金で払いました。2年前突然帰ってきて、煙たがられながらも、いつのまにか同居を始めました。少しは生活費を出していましたが、母は世帯は別と割り切っていたようです。実家には貯金がなく、家屋(父名...続きを読む

Aベストアンサー

>父が脳梗塞で入院中に借金発覚、今すぐ母と離婚させたい

という点は、お父さんが協議離婚に同意すれば可能です。

>配偶者への住宅の贈与も考えていますが、(婚姻35年)同様に、今の状態で口約束で書類代理作成し、提出しても有効でしょうか?

 現時点で、お父さんの債権者から仮差押または差押の登記などされていなければ、離婚に伴う財産分与で、お母さんに移転登記することは意味あります。しかし、離婚に伴う財産分与が債権者を害する抜け道的に詐害行為としてされている可能性を疑われる場合には、判例は財産分与として相当額の範囲内でのみ有効として扱います。
 しかし、まずは建物の築年数が数十年であれば、財産分与を詐害行為として問題にする場合ではないと思われます。問題は、お父さんが、すでに建物になんらか債権者から物的な担保の設定を迫られてそれに応じている可能性がある点です。一度、登記簿を取って確認することです。
 離婚に伴う財産分与は、登記原因となるもの、きちんと書面にしておく。この点は、当然、司法書士の先生に相談して、どのような形で書面化しておけば登記できるかを相談することです。書面にしておいても、法務局がうけつけないような書面では困りますから。

 次に、父親の破産手続きの点について、皆さんで考えられたほうがいいでしょう。あとは細かくなるので、専門家の相談を受けるべきです。

>父が脳梗塞で入院中に借金発覚、今すぐ母と離婚させたい

という点は、お父さんが協議離婚に同意すれば可能です。

>配偶者への住宅の贈与も考えていますが、(婚姻35年)同様に、今の状態で口約束で書類代理作成し、提出しても有効でしょうか?

 現時点で、お父さんの債権者から仮差押または差押の登記などされていなければ、離婚に伴う財産分与で、お母さんに移転登記することは意味あります。しかし、離婚に伴う財産分与が債権者を害する抜け道的に詐害行為としてされている可能性を疑われる場合に...続きを読む

Q身体障害者の等級の判断基準

質問を見てくださってありがとうございます!

身体障害者の等級ってありますよね?身体障害者手帳などが交付される基準になる級です。これは身体障害者福祉法施行規則の「別表第五号 (第五条関係) 身体障害者障害程度等級表」に定められているのですが、これが大雑把な書き方で、個別的な事例があったときに、どの級に該当するのかしないのかがよくわかりません。

この表に関して、具体的な判断基準を示すガイドラインのようなものがあるのでしょうか。ご教示ください!
また、障害年金や障害厚生年金の給付の基準になる障害の等級についても同じことが言えます。それぞれの法律の施行規則等に級に関する記載があるものの、同じように大雑把なので具体的な判断ができません。これもガイドラインのようなものがあるようならお教えください!

(参考)
別表第五号 (第五条関係) 身体障害者障害程度等級表
リンクのずっと下の方にあります!

http://law.e-gov.go.jp/cgi-bin/idxselect.cgi?IDX_OPT=1&H_NAME=%90%67%91%cc%8f%e1%8a%51%8e%d2&H_NAME_YOMI=%82%a0&H_NO_GENGO=H&H_NO_YEAR=&H_NO_TYPE=2&H_NO_NO=&H_FILE_NAME=S25F03601000015&H_RYAKU=1&H_CTG=1&H_YOMI_GUN=1&H_CTG_GUN=1

質問を見てくださってありがとうございます!

身体障害者の等級ってありますよね?身体障害者手帳などが交付される基準になる級です。これは身体障害者福祉法施行規則の「別表第五号 (第五条関係) 身体障害者障害程度等級表」に定められているのですが、これが大雑把な書き方で、個別的な事例があったときに、どの級に該当するのかしないのかがよくわかりません。

この表に関して、具体的な判断基準を示すガイドラインのようなものがあるのでしょうか。ご教示ください!
また、障害年金や障害厚生年金の...続きを読む

Aベストアンサー

実は、具体的な基準については、身体障害者手帳も障害年金でも、国により実に詳しく細かく定められたもの(ガイドライン)が、ちゃんと存在します(^^;)。
(ANo.1での京都府が準拠しているガイドラインがこれです。)

以下のとおりです。

身体障害認定基準
平成15.1.10 障発0110001号
厚生労働省社会・援護局障害保健福祉部長通知
(平成17.5.26 障発0526001号で一部改正済)
http://www.pref.osaka.jp/shogaifukushi/tecyo/download/ninteikijun20050701.pdf

身体障害認定要領
平成15.1.10 障企0110001号
厚生労働省社会・援護局障害保健福祉部企画課長通知
http://www.pref.osaka.jp/shogaifukushi/tecyo/download/ninteiyouryou20050701.pdf

疑義解釈
平成15.2.27 障企0220001号
厚生労働省社会・援護局障害保健福祉部企画課長通知
http://www.pref.osaka.jp/shogaifukushi/tecyo/download/gigikaishaku20050701.pdf

内容が非常に複雑ですから、素人判断は厳禁です。
あくまでも「このようなものが存在するのだ」ということにとどめておきましょう。

なお、障害年金のほうは、さらに輪をかけて複雑です(^^;)。
身体障害認定基準、身体障害認定要領とは全くの別物です。
PDFで入手できないことはないのですが、あまりにも複雑なため、割愛させていただきますね。ごめんなさい。

一方、精神障害者保健福祉手帳の障害認定基準についても、これまた実に細かいものがちゃんとあります。

平成7.9.12 健医1133号
厚生省保健医療局長通知
(平成18.9.29 障発0929004号で一部改正済)
http://www.pref.nara.jp/seishin/PDF/tetyouhannteikijyun.pdf

実は、具体的な基準については、身体障害者手帳も障害年金でも、国により実に詳しく細かく定められたもの(ガイドライン)が、ちゃんと存在します(^^;)。
(ANo.1での京都府が準拠しているガイドラインがこれです。)

以下のとおりです。

身体障害認定基準
平成15.1.10 障発0110001号
厚生労働省社会・援護局障害保健福祉部長通知
(平成17.5.26 障発0526001号で一部改正済)
http://www.pref.osaka.jp/shogaifukushi/tecyo/download/ninteikijun20050701.pdf

...続きを読む

Q生命保険 指定代理人 脳梗塞

先月の話ですが、私の兄が脳梗塞で倒れ、病院に運ばれました。
命に別状は無かったのですが、障害が残ってしまい、現在、言語障害、右半身障害で話すことも、字を書くことも出来ない状態です。
兄の生命保険を確認したところ、障害見舞金給付の保険には加入していたので、保険会社に問い合わせましたが、保険会社から一言「指定代理人受け取りの契約をしていないので、本人以外は請求できない」との事でした。
約款を見てみると、たしかに小さく書いてあります。しかし、今となっては本人は考えることも字を書くことも出来ない状態。
この場合泣き寝入りするしかないのでしょうか?障害見舞金の金額以上の治療費が発生しており、見舞金は全額本人の治療の為に当てるのにそれでも第三者請求は出来ないのでしょうか?
兄がこんな状況なのにお金の話もいやな話ですが、本当に困っています。
誰かお知恵を貸してください。

Aベストアンサー

保険会社の言い分は正しいです。泣き寝入りではなく、きちんとした手続きをすれば可能です。

では本人が意思能力がなくなった場合、どうするか、ということですが、これは後遺症が固定した時点で、医師の鑑定を受けて「本人が財産の管理や処分をする能力がない」ということを家庭裁判所に認めてもらい、代理で諸手続きを行う後見人を指定することになります。それ以外は方法がありません。

ただし、後見人になった人は、受け取った保険金や障害者の財産、口座のお金など全てを管理しなくてはならず、金銭出納記録を裁判所に毎月報告しなくてはなりません。これは非常に厳格で、本人のため以外の支出は全く認められません。「本人のため」という名目も後見人が勝手に考えるものではなく、食費、医療費、衣服、規定内のリフォームなど厳密に指定されます。1円たりとも他へ流用ができないと考えてください。

また、脳梗塞なのですから「障害見舞金の金額以上の治療費が発生しており」とありますが、高額医療費は控除がありますから高額所得者でも月に15万円以上は補助されます。これも利用してください。

■「見舞金は全額本人の治療の為に当てるのに・・・」と書かれてありますが、代理人がそのような約束をする保証はどこにもないのです。実際に障害のある人の代理で家族や親族が保険金を受け取り、自分のために使ってしまうことが絶たないのです。最近の保険会社は手続きについて非常に厳格になっているのです。

■結論から申しますと、ご本人のためにだけ使うために保険金を受け取ることは上記のように十分可能です。その手続きをとった時点で、ご本人の金銭は裁判所によって守られますから、他の人が手を出すことができなくなります。

保険会社の言い分は正しいです。泣き寝入りではなく、きちんとした手続きをすれば可能です。

では本人が意思能力がなくなった場合、どうするか、ということですが、これは後遺症が固定した時点で、医師の鑑定を受けて「本人が財産の管理や処分をする能力がない」ということを家庭裁判所に認めてもらい、代理で諸手続きを行う後見人を指定することになります。それ以外は方法がありません。

ただし、後見人になった人は、受け取った保険金や障害者の財産、口座のお金など全てを管理しなくてはならず、金銭出...続きを読む

Q養育手帳の各等級を身体障害者手帳に

養育手帳の各等級を身体障害者手帳に置き換える場合、自治体で等級の表示が違いますが、うちの自治体では、A1 A2 B1 B2と表します。その場合の等級を身体手帳各等級に置き換えるとそれぞれ何級になりますか?

Aベストアンサー

「特別児童扶養手当等の支給に関する法律施行令別表第3における障害の認定について」というタイトルで国の通達が出ていますが、これが根拠になります。
http://goo.gl/mz5yR2 をごらん下さい。最終改正内容反映後の全文です。
この通達の中で、次のように記されています。

◯ 障害児が身体障害者手帳の交付を受けているときは、当該手帳に記載されている障害名及び等級表による級別によつて障害の程度が令別表第3の各号のいずれかに該当することが明らかと判定できる場合は、診断書(注:特別児童扶養手当認定診断書。以下同じ。)を添付させることに代えて、特別児童扶養手当認定請求書に手帳に記載されている障害名及び等級表による級別並びに手帳番号を記入させて、これによって認定しても差しつかえない。
認定にあたって、障害の内容等について承知する必要がある場合には、都道府県又は指定都市の手帳関係事務主管課で保管する「身体障害者診断書」による。

◯ 障害児が療育手帳制度要綱による療育手帳の交付を受けているときは、障害の程度が「A」と記載されているものは令別表第3の1級に該当するものとして認定してさしつかえない。
療育手帳に「A」の記載がない場合に、診断書を作成する医師は、診断書に記載すべき項目の一部が療育手帳取得の際に児童相談所の長が判定に用いた資料により明らかである場合には、当該療育手帳取得の際の資料を当該診断書に添付することをもって、当該診断書の該当項目の記載を省略することができる。
なお、特別児童扶養手当認定請求書の備考欄にその旨を記入する。

問題となるのは、療育手帳制度要綱がありながら、各都道府県や政令市の級別がそれに従ったものではない、という点です。
このときは、所定の方法によって「A(重度)」と「A以外(その他)」とに分けて考え直します。
東京大学大学院研究科のページ http://goo.gl/1AavKt に詳しく載っています。

「特別児童扶養手当等の支給に関する法律施行令別表第3における障害の認定について」というタイトルで国の通達が出ていますが、これが根拠になります。
http://goo.gl/mz5yR2 をごらん下さい。最終改正内容反映後の全文です。
この通達の中で、次のように記されています。

◯ 障害児が身体障害者手帳の交付を受けているときは、当該手帳に記載されている障害名及び等級表による級別によつて障害の程度が令別表第3の各号のいずれかに該当することが明らかと判定できる場合は、診断書(注:特別児童扶養手当認定...続きを読む

Q韓国人が脳梗塞で倒れました

急いでいます、お願いします。

友人の韓国人家族(日本永住権取得済み)の身に起きている出来事です。3ヶ月のビザを延長しながら、
友人のご主人のお母さんが日本に住んでいます。友人家族とは別に住んでいて生活も別ですが、
もう何年も日本に住んでいると思います。

そのお母さんが先日脳梗塞で倒れました。日本の健康保険に入っていないので病院をたらい回しに
されたようですが、今は息子であるご主人が病院に念書?を書くことで入院治療しています。
ただお母さんの心配はもちろんですが、同時に無保険での治療なので医療費の心配もしています。
状態を見て韓国に移動し、リハビリなどの治療をしていく予定でいるようですが、
今はいつ韓国に行かれるかも見当がつきません。

友人に代わり、せめて保険適用について何かしら救済措置のようなものが無いか調べていますが、
ビザについてもよくわからず困っています。

日本の永住権を持った友人家族の扶養に入院後の今、手続きできるとか、日本のように「海外療養費」として
健康保険や国民保険に相当する制度に払い戻し請求が韓国でもできるとか、あるいは他に何か方法は
ないでしょうか。どうかお願いします。

急いでいます、お願いします。

友人の韓国人家族(日本永住権取得済み)の身に起きている出来事です。3ヶ月のビザを延長しながら、
友人のご主人のお母さんが日本に住んでいます。友人家族とは別に住んでいて生活も別ですが、
もう何年も日本に住んでいると思います。

そのお母さんが先日脳梗塞で倒れました。日本の健康保険に入っていないので病院をたらい回しに
されたようですが、今は息子であるご主人が病院に念書?を書くことで入院治療しています。
ただお母さんの心配はもちろんですが、同時に...続きを読む

Aベストアンサー

#3です。補足ありがとうございます。

>住んでいる家はあるので定住者です。

「定住者」というのは在留資格の種類のひとつです。法務大臣が特別な理由を考慮し一定の在留期間を指定して居住を認める者に与えられるもので、日系人とか、日本人の配偶者である外国人の親とか、日本国籍の子を持つ外国人親とかがもらう在留資格です。期間は3年、1年又は3年以内に指定された期間となります。

>友人はお義母さんの場合、日本の国民保険には加入できないと私に話していました。

どうも不法滞在の匂いがしますねー。
おっしゃるとおり、短期滞在では外国人登録は断られます。6ヶ月以上居住する予定がなければ外国人登録は不要なのです。短期滞在の延長は一回しかできません。90日プラス90日で、それ以上はよほどの人道上の理由がなければできません。

ですから、もし友人のお義母さまの在留資格が短期滞在であるならば、既に不法滞在になってしまいます。自治体によっては不法滞在でも入国管理局と市区町村は別なので、住んでいるからにはと外国人登録を受け付けるところもありますが、法務省からの指導もあるので最近は難しいようです。

合法であるところの方法はただ一つ。入国管理局へ出頭して病気を理由に「在留特別許可(定住者)」を申請することです。いろいろタイミングや書類が難しいようですので、詳しい行政書士か弁護士に依頼したほうがいいかもしれません。在留特別許可申請に必要なので、外国人登録ができますし、当然国民健康保険にも加入できます。ただ、在留特別許可「定住者」が下りる可能性は・・・どうでしょうね?http://www.moj.go.jp/NYUKAN/nyukan52-1.pdf

参考URL:http://www.moj.go.jp/NYUKAN/nyukan25.html

#3です。補足ありがとうございます。

>住んでいる家はあるので定住者です。

「定住者」というのは在留資格の種類のひとつです。法務大臣が特別な理由を考慮し一定の在留期間を指定して居住を認める者に与えられるもので、日系人とか、日本人の配偶者である外国人の親とか、日本国籍の子を持つ外国人親とかがもらう在留資格です。期間は3年、1年又は3年以内に指定された期間となります。

>友人はお義母さんの場合、日本の国民保険には加入できないと私に話していました。

どうも不法滞在の匂い...続きを読む

Q身体障害者手帳の等級変更をすると、前の等級やその交付日などの過去の履歴

身体障害者手帳の等級変更をすると、前の等級やその交付日などの過去の履歴は残るのでしょうか?
それとも、新規で申請したものと区別がつかないのでしょうか?

Aベストアンサー

 交付された手帳には、「交付年月日(最初に交付された日)」と「再交付年月日(その手帳が交付された日)」しか記載されないと思います。
 しかし、役所の台帳には「再交付年月日」のはか「再交付事由(等級変更、紛失など)」も記載されるため、区別することができます。

 「新規で申請したものと区別がつかないのでしょうか? 」、新規申請の場合は「再交付年月日」が記載されませんので、「新規交付」と「変更交付」は手帳を見ただけでわかります。ただ、「再交付事由」は記載されないため「再交付された理由」はわかりません。

Q仕事が原因(過剰労働)で脳梗塞によることの労災申請について・・・長文?

親会社に委託として働いていた場合は労災適用になるのでしょうか?

現在働いている会社の成績が不振ということで別の会社(一応親会社?)から委託としてヘッドハンティング?されてしばらく働いてました。しかし、前の会社(会社の成績が不振の会社)で仕事の量を1としたとき、親会社の委託によって働いた仕事の量は3~4です。

ちなみに前の会社と親会社と二束のわらじで働いていました。

本当に休みがありませんでした。残業代もなしで

土日も出勤でも振り替えの休日ももちろんありませんでした。

体に限界が近づいてきたとき、とうとう脳梗塞が発生してしまいました。(ストレス(職場の環境が変わったこと等)や過労によって)

色々労災について調べたのですが、証拠となる資料がないと労災申請がされないとなっていました。

しかし、前の会社(成績が悪い会社)ではずさんな管理のためもちろんタイムカードなどもありません。(なぜか親会社もありません。)

しかし、仕事の着俊工日(建築関係などです)などはわかっているとおもうのですが、どうにもなりませんでしょうか?

親会社に委託として働いていた場合は労災適用になるのでしょうか?

現在働いている会社の成績が不振ということで別の会社(一応親会社?)から委託としてヘッドハンティング?されてしばらく働いてました。しかし、前の会社(会社の成績が不振の会社)で仕事の量を1としたとき、親会社の委託によって働いた仕事の量は3~4です。

ちなみに前の会社と親会社と二束のわらじで働いていました。

本当に休みがありませんでした。残業代もなしで

土日も出勤でも振り替えの休日ももちろんありませんでした...続きを読む

Aベストアンサー

この件を労災と見るには2つのハードルがあります。

1 労働者であるか否か
 あなたの契約は委託だということですが、仮に委託ならば、労働者ではありませんので、労災は受けられません。
一応参考サイトを置いておきますが、要は、会社との間に「使用従属関係があるか否か」です。これは名称を問わず、実質で判断することになりますので、場合によっては委託契約と名の付く場合でも、クリアーする可能性があります。

http://www.remus.dti.ne.jp/~laputa/rouki/koyoukeiyaku_ukeoikiyaku_chigai_1.html

2 病気と仕事との因果関係
いわゆる過労による労災の関係はその因果関係が問題となり、しばしば裁判まで持ち込まれます。
平成13年に認定基準が出されていますが、
http://www.mhlw.go.jp/houdou/0112/h1212-1.html
その後も行政が負ける判決も出ており、後追いになっているのが現状です。
少なくとも、客観的に労働時間がわかるもの(あるいは人)でもないとさすがに厳しいかもしれません。

以上2点のハードルをクリアできれば、労災になる可能性はあるでしょう。

この件を労災と見るには2つのハードルがあります。

1 労働者であるか否か
 あなたの契約は委託だということですが、仮に委託ならば、労働者ではありませんので、労災は受けられません。
一応参考サイトを置いておきますが、要は、会社との間に「使用従属関係があるか否か」です。これは名称を問わず、実質で判断することになりますので、場合によっては委託契約と名の付く場合でも、クリアーする可能性があります。

http://www.remus.dti.ne.jp/~laputa/rouki/koyoukeiyaku_ukeoikiyaku_chigai_1.html...続きを読む

Q2歳児の身体障害者手帳、等級について

2歳になる娘が急性脳炎に罹患後、右上下肢に障害が残りました。言葉もまだ話せません。身体障害者手帳を申請したいと考えましたが、診断される等級によっては今申請するメリットもないようです。

下肢は補装具をつけての歩行が可能で、右上肢は動かせますが「握る」ことはできません。左半身の運動は異常ありません。この状態だと何級になるのでしょうか? また申請するタイミングとしてもう少し後のほうが良いのでしょうか? (現在では知的障害の診断が難しいと思うので)

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

補足です。
身体障害者障害程度等級表での表現は非常に曖昧なものが使われているので、実際は、身体障害認定基準および身体障害認定要領という厚生労働省通知に基づいて、障害認定が行なわれます。
ほぼほとんどの都道府県で両基準が用いられている、と考えていただいて結構です。

実は、この2つの中に、具体的な等級決定の実例が示されていますので、これをごらんになっていただくと、かなり良くわかります。
以下からPDFファイルとして入手できます。
3つありますが、いずれも超重要です。

http://www.pref.osaka.jp/shogaifukushi/news/shinshoutechou_1.htm

●身体障害者障害程度等級表の解説(身体障害認定基準)について
(平成15年1月10日付け障発第0110001号厚生労働省社会・援護局障害保健福祉部長通知)
●身体障害認定基準の取扱い(身体障害認定要領)について
(平成15年1月10日付け障企発第0110001号厚生労働省社会・援護局障害保健福祉部企画課長通知)
●身体障害認定基準等の取扱いに関する疑義解釈について
(平成15年2月27日付け障企発第0220001号厚生労働省社会・援護局障害保健福祉部企画課長通知)

ご面倒でも、まず、#1の方がお示し下さっている表と併せてごらんになっていただき、その上であらためて質問なさるとよろしいかもしれません。

参考URL:http://www.pref.osaka.jp/shogaifukushi/news/shinshoutechou_1.htm

補足です。
身体障害者障害程度等級表での表現は非常に曖昧なものが使われているので、実際は、身体障害認定基準および身体障害認定要領という厚生労働省通知に基づいて、障害認定が行なわれます。
ほぼほとんどの都道府県で両基準が用いられている、と考えていただいて結構です。

実は、この2つの中に、具体的な等級決定の実例が示されていますので、これをごらんになっていただくと、かなり良くわかります。
以下からPDFファイルとして入手できます。
3つありますが、いずれも超重要です。

http:...続きを読む

Q父が脳梗塞になりました。父のケースは労災になるのか教えてくれませんでしょうか?

父が11月に58歳で脳梗塞になりました。発症は家で朝食の時です。
右の後頭部の血管がつまり、左手の表面に痺れがあるのと、半側空間把握ができなくなりました。言葉がどもるようになりました。
  父は、建設会社で専務をしており、その日の前日までの一週間は営業のしごとのためにかなりストレスをためていました。連日帰ってくるのは11時を過ぎます。そしてその前日は、仕事の関係で、社長との大きな口論をし、会社で血圧を測ったときには210あったそうです。そして帰り際に、事務の人に、「血管がきれそうだよ。」としかなり興奮状態にありました。このけんかは他の社員の人も見ています。
 そして、脳梗塞を起こし、約一ヶ月入院をしました。結果は半側空間把握ということで、医者の方からも、車の運転は控えてくださいと言われました。
 1月からは家で待機をし、携帯を使って、営業の仕事をとる活動だけを送っていました。2月に入り少しずつ運転も始め、会社に昼間だけ1週間に2,3回行くようになりました。この間は、以前と同じ給料をいただいています。
 そして3月に退職を出そうとしています。でも退職金もわずかです。それ以上の保障はありません。
 これからの再発のことや、家族の生活のことを考えると不安がいっぱいです。いろいろ調べて労災になると思うんですが、確証が持てません。アドバイスをぜひいただければと思います。よろしくお願いします。

父が11月に58歳で脳梗塞になりました。発症は家で朝食の時です。
右の後頭部の血管がつまり、左手の表面に痺れがあるのと、半側空間把握ができなくなりました。言葉がどもるようになりました。
  父は、建設会社で専務をしており、その日の前日までの一週間は営業のしごとのためにかなりストレスをためていました。連日帰ってくるのは11時を過ぎます。そしてその前日は、仕事の関係で、社長との大きな口論をし、会社で血圧を測ったときには210あったそうです。そして帰り際に、事務の人に、「血管が...続きを読む

Aベストアンサー

まずは、車の運転ができる状態まで回復されたとのこと、不幸中の幸いでしたね。

脳梗塞は、高血圧で興奮したら発症する、というものではありません。
ストレスとは無縁の生活をしたら発症しない、というものではありません。
つまり、業務外の要因により、仕事のストレスや社長との口論がなくても発症していた可能性は大いにあるのです。

しかし、確かに、ストレスや過重業務で発症する可能性もあり、実際のところ何が原因で発症したのかは定かではありません。

労災認定されるには、脳梗塞の発症が業務に起因することが明らかであると認められる必要がありますが(発症が業務時間外であることは問題ではありません)、この判断は、あなたでも会社でもなく労働基準監督署がします。
ですから、労災だと思われるなら、労働基準監督署への申請にあたり、まず会社に相談してください。お父さんが労災認定されたとしても、会社の不利益になる可能性は低いので、申請に協力してくれるのではないでしょうか。
もし協力してくれないようなことがあれば、直接労働基準監督署へ申請して構いません。


労災認定されるかどうか、ケースバイケースであり、申請する前に確証を持つ必要はありません。というか持てません。とにかく申請してみましょう。

(実務経験ありませんので、参考意見としてください)
 

まずは、車の運転ができる状態まで回復されたとのこと、不幸中の幸いでしたね。

脳梗塞は、高血圧で興奮したら発症する、というものではありません。
ストレスとは無縁の生活をしたら発症しない、というものではありません。
つまり、業務外の要因により、仕事のストレスや社長との口論がなくても発症していた可能性は大いにあるのです。

しかし、確かに、ストレスや過重業務で発症する可能性もあり、実際のところ何が原因で発症したのかは定かではありません。

労災認定されるには、脳梗塞の発症が業...続きを読む


人気Q&Aランキング