いつもお世話になっております。どうぞ宜しくお願い致します。

この度、就業規則のうちの給与規程を社員の同意を得て改定する事になりました。
労働基準法には、欠勤した場合の賃金カットの計算方法についての規定はないのは、承知してますが、下記の内容が労働基準法上問題ないか、ご指摘お願い致します。

(平均所定労働日数=20日とした場合)

1. 遅刻、早退、私用外出により所定勤務時間の一部を就労しなかった場合には、その不就労時間に対する給与を次の計算式により控除する。

基本給÷(平均所定労働日数(20日)×7.5時間)×不就労時間数            

2. 欠勤により所定労働日の勤務時間の全てを勤務しなかった場合は、そ  の不就労日数に対する給与を次の計算式により控除する。

(1)出勤日数が1ヶ月に20日未満の場合
基本給÷平均所定労働日数(20日)×(平均所定労働日数-出勤日数)

(2)出勤日数が1ヶ月に20日以上の場合
欠勤控除額はしないものとする

計算例1:欠勤該当月の所定労働日数:22日 出勤日数:19日の場合
  基本給÷平均所定労働日数×(20-19)=1日分の控除

計算例2:欠勤該当月の所定労働日数:22日 出勤日数:20日の場合
欠勤控除はなし

計算例3:欠勤該当月の所定労働日数:19日 出勤日数:18日の場合
  基本給÷平均所定労働日数×(20-18)=2日分の控除

所定労働日数が、20日未満の場合は、1日でも欠勤すれば控除額が大きくなりますが、出勤日数分の支払は生じていますので問題ないと思って作成しました。

矛盾点、間違い等ありましたらご指摘下さいますようお願い申し上げます。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

平均所定労働日数の表現があいまいです



他の条項との関連もありますが
給与計算上、1ヶ月の労働日数 20日 1日の労働時間を7.5時間とする  等の様に明確に示すほうがよろしいでしょう
年間の労働日数から 計算に使用する1ヶ月の労働日数に端数が出てもよろしいでしょう

その上で 基準となる1日および1時間の給与を計算する式を明記し 1円未満(10円未満)切上げ(切捨て)等を付記します
(これは 時間外・休日出勤・深夜勤務手当計算の際にも使用します)
この額は、給与改定までは同一額を維持します

書込みの案ですと、年末年始や今頃の祝日・公休の多い月に意図に反して1日あたりの給与が乱高下するのでは・・・

あえて 平均所定労働日数 としているのは 月々の労働日数の変動の影響を無くそうとしているためでしょうから

規程の改定で、休日数や1日の所定内労働時間変わる場合には、それに合わせて改定します
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございました。

また詳細にわたり、アドバイス頂きまして大変参考になります。
もう一度、明記の仕方等について見当してみます。

お礼日時:2008/05/02 16:10

うちの会社は完全週休二日制なので


毎年所定労働時間と所定労働日数を
変更しています。

基本給だけで計算していますが、残業
を計算する時も基本給だけで計算して
いますか?残業時、給与控除時、元に
なる金額は一致していたほうが望ましい
と思います。

なぜ20日未満と20日以上で計算が
違うのか解りませんが、病気で出勤日数
が0日の場合、基本給はまるまる控除さ
れるけどその他の手当(家族手当など)
はもらえるということになりますね。
うちの会社はまるまる0円です。

ですので家族手当や役職手当みたいな
ものも分子に入れています。

この辺は会社独自で問題ないと思いますので
やはり所定労働日数の根拠ですね。
うちの会社は毎年きちんと根拠も示されます。
休日が何日だから年間の出勤日数がXX日
それを12で割って・・・・みたいに。
だから安心して会社に給料計算をまかせられま
す。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

割愛した部分が多いので補足します。

当社は、就業規則にて、
(休 日)
第23条 従業員の休日は次のとおりとする。
(1)日曜日
(2)土曜日
(3)国民の祝祭日
(4)年末年始(12月30日から1月4日)
(5)その他会社が指定した休日
と定めています。

よって、2008年中の所定労働日は、365(日)― 122(日)=244
               ↑
                就業規則第23条で定めた休日の合計

365―122=243ですが、今年はうるう年のため、244日としました。

244÷12=20.333333≒20=年間所定労働日です。

諸手当については、回答はありがたいのですが、今回は割愛させて頂きたく存じます。

nik670様の会社の、所定労働日数の示し方をご教授頂けますでしょうか?宜しくお願い致します。

 

お礼日時:2008/05/07 13:26

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q源泉徴収表の「給与所得控除後の金額」とは

源泉徴収表の「給与所得控除後の金額」とはどうしてこのような表現になっているのでしょうか。これを読んでも意味がわかりません。
「給与の所得金額」の意味ですよね。
確定申告書の所得金額の(6)給与欄に書く額は、
源泉徴収表の「給与所得控除後の金額」でいいのですか。

Aベストアンサー

んとですね、簡素な表現ご了承下さいね。
自営業者が確定申告する場合、収入(売上)から支出(仕入価格とか経費とか)を
引いた残りの「所得」に税率をかけて税金を計算します。
でも給与所得者の場合、そんな経費とかいう事うんぬん確認されずに給与明細で
既に税金が源泉徴収されてますよね?

とはいえ給料を貰ってる人だって、働くために靴買ったり服買ったりある意味
「経費」の支出があるゾ!思いませんか?
ってことでその経費分として認められてるのが「給与所得控除」ってやつです。

年間に貰った給料・賞与の総支給額から「給与所得控除」(総支給額により
段階的に金額は変わります)を引いた残りが「給与所得控除後の金額」です。

そしてその金額から保険料控除などの「所得控除の額の合計額」を
引いた残りに税率をかけて源泉徴収税額が計算されてます。
ですので仰るとおり「所得金額」の「給与(6)」に「給与所得控除後」の金額を記入します。

Qどうぞよろしくお願い致します。

どうぞよろしくお願い致します。

いきなりですが、
総勘定元帳は、専用のものではなくても大学ノートに線を引いて転記しても大丈夫なのでしょうか?
そのとき、月ごとに1ページ使うのでしょうか?
仕訳帳ごとの項目を作り、ものによっては一ヶ月2行くらいしか記入していないのに月が変われば次のページ…というように使うんでしょうか?
それと、仕訳伝票から仕訳帳に記入して最後は総勘定元帳に記入…。
仕訳帳で記入したものは結局総勘定元帳に転記するのに仕訳帳何冊か用意してまで記入する必要の意味がわかりません。。。

個人事業を始めるため1から簿記を勉強し始めました。
趣味程度から始めるお店ですのでそんなに売上が無いと考え自分でやってみようと思いましたが、頭がぐちゃぐちゃになってきて困ってます…
簡易簿記ではなく、どうせ勉強するなら今後のためにも複式簿記でやろうと思っています。
それにしても専用の帳簿って高いですね。

もう1点!!
入出金伝票等をスクラップブックに貼り付けて保存していますが、入金伝票・出金伝票・振替伝票・領収書・レシート、他に同じファイルで貼り付ける書類はありますか?
納品書は別で保管してますか?

どうぞ初心者的な質問にみなさまご回答よろしくお願い致します。

どうぞよろしくお願い致します。

いきなりですが、
総勘定元帳は、専用のものではなくても大学ノートに線を引いて転記しても大丈夫なのでしょうか?
そのとき、月ごとに1ページ使うのでしょうか?
仕訳帳ごとの項目を作り、ものによっては一ヶ月2行くらいしか記入していないのに月が変われば次のページ…というように使うんでしょうか?
それと、仕訳伝票から仕訳帳に記入して最後は総勘定元帳に記入…。
仕訳帳で記入したものは結局総勘定元帳に転記するのに仕訳帳何冊か用意してまで記入する必要の意味がわかり...続きを読む

Aベストアンサー

各種帳簿は、保管に耐えうるものであれば、広告の裏でもかまわないでしょう。
市販されているようなものは、楽するために様式ができているだけです。

ただ、追記や訂正がわからなくなるようなものは、税務調査で疑われるかもしれませんね。
また、最近では会計ソフトも安価で入手ができますから、そちらで入力後に印刷すれば帳簿を手書きする必要はありませんね。

ちなみに、私自身、商業高校・税理士を目指す専門学校・税理士事務所・IT零細企業経営という経歴ですが、帳簿は買ったことがありませんね。

各種伝票はすべてが必要とは限りません。特に入金伝票や出金伝票は、現金出納帳をつけるためにわかる資料となればよいでしょう。ですので、私は領収書などで把握できるものは出金伝票を作りません。領収証の控などで入金が確認できるものも入金伝票を作りませんね。

私の場合の保管方法ですが、現金関係のものとして、入金伝票・出金伝票・領収書などは、日付順にして保存します。振替伝票は、伝票メーカーが出している厚紙の台紙のようなファイルを利用して綴ります。
請求書や納品書は、取引が多い・定期的なものは取引先ごと、臨時的な取引のものは、取引の種類ごとなどで綴りますね。

各種帳簿は、保管に耐えうるものであれば、広告の裏でもかまわないでしょう。
市販されているようなものは、楽するために様式ができているだけです。

ただ、追記や訂正がわからなくなるようなものは、税務調査で疑われるかもしれませんね。
また、最近では会計ソフトも安価で入手ができますから、そちらで入力後に印刷すれば帳簿を手書きする必要はありませんね。

ちなみに、私自身、商業高校・税理士を目指す専門学校・税理士事務所・IT零細企業経営という経歴ですが、帳簿は買ったことがありませんね。

各...続きを読む

Qサンレディースという派遣会社に給与を受け取りに行く際に土曜日は大丈夫でしょうか?ちなみに関西京都支店

サンレディースという派遣会社に給与を受け取りに行く際に土曜日は大丈夫でしょうか?ちなみに関西京都支店登録をしています。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

その会社に聞くのが一番です。今すぐに電話をかけましょう。
会社が休みだったら 払ってくれません

Q給与規程について

いつも、お世話になっております。
給与規程についてお伺いいたします。
今月から新規で従業員を雇入れるのですが、諸手当として資格手当を付けます。
規程には手当の明確な金額を記載する必要はあるのでしょうか?
また資格手当でも、能力によって人それぞれ資格手当の金額を変えても大丈夫なのでしょうか?
その際、規定には能力手当を追加したほうがよいのか、資格手当に(能力によって変わる)ような事を記載すればよいのか。。。

それと、規定に記載した手当に該当する項目があれば、必ず支給しないといけなくなりますか?


どなたかお分かりになれば、教えていただければと思います。どうぞ宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

手当であっても払うと決めればそれが契約として成立しますので、今度は勝手に減額できなくなります。増額する分には問題ありませんけどね。
ですから、1人しか雇用しないのに基本給が少ないから、という理由は成立しなくなります。
また、将来従業員を増やした場合には、その人も条件が同じなら同じ手当を付けなければなりません。
資格手当としておきながら、同じ資格なのに人によって額が違うのはおかしいです。
その資格の経験として勤続年数を加味する事は可能ですが、そのような複雑な賃金テーブルを作る場合には、よほどよく考えないと不合理になってしまい、不当な賃金差別になってしまいます。
じっくり時間をかけて規定を作るならいいですが、最初のうちはなるべくシンプルにした方が良いと思います。
また、手当等を付ける場合は具体的な金額や計算式などが必須です。適当にという訳にはいきません。
なお、労災・雇用保険、最低賃金、時間外割増賃金などもお忘れ無く。

Q大至急!給与支払報告書総括表・法定調書合計表の提出先

はじめての年末調整・法定調書作成がやっと終りそうです。
ところが、今疑問に思ってしまいました。

各市区町村ごとで給与支払報告書総括表を作成しました。
法定調書合計表も作成しました。

法定調書合計表は所轄の税務署ですよね。
給与支払報告書と総括表はその市区町村へ提出ですか?

作成したのをどこにどのように提出すればよいのでしょうか

明日期限ですよね
すみません!教えてください。

Aベストアンサー

法定調書合計表は、会社の所轄税務署へ提出する事となりますが、給与支払報告書は、基本的には会社の住所地は関係なく、それぞれの従業員の住所地へ提出すべき事となりますし、総括表も、それぞれの市町村ごとに作成すべき事となります。
提出自体は郵送でも可能ですし、到着が遅れたとしても、特に問題はありません。

Q給与規程の改正について教えて下さい。

社団法人の職員なのですが、先日行われた理事会で給与規程が改正されました。詳しい内容は避けますが、大まかな改正内容は・原則1年に1等級上がっていた給与が(1)個人の成績が良好であり、(2)団体の財政状態が良好であり、(3)社会全体の経済情勢が良好である場合、給与を上げる事が出来る。という今までの給与規程より相当厳しい内容となりました。この改正案は理事、つまりは使用者側が案を作成し、理事会の決定を通して可決され、従業員の意見が反映される機会がなかったのですが、使用者側が従業員の給与規程を従業員の許可なく変更する事に問題はないのでしょうか?また、社団法人の為、いわゆる労働組合のような従業員の意見を使用者側に伝える事ができません。この場合はどこに申し立てをすればよいのでしょうか?
当事者としては利益を求めない社団法人である為、良好な成績とは具体的に何をさすのかが解らず、また、具体的な成績の判断基準も決まっていないとの事で、理事の感情で給与が決めてしまえる事が不安でしょうがありません。

Aベストアンサー

基本給に係る定期昇給部分の変更で、労働者の不利益になるものに関しては、
本来個別に合意をとる必要があります。
就業規則に書かれている定期昇給部分の変更は、
労働条件の変更と同じなので、
本来は個別の合意をとらなくてはなりません。

ですが、法人に、その法人の労働者の過半数以上で組織されている労働組合があれば、組合と交渉をしなくてはなりません。また、組合が無い、あっても過半数以下の場合には、各事業所で従業員同士の互選による従業員代表を選出し、意見徴収をしなければなりません。
この場合は、本当に意見徴収なので、意見を徴するだけで反対意見が出ても、改訂後の就業規則に意見徴収書を添付し、労基署に届けるだけです、労基署は中身を見ません。

また、考課で昇給を反映させるなら、考課の具体的な内容を示す必要性があります。
ですので、良好な成績というのが具体的にどういうもので、どのように運用し反映させるのか、
また、その効果についてどのように従業員にフィードバックさせるのかも定めなければなりません。


組合が無ければ組合の結成をお勧めします。

Q年末調整等のための給与所得控除後の給与等の金額表

分かる方、ぜひ教えてください。
会社で年末調整の計算をエクセルで頼まれてるのですが、「年末調整等のための給与所得控除後の給与等の金額表」の表から自動的に該当金額を表示したいのです。
そこで、どこかのHP等で、「年末調整等のための給与所得控除後の給与等の金額表」を掲載しているところをお知りのかたULRを教えてください。

手入力でやろうとすると大変なので、HPとかの表からコピーしてきたいのです。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

参考にしてください。

参考URL:http://www.tabisland.ne.jp/explain/nenmatu8/nen809.htm

Q給与明細書の訂正について質問致します。給与支払いが20日締の25日の当

給与明細書の訂正について質問致します。給与支払いが20日締の25日の当月支払で、12月分の給与を支給済みですが、12/30付で退職とする場合、12月分の社会保険は控除はしないでよくなりますが、どうよに支給済みの給与を訂正処理したら宜しいのでしょうか?宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

控除しなくてよかった12月の給与から控除しちゃったので、
取り敢えず平成21年の所得が変わってきますね。よって、年末調整の
やり直し。

さて、「訂正」とは何の訂正?

単にお金のやり取りなら、まず1月分として12/21~30の給与を計算した
上で、+間違って控除した12月分社会保険料-年末調整のやり直しで
発生した平成20年所得税の追加徴収額、を渡す。

仕訳のことなら、12月分社会保険料が借方の預り金、平成20年所得税の
追加徴収額が貸方の預り金。

給与計算ソフトの入力方法なら、ソフト名がわからないと答えようが
ないし、そもそもソフトメーカーに聞くほうが早いでしょう。
「社会保険料と所得税を強制的に手入力する方法」ですね。

Q給与支払報告書(総括表)について

給与支払報告書(総括表)について

これから給与支払報告書(総括表)を作成して各市町村に提出するのですが、
皆さんこれは手書きされていますか?
それともソフトで作成されたりしているのでしょうか?

従業員10人程度なので 手書きでも全然苦ではないのですが・・・

通常どうなのか知りたかったので、教えてください。

Aベストアンサー

表計算ソフト(エクセルなど)を使って給与支払報告書(総括表)を作成している会社も結構あります。小規模な会社では、手書きの方が早い、ということで手書きがおおいようです。

Q経理規程、その他規程の作成について

経理規程、その他規程の作成について
現在、経理規程を作成してます。第1版なので1からの作成ですが、解説書等を参考に作成をしてます。
そこで通常はどのような考え方をするのかを確認したいのですが、例えば自社に棚卸資産や有価証券がない場合はこれらの規程については盛り込まずに割愛して作成するのか?それとも当該取引が発生する、もしくは発生しそうなタイミングで改訂を行って盛り込むのか?それとも最初からフルスペックで通常盛り込むべき事項を入れて作成するのか?その辺りは通常、どのような運用をされるものなのでしょうか?
その他の規程についても同様に当てはまる部分があるためご質問させて頂きました。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ないものはとりあえず作成不要と思います。発生した、またはしそうになってから規程改正が現実的だと思います。
ある取引が発生した、またはしそうになった場合、規程以前にどのような手続、会計処理をするか社内で検討されるはずです。その考え方を規程としてまとめますので、ない取引は規程を作りようがないと思います。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング