【お知らせ】まとめて検索などの提供終了

会社の定款や、株式取扱規程に必ずといって良いほど登場する『署名鑑』ですが、それがいかなるものか分かりません。
最初は、「署名する行為そのもの」の事かと思っていましたが、ゴム印のような説明をしているページもあったり。

司法書士事務所出身の社員に聞いても、文言としては知っているようですが、具体的にどういうものかはやはり知らないようです。

『署名鑑』の具体的な説明をして頂ける方からの回答をお待ちしております。

A 回答 (2件)

現在発売されている、書籍の定款例にはそのような記載はみたことがありません。

書籍10冊以上ありますが


他に、専門家がいると思いますが、他の人も解答できないと思います。

解らなくて、興味ある事例は、商業登記の専門家を問い合わすするつもりです。
    • good
    • 0

代表的な定款文例である日本法例の定款には、記載がないようですので、


その部分1条を記載してください。

この回答への補足

これは株式取扱規程の文言です。
定款にも、「署名鑑」は別の表現で登場します。

(株主等の住所、氏名及び印鑑の届出)
第12条 株主、登録株式質権者、端株主又はそれらの法定代理人は、住所、氏名及び印鑑を届け出るものとする。ただし、署名の慣習のある外国人は、署名鑑をもって印鑑に代えることができる。
(2) 前項の届出事項を変更したときも同様とする。

補足日時:2008/05/12 17:02
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有り難うございます。
当社例は、データが会社のパソコンに入っていますので、月曜日以降ここに掲載したいと思います。

ただ、ご回答から察するに、定款の具体的な文言を見て判断される、と解釈してよろしいでしょうか。
今回は「おお、署名鑑ね。知ってる知ってる」という方でないとそれがいかなるものか回答できないと考えておりますが、そのあたりいかがでしょうか。こちらも、資格者・実務経験者等々、この人なら知っているかなという方々に聞いても結局分からなかったものですから。

お礼日時:2008/05/11 14:16

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q署名鑑とは?

手形や小切手でよく見る「署名鑑」とは何ですか?
署名とどう違うのか教えてください。
あわせて「署名」と「記名」の違いもできれば教えてください。

Aベストアンサー

「鑑」はgooの辞書によれば『〔「鏡」と同源。映し見る意から〕規範とすべきもの。模範。手本。(以下略)』とあります。

「署名鑑」はあらかじめ署名の見本として銀行などに届けておくもので、あとで振り出された小切手などの署名が正当なものか確認するためのベースにします(署名鑑との同一性が認められれば本人の署名と判断するわけです)

なお、「署名」は本人直筆のサイン、「記名」は文字通り本人の名前の書いてあるもので、スタンプでも「記名」です。

手形小切手法では「署名」という用語が用いられていますが、これは「記名捺印」を含むと解されています(従って名前のスタンプとはんこで届け出ておけば、法律上は「署名」となって有効な振出となります)。

ご参考になれば幸いです。


人気Q&Aランキング