[PR]ネットとスマホ OCNでまとめておトク!

試薬Aは、使用量に応じて5つの薬品を調合してつくる必要があるとします。
5つの薬品の「原液の濃度」と「試薬A中での濃度」が与えられている場合、この試薬Aを作るために必要な各薬品の量を求めるのにはどんな計算をすればいいのでしょうか?
よろしくお願いします。

薬品1(液体):原液の濃度100g/l   試薬A中での濃度10g/l
薬品2(液体):原液の濃度20mg/l   試薬A中での濃度50mg/l
薬品3(粉末):                 試薬A中での濃度3g/l
薬品4(粉末):                 試薬A中での濃度100g/l
薬品5(液体):原液の濃度500mg/l   試薬A中での濃度100mg/l

です。

A 回答 (1件)

>薬品1(液体):原液の濃度100g/l   試薬A中での濃度10g/l



原液濃度100 g/lを終濃度10 g/lにするためには10倍希釈、
つまり終体積の1/10体積の原液を使う。

>薬品5(液体):原液の濃度500mg/l   試薬A中での濃度100mg/l

原液濃度 500 g/lを終濃度100 g/lにするためには5倍希釈、
つまり終体積の1/5体積の原液を使う。

>薬品2(液体):原液の濃度20mg/l   試薬A中での濃度50mg/l

これは終濃度が50 mg/lが、原液濃度20 mg/lより濃くなっていますから無理。数字か単位が間違っている?

終体積1 リッターの試薬Aを作るなら
薬品1を100 ml (1 リッターの1/10体積)
(薬品2は設問がヘンなので省略)
薬品3を3 g
薬品4を100 g
薬品5を200 ml (1 リッターの1/5体積)
をまぜて、水で全量を1リッターに調整する。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!何とか理解することができました。
2は単位を間違えていました。ごめんなさい。

お礼日時:2008/05/17 10:44

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q最終濃度の計算

最終濃度の計算方法に手こずっています.よくわかりません.物質A(粉末)を0.5mg/mLの割合で物質B(液体)に溶かした溶液Dを,物質C100μLに最終濃度0.25mg/mLになるように混ぜるには,物質Dを100μL入れればよいらしいのですが,感覚的には1/2で1/4だな,とうにはわかるのですが,計算をするとなると,頭が混乱してしまいました.基本的な濃度を求める計算式を使っていけばよいのでしょうか.よろしくお願いいたします.

Aベストアンサー

(目的の濃度)={(Dの濃度)(Dの体積)}÷{(Cの体積)+(Dの体積)}
でよいのではないでしょうか。

Dを希釈することによって、体積は{(Dの体積)+(Cの体積)}÷(Dの体積) (倍)になるわけですから、濃度はその逆数倍になります。

Q最終濃度2Mの計算方法

教えてください。


溶解液に添加するもので
2mM phentlmethylsulphony fluorideとあります。 
溶解液が11.6mlの場合、100mMからどれだけの
phentlmethylsulphony fluorideを添加すればいいのでしょうか・・・。 

ず~と考えていたらだんだん混乱してきました。 
どうぞ宜しくお願いします。 

Aベストアンサー

まず、質問を整理させてください。

ある溶液が、11.6 mLある。
これに終濃度2 mM になるように100 mM PMFSのストック溶液をくわえるにはどれだけの体積を入れたらいいか、ということですね。

100 mMの溶液を2 mMにするということは50倍希釈ということです。
11.6 mL溶液に100 mM のPMSFを加えた体積の1/50が、加えた100 mM PMSFの体積になればいい、つまり
11.6 mL : X mL = 49 : 1 てことですから、
X = 11.6 / 49 = 0.237 mL

実践的には50倍希釈なら49で割っても50で割っても誤差の範囲なので(それが許されるなら)、
X = 11.6 / 50
で計算してしまっても良いでしょう。

Q試薬等の基本的な希釈について

希釈を考えるのがとても苦手で、
急に混乱してしまいまして、
わからなくなったので質問させてください。

試薬の希釈についてです。

濃度が25μg/mLの試薬を何度か希釈段階を踏んで、
最終的には300ng/mLと50ng/mLにしたいのです。

300ng/mLが出来れば、50ng/mLもできるのですが・・・

使用する試薬が高級なので、最低250μLくらいあればいいです。

考え方と、方法を教えてください。
できれば、こういう倍率の考え方が勉強できるサイトや
本など、ご存知のものがあれば教えてください。

Aベストアンサー

まずは、単位を揃えるのがよいと思います。
すなわち、25μg/mLは25000ng/mLですので、300ng/mLにするためには、25000/300=250/3倍に希釈すればよいことになります。
ということは、3mLを250mLに希釈すればよいことになります。そうすると濃度は3/250倍になります。
これを2段階で行うならば、たとえば3mLを25mLに希釈し、それを1mL取り出したものを10mLに希釈すればよいことになります。そうすると濃度は(3/25)x(1/10)=3/250になります。結果的に3/250になればよいわけですから、(3/10)x(1/25)でもかまいません。
単位に関しては、mLとしましたが、もちろんμLにしてもかまいませんし、全体を10倍してもかまいません。要は何倍に希釈するかということです。

Qある濃度の水溶液AとBを混ぜて最終濃度が A(10mM)、B(50mM

ある濃度の水溶液AとBを混ぜて最終濃度が A(10mM)、B(50mM)になるようにしろといわれました。この場合、例えば20mMのA水溶液と 100mMのB水溶液をA:B=1:1で混ぜれば A(10mM)、B(50mM)の混合溶液になるのでしょうか?非常に困ってます、教えてください。

Aベストアンサー

0)順序よく考えれば非常に困る必要はありません。あなたの考えで正しいです。
1) ここで、A と B は反応しないとの事
2) 順序よく 考えると、20mM のA水溶液を10ml, 100mMのB水溶液を10ml, A:B=1: 1 を混ぜる
   ここで、A のモル数=(20mmol/L)x(0.01 L) = 0.20 mmol
B のモル数=(100mmol/L)x(0.01 L)=1.00 mmol
 体積は 20 ml
3) 混ぜた溶液中の A の濃度= 0.20 mmol / 0.02 L =10mmol/L = 10 mM
B の濃度=1.00 mmol / 0.02 L = 50 mM
4) Aの濃度は10mM で、Bの濃度は 50mM で あなたの考え方でいいです。これは 他の量でも
  A;B=1;1 nara iidesu.

Q検量線

検量線とはどういったものなのか?
検量線を引くとはどういったことをすればいいのかおしえてください。

Aベストアンサー

masazo27さんの2番煎じとなりますが、改めて説明を試みたいと思います。
検量線を引くとは、測定器の固有差を見極め、その固有差を見極めた上で、未知試料について正確な測定を行うことを目的にしています。
例えば、ある水溶液中の砂糖の濃度を知ることが目的であるとします。砂糖の濃度を知ることが目的の検量線とは、砂糖0.1g、0.2g、0.3gをそれぞれ1Lの水に溶かし(あらかじめ濃度が既知の試料を作成し)、それを測定器にかけ、測定器の指示値を記録します。それを、横軸を濃度、縦軸を指示値にとったグラフ用紙に記入し、直線なり曲線で結びます(直線か、曲線かは理論的なものに依存します)。こうしてできたラインが検量線です。この検量線により、測定器の実際の指示値から濃度を推定できるようになります。ただし、検量線は濃度0.1~0.3g/Lの間で作成したので、その検量線の有効性もその間と言わざるを得ません。検量線から推定して1.5g/Lとでた場合には、その値の信憑性は低いと言わざるを得ないでしょう。その際は、O,1.0,2.0g/Lの既知試料等で検量線を引き直す必要があると思います。

masazo27さんの2番煎じとなりますが、改めて説明を試みたいと思います。
検量線を引くとは、測定器の固有差を見極め、その固有差を見極めた上で、未知試料について正確な測定を行うことを目的にしています。
例えば、ある水溶液中の砂糖の濃度を知ることが目的であるとします。砂糖の濃度を知ることが目的の検量線とは、砂糖0.1g、0.2g、0.3gをそれぞれ1Lの水に溶かし(あらかじめ濃度が既知の試料を作成し)、それを測定器にかけ、測定器の指示値を記録します。それを、横軸を濃度、縦軸を指示値にとったグラ...続きを読む

Q1mM溶液の作り方

試薬A(分子量108.6)を溶液Bに溶かして1mMの溶液を作る計算方法を教えてください。

Aベストアンサー

no1さんの方法だと0.1086gを正確に秤量する必要があります。0.0001gのオーダーまで天秤の上で量り取るのはそれなりにスキルが必要です。
そこで有効な手段としては、10mMなり100mMの溶液を作り、それを10倍や100倍に希釈するというのが挙げられます。
例えば10mMなら、秤量する試薬Aは1.086gと、要求されるオーダーが一桁甘くなります。これを1LのBに溶かしたものが10mMです。ここからスポイトなどで10mLとって、90mLのBで薄めれば1mM溶液が100mLできあがりです。

…こういうことを聞いてるんじゃないですかね?違ってたらごめんなさい。

Q[mol/l]を[g/ml]に単位変換?

鉄の濃度の単位で[mol/l]を[g/ml]に単位変換しなければいけなくなりました。

どのように単位変換すればいいのでしょうか?どなたか教えてください!お願いします。

Aベストアンサー

単位計算をすればいいわけです。

まず 物質量[mol]=質量[g]/原子量[g/mol]
ですから、上式を変形すると
   物質量[mol]×原子量[g/mol]=質量[g]
物質量に原子量をかけてやることで[mol]→[g]に変換できますよね?
ここでは鉄(Fe=55.85)の濃度を求めるのですから、
あらかじめわかっている[mol/l]の濃度に原子量55.85をかけると
[mol/l]→[g/l]に変換できます。

あとは、1リットル=1000ml ですから、
これを 1000[ml/l] (1リットルあたり1000ml)
という単位をつけて考えれば
[g/l]/[ml/l]→[g/ml]
と変換できるハズです。

まとめると、
 濃度[mol/l]×55.85[g/mol]÷1000[ml/l]=濃度[g/ml]


あんまり上手く説明できないんですけど(^^;
どうでしょうか?
頑張ってください!

※原子量には単位はありませんが、便宜上、[g/mol]ということにしてます。

Q0.5mol/Lの酢酸水溶液を100ml調製するにはどうすればよいので

0.5mol/Lの酢酸水溶液を100ml調製するにはどうすればよいのですか。

Aベストアンサー

酢酸が1L中に0.5mol溶けていればいいのだから,100mL中には0.05molすなわち分子量60×0.05=3g溶けていればいいことになります。

純粋な酢酸を正確に3gはかりとり,100mLのメスフラスコに入れ,水を加えて100mLとすればいいのです。

単に,練習問題の解答を求めておられるのならこれでよいのですが,実際の実験で正確さを要求されているのであれば,次のような注意が必要です。

純粋な酢酸といっても,100%ということはないでしょう。試薬瓶に表示があれば,たとえば99.0%とあれば,必要な酢酸は3gではなく,3÷0.99=3.03gということになります。

また,酢酸を3g取るときはいったんビーカー等に入れ,水で薄めてからメスフラスコに入れます。それでもビーカーには少し酢酸が残っていますから,もう一度水を入れて内壁を洗ってからその液もメスフラスコに入れ,最終的にメスフラスコに水を加えて100mLにします。


人気Q&Aランキング