文化年間の江戸日本橋の高札に、
 切したん宗門は累年御制禁たり。 自然不審成者これあらば申出べし。 御ほうびとして、
   ばてれんの訴人 銀五百枚
   いるまんの訴人 銀三百枚
   立かへり者の訴人 同断
   同宿并宗門の訴人 銀百枚
 右之通下さるべし。
とあります。
銀1枚とは何でしょうか?
一分銀のことでしょうか?
銀五百枚の価値はどれくらいになりますか。

よろしくお願いします。

A 回答 (1件)

銀1枚=43匁というのをたまに見かけるのですが、ある種の基準値だったようですね。


1匁=3.75gなので、銀1枚=43匁=約161gとなります。
価値については、もともと相場物ですし、金との交換比率が現在とも同時代の諸外国とも江戸・大阪でも異なっていたようですので、私はコメントする能力を持ち合わせておりません。

参考URL:http://www.imes.boj.or.jp/cm/htmls/feature_gra1- …

この回答への補足

ありがとうございます。
金一両=銀60匁なので、だいたいの価値がわかりました。
銀五百枚は庶民にとってはとてつもない大金です。

補足日時:2008/06/11 22:53
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報