seem likeとseem to likeってどうやって使いわければいいか、区別ができません。いいアドバイスをください!

A 回答 (2件)

seem likeは「~のように見える、思われる」という意味であるに対して、seem to likeは「~を好むように見える、~が好きなようだ」という意味になります。


前者のlikeは{~のように」という一種の前置詞であるのに対して、後者のlikeは「~を好む」という動詞です。したがって両文は全く異なります。

He seems like a teacher.(先生のように見える)
He seems to like apples.(りんごが好きなようだ)
    • good
    • 2
この回答へのお礼

詳しい説明ありがとうございました。回答を読んで、なりほど!と、うなづいてます。ありがとうございました。

お礼日時:2008/06/10 23:51

He seems like a president.:「彼は大統領みたいだ」



He seems to like the president.:「彼はその大統領が好きなようだ」

seem to like は、「~が好きであるようだ」の意味ですね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

シンプルなのに、ものすごく混乱しちゃってました。
すっきりしました。ありがとうございました!

お礼日時:2008/06/10 23:49

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qなんて書いてますか? ADD ME TO MARVEL'S DO NOT EMAIL LIST C

なんて書いてますか?

ADD ME TO MARVEL'S DO NOT EMAIL LIST
CHANGE MY EMAIL PREFERENCES

By entering your email address below, you will be unsubscribed from all future commercial emails from Marvel

Confirm your email address:

Aベストアンサー

ADD ME TO MARVEL'S DO NOT EMAIL LIST
私をMarvelの「メールを送らないリスト」に加えて下さい。

CHANGE MY EMAIL PREFERENCES
私のメールの設定を変更して下さい。

By entering your email address below, you will be unsubscribed from all future commercial emails from Marvel
下の欄にあなたのメールアドレスを入力すると、今後Marvelからの商業メールの送付が全て解除されます。

Confirm your email address:
あなたのメールアドレスを(所定の欄に入力して)ご確認ください。

Qseem to be と look like

教えてください。
どちらも ~のようだ。と訳せるかと思いますが、ニュアンスとして
どのように使い分ければいいのでしょうか。

Aベストアンサー

アメリカに38年住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。

このコアの違いは、単語から来るもの、とまず思ってください。

つまり、フィーリングは「のようだ」となるわけですが、Lookの場合にはLookの持つ「目からの見た様子では」と言う「~のように見える」問い部分が強く出ることになるわけです。

ですから、He looks pale.と言う表現をすると、paleの状態が資格によって感じる、もしかしたら間違っているかもしれないけど、と言うフィーリングを表現したい時に使いがちなのですね。

He seems weakと言う事は視覚的だけに限らず、話し方からなどの他の感覚から判断して、もしかしたら間違っているかもしれないけど、と言うフィーリングを出したい時に使われがちな表現だともいえるわけです。

よって、人に聞いたところから判断すると、ニュースによると、などの「又聞きによっての判断」でもseemは使える表現になるわけですが、lookは使いにくいとなるわけですね。

同じように、soundと言う表現を使って、もしかしたら間違っているけれども、と言うフィーリングを出すことも出来ますね。 しかし、これもLookと同じように、単語のコアの意味が大きい働きをします。 つまり、耳で聞いた判断、ですね。 He sounded tiredといえば、彼の口ぶりや話し方からすると疲れているようだ、のフィーリングになるわけです。 He looked tired は見た目に疲れているようだ、he seemed tiredは判断できるいろいろなものからすると疲れているようだといえそう、と言う事になるわけです。

本題でのlook likeはlikeの持つ「次には名詞が来るよ」と言う事から(前置詞)として働きから名詞が来るわけですね。 seems to beとなれば名詞のほかに形容詞もこれますね。 He is xxxにseemsが挿入されて形としてseems to beになっただけなのですから。

これでいかがでしょうか。 分かりにくい点がありましたら、補足質問してください。 

アメリカに38年住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。

このコアの違いは、単語から来るもの、とまず思ってください。

つまり、フィーリングは「のようだ」となるわけですが、Lookの場合にはLookの持つ「目からの見た様子では」と言う「~のように見える」問い部分が強く出ることになるわけです。

ですから、He looks pale.と言う表現をすると、paleの状態が資格によって感じる、もしかしたら間違っているかもしれないけど、と言うフィーリングを表現したい時に使いがちなのですね。

He se...続きを読む

QTO DO LISTを日本語で言うと?

よくビジネスで、TO DO LISTって使いますよね。
手帳なんかにも出てきますね。

文字通り「やらなければならないことのリスト」という意味であることはわかるのですが、
そういう直訳的・説明的な訳ではない、ひとことでビシッと言い表せる定訳ってありますでしょうか?

ビジネスの現場にあまり詳しくないので、ビジネス関係の方、みなさんどんなふうに言ってらっしゃるか知りたいと思います。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

#1でございます。すこし補足を。


日本国内にはじめてファイロファクスの「システム手帳」が入ってきた時に、今までの日本の手帳にはないまったく新しい概念のリフィルがありました。それが「TO DO LIST」です。

やるべきことを羅列していくだけの用紙ですが、画期的だったのは「チェックマーク」を入れる部分があったことです。

完了したものにはチェックを入れて「済」ということにしておけば一目瞭然であり、チェックの入っていない項目だけを注意して見ていれば良いわけです。

こうしたTODOLISTの「忘れていることが明瞭にわかる」という機能に対して、日本語の備忘(忘れたときのための備え)という意味を重ね合わせて「備忘録」と呼んでいました。

当時のシステム手帳を使い始めた人たちが同様に感じてTODOLISTを「備忘録」と呼んでいたわけで、英訳がどうこうという話ではないのです。

Q[seem]と[seem like]の使い分け?

NHK英会話講座より
C:--------------
It seems so pointless. あまりに無意味よね。
-------------
And I started reading some books about caring for pets. It seems like a lot of work.
それでペットに関する本を何冊か読み始めたら。
すごく手間がかかるみたいで。

(質問)上記には[seem]と[seem like]が使い分けられています。[seem]も[like]も「~のような」の意味だと思いますが、重複しているのでは?
[look like],[sound like]なら理解できますが。私の考え違いと、使い方についてご指導をお願いいたします。参考例もよろしく。  以上

Aベストアンサー

 seem, sound, look はいずれも動詞で,SVC の形で用いられます。
 補語Cは,be や become のように名詞・形容詞いずれも用いられる動詞もありますが,かなりの動詞では形容詞のみです。
 seem, sound, look も基本的には形容詞が補語となります。
 like は動詞ではありません。(「好む」は別ですよ)もともとは「~に似た」という意味で目的語をとる形容詞でしたが,今では前置詞と見なされることが多いと思います。like で,文を作ろうと思えば,be like ~のように be 動詞を用いて「~のようだ」という意味になります。そして,be の代わりに look, seem, sound を用いることもできます。like は前置詞と考えると後に名詞がきます。すなわち,a lot of work という名詞を seem の後に続けようと思うと,like が必要になってくるのです。
 like を形容詞と考えれば,seem like で seem +形容詞で統一することも可能です。
 ただし,特にイギリスでは,look, seem, sound の後に like なしで,名詞を置くことも多いようです。また,その際は,look to be 名詞,seem to be 名詞のように to be をはさむことも多いと思います。

 seem, sound, look はいずれも動詞で,SVC の形で用いられます。
 補語Cは,be や become のように名詞・形容詞いずれも用いられる動詞もありますが,かなりの動詞では形容詞のみです。
 seem, sound, look も基本的には形容詞が補語となります。
 like は動詞ではありません。(「好む」は別ですよ)もともとは「~に似た」という意味で目的語をとる形容詞でしたが,今では前置詞と見なされることが多いと思います。like で,文を作ろうと思えば,be like ~のように be 動詞を用いて「~のようだ」とい...続きを読む

QOUTLOOKより軽いスケジューラ(TO DO LIST)

現在、OUTLOOKをスケジュール管理ソフトとして使っていますがかなり重いので他のものを探しています.
SCHEDULE WATCHER がいいときいて試してみたのですが
TO DO LISTの機能で定期的な仕事を入力する機能がないので困っています.
他にお勧めはありませんでしょうか
宜しくお願いいたします.

Aベストアンサー

私も、一時期スケジューラにはまって集めた記憶があります。
そのとき、SCHEDULE WATCHERも使用しました。
いっぱい集めたのですが、Zclock98というソフトも使用しました。
このソフトは、今Zclone98と名前を変えて配布されています。
ダウンロードして試してみてはいかがでしょうか。

(「定期的な仕事」という内容がよくわかりません。もう少し具体的に表記していただけませんか?)

参考URL:http://hp.vector.co.jp/authors/VA002242/zclone98/help_html/index.html

QIwould like to have coffee と Iwould like to coffee

Iwould like to have coffee と Iwould like to coffeeの違いを教えてください

have の意味が分かりません  必要でしょうか?

Aベストアンサー

have
はここでは
~を飲む
という意味です。
I would like to+動詞=~したい
なので、前者の意味は
「私はコーヒーを飲みたい」
となります。
前述したように、
I would like to
には動詞が必要なので、haveはいります。

Qto.do.に関して

I have not choise but to do so.
のto do so.が何故to do soなのかわかりません。
to do so.には何の意味があるのでしょうか?
to.do.に対して理解できてません。

Aベストアンサー

前に書いているはずです。
まず、古いイギリス英語なら have not もありますが、
普通は I don't have any choice ~か、I have no choice です。

I have no choice but to do so. で「そうするより仕方がない」

「そうする」とは何かは前に書いているはずです。
これだけの例文なら、そういう前提での文と考えるしかありません。

Qwould like to と  want to の違い

初歩的な質問なのかもしれませんが、
I would like to go .
I wanna go .
両者の違いはどういった点でしょうか。

Aベストアンサー

話し相手に"I want to go.”というと、かなりきつい言い方になります。「俺は行きたいんだから、行かせろ」みたいな。
だから、"I'd like to go."と言えば、「私は行きたいのですが」と、相手の好意を引き出すような言い方になります。

僕は昔、アメリカを旅行中に、ある日本人旅行者に、聞いたことがあるのですが、「飲食店でコーヒーを飲む時、砂糖がほしいので、I want sugar.と言ったら、砂糖をくれなかった。あとで誰かに聞くと、言い方が横柄なのでくれなかったのではないか、こういう時は"Sugar please."が良かったらしい」みたいな話を聞きました。

英語は、敬語はないのですが、相手にお願いをする時には、かなり言葉づかいには気をつけるべきものがあります。お願いする前にはplease,
してもらった後にはthank youは必ず言わなくてはいけません。それと同じで、I want...というのは、他人にお願いする時は避けるべきでしょう。
但し、相手にお願いするのではなく、「私は将来~になりたい」というのであれば、" I wanna be a ~."というのであればいいです。また、相手の言葉を言い換える場合は、wantを使ってもいいです。たとえば、
"I would like to go there."と相手が言った場合、
"Oh, you want to go there. I see."みたいに。

話し相手に"I want to go.”というと、かなりきつい言い方になります。「俺は行きたいんだから、行かせろ」みたいな。
だから、"I'd like to go."と言えば、「私は行きたいのですが」と、相手の好意を引き出すような言い方になります。

僕は昔、アメリカを旅行中に、ある日本人旅行者に、聞いたことがあるのですが、「飲食店でコーヒーを飲む時、砂糖がほしいので、I want sugar.と言ったら、砂糖をくれなかった。あとで誰かに聞くと、言い方が横柄なのでくれなかったのではないか、こういう時は"Sugar please....続きを読む

QI'd like to do の過去形は?

「~したい」というときには、"I want to do"と言いますが、polite expression では、"I'd like to do"だということを以前教わって理解していたつもりなのですが、ふと「過去形では何と言うのかな?」という疑問が湧いてきました。

「~したかった」というときの"I want to do"の過去形は、"I wanted to do"だとわかるのですが、"I'd like to do"の過去形はどうやって表せばいいのですか?

"I'd like to do"は"I would like to do"だから、"I would have liked to do"になるのでしょうか?

Aベストアンサー

ご存知と思いますがなかなか英語と日本語は一対一には対応していないため、言い方はその内容により異なってきます。

>「やっと英会話スクールに入りました。前から行きたかったんです。」
という例ならば、普通に want でかまいません。(I've wanted to learn English in ESL classとか色々)
特に丁寧さに掛けるというわけでもありません。
あと、earger とか他の言葉による表現もあります。

なぜかというと、そもそもwantが強い表現で避ける理由は、自分の欲求をあからさまに主張する表現だから、それが実現していないにもかかわらず主張することがあさましい感じがするからなのです。

ですからそれをさけて would like to ~として、自分の欲求自体を仮定法を使って願望に変えているわけです。
つまり暗黙に、[if possible,] I would like to ~ と仮定の中において話しているから、控えめな表現とされるわけです。[]内は言葉にしませんがさまざまな適当な文に置き換えられるわけです。
日本語で言えば、「出来ましたら、~したいのですが、、、」のような表現ということです。

すでに実現した出来事に対して過去の自分の気持ちを言う場合には、would like のような表現は意味を成しません(仮定ではないわけですから)、wantのもつあさましさがあるわけではありません。(すでに実現しているから)

過去にそう思っていただけで現在も実現していないのであれば、仮定法過去をつかう表現にすることでwantのもつ浅ましさを消せるということです。

実現しているのであればwantは特に問題のある表現では無いということです。

ご存知と思いますがなかなか英語と日本語は一対一には対応していないため、言い方はその内容により異なってきます。

>「やっと英会話スクールに入りました。前から行きたかったんです。」
という例ならば、普通に want でかまいません。(I've wanted to learn English in ESL classとか色々)
特に丁寧さに掛けるというわけでもありません。
あと、earger とか他の言葉による表現もあります。

なぜかというと、そもそもwantが強い表現で避ける理由は、自分の欲求をあからさまに主張する表現だから、それが...続きを読む

QLike I had to ask . like、have toの用法、使い方について。英文解釈の質問です。

英語の小説で分からない部分があります。これは、日本語が原本で、それを英語に訳したものです。場面は、ナカタと言う人の旅に、ある青年がついて行っている所です。彼の旅は少し変わっていて、何かに導かれるように旅をしています。自分でもどこに行くのか分かっていません。彼は自分のことを、自分で、nakata と言います。

(青年が、次は、どこに行くのだろうと思い、ナカタさんに尋ねる場面です)
"So where is it?"
"Nakata has no idea."
"Like I had to ask," he said, shaking his head.
(で、それはどのへんにあるの。ナカタには、見当もつきません。聞くまでもなかったね、と青年は首を振りながら言った。)

Like I had to ask この部分が分かりません。「聞くまでもなかったね」と原文はなっているので、むしろ「Like I did not have to ask」で、「聞く必要もなかったね」とするべきではないのかなと思ったのです。

Like I had to ask を自分で訳してみると、「尋ねなければならなかったようにね。(また、何度も尋ねなければいけないね)」って事なのでしょうか?

どうも、よく分かりません。どうぞお力を貸してください。よろしくお願いします。

英語の小説で分からない部分があります。これは、日本語が原本で、それを英語に訳したものです。場面は、ナカタと言う人の旅に、ある青年がついて行っている所です。彼の旅は少し変わっていて、何かに導かれるように旅をしています。自分でもどこに行くのか分かっていません。彼は自分のことを、自分で、nakata と言います。

(青年が、次は、どこに行くのだろうと思い、ナカタさんに尋ねる場面です)
"So where is it?"
"Nakata has no idea."
"Like I had to ask," he said, shaking his head.
(で、それ...続きを読む

Aベストアンサー

英訳されるくらい有名な小説でナカタってことはカフカですね。:p

> Like I had to ask この部分が分かりません。

これは口語で頻繁につかわれる反語的な用法です。("As if"が同じ意味に使われることもあります。)反語だからこそ慣れていないと逆に解釈できてしまうわけですね。

反語と聞けばもうおわかりでしょうが、
Like I had to ask=「(今のはまるで)私がたずねなければいけなかったかのようだ」=(反語を解釈すると)「当然たずねる必要はなかった」=「聞くまでもなかったね」

同じ例:
No place like home. Given the option of sleeping in their own beds or a hotel bed, there was no contest: 96 percent voted for their own beds, while 4 percent said they preferred hotel bedding. Like you had to ask?
(http://www.elliott.org/archives/2007/05/secrets_of_hilt.php)

聞くまでもないですね。まあ、当たり前ですね。
ということです。

参考まで。

英訳されるくらい有名な小説でナカタってことはカフカですね。:p

> Like I had to ask この部分が分かりません。

これは口語で頻繁につかわれる反語的な用法です。("As if"が同じ意味に使われることもあります。)反語だからこそ慣れていないと逆に解釈できてしまうわけですね。

反語と聞けばもうおわかりでしょうが、
Like I had to ask=「(今のはまるで)私がたずねなければいけなかったかのようだ」=(反語を解釈すると)「当然たずねる必要はなかった」=「聞くまでもなかったね」

同じ例:...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報