人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

公道を走るために免許を持たなければならない、
車検を通らなければならないのは
車がどういう仕様のときでしょうか?
わかりにくくてすみませんが例えば・・・
・自分で四輪自動車を作った(ガソリン燃料)
・自分で四輪自動車を作った(電気燃料)
・ガソリン燃料の自転車
           ・・・・とか
はじめはガソリン燃料かどうかが条件かとも
思いましたが今では電気だけで走っちゃう物もありますし。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

>自転車にありったけの動力をつけたら・・・・?



アシスト自転車の正確な定義はわかりませんが、免許不要の乗り物であることを考えれば、原付バイクのように走ろうと思えば40km/h以上の速度が出てしまうものであってはダメでしょう。アシスト自転車と言う以上は、主動力が人力のものでなくてはいけません。自転車にありったけの動力を付けた場合は原動機付き自転車等の扱いになってしまい、運転するためには運転免許が必要になるでしょう。ただ、現実には#2の方の回答にあるように、自治体からナンバープレートの交付が受けられませんので、公道での走行はできません。

>2輪の軽自動車、原動機付き自転車、小型二輪の違い

●道路交通法で定める免許区分
50cc以下:原動機付自転車
50cc超125cc以下:普通自動二輪(小型限定)
125cc超400cc以下:普通自動二輪(限定無し)
400cc超:大型自動二輪

●道路運送車両法で定める車種区分
50cc以下:第一種原動機付自転車
50cc超125cc以下:第二種原動機付自転車
125cc超250cc以下:二輪の軽自動車
250cc超:二輪の小型自動車
    • good
    • 1
この回答へのお礼

再びの回答ありがとうございました。
アシスト自転車って微妙ですね、どこまでがアシストなのか。

お礼日時:2002/11/28 19:35

道路交通法、第一章 第二条 第一項 第十号及び道路運送車両法施行規則第一条に当該する排気量 又は定格出力を有する車輌(例 原付第一種の場合排気量50cc以下又は定格出力〈電気など〉 0、6キロw以下)は、身体障害者用車椅子・歩行補助車(手押し車類)・アシスト自転車以外の 動力の付いたものは全て、自動車・原動機付自転車(原付バイク)と定められております。



つまり、身体障害者用車椅子・歩行補助車(手押し車類)・アシスト自転車以外で動力付きの車両を運転するときには運転免許が必要です。
車検が義務づけられるのは、全ての四輪車と250cc以上の二輪車だと思います。

この回答への補足

>自転車以外の 動力の付いたものは全て、自動車・原動機付自転車(原付バイク)と定められております。
では自転車にありったけの動力付けたら・・・・?

補足日時:2002/11/23 21:43
    • good
    • 0

運転免許は、道路交通法に定める自動車と原動機付き自転車ですね。


つまり、自動車と軽自動車と原動機付き自転車になります。

車検は、道路運送車両法の自動車と、軽自動車だけになります。
本来は軽自動車には車検は無かったのが、後で無理に車検を義務付けたので法律の条項に多少の矛盾があります。
また、2輪の軽自動車には現在時点でも車検はありません。

道路運送車両法の原動機付き自転車には車検はありません。
道路を走る以上は、道路運送車両法に定められた保安基準に適合する必要があるのですが、実は個人でこの保安基準に適合している事を審査してもらう制度という物が無いのです。
もっとも、ナンバープレートを発行する区市町村で、メーカー製の原動機付き自転車でなければナンバープレートを交付しない事により、規制されています。
ただし、原動機付き自転車には改造車検というものが存在しません。
この辺は、法律上の不備となります。
なお、道路交通法の小型二輪となる125CC以下のバイクは、道路運送車両法では原動機付き自転車として扱われます。

道路交通法も道路交通車両法も、原動機がガソリンエンジンでも電気モーターでも、区別はしていません。
ただし、架線から電気を貰う物とレールの上を走るによる物は除外されています。
それらは、別の法律により免許と車検が規定されています。
(たとえば、レールの上を走る工事用車両には車検も運転免許も不要だとか…)

この回答への補足

2輪の軽自動車、原動機付き自転車、
小型二輪の違いって何ですか?

補足日時:2002/11/23 21:37
    • good
    • 0

車検はいろいろと検査項目があります。

簡単に言うとこの検査項目を通れば
・自分で四輪自動車を作った(ガソリン燃料)
・自分で四輪自動車を作った(電気燃料)
は通ります。事実鉄腕ダッシュでTOKIOが中古車から電気自動車にして車検通っていますし。

検査項目というのは
・エンジン
・マフラー
・バンパー
・サスペンション
・ブレーキ
・ヘッドライト
・ホーン
・・・などなど
これらをひとつひとつ調べて規定におさまっていればOKです。

あと指定部品という物があります。指定部品とはユーザーの趣味により取付け交換する頻度が高く、安全の確保、公害に支障をきたさない一般的に流通している部品のことでこれらが一定の範囲内を満たしていなければいけません。(まあ、別途検査があるのですが)具体例はサンルーフ、タイヤ、ホイール、ミラー、オーディオといったものです。

この回答への補足

質問の仕方が曖昧でした。
どういう仕様なら車検が通るかではなく、
どういう仕様なら車検を通らなければならないかです。
すみません・・・

補足日時:2002/11/23 21:30
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q50CC以上の自動車を自分で作って公道走行は可能でしょうか?

ここに90CCのバイクのエンジンがあるとします。これを使って自分で四輪の自動車を作りたいなぁと思うのですが、作ったとして、役場とかに届け出れば公道を走ることが出来るのでしょうか?いわば光岡自動車のK-2の90ccバージョンみたいなもんなんですけど、どうでしょうか?出来るとしたらどんな届出が必要なのでしょうか?教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

 クルマの設計屋で、かつて仕事でマイクロカーを設計した経験もありますので、一応専門家とさせて頂きました。

 50cc未満の内燃機、或いは定格0.6kw以下の電動機を動力とする3~4輪車は、ミニカー或いはマイクロカーと呼ばれる水色ナンバーの車両になりますが、ここからちょっとでも原動機が大きくなりますと、車両法上は軽自動車として認識される事になります。
 そぅしますと、まず車検制度が適用されます。そして、シートベルト、ヘッドレスト、各種灯火類の明るさや位置、ミラー類、J-NCAPとゆぅ衝突安全基準などなど、膨大な車両法上の項目を満たさなければ認証を取得する事は出来ず、それらの規制をパスしない限り、公道を走る事は出来ません。

 マイクロカーは、実は道交法・車両法が現在の形になる前から製造・販売されており、特例的な制度によって路上での生存が許されているワケです。
 具体的には・・・・車両法上は原動機付自転車の範疇の為、近隣の役場で登録出来、シートベルトの装備義務が無く、押して歩く限り歩行者とみなされ、駐車場ではなく駐輪場への駐車が可能ですが、道交法上は自動車の範疇で、ヘルメットの装着義務が無く、30km/hの速度制限も2段階右折義務もありません。

 実際にマイクロカーの解釈に関し公的機関に説明を求めると常に曖昧な回答しか得られませんが、しかし『既にメーカも存在しており一方的に規制する事は出来ないし、そもそも市場規模が小さいのでやや曖昧な感じの規定でもヨシとしているが、今後マイクロカーが普及し事故が増える様であれば、より具体的で厳しい規制が作られる可能性もある』とゆぅ様なニュアンスの説明を受けた事もあります。

 以上を鑑みるに、いくらマイクロカー自体の規制が緩やかでも、マイクロカーが増える事は公的機関ではあまり望んでいない、とゆぅ事情が見て採れます。
 よって排気量拡大版などは、法規上マイクロカーとして認められる可能性が極めて低いと言わざるを得ません。
 勿論、原付には車検制度はありませんし、また違反を取り締まる側の知識も少ないので、とりあえずマイクロカー登録としておいて、後で排気量UPを図ったところで誰にバレるワケでもありませんが、それは車両法違反だけでなく脱税にもなってしまう行為です。

 尚、ちなみに。
 自作の乗物にナンバーを付ける最もカンタンな方法は、edogawaranpo様御回答の通り、小型特殊車両、或いは農民車としての登録でしょう。
 ワタシ自身小型特殊での登録は考えた事が無いのであまり深く追求していませんが、淡路島名産?の農民車ですと、実験設備などナニも無い様な鉄工所でクルマを作り、安易にナンバーを付けています。(淡路島には農民車と呼ばれる自動車改造小型特殊車両を作る自動車業界があり、最近では九州や東北地方にまで農民車を『輸出』している様です。他県に出せるのでしたら、日本中どこでもこの手の手作り車両にナンバーが付けられる、と考えられます)。

 クルマの設計屋で、かつて仕事でマイクロカーを設計した経験もありますので、一応専門家とさせて頂きました。

 50cc未満の内燃機、或いは定格0.6kw以下の電動機を動力とする3~4輪車は、ミニカー或いはマイクロカーと呼ばれる水色ナンバーの車両になりますが、ここからちょっとでも原動機が大きくなりますと、車両法上は軽自動車として認識される事になります。
 そぅしますと、まず車検制度が適用されます。そして、シートベルト、ヘッドレスト、各種灯火類の明るさや位置、ミラー類、J-NCAP...続きを読む

Q特殊車両の道路走行

農業用特殊車両(トラクターなど)に市役所発行の緑色のナンバーが発行されている場合がありますがこれは本来道路を通行することが出来るのでしょうか。
ある人の話では「警察が見逃しているだけで本来道路は走行できない。ナンバーは軽自動車税を課税するためのプレートにすぎない」と言うことでした。
道路交通法上どうなっているのでしょうか。

Aベストアンサー

私は農家です。
法的な細部に付いては、わかりませんが、一般的な解釈でお答えします。
農耕用特殊車両はナンバーを取得すれば公道を走行できます。もちろんナンバーを取得しなければ走行出来ません。
さらに、小型特殊仕様と大型特殊仕様が有ります。それぞれ製造あるいは販売者(外車もある)が小型、大型特殊自動車として国に申請あるいは認定を受ける必要が有ります。でないとナンバーは取得できません。基本的には車、バイクと同じです。農耕用小型特殊の場合は、機種ごとに農*******といった認定番号があります。
小型特殊は市町村のナンバー、大型特殊は、当該地域の陸運支局のナンバーになります。農耕用大型特殊もかつては車検がありましたが、現在は最高速35キロ未満であれば車検は不要になりました。(今でもナンバーは陸運支局登録だと思います?たぶん)
小型、大型共にそれぞれ規格が決められていて、メーカーが規格にそって製造しています。走行部もタイヤ、クローラどちらもOKです。
もちろん、それぞれ税金はかかります。

Qフォークリフトで荷役の状態で公道を走行すると

道交法上なんという違反になるのでしょうか?

フォークリフト運転技能講習のテキストには、「フォークリフトは国土交通省通達で最大積載量は認められていないので、荷物を積載しての走行はできない」とあります。

また、たとえば(まず無いとは思いますが、)フォークリフトでスーパーに買い物に行き、フォーク以外の部分に荷物をつんだとしても走行はできないのでしょうか?



車両はナンバー(大特or小特)つきで、運転者は相応の免許を持っている前提でお願いいたします。

くだらない質問で申し訳ないですが、ふと疑問に思ったもので・・・

Aベストアンサー

面白い質問ですね^^

この場合「解釈」の問題です。
たとえば商用車で最大積載400キロのバンがあったとします、もし積載重量を検査されたとしたら「荷台の荷物」の重量を計測するでしょう、運転してる人や同乗者の「服」、「靴」、「帽子」や持っている「タバコ」、「携帯」などの重量が検査される事は無いでしょう、と、言う事は、「手さげバック」も大丈夫でしょう、なら、座席に乗っている「ボストン級のバック」でも大丈夫です。(飛行機などでも手荷物は別料金を取られませんし、飛行機の積載物の重量に含まれません)

この解釈は商用バンを用いるほどの荷物の重量ですので、フォークリフトを必要とするほどの「荷」で、ない限り、ナンバーを取得しての走行でしたら買い物袋を理由に検挙される事はないでしょう。

もし検挙したら「水掛け論」になり大変な手間がかかるのが警察もわかりますので絶対に検挙されません。

つまり大丈夫です。^^


人気Q&Aランキング