痔になりやすい生活習慣とは?

当方は、サラリーマンですが、今年勤務先で企業年金制度を廃止したために、年金の解約返戻金が一時所得として約200万円支給されました。勤務先ならびに幹事生命保険会社の説明では、退職所得ではないので、一時所得として確定申告をする必要があるとのことです。
その場合、給与所得は年末調整で申告し、解約返戻金のみ確定申告すべきなのか、年末調整は行なわずに、給与所得と解約返戻金の合計額で確定申告をすべきなのでしょうか。
定率減税を受けられるかどうかについても教えてください。
ちなみに年収は約450万円です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

勤務先で年末調整を行ないますから、年末調整後の「源泉徴収票」を添付して、翌年の2が16日から3月15日の間に税務署で、給与所得と解約返戻金の合計額で確定申告をすることになります。


又、この期間中は市役所でも確定申告を受け付けていますから、税務署が遠い場合は市役所でも申告できます。

定率減税については、その各年分の所得税額からその所得税額の20%相当額(最高25万円)を控除するもので、適用を受けられます。

参考URL:http://www2p.biglobe.ne.jp/~aozora/syotoku.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほどそういう方法だったんですね
よくわかりました
ありがとうございました

お礼日時:2002/11/28 18:15

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q一時所得はいくらまで申告不要か?

いわゆる「競馬必勝男」の脱税裁判で、2月8日付日刊スポーツでは

競馬等公営ギャンブルの払い戻しは、税法上の「一時所得」にあたるとされます。
配当から当たり馬券の購入金額のみを差し引いた金額が
“年間90万円以上”
となった場合は、確定申告して納税しなければなりません。

と報じている。
以前“年間20万円以上”は申告必要と聞いた事がある。
申告不要の本当の上限はいくらなのだろうか?

Aベストアンサー

>配当から当たり馬券の購入金額のみを差し引いた金額が…
>“年間90万円以上”…

その新聞は不正確です。
というか、単純に年間90万円以上と決めつけることは間違っています。

{ [配当] - [当たり馬券の購入金額] } - 50万 = [一時所得]
で、これを確定申告をなければならないかどうかは、その人が給与など他の所得があるのかどうかにより異なってきます。

確定申告しなければならない場合は、上の式で求めた数字をさらに 2で割ります。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1490.htm

>以前“年間20万円以上”は申告必要と聞いた…

20万以下申告無用というのは、本業がサラリーマンで、年末調整を受け、かつ、医療費控除その他の要因による確定申告の必要性も一切ない場合限定の話です。
これに合致するなら、「 [一時所得]÷2」が 20万以下ならたしかに申告しなくてかまいません。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1900.htm

競馬以外に無職無収入なら、20万ではなく、少なくとも 38万円以上にならない限り、申告の必要はありません。

税金について詳しくは国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

>配当から当たり馬券の購入金額のみを差し引いた金額が…
>“年間90万円以上”…

その新聞は不正確です。
というか、単純に年間90万円以上と決めつけることは間違っています。

{ [配当] - [当たり馬券の購入金額] } - 50万 = [一時所得]
で、これを確定申告をなければならないかどうかは、その人が給与など他の所得があるのかどうかにより異なってきます。

確定申告しなければならない場合は、上の式で求めた数字をさらに 2で割ります。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1490.htm

>以前“年間20万円以上...続きを読む

Q一時所得金の税金はいくら?

この7月より就職しました。
8月に、400万円の一時所得が入りますが、いつ、どのように税金の申告をしたらいいのでしょうか?
また、支払う税金はいくらくらいになるのでしょうか?
ちなみに、月額給与は、月税込み30万程度となります。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

 こんにちは。

◇一時所得の課税標準
・所得税法の「一時所得」に当たるのでしたら,「課税標準」は,

 総収入金額-収入を得るために支出した金額-特別控除額(最高50万円)=一時所得の金額

となります。

・不謹慎な例かもしれませんが,分かりやすい例で,競馬で万馬券が当たったとしますと…

 馬券代 100円
 払戻金 100万円 の場合

 100万円-100円-50万円=49万9,900円
について所得税が課税されます。

◇総合課税
・給与所得と一時所得(源泉分離課税されるものは除きます。)は総合課税されますから,合算して確定申告することになります。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2220.htm

◇サラリーマンで確定申告が必要な方
・サラリーマンで,主たる給与所得以外に20万円以上の収入がある場合は,確定申告が必要です。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1900.htm

◇所得税
・所得税は「課税標準」に応じて税率が違います。その方にどのような控除があるかによって,「課税標準」が変わりますので,それが分からないと正確な税率がわかりません。
 一応税率は,下記のサイトのとおりです。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2260.htm

-----------------
 以上から,ご質問についてですが,

>8月に、400万円の一時所得が入りますが、いつ、どのように税金の申告をしたらいいのでしょうか?

・来年の確定申告時期に,確定申告をしてください。
 なお,源泉分離課税される一時所得でしたら,すでに納税していますので申告の必要はないです。

>また、支払う税金はいくらくらいになるのでしょうか?
ちなみに、月額給与は、月税込み30万程度となります。

・賞与の有無が分かりませんので,以下,それは省略して年収で360万円としてシュミレーションして見ます。

-----------------------
 給与所得については,
 360万円-給与所得控除65万円-基礎控除38万円-その他控除(?)=課税標準…(a)

 一時所得については,
 400万円-収入を得るために支出した金額-50万円=課税標準…(b)

 合計して,
 [(a)+(b)-控除額]×税率=所得税

となります。
 税率は「20%」ぐらいでしょうか,多分…
--------------------------

 こんにちは。

◇一時所得の課税標準
・所得税法の「一時所得」に当たるのでしたら,「課税標準」は,

 総収入金額-収入を得るために支出した金額-特別控除額(最高50万円)=一時所得の金額

となります。

・不謹慎な例かもしれませんが,分かりやすい例で,競馬で万馬券が当たったとしますと…

 馬券代 100円
 払戻金 100万円 の場合

 100万円-100円-50万円=49万9,900円
について所得税が課税されます。

◇総合課税
・給与所得と一時所得(源泉分離課税されるものは除きます。)は総...続きを読む

Q今年度一時所得に対する来年度の所得税、住民税額について

今年会社の退職金制度が変わり、今までに積み立てた
金額を一時所得として受け取る予定です。
一時所得金としては1166万円です。
この金額は来年確定申告を行う予定ですが
心配なのは来年度の所得税と住民税です。
今の年収約950万円+1166万円が給与所得とみなされ課税されるでしょうか?
もし増税される場合にどの程度の金額になるのでしょうか?
私には妻と小学生の子どもが2人います。
宜しくお願いいたしますm(__)m

Aベストアンサー

所得控除の金額が不明のため、税額はかなり概算になります。
来年度の所得税、住民税とありますが、所得税は当年分を確定
申告時に一時納付、住民税は6月より翌年5月までの分割納付
(特別徴収:一般の給与所得者の場合)となります。

給与所得
950万×90%-120万=735万円
一時所得
1160万-50万=1110万円(ここでは1/2しない)
総所得金額
735万+(1110万×1/2)=1290万円

以下は長くなるので中略します。
ご希望であれば、記載しますが。
なお、定率減税はまだあります。
社会保険料控除を100万円程と仮定した場合には、
一時所得分として所得税で120~130万円程、住民
税として70~80万円程、課税されるのでは。
この一時所得に対して源泉をいくら引かれるのか不明
のため、確定申告時の納税額は分かりません。
住民税は月6,7万程、多く課税されるのでは。

Q厚生年金基金の解散で一時金が入りました。確定申告するとどうなる?

会社員です。確定申告したことが無いので教えていただければありがたいです。
昨年、前勤務先の厚生年金基金の解散で一時金が入りました。確定申告が必要らしいのですが、どのようにすれば良いのかわかりません。以下の点について教えていただければ幸いです。
1)確定申告の具体的な方法(休みを取って税務署に聞きに行けば良いのですが平日に休みを取る暇がありません。)
2)確定申告すると、当然税金取られるのですよね?
3)昨年、給料の他に少ないですが謝金(たしか源泉徴収されていると思います)をいただいたことがあります。これも一緒に確定申告の額に含めるのでしょうか?それとも少ないので必要ないのでしょうか?

初歩的な質問で本当に恐縮ですが、ご教示いただければありがたいです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

前提として必要とする情報が多いため、具体的なアドバイスにはなりませんが。

一時金についてですが、基金より通知書が届いていないでしょうか。支払通知書・源泉徴収票等、実際の経験がないので名称は絞りきれませんが。
基金の解散に伴い支払を受ける一時金は、前勤務先の倒産に伴うものでなければ、ほぼ退職に伴い支払を受けるものには該当しないため、一時所得に該当する場合が多いと思われます。

ただし現在基金の性格が色々な部分を含んでいるため、退職所得に該当する要件、一時所得に該当する要件が簡単には判断できないものになっています。そのため、支払元から交付される上記書類で判断していただくか、支払元等に申告の要否・方法をお尋ねになったほうが正確です。

退職・一時どちらの場合でも、通常は源泉徴収が絡むため、支払と前後して源泉徴収票が交付されますので、所得区分・所得金額の計算方法・源泉徴収税額、と申告に必要な数字が手に入るのですが、お尋ねの場合、そう言った書類は交付されないのでしょうか。もし源泉徴収がされていれば、確定申告での精算になりますし、退職・一時どちらに該当した場合でも、所得税に関してはそう多額の更なる納税額は発生しない場合になるような気もします。

「謝金」については、これも源泉徴収票で確認していただくとして、単純に10パーセントの税率で源泉徴収されていれば、所得金額によっては申告有利の場合があります。

年金基金からの一時金については、なかなか一概に判断できません。何度か制度・税制の改正も行われているようですし、その分かりにくさは、以下をご覧いただければ納得していただけるのではないでしょうか。税務署員に問い合わせても年金制度に精通していないと、税法の正確な適用が出来ない経験を聞いています。

「母体企業の倒産によって厚生年金基金が解散し、その残余財産の分配一時金が支払われる場合」
http://www.nta.go.jp/category/tutatu/shitsugi/syotoku/02/22.htm

「厚生年金基金解散に伴う残余財産分配金の所得区分」
http://goodwill.mjs.co.jp/taxinfo/justice/justice20060903.html

まずこれらの部分を確認していただいて、源泉徴収票等が揃えば、申告の方法も分かってきますし、地域によっては日曜開庁する税務署もありますので、相談していただけると思います。

前提として必要とする情報が多いため、具体的なアドバイスにはなりませんが。

一時金についてですが、基金より通知書が届いていないでしょうか。支払通知書・源泉徴収票等、実際の経験がないので名称は絞りきれませんが。
基金の解散に伴い支払を受ける一時金は、前勤務先の倒産に伴うものでなければ、ほぼ退職に伴い支払を受けるものには該当しないため、一時所得に該当する場合が多いと思われます。

ただし現在基金の性格が色々な部分を含んでいるため、退職所得に該当する要件、一時所得に該当する要件...続きを読む

Qサラリーマンの一時所得は会社にバレますか?

株や競馬などの一時所得で儲けると、所得税や住民税に課税されますが、そうするとサラリーマンの人は会社に給料以外の収入がバレてしまうのでしょうか?
個人株式をやっている人はかなり多いと思いますが、そのへんは皆さんはどう対処されているのでしょうか?

Aベストアンサー

既に他の方がお書きになられている通りですが、具体的に書いてみます。

住民税を普通徴収にすれば、という部分ですが、住民税については、給与所得以外の所得の分については、所得税の確定申告書第二表の下の方の「住民税に関する事項」の中の「給与所得以外の住民税の徴収方法の選択」という欄で、「自分で納付(普通徴収)」にチェックを入れれば、住民税の内、給与分については会社で天引きになったとしても、一時所得分については、ご自宅に納付書が届きますので、住民税から会社にばれる心配はない事となります。

給与について年末に在職していれば、年末調整されると思いますが、それは普通通りで問題ありません。
いずれにしても確定申告はされるのでしょうから、その際に上記の通りの処理をすれば良い事となります。

Q一時所得(保険の満期)の確定申告の添付書類

一時払1000万円の養老保険が、10年後に1100万円になって受け取った場合(他に保険満期無し、確定申告するものも他に無い前提)、
一時所得の確定申告が必要ですが、保険会社発行の支払明細書などの添付は必須じゃないですよね?

Aベストアンサー

>保険会社発行の支払明細書などの添付は必須じゃないですよね…

はい、確定申告に添付が義務づけられているのは給与の源泉徴収票や医療費控除の領収証などごく限られたものだけで、満期保険金の申告には何も必要ありません。

とはいえ、申告内容に疑義が見つかったりすると、あとになって見せろといわれる可能性を否定できませんので、きちんと保管しておくことは必要です。

Q給与所得と一時所得と課税額について

給与所得と一時所得と課税額について

例えば競馬で大穴を当てたとして、2千50万円の利益収入があった場合、
(2千50万円-50万円)×1/2
で一時所得は1千万円ですよね?

ここまでは分かったのですが、
一時所得に対する課税額は総所得によって異なるみたいです。
この辺りが理解できません。

給与収入500万円のサラリーマン

給与収入300万円のサラリーマン

無職無収入のニート
では、
それぞれ所得税、住民税はいくら納入しないといけないのですか?

Aベストアンサー

No.2です。

>どういう数式になるのでしょうか?
じゃあ、式で説明しますね。

年収500万円の場合
5000000円(給与収入)÷4(千円未満切り捨て)×3.2-540000円=3460000円(所得=給与所得控除後の金額)
(3460000円(給与所得)+10000000円(一時所得))-610000円(社会保険料)-380000円(基礎控除)=12470000円(課税所得)

12470000円×33%-1536000円(控除額)=2579100円(税額)

年収300万円の場合
3000000円(給与収入)÷4(千円未満切り捨て)×2.8-180000円=1920000円(所得=給与所得控除後の金額)
(1920000円(給与所得)+10000000円(一時所得))-395000円(社会保険料)-380000円(基礎控除)=11145000円(課税所得)

11145000円×33%-1536000円(控除額)=2141850円(税額)

無職の場合
10000000円-380000円(基礎控除)=9620000円
9620000円×33%-1536000円=1638600円

です。

No.2です。

>どういう数式になるのでしょうか?
じゃあ、式で説明しますね。

年収500万円の場合
5000000円(給与収入)÷4(千円未満切り捨て)×3.2-540000円=3460000円(所得=給与所得控除後の金額)
(3460000円(給与所得)+10000000円(一時所得))-610000円(社会保険料)-380000円(基礎控除)=12470000円(課税所得)

12470000円×33%-1536000円(控除額)=2579100円(税額)

年収300...続きを読む

Q申告しないとまずい?

アルバイトしているのですが、今まで確定申告したことがありません。
親の扶養ということになっています。
親からもらったお金で一時払い養老保険というのに入っていて、去年満期で300万円受け取りました。最初払ったお金より100万円くらい多いと思います。
これは申告しないとまずいですか?一応受け取ったときに、課税されていますからと保険会社に言われていますが。
黙っていればわからないでしょうか?
保険会社から通達されているのでしょうか?
教えてください。

Aベストアンサー

養老保険の満期保険金は、一時所得として申告する必要があります。
一時所得の計算は、次のように計算します。
総収入金額(満期保険金)-必要経費(支払った保険料)-特別控除(50万円)=一時所得
この「一時所得」の2分の1が課税対象になります。

アルバイトの収入(給与所得)と合わせて確定申告をすることになります。
アルバイトの収入を申告するには、アルバイト先からの「源泉徴収票」を添付します。

なお、保険会社から税務署に「支払調書」という書類で報告がされますから。
申告をしないと税務署にわかってしまい、指摘されてから申告をすると延滞税を取られます。

又、一時払いの保険料を支払うときに、親から貰ったと書かれていますが、これは贈与税の対象になります。
昨年以前のことでしょうから、親などから贈与を受けた金額が1年間に60万円(昨年からは110万円に変更)を超えると、贈与税が課税されます。
ただし、貰ったのが5年以上以前でしたら時効になっていますから、今から申告をする必要は有りません。

Qサラリーマンの一時所得に対する納税額について

一時所得がありました。
確定申告しますが、私の収入だと、
納税金額がどれくらいになるか教えて下さい。
宜しくお願い致します。

【一時所得】養老保険の満期
 支払者及び受取人は私自身です。
支払保険金額      8464961円
既払込保険料   3799305円


【源泉徴収】
支払金額       5421736円
給与所得控除後の金額 3796000円
所得控除の額の合計額  1484754円
源泉徴収税額      133600円
社会保険料等の金額   674754円
生命保険の控除額    50000円

Aベストアンサー

>一時所得がありました…

今年になってからの話ですね。

>【源泉徴収】…

それは去年分でしょう。
まあ、今年もまったく同額と仮定することにしておきます、

>支払保険金額      8464961円…
>既払込保険料   3799305円…

この差額 4,665,656円が計算の第一基準点。

>【一時所得】養老保険の満期…

確かに一時所得です。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1755.htm

( 4,665,656円 - 50万) ÷ 2 = 2,082,800円

>給与所得控除後の金額 3796000円…

「合計所得金額」は 5,878,800円

>所得控除の額の合計額  1484754円…

「課税される所得」は 4,394,000円
「所得税額」は
4,394,000円 × 20.% - 427,500 = 451,300円
(ここに復興所得税が若干上乗せされます)
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2260.htm

>源泉徴収税額      133600円…

確定申告で納める所得税は 317,700円。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

>一時所得がありました…

今年になってからの話ですね。

>【源泉徴収】…

それは去年分でしょう。
まあ、今年もまったく同額と仮定することにしておきます、

>支払保険金額      8464961円…
>既払込保険料   3799305円…

この差額 4,665,656円が計算の第一基準点。

>【一時所得】養老保険の満期…

確かに一時所得です。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1755.htm

( 4,665,656円 - 50万) ÷ 2 = 2,082,800円

>給与所得控除後の金額 3796000円…

「合計所得金額」は 5,878,800円

>所得控...続きを読む

Q加重平均と平均の違い

加重平均と平均の違いってなんですか?
値が同じになることが多いような気がするんですけど・・・
わかりやす~い例で教えてください。

Aベストアンサー

例えば,テストをやって,A組の平均点80点,B組70点,C組60点だったとします.
全体の平均は70点!・・・これが単純な平均ですね.
クラスごとの人数が全く同じなら問題ないし,
わずかに違う程度なら誤差も少ないです.

ところが,A組100人,B組50人,C組10人だったら?
これで「平均70点」と言われたら,A組の生徒は文句を言いますよね.
そこで,クラスごとに重みをつけ,
(80×100+70×50+60×10)÷(100+50+10)=75.6
とやって求めるのが「加重平均」です.


人気Q&Aランキング