竹島は日本が韓国から無理やり剥奪した領域だと思っています。韓国の人にとっては植民地支配の象徴であると。

☆中学社会科向けの解説書には、これまでにも北方領土問題についての記述はあったが、「北方領土と同様に我が国の領土・領域について理解を深めさせる」などと初めて竹島問題についての記述が登場。一方、「固有の領土」との表現は避け韓国側への配慮も見せた

とありますが 一体どういう風に記述するつもりなのでしょうか?

<<我が国の>>領土・領域について理解を深めさせつつ、
<<固有の領土>>との表現は避ける???
なんという曖昧な??わが国のものであるが「固有」のものではない??こんな曖昧な記述ならあってもなくても同じだろうにと思いました。
なぜ事実そのままを記述しないのでしょうか?(そもそも竹島のことってこれまで教科書に一言ものっていなかったのですか?)

皆様どのように考えてらっしゃいますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (15件中1~10件)

簡潔な私見のみ述べさせていただきます。




>>竹島は日本が韓国から無理やり剥奪した領域だと思っています。

→韓国(朝鮮)の古地図や文献の中では「竹島」・「松島」・「鬱陵島」の記述に錯綜が見られ、イ・スンマンの引いた国境線以前に関する論争に関しては、その昔から正確に「竹島」を測量していた日本に軍配が上がるかと存じます。
 併し乍、件の国境線以来、日本は(若しくは日本人は)国際的な紛争を避け、韓国の実行支配に対し、声を上げることはしませんでした。主張することが基本道理の国際社会に於いて、この日本の行動は認められるものではない、と存じます。故に、反省の意味も込め、私は「竹島は韓国領だ」と主張します。
 国際司法裁判所に両国が申し出たとし、どの様な結論に達するかは予想できませんが、どっちに転んだとしても、双方が私的に納得することはないでしょう。


>>なぜ事実そのままを記述しないのでしょうか?

→例えば、アメリカの教科書の大半には「2発の原爆は日米両国民のそれ以上の損失を防いだ」と書いています。しかし、まさか日本の教科書にそうは書けないでしょう。
 歴史は多義的ですが、基本的に、自国のことは贔屓目に見て歴史の教科書には書くのが通常の健康的な国です。「領土」という直接的な国益に準ずるならば、事実がどうあれ、「事実として竹島は我が国の固有的領土である」と書くのが通常の国家観です。その意味で、厚かましくとも、韓国の教育の方が、「国際的には」健全です。そこまで厚かましくなれない日本は不健全であり、国際派ではありません。


>>韓国の人にとっては植民地支配の象徴であると。

→植民地支配の象徴なんですか? 韓国からの留学生とは丁々発止、論戦を長い間しておりますが、「鬱陵島が植民地支配と関係がある」と云う強硬な意見は聞いたことがありませんが。「日本に支配されていたから、正式な申し立てができなかったんだ」と云う意見は能く聞きますが、韓国は国際社会に対して「鬱陵島を韓国に編入する手続きをお願いします」と正式な文書を添えて申し立てたことはないと思います。その意味で言えば、「敗戦のごたごたに紛れて、韓国が勝手に実行支配し、日本は軍隊が解体されていたので何も言えなかった。故にその実行支配は不当だ」とも言えてしまいます。


 キム・ドンファンだったかと記憶していますが、「鬱陵島に核爆弾が投下されて無くなってしまえばいいのに」と、韓国の大統領が発言したことがあったかと思いますが、まさにその通りだと思います。面倒くさい問題に決着が付きますから。北朝鮮が好意でミサイルを10発ほど打ち込んでくれないものでしょうか。期待しています。


 乱文にて失礼いたしました。
    • good
    • 0

国際司法裁判所に委ねて判断してもらうほうが良いと思います。


主張に間違いがなければ、国際司法裁判所も認めてくれるはずです。

もはや当事者(国家間)同士ではもはや解決できないようですから。
しかし、一部では感情論に発展し、国旗を燃やすなど恥ずかしいことをやってるようですし・・・、軍隊を島の周辺に派遣して大規模な軍事演習をしてるようですし・・・、自国の主張だけを言い話し合いに応じる様子は全くない国のようです。過去の歴史から被害者意識が強くなるのは仕方ないと思いますけど、落ち着いて話し合いの席に出てきてほしいものです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます

お礼日時:2008/08/03 21:33

なんだかややこしい議論ですが,ここは一つ国際司法裁判所に判断を委ねてはいかがですか?

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます

お礼日時:2008/08/03 21:33

>反感をもたれる気持ちもわかります。

が、日本が韓国に過去にしてきたこと、その背景をふまえなければ。​
http://allabout.co.jp/career/politicsabc/closeup …

うむ?質問者は日本の回し者?
先のURL読めば韓国の非常な行動ばかりが理解できますよ (^_^;

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます

お礼日時:2008/08/03 21:33

すみません。

ANo.10です。
読み直して文章表現がおかしかったので一部修正。

4行目
× それが解らないと反論意見があっても明確には答えられないかと。
     ↓
○ それが解らないと「blueducielさんの言う竹島問題のおかしさ」について、何処がどうおかしいのかが解らない。

反論して議論するという意味合いではないのですが、読み直したら反論議論を臨む様な表現ではないかと、自分でも思いましたので修正いたします。
多くの日本人は「竹島は日本が韓国から無理やり剥奪した」とも「植民地支配の象徴」とは考えていないと思いますので、どの様な経緯で
「竹島は日本が韓国から無理やり剥奪した」「植民地支配の象徴」と思われたのかと。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます

お礼日時:2008/08/03 21:32

blueducielさんは何故


「竹島は日本が韓国から無理やり剥奪した領域だと思っています。」
と、思われたのですか?

それが解らないと反論意見があっても明確には答えられないかと。

とりあえず、「皆様どのように考えてらっしゃいますか」に対しての私見…
竹島は古くから(誤解や認識不足も含めて)、日本と韓国(旧朝鮮の国々)との間で双方が領有を主張しています。
韓国側が提出する文献や主張だけを聞いていると「なるほど竹島は韓国の物だ」と納得できます。
ですが同様に日本側の文献を読むと、紛う事なく日本の領土と感じます。
これは竹島問題に限らず、多くの国々で見られる国境上の紛争でも同じ傾向が見られます。
(主張の内容や経緯は他の方が投稿されていますから、その点はそちらに任せるとして。)

今回、日本はその領土も問題を先送りや有耶無耶にせず「領土問題が存在する」と教科書に銘記したいのです。
事実、日韓双方で竹島が領土問題として騒がれているのは事実でしょう?
今までは問題が紛争に発展したり、双方の国民が啀み合うのを避けていましたが、それでは、何の発展も進歩もない。
領土問題が無いのではなく「領土問題は存在する」事を双方が認識して協議を重ね…例えば、双方の文献や伝承を示し両国(或いは第三国も含め)の研究者が合同で調査したり、共同統治や漁業権等の共有、また、政治的な配慮で双方が納得いく条約を結ぶ事が出来るのです。

それを(歴然と領土問題が存在しているのに)「領土問題は存在しない」と主張し続けるのは、いかなるものでしょうか?
韓国側が冷静に「領土問題は存在する。しかしながら日本の主張する、日本領としての証拠は我が国は認めない。」と主張すれば、二国間協議なり、国連や他国の仲裁者を交えた協議なりに入って、韓国側の主張が正しければ、日本は領有を主張できなくなり、それで問題は可決です。
騒ぐことによって、その機会が失われているのです。

> <<我が国の>>領土・領域について理解を深めさせつつ、
> <<固有の領土>>との表現は避ける???
> なんという曖昧な??
という表現は、その二国間(或いは多数国参加の)協議が行われ結果が出るまでは、「双方が領土を主張しつつ他国の領有主張の余地を排除しない」という思いの表れかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます

お礼日時:2008/08/03 21:32

竹島の写真って、見たこと有りますか?


こちらに、たくさん集められています。
出典は、報道写真や、韓国の観光客と思われます。
http://toron.pepper.jp/jp/take/photo-d.html

見ての通り、海面から急角度で突き出した、岩山です。
今でこそ、韓国の水上警察(POLICEと書いた船の写真もある)の施設らしい建物が見えますが、昔は人が住んでいたとは思えません。
家や畑を作れそうな土地が見えません。
水は、船で運ぶか雨水に頼るかだけです。
草花は有りますが、樹木はほとんど生えていません。
漁業や航海をする船が、天候の都合で立寄る程度だったでしょう。

北方領土や尖閣諸島、小笠原などと比べると、生活環境が全く違います。
こんな場所を、帝国主義時代に奪い合うと思いますか?
奪い合うようになったのは、漁業権や海底資源が重要問題になった時代(かなり最近)以降です。

こちらは、日本国・外務省のサイトによる、竹島に関する認知です。
http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/takeshima/g_nin …

「竹島」の歴史は、ややこしいのです。
なぜかというと、日本と旧・朝鮮の双方で、今の竹島を「松島」と呼び、今の鬱陵島を「竹島」と呼んでいた時期があるからです。
しかも、鬱陵島と朝鮮本土の間に、実在しない、かつ鬱陵島と同じくらいの大きさの「竹島(またはタカシマ)」が地図に書かれていた時期もあるのです。

鬱陵島は倭寇の拠点になったので、朝鮮王朝が住民を強制的に本土に移住させました。一方、日本の幕府は隠岐の漁師に「無人島」となった鬱陵島へ行って海産物や竹などを取ることを許可していました。
ところが、あるとき朝鮮からの密漁者が鬱陵島に住んでいることが見つかり、結果的に幕府は日本人が鬱陵島へ行くことを禁止しました。

しかし、その当時は鬱陵島のことを「竹島」と呼んでいたので、「竹島は鎖国政策により日本人渡航を禁ずる」となりました。
近年になって、その文書を韓国側が島根県内の資料館で見つけ、「日本政府が竹島を韓国領だと認めていた証拠である」と主張したりするので、ますます混乱するのです。

正直に言って、「固有の領土」とか「植民地支配」とかを持ち出すと、歴史的事実からも現実的解決からも離れてしまうと思います。

漁業権だけの問題にする方が、騒ぎが小さくなっていいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます

お礼日時:2008/08/03 21:32

竹島領土問題は皆様お答えの弁に譲ります。


植民地支配、を非難されることは無いと思います。
日露戦争の原因に鴨緑江龍岩浦への侵攻が有ります。
旅順以上の大要塞建設を大韓帝国が許したのです。
これは独立への恩義がある日本を潰そうとする意図が有ります。
日露戦争後もまだ日和見の親露をやっている朝鮮をほっておくわけが無いです。

アメリカはスペインを共闘して倒したフィリピンを騙して大虐殺で植民地の名義変更をなしました。
日本は朝鮮を皆殺しにしても良かったのですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます

お礼日時:2008/08/03 21:31

・参考までに、多くの皆さんが誤解している点について



李ライン解消後
 韓国は「竹島」を岩とみなす。岩には領海の設定が出来ない。韓国は欝陵島と日本の隠岐島の中間線に日韓領海の境界ライン設定を主張。(竹島は、隠岐より鬱陵島に近いので、韓国側との主張です。)

その後は・・・
2005.3.16(平成17年)
 島根県議会、本会議で「竹島の日を定める条例案」を賛成多数で可決

2006年6月、韓国は日韓排他的経済水域(EEZ)境界線確定交渉において、それまで『岩』としてきた竹島を、島として基点とすることを主張。日本側も対抗してそれまで『岩』としてきた鳥島を基点とするEEZを主張。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%B3%A5%E5%B3%B6_ …

 かなりの泥仕合です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます

お礼日時:2008/08/03 21:30

「事実」とは何かですね。

日本の主張が事実なのか、日韓で合意して初めて事実なのか。
岩村や福留が、アメリカでの扱いと比べ日本で過大に報道されているのを見ると、
その報道を見た日本人も過大評価するんだろうなと思うと、これもその意図に係わらず、情報操作の一種だなと思います。

竹島はただの無人島でしたから、元々は領土としての認識は希薄だったでしょう。
実効支配していなかったので、どちらの領土とも言えない、とも考えられます。
その点では、日韓両方共に自国領土と主張してもおかしくはないでしょう。

1905年に日本の領土としますが、これ自体が植民地化の一部とも考えられます。
つまり日本敗戦までは竹島に限らず朝鮮半島も日本の領土でしたが、
敗戦後は日本の領土ではなくなります。

ポツダム宣言後~サンフランシスコ講和条約までの期間は、
竹島は済州島等とともに日本領土から除かれていました。

サンフランシスコ講和条約~現在までは、条約の解釈やそれまでの経緯を巡って、結論の出ないままです。
厳密には条約発効前のことになりますが、連合国支配の隙をついて、
李承晩が実力行使し現在まで「実効支配」という名の「不法占拠」をしていると言えます。
しかし、韓国にしてみればそうする以外「自国領土を奪還」する方法はなかったとも考えられます。

いずれにしても、因縁深き日韓問題のひとつなので、米国も手を出しません。
解決にはあと100年くらいかかるんじゃないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます

お礼日時:2008/08/03 21:30

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q日本領土について。主に北方領土問題。

いくつか疑問点があります。

1.北方領土は、日本固有の領土です。と政府広告にもありますが、
サンフランシスコ講和(平和)条約で千島列島を放棄しているのに、
なぜ、北方領土(4島)を返還を求めているのでしょうか?

そもそも放棄したとはいえ、この条約に当時のソ連が著名していないからというのなら、
千島列島を全て返還要求すべきではないですか?
国際法上、千島列島はすべて日本の領土になるはずです。

また、南樺太についても同様ではないでしょうか。
樺太はそもそも国際法上ではどの国の領土になっているのでしょうか?
南樺太に日本人が住んでいたことは史実ですが、樺太全土ではなかったですよね。
日本で売られている多くの地図では、空白になっておりどこの国にも属さないという取扱になっていますよね。

2.前後、日本の領土を戦勝国で分割統治する案があったはずですが、
日本全土にアメリカ兵がいたことは当たり前ですが、実際は、アメリカが沖縄を統治したのみですよね。他の国が手を出さなかった理由はなんでしょうか?

3.朝鮮の独立を認めたわけですが、沖縄は琉球として独立を認める的な話は無かったのでしょうか?理由としては、小さな島であるので制圧や取扱が容易で独立しているため、朝鮮半島に基地を置くより安全だったというアメリカの都合だとは想像が付きますが。


やはり、サンフランシスコ講和(平和)条約はアメリカとだけ交わした条約なので、
その他の戦勝国からの要求はさまざまで、高度経済成長などの日本の成長や最先端技術などを
羨む、妬む気持ちから今日に至っても、所謂敗戦国虐めが続いているということなのでしょうか。

敗戦国だから仕方が無いというような意見は、○国は大国だから少々の不正や横暴は仕方が無いというアジアの大国の論理でしょうけど、敗戦国だからというのか理由なら、もう一度ガラガラポンすれば?という意見の人もいます。

果たして解決の道すじはたつのでしょうか。

ということで領土の質問です。
歴史の生き証人の方、詳しい方のお話をお聞きしたいと思います。

いくつか疑問点があります。

1.北方領土は、日本固有の領土です。と政府広告にもありますが、
サンフランシスコ講和(平和)条約で千島列島を放棄しているのに、
なぜ、北方領土(4島)を返還を求めているのでしょうか?

そもそも放棄したとはいえ、この条約に当時のソ連が著名していないからというのなら、
千島列島を全て返還要求すべきではないですか?
国際法上、千島列島はすべて日本の領土になるはずです。

また、南樺太についても同様ではないでしょうか。
樺太はそもそも国際法上ではどの国の領土になっ...続きを読む

Aベストアンサー

 生き証人ではおこがましいのですが色々と見聞したことをお伝えできるかと。

1.何年のことか正確な記憶ではないのですが多分、1970年代ころ「北方領土」
 返還要求の政府論拠に北方4島は「千島列島」ではなく「北海道」島の一部
だから放棄していないと突然に言い始めた記憶があります。ご指摘の通り、筋と
しては「千島列島」すべては日本領土だから返還をというのが正論だと思います。
僕は元、社会科教員なのですが中学校教科書に必ずでてくる明治時代の領土問題
が単元としてあり、「樺太千島交換条約」で樺太全島がロシア領、千島全島が日本領
ととりきめました。それまでは混住状態であったのを解消します。国際慣習では
武力で奪った物でない取り決めは承認されるわけで、立派にそのケースです。
 問題の核心はサンフランシスコ条約での周辺諸島の放棄。取り決めに日本政府は
同意したのだから、日本政府は公式には返還要求をしない。沖縄でさえ日本政府が
積極的だったことは日米で密約を交わした佐藤栄作首相の晩年だけ。
国土地理院監修の地図は政府の意向が反映されますので昔は
「ソ連領」だった樺太が南半分を空白地にするのがいつのまにか
通例になりました。その内、樺太全島が空白地になることでしょう。
 再度申しあげると「北方4島」は北海道の一部だから放棄していない
これが政府の論拠です。

2.四カ国による分割統治案が具体的にありました。これに反対した
のはアメリカですが当時の日本政府にどれほどの発言権があったのかは
わかりません。北海道がソ連の「領土」になることに危機感をもったはず。
当然ソ連は米軍単独占領に猛反発しますが対日理事会の数の差におしきられ
ます。

3.朝鮮は元々他国ですから独立は当然。民族一丸の願いでした。それに
対して琉球(沖縄)は確かに一時期は独立の王国でしたが元々は日本民族。
不幸な歴史から今でも「琉球独立論」はありますが県民全体の世論ではない。

 ちなみにサンフランシスコ条約はアメリカとの条約ではありません。
日本と戦争状態にあった連合国80カ国との条約です。ソ連など社会主義国
と一部の中立国は除いてですが

 日本は敗戦国として不利益に甘んじてきたのではありません。アメリカに
従属する事でより大きな利益を得る戦略を選んだのです。もちろんアメリカの
強大な圧力があってこそです。滑稽な時代でもあります。日本に米国産の小麦や
脱脂粉乳が入ってきますが、牛乳なんて飲んだことがない僕には脱脂粉乳のまずさ
なんてわからずましてや米国では豚の餌とも知りません。悪評の給食も僕には
十分美味しかった。東大教授の新説(?)が新聞に「日本は米飯だから馬鹿だった。
小麦を食べれば賢くなる」なんて馬鹿げた珍説を。御用学者はいつの時代も

 生き証人ではおこがましいのですが色々と見聞したことをお伝えできるかと。

1.何年のことか正確な記憶ではないのですが多分、1970年代ころ「北方領土」
 返還要求の政府論拠に北方4島は「千島列島」ではなく「北海道」島の一部
だから放棄していないと突然に言い始めた記憶があります。ご指摘の通り、筋と
しては「千島列島」すべては日本領土だから返還をというのが正論だと思います。
僕は元、社会科教員なのですが中学校教科書に必ずでてくる明治時代の領土問題
が単元としてあり、「樺太千島交換条約」...続きを読む

Q領土割譲・租借・基地貸与 ジブラルタル

英領ジブラルタルについて質問します。ジブラルタルは立地的にスペイン国内にある英領(英海軍の基地)ですが、英西間に何らかの基地協定(例えば日米安保のような)があるのでしょうか?

Aベストアンサー

・1713年
ユトレヒト条約で
ジブラルタルを、スペインからイギリスに譲渡
(現在のスペイン政府は、ジブラルタル地方に英軍の駐留基地設営・軍港使用を認めただけと主張してるが、
国際社会には認めれてない)

・1985年。ジブラルタルとスペインの物、乗り物、人の自由な往来を保証する協定を
英・スペインが締結、スペインは長年行っていた陸路の国境閉鎖を解除。
英軍基地労働者など、毎日、約一万人のスペイン人がジブラルタルに通勤してるため。

※ジブラルタルは立地的にスペイン国内にある英領(英海軍の基地)ですが

間違い ジブラルタルの英軍基地は
完全に英国自治領ジブラルタルだけで、スペイン領内にはないので、
基地協定はスペインとは結んでない。

もちろんイギリス国防省と英領ジブラルタル政府は、基地問題について
協議の上、取決めを結んでいるが

Q正しい日本の在り方❗️ 今すぐ竹島を奪還アメリカと共同で北朝鮮を鎮圧したのち韓国を叩き潰し、中国の

正しい日本の在り方❗️

今すぐ竹島を奪還アメリカと共同で北朝鮮を鎮圧したのち韓国を叩き潰し、中国の属国にもどし、国交断行。
在日は即刻処刑。
気分スッキリ。
てなわけにいきませんか?

Aベストアンサー

命はゴミですか?

北朝鮮…、一般庶民はゴミですか?
韓国…、一般庶民はゴミですか?

国って枠に踊らされすぎじゃないですか?

みんな人間ですよ?

権力者が狂ってるだけで、普通の人は関係ないでしょ。

あなたはマジですか?

Q尖閣諸島について 1895日本の領土になったのは知っているんですが、その前はどこの国が所有してい

尖閣諸島について


1895日本の領土になったのは知っているんですが、その前はどこの国が所有していたのですか?またどの様にして、領土にしたんですか?

Aベストアンサー

日本の領土になる前は、いずれの国の領有にも属せず、いずれの国の支配も及んでいない、国際法でいうところの「無主の地」でした。 1884年(明治17年)に日本人古賀辰四郎が尖閣諸島を探検し、翌85年に同島の貸与願いを申請しました。同島でアホウドリの羽毛の採取などが試みられ、周辺の海域で漁業をおこなう漁民の数も増えるなか、沖縄県知事は実地調査をおこなうこととし、尖閣諸島が日本の領土であることを示す国標を建てるべきかどうかについて、政府に上申書を提出しました。 政府内での検討の結果は、国標を建てて開拓にあたるのは他日の機会に譲る、というものでした。 日本政府はその後、沖縄県などを通じてたびたび現地調査をおこなったうえで、1895年1月14日の閣議決定によって尖閣諸島を日本領に編入しました。 歴史的には、この措置が尖閣諸島に対する最初の領有行為です。 これは、「無主の地」を領有の意思をもって占有する「先占」にあたり、国際法で正当と認められている領土取得の権原のひとつです。

Q歴史教科書の記述について

先日、帰宅途中の車内で教科書の記述についてのニュースがカーラジオで流れました。
私は助手席に乗っていたのですが南京大虐殺についての記述のことで意見を出し合いました。

私「教科書は通説を記載してその流れを頭に入れておくためのものなのに未だ議論のあることをあたかも歴史的事実として認められているかのように記述するのはどうかと思う。」

運転者「南京大虐殺は確かにあったのだから記述すべきでそれをさせないようにしようとする勢力があるから非常に今の日本は危険だ。」

私「あったかどうかは今議論のあるところでそれは一級資料を基に明らかにされるべきで、まだあったとは誰も言い切れないし、なかったともまた言い切れないのではないか」

運転者「そんなこと言っていたら歴史そのものが何も明らかにできない。そんなことを言って戦前に戻そうとする勢力が・・・

となったので正直疲れてきて「もういいけど・・・」
と言ったら「そもそもあなたが言い出したのにすぐそういうことを言う」
と言われたので何も言いませんでした。

この問題に関してその人を説得して自分の意見をわかってもらうにはどうすればいいですか?

先日、帰宅途中の車内で教科書の記述についてのニュースがカーラジオで流れました。
私は助手席に乗っていたのですが南京大虐殺についての記述のことで意見を出し合いました。

私「教科書は通説を記載してその流れを頭に入れておくためのものなのに未だ議論のあることをあたかも歴史的事実として認められているかのように記述するのはどうかと思う。」

運転者「南京大虐殺は確かにあったのだから記述すべきでそれをさせないようにしようとする勢力があるから非常に今の日本は危険だ。」

私「あったかど...続きを読む

Aベストアンサー

有ったか無かったかで言えばあった
でも、その規模や実態はあの国が言うほどのレベルではない

有り無しを重視するか、その内容を重視するかという考え方の相違

尚『一級資料を基に』は『一次資料を基に』という意味だと思うが?


教科書に記述するか否かという観点で言えば
何も触れないというのは、無かったという観点に近いのではないか?

「そう言う議論や論争がある」とかね
せめてその程度は触れないと、無かったという意味になるでしょ


人気Q&Aランキング

おすすめ情報