ネットが遅くてイライラしてない!?

柔術をやっております。
私の通ってるジムはすり上げ式の腕立てや手押し車、ぶら下がり腹筋など・・・古典的なトレーニングを100回・200回と反復するばかりです。
これでホントに強くなるのか疑問です。
実際ウェイトトレーニングとこのようなトレーニングではどちらが効果的なんでしょうか?
世界の強い選手たちもこのようなトレーニングを行っているのでしょうか?
どうか教えてください!!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

onikonbouさん、こんにちは。


私は、某フルコンタクト空手を行っています。

柔術とフルコンでは、厳密にはトレーニング方法も違うと思います。
私なりに共通しそうな点だけ回答してみたいと思います。

私の道場には、全日本の大会で優勝している先輩が所属しています。
ウェイトトレーニングをしているかと言うと、しています。
しかし、ウェイトを使わないトレーニングもしています。

その先輩は、ウェイトは重量やパワーアップ、筋トレは
スピードアップ・スタミナアップや体の使い方の反復の
ために行っていると言っています。

ちなみに、総合格闘技の山本KID選手は自分の
ジムを経営していますし、当然ウェイトトレーニングを
している映像を見たことがあります。

でも、同時に体の使い方としての反復トレーニングも相当
こなしていると思います。でなければ、あれだけのスタミナは
とても身につかないと思います。

フルコンも柔術も、スタミナ・テクニック・パワーアップの
三角形が重要だと思います。自分なりの三角形の面積が
大きくなればなるほど、パフォーマンスも上がります。
フルコンと柔術は違いますが、onikonbouも私も、
まだまだ強くなるように頑張っていきましょう!
    • good
    • 0

あなたは道場の中でもプロ格闘家を目指すグループなんですか?大学のクラブならともかく普通のジムで今どき腕立てや腹筋を100回、200回と強制するようなところでは稽古生の大半は脱落すると思うのですが。


さて、プロ候補の特別コースとしましょう。その場合あなたのまわりにそのような訓練法だけで強くなった人がいるかどうか確認してみるのがいいと思います。もし誰もいない、というのなら指導者は単なる惰性で繰り返している可能性もありますね。
すり上げ腕立てや手押し車だけでは負荷が弱すぎますが伝統的なトレーニングの中にもかなり筋力アップに役立つものがありますよ(綱のぼり、肩車スクワットなど)。ウエイトや手っ取り早く筋肉つけるのに有効ですが一方向にばかり負荷がかかるせいか、下手に稽古すると筋肉は肥大しても案外関節が極められやすい身体になることもあります。人間相手のパワーは打ち込みや寝技で相手をひっくり返す運動を何百、何千回とこなすことで自然についてくるのも否定できません。
    • good
    • 0

ウェートトレーニングと併用するのがベストですね。

古典的な武術を教える指導者にはウェートトレーニングの弊害を論じる方もいらっしゃいますが、無駄な筋肉・筋力などというものはありません。ようは使い方です。古典的なトレーニングには、筋肉の使い方の鍛錬の要素が入っていると思いますので、こちらも決して無駄とはいえないでしょう。効果的な筋肉の使い方は、柔術の実戦トレーニングを繰り返して磨くしかありません。力をつけることと技を磨くトレーニングは全くの別物と考えるのが上達の早道かと思います。
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q綱登りのトレーニング

レスリングなどの引く力のトレーニング方法で太いロープを使った綱登りをやっていますが、この太いロープはドコで販売しているのでしょうか?

Aベストアンサー

私はネットで綱引き用のロープを購入して使用しています。大手ショッピングサイトで『綱引き ロープ』などで検索したら出てくると思います。ただ、フックなどがないので、引っ掛けるときに多少細工をしなければなりません。

近所?に昔からあるようなスポーツ用品店に行って、事情を説明すれば、取り寄せてもらえるんじゃないですかね?

Q柔道選手の体はなぜあんなにすごいの?

オリンピックを見ていても、柔道選手は特別いい体をしているなとおもうんですが、前にテレビで野村選手が器具を使った筋トレはしたことないって言っていたのですが、どうやってあんな体を作りだしたんでしょうか??
また、普段柔道選手はどういう練習メニューをされているんでしょうか?栄養補給のタイミング等も教えてほしいです。

Aベストアンサー

柔道経験者です。

まず前提としてどういう体型を「いい身体」とするかってのがあります。
以下の回答は多少質問者さんの認識を否定してしまう内容も含まれてしまいますが、悪気はありませんので気に障ったらご容赦ください。

まず質問者さんが柔道家の中でも60キロ台の選手が特にいい身体に思えるのには2つ理由があります。

(1)質問者さんはおそらく、締まっていて筋肉がある程度くっきりと現れるような体型が好みって傾向があるのだと思います。

柔道という競技は、その競技特性として常に自分の身体の移動に加え、相手の身体をコントロールするという性質を持っています。
競技の間ずっと50キロ以上時には100キロ以上の物体(しかも自分の動きに逆らおうとする物体)をコントロールしようとし続けるなんて競技はオリンピック種目の中でも、重量挙げのようなものは別として柔道とレスリング以外にありません。
したがって当然に筋トレ的要素が他の種目に比べ高くなります。

さらに柔道は恒常的に畳に叩きつけられるという要素もあるため、必然的に身体が大きく、というより「分厚く」なる要因が非常に高いのです。(これはやってみると分かりますが、単純に筋トレなどで身体を鍛えていても投げられる耐性はできません)

相手を投げる動作などで「ウォーッ」と力を身体に加える動作を、昔は「気張り」などと呼び、この反復継続が柔道に適した身体を作り上げると言われていました。

そのため必然的に柔道家は分厚く強い体型を備えることになります。

ところで、そのような競技のトップ選手の身体で60キロそこそこの選手というのは、実は男性としてはかなり元の体型が小さな部類に含まれる体型なのです。
つまり背も高くないし、また胸郭や肩幅その他の骨格も元々は比較的キャシャな部類に入る体型なのです。
(余談ですが谷亮子が長く世界のトップに君臨できたのも、女子とはいえ柔道という競技で48キロ以下に体重をセーブするのは、元の身体がかなり小さい=世界、特に欧米の層が極端に薄いという「僥倖」もありました)

ですので60キロそこそこの選手というのは、元の骨組みが小さいところに筋肉がつくので、写真で見るとかなり「いい身体」に見えます。
これはちょうど、さほどたいした運動をしていないジャニーズの男の子や、ウォーターボーイズの男の子とかが痩せているとかなり「いい身体」に見えるのと同じ原理です。

60キロ級の選手はたしかに裸の肉体は見事ですが、実際に向かい合ってみるとその体型は80キロ・100キロ級の選手と比べると、その「圧倒感・存在感」にははるかに及ばないのが実感できます。

ましてや身体を「造形」する専門家であるボディ・ビルダーには、「いい身体」って意味ではとても及びません。
ビルダーがあなたにとって「異様」に見えるのは、おそらくビルダーがコンテスト時に極限まで脂肪を削ってしまうことや、身体に特殊なオイルを塗ったりすることなどの要素から、見慣れていないって原因があると思います。
(もちろん筋力も柔道家ではビルダーに勝てませんが)。

ですので60キロクラスの柔道家が、スポーツ選手の中でも「格別」に思えるのは、あなたの「錯覚」もひとつあります。

(2)とはいえ、同じ60キロ級のスポーツ選手の中でも他の競技に比べ、たしかに「ゴツイ」印象を与えることも事実です。

これはボクシングと比較するとその特異性が際立ちます。
ボクシングと言う競技は、まずバーベルを挙げるような筋力よりも、筋肉をパーンとはじかせるバネのような筋肉特性が求められます。
また柔道に比較すると試合時間が極めて長く、持久力勝負の要素がとても大きいのです。
実際ボクシングはパンチ力なんかよりも、持久力の要素の方が強いくらいで、試合前半の生きの良いパンチではダウンしないのに、後半お互いフラフラになった状態でのパンチでKOが起きるなんてのはこれが理由です。

ボクサーが柔道家のような筋肉を付けたら、とても10ラウンド12ラウンドみたいな長丁場は持ちません。
しかし柔道家は相手の重い体重をコントロールする能力が求められ、かつそれは長くて10分程度の時間です。

そのためかなりゴツイ身体が備わるのです。
さらに軽量級では必然的に体重の減量で脂肪をそぎ落とすので、質問者さんのおっしゃるような「いい身体」が出来るわけです。

さて、ではそのようなゴツイ体型が柔道だけで出来るのかと言えば、たしかに思いっきり食事をして柔道の稽古をオーバーワークにならないレベルでやれば、ある程度は出来ると思います。
何十年も前の柔道選手は、さほど筋トレの知識実践が無くても、そういう体型を作っていた事実がありますから。

しかし現代のオリンピッククラスのトップ選手で、一切筋トレをしないという選手はおそらく居ないと思います。

単純に稽古量がハンパ無いというだけでは、大きな身体は出来ません。
たしかに柔道にはエビや脇締めなど独特な稽古法がありますが、これらは筋肉を大きくするという種類の運動ではありませんし、またそれが素人にとってキツイのは、経験が無いからだけで、一流柔道家にテニスを練習に参加させたらあっと言う間にへばることでしょう。

ちなみに余談ですが、個人的好みとしては、私は一番好きな体型は120キロクラスの格闘家の身体です。
ジュロム・レ・バンナに憧れてます(笑)
http://www.k-1.co.jp/jp/fighter/player.php?index=banner

なにか補足質問があればどうぞ。

柔道経験者です。

まず前提としてどういう体型を「いい身体」とするかってのがあります。
以下の回答は多少質問者さんの認識を否定してしまう内容も含まれてしまいますが、悪気はありませんので気に障ったらご容赦ください。

まず質問者さんが柔道家の中でも60キロ台の選手が特にいい身体に思えるのには2つ理由があります。

(1)質問者さんはおそらく、締まっていて筋肉がある程度くっきりと現れるような体型が好みって傾向があるのだと思います。

柔道という競技は、その競技特性として常に自...続きを読む

Q腕ひしぎ十字がためでの負傷

お世話になります。

7月下旬にブラジリアン柔術の試合で、腕十字をくらいました。
タップが遅かったせいで、怪我をしてしまったようで、
その後1週間くらいは動かすたびに激痛だったのですが、
先輩や師匠からも「そのうち治る」と言われ、湿布をしたほかは
放置していました。

しかし、その後も慢性的な痛みに変わり、
腕を伸ばした状態で力を入れると痛いですし、
腕を垂直に上に伸ばして、折り曲げ、反対側の肩におろす動作
(以前は反対側の肩胛骨にさわれました)をしようとしても、
痛くて頭のあたりで止まってしまいます。

私は女性で、試合後すぐに妊娠が分かったこともあり、
病院に行けずにいたのですが、
安定期に入ったため、整形外科か接骨院に行こうと思っています。
どちらに行ったほうがいいでしょうか?

また、腕十字の怪我を治された方がいらっしゃったら、
アドバイスをいただけると大変助かります。

Aベストアンサー

>整形外科か接骨院に行こうと思っています。どちらに行ったほうがいいでしょうか?

接骨院(整骨院も同じ)は柔道整復師という資格ですが、そもそもこの柔道整復師という国家資格は、肩コリや腰痛など治療するものではあり ません。柔整師は 捻挫、挫傷、打撲、(脱臼、骨折) などのいわゆるケガを治療するライセンスです。しかも国から 「急性期に限る」  とお達しがあります。一週間以上経ったものは、整骨院・ 接骨院で治療はできません。レントゲンも病院でしか撮れません。接骨院は病院ではありませんので、レントゲン、投薬は禁止されています。

その他健康保険の不正請求を日常的に行っており、その額は全国で約4000憶円です。そしてそのほとんどが毎年毎年無駄に請求されているものです。

まずは病院である整形外科でしっかり見てもらってください。投薬が必要な状況にもかかわらず、妊娠中で無理でしたら鍼治療をお勧めします。長文、乱文失礼しました。ご参考になれば幸いです。お大事にどうぞ。


人気Q&Aランキング