今日は、大東亜戦争の勃発の日のようです。
ところで大本営は陸海軍に「ニイタカヤマノボレ」と加電し、それが真珠湾攻撃の命令だったそうです。
そこで質問ですが、昔の暗号はこのように文章を置き換えたり数値化したりしていたようですが、現代では、どのような方法で暗号化しているのでしようか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

誤解があるようですので一言。



「ニイタカヤマノボレ1208」は、
「X日(開戦日)を12月8日とする」という一つの隠語と言うか符丁に過ぎません。
これをそのまま平文のモールス信号で打電したのではなく、
さらに「新」「高」「山」「登れ」「12」「08」と単語ごとにばらし、
一つ一つを暗号書により数値符号化し、さらにそれに乱数表の乱数を
足し合わせて暗号化したものを打電した、というわけです。
(阿川弘之氏「山本五十六」「軍艦長門の生涯」による)

今でも暗号の仕組みは似たようなものです。
置換と乱数の足し合わせ、さらに今ではデータ圧縮技術なども
併用されているでしょう。時間さえあれば解けない暗号は無いでしょうが、
その手間暇を考えると物理的に不可能といえるレベルの暗号技術は、
実は今では比較的容易に我々でも使えるとかいいます。

とはいえ、暗号は暗号文を作っただけじゃダメで、
それをいかにして秘匿して送るか、というのも重要なことですね。
例えばはがきの裏側に暗号文をそのまま書いたんじゃ、
誰が見たって怪しいに決まってますから、一見して暗号とわからない
形で、発信元や送信先も一見して判らないようにごまかす…、
といった工夫も要ります。通常の通信手段の中に隠すか、
あるいは普段は想像もつかないような経路をごく短時間使うか、など。

ただ、いかにそういった仕組みを構築しても、
それごと丸ごと盗まれては何にもならないんですけどね。
(第二次大戦当時も、日本の暗号書や暗号機が盗まれたり鹵獲された
疑いは非常に強いし、そもそも日本の暗号強度はそれほど高くなかった)
受信人の身体的な特徴をキーにするなど、
より見つけにくく盗みにくく解読しにくい、そういうものにする
不断の努力は欠かせないんだろうと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

>「ニイタカヤマノボレ1208」は、
「X日(開戦日)を12月8日とする」という一つの隠語と言うか符丁に過ぎません。
これをそのまま平文のモールス信号で打電したのではなく、
さらに「新」「高」「山」「登れ」「12」「08」と単語ごとにばらし、
一つ一つを暗号書により数値符号化し、さらにそれに乱数表の乱数を
足し合わせて暗号化したものを打電した、というわけです。


そうだったのですか、私は「ニイタカヤマノボレ」が突撃命令と思っていました。ありがとうございました。
それにしても当時から、手の混んだやりかただったわけですね。

お礼日時:2002/12/08 14:17

「現在どのような方法で」ということですが、暗号は軍の最高機密の一つだと思いますので、それを知ることは大変難しいと思います。



とりあえず、検索してみましたら下記のURAが出てきましたのでご覧下さい。まだ他に沢山出ておりましたので「暗号」で検索してみてください。

また、「長田順行」という方が「暗号」「暗号と推理小説」という文庫本を出版しております。暗号の歴史、暗号作成の仕方が詳しく書かれております。興味がありましたらご覧下さい。

アメリカ軍は第一次世界大戦ではアメリカインディアンのチョクトー語、第二次世界大戦では同じアメリカインディアンの「ナバホ族のナバホ語」も使ったそうです。アメリカ軍は最近までこの事を秘密にしておりましたが、2~3年まえこの事実を認め、暗号制作に関わったインディアンの兵士に勲章を与えたそうです。

参考URL:http://hp.vector.co.jp/authors/VA008160/cipher.htm
    • good
    • 1

>ブッシュ大統領が全世界に向けてイラク攻撃に使う暗号はどのようなものかと、



これは、暗号ではないと思いますが・・・。

暗号とは、発信するほうと、受信するほうが共通した認識をもってないと
理解できません。
理解できないものを送ってもしょうがないですね。

>全世界
これって全世界の人に?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>>ブッシュ大統領が全世界に向けてイラク攻撃に使う暗号はどのようなものかと、
>>全世界
>これって全世界の人に?

いいえ「全世界の人に」ではないと思いますが、同盟国に一斉に加電し、開戦されると思っていましたが。

お礼日時:2002/12/08 14:30

☆北朝鮮の不審船には乱数表が有ったとか、数日前TVで第二次世界大戦中に米国の某部隊ではタガログ語で連絡していたとか、現代は・・・それに関わっているもの、また専門家には守秘義務があると思考しますが、隣国の工作員や同類者には垂涎の的。

    • good
    • 0

基本的に、暗号というのは、その二者間で分かればいいものです。


例えば、外国に行って、日本人同士、日本語で話せば、その言葉が
わからない人からみれば、暗号と同じです。

つまり、その言葉に対する解釈の仕方を知ってればいいのです。

コンピュータでの暗号化手段としては
DECSSとかPGPなどあります。
暗号化の仕方としては、キーを用いる方法があります。
そのキーによって 暗号化し、そのキーでなければ 復元できないようにするのです。
詳細は、参考URLをどうぞ。
http://www.maitou.gr.jp/rsa/rsa05.html
http://nhiro4.oldhoops.livedoor.com/crypt/public …

参考URL:http://jt.mozilla.gr.jp/projects/security/pki/ps …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速ありがとうございます。

>外国に行って、日本人同士、日本語で話せば、その言葉がわからない人からみれば、暗号と同じです。
云われてみれば確かにそのとおりですね。

ブッシュ大統領が全世界に向けてイラク攻撃に使う暗号はどのようなものかと、ふと思ったものですから・・・。

お礼日時:2002/12/08 11:49

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qイラストをネットから使用した本を刊行する場合、広報や教科書や著者不明のネットのイラストは無料ですか。

無料でネットのイラストを本に小さくのせて発行したいです。どのような問題が起こるでしょうか。
広報のイラストの場合は無料でしょうか。
教科書のイラストは どうでしょうか。
イラスト者が分かった場合、相場はいくらでしょうか。
イラスト者が分からなかった場合 どうなりますか。

Aベストアンサー

全部のイラストに著作者がおり、著作権が発生し、著作権保有者がいて、著作権フリーを明記されていないイラストの利用は、すべて著作権侵害行為になります。
どんな作品にだって製作コストは発生し、掲載利用できる以上金銭価値の権利を持ちます。
無料ってのは作品の無価値を査定すること。権利者は作品を金銭価値0に扱うそんな利用者に許諾しません。
著作権は、財産権であり、寡占権。許諾しない限り使わせない権利なのです。

>どのような問題が起こるでしょうか。
著作権侵害行為による、発行物の差し止め、回収指示、著作物の機会損失金銭被害請求、慰謝料の請求など。
ようは泥棒です。

>広報のイラストの場合は無料でしょうか。
有料。頒布範囲が無制限なので高いです。利用料の計算は基本、利用料☓複製枚数。
>教科書のイラストは どうでしょうか。
有料。著作権の買い上げが必要。そうしないと教科書として採用されません。
>イラスト者が分かった場合、相場はいくらでしょうか。
金で解決すると思うなよ。他にも権利保有者がいるのです。
>イラスト者が分からなかった場合 どうなりますか。
許諾のとりようがないので、あなたの発行物は著作権侵害の汚名を拭えない窃盗剽窃物。
それはあなたに権利がない事と同様になります。

再度書きます。著作権は、財産権であり、寡占権。許諾しない限り使わせない権利なのです。
他人の褌で相撲を取るな。

全部のイラストに著作者がおり、著作権が発生し、著作権保有者がいて、著作権フリーを明記されていないイラストの利用は、すべて著作権侵害行為になります。
どんな作品にだって製作コストは発生し、掲載利用できる以上金銭価値の権利を持ちます。
無料ってのは作品の無価値を査定すること。権利者は作品を金銭価値0に扱うそんな利用者に許諾しません。
著作権は、財産権であり、寡占権。許諾しない限り使わせない権利なのです。

>どのような問題が起こるでしょうか。
著作権侵害行為による、発行物の差し止め...続きを読む

Q大東亜戦争の時の海軍の船で本を読んだ知識ですが夕張と言う船はかなり雲が良かったように記憶がありますそ

大東亜戦争の時の海軍の船で本を読んだ知識ですが夕張と言う船はかなり雲が良かったように記憶がありますそれからうん三等駆逐艦雷 秋月と考えたが
1番幸運に恵まれた船ってなんでしょうあまり詳しくないのですが父親とかおじいちゃんとかが海軍で経験あるような知識が豊富なあなた独断と偏見で結構ですのでこーゆー船があるよとか教えてくださいよろしくお願いします僕は水泳もできないので船は無理ですがいろいろと空想するはできます
もう平和が何よりですがね

Aベストアンサー

雲じゃなくて「運」ですよね。

であれば駆逐艦雪風でしょう。

手を抜くようですが、下のWikiを読んでいただくのが一番良いと思います。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9B%AA%E9%A2%A8_(%E9%A7%86%E9%80%90%E8%89%A6)

おっしゃる通り、平和が一番です。
なお、水泳ができないのでしたら水泳教室に通ってはどうですか?
恥ずかしがる必要はありません。週1で1カ月も通えば、背泳とクロールくらいはマスターできるでしょう。

Q無料のイラスト

よろしくおねがいします。

介護保険にまつわる、文書(リーフレット)を作成するところです。

おじいさん、おばあさん、介護スタッフ、家など図式化する際、わかりやすくするためにイラストを、と思っているのですが、なかなか無料でイラストを提供してくれるサイトがないようなのです。

もし、どこかご存知のサイトがございましたら教えて頂けたら幸いです。

イラストの素材集なども購入も考えたのですが、経費の都合上、出来たら無料で、を図々しいのですが考えております。

Aベストアンサー

ご希望のイラストがあるかどうか、わかりませんが・・・・・・
http://www.printout.jp/clipart/
かなり自由に使わせていただけるようです↓。
http://www.printout.jp/form/help/help_top.html

Qこのような本  大東亜戦争中

硫黄島の戦いの関係の書籍を探しています。本当のことというか美化されていないような本音の部分が書かれている本などありませんか?いま読んでいるのは、こちらのサイトでも紹介されてました、英雄なき島という本で、硫黄島での生き残りの方が語ったことを本にしたものです。今までのような武勇伝的、英雄的な内容よりも、悪い部分もいい部分もつたわってくるような内容のものがいいです。真実に近いなんていっても何が真実かなんてわかるものではないと思いますが、
何か思いつくものがあれば教えてください。
ちなみに硫黄島での戦いが読みたいですが、他の戦いでもかまいません。大東亜戦争中に関するもので、できれば経験者が語っているものがいいです。注文ばかりすみませんが、教えてください

Aベストアンサー

硫黄島ではないのですが、
出征経験者および元軍人が書いているものです。
私は興味本位のシロートで、系統立てて読んでないので
場所も傾向も、著者の立場も見解もてんでんバラバラなのですが、

『山本五十六』『米内光政』『井上成美』(海軍提督三部作)/阿川弘之(海軍)

『海上護衛戦』/大井篤(海軍)

『野火』『俘虜記』『レイテ戦記』/大岡昇平(陸軍)

『アーロン収容所』/会田雄次(陸軍)

『総員玉砕せよ!』『水木しげるのラバウル戦記』/水木しげる(陸軍)

『アーロン収容所』『ラバウル戦記』は、辛い状況ですが、
ユーモアのある場面も出てきます。
阿川さんの海軍提督三部作も笑い話がちらほらと。

大岡さんは『ながい旅』というのがあります。
私はまだ読んでいませんが、映画『明日への遺言』の原作。

当時少年だったので出征はしていないが、
空襲や機銃掃射を受けた経験ありの、半藤一利さん。
著作多数ですが、たとえば『ノモンハンの夏』など。

城山三郎さんもいろいろあるみたいですね、
『指揮官たちの特攻』他。

ご参考までに、
海軍が美化され過ぎ、陸軍が酷く書かれ過ぎ、という声も巷にはあります。
でも当時の世情など、戦後生まれには分からないことが書いてあると思うので、やはり興味深いし勉強になります。
(海軍美化と言われる阿川さんの本も、
よく読めば海軍も別に立派なことばかりでなかったのが分かるとは思いますが・・・・
井上成美は山本五十六の発言を批判してるし)

軍隊とは関係ないけど林芙美子の『浮雲』
これも戦前戦中を知らないと書けない小説だと思いました。

硫黄島ではないのですが、
出征経験者および元軍人が書いているものです。
私は興味本位のシロートで、系統立てて読んでないので
場所も傾向も、著者の立場も見解もてんでんバラバラなのですが、

『山本五十六』『米内光政』『井上成美』(海軍提督三部作)/阿川弘之(海軍)

『海上護衛戦』/大井篤(海軍)

『野火』『俘虜記』『レイテ戦記』/大岡昇平(陸軍)

『アーロン収容所』/会田雄次(陸軍)

『総員玉砕せよ!』『水木しげるのラバウル戦記』/水木しげる(陸軍)

『アーロン収容...続きを読む

Q無料で入手出来るイラスト

イベントの案内文のイラストに困っています。
白黒のイラストで無料で入手出来るサイトを教えてください。

リソグラフを使用して印刷する予定なので、
カラーイラストだときれいに写りません。
イラスト集も使い古された物が多く 新しさに欠けます

他に何か良い方法があったら、あわせてお願いします。

Aベストアンサー

「フリー素材」でネット検索すれば、イヤと言うほど出てきます。
イベントの種類(秋祭り、運動会、美化運動、文化祭、写真展、バザーなど絵柄が違います)、印刷したい大きさ(パンフレット、大きなポスター、はがきなど)などによって、欲しい絵柄は違うでしょうから、ここが良いとは言えませんが、探して見てください。

モノクロ素材を探すのは難しいでしょうから、画像処理ソフトでモノクロ変換することをお薦めします。
私はそうしていますよ。
カラーの素材を入手して、単色変換したり、複数の素材や風景を重ね合わせて使っています。

ひとつだけサイトを紹介しましょう。
ヒサゴ伝票(株)の「テンプレートバンク」です。

参考URL:http://www.templatebank.com/

Q大本営と軍司令部

大本営と軍司令部の違いを聞くといまいち分かりません。専門家の説明でなくて解説者的説明、つまり何だか分かる説明お願いします。

Aベストアンサー

大本営とは戦争の最高指導部で、日本の場合で言えば天皇が関与して(実際は直接関与することはありませんでしたが)戦争を指導する機関でした。もちろん大本営は国に1つしかありませんし、戦争のときにだけ設けられました。
といっても、実際は参謀本部(陸軍の最高指揮機関)と軍令部(海軍の最高指揮機関)の責任者が集まって会議や打ち合わせをしている程度で、実際の戦争の指揮はそれぞれ参謀本部と軍令部が独自におこなっていました。
軍司令部というのは陸軍における軍(1~3個師団と補助の部隊からなる軍隊編成上の単位)を指揮するための司令部で編成された軍の数だけありました。戦前の日本では軍は常にあるものではなく戦争の必要上に応じて編成され、平時から常にあるのは師団以下の部隊のみでした。
日中戦争から太平洋戦争にかけては陸軍も膨張したため軍の上に方面軍、さらにその上に総軍なども設けられました。

Qイラスト無料ありますか?

龍のイラストの無料ありますか?
大きく 引き伸ばしたいのです。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

検索エンジンを使って
「龍 無料 イラスト」などで検索をしてみたらどうでしょうか?

Qサイパン島玉砕の大本営発表

http://www10.ocn.ne.jp/~kuushuu/d190718.html
↑のサイトのサイパン島玉砕の大本営発表は
「大本營發表(昭和十九年七月十八日十七時)  
一、「サイパン」島の我が部隊は七月七日早曉より全力を擧げて最後の攻撃を敢行所在の敵を蹂躙し其の一部は「タポーチョ」山附近迄突進し勇戰力鬪敵に多大の損害を與へ十六日迄に全員壮烈なる戰死を遂げたるものと認む
同島の陸軍部隊指揮官は陸軍中将齋藤義次、海軍部隊指揮官は海軍少将辻村武久にして同方面の最高指揮官海軍中将南雲忠一亦同島に於て戰死せり
二、「サイパン」島の在留邦人は終始軍に協力し凡そ戰ひ得るものは敢然戰鬪に参加し概ね将兵と運命を共にせるものの如し」
となっているのですが、私の以前、どこかのサイトで聞いたサイパン島玉砕発表は「其の一部は「タポーチョ」山附近迄突進し勇戰力鬪敵に多大の損害を與へ」の部分や「同島の陸軍部隊指揮官は陸軍中将齋藤義次、海軍部隊指揮官は海軍少将辻村武久にして」の部分が読みあげられていないのですが、大本営発表は何通りかあったんでしょうか?

http://www10.ocn.ne.jp/~kuushuu/d190718.html
↑のサイトのサイパン島玉砕の大本営発表は
「大本營發表(昭和十九年七月十八日十七時)  
一、「サイパン」島の我が部隊は七月七日早曉より全力を擧げて最後の攻撃を敢行所在の敵を蹂躙し其の一部は「タポーチョ」山附近迄突進し勇戰力鬪敵に多大の損害を與へ十六日迄に全員壮烈なる戰死を遂げたるものと認む
同島の陸軍部隊指揮官は陸軍中将齋藤義次、海軍部隊指揮官は海軍少将辻村武久にして同方面の最高指揮官海軍中将南雲忠一亦同島に於て戰死せり
二...続きを読む

Aベストアンサー

>大本営発表は何通りかあったんでしょうか?

 大本営発表は、当時唯一の公式発表でしたから、バージョンは存在しません。

 
 根拠= 富永謙吾(元大本営報道部 海軍中佐)『大本営発表にみる太平洋戦争の記録』 自由国民社 70年

Qホームページから無料で貰えるイラスト又はキャラクターなどはありますか?

ホームページから無料で貰えるイラスト又はキャラクターなどはありますか?

Aベストアンサー

そういったものは素材専門のサイトにありますので
そういうサイトを巡回してみてはいかがでしょうか?

Q「ニイタカヤマノボレ1208」の返信。

真珠湾を目指している機動部隊にこの「暗号」を発信したのは12月2日ですが、受信したと返信したのですか。
このときの機動部隊の位置は、日本よりハワイに近いので、そんな海域で無線を発して、もし米側に受信されると、怪電波と認識されるのではないか、と思いました。

機動部隊の進路は、米側に察知されないように、商業航路を外して高緯度の気象条件の厳しい海路を選んでいます。
また、無線は封鎖したと何かの本で読んだ気がします。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

その電文は放送系、つまり流しっぱなしで返事をしなくてもいい系列のものでした。
なので返事や了解府を打ったりはしていません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報