CTスキャンとMRIの違いについて教えて下さい。
また、今日CTスキャンを撮ったのですが、体への影響というかあれば教えて下さい。レントゲンなどもあまり体に良くないと聞いた事があるのですが、
放射線だからでしょうか?CTスキャンも放射線なのでしょうか?
宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

先ず、名称に関してですが、CT(computed tomography)の本来の意味は、「コンピューターを使って画像処理した断層撮影」です。

従って、本来一般にCTと呼ばれているものはX-CT(X腺を利用して作ったCT)と呼ぶのが正式であり、MRIも本来はNMR-CT(核磁気共鳴CT)と呼ぶべきものでした。しかし、いわゆるCT(X腺を利用しての)が先に臨床応用されるようになり、この名称が広く一般に定着したために、現在ではCTといえばX-CTをさすようになっています。また、NMR(核磁気共鳴)という名称は、「核」というフレイズがいろいろな誤解を生む可能性があったため意図的に使われなくなり、現在のMRI(magnetic resonance imaging:磁気共鳴画像)という名称に変わって定着しました。

CTがX腺(放射線)を、MRIが磁気を使って断層撮影等を行うということは、みなさんがおっしゃっているとおりです。

CTの身体への悪影響という点では、例えば将来ガンが出来るとかいうようなレベルでの問題はないと考えていただいて差し支えありません。放射線治療などに使う線量と比較すると全く少ない線量ですから、放射線宿酔などもあり得ません。詳しい被曝線量などをここで述べてもあまり意味のないことですから差し控えます。
MRI室の中で、常に強力な磁場が発生していることは、
永久磁石を使った装置でも電磁石を使った装置でも同じです。従って、どちらも実際の撮影をしていなくても磁力はでています。昔の装置の方が現在の装置よりも危険ということは全くありません。ある意味ではどちらも以下のような点では危険です。
キャッシュカードなどの磁気カード、ポケットベル、電池式の時計、心臓のペースメーカーなどは壊れたり誤作動を起こします。ペースメーカーが誤作動すると命が危険です。これらを持ち込んでは(あるいはペースメーカーを埋め込まれている患者さんは入っては)いけません。また、はさみなどを胸ポケットなどに入れておくと、機械の中に吸い込まれて飛んでいきます。非常に危険です。

長くなりましたので、まだいろいろな誤解もあるようですが、いったん終了いたします。
こんな所でとりあえずよろしいでしょうか?
何かまだ疑問点がありましたら、補足して下さい。
    • good
    • 8
この回答へのお礼

詳しくご説明していただきましてありがとうございました。
身体へ影響がないとの事なので安心しました。
また、それぞれの違いが詳しくわかり納得しました。

お礼日時:2001/02/21 11:12

Andy-Hiroさんフォローありがとうございます。


私が昔、外科に通院していたころ、(事故により、頭部と腰部)CTもMRIも撮ったことがあり、素朴な疑問としてMRIの画像がぼんやりしていたために医師に質問したことがあります。
 単純に何ミリまでのものまで判別できるかという性能ではCTのほうが分解能は高いといわれた記憶があります。(その当時は)
 目的がちがうものを単純比較しても意味のないことですね。

naokunさん専門的解説を読ませていただきました。私も誤解がありました
    • good
    • 0

>CTスキャンは被爆量は多めだが分解能(解像度)は高いとされています


>MRIは被爆や健康被害がないが分解能が低い、時間がかかる

> などの理由で、医師の判断で使い分けられているのではないでしょうか

この解答には、ちょっと疑問が残ります。
CTと、MRIの画像は、基本的に映る画像自体が違います。MRIは基本的に物の形などがはっきりしますので、例えば脳の萎縮など確認する、腫瘍を確認する等、形、サイズに関する情報を得るために利用しているようです。CTは、身体の水分量等によって撮像されるものなので、例えばガンとかの診断によく使用されます。
最近では、肺がんなどの検診にスパイラルCTという、細部まで撮像できる機器も登場していますので、CTの利用も依然多いと思われます。
    • good
    • 0

CTスキャンはX線で断面的に走査し、コンピューターで画像にします。


一方、MRIは磁気を利用(放射線を使用しません)しており、体内の水素の原子核の共鳴信号を画像にするそうです。
なお、身体を横断面 だけでなく任意の角度で検査ができます。
事故で入院していた時に先生が『CTよりもMRIのほうが骨以外の組織をよく観察できる。』とか言っていたような気がします。
高校時代、腎臓の検査入院では、病室のベッドの上でハンディタイプの超音波の検査機器をつかわれました。
    • good
    • 0

CTは放射線を照射しますので、基本的に被爆することになります。

最近のCTは被爆量が少ないので、それほど心配することはないと思います。
MRIは磁気共鳴画像といって、磁石を使って撮像します。その磁石は昔は固定磁石(いわゆる磁石)を利用していましたが、現在では電気磁石を使用したものになっています。そのため、昔のMRI機で撮影すると強い磁力を体に受けますので
そのほうが体に悪いと思います。現在のMRIは、撮影しているときのみ磁力を出力しますので、あまり問題視することは無いと思います。
余談ですが、昔のMRI機が置いてある部屋に入ると、時計が狂い、フォークが壁にくっつくという現象を目撃しました。あれにあれに毎日当たっていると、体にわるそうですね。
    • good
    • 4

CTスキャンは放射線を使います


MRIは磁力線(強力な磁石)ですので放射線はつかいません

CTスキャンは被爆量は多めだが分解能(解像度)は高いとされています
MRIは被爆や健康被害がないが分解能が低い、時間がかかる

 などの理由で、医師の判断で使い分けられているのではないでしょうか
    • good
    • 0

CT(Computed tomography)スキャンとは、X線や磁気を用いて、得られたデータをコンピュータを使って精巧な体内断層像などを得るための撮影法で、この撮影によって得られたデータを用いて像を作り出す手法をコンピュータトモグラフィと呼ばれます。



MRI(磁気共鳴画像)は病院でよく行われる検査で、磁気とコンピューターを使って体の中を撮影します。とても精密な画像をつくることができるので、さまざまな病気の発見や治療に役立っています。CTのようにX線を使わないことから、体に害はなく安全な検査だと考えられています。

結果としては、CTスキャンはX線を使いますので、妊婦さんなどは避けた方がいいとおもいます。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

  • 心臓腫瘍<循環器の病気>の症状や原因・診断と治療方法

    心臓腫瘍とはどんな病気か  心臓に発生する腫瘍で、心臓自身から発生するもの(原発性心臓腫瘍)とほかのがんが心臓に転移するもの(転移性心臓腫瘍)とがあります。原発性心臓腫瘍の頻度を表21に示しました。最も多い心臓腫瘍は粘液腫(ねんえきしゅ)で、左心房(さしんぼう)内が好発部位です。 症状の現れ方  腫瘍の大きさや発生部位によって、症状の現れ方が異なります。ほかの病気の検査を行っている時に偶然見つかる場合も...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QCTスキャンとMRIの違い

CTスキャンとMRIの違いについて教えて下さい。
また、今日CTスキャンを撮ったのですが、体への影響というかあれば教えて下さい。レントゲンなどもあまり体に良くないと聞いた事があるのですが、
放射線だからでしょうか?CTスキャンも放射線なのでしょうか?
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

先ず、名称に関してですが、CT(computed tomography)の本来の意味は、「コンピューターを使って画像処理した断層撮影」です。従って、本来一般にCTと呼ばれているものはX-CT(X腺を利用して作ったCT)と呼ぶのが正式であり、MRIも本来はNMR-CT(核磁気共鳴CT)と呼ぶべきものでした。しかし、いわゆるCT(X腺を利用しての)が先に臨床応用されるようになり、この名称が広く一般に定着したために、現在ではCTといえばX-CTをさすようになっています。また、NMR(核磁気共鳴)という名称は、「核」というフレイズがいろいろな誤解を生む可能性があったため意図的に使われなくなり、現在のMRI(magnetic resonance imaging:磁気共鳴画像)という名称に変わって定着しました。

CTがX腺(放射線)を、MRIが磁気を使って断層撮影等を行うということは、みなさんがおっしゃっているとおりです。

CTの身体への悪影響という点では、例えば将来ガンが出来るとかいうようなレベルでの問題はないと考えていただいて差し支えありません。放射線治療などに使う線量と比較すると全く少ない線量ですから、放射線宿酔などもあり得ません。詳しい被曝線量などをここで述べてもあまり意味のないことですから差し控えます。
MRI室の中で、常に強力な磁場が発生していることは、
永久磁石を使った装置でも電磁石を使った装置でも同じです。従って、どちらも実際の撮影をしていなくても磁力はでています。昔の装置の方が現在の装置よりも危険ということは全くありません。ある意味ではどちらも以下のような点では危険です。
キャッシュカードなどの磁気カード、ポケットベル、電池式の時計、心臓のペースメーカーなどは壊れたり誤作動を起こします。ペースメーカーが誤作動すると命が危険です。これらを持ち込んでは(あるいはペースメーカーを埋め込まれている患者さんは入っては)いけません。また、はさみなどを胸ポケットなどに入れておくと、機械の中に吸い込まれて飛んでいきます。非常に危険です。

長くなりましたので、まだいろいろな誤解もあるようですが、いったん終了いたします。
こんな所でとりあえずよろしいでしょうか?
何かまだ疑問点がありましたら、補足して下さい。

先ず、名称に関してですが、CT(computed tomography)の本来の意味は、「コンピューターを使って画像処理した断層撮影」です。従って、本来一般にCTと呼ばれているものはX-CT(X腺を利用して作ったCT)と呼ぶのが正式であり、MRIも本来はNMR-CT(核磁気共鳴CT)と呼ぶべきものでした。しかし、いわゆるCT(X腺を利用しての)が先に臨床応用されるようになり、この名称が広く一般に定着したために、現在ではCTといえばX-CTをさすようになっています。また、NMR(核磁気共鳴)という名称は、「核」というフレイズが...続きを読む

QMRIについて宜しくお願いします! 関西圏で静かなMRIがあるところ ご存知ではないですか? 東京に

MRIについて宜しくお願いします!


関西圏で静かなMRIがあるところ
ご存知ではないですか?
東京にはあるようなんですが。泣

Aベストアンサー

「MRI 静音 関西」「MRI 静音 大阪」などで検索してみてください。
比較的音の静かなMRIを導入している病院やクリニックが探せます。
どの程度静かなのかは比較がしにくいのでなんともいえませんが…。
https://dock.cocokarada.jp/detail_hos/0604163/
http://www.yukoukai.or.jp/mri.html

また、開放型(オープン型)のMRIでも音がこもらないので
大きな音が苦手な方にはいいのではないかと思います。
よろしければ「MRI 開放型 関西」などで調べてみてください。
http://www.koshikawa-hospital.or.jp/innaishoukai.html

https://www.youtube.com/watch?v=dL_Owkm_2kk

QCTスキャン

頭が痛かったので前にCTスキャンに入った事があります。その時は何も異常はなかったんです。
最近 異常のような症状はないのですがCTスキャンで全身入ると見つかる癌は どんなものがありますか?見つからない癌も教えてください。CTでは 大分 大きくならないと発見されませんか?

Aベストアンサー

はじめまして、私も去年後頭部がすごっく重くなりそれが長い間続いたため脳外科に行きました。
そのときはCTスキャンではなくMRIでした。
根本的な違いはCTスキャンは2次元で体を撮影するのにたいして、MRIは3次元で体を撮影するということなんです。。つまり立体映像ということなんです。。
そうすることで、詳しく体を診察することが出来るということをを聞きました。

QMRIやCTについて

父がめまいに悩まされ、内科でCT、脳神経外科でMRIの検査をしました。
どちらも脳に異常はありませんでした。

仕事柄、肩こりがひどく、首も痛いのですが、
脳のCTやMRIに首の辺りも映るのでしょうか?

脳に異常が無くても首の血管が詰まっていたり
大動脈瘤?など何か異常があったら、、、と不安です。

ご回答お待ちしております。

Aベストアンサー

CTでは首の辺りは骨が多く、アーチファクトという余分な線がみられるのであまりよくみえません。

しかしMRI、厳密には血管のみを描出するMRAは首の血管までみていますよ。説明の際画像を見られましたか?脳の断面だけでなく、ふにゃふにゃとした線ばかりのフィルムがあればMRAも撮影してあります。

ちなみに質問者様がおっしゃりたいのは大動脈瘤ではなく脳動脈瘤でしょう。MRIと同時にMRAまでとっていれば診断がつきます。首については瘤より血管の狭窄が起こることが多いですね。

実際はめまいの原因は耳鼻科領域のことが多いです。めまいの際、耳鳴りや難聴がありますか?まためまいを起こす特定の行動がありますか?(耳に指を入れた時、ある方向を向いた時など)
ただ耳鼻科領域のめまいは命の危険を伴わないことが多いので、めまいで外来を受診されると私たち医師は頭部CTやMRIを先にとりますね。

QCTスキャンの費用は違いますか。

CTスキャンの費用は違いますか。
集団検診後に医者から再検査をすすめられて、推薦状をもって関連専門機関でCTスキャンを受けるのと、個人的に専門機関で受けるのでは費用がかわるのですか。
また肺のCTスキャンの場合、費用はどれくらいかかるのでしょうか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

先月CT撮りました
頭で健康保険を使って5000円程度でしたね

QCTやMRIを撮るとき

CTを以前撮ったことがあるのですが、その時息を大きく吸ってと言われました。あれは何のためなのでしょうか?
また、ああいったものを撮る時は必ず息を吸うのでしょうか?

Aベストアンサー

No2です。
腹部の場合は呼吸による臓器の移動が撮影の障害になりますので、撮影時には息を止めることが必要です。ただし、胸部と違って必ずしも吸ってとめる必要はありません。ただ、単に「息を止めて」と指示をすると吸った状態でとめたり吐いた状態でとめたりとまちまちになるので、「息を吸ってとめて」と指示することが多いです。

Q血液検査とCTスキャンについて

最近、彼が病院で検査をしているのですが(健康診断的なものです)、
血液検査で血を抜くとき、「空気が入ったかもしれない」とのことでした。
肺に空気が入ると死に、もしかしたら2日後くらい経ったら死ぬかもしれないと言っていました。
血液に空気を注射すると死ぬというのは知っていますが、
血液検査で血を抜く時にも同様のことが起きるのでしょうか。

また、CTスキャンも4~5回する予定ですが(すでに2回していますが)、
「CTスキャンは癌になる可能性が高いのでもう検査はしたくない」との
ことでした。(医者に聞いたところ、大丈夫だと言う事だったようですが)
健康のために彼に検査を進めたのですが、CTスキャンによって癌になり、
余計健康を害することになったらと思うと心配でなりません。
CTスキャンによって、癌になる可能性はどれくらいあるのでしょうか。

医学の知識が全くないため、すみませんが宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

>血液検査で血を抜く時にも同様のことが起きるのでしょうか。
まずそれで死ぬことはありえないですね。
空気を注入すれば死に至ることもありますが、動脈を刺して注入すれば少量で死ぬこともありますが、動脈を刺して空気を入れることは簡単ではありません。静脈なら100-150mlくらいでしょうか。採血でそんなに入れることはまず不可能です。たぶん、質問者さんの彼も2日くらい後もぴんぴんしているでしょう。

>CTスキャンによって、癌になる可能性はどれくらいあるのでしょうか。
年齢にもよりますが、若い人であるという前提で、同じ部位のCTを20-30回くらい行えば、癌になる確率がちょっとだけ上がるかもしれません。40歳以上だと50回くらいの計算になるでしょうから、かなり回数を少なく見積もっての話です。それでもタバコを吸い続けるよりははるかに上がる確率は低いですが。
ということで、その程度の被曝線量ならたいしたことなくて、むしろ何かしら症状があって、病気が疑われているなら、そちらを白黒つけることを優先するほうが有益ですね。

Q造影CTとMRIの違い。

最近、頭痛が続いたことと、回数は少ないですが不動性のめまいがあったので念の為に、病院で脳の単純CTとMRIの検査をしました。両方とも異常はありませんでした。
しかし、今度また脳波と造影CTの検査をすることになりました。
脳波はわかるのですが、造影CTも必要でしょうか?

ペースメーカーを使用している方はMRI検査ができないので、造影CTをする・・というような使い方ではないのでしょうか。MRIで異常がなくても造影CTで異常がでることも十分にありえるのでしょうか?

私の父が今の私と同じ年齢(30代前半)で脳溢血で突然に亡くなりました。
そのことを伝えると、脳波以外に造影CTもしておこうかという流れになったのですが、
ここは素直に検査を受けておいた方がいいのかどうか悩んでいます。

余談ですが30歳の時に、突然ぜんそくのような状態になりフルタイドを吸入していたことが2年ほどあります。今は症状は治まっており、使用していません。
年の為、血液検査もして、造影CTの前にアレルギーを抑える点滴するとのことです。

こちらの副作用も心配ですが、造影CTとMRIの違いを知っっておきたいなと思ったので教えてください。よろしくお願いいたします。

最近、頭痛が続いたことと、回数は少ないですが不動性のめまいがあったので念の為に、病院で脳の単純CTとMRIの検査をしました。両方とも異常はありませんでした。
しかし、今度また脳波と造影CTの検査をすることになりました。
脳波はわかるのですが、造影CTも必要でしょうか?

ペースメーカーを使用している方はMRI検査ができないので、造影CTをする・・というような使い方ではないのでしょうか。MRIで異常がなくても造影CTで異常がでることも十分にありえるのでしょうか?

私の父が今の私...続きを読む

Aベストアンサー

はじめまして。
違っていたらすみません。

質問者様がおっしゃっている造影CTとは血管造影検査ではないでしょうか。
もし血管造影検査であれば、CTなどではわからない血管の先端の細かい部分の梗塞や状態がわかります。
私の母と祖母も40歳の時にくも膜下出血を患っており、CTやMRIの他に詳細な検査と言う意味合いで血管造影を行いました。
脳の細かい、細い部分までうつし出す事が可能な為ではないでしょうか。
ただ私は専門医ではありませんので、不明点や不安などあるようでしたらやはり担当のお医者様に聞く必要があると思います。

QCTスキャンって?

精神科の薬を飲んでいて、最近、頭がフラフラしたり、軽い頭痛がしたりします。たぶん、薬の副作用だろうと思うのですが、医師に「一度CTスキャンをとってみる?」と言われました。
CTスキャンについて、何一つ知らないのですが、機械の中に全身入っていくものでしょうか?
今の症状で、それほど必要なのでしょうか…?
お金はどれぐらいかかるものなのでしょうか?
どなたか、教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは。

今やCTはごく一般的な検査となっており、今回の場合も、
「一度何もないことを確認しておきましょう」といった意味合いで勧められた事と思います。

実際に長い間精神科に罹っておられた患者さんで、CTを撮影したところ腫瘍が見つかり、
手術をしたところ症状が無くなった、という例もあります。

通常の頭部単純CTで2秒スキャンで11~12枚程度の撮影で、撮影自体には1分もかかりません。
診療報酬点数は確か620点、自己負担額(3割)は1860円だと思います。
被曝線量なども、まったく心配要りません。
安心して検査を受けてください。

QMRIやCTで内臓脂肪を見たい

MRIやCTで内臓脂肪を撮って、メディカルチェックをしてほしいと思っています。どのような病院(何科?)に行けば撮ってもらえるでしょうか?また、内臓脂肪などを見たいというだけで、撮ってもらえるものでしょうか?

Aベストアンサー

人間ドックをやっているところなら、器械さえ有れば
やってくれます。(事前に希望しておくこと)
但し、自由診療です。
保険診療で撮って貰うとしたら、必然性がないと
難しいかも知れません。
医療機関に相談してみては如何でしょう。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報