システムメンテナンスのお知らせ

題名のままです。違いについて教えてください。

gooドクター

A 回答 (4件)

英語とフランス語の大きな違いは



1、文法的な構成は基本的に似てます。

1、フランス語はすべての名詞に男性名詞と女性名詞があります。それによって冠詞も違ってきますし、動詞も違ってくる場合があります。

2、英語はアルファベット、フランス語はアルファベで基本的に構成されます。フランス語は母音にアクサンテギュー、アクサングラーブ、トレマ、セディーユといったものがつくものがあり、それがないと単語として成立しません。それは直接発音に影響します。

3、英語はなんとなく単語の読み方が決まってますが、フランス語は例外を除いて、完全に読み方が決まってます。

4、フランス語は、リエゾン、エディゾンといったように、単語の最後のアルファベが子音で次の語の始めが子音の場合、つなげて読むことを基本とします。フランス語でhは基本的に発音しません。

共にラテン語の派生ですので、かなり似通ってます。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

なるほど、解りやすく説明していただき有難うございます。参考にさせて頂きます。

お礼日時:2002/12/17 00:44

イギリスという国は今でこそ歴史と伝統の国というイメージがあるのですが、イタリアとかフランスに比べるとその歴史はかなり浅かったと思います。


周囲の国に割と最近(?)まで賤民の国とおとしめられ、言葉も昔は今のものとは似てもにつかないレベルの低いもので、度重なる周囲の国の侵攻によってその都度、その国の言葉が混ざって変化していきました。英語とフランス語が似てるのはそういった背景によるものらしいです。
英語がフランス語の影響を受けたのです。
そしてある時、英国文学の金字塔といわれる作品を残したシェイクスピアが現れ、英語自体を変革し、レベルの高いものに引き上げたんだそうです。 
優れた作品を残したというだけでなく、イギリスの文化にかかわる大きな実績を残したということで、シェイクスピアはイギリスでは別格の存在らしいです。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

イギリスとって、シェイクスピアがそんなに重要な役割を果たした事実を初めて知りました。とても勉強になりました。回答ありがとうございました。

お礼日時:2002/12/18 02:59

こんばんは


フランス語はラテン語系
英語は西ゲルマン語族に属している、とこんなので良いのですか?
文法も違うし、単語も違いますよ。

参考URL:http://www5d.biglobe.ne.jp/~ros/exp/exp13.htm

この回答への補足

有難うございます。もう少し詳しく教えていただけませんか?

補足日時:2002/12/17 00:39
    • good
    • 0

こんばんは。



…そう…言われても…

文字も違うところありますし、つづりだって違いますし…なにより国が違います。

質問がアバウトだと、アバウトにしか答えられませんよー。

この回答への補足

そうですよね、すいません。文法か、ほかに何か特徴のようなものは無いでしょうか?


補足日時:2002/12/17 00:31
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング