介護保険料と国民健康保険料は別ですか?
介護保険料と国民健康保険料は別だと思っていたのですが、人の話によると介護保険料の中に国民健康保険料が含まれてるとおっしゃる方が結構いました

はたしてどちらなのでしょうか?

よろしくお願いします

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

まず、介護保険は介護サービスの為の保険で、国民健康保険は


医療保険(医療のための保険)の1種で別物です。

介護保険の被保険者には第1号被保険者と第2号保険者があります。
65歳以上が第1号被保険者
40歳から65歳までが第2号保険者です

介護保険の保険料の徴収は第1号と第2号で違います。
第1号被保険者は年金から天引きで、
第2号保険者は医療保険から天引きされます。

つまり、40歳から65歳の方で国民健康保険の方は
国民健康保険に介護保険分が含まれるのです。
40歳から65歳までの方で政府管掌健康保険のかたは
そちらに介護保険分が含まれています。

65歳以上の第1号保険者で国民健康保険の方は
国民健康保険料と介護保険料は別々になります。

ややこしいですよね
    • good
    • 40

40歳からは介護保険第2号被保険者となるため、健康保険料とあわせて介護保険料も引かれています。

65歳以降は、年金から引かれてきます。40歳未満の方は、健康保険料だけ引かれるということですね。
    • good
    • 2

専門家紹介

専門家プロファイル_宮里恵

職業:ファイナンシャルプランナー

主婦や女性の方が気兼ねなく相談できる、生活密着型の「家計アドバイザー」です。家計の見直しの入り口として、等身大の目線で保険の見直しのご提案をさせて頂きます。

詳しくはこちら

専門家

68歳男性です。

65歳以上に人のことですか?

私の場合は国民健康保険と介護保険は市役所から別々に年間保険料の通知が来ます。

そして健康保険は口座引き落としで払っていますが介護保険は年金から天引きです。

ですから国保と介護保険は全く別物です。
    • good
    • 19

ANo.2です。



ANo.3 さんの回答の通りです。
    • good
    • 5

#1です


 ・65歳未満の場合は、国民健康保険料に介護分も含まれますが
  (65歳未満の介護保険加入者は第2号被保険者と言います)
 ・65歳以上の場合は、第1号被保険者になり
   介護保険の計算方法が違ってきます、
   また、世帯状況により、特別徴収(年金から徴収)、普通徴収(納付書で徴収)になります
   その為、国民健康保険料は医療分・後期高齢者支援分の徴収となり(介護保険料は含まれない)
   介護保険分は別途に徴収になります(特別・普通徴収のいずれか)
・75歳からは後期高齢者医療制度に移行します
    • good
    • 9

 ご質問の内容から、40~64歳の第二号被保険者の方と推察されますが、第二号被保険者の介護保険料は、加入する健康保険の保険料と合算されて請求されています。


 よって、『介護保険料の中に国民健康保険料が含まれている』のではなく、『国民健康保険料の中に介護保険料が含まれている』のです。

 逆ですね。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

申し訳ありません、肝心な事を忘れていました65歳以上の人の話です

よろしければ再回答おねがいします

ありがとうございました

お礼日時:2008/09/13 12:09

国民健康保険料(税)の内訳は


 1.医療分
 2.後期高齢者支援金分
  (以上は国保加入者全員が対象)
 3.介護分
  (以上は国保加入者の40歳~64歳の方が対象)
上記、3つの合計が国民健康保険料(税)として請求されます

この回答への補足

申し訳ありません、言い忘れましたが65歳以上の人の話です
これも一緒でしょうか?

補足日時:2008/09/13 12:07
    • good
    • 9
この回答へのお礼

国民健康保険料の中に介護保険料が含まれているという訳なんですね

ウチの祖父は両方払っていると言っているので何かの間違いなんでしょうね

ありがとうございました

お礼日時:2008/09/13 12:07

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q(介護保険)住宅改修の理由書の書き方

(添付した画像のようにトイレ内に手すりを設置する場合)

「トイレに入った際の左手側に縦手すりを設置する」と書いて、問題ないでしょうか?

Aベストアンサー

それ以外どう書きましょう?
それで結構かと。十分わかります。写真も添付するんでしょ。

Q【介護保険料が急に2倍になった?!】というのはどういうことですか? 急に6月から介護保険料が2倍に

【介護保険料が急に2倍になった?!】というのはどういうことですか?

急に6月から介護保険料が2倍になった?

今まで半額の減免を受けていた人が減額免除制度の対象外になって2倍になって離婚せざる負えないと言っているだけですか?

従来のちゃんと全額納付している健全な高齢者、老人は今まで通りで急に2倍に介護保険料が引き上げられたわけではないですよね。

老後離婚、高齢者離婚がトレンドになるかな。

母子家庭の人たちも結婚して仲が良いのに子供を産んで離婚という形式だけ取っている人がいる。

日本の離婚率の高さ。

結婚しても3割が離婚って逃税してるだけですよね。

節税って言うのかな。

国会議員はこの逃税方法が取れない。世間体があるから。

自分たちが利用出来ない逃税は徹底的に叩く。

自分たちが逃税出来る企業献金やペーパーカンパニーやタックスヘイブンの逃税は規制しない。

この注目を浴びている老人もちゃんと全額払ってなかっただけの話ですよね。

これで高齢者の自殺が増えると言っている人がいるが、減免とか国の仕組みを最大限利用してなお高齢なのに国民の他人の税金を使ってまでしがみついて生きようとしてきた人間が介護保険料の減免が打ち切られたからといって今まで生きてきたのでこれで高齢者の自殺者が増えるということはないと思う。

自殺するなら高齢者になる前に死ぬでしょ。

この老人は姥捨山のういの里に送れば良いだけの話。

自民党の安倍首相は老人の捨てる場所を用意している。

【介護保険料が急に2倍になった?!】というのはどういうことですか?

急に6月から介護保険料が2倍になった?

今まで半額の減免を受けていた人が減額免除制度の対象外になって2倍になって離婚せざる負えないと言っているだけですか?

従来のちゃんと全額納付している健全な高齢者、老人は今まで通りで急に2倍に介護保険料が引き上げられたわけではないですよね。

老後離婚、高齢者離婚がトレンドになるかな。

母子家庭の人たちも結婚して仲が良いのに子供を産んで離婚という形式だけ取っている人がいる。

日...続きを読む

Aベストアンサー

御参考まで。

http://www.iryohoken.club/kaigokiso/kaigo29.html

Q介護保険法での住宅改修について

以前要支援1の介護認定を受けていたのですが、手摺の取り付けを考えています。再度介護保険の申請をしたいのですが、介護保険での住宅改修の上限20万円は、介護度によって金額差異はないと思っていますが、間違いないでしょうか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

はい、そうです、
要介護状態区分等関係なく、定額で20万円と設定されてます、
また転居した場合や、要介護状態区分等が著しく重くなった場合は再度給付を受けられます、

Q【介護危機】日本は介護をする人が介護をさせる人より少なく介護者不足という介護危機に直面していますが、

【介護危機】日本は介護をする人が介護をさせる人より少なく介護者不足という介護危機に直面していますが、それに反比例するように国は共働きを推奨しており、誰も親の介護が出来ないという介護危機と共働きを推奨するという国の方針に矛盾を感じます。

国は何がしたいのでしょう?

Aベストアンサー

介護という産業を育てたいのです。確かに、年寄りにトイレの世話がいるようになると素人には不可能です。介護職員をすべて公務員にして、役所から人材を派遣するようにすれば職員不足の問題はすぐに解決します。

Q介護保険法の住宅改修?で手すりをつけてもらいましたが、、、

介護保険法の住宅改修(限度額20万円のようです、但し、1割負担)?で手すりをつけてもらいましたが、どうも、石膏ボードにアンカーだけでつけたもらったみたいなんです。
添え板?とかもありません。
石膏ボードの向こう側の板の確認もありませんでした。
業者に聞いたら、石膏ボードのお宅はみんなこんな工法です。
この方法じゃないと、大変大掛かりな工法となりますから、という説明でした。
実際のところどうなんでしょうか?
この工法って、違反じゃないんでしょうか?
(さずがに、少し、ぐらぐらはしています)

Aベストアンサー

こんにちわ。
私は福祉用具貸与事業所で、住宅改修も行います。
同時にケアマネージャーでもあります。

まず手すりの工法についてですが、これはあり得ないですね。
普通は柱や間柱の間に補強板を取り付け、その上に手すりを取り付けます。
そうしないと強度を担保することができません。アンカーのみでは完全に
強度不足となり危険です。

ちなみに、その業者のいう「大がかりな工事」とは、おそらく壁を一度
剥がし、補強材を入れ直す工事の事を指していると思います。これは確かに
工費がかかりすぎるので現実的な方法ではありません。
ですが他に方法はいくらでもありますので、業者さんの勉強不足と思います。

なお、矢崎化工(改修部材のメーカーです)のHPで実際の施工事例を
見ることができますので、ご参考下さい。
下にリンクを貼っておきます。

苦情と再工事についてですが、業者を紹介したのがケアマネであれば、No.1さんが
おっしゃるように担当ケアマネにまずは相談して、ケアマネから業者に
申し入れてもらった方がいいと思います。ケアマネと業者が癒着していないかぎりは
それで対応してもらえるはずです。
その際、業者に丸め込まれないように、他の信頼できる業者さんから一度
現場を見てもらい、適切な工事かどうか判断してもらっておけばよいと思います。

それで再工事してもらえないようであれば、自治体の担当窓口に相談すると
よいでしょう。

ただケアマネの役割としては、あくまで「必要性」を判断する事(どこそこに
手すりが必要、とか)であって、No.3さんがおっしゃるように「ケアマネに
責任!」というのはちょっと・・・と思います。
見積内容や平面図、現場を見ただけで施工内容がわかるケアマネなんて
なかなかいませんし、それは担当サービス事業所(この場合は改修業者)の
倫理の問題だと思いますよ。

そこまでケアマネに求めるのは酷だと思います。

参考URL:http://www.kaigo-web.info/catalog/jirei.html

こんにちわ。
私は福祉用具貸与事業所で、住宅改修も行います。
同時にケアマネージャーでもあります。

まず手すりの工法についてですが、これはあり得ないですね。
普通は柱や間柱の間に補強板を取り付け、その上に手すりを取り付けます。
そうしないと強度を担保することができません。アンカーのみでは完全に
強度不足となり危険です。

ちなみに、その業者のいう「大がかりな工事」とは、おそらく壁を一度
剥がし、補強材を入れ直す工事の事を指していると思います。これは確かに
工費がかかりす...続きを読む

Q介護保険と健康保険では

義父ですが持病で糖尿病で内科に通っていたときに認知症があると診断されその薬も飲んでます
その義父が入院しています
ちょっとした手術だったのですが 完全看護の病院なので普通の人なら面会時間には帰らなくてはいけないのですが 本当は看護を完全に病院に任せたいのですが 入院した病院が認知があるので付き添いのお泊りを頼まれたような形になってしまい、部屋も個室を与えられてしまいました。金銭面からいくと個室は・・・。
まだ、義父は介護認定などしてもらってません。
たぶん 介護1か2位はいくと思います

ここで本題です
入院や通院で介護保険って使えるのですか?
支払いのときって金額は変わりますか?
もう今既に入院中ですが 今から認定とかして貰って支払いは介護保険を使ってって出来ますか?
介護保険の使い方が良く分かりません
よろしくお願いします

Aベストアンサー

・入院や通院で介護保険って使えるのですか?

残念ながら使えません。
ごく一部の限定付きで『通院の介助』に介護保険が使える場合もございますが…。

・支払いのときって金額は変わりますか?

健康保険と介護保険は目的・内容が違うので、介護保険を利用出来るからと言っても健康保険の金額は変わらないです。

・もう今既に入院中ですが 今から認定とかして貰って支払いは介護保険を使ってって出来ますか?

介護認定は受けていただけると思いますが、先に書いたように保険の種類が違うので支払いの時に使っていただくのは出来ないです。

・介護保険の使い方が良く分かりません

介護保険は、介護認定を受けていただいてから特定の介護サービスを受けていただく為の保険だと考えていただければ多少わかりやすいかもしれません。

詳しくは市役所の介護保険課、または お近くの地域包括支援センター、入院先の相談室に ご相談されてみてはいかがでしょうか?

Q介護保険の住宅改修(ドア)について

親戚で膝の人工関節を入れる手術を受け、介護保険を受ける予定の者がおります。
手術後、申請をして認定されれば住宅改修の費用を9割負担してもらえるとのことですが、自宅の引き戸がガラス製の非常に重い扉で、30年ほど経過、劣化した為、健康な成人でも普通に手で開けることは難しく、両手で引き戸を横に押しながら足で扉の下の車の部分を浮かすようにしながらでないと開けることが出来ません。
(手だけで開けることは出来ません。)
色々な事例を調べましたが、引き戸を押したり引いたりのドアに変える場合は認められているようですが…。
廊下が狭く、押し戸(?)にすると、近くに人がいた場合ぶつかる可能性があるので、引き戸を希望しておりますが、引き戸→引き戸では対象とはなりませんでしょうか?
そもそも膝の障害でドアの改修は対象となるのでしょうか?
ご存知の方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

参照URLの5ページによれば、
(1)開き戸から引き戸、開き戸からアコ-ディオン、折れ戸等への変更、取手の交換等の扉の取り替え、変更
(2)扉の変更に伴い開口を広げる工事
(3)既存の扉を、対象者の身体状況に合わせ、右(左)開きから、左(右)開きに変更する工事費用
(4)戸の滑りをよくするための工事(戸車の設置等)
(5)扉を取り除く工事
(6)引き戸から引き戸への扉の変更(既存の引き戸が重く、被保険者にとって開閉が容易でない場合等)

ということであれば、引き戸等への扉の取り替えが可能なようです(介護認定を受けていれば、必要かどうかで判断しますので、障害になった理由でだめになることはありません)。

お住まいの市町村では異なる取り扱いを行っているかもしれませんので、役所の方に確認するのが一番ですが、福祉用具を取り扱う業者で住宅改修を行っている業者であれば、大体のことは把握できているので、そちらに問い合わせるのもひとつの方法です。

参考URL:http://www.city.kawasaki.jp/35/35kaigo/home/seido/about-kaisyuu.pdf

参照URLの5ページによれば、
(1)開き戸から引き戸、開き戸からアコ-ディオン、折れ戸等への変更、取手の交換等の扉の取り替え、変更
(2)扉の変更に伴い開口を広げる工事
(3)既存の扉を、対象者の身体状況に合わせ、右(左)開きから、左(右)開きに変更する工事費用
(4)戸の滑りをよくするための工事(戸車の設置等)
(5)扉を取り除く工事
(6)引き戸から引き戸への扉の変更(既存の引き戸が重く、被保険者にとって開閉が容易でない場合等)

ということであれば、引き戸等への扉の取り替えが...続きを読む

Q介護保険2号被保険者保険料

介護保険2号被保険者保険料は、健康保険や厚生年金と同様に労使折半ですか?

Aベストアンサー

同様に労使折半です。

Q介護保険適用の住宅改修について

マンションに一人暮らしの母が、両足が不自由になり、介護保険の要支援に認定されました。掛りつけの病院のケアハウスに登録し、先日、母が風呂場に手摺を設置したいということで、ケアマネージャーに業者の紹介をお願いして、業者とマネージャーが現場を見に来ました。 しかしユニットバスの浴槽が高くて手摺だけでは不自由なままなので、この際、高齢者住宅改修補助金を使って、風呂場全体を入替える方向で見積りを依頼しました。使うメーカーや品物によって、当然金額が違うと思い(上代額によって自己負担の額も変わるので)何種類かのメーカー&タイプの見積りを出すようお願いしました。
 先日、母の所に見積りが送られてきたところ、介護助成適用欄と住宅改修補助適用欄があり、それぞれの適用部分に分けて、手摺や浴槽・ドアなどパーツの金額と工事費、合計約20万円プラス62万円が記入されたもの1通と、現場写真が同封されており、到着したらケアマネージャの○○さんに連絡して下さいとありました。 どのメーカーでどんな物を設置した場合の額なのか全くわからず、ただ金額だけ記入した物が果たして見積書と呼べるのでしょうか?役所に提出する書類としては良いかも知れませんが、これっておかしいように思います。介護保険等を使って依頼する場合、こんな進め方が常識なのでしょうか?こんな業者を紹介したケアマネージャーにも不信感を持ち、このマネージャーに他の業者を紹介してもらう気にもなれず、しかし初めての事でどのようにして、どこに相談・依頼して進めてたらよいのか、全く方法がわからず悩んでいます。ケアマネージャー抜きに他の業者に勝手に依頼して進めれるものでしょうか?近々にマネージャーが来るそうですが、その際何と言っていいのかすらわかりません。地域の在宅介護支援センターの方に相談したらいいでしょうか。長文ですみません。アドバイスよろしくお願い致します。

マンションに一人暮らしの母が、両足が不自由になり、介護保険の要支援に認定されました。掛りつけの病院のケアハウスに登録し、先日、母が風呂場に手摺を設置したいということで、ケアマネージャーに業者の紹介をお願いして、業者とマネージャーが現場を見に来ました。 しかしユニットバスの浴槽が高くて手摺だけでは不自由なままなので、この際、高齢者住宅改修補助金を使って、風呂場全体を入替える方向で見積りを依頼しました。使うメーカーや品物によって、当然金額が違うと思い(上代額によって自己負担の...続きを読む

Aベストアンサー

金額的に決して安い額ではないので、ご自身の希望をしっかり伝えて、明細を出してもらう必要があると思います。
「こんな進め方が常識」とはとうてい言えないのですが、利用される方の中には「よくわからないのでお任せで」という人も多いので、それになれてしまっている可能性がありますね。

介護保険の実務的にはケアマネ抜きで進めるのは現実的でないので、まずは担当ケアマネにしっかり意向を伝えて、明細の提出と、他の事業者の紹介を受ける、複数の見積もりを元に業者を決める、という流れが良いと思います。

ケアマネが渋るようならば、その段階で在宅介護支援センターに相談、という事でよいと思います。

Q【介護問題・介護人材政策】介護有資格は380万人いるのに実際に介護の現場で労働しているのは30万人。

【介護問題・介護人材政策】介護有資格は380万人いるのに実際に介護の現場で労働しているのは30万人。

国の補助を受けて無償か格安で資格を得て介護の現場で働かずに資格だけ持逃げする人が後を絶ちません。

全て税金で賄われており、物凄く税金の無駄遣いだと思います。

既婚者女性が多く、タダで資格が貰えて、しかも国から受講中はお金が支給されるので遊びに来ているのが現状です。

なぜ本当に働く気がある若い男の子に受講資格を与えずに専業主婦の遊びと小遣い稼ぎに国は出資するのでしょう?

受講後に働かないのが目に見えて分かっているのに女性ばかりが受講資格を与えてきたので当たり前の結果だと言えます。

2025年には350万人が資格だけ持っているのにも関わらず38万人の介護職員不足が予想されています。

国の介護人材確保の政策自体が失敗している中でどう介護人材政策を変えていくべきだと思いますか?

Aベストアンサー

介護士の就業条件の改善ですね。低い給与を上げて、職場環境、働きやすさの向上を図る。一般的にイメージが悪く、離職率も高いと言われているらしいですね。どうやら人間関係が悪い所が多いらしいです。個人個人の悩み相談をできる体制を整えて、閉塞感の無い明るく安心できる職場というイメージにするのも大事だと思います、ネガティブなイメージを払拭して。
かつては3Kと言われた看護師だってだいぶ改善されて、今は比較的高給の人気職業になりましたよね。
まあ、看護師は歴史が長いから、介護士はまだまだこれからでしょうけど、これから需要も増大するので、誇りとやりがいを持てる職業として、求職者が増えると良いですね。。。というかそれが政府の喫緊の課題だと思います。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング