20代の男です。
独身一人暮らしで毎月10万の貯蓄をしています。
給料支給日にすぐ差っぴいてのこりで生活するようにしています。
同じ世代の独身の方はどれぐらい貯蓄しているのか教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

私の場合月7、8万くらいでボーナスは手を付けないって感じです。


年で150万~200万くらい貯蓄してます。(ただし貯蓄の半分を外貨投資)してます。

月20万で生活するようにしてます。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q50歳男性 無職独身 認知症の母と二人暮し 母の貯蓄 約三千万円 年金月七万円 自分の貯蓄なし 自

50歳男性 無職独身
認知症の母と二人暮し
母の貯蓄 約三千万円 年金月七万円
自分の貯蓄なし
自分の収入なし
借金はなし

働かずに一生暮らせるでしょうか

Aベストアンサー

まず、お母さんの余命と認知症の度合により変わってきます。貴方の年齢が50歳とのことですので、お母さんの年齢を75歳と想定します。よく平均年齢を誤解している人がいますが、あれは0歳時の平均余命ですので、75歳の人は90歳くらいまでは生きることを想定した方が良いです。

持ち家とのことですので、家賃は0円とします。お母さんの余命が15年として、二人分の生活費を月17万円と仮定しますと、年金以外に必要な金額は月10万円。15年なら120*15=1800万円。残る貯蓄は1200万円。

もしも二人分の生活費を月20万円と仮定しますと、13*12*15=2340万円。残る貯蓄は660万円。お母さんが亡くなるまでに、3000万円の貯蓄は1000万円くらいにはなっているでしょう。

15年後の貯蓄は1000万円。15年後の貴方の年齢は65歳ですので、85歳まで生きるとすると余命は20年。月の生活費は、1000/(12*20)≒4.2万円。貴方の年金は無さそうですが、月に1.8万円あるとして6万円。

貴方が月6万円で生活できるなら、働かずに一生暮らせる計算です。なお、上記計算にはお母さんの介護費用などは入っていません。介護費用が必要になった場合、お母さんが亡くなる前に貯蓄が底をつく可能性も高いです。

もしも持ち家が充分に広くて立地条件が良いならば借家として、自分は安いアパートに住んで家賃収入で生活する方法もあります。

まず、お母さんの余命と認知症の度合により変わってきます。貴方の年齢が50歳とのことですので、お母さんの年齢を75歳と想定します。よく平均年齢を誤解している人がいますが、あれは0歳時の平均余命ですので、75歳の人は90歳くらいまでは生きることを想定した方が良いです。

持ち家とのことですので、家賃は0円とします。お母さんの余命が15年として、二人分の生活費を月17万円と仮定しますと、年金以外に必要な金額は月10万円。15年なら120*15=1800万円。残る貯蓄は1200万円...続きを読む

Q貯蓄額「歳×10万」が妥当な金額っていうのはどういう条件の場合ですか?

正社員+一人暮らし、の場合の貯蓄額?
正社員+実家暮らし、の場合の貯蓄額?



自分は24歳実家暮らし年収180万のものですが、貯蓄が450万になります。家にお金はいれてる。
これはわりと頑張れてる方ですか?
モチベーション下ってきたので不安です。評価を参考にもっと頑張りたいのですが。

Aベストアンサー

こんにちは。 45歳のおっさんです。

よく頑張ってると思いますよ^^

実家暮らしで家にお金を入れてる金額は解りませんし
お住まいの地域によって金額も違ってきますが
一人暮らしの人たちは、家賃+光熱費+食費などなどで
毎月10万以上は出費があるかと思いますので貯蓄は難しいね。

年齢X10万っていうのは何の根拠もない金額かと思います。
20歳だと200万円? この年で200万ってすごい金額ですよね。
60歳だと600万円? 会社を定年した人の貯蓄600万って少なく感じませんか?

Q手取り9万で毎月貯蓄できる額は?

実家暮らしです。
そろそろ自立を考えているのでアドバイスしてください!
手取り月9万円
家への食費一万円
生命保険 5000円弱 自動車保険5000円弱
携帯電話代 10000円(変動あり)→家にネットはなし
ガソリン代4000円(交通費1000円のみ支給)
持病の病院代 2500円(30日に、一回)
自分の昼食代と交際費 1万円
理美容代5000円
雑費5000円ほど

ストレスなく節約したいですが余った分は税金の支払いにいってます。ちなみに健康保険は職場の保険に入らせてもらってます。それをのけて大体9万円ぐらいになります。

Aベストアンサー

●今のところは多分動かせないもの

家への食費 
持病の病院代

●考えや方法によっては下がるかも

生命保険
自動車保険

乗り換えを考えて掛け捨てや共済などの安い物にするなど

ガソリン代
できるだけ車を私用の時には使わないようにできるなら。
お住まいの地域にもよるでしょうが、自転車や電車、バスなども利用するとか。
全部が仕事に使う交通費なら動かせないものかも。

昼食代と交際費 
お弁当を作るとか. . . 仕事先の食堂などを利用されているかもしれませんが、
してないばあいはそうするとか。
どうしても職場のひとと一緒に外に出ることにもなるとは思いますが、
お金を貯める、一人暮らししたいという目的が第一なら、できるだけ費用を抑える。

理美容代 
ロープライスの化粧品(1000円以下とか、ものによっては100円ショップのものも活用)
美容院も、パーマとかの場合は難しいかもですが、カットの場合安いカットやさんにいくとか。
案外ロングのほうが切る回数が減ったりもしますので、髪型も考える。

携帯代
もちろん家にパソコンなどがなくて、全部を賄ってる場合、
なかなか下げにくいでしょうが、そこをあえて。
でもあんまり、向こうからかけて(通話代金を減らそうと)とか言いすぎると
友達が減りますので、ほどほどに。

あとは職場がどのくらいのハードワークか、別のバイトなどが許されるかどうかにもよりますが
収入自体をアップする方法も考えないと、なかなかたまらないかもしれませんね。
税金とか、国民健康保険とか、けっこう高いですし。

●今のところは多分動かせないもの

家への食費 
持病の病院代

●考えや方法によっては下がるかも

生命保険
自動車保険

乗り換えを考えて掛け捨てや共済などの安い物にするなど

ガソリン代
できるだけ車を私用の時には使わないようにできるなら。
お住まいの地域にもよるでしょうが、自転車や電車、バスなども利用するとか。
全部が仕事に使う交通費なら動かせないものかも。

昼食代と交際費 
お弁当を作るとか. . . 仕事先の食堂などを利用されているかもしれませんが、
してないばあいはそうするとか。
ど...続きを読む

Q転職で年収が下がり、毎月10万円程度しか貯金ができません。

転職で年収が下がり、毎月10万円程度しか貯金ができません。どうすればよいでしょうか。
ちなみに、賞与の分は、私立大学に通う二人の子供の学費に消えてしまいます。皆様のご感想、懐事情をご教授頂けましたら幸甚です。

Aベストアンサー

回答にもすでにあるように、定年退職してからの老後を夫婦二人で生活して行くのには、せめて7千5百万円、できれば1億2千万円はいります。これには貯蓄の取り崩しだけではなく、退職金や貰えるであろう年金も含めての話です。

ご相談者は50代くらいと推察されますが、いま貯蓄(預金や証券も含めて)とローン残額は幾らあるのでしょうか。見込める退職金はどのくらいでしょうか。それを抜きにしては語れません。
いま毎月10万円の貯金をしていても年間で120万円で、定年退職まで10年あるとすると、それで1千2百万円になります。手持ちの金融資産(ローン残額はそこから差し引く)や退職金などと相談しないとね。
あくまでも私の感触ですが、毎月10万円はちょっと少ないかも知れません。年間1千万円の貯蓄がまだそのまま残っていれば、安心感が増えますけれど。

Q団塊の世代の貯蓄額1000万~2000万円の層が一番最多だと内閣府がいっています。

貯金がゼロ、あるいは500万円ぐらいしかない人を含めて、貯金が3000万円未満の層が

78%もあるといっています。

しかし、私は一般の会社で定年まで勤務し、退職金もいただいて年金もいただける、

いわゆる一般サラリーマンであり、少なくとも貯金が3000万円以上あります。

住宅ローンも返済し、貯金が3000万円以上あって、年金もいただける人は、

むしろ恵まれた人であり、感謝すべきということことでしょうか。

Aベストアンサー

預金は、収入もそうですが生活レベルや金銭感覚によって大きく変わります。
「預金0」の世帯は約3割もあり、年収1000万円を超える裕福な世帯でも貯金0の世帯は1割くらいあるようです。
収入が多くなくてもて無駄使いしなくて節約できるところは節約すれば貯まるし、いくら収入が多くても贅沢し使い放題であれば貯まりません。
人それぞれです。

私もごく普通の給料の勤め人(60歳)ですが、貴方のように3000万円を超える預金あります。
貴方以上にあるかもしれません。
でも、貴方と同じで、自慢になんて思いません。
給料は平均的だと思うし、決して高給取りではありません。
娘(30歳)のほうが私より年収多い(確かに娘は高給取りですが)です。
贅沢はしていませんが、ケチに徹した生活でもありません。
妻はパートです。

>貯金が3000万円以上あって、年金もいただける人は、むしろ恵まれた人であり、感謝すべきということことでしょうか。
まあ、そういうことでしょうね。

Q45歳 同世代の方は貯蓄どれくらいですか? また家など不動産の支払いなどはいかがですか?

45歳 同世代の方は貯蓄どれくらいですか? また家など不動産の支払いなどはいかがですか?

Aベストアンサー

すでに過去のことですが、45歳の時には貯蓄は2000~3000万円ぐらいで、まだ賃貸マンションに住んでいました。

その5年後にタワーマンションのコーナー住戸を即金で買いましたので、45歳から50歳までの5年間はずいぶんと貯蓄が増えた計算になります。(株などの値上がりも多少ありましたが)。

50歳で自分の不動産をもち、家賃やローン返済が不要になったので、60歳までの10年間で生活費10年分を蓄えることが出来ました。

Q財形貯蓄とか積立貯蓄とかするときって手数料とか使用料みたいなの掛かりますか?

財形貯蓄とか積立貯蓄とかするときって手数料とか使用料みたいなの掛かりますか?

Aベストアンサー

かかりません。
かかる場合も、会社持ちになります。

Q財形貯蓄ってやる意味あるんでしょう か? 奨励金や財形融資制度が利用できる財形貯蓄は別として

財形貯蓄ってやる意味あるんでしょう
か?

奨励金や財形融資制度が利用できる財形貯蓄は別として


財形貯蓄というのは給与から強制天引きにして、お金の流動性を低くしているだけですよね?

流動性を低くしているのに、金利は低く(0.01〜0.04%ほど)、財形住宅貯蓄などの非課税のメリットはほぼないように思えます。

財形をやるくらいなら、普通預金にいれておいていざというときにすぐ使えるようにしたほうが有用だと思うのです。

それをふまえて、財形貯蓄のメリットを教えていただけないでしょうか?

Aベストアンサー

財形貯蓄ははっきり言えば、現在の
政府政策からすれば、前時代的で、
邪魔な存在ではあると思います。

ですから、個人型の確定拠出年金の
改正など、推し進められているんだと
思います。

強いてメリットを上げるなら、
①住宅財形は税制上の優遇がある。
②国債運用などの証券会社の財形は
 パフォーマンスがよい。
③元本保証などの規定が定められて
 いたりするので、より安全ではある。

といったところですかね。

私は時代もあって②でかなり得を
しました。
20年以上1.5%のパフォーマンス
を維持できました。

会社にもよるんでしょうかね?

今では住宅財形でちょこっと
頭金ができたら、すぐ家買えよ。
って位の使い道でしょうね。

そんなに制約はないと思うんで、
現在の政策や経済動向にあった
財形貯蓄を考えるべきだと思います。

いかがでしょう?

Q貯蓄ゼロ世帯が3割。いくらなんでも多すぎでは?

 金融広報中央委員会が発表した2013年の「家計の金融動向に関する世論調査」によると、30代の2人以上の世帯で「貯蓄がない」と答えた世帯の割合は30.2%に達しました。貯蓄ゼロの世帯は、どの年代でもここ数年で急増しているそうです。

 学生かフリーターなら貯蓄ゼロも分かりますが、世帯主が30代で2人以上の世帯というと家庭を持ってるか親と同居している世帯のはずです。

 そんな世帯の3割が貯蓄なしなんて実感として信じられません。周りの知り合い(20代~30代社会人)に聞いても貯蓄ゼロは一人もいないのですが、この統計は何か恣意的なバイアスをかけているのでしょうか?また皆さんの周囲の人ではどうでしょうか?

※参考記事『30代の3人に1人は「貯蓄ゼロ」の時代に』
http://allabout.co.jp/gm/gc/399500/

Aベストアンサー

>学生かフリーターなら貯蓄ゼロも分かりますが、世帯主が30代で2人以上の世帯というと家庭を持ってるか親と同居している世帯のはずです。

まず貯蓄なしの我が家が、就職氷河期世代の30代後半で、子なし二人暮らしの10年以上の内縁関係で、世帯分離しているので、
相談者さんの想定外の生活をしています。
そして、うちのような家庭環境は子なしの30代~40代前半には少なくないです。この世代、非正規雇用と一人会社の自営社長ばかりだから。20代~30代は大卒の1/3がフリーターだもの。
非正規雇用が36%の社会ですから、失業リスクの回避は、労働力の両輪化であって、互いの財産を共有しないことで、投資リスクを回避する。ウチがこうなっているのも、二人共、同居する前に破産経験があるから。

で、この生活は、表の例外なわけで、家族形態が多様化しすぎて、一覧にならないのと、
正社員で働いていると、3割の同僚である非正規雇用者の生活って、年収差は認識しても、その次のステップが違うので、生活が見えないし、聞こえないんですよ。
うちのボスが転職雑誌見ながら「この待遇じゃ暮らせないし、転職できないわな」っていいながら、待遇は同じだったりするのが今の日本経済なので。

>学生かフリーターなら貯蓄ゼロも分かりますが、世帯主が30代で2人以上の世帯というと家庭を持ってるか親と同居している世帯のはずです。

まず貯蓄なしの我が家が、就職氷河期世代の30代後半で、子なし二人暮らしの10年以上の内縁関係で、世帯分離しているので、
相談者さんの想定外の生活をしています。
そして、うちのような家庭環境は子なしの30代~40代前半には少なくないです。この世代、非正規雇用と一人会社の自営社長ばかりだから。20代~30代は大卒の1/3がフリーターだもの。
非正規雇用が36%の社会で...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報